chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
RYO'S METHOD http://ryos-method.blog.jp/

船釣りの釣行記、技術論、精神論等の他、主催している釣り教室の情報を毎日更新しています!

DAIWAフィールドスタッフの “りょう” こと林 良一です。 主にテクニカル系の船釣りを中心とした発信をしています。 RYO'S METHODブログを毎日更新しています!

りょう
フォロー
住所
足立区
出身
足立区
ブログ村参加

2017/05/09

1件〜100件

  • バッタと彼岸花

    わが家の近くを流れる荒川放水路の両岸には荒川土手があり、身近な自然でもあります。ここのところウォーキングをしていると、バッタが多く飛び交う場所があり、季節を感じさせる彼岸花も咲いています。ここのところ涼しくなった朝、午前中の日差しを浴びにバッタ達が出て来

  • 今期のダイワ カワハギ新製品

    先日巳之助丸さんにて行った、2022 ダイワ カワハギ新製品撮影の模様が、現在発売されている隔週刊つり情報誌に掲載されました!僕は快適シンカー SHとF1を担当させていただきました。その他チョイ置きトレイやクッションもリニューアル、見所満載の内容となっています。また

  • DAIWAアパレル AW(秋冬)特設ページ

    今年は6月末から30℃をはるかに超える猛暑が続いていましたが、さすがに9月も後半になってくると涼しい日が多くなってきます。そんな秋直前に “DAIWAアパレル AW(秋冬)特設ページ” が開設されました!AWウエアーは元より、素材についても分かりやすく解説されています。ま

  • 東京湾奥テンヤタチウオパーティー開催!

    11月5日土曜日、ダイワの第2回目のタチウオ釣り大会となる “東京湾奥テンヤタチウオパーティー” が開催されます!参加船宿さんはつり幸さん、えさ政さん、ミナミさん、まる八さん、ひらい丸さん、伊藤遊船さん、いわたさんの7軒です!タチウオ1匹の全長で争い、TTP恒例

  • 河豚のレンチン蒸し

    夏の終わりから釣れ盛っている寄りフグ。「寄りフグ」とは、高水温時には堤防際などに群れていた若いフグが、水温低下(といっても、そんなに下がった感はありませんが)と共に沖に出て行き、浅場の最初の根に付いた状況であり、群れているので警戒心があまり無いのか、魚探の

  • リーダーについてのご質問

    釣り教室にご参加いただきました方よりリーダーについてのご質問をいただいておりました。ここからりょうさんのフグ教室に参加します。中略カワハギ用のアドミラA+PE08を使う予定なのですが、リーダーはフロロの5号で良いでしょうか。また長さは、キャストするなら短めだと

  • ウイニングロッド〔後 編〕

    ウイニングロッド〔中 編〕より続きます最後は2019年のDKO決勝のウイニングロッドです。SFや、それよりも軟調な穂先を搭載するMCなどもあり、ひと昔以前のカワハギロッドと現在のそれでは一線を画すラインナップがあります。そして昨今、カワハギが爆発的に増える当たり年と

  • “上級者への道” 「カワハギ名手の常套手段」

    8月下旬に巳之助丸さんにて撮影を行っていた2022 DAIWAカワハギインプレッション。その内容が編集を経て先日リリースされました!そのタイトルは“上級者への道” 「カワハギ名手の常套手段」!!僕は、予てからテストを重ねていた、ダイワの新たなシンカーである 快適船シ

  • 【湾(ヒガン)フグ釣り教室のご案内】

    1週間から10日間、熟成させたその刺身は至福の美味しさのヒガンフグ。食味も良く、そして釣り味も大型ほど重鈍な引きを見せて楽しい釣りなのです。そんな人気のヒガンフグ釣り教室を10月に開催させていただきます。釣り教室ではレクチャーを行っております。レクチャーでは

  • ウイニングロッド〔中 編〕

    ウイニングロッド〔前 編〕より続きます。2本目のウイニングロッドは、2012年のDKO(ダイワ カワハギオープン)優勝時の時のものです。ただその間にも様々なカワハギ大会にエントリーしており、確か初回大会であったガマカツさんのカワハギ大会では、船別で上位の成績だったと

  • フグとカワハギのハリを考えてみる

    ここのとろ寄りフグをドウツキ仕掛けで釣っていて、気が付いた事がありましたので書いてみたいと思います。今年の夏の終わりには、浅い根周りにショウサイフグ(現在コモンフグが多いようです)が群れをなして集まる「寄りフグ」釣りの釣果が上がっています。本来はフグの強力

  • ウイニングロッド〔前 編〕

    本格カワハギ釣りシーズン間近となり、今年よりカワハギ釣り大会の開催もあるようです。カワハギ釣りを愛好する友達より「〇〇のカワハギ大会にエントリーしました」などの声も聞こえてきます。そんなカワハギ釣り大会を前に、主なるカワハギ大会で勝利した時の “ウイニング

  • 釣り教室 with 晴山 由梨ちゃん

    晴山 由梨ちゃんをお迎えした釣り教室の第二弾を開催させていただきました。今回は湾フグ釣り教室、型は小振りではありますが根周りにフグが集まる「寄りフグ」の時期となりました。宿は羽田のえさ政さん、皆さまがお揃いになりレクチャーを開始いたしました。  レクチャー

  • ダイワ 秋の新製品展示説明会

    来たる10月1日土曜日、上州屋池袋店さんにて「ダイワ 秋の新製品展示説明会」が開催されます!宮澤 幸則氏が来店、新製品のカワハギロッドを始め、テンヤタチウオなどの船製品をメインに、ソフトルアーやワカサギ用品などが展示されているとのことです!!カワハギ釣りやテン

  • 少し大きなお家にお引越し

    わが家のカメヨちゃん、最初のお家はタッパーでした(笑)その後友人にいただいた水槽に引っ越ししました。わが家に来て2カ月半足らずではありますが思いの外成長が早く、今回新居として少し大きい水槽(といっても左右45㎝です)にお引越しすることにいたしました。簡単ではあり

  • 【カワハギ釣り教室のご案内 Vol.3】

    秋の好機、第3回目となるカワハギ釣り教室を開催させていただきます。釣り教室では、出船前の船上にてレクチャーを行っております。レクチャーでは、カワハギの生態やシーズナルパターン、タックル、仕掛け、釣り方などについてお話しさせていただきます。レクチャー終了後

  • 快適タチウオテンヤSS AG

    もう店頭に並び始めている 快適タチウオテンヤSS AG 。その「AG」とは「アグレッシブ」、すなわち「攻撃的」⇨ 攻めのテンヤといったところでしょうか。この度大きな改良点はヘッドの形状だそうで、そのヘッド形状のサンプル修正は何と6回も行ったそうなのです!ヘッドの大

  • 寄りフグの仕掛けを考える

    先日のえさ政さんの湾フグ釣行では、前日に女将さんと岩越船長に状況を教えていただき臨みました。それと言うのも、寄りフグを狙うのは10数年振りであり、その年はショウサイフグがやや深場に終結した年でした。過去の資料の中にあった2006年の釣果情報の記事。上記の資料か

  • 寄りフグを楽しみにもう一度

    先週の寄りフグが好調だったこもあり、もう一度行ってみようかと、中村 陽斗くんと光希くんとえさ政さんへ行ってきました。えさ政さんでは宿での受付時に体温を計り、お客様同士距離を取っていただくよう配慮しながらとなります。 乗船してみると、先週も同船だった武田さん

  • メカニカルブレーキのご質問

    釣り友よりこのようなご質問をいただきました。ここからアドミラ買いましたー長年ダイワのリールを愛用してますが、メカニカルブレーキについてあまり意識したことがなかった気がします。今度、機会があればブログなどで話していただけたら嬉しいです。ここまで。ベイトリー

  • 夏休みの自由研究に!

    定期的に大き目なペットボトルが出る我家。そのペットボトルを「夏休みにビンドウを作ってみては?」と、中村 陽斗くんと光希くんの兄弟に先月お渡ししていました。それを陽斗くんが加工、見事にビンドウを作り・・・ご自宅の近くの芝川で試してくれたことを夏休みの自由研究

  • 魚との知恵比べ

    これは平成12年に初版が発行された少し古い本ではあります。以前同じ成山堂書店さんの本を読んでいて、その広告として出ていたのがこの「魚との知恵比べ」でした。魚を様々な角度から考え、実際に実験して考察している内容が興味深く、たとえばある魚を網で獲る時に、「なぜ

  • クッションもリニューアル!

    個人的に船釣りには欠かせないクッションがリニューアルいたしました!そのWPクッション、サイズが2種類あり、それぞれタックルボックスTB5000にはSサイズが、TB7000にはMサイズがピッタリと嵌るサイズ設計になっています。表面は平滑なクッションですが、裏面にはふんばる

  • テンヤタチウオ最前線

    先月つり人社さんから発売されましたテンヤタチウオ最前線。ダイワの名手方々が登場し、そのテクニックを惜しみなく披露しています。現代では、情報はネットがあればほぼ網羅できますが、個人的には本を読むことが好きで、毎晩就寝前には何かしらの本を読んでおり、読書が趣

  • ファンなのです!

    先日崎陽軒さんの(シューマイではなく)シウマイ弁当を購入、その時はたまたま焼き魚が期間限定で鮪から鮭になっていた時でした。休日の昼下がりに家族で食べていると、僕の分だけアンズが入っていなかったのでした。家族の弁当には入っていたのですが、確か玉子焼きかかまぼ

  • 快適船シンカーに “SH” が登場!

    予てからテストをしていました “快適船シンカー SH”大きな特徴は ①半ハワセ と ②飛距離アップ!では半ハワセとは何か?カワハギ釣りのドウツキ仕掛け、特にRM仕掛けのように一番下のフックビーズがオモリ直上の仕掛けの時に、繊細な誘いをかけられ、なおかつアタリを大き

  • 寄りフグ絶好釣です!

    釣友の高村さん、中村さんからお誘いしていただき、中村さんの2人のお子さんとも一緒に羽田のえさ政さんへ湾フグ釣りへ行って来ました。 秋は数釣りの湾フグ釣りではありますが、今年はショウサイフグが一所に集まる「寄りフグ」のタイミングが早く、8月中旬からその模様が

  • 成長の早さに目を見張ります!

    6月下旬にウォーキングで出会ったカメさんですが、その成長が早い事を先日書かせていただきました。毎日よく食べよく泳ぎ(遊び)、そしてよく寝ているカメさんですが、水槽の水換えの時発見しました!それは、生まれたての甲羅の下に新しい甲羅が大きく育っていることなのです

  • 2022 DAWIAカワハギインプレ撮影

    今年のカワハギ製品のインプレ撮影と隔週刊つり情報さんの取材を、久比里の巳之助丸さんにて行いました。 今回はちょっと趣向を変えての撮影でした。      この模様は9月15日発売号のつり隔週刊情報誌と、DAIWA公式HP内の船最前線YouTube動画で公開されます!是非お楽

  • 肩掛けにしてみました!

    タックルボックス TBには、スタイリッシュなハンドルが付いています。ただ、片手にクーラー、片手にタックルバッグとなると、移動時にロッドが持てなくなってしまいます。そこでバッグにロッドスタンドを取り付け、ロッドはバッグに差せるようにしました。また、クーラーに付

  • 釣り教室に “Big guest” が!

    9月18日にえさ政さんで開催させていただくテンヤタチウオ釣り教室ですが、ゲストとして、ダイワ・フィールドテスターの北本プロにおいでいただくことになりました!様々な船釣りに精通されている北本さん、もちろんテンヤタチウオ釣りもエキスパート、常磐のエギタコ釣り動画

  • やはりお値段以上!

    去年から育てている観葉植物がかなり大きくなってきていて、カメさんの水槽を置いているPC横のラックの上に置ききれなくなってしまいました。窓辺でレースのカーテン越しに日の光も浴びさせたいので床に置くわけにも行かずしばし思案・・・「そうだ、こんな時はニトリに行っ

  • 【カワハギ釣り教室のご案内 Vol.2・久比里出船】

    カワハギ釣り教室 Vol.2は久比里出船、夏から秋に移ろう9月下旬、巳之助丸さんにて開催させていただきます。釣り教室では、出船前の船上にてレクチャーを行っております。レクチャーではこの時期のカワハギの習性、タックル、仕掛け、釣り方などについてお話しさせていただ

  • 16oz Cooler Cup

    以前 これで夏も冬も快適に! というタイトルでハイドロフラスクをご紹介させていただきました。その時は広口のボトルタイプでした。また先日娘から宅急便が届き開けてみると・・・今度は16oz入りのクーラーカップが届いたのでした!早速使ってみましたが、やはり永い時間冷

  • 【カワハギ釣り教室のご案内・湾奥出船】

    カワハギ釣りはシーズン初期ほど主体で釣れる傾向があります。カットウ仕掛けの湾フグ釣りでも、大型カワハギが上がるのもこの時期の特徴です!そんな大型のカワハギを狙った釣り教室を企画させていただきました。釣り教室では、出船前にレクチャーを行っております。レクチ

  • 秋を感じた朝

    一昨日は朝から雨降り・・・昨日は朝起きたら湿度が低く何か秋のよう!ということで、釣友の中村さんをお誘いして荒川土手にウォーキングに行ってきました!いつも会う辺りで合流、鹿浜橋を目指します!橋を渡って新田側へ、荒川がキラキラと光っていました。途中の池では大

  • 湾奥出船と久比里出船

    秋の好機が待ち遠しいカワハギ釣り。来月は湾奥からと久比里からの出船のカワハギ釣り教室を企画しています。湾奥出船はえさ政さんより。久比里出船は巳之助丸さんからです。産卵期も終わり越冬に向けての荒食いの前、ある意味「むず面白い釣り」となり、個体差によって違っ

  • 【テンヤタチウオ釣り教室のご案内】

    大ブレイクのテンヤタチウオ釣り!次々と新たな釣り方も開発されており、テンヤに装着するイワシの巻き方一つにしても、まだまだ発展途中の釣りでもあります。そんな人気のテンヤタチウオ釣り教室を来月開催させていただきます。釣り教室では、出船前にレクチャーを行ってお

  • 【釣り教室 with 晴山 由梨ちゃん Vol.2のご案内】

    第4第アングラーズアイドルであり、ダイワのお仲間でもある 晴山 由梨ちゃんの釣り教室の第2弾を開催させていただきます!!今回の釣り物は微細なアタリでテクニカル、そして食味も最高な湾(ショウサイ)フグ、早くも寄りフグの様相で、秋は好調な予感の湾フグ釣りです!釣り

  • 快適天秤アーチに細身の追加アイテム登場!

    快適天秤アーチに追加アイテムが登場しました!以前、線径が一番細い1.2㎜は、25㎝の一番小型のラインナップにありました。この度その1.2㎜の線径にて、30㎝と35㎝が登場しました!天秤の線径が細ければ細いほど感度が上がり、沈下スピードがアップ、巻き上げ力も軽減されま

  • 酢蛸を食べてみました!

    先日の これで簡単酢蛸! の酢蛸を食べてみました。写真は半日漬けた酢蛸です。土佐作りのたれで漬けてみたものの思いの外白っぽく、まだ味が沁みていない感じではありましたが悪くはありません。でも、漬けていると蛸から水分が出るようで、もうちょっと味が濃くても良いか

  • 快適アジビシ仕掛け

    ダイワのアジ仕掛けが9月に発売されます!ツッキー監修のこのアジ仕掛け、こだわりポイントがあります!!〔Point 1〕仕掛け糸⇒スペクトロンセンサー(SPECTRON SENSER) ・手前マツリの頻度減少 ・抜群の糸癖とれ ・超高感度(フロロを上回る)〔Point 2〕ハリ⇒ヒネリ

  • 釣り教室のご希望

    先日書かせていただきましたが、釣り教室は少しの間お休みにさせていただいております。そんな釣り教室ですが、再開の目途が立ったら以前のように船宿さんのHPにて、またこの場でお知らせさせていただきたいと思っています。たとえば9月の半ば頃再開すると仮定すると、どのよ

  • 風に力がある

    船の乗って海に出て釣りをする「船釣り」を愛好していると、雨天は釣り辛いことがありますが、むしろ船は雨よりも風の影響を受けることが分かります。これは、風によって作られた波やウネリによって船が翻弄され、安全に航行できないと判断すると出船中止に、また、ポイント

  • 嬉しいご依頼

    プライベート釣り教室について、先日えさ政さんの女将さんよりあり難いご連絡をいただきました。女将さんより「二三日前に連絡あって林さんにも連絡した〇〇さん、その時は10月のプライベートの釣り教室の依頼だったじゃないですか。そしてまた連絡があって、11月にもお願い

  • これで簡単酢蛸!

    先日、東京湾のマダコを使った 真蛸の漬け をご紹介させていただきました。そして今回「あっ、これを使って作ってみよう!」と思い立ち、釣りダコで酢蛸を作ってみました!その「これ」というのは、スーパーのカツオのタタキ売り場に「ご自由にお持ちください」と置いてある

  • 鋭さを蘇らせて

    カワハギ釣りでは、エサ付けの前にハリ先の鋭さをチェック、鈍っている場合はフックビーズから外してハリスごと交換しています。ハリ先のチェックは、親指の爪にハリ先を斜め45度に当ててみて食い込むようなら鋭く、滑るようなら躊躇なく交換となります。ただ、湾フグ釣りの

  • 06と08

    東京湾では、湾奥ではそう無いものの、湾口では2枚潮が発生し釣り辛いことがあります。主に湾口付近の竹岡沖や剣崎沖など、カワハギ釣りをしているとそういった体験があります。先日の剣崎沖解禁仕立てでも昼頃から2枚潮となり、少しウネリが伴って、浅場といえども釣り辛い

  • オモリの脱落その後

    先日、大型カワハギの首振りにより、オモリの捨てイトがハリス止めから外れてしまい、その脱落防止の簡単な方法を書かせていただきました。剣崎沖解禁カワハギ仕立ての時実際試してみました。そう大型は釣り上がりませんでしたが、28.5㎝を筆頭に中型主体で釣れました。予め

  • アンドンビシ

    LTでも従来のタックルでも、アジのコマセ釣りで使うオモリの付いたコマセカゴのことを「ビシ」と呼び正確には「アンドンビシ」と呼びます。「ビシ」とは古い釣り用語でオモリのことを指し、現在でも用語として、そして実際使われている「割りビシ」や、「ビシ間糸」などがあ

  • ほぼ同エリアだが・・・

    先日の剣崎沖解禁仕立てでのお話し・・・・出船前の船上では、去年やここのところの釣果を踏まえて今季の剣崎沖の予想をお話しさせていただきました。先ずは去年の解禁日ですが、尺ハギが船平均1枚以上釣れ上がりました。まあ、20人乗船とすると20数枚の尺ハギが上がったの

  • 2022 剣崎沖解禁カワハギ仕立て B船・くじ引き大会

    2022 剣崎沖解禁カワハギ仕立て A船  より続きます これは平作側を出て久里浜湾での、B船から見たA船です。 B船も同じく、2ヶ月カワハギを禁漁としていた剣崎沖を攻めました(その時の状況は2022 剣崎沖解禁カワハギ仕立て A船に記しました)。        さて、A船B船

  • 2022 剣崎沖解禁カワハギ仕立て A船

    今年も剣崎沖解禁カワハギ仕立てを開催することができました。僕達の巳之助丸さんと山下丸さん、山天丸さんの久比里の老舗カワハギ船宿3軒で各2艘出しで開催、今年もカワハギ釣りシーズンのキックオフを飾ることができました。朝一、巳之助丸さんのスタッフでパチリ! 巳之助

  • グングン成長しています!

    6月17日に我が家に来たカメさんですが、その時の模様をこのブログに書かせていただきました。その後飼育法の本を読んだり、友達に聞いてみたりしながら、エサはバランスの取れたカメ専用のものが良い事が分かりました。でも「カメは専用の人口エサをあまり食べないことがある

  • 今日は待っていた解禁日!

    今年も剣崎沖解禁カワハギ仕立ては巳之助丸さんにて2艘出しとさせていただき、36名の方にお集まりいただきました。スタッフは早朝より、衣笠インター近くのすき屋さんにてミーティング、その後巳之助丸さんに向かいます。A船には初めてご参加いただく方々やお子さんを、毎年

  • 熱中症にご注意いただけたらと思います

    夏季の釣行には十二分な日焼け対策、熱中症対策をお心がけいただけたらと思います。飲料水はなるべく多くお持ちいただき、喉の渇き如何にかかわらず定期的にお飲みいただけたらと思います。またこの時期、船上で飲むものが無くなってしまい自分のものをすすめても、大人とし

  • 剣崎沖解禁カワハギ仕立て・くじ引き大会の準備

    来たる8月1日で何回目の剣崎沖解禁カワハギ釣行となるでしょうか。20年以上前、巳之助丸さんの乗り合いで数人からスタートした釣行でしたが、数年前より2艘出しとさせていただいております。去年は尺ハギの船平均が1枚以上と大型乱舞でしたが、今年も下浦に大型が多く、当

  • 小型でも大バリ?

    先日のタチウオ釣り教室では、浅場の夏タチ開幕といった様相で、小型ながら数釣りが楽しめました。釣り上がるタチウオ型はその体高で表すと指2本半が中心で、それよりも小さな個体もいるのでした(写真はアベレージサイズよりやや大きな個体)。ここで「小型だからハリも小型

  • RYO'S METHOD カワハギ仕掛けの原型

    この「沖釣り仕掛けマニュアル」はつり情報社さんが企画・編集され、辰巳出版さんから発行されました。当時のご担当は、現在もつり情報社さんに在籍している加藤記者でした。発行は2009年で、僕は前年にこの年から開催されたS社のカワハギ大会に、発売されたばかりのレンジマ

  • これで夏も冬も快適に!

    春頃娘から “ハイドロフラスク” という水筒をプレゼントされていました。思えば僕は3月生まれですので、誕生日プレゼントだったのかも知れません。ハイドロフラスクは保冷保温に優れた水筒とのことで、船上にて夏は冷たい飲み物を、冬は(電気ポットがある船もありますが)

  • 東京湾の夏タチ本格化!・タチウオ釣り教室

    「この頃なら浅場で夏タチが始まるのでは」と、7月末にセッティングしたタチウオ釣り教室ですが、前日の土曜日は富津沖で反応があり、小型の数釣りといった夏タチウオが本格化しました!そんな翌日、えさ政さんでのタチウオ釣り教室は、前日舵を握った柳沢船長とのことで、朝

  • 290回まで来ました!

    ここ一、二年の釣り教室ですが、政府がコロナ患者数を受けての緊急事態宣言などの時は自粛させていただいた期間もあり、数ヵ月開催しない年もありました。ご存知のように壁も無ければ屋根もない船で開催するのですが、やはり人が集まることに変わりはないといった思いからで

  • 暑さ対策にもなる!?

    6月末の酷暑の頃はお休みしていましたが、ここのところ週3回位のペースで続けているウォーキング。夏場は夜が明けると気温の上昇が速く、なるべく早い時間を心掛けています。夏草が高く生い茂る小路では、緩い風は遮断されてしまい届かず、なおかつほとんど日陰がありませ

  • 硬調ロッドで掛ける釣り

    「硬調ロッドで掛ける」と聞くと、個人的には硬調のカワハギロッド宙を攻めて、フトコロが大きく開いたハゲバリのハリ先を口の中に入れた刹那聞きアワセてハリ掛かりさせる釣法が頭に浮かびます。ただ今回はエサタチウオ釣りでのお話しなのです・・・エサタチウオ釣りは、船

  • 木を見るより種を見る

    ラジオCMで流れてきた一節・・・「ニーチェの言葉で『木を見るより種を見る』という言葉がある」に惹かれました。この言葉はウォーキングの最中に聞いた為、正確な言葉か自信がないのですが、意味合いはこうでした。「大きな木は立派で目を引くが、子孫を残す種も大切だ」と

  • 続・バラシが多い時は・・・

    エギタコ釣りでのお話し・・・先日のエギタコ釣り教室では、開始早々からアタリが出だすもリールを巻いている途中で、または水面バラシなどが目立ちました。そこで・・・「アタリ(タコがエギに乗ってくる重く感じる感触)があったら長めに小突いて下さい」とお伝えして回りま

  • バラシが多い時は・・・

    カワハギ釣りでのお話し・・・好季の秋であれば、オモリを着けている釣りでは、アタリの初動を感じた後に中オモリで仕掛けを斜めに=エサの位置を下げてあげれば、カワハギはエサを追い食べ慣れている前傾姿勢に、その後ロッドを立てると高確率でハリ掛かりするものです。た

  • 良型も浮上・エギタコ釣り教室

    6月1日に開幕し釣れ盛っていた東京湾のマダコですが、一旦釣果が落ち込んだものの7月上旬から回復傾向となっていました。エギタコ釣り教室の早朝、間欠ワイパーを使いながら羽田のえさ政さんの開門時間に到着、テラスで釣り教室の受付けを構えていると、湾フグ乗り合いに乗船

  • この方法はどうだろう?

    昨日リリースしました大型カワハギが捨てイトを外してしまう!ですが、お読みになられた方々から様々なご意見をいただきました。実際自作してみると、思いの外時間が掛り捨てイトの長さが短くもあり、写真通りの精度を出すのは容易ではありません。そこで!簡単にこんな方法

  • 大型が捨てイトを外してしまう!

    ここのところの夏カワハギ釣りでは、下バリに繰って来た時に大型カワハギに捨てイトを外されてしまう事が数度ありました。大型になれば力も強く、オモリ直上のハリに掛るとその頭を振る強さで捨て糸が外されてしまいオモリが脱落してしまうことがあります。RYO'S METHOD カワ

  • 極鋭カワハギ AIR ボトム & SF

    「ここのところ下浦沖で大型カワハギが釣れている!」という情報をキャッチ、先々週に引き続き釣り仲間と久比里の巳之助丸さんへ行ってきました! 巳之助丸さんでは、現在浩喜船長の船がエンジン載せ替えの為に17号船で出船、大船長の船と二艘出しでゆったりとした釣り座でし

  • 東京湾に地下水脈が!

    釣り教室でお知り合いになったTさんよりこんな情報いただきました。ここからお世話になっております。Tです。ご存じかもしれませんが、東京湾に関する興味深い記事を見つけましたので、シェア致します。東京湾の魚が豊かなのは、多摩川、荒川、江戸川などの大きな河川が

  • ウォーキングシューズ

    週に2、3度荒川土手をウォーキングしていますが、1年に2回位、主にソールの裏面の減りが原因でシューズを買い替えています。以前は減ったソールの裏面に補修材を充填して長く使ったりしていましたが、ソール自体のクッション性が無くなったりで靴ズレを起こしてしまう事

  • ふみ屋さん

    東京都杉並区阿佐ヶ谷にあるふみ屋さん。前々より仕掛け作り教室を開催させていただいたり、その模様を撮影させていただいたり、潮の流れと風向きと釣り座もふみ屋さんで撮影させていただいていました。そんなふみ屋さんはモツ焼きや鰻串、釣魚料理などを供していただけ、こ

  • 切れ味バツグンです!

    活〆マルチシザーですが、エサのカットやトリミングなどを度々ご紹介させていただいておりました。湾フグのエサのアルゼンチンアカエビの尾。タチウオのエサのコノシロの切り身のトリミング。LTアジやシロギスのエサであるイソメ。カワハギのエサであるアサリは、大きいもの

  • プライベートでタチウオ釣り教室

    今回で3回目となるKさんのプライベー釣り教室、シロギス、カワハギと続き今回はタチウオ釣りとなりました。レクチャー開始の1時間程前にえさ政さんに到着すると釣り仲間の仕立て船もあるようで、乗り合いも含めお知り合い方々とのお話しに花が咲きました。  さて、今回Kさ

  • 竿頭ステッカー

    昨日はえさ政さんでのプライベートタチウオ釣り教室でした。朝の宿で女将さんに挨拶に行くと・・・「あのね林さん、これ作ったのよ!」と、えさ政さんの竿頭ステッカーを(サンプルとして)いただきました。乗船された船で1番の釣果の釣り師がいただけるステッカーです!えさ

  • 潮先なのに釣られてしまう・・・

    釣り教室にご参加いただいた方からこのようなご質問をいただきました。ご質問は質問があるのですがカワハギ釣りで自分が潮先にいてアタリがなく隣の人の仕掛けが自分の次に通過する時に隣の人にアタリがある場合は自分の誘いがあっていないのでしょうか?良さんが巳之助丸

  • 今季の極鋭カワハギ

    今季のダイワのカワハギロッドは2本、極鋭カワハギ AIR SFと、極鋭カワハギ AIR ボトムです!もちろんZERO_SEAT搭載!柔軟なSFのSMT(スーパーメタルトップ)の曲がり。SFは宮澤さんの「SF釣法」に向いた調子でありますが、オモリを置いてゼロテンションの釣りでも、柔軟な穂

  • 二枚潮

    先日のカワハギ釣行では終日竹岡沖を攻めましたが終始二枚潮だったのでした。二枚潮とはその字のごとく、水深すべての潮の流れが一方向ではなく、ある水深を境にして潮の流れる方向が異なる時を指します。たとえば下げ潮の時合では、竹岡沖では概ね南に潮が流れ去りますが、

  • 酒 肴

    7月の最初の土曜日は義父の三回忌でした。お墓にて住職さんのお経を済まし、昼時にとある料理屋さんへ。乾杯の中ジョッキの後冷酒を注文してみました。右手前は尾長鯛だそうです。暑かったので焼酎の水割りなど。〆の握り、右は鮎魚女(アイナメ)、鮪の隣は鰈でした。 美しく

  • 新 居

    新居といっても先日のカメさんのお話しです・・・そのカメさんが新居に引っ越しいたしました!引っ越し前はタッパーで暮らしていましたが、以前サンゴ(ミドリイシ)を飼育していた中村さんから小さな水槽をいただき、何と上陸できる陸も作っていただいたのでした!その陸がカ

  • 夏カワハギへ!

    「そういえば今季は、夏カワハギに行っていないなぁ!?」と思い立ち、そんな話しをしていたら仲間5人での釣行となりました。宿は久比里の巳之助丸さん、出船を待ちながら互いに釣りの準備を始めました。 さて今回は、摂餌よりも産卵を意識してしいるナーバスなカワハギと対峙

  • 魚に特化した書店がオープン!

    魚に特化した書店、その名も “SAKANA BOOKS” というのだそうです。何と魚や水生生物など1000冊以上の本が並んでいるということです!無類の釣り本好きの僕にはたまならない場所になるのではと思います!!昨日、7月2日土曜日にグランドオープンだそうです。●営業時間12:0

  • DAIWA FIELD TESTER

    DAIWA公式HP内に、ダイワ・フィールドテスターの面々が掲載されました!DAIWA : FIELD TESTERその中の “船フィールドテスター” の末席に・・・ DAIWA : FIELD TESTER僕もプロフィールと共に掲載していただきました!!DAIWA : 林 良一 - Web site是非ご覧いただけたら

  • メタルのコースター

    自宅のソファーでユックリする時、テレビを観たりなどその席でくつろいでいる時、コーヒーやお酒などを飲みながらの時も少なくありません。そんな飲み物が入ったカップやグラスを、今まではフェルト製の厚手のコースターの上に置いていたのでした。でも、気温が高くなってく

  • 釣り仲間で

    そろそろ飲み会でもと、釣り仲間が集いました。先ずは定刻に集まったメンバーで乾杯です!ここは新橋にある中華屋さん、幹事の清ちゃんがセッティングしてくれました(感謝!)メンバーが揃ったところでパチリ!久し振りのコヅちゃん、のっけから「極鋭湾フグは・・・」とご質

  • 真蛸の漬け

    6月からのエギタコシーズンになると、決まって作るのが「真蛸の漬け」です。作り方は至極簡単なのです!まずはタコを茹でる前に漬けるつゆを作っておきます。出汁昆布をキッチンバサミで細かく切り蓋付きのタッパーなどへ、それに輪切りの鷹の爪適せんを加え、濃口醤油と本味

  • 1本のロッドで2魚種狙い!・プライベート釣り教室

    第5回となる中村さん主催のプライベート釣り教室、今回もえさ政さんでLTタチウオ⇒LTアジのリレー釣りとなりました。 えさ政さんに到着すると、乗り合いのフグ船にお知り合いの面々が乗船されていました。 こちらのプライベート教室の船も暑い早朝から盛り上がっております

  • 友達の工場をお手伝い

    釣友で金属加工を生業としている釣友の中村さん。少し前に「りょうさん、ちょっと手伝ってもらえますか?」とご連絡をいただきました。丁度予定がない日でもあったので、彼の営む工場へ!作業内容は22㎜のパイプを30㎜の長さに110個程切り、切断面のバリを取り、端面の外側と

  • 電動モバイルセッティングは簡単で便利!

    電動リールにラインを巻き込む場合には、電動モバイルセッティングは簡単で便利です!僕はシーボーグ200Jでやってみました。DAIWAアプリから「電動リールセッティング」を選び画面を送って行き、スマホの通信部をリールの画面付近に寄せて通信開始です!巻き取るライン、今回

  • ウォーキングで出逢っちゃいました!

    ウォーキングしている荒川土手には人工の池があり、水位が変化することからも荒川と繋がっているようなのです。その池の橋を渡っていると、角を曲がった所で「んっ? 石が落ちている??」と歩みを止めたらその石から手足が出てきて動いたのです!よく見たらミドリガメ、ミシ

  • 仕掛け糸ホルダー

    釣具部屋の机に向かって仕掛けを作る時、それは、ハリにハリスを巻いたり、幹イトを作ったり、オモリの捨てイトを作ったりなど様々なのです。太さの違ったイトを使う事もあり、時にはフロロが巻いてある大径スプールを2枚、このような、ステイを曲げてL型ヒートンにタコ糸を

  • 先行配信 “櫻井・有吉THE夜会” & 今夜放映!

    今夜放映の櫻井・有吉THE夜会では、新企画にHey! Say! JUMP の山田 涼介さん、「安心してください、履いてますよ!」でお馴染みのとにかく明るい安村さんの釣りをしながら掛け合いは、釣りをされない方でもつい笑顔になってしまうかも知れません!!番組HPの次回予告を抜粋6

  • 好調! エギタコ釣り教室!!

    足立区鹿浜にある松陽丸さん。 荒川の(上流からみて)左岸、鹿浜橋上流に位置する桟橋には、早朝からエギタコ釣り教室にご予約されている方々が集いました。宿の受付けを済まされた方より釣り座決めの受付けをさせていただきました。 釣り座が決まると桟橋でレクチャー開始

  • プライベートでシロギス釣り教室

    今回は会社のお仲間との11名様でのプライベートでのシロギス釣り教室、皆さまをお待ちしている間にえさ政さんの乗り合い船に行ってみると、そここにお知り合いの笑顔がありました。  乗り合い船が出払った後位に皆さんお揃いになりレクチャーを開始いたしました。 今回は1

  • 【エサタチウオ釣り教室のご案内】

    大人気の真夏のタチウオ釣り教室のご案内です!東京湾のタチウオ釣りの大場所の走水沖には、連日タチウオ狙いの遊漁船の大船団ができています!釣り教室では、出船前にレクチャーを行っております。レクチャーではタチウオの習性、タックル、仕掛け、釣り方についてお話しさ

  • 小型も多い湾フグ

    今季の湾フグ釣りのお話しです・・・湾(ショウサイ)フグ釣りの大場所である大貫沖ですが、今年はか冴えません・・・。毎年海苔網が外れると、その場所でフグが釣れ盛るのですが、なぜか今年はほとんど居ないようなのです。ですので富津岬の北側である富津沖、木更津沖などで

  • アタリと根掛かりの違い

    東京湾のタコ釣りでは、比較的水深は浅いものの根掛かりが多いポイントがあるものです。特に堤防際などを流す場合は、その堤防を支える為のゴロタ石が敷かれていて、その隙間にオモリやエギが入ってしまうと根掛かりとなってしまうことがあります。そんな時は船の進行方向へ

ブログリーダー」を活用して、りょうさんをフォローしませんか?

ハンドル名
りょうさん
ブログタイトル
RYO'S METHOD
フォロー
RYO'S METHOD

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用