ハンドル名
sunny_and_greenさん
ブログタイトル
太陽と緑の街で
ブログURL
https://blogs.yahoo.co.jp/sunny_and_green_city
ブログ紹介文
1日1日を大切に。本と音楽を愛して。ときどき偏頭痛。
自由文
-
更新頻度(1年)

119回 / 115日(平均7.2回/週)

ブログ村参加:2017/05/07

sunny_and_greenさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 03/22 03/21 03/20 03/19 03/18 03/17 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 953,078サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 10 30 0 0 0 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,544サイト
書評・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,275サイト
音楽ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,046サイト
音楽のある暮らし 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 598サイト
病気ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,418サイト
頭痛・片頭痛 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 116サイト
今日 03/22 03/21 03/20 03/19 03/18 03/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 60,453位 63,079位 63,127位 68,792位 圏外 91,705位 92,224位 953,078サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 10 30 0 0 0 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 375位 406位 399位 503位 圏外 751位 748位 12,544サイト
書評・レビュー 96位 103位 103位 126位 圏外 196位 200位 3,275サイト
音楽ブログ 957位 1,004位 992位 1,250位 圏外 1,763位 1,790位 28,046サイト
音楽のある暮らし 51位 54位 57位 61位 圏外 87位 90位 598サイト
病気ブログ 2,990位 3,131位 3,127位 3,323位 圏外 4,602位 4,664位 21,418サイト
頭痛・片頭痛 10位 10位 10位 10位 圏外 14位 14位 116サイト
今日 03/22 03/21 03/20 03/19 03/18 03/17 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 953,078サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 10 30 0 0 0 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,544サイト
書評・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,275サイト
音楽ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,046サイト
音楽のある暮らし 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 598サイト
病気ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,418サイト
頭痛・片頭痛 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 116サイト

sunny_and_greenさんのブログ記事

?
  • 特別な特別な人

    杏里さんは音楽好きな私の中でも1番好きな、特別な特別なアーティスト。 最近リリースした新曲Duke's Anthemもとても良くて、改めてというかもう彼女の声と音楽にウットリ。 もちろん今は購入前に曲の一部を視聴できるんですけど、聴...

  • 臨死体験

    今日は春分の日、ということはようやく冬が終わったってことでしょうか。 なんだかんだ寒いってだけでなんか大変で、暖かくなってきて本当、ようやくという感じ、ホッとして、朝起きて外も明るいと気持ちも違います。 ふぅ、なんだろ、ため息が・・ また書...

  • 倉木麻衣さん、コナンの新曲はちょっと・・

    もう、この人はずっと、今までも聴いてきたしこれからも肌身離さず行くんだろうと思うアーティストの1人が倉木麻衣さん。 こちらは大ヒットした彼女のセカンドアルバム「Perfect Crime」です。 必ずしもヒットしたアルバムが良いとも限りませ...

  • いつまでもパワフルなお姉さん

    ちょっと前の、大橋純子さんのガン闘病の件、知らなくて驚きました。 「シルエット・ロマンス」しか知らなかった彼女のアルバムを、このニュースきっかけに聴き始めてます。 一番入りやすいと思って手に取った、洋楽カバーアルバム「 J-Selectio...

  • 険悪な言葉

    森浩美さんの「こちらの事情」、短編集で、 40 〜 50 代かな、の世代で、家族や親子のいろんな悩み、過去の痛みを乗り越えようとして、じんわり絆を感じる、といったお話。 ハッピーエンドでなく年齢相応に切ない悲しいエピソードもあ...

  • 警察に職質された

    雨が多いと頭が痛くなる、といいつつ、痛くならないときもあれば、晴れてるのに痛むときも。 なんにせよ、頓服薬は常備、どこへ行くにも必ず携行してます。 先日は「顔色が悪い」という理由で警察の職質(!)を受けてしまった。 職質ってすごい、持ってる...

  • 猫は可愛いのですが・・

    犬童一心さん・大島弓子さん・麻井みよこさん共著の「グーグーだって猫である 小説版」読了。 ドラマでやってた記憶があって、キョンキョンが小島麻子で、上野樹里がナオミって、その時点でなんか、どういうんでしょうウーン・・。 で、小説版、読む前はそ...

  • 登場する男性がみんなイケメン

    服部まゆみさんの「ラ・ロンド−恋愛小説」読了。 3つの章で、最初は大学院生と舞台女優、2つめは銅版画家と学生、3つめはその前2章で登場した4者が絡まる、まずその構成が良いのと、あとこの作者の書く文章が、良い意味で硬さ・重厚感があって、好きで...

  • 猫バカ全開な智子さん、可愛くて良い

    久保田智子さんの「日日猫猫」、猫をこよなく愛する久保田さんがその愛情全開にしちゃってる、猫バカっぷりがなんか面白い本。 個人的にロシアンブルーってそう可愛いと思えないんだけど、そんなことは関係なく、愛されてリラックスしてる猫たちの写真たっぷ...

  • なぜそうなるのか?が一番大切なのに

    近藤史恵さんの「ふたつめの月」、主人公が性格の良い女の子なのと、飼ってる 2 匹の犬がやたら可愛いのはいい、文章もとても素直で良いんだけど、物語のキモのところがパンチが足りなかったなぁ 。 例えば第 1 話、主人公が会社を解雇され、そこから...

  • 村上春樹さん、これはちょっと・・

    村上春樹さんの「村上かるた うさぎおいしーフランス人」、彼のゆるくフワフワしたエッセイはすごーく好きなんですが、これ、面白くなかった。 全編ダジャレ、ひたすらダジャレ、これでもかとダジャレで 1 冊。 そのダジャレが全部つまらないし、面白が...

  • 都はるみさんはやっぱりスゴイ

    こちらも、なんか急に聴きたくなった、「都はるみ全曲集 抱きしめて」。 都はるみさんもたくさん大ヒット曲がありますが、改めて聴くとなんかやっぱずっと同じようで変わってきてるんだなぁと。 「アンコ椿は恋の花」「涙の連絡船」「好きになった人」辺り...

  • 今だからこそ、昭和

    平成も終わり、新元号の話題になっていますが、唐突に借りてみた「昭和の大ヒット大全集」。 美空ひばり、小林幸子、島倉千代子、松原のぶえ、都はるみ、八代亜紀。 細川たかし、大川栄策、新沼謙治、布施明、中村雅俊、村田英雄、北島三郎。 やっぱこの時...

  • 美川憲一さんとギャランティーク和恵さん

    美川憲一さんの「人生はシネマのように」、ウーン、参った、最近すっかり美川さんワールドに魅了されてる。 収録されてるのは、シャンソンでは有名なのかなー、「愛の讃歌」の他は全然聴いたことなかった。 女性目線の曲が多くて、んーちょっと、美輪さんは...

  • 必然性がある人

    大好きな岡村孝子さん、こちらはソロ・ファーストアルバム「夢の樹」、1985年発売、すでに34年も前に出たアルバムながら全然古くならず、さすが才能をビシバシ感じる名盤です。 1曲目「風は海から」がもういきなり名曲で、他にも「一人息子」「砕ける...

  • 18禁のエロティシズム

    小池昌代さん「裁縫師」は、久々に私的にヒットした本。 5つの短編のうち良い!と思ったのは冒頭「裁縫師」と最後「野ばら」、あと3編はイマイチで、「裁縫師」の出来が飛び抜けて良いと思う。 良い物語というのは導入から際立っていて、「裁縫師」の映像...

  • パンダはいいな

    妹がマンション購入、いやー泣きそうになってしまう。 私の中では子どもの頃の、暗くなるまで外で遊んで、遊び疲れて家で晩に口にご飯入れたまま寝てた、トマト嫌いだった、学校の夏休みの宿題を手伝っていた妹。 いつの間にか大人になって、結婚して、子ど...

  • 美川憲一さん「お元気?」

    唐突に美川憲一さんの歌を聞きたくなり、こちらはトークも入った「お元気?」。 改めて、歌は名曲ばかり、一般的なイメージと違い、そんなにド演歌じゃなくサラリと聞きやすい。 ご本人も演歌は嫌いと言ってるし、淡谷のり子さんとの親交とか、ブルースやシ...

  • 試行錯誤の繰り返し

    こちらは私の大好きな杏里さんの、過去のセルフカバーと近作「Smooth & Groove」を半々ほど組み合わせた、まぁ変形ベストアルバムかな。 杏里さんは結構ベストアルバムを出していて、正直悲しい気持ちになった時期もあったけど、ここ数年の新...

  • 10連休どうしよう

    ものすごく多作でヒットの打率も高い作家・林真理子さん。 あまり大御所ポジションに行かず面白おかしく彼女ならではの程よく下世話な作品を書いてほしいところ。 たぶん近作だと思う「下流の宴」が全然面白くなくて、最初1/4程で読むのをやめた私。 「...

  • 「Y氏の隣人」、知ってます?

    なんだかあまりこれという本に出会えてない最近。 これも出会いで、運と思いつつ、なかなか読み進めないものって時間もかかるし、で、最後、貸出期間過ぎて図書館に返却に行って司書さんに注意されるのもまたね。 そんな日々で、オ!と思った、西加奈子さん...

  • 1年の半分以上

    眠い・・毎朝6時過ぎ起床、お弁当準備と朝食ののち、7時半に家を出て、20時頃帰宅、という日々、その時点でもうメチャクチャ眠くて、疲れてるのか分かりませんが、そのわりにこの冬、風邪を引かずに済んでいて、最近整腸剤を飲んで、腸内環境が良いから?...

  • 岸惠子さんの本、読みにくくて困った

    女優・岸惠子さんの「巴里の空はあかね雲」、これ、読みにくくて仕方なかった。 冒頭の離婚の下りは、実話でありつつドラマティックですがあとは・・妙にべらんめぇ調で七五調の繰り返す啖呵?もスッと入ってこず、時系列が混在するのも分かりにくい。 頑張...

  • 私の楽しみ

    前も少し書きましたが、ラジオを聴くのが好きで、たまに自分でも投稿したりしてます。 自慢じゃないけどって自慢か、私、かなり番組に採用されることがあって、全然駄目なときもあるはあるけど、送ったものが毎回採用されるときも。 やっぱり嬉しいなぁと、...

  • 一番好きなマライア

    私が大好きなマライア・キャリーの中でも特によく今でも聴くのが「Butterfly」、ものすごく良い出来のアルバムだと思います。 このアルバムの特徴はとにかくこの、まさに蝶がフワフワと空気中を舞い飛ぶような軽やかさ、透明感、そして聴き心地の良...

  • 一緒にいてしんどいタイプの女

    中沢けいさんの「海を感じる時」、作者が18才のときの作品だそうで、確かにその年齢で、途中、女子高生が自分の子宮を表現する下りがあって、生々しさとか、暗い海の波のうねりを感じるところを書けるのはすごいと思います。 物語として読むと、割とありが...

  • 福山雅治の使い方

    福山雅治さん主演「ガリレオ」、の、これは第1作目、第1話〜4話、人気ドラマながら私は初めて借りて見ました。 冒頭で犯人が明かされ、それを福山さん扮する物理学者・湯川准教授の科学的な知識を応用して、事件を解決していくお話。 福山さんはなんか、...

  • 平松絵理さん・美川憲一さん・都はるみさん

    平松絵理さんのあのあっけらかんとした明るい歌声が恋しくて、聴いたのは1993年の「一夜一代に夢見頃」。 彼女は私の地元・神戸出身で、とても好きなアーティスト。 人気もあって、ご結婚されて、その後、何か婦人科の病気を患い苦労されてた記憶があり...

  • 高倉健さんの気持ち

    「あなたに褒められたくて」は、偉大な俳優・高倉健さんのエッセイ本、すごく良かったー。 繊細で温かくて善良な人柄が文章に現れ、良い文章を書くし読みやすい。 なにより、こんな内面を持つ人だったんだと初めて知りました。 私世代にはもうかなり大御所...

  • 至高の中の至高

    こちらも、発売以来ずっと私がよく聴いて、今でも聴き続けている、マライア・キャリーのナンバーワン・ヒットソング集「The Ones」。 タイトルからして凄い、全米ナンバーワン12曲、更に新曲もホイットニーヒューストンとのデュエットはじめ、凄い...