searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

移動祝祭日さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
移動祝祭日
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/art-mill
ブログ紹介文
時の香り
更新頻度(1年)

121回 / 365日(平均2.3回/週)

ブログ村参加:2017/05/06

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、移動祝祭日さんをフォローしませんか?

ハンドル名
移動祝祭日さん
ブログタイトル
移動祝祭日
更新頻度
121回 / 365日(平均2.3回/週)
フォロー
移動祝祭日

移動祝祭日さんの新着記事

1件〜30件

  • 私のパレット

    パレットの絵具の内容をちょっと変更風景画でよく使う絵具混色の適性などを考えシュミンケの透明水彩を中心に40色多いなぁとは思うがどれもはずせない大事な絵具・マンガニーズバイオレット・ウルトラマリンバイオレット・ベネチアンレッド・バーントアンバー・バーントシェンナ・イエローオーカー・マゼンタ・パーマネントカーマイン・カドミュームレッド・スカーレットレッド・トランスペアレントオレンジ・ネイプルスイエロー・ピュアーイエロー・カドミュームイエローライト・レモンイエロー・ペリレンバイオレット・キクナドリンマゼンタ・トランスペアレントレッドディープ・コバルトアズール・ペリレングリーン・オリーブグリーン・イエローイッシュ・トランスペアレントイエロー・オペラローズ(W&N)・アゾイエローディープ(Re)・アゾイエローライト(Re...私のパレット

  • スケッチ・・・天王山田園風景

    スケッチです。天王山田園風景。大山崎円明寺地域からみた天王山。田んぼがちょっと残っている地域。辺りは住宅や高速道路や、新幹線、JR京都線、阪急電車が走り、かなり混沌とした所ですが、この狭い一角だけがのんびりとした田園風景です。奇跡的な風景です。桜が終わり、いよいよ本格的な春。水田耕作が始まるとまた趣が変わります。澄んだ空気の春風景。いまのうちにとスケッチです。スケッチ・・・天王山田園風景

  • スケッチ・・・井手町・玉川堤の桜

    スケッチです。京都府井手町の玉川堤の桜。JR奈良線の玉水駅で下車、徒歩3分ぐらい。この地は初めてです。駅近で、こんなにすばらしい桜と出会うとは。河川敷はかなり整備されています。少し歩いて上流へいきました。山を背景に川とその両側の堤の桜。桜ふぶきが舞い、花筏の流れ。鉛筆を忘れてきたので、絵具で直に描いていきます。花びらが水彩紙の上に舞い散ります。それではと絵具で花びらを数枚くっつけました。不思議と現場感がでてきます。現場スケッチの醍醐味。山吹でも有名な地です。歌にもよく読まれているらしい。また来よう。スケッチ・・・井手町・玉川堤の桜

  • スケッチ・・・高槻・原公民館

    スケッチです。高槻原公民館。桜の季節にぜひ行って見ようと思っていました。車はまったくの想定外です。でもしょうがないか。地元の人達の憩いの場ですから。特に桜の季節はね。グランドでは数グループがいました。スケッチをしようと準備しはじめるとうーむ、黄砂。花粉と黄砂で嫌な感覚。まずは退散です。またいつか。スケッチ・・・高槻・原公民館

  • スケッチ・・・六角堂の桜

    スケッチです。京都のへそ、六角堂の桜。この辺りに来ると必ず立ち寄るところ。柳の緑と桜の桃が映えるところ。お寺さんですので、ゆっくりとはスケッチできません。ほぼ写真をもとに。スケッチ・・・六角堂の桜

  • スケッチ・・・嵐山東公園より愛宕山

    スケッチです。嵐山東公園より愛宕山。桜の季節はいつもここでスケッチをします。ほとんど人はいなく、のんびりゆっくりとスケッチ。ちょっと歩くと嵐山です。湧いて出てきたように人がいっぱい。時節がら、何かと人出のバロメーターに使われる嵐山。でもちょっとはずれれればいつものようにほぼ人がいません。私の絶好スケッチポイントです。スケッチ・・・嵐山東公園より愛宕山

  • スケッチ・・・大阪空港

    滑走路の路面が観たくて大阪空港へ。展望台デッキから望む。広々とした固い一直線の面を観ると気持ちがいい。今日は、黄砂と花粉とPM2,5がきつく、早々に引き上げた。天候のいい日に又来よう。それにしてもあの金属の塊が空に浮かぶとは不思議な気持ちになる。スケッチ・・・大阪空港

  • スケッチ・・・朝の光を求めて神戸港へ

    朝の光を求めて再び神戸港へ。空気が心地よい。狙った思い通りの空気感です。この感覚を描きとめます。釣り人も気持ちよさそうでした。スケッチ・・・朝の光を求めて神戸港へ

  • スケッチ・・・神戸港中突堤よりモザイク

    光の春。スケッチに行ってきました。神戸港中突堤。少しづつ春らしくなってきましたが海の風は少し寒いですね。思ったより賑わい。若者たちが多い。神戸は色彩が賑やかで、スケッチも愉しい。手持ちのスマホでは春の柔らかな光はとらえられませんが、スケッチではその光の春に集中しました。観覧車とクレーンの組み合わせが面白い。何回も来て作品化したいと思います。スケッチ・・・神戸港中突堤よりモザイク

  • 追悼 Chick Corea 

    追悼ChickCorea私が初めてChickCoreaの「ReturntoForever」を聴いたのは京都の六曜社の大きなスピーカーからでした。友人数人と酔い覚ましのcoffeeを飲みながらの時間。今でも忘れることのない時間。すぐにLPレコードを購入し、擦り切れるくらい何度も聴いた「ReturntoForever」今でも大切に当時のlpレコードを持っています。今でも当時の友人たちとの繋がりはあります。ありがとうChickCorea安らかに追悼ChickCorea

  • サンバ

    ★サンバ監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ出演:オマール・シー、シャルロット・ゲンズブール、タハール・ラヒム、他2014年/フランスフランスの移民問題の実情の一部?がよくわかる。パリのモザイク状態の文化、人種の一面がよく出ている。映画はかなりシリアスな内容ではあるが、物語は結構楽天的に展開する。映画タイトル「サンバ」はアフリカ系移民の男の名前ですが、ラストになって、作品のテーマとも繋がり、ある種の切ない哀しみの感情があふれ、移民問題の複雑さについて考えさせられました。ビザなし、金なし、住所なし、持っているのは「最強」の笑顔だけ。オマール・シーは好演でした。久しぶりにシャーロット・ゲンズブールを観ました。他の作品でも観ているのでしょうが、鮮明に記憶が残るのは「なまいきシャルロット」今回の彼女の役どころ...サンバ

  • 雨の朝巴里に死す

    ★雨の朝巴里に死す原作者:F・スコット・フィッツジェラルド原題:TheLastTimeIsawParis監督:リチャード・ブルックス出演:エリザベス・テイラー、ヴァン・ジョンソン、ドナ・リード、ウォルター・ピジョン、ロジャー・ムーア、他1954/アメリカ原作はF・スコット・フィッツジェラルド(1896~1940)パリを舞台とした物語。ドラマチックな物語ではなく、邦題はちょっと大げさでしょう。22歳のエリザベス。眩しいくらい美しく可憐な時代のエリザベス。この作品の一番のみどころ。自由奔放なイメージの彼女ですが、この作品の頃は、とても可憐で魅力的な姿です。強い眼力が印象的です。ある意味拍子抜けする物語展開です。子どもの可愛い表情に救われた作品かもしれません。雨の朝巴里に死す

  • モンパルナスの灯

    ★モンパルナスの灯原題:Montparnasse19監督:ジャック・ベッケル音楽:ポール・ミスラキ出演:ジェラール・フィリップ、リノ・ヴァンチュラ、アヌーク・エーメ、他1958/フランスアーモンドアイが駆け抜ける姿を見て、(昨年のジャパンカップでのラストラン)名前繋がりで、モジリアニ−、キスリング、ピカソらの絵を思い出した。というわけで、モジリアニ−を主人公とした映画。《モンパルナスの灯》さすがフランス映画です。ひたすらモジリアニ−とジャンヌの愛の形を追いかける。眩しい美男と美女の物語。現実の二人もこのように互いに愛したのだろうなと思い込みたくなるようなメロドラマです。時代の雰囲気が良く出ていました。セーヌの暗闇がよく出ていました。モジリアニ−といえばあの《アーモンドアイの瞳》。瞳のあるなしによって絵の形が変わ...モンパルナスの灯

  • 人生模様

    ★人生模様1952/アメリカO・ヘンリーの短篇5つを、それぞれ異ったスタッフ、キャストにより映画化したオムニバス。進行役が、アメリカ文学の巨人、ジョン・スタインベックという豪華な作品。5本全て名作。何回観ても飽きずにうっとり。そして癒される。1「警官と賛美歌」2「クラリオン・コール新聞」3「最後の一葉」4「赤い酋長の身代金」5「賢者の贈り物」5つの「オチ」が見事です。若きモリリン・モンローが可愛い!!!若きモリリン・モン人生模様

  • 洋梨の「ラ・フランス」

    洋梨の「ラ・フランス」を描いてみました。水彩紙はラングトンのパルプ紙です。ステイホームなんで、、、。使っている絵具はラウニーですから、ラングトンとの相性は抜群にいいと思います。(私個人の感想です)コットンのプレステージを使うことが多いですが、値段の気軽さから、パルプ紙利用です。白い紙で、発色は濃く鮮やか。乾燥もかなり素早い。鉛筆や筆の走りはとても滑らか。スケッチ向きでしょうか?弱点は、重色すると下の色が混じってくる。何度も重ねると、当然ドロのようになる。定着が弱いんですね。パルプ紙の特徴と付き合うのがコツ。ですが、水彩画はまさに一期一会ですから、なかなか難しい、、、。というわけで、今日は洋梨を描いてみました。洋梨の「ラ・フランス」

  • イップ・マン 完結

    イップ・マン完結英題:IPMAN4監督:ウィルソン・イップ出演者:ドニー・イェン、ウー・ユエ、ヴァネス・ウー、チャン・クォックワン、他音楽:川井憲次2019/香港、中国2020日本公開詠春拳の達人イップ・マン(葉問}の伝記アクションシリーズ第4作、完結編1964年、イップ・マンは、サンフランシスコで、弟子であるブルース・リーと再会。がんと闘いながらも、異国の地で生きる同胞たちの誇りのため、中国武術を広めるための最後の戦いを描く。中国のプロバガンダのような内容もあるが、高潔なイップ・マンやブルース・リーの芸術的な武術を楽しむ作品。イップ・マンの武術の誇りのために戦う精神は弟子のブルース・リーへ。その姿をただただ美しく描いている。イップ・マン完結

  • バナナ

    バナナを描いてみました。紙はアヴァロン。ホームステイですので、、、。初めてアヴァロン水彩紙を使ってみました。紙は白く、噂通り発色はいいです。「柔らかい絵」雰囲気の絵に仕上がります。乾きがゆっくりですので、ぐいぐい描きこむというより、ゆっくりにじみを待ちながら絵具を重ねる感覚です。せっかちな僕には、ちょっと慣れが必要なようです。ということで、バナナ。漢字で書くと、甘蕉、あるいは、実芭蕉となるらしい?バナナがぴったりですね。バナナ

  • 幸福路のチー

    ★幸福路のチー原題:幸福路上監督:ソン・シンイン主題歌:「幸福路上」(ジョリン・ツァイ)声の出演者:グイ・ルンメイ、ほか2017制作/台湾2019日本公開アニメの力強さに驚きました。初めは、ちびまる子ちゃん風の絵をみて、これはほのぼのとした物語かとおもいきや、物語の展開がすすむうちに、これはとんでもない快作と思い始めました。力強い絵作り、時事性、社会性の強いリアルなテーマ、マルジャン・サトラピ監督の『ペルセポリス』を思い起こしてくれました。デズニーアニメ風の人物の動きを取り入れたり、ベルセポリスのような感情表現を取り入れたり、色彩は絵本風だったり、ちょっぴり高畑勲風だったり、と、とにかく刺激的でした。おばあちゃんや両親の優しい想いには泣けます。独り立ちしてゆく台湾女性の苦悩と逞しさに共感。チーの声はグイ・ルンメ...幸福路のチー

  • ぼくは明日、昨日のきみとデートする

    ★ぼくは明日、昨日のきみとデートする監督:三木孝浩原作者:七月隆文音楽:松谷卓出演:福士蒼汰、小松菜奈、東出昌大、山田裕貴、清原果耶、大鷹明良、宮崎美子、他2016/日本映画舞台は京都、叡電、宝ヶ池、出町、鴨川、北白川、京極、伏見などの叡電、京阪沿線の有名所が舞台です。お話は相当ピュアーな恋愛物語ですから描かれる風景もとてもピュアーです。京都観光案内物語といってもいいくらいのピュアー感。ヒロインはタイムトラベラーなのか?この謎は結局最後までよく解りませんでした。いくつかの不可解な時間の設定がありました、が、フアンタジーですから特に気にもせず。タイムトラベラーは未来を変えられないので、(どんな物語でもこれは鉄板ルール)時を交差しても、迫り来る運命は変えられない。切なさに浸りました。過ぎた時間は全てが記憶の中。記憶...ぼくは明日、昨日のきみとデートする

  • 柿と蜜柑

    とろとろに熟した柿と甘い蜜柑を描いてみました。紙はラングトンプレステージ絵具はラウニー。ステイホームなんで、、、。まるでトマトのような奈良の紅い柿です。もうとろとろですが、まだまだ固いです。そろそろ食べごろでしょうか。有田の蜜柑はちょっと食べごろを過ぎた感じ。外は雪が降り始めました。ステイホームです。柿と蜜柑

  • 嵐電

    ★嵐電監督:鈴木卓爾出演者:井浦新、大西礼芳、安部聡子、金井浩人、窪瀬環、石田健太、他主題歌:あがた森魚「鳥ガール星ガール」2019/日本この電車に乗ればどこまでだって行けますよ嵐電を舞台に3つの物語、男と女の物語が描かれています。それぞれがまったく別の世界観ですが、登場人物は交差しながら進行します。ふわ〜〜〜とした曖昧模糊とした登場人物。時空を飛び越えた怪奇的空間。現在の嵐電は醸しだすイメージに沿った物語?と思えば納得です。嵐電は私にとって生活の一部です。過去も現在も。映画を観ながら、懐かしさと心のざわめきを感じました。また、ちょっぴり不満も感じました。制作スタッフは、嵐電に親しみや興味は感じているでしょうが、愛情みたいな想いは感じているのでしょうか?嵐電を舞台に怪奇的表現に至るのはわかりますが、嵐電のリアル...嵐電

  • 林檎と檸檬

    林檎と檸檬を描いてみました。紙はラングトンプレステージ絵具はラウニー透明水彩絵具。ステイホームなんで、、、。水彩制作はとにかく《乾きの間》が一番。室内ではゆっくりとその時間を見計らいながら描きます。今年はのんびり果物を描きながら年の瀬を迎えよう。林檎と檸檬

  • スケッチ・・・高槻・原公民館

    高槻市の原へスケッチに行ってきました。見つけたのは、ノスタルジックな原公民館。かつては小学校分校だったとのこと。(近くにいた地域の人のお話を伺いました。40いくつかの息子さんはここの卒業生だと遠くを見つめるように話してくれました。)桜の季節はいいだろうな〜〜〜何度か時雨に襲われました。パレットは霧のような雨を浴びてこのように。偶然の美しさに思わず魅入る。何度か避難。冷たい風に手がかじかむ。それでも、懐かしい気持ちに浸りながらのスケッチでした。桜の季節に又来るぞ。スケッチ・・・高槻・原公民館

  • 天気の子

    ★天気の子監督:新海誠原作脚本:新海誠出演者:醍醐虎汰朗、森七菜、小栗旬、本田翼、他倍賞千恵子音楽:RADWIMPS2019/日本アニメまたまた絵は進化していた。つまり巧くなっていた。新海誠の都会絵画はどんどん上手になっていく。ただ観ていて何かつまらない感覚に陥ってしまった。なぜだろうか?神秘的な呪術的な世界観を持ち出し、神がかり的な、子ども騙し的な、結局は曖昧な世界観を描いたような気がした。その世界に生きる若者たちは大丈夫か?宮崎駿さんの年寄り臭い頑固なメッセージ性や、細田守さんの文科省推薦性のような教育臭さなど(どちらもしっかり物語構成力がある)(主人公はしっかり自分の生き術を心得ている)にくらべると、何処か曖昧な危うさがある。新海さんの魅力かもしれないが。これからの天気?予報は難しい。私は天気痛という厄介...天気の子

  • アバウト・タイム

    ★アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜監督:リチャード・カーティス出演者:ドーナル・グリーソン、レイチェル・マクアダムス、ビル・ナイ、トム・ホランダー、マーゴット・ロビー、他2013/イギリスタイムトラベラーの物語。過去と現在をタイムスリップ。後戻りできない時間と人生が愛しい。物語の優しさと切なさにぎゅ。大切なものはなにか。ちょっと泣かされます。ごくありふれた日常がいい。アバウト・タイム

  • 青い山脈

    ★青い山脈原作:石坂洋次郎監督;西河克己出演:吉永小百合、浜田光夫、高橋英樹、二谷英明、芦川いづみ、他1963/日本映画1963年作。ノスタルジーたっぷり。実はこの作品は、僕の持っている「青い山脈」とは少しイメージが違いますがあの彦根でロケをやっています。ですので、1960年代の城下町彦根の街の様子を見ることができます。場面が変わるたびにここは何処かな?いまも所々に当時の雰囲気は残っています。琵琶湖の様子は今も変わりません。スケッチに行きたいね。出演者の顔ぶれが懐かしい。ヒロインの吉永小百合はゴム毬のように弾けている。眩しいくらいに弾けている。浜田光夫の眼がキラキラしている。高橋英樹の学生服姿は、信じられないくらいのスリム感です。芦川いづみの清楚な美貌にはうっとり。左卜全にはただただ唸る。藤村有弘、南田洋子、二...青い山脈

  • オレゴン魂

    ★オレゴン魂RoosterCogburn監督:スチュアート・ミラー出演者:ジョン・ウェイン、キャサリン・ヘプバーン、リチャード・ジョーダン、他1975/アメリカ逞しいジョン・ウェインを観た。可憐で行動的なキャサリン・ヘプバーンを観た。完璧な勧善懲悪物語です。以前にも観ています。巣ごもり状態で何となくすっきり西部劇を観たく。西部劇らしい超スペクタルでした。オレゴン魂

  • 瀬田川小春日和

    今日も瀬田の唐橋へ行ってきました。小春日和で絶好スケッチコンディション。水の青が心地よい。ボートのスピード感が心地よい。今日は七五三。近江国一宮である建部神社にお参りしてきました。しじみ汁のお店が出ていたので一杯いただく。時節柄、狛犬さんもマスクです。瀬田川小春日和

  • スケッチ・・・瀬田川の夕暮れ、遠くに比良山

    瀬田川の夕陽が観たく、唐橋に行ってきました。夕陽が沈むまでにはもう少し時間があります。と思いきや、すうーと山に消えていきました。そろそろ冬の季節です。今日はこの季節にしては暖かく。たくさんのボートが出ていました。釣り人もあちこち。夕暮れ時は、橋のシルエットが美しい。空気が澄み、琵琶湖、遠くの比良山がくっきり見えました。スケッチ・・・瀬田川の夕暮れ、遠くに比良山

  • スケッチ・・・今城塚古墳

    スケッチに行ってきました。JR富田より高槻市バス氷室下車。陵墓指定されていませんが(何故なんでしょうね?)まちがいなく継体天皇陵です。謎の多い大王ですが、次第に彼の実像が明らかになっています。今は調査は終え、古墳公園として整備されていますが。調査前はかなり荒れた古墳の風貌でした。戦国時代に山城として利用されたり、伏見大地震で崩れたりと散々。その荒れ荒れ感により陵墓指定からはずされたようです。おかげで私たちは自由に墳丘内に立ち入ることができます。継体大王に親しみを感じることができます。以前は自由に墳丘内を走り回っていました。外堀の池で、ザリガニ釣りを楽しみました。ブラックバスも狙いましたが、、、。釣れず。バスはいたのかどうかわかりませんが。今は公園ですので、釣りはできません。かっての荒れ荒れ古墳がなつかしいくらい...スケッチ・・・今城塚古墳

カテゴリー一覧
商用