searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Elianaさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
宝塚観劇の日々
ブログURL
http://andtakarazuka.hatenablog.com/
ブログ紹介文
備忘録的に宝塚を中心にミュージカル観劇の感想などを載せてます。
更新頻度(1年)

37回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2017/05/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Elianaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Elianaさん
ブログタイトル
宝塚観劇の日々
更新頻度
37回 / 365日(平均0.7回/週)
読者になる
宝塚観劇の日々

Elianaさんの新着記事

1件〜30件

  • ミュージカル「フラッシュダンス」

    昨日大阪にて大千秋楽を迎えたミュージカル「フラッシュダンス」を見てきました。 公演が発表された際には、宝塚時代のちゃぴ(愛希れいか)のダンスが好きだったので、見たいなぁ~思っていた作品だったんですよね。コロナ禍の状況ではありますが、幸運にも地方公演も興行されたので見に行くことができました。 映画「フラッシュダンス」をミュージカル化した作品ですが、まぁ、古い作品ていうこともあって未見ではあるのですが、それでも、昔ジェニファー・ロペスが『I'm Glad 』のミュージックビデオでオマージュしていたので、その印象が強かったです。でも、ある意味それがいけなかったかも 苦笑昼間は工場で働きながら、夜はセ…

  • ダディ・ロング・レッグズ~足ながおじさんより~2020

    今年の3月後半ごろから、まるで時が止まったかのようにすべてのミュージカルや演劇が次々に公演中止になり、私の手元のチケットもただの紙となり このまま以前のように劇場のでミュージカルを見ることができるのだろうか?と思っていましたが、先月、ようやくミュージカルを観に行くことができました。 特に私のような地方住まいでは、公演(コンサート形式がほとんどですが)再開されたものも、とてもこの状況下でと遠征することができず。 そんなわけで、この「あしながおじさん」は本当に待望のミュージカルだったのです。 ミュージカル観劇を再開して1発目の公演が本当にこの作品で良かったっ! 3年前にも観ているし、なんだったらD…

  • 雪組公演 『NOW! ZOOM ME!!』Bパターン観劇

    先週末に東京宝塚劇場にて無事大千秋楽を迎えた だいもん(望海風斗)のコンサートですが、実は先月ムラ(宝塚大劇場)公演のBパターンに行ってきました。 元々もは文京シビックと神戸国際会館で5月に公演する予定でしたが、新型コロナウイルスの影響により中止となりホント一時はどうなることかと思っていましたが、無事に会場を変えて公演されることになってホント良かった! とはいえ、客席数は50%に制限されていましたし、今回はだいもん花組時代の曲も披露されるAパターン、雪組時代を中心のBパターン、そしてきぃちゃん(真彩希帆)特別出演のCパターンとあり、個人的にはだいきほでやっぱり見たかったのですが、まぁ、Bパター…

  • 公式からの情報多すぎ問題

    今日は、公式さんからいろいろ発表がありすぎます。苦笑だいきほ(望海風斗・真彩希帆)と、たまさく(珠城りょう・美園さくら)ご卒業の日が決まりましたし、その本公演のスケジュールも発表されましたね。ホッとしたような、やっぱり寂しいような。 そして、そんなニュースに紛れてこんなお知らせがっ!! -------------------------------- このたび、下記通り、組替えを決定しましたのでお知らせいたします。 花組朝月 希和・・・2020年11月16日付で雪組へ組替え※2021年1月1日からの雪組宝塚大劇場公演『f f f -フォルティッシッシモ-』『シルクロード~盗賊と宝石~』から雪組…

  • 次期雪組トップスター、トップ娘役発表(サプライズ人事)

    おそらく、本来ならとっくに発表されるはずだった、次期雪組トップスター、トップ娘役が、ついに今日発表されましたねっ!!! -------------------------------- 雪組 次期トップスター、トップ娘役について この度、雪組 次期トップスターに彩風咲奈、次期トップ娘役に朝月希和が決定しましたのでお知らせいたします。朝月希和は、2020年11月16日付で花組から雪組に組替えとなります。 なお、彩風咲奈、朝月希和の新トップコンビとしてのお披露目公演は決定次第ご案内いたします。 -------------------------------- まずは、咲ちゃん、希和ちゃんおめでとう…

  • 雪組 別箱公演「Music Revolution! -New Spirit-」観劇

    続いてショーについての感想です。 昨年本公演でも何度も見て、そして全国ツアー公演でも見てきた作品。 今回は主演がだいもん(望海風斗)から、2番手の彩風咲奈へ変更となり、また、どうやら構成も(前回の全ツではたいして変更がなかったけど)大幅に変更されているとか いや、これはねぇ~ もう、ホント別のショー作品って言っても良いんじゃないってくらいの変更でしたよっ!!! 正直、最初はオリジナルのミューレボ(Music Revolution)に慣れていたので、変更されている部分に戸惑ったりもしたんですけど、いや~~~~こちらも楽しい!!!!! 組子の人数も、たぶん、去年の全ツよりも少ない?ってか下級生が多…

  • 雪組 別箱公演「炎のボレロ」観劇

    当初は全国ツアー公演として春に開催する予定でした。それが中止になり、代わりに梅田芸術劇場(梅芸)にて公演されることが発表され、公演を予定していた地方都市での実施が叶わないものになってしまったとはいえ、幻の公演にならず、生徒さんもスタッフの方々も、私たちファンも胸をなでおろしていたと思います。 が、その梅芸公演も一旦公演延期となってしまい、このまま振替公演がされるのか、それともやはり中止になってしまうのか。。。と不安な日々を過ごしていましたが、どうやら日程の調整がついたようで、約10日遅れで無事に初日の幕が上がりました。 梅芸は宝塚大劇場とは違って宝塚専用劇場ではないけれど、関連企業の箱だったの…

  • Withコロナと演劇

    先月、再開されたばかり花組大劇場公演「はいからさんが通る」を観に、そして先週は宙組梅田芸術劇場公演「FLYING SAPA」を観に行ったばかりですが、そんな中でも本当に日々変わっていく状況で。。。 個人的にこの感染症が憎すぎて、このブログ内では言葉にするのも嫌だったのですが、それも避けれない状況になってきてしまいました。。。。先月、帝国劇場で新たなスタートを切るはずだった「ジャージー・ボーイズ イン コンサート」では、初日直前に東宝演劇スタッフの新型コロナウイルスの陽性者が発覚し、4日間にわたって、中止となりました。(ライブ配信は無観客で開催)そして、シアタークリエで公演されていた「マトリョー…

  • 宙組梅芸『FLYING SAPA -フライング サパ-』

    花組の観劇感想も書いてないというのに、先日観に行った「フライング サパ」について書きたいと思います。 私は本作の作・演出を担当されている上田久美子先生のファンでして、なので、赤坂ACTシアターでの公演が決まったときには見たいなぁと思いつつ、距離的、金銭的な問題で観劇を断言したのでした。(チケットが取れるかって問題は置いておいて) 結局、今年2020の世界中で様々な影響を及ぼしている感染症の影響で、年間スケジュールはスケジュール通りにはいかず、私もたくさんの作品が見れなくなっていたのですが、そんな中、個人的に起きた良いニュースがこの「フライング サパ」が大阪で公演されることになったということでし…

  • 花組 『はいからさんが通る』久しぶりの宝塚大劇場の感想

    約3ヶ月の間公演を中止していた宝塚歌劇団ですが、ようやく今月中旬から公演を再開されましたねっ。私自身も最後に劇場で、ミュージカル/舞台をナマ観劇したのは2月が最後だったので約6ヶ月ぶりでした。 実は緊急事態宣言が各地に発令されてから、解除後も殆ど外出していなかったので、県を超える外出となると本当にひっさしぶりっ!!!だったのです。そんなわけで電車で宝塚に向かう間もちょっとドキドキ 新しくオープンした宝塚ホテルを横目に見ながら劇場に到着すると、私が良く使うチケットカウンター側の入口は閉鎖されていて、メインエントランスに入口が集約されていました。ここで劇場の建物に入る前にスキャンによる体温測定と手…

  • ジャージー・ボーイズ イン コンサート

    シアタークリアで公演された奇跡のミュージカル『ジャージー・ボーイズ』が、今年夏にいよいよ帝国劇場で公演されるはずでした。それは、今回の感染症の影響で全公演中止せざるを得なかったのですが、それがコンサートとして、公演が予定されていた帝劇で始まると聞いて、迷った末に前回も利用したe+のStreaming+をにてライブ配信視聴を先日しました。 ジャージーボーイズの初演メンバー再演メンバーに加え、今回から初参加のキャストも。初参加の尾上右近さんと東 啓介さん、そして大山真志さん 唯一無二のシングルキャスト フランキー・バリ役の中川晃教さん以外はダブルキャストになるから、そのダブルキャストを同じ舞台で見…

  • 中川晃教コンサート2020 feat.ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』

    本当なら、GWに明治座で行われる初めてのオーケストラピットを使った新作ミュージカル「チェーザレ」を観に行く予定でした。 遠征組としては、東京行くのはそんなに気軽にはいけないのですが、アッキー(中川晃教)の新作ミュージカルだし明治座さんの力の入れようも凄いしなによりポスターがカッコイイ!!!そんな期待に胸を高鳴らせていた時に訪れた世界的感染症。。。。最初のうちは春ぐらいまでには何となるのかな。。とか安易なことを考えていました。でも、自体はそんな単純なことではなくて、次々に舞台の公演が中止になっていきました。結局、私自身、観劇を予定していた公演10公演以上が中止になりました。この「チェーザレ」もそ…

  • 舞台/ミュージカルのライブ配信

    半年くらいたっていたら、事態は好転しているのかな?なんて甘い考えを2月、3月頃には持っていました。 でも、みなさんご存じの通り事態はまったく好転せず、4月5月には全国で次々に緊急事態宣言が発令されましたよね。3月頃から政府の要請を受けてたびたび公演を中止してきたエンタメ業界も、あんなにも毎日どこかしらの劇場で舞台やミュージカルが行われていたのに。それがすべて中止になって。別のページにも書きましたが、私も十数枚のチケットがすべてゼロになってしまいました。このまま、日本のエンターテインメント業界は不要不急なものとみなされて淘汰されてしまうのか?そんな不安が業界全体、私たち観客側にも取り巻いていたと…

  • 別箱スケジュール(感涙)

    先日、宝塚大劇場、東京宝塚劇場の公演再開及び次の公演スケジュールが発表になりましたが、正直、自前の劇場以外での公演は年内は難しいのかな。。。と思っていたのです。 ところが、本日、梅田芸術劇場大ホール、ドラマシティにて公演が行われることが発表になりましたねっ!!当初予定していた宙組の『FLYING SAPA -フライング サパ-』 は、予定していた赤坂ACTシアターから梅芸大ホールでの公演。(首都圏での公演も予定されているそう)ずんちゃん(桜木みなと)の東上公演『壮麗帝』は、とりあえずは梅芸DCにて。(東京公演は追加されるのかな)そして、全国ツアー公演ではなくなってしまいましたが、雪組さんの梅芸…

  • 漸く!宝塚公演再開のニュース

    ここ数週間、東京以外の感染者数はほぼなくなってきていて、また、演劇界隈でもお稽古再開と思われるニュースをちらほら聞き出してきてもしかすると(ドキドキ)と思っていたら、本日 宝塚再開のお知らせがっ!!(感涙) -----------------------------------------------------------花組宝塚大劇場公演『はいからさんが通る』につきましては、政府および自治体等による新型コロナウイルス感染拡大予防のためのガイドラインに基づき、施設内の感染予防対策を徹底することに加え、公演内容ならびにチケットの販売方法や劇場内の各種サービス等につきましても、感染拡大予防のため…

  • 早く劇場に行きたいなぁ

    外出自粛が続き、友人と時間を合わせて同じ宝塚のDVD(BD)を観て感想を話し合ったりと、遠隔観劇を一緒にして盛り上がったりしていたんですけど毎回思うのは、やっぱり早く劇場で生の舞台を観たいということでした。 今日もまた夏から秋にかけて公演される予定だったミュージカルの全公演中止が発表されてしまい、仕方がないことだし理解できることだけどやはり残念でならないですよね。この自粛期間中に一部のエンタメ業界では無観客で公演を配信したりしていたけれど、やはり劇場で直接見る生の舞台とは全然違うなぁって。やはり舞台はナマモノだから。無観客配信などで本来なら観客の笑い声だったり、拍手が起こったりする場面でシーン…

  • ファンクラブ<お茶会に行ってみた②>

    さてお茶会ですが私たち非会員、なおかつ申込自体も公演期間中だったので、当然配置は最後列。 座席位置は受付の際に引換券みたいなものをもらえるのですが、その紙に列と席番号が書いてありました。 それに従って、自分たちの席を探すわけですが、一応、ブロックごとに分かれているので、そこから自分の席を探し出すって感じでした。 座席には、当日のお茶会プログラム(生徒さんからのメッセージカード入りのスチール写真)と、お茶会のお土産とペットボトルのお茶と、お菓子が入った紙袋が置いてありました。お土産はお茶会ごとに毎回変わるようです。 私たちは、当日舞台も観劇していたので、双眼鏡も持っていたんですけど、ホント持って…

  • ファンクラブ<お茶会に行ってみた①>

    「お茶会」の申込書を貰ってみて分かったのが、お茶会費用がFC会員と非会員で別れている事です。(そりゃそうか)ちなみに、費用は事前振込みでした。とはいえ、申し込みと振込みに関しては友人がやってくれたので、私はまったくなにもしていないのですが。苦笑 私たちは公演期間中にお茶会の申込書を貰ったのですが、「お断り」されることもなく、無事にお茶会に参加することが出来ました。ちなみに、参加したのは既に退団済みの元トップスターさんです。お断りされなかったと書きましたが、お茶会会場の都合でしょうか、非会員の場合お断りされる場合もあるそうです。(そもそも申込できないのかな?)ちなみに、私たちの場合申込後、特にF…

  • 宝塚のファンクラブについて<お茶会とは?②>

    「お茶会」 その響きから感じたのは、不思議の国のアリスや、イギリスのアフタヌーン・ティーでした。(とりあえず、なんか優雅な感じがする) お茶会って一体何やるの?ジェンヌさんを囲んでお茶するの???などなど謎々がいっぱい。ただ、聞いたところによるとお茶会は、そのFCが開催しているらしいのです。あの怖いイメージのFCが。とーぜん、私はFCに入っていないし、「お茶会」がいったい何なのか?ということが永遠に分からないと思っていたのですが、ある時、お茶会に参加する機会を得たのです。 (まぁ、機会を得たって別に誘われたとかじゃなくて、自分で申し込んだんですけどね。苦笑)どうやって行ったのかって言うと。これ…

  • 宝塚のファンクラブについて<お茶会とは?①>

    宝塚を観に行くようになって不思議に思ったことがいくつかあります。 そのうちの1つが、ファンクラブ(FC)の存在です。 宝塚歌劇団としては公式のFCというものは存在しなくて、チケットを購入したり1公演につき1回(東西で)開催される新人公演のトークショーにいける(というか抽選できる)、「宝塚友の会(通称 友会)」というものがあります。 (友会については、少し前に書きました) それとは別に生徒さん(タカラジェンヌのこと)ごとに存在するファンクラブ(FC)というものがあります。 こちらは、劇団が公式には運営していないものだけれど、ちゃんと実在しているちょっと謎の存在です。よくコンサートや舞台を観に行く…

  • 舞台以外のことを振り返ってみた

    基本的に、このブログは宝塚とか、それ以外のミュージカル作品の観劇の備忘録的な感想をだらだらと書いているものだったんだけど、 今回、観劇を初めてホント、初めてこんなにも長い間―現時点で決まっているだけでも4ヶ月もの間―1本も観劇なしで。 そのままブログを寝かせてもいいかぁ~とも思ったんですけど、せっかくなので舞台以外のことを書いていきたいと思います。 特に、宝塚はなんかいろいろと舞台以外にもありますよね~ そんなことで、私が体験(?)した宝塚のエピソードを書いていこうと思います。 にほんブログ村

  • テレワークと宝塚

    新型コロナウイルの影響で、私の職場でもテレワークが導入され先日から在宅勤務しています。(緊急事態宣言が出ている地域近郊なのです) いつもとは違う環境での仕事での仕事で若干の不便さも感じていたのですが、ここにきて気づいてしまった真実もしかしてこの状況って、DVDやらBDやら好きな作品観ながら仕事できちゃうってことかぁ~~~(って遅い?) そして、専門チャンネルのスカイステージを持ってる宝塚、最強だな。 (そもそも、外部の舞台と比べても映像化されてる作品が群を抜いて多いし) TVつけてても、ムダに不安をあおるような番組を流している番組を見るよりも、ずっと精神衛生的に良いよね。 ということで、最初は…

  • 宝塚ってすごいなぁ

    新型コロナウイルの影響で、市民生活にも本当に影響が出てますよね。 もちろん、舞台の世界にも影響があって。 全国ツアー公演も含めると、6月くらいまでの公演の中止が発表になっています。そんなかで、やはり自前の劇場を持ち、ほぼほとんどのスタッフと劇団員が1つの劇団に所属している宝塚歌劇団はやはり強いなぁ~としみじみ感じました。 もちろん、自前の劇場を持っているといっても、簡単に公演延期できたりするものではないと思うんですよ。 今年は特に星組、花組のトップお披露目公演もありますし、加えて雪組、月組ではトップコンビの退団公演も控えてますからね。 特に、退団される生徒さん(当然トップさんたちは当然ですが)…

  • 新型コロナウイルの影響

    ここ数日スマホのメール着信が止まらないです。。。。 そうです。今回、未曽有の事態となってしまっている新型コロナウイルの影響で、観劇予定だった公演が軒並み中止になっているからです。 もう、こんな事態になってくると、メール内容を確認しなくてもどんな内容かわかってきてしまいます。 最初は、3月の公演は無理かもしれないと思ってました。 その次に4月いっぱいは難しいかもしれないと思いました。 そして、ついに、昨日、今日と予定していた6月までの公演がほぼ中止になってしまいました。 サンセット大通り アナスタシア ホイッスル・タウン・ザ・ウィンド 宝塚 花組 はいからさんが通る 宝塚 雪組 NOW! ZOO…

  • さくらちゃん退団発表

    先週、怒涛の発表があったばかりの月組ですが、あらたにトップ娘役 美園さくらの退団が発表されましたね。 -------------------------------- 月組トップ娘役・美園さくらが、2021年2月14日の東京宝塚劇場公演 ロマン・トラジック『桜嵐記(おうらんき)』、スーパー・ファンタジー『Dream Chaser』の千秋楽をもって退団することとなり、2020年3月24日(火)に記者会見を行います。 -------------------------------- ここのところ、同時退団されるトップコンビは同日に発表されることが多かったので、今回はどうなるんだろうと思ってましたが…

  • このタイミングでの組替え?!!

    新型コロナウィルスの影響で、日々公演が再開されるのか延期になるのか、千秋楽は無事公演できるのか?などハラハラしているなかで混乱の組替え発表がっ!!! --------------------------------このたび、下記の通り、組替えを決定しましたのでお知らせいたします。 潤 花・・・2020年5月27日付で宙組へ組替え ※異動後に最初に出演する公演は未定です。 -------------------------------- おそらく、多くの人が潤花ちゃんはこのまま雪組次期トップ娘として、現雪組2番手スターの彩風さんの相手役になると思ってましたよね。 昨年の東上公演ヒロインに、今年5…

  • 怒涛の月組発表

    新型コロナウィルスが猛威を振るう中、最後に観た公演の感想も書けないまま日々を過ごしていましたが、ここにきて劇団公式から怒涛の発表がされましたね。情報量がありすぎて、ビビる。 なんか、いろいろ順番ぐちゃぐちゃかもしれないけど、まずは、今年最後の大劇場公演から-------------------------------- 2020年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。 ロマン・トラジック『桜嵐記(おうらんき)』作・演出/上田 久美子スーパー・ファンタジー『Dream Chaser』作・演出/中村 暁主演:珠城 りょ…

  • 新星星組 お披露目公演 『眩耀の谷 』

    新生星組トップコンビのお披露目公演となる『眩耀(げんよう)の谷 ~舞い降りた新星~』『Ray -星の光線-』を観に行ってきました。まこっちゃん(礼 真琴)、瞳ちゃん(舞空 瞳)おめでとうございます~! 実はこの作品、発表された当初は全く興味がなくて観に行くつもりはなかったんですよね。苦笑古代中国って設定にも特に惹かれなかったし、ポスターもあんまり好きじゃなかったので。まぁ、でも、せっかく公演期間中に別の舞台で遠征する予定があったので、チケットが取れれば。。。ぐらいの感じで行ってきたのでした。そんなややテンション低めの感じで観に行ったもんだから、当然公式に載っている解説すら読んでなくて。苦笑いや…

  • ミュージカル「フランケンシュタイン」2幕

    死んでしまった親友アンリを蘇らせようとして、まったく別の怪物を作り出してしまったビクターの戸惑い/嘆きで幕を閉じた1幕。 あの夜から3年が経過し、ジュリアの父ステファン市長が行方不明になりそれを探しているビクターの前に現れた怪物。 そして、怪物は語る彼が観てきたおぞましい物語を。 フランケンシュタインはメインキャストが1幕2幕でそれぞれ別の2役演じていることでも話題となっている作品。あんなにも弟思いで優しかったエレンは、おぞましい闘技場の女主人エヴァとなって表れるのですが、今回の再演で登板された露崎春女さんは、初演オリジナルキャストの濱田めぐみさんが演じたエヴァよりもゲスみが増していて、 また…

  • ミュージカル「フランケンシュタイン」1幕

    3年前の初演を見てから、待ちに待っていた待望の再演となるミュージカル「フランケンシュタイン」を観てきました。 前回見た時にその美しいメロディとキャストの熱演に観劇後もしばらくは頭から離れず、私にとってはずっと再演されることを待ち望んでいた公演でした。 本作は主人公のビクター・フランケンシュタインとアンリ・デュプレを演じているキャストがダブルキャストでそれ以外のメインキャストも1幕2幕でそれぞれ全く別の2役演じるというとんでもない舞台。前回は片方のキャストしか観れなかったのですが、今回は中川晃教・加藤和樹Ver.と柿澤勇人・小西遼生Ver.の両バージョンを見てきました。そんなわけで年明けから、日…

カテゴリー一覧
商用