プロフィールPROFILE

Neoさんのプロフィール

住所
豊島区
出身
豊島区

個人的に言いたいコト・主張・気持ち。

ブログタイトル
Murga
ブログURL
http://neos21.hatenablog.jp/
ブログ紹介文
個人的に言いたいコト・主張・気持ち。
更新頻度(1年)

52回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2017/04/26

Neoさんのプロフィール
読者になる

Neoさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,889サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 31,393サイト
生活術・ライフハック 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 755サイト
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,106サイト
人生・成功哲学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 851サイト
IT技術ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,869サイト
プログラム・プログラマー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 784サイト
今日 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,889サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 31,393サイト
生活術・ライフハック 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 755サイト
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,106サイト
人生・成功哲学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 851サイト
IT技術ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,869サイト
プログラム・プログラマー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 784サイト
今日 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,889サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 31,393サイト
生活術・ライフハック 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 755サイト
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,106サイト
人生・成功哲学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 851サイト
IT技術ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,869サイト
プログラム・プログラマー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 784サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Neoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Neoさん
ブログタイトル
Murga
更新頻度
52回 / 365日(平均1.0回/週)
読者になる
Murga

Neoさんの新着記事

1件〜30件

  • 単一行コメント記号の直後にスペースを付けないのは「コメントアウトされたコード」を示す

    プログラミングにおいて、単一行コメントを書く時は、言語に応じて記号文字は違えど、 # コメントです (Python など) // コメントです (Java など) こんな風に、# や // の記号の直後にスペースを置いて書くことがほとんどだろう。汚いコードを書く人達は、時に記号の直後にスペースを書かなかったりするが、世の一般的なコードは記号の直後にスペースが入っている。 しかし、世の一般的なコードの中でも、記号の直後にスペースを書かない場合があることに気付いた。 例えば、Apache の設定ファイル httpd.conf の場合。 httpd.conf # # Dynamic Shared O…

  • 自分がコードを書く時に気を付けていること

    ふと思い立って、自分がコードを書く時に気を付けていること・心がけていることを振り返ってみた。 大きなくくりでいうと、こんなところ。 読みやすいこと (インデントや名前など、表面的なところ) 改修しやすいこと (ある意味での「読みやすい」こと) 冪等性・何度繰り返しても同じように動くこと 処理内容を追跡できるログを出力する 以下、それぞれの内容についての細かな話を書いてみる。 表面的な読みやすさとして心がけていること 例えばこんなところ。 インデントを正しく付ける ケースを揃える 変数名・関数名などの品詞が適切である (英文として自然に読めるように) 「インデントをきちんと付けたり、名前を考えた…

  • 自分がムカつくネット上の話題の特徴

    ストレスを操るメンタル強化術作者: メンタリスト DaiGo出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2018/04/02メディア: 単行本この商品を含むブログを見る ストレスを操るメンタル強化術 [ メンタリストDaiGo ]ジャンル: 本・雑誌・コミック > ライフスタイル > 健康 > 健康法ショップ: 楽天ブックス価格: 1,430円 僕は神経質で HSP なところがある。 痴漢がどうしたとかセクハラがどうしたとか安倍政権がどうしたとかアメリカ韓国との関係がどうしたとか、そういうニュースをネット上で目にするだけでイライラしてしまう。俺はその痴漢セクハラ事件の関係者でもなければ、自覚…

  • 文字列リテラルを表すのにシングルクォートとダブルクォートどっちを使うか問題、私見

    プログラミングにおいて、文字列リテラルを表すときにシングルクォートを使ったり、ダブルクォートを使ったりするが、両者をどう使い分けるかについての私見をまとめる。 シングル・ダブルで機能が異なる場合 (Bash・Perl・PHP など) Bash をはじめとするいくつかの言語では、 シングルクォートで囲んだ場合は変数が展開されない ダブルクォートで囲んだ場合は変数が展開される という機能差が存在する。 こうした機能差が存在する言語においては、自分は変数展開したい場合を除いてシングルクォートを使うことにしている。変数展開させたい場所だけダブルクォートを使うワケだ。 # ただの文字列で変数展開している…

  • JavaScript・Node.js が他のプログラミング言語より優れていると思う点

    僕は JavaScript が好きだ。そして、単に好みなだけでなく、他のプログラミング言語と比べて有利な点も多いと思うので、選びやすいと思っている。 今回は、JavaScript・Node.js が他のプログラミング言語より優れていると思っている点を挙げてみる。 Node.js を使わない JavaScript のメリット 実行環境の用意が要らない HTML ファイル内に JS をベタ書きし、OS にプリインストールされているブラウザで開けば結果が見られる 使用するブラウザによる差異もない IE を除けば、尖った新し目の関数を多用したりしなければ、実行するブラウザによる差異も基本的にない (良…

  • 「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる「繊細さん」の本 を読んだ

    「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる「繊細さん」の本、という本を読んだ。 HSP、Highly Sensitive Person。日本語でいうと「高感受性」という特性が、一部の人にはあるそうだ。日常会話だと「気にしい」「心配性」「神経質」といった言葉で表現されたりするが、五感の感受性が他人よりも強く、そのためにストレスを感じる人のことだそうだ。 The Highly Sensitive Person 自分はまさにコレだ。僕の妻は、周りの状況をいちいち気にしたりしないが、自分は「向かいから歩いてくる人とぶつかりそうになった」程度のことでも気を使うし、「妻の生活音がいつもより少し大きい、何か…

  • Excel で設計書作るのそんなに悪いことか?

    僕は長らく Excel で仕様書や設計書、テストケースなどを作ってきた。現在も、何か情報を整理しようと思うと、とりあえず Excel に書き始めている。とある現場では「Excel マスター」なる称号をもらったりしたし、Excel の細かな仕様は技術ブログ Corredor でも度々紹介してきたとおり、そこら辺のニホンノエスイーよりは熟知した上で使っていると自負している。 しかし、ネットの界隈では「まだ Excel で仕様書書いてんの?」という風潮が強く、「Excel で仕様書のフォーマット作ってみました!」みたいな記事にネガティブコメントがわんさか付き、「Docker を使って PlantUM…

  • 契約による設計・契約プログラミングが少しワカッタ

    「契約による設計 Design By Contract」とか「契約プログラミング Programming By Contract」とか、単語は聞いたことあったけど何するもんなのかよく分かんねーなーと思ってた。 Wikipedia の記事を抜粋するとこんな感じ。 参考:契約プログラミング - Wikipedia プログラムコードの中にプログラムが満たすべき仕様についての記述を盛り込む事で設計の安全性を高める技法。 契約は、コードの利用条件が満たされることによって成立する。 それら条件は、満たすべきタイミングと主体によって、以下の3種類に分けられる。 事前条件 (precondition) サブル…

  • 俺が弊社に指摘していた「認識の甘さ」が大事件になってたご報告

    (※ 多分にフェイクあり) 弊社は技術力の高い人間はまぁまぁいるが、ビジネスコミュニケーションスキルが皆無だったり、契約や書類仕事が低品質で雑だったりする。「俺達は技術力で戦うぜヒャッハー!」的な学生っぽいノリだけでやってきた小さい会社なので、 見積書の計算ミス・ゼロの数の間違いは当たり前 他社の製品紹介資料を丸パクリしただけの提案資料を平気で作る 「押印必須!」と言われている経費精算申請書を電子提出しても何も言われない 社内ネットワークに縛られた客先に、個人の PC と Wi-Fi 端末を持ち込んで自由に作業 …など、社員のレベルの低さ、質の悪さの事例を挙げたらキリがない。 そして最近、最後…

  • クラウドやるならアプリやインフラの垣根はなくさないと

    フェイクあり。 オンプレからクラウドへのシステムリプレイス案件に携わった。PM はイベントに登壇して「エンタープライズにおけるクラウド移行の勘所」みたいなのを語ってるような人だったので、さぞ見識が深いのだろうと思っていたけど、いざ蓋を開けてみたら何にも分かってないことが判明した。 インフラの構築コストと設計コスト 確かに、クラウド化によって、サーバ構築の手間は物凄く減った。マシンスペックを選択してボタンポチーして鼻ホジーして待ってたらサーバが出来上がる。ミドルウェアや監視ツールをプリインストールしてくれるような機能もあったりするし、スケールイン・スケールアウトも容易だ。 ただ、当然ながら、イン…

  • Netflix オリジナルドキュメンタリー「FYRE 夢に終わった史上最高のパーティー」を観て、完全に今の現場じゃんと思ったり

    Netflix オリジナルドキュメンタリー「FYRE 夢に終わった史上最高のパーティー」を観た。 2017年に開催された「Fyre Fesival」という音楽フェスは、美女たちが青い海ではしゃぐ PR 映像が SNS で話題になり、「最高の音楽・食事・アートが体験できるフェス」だとして注目された。しかし実際は、豪華な宿泊テントなどなく、避難用の簡易テントが流用され、ミュージシャンは一組も来ておらず、帰りの飛行機すら手配されていなかったという。この音楽フェスを企画したビリー・マクファーランドという男は、最終的に詐欺罪で逮捕されている。 このドキュメンタリーは、どうして Fyre Festival…

  • きちっとしてぇよぉぉぉぉおおおおお

    あああああああああああああああああああああああーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーもっときっちりしてえよぉぉぉぉぉぉぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお どうして皆そんな雑な仕事が出来るんだぁ~~~その雑さは後で自分の首を絞めることになるし周りも迷惑するんだよぉぉぉぉぉぉおおおおおおおおお 先にいくつかのパターンや選択肢、期待結果と期待どおりにならなかった場合のバックアッププランを考えてから作業を始めろよぉぉぉぉぉぉぉぉおおおおおおおおーーーー 数分で考えつくレベルの範囲でいいからよぉぉぉぉぉまず考えるんだよぉぉぉぉぉぉおおおおおおーーーーーー 頭より先に口と手…

  • 読みづらいコードを見かけたから文句を言う

    読みづらいコードを見かけたから文句を言う。 変数名が意味を表現していない。 例 : itemNumber・dataCount。前者はアイテムの ID かなんかかと思いきや個数 (length) を示すモノ、後者はループ中の index を示す変数名だった。 何が悪いの? : 何のために存在する変数なのか、どんな影響があるのか、いちいち調べて覚えておかないといけなくなる。誤解も生まれやすい。 コメント : 名前重要。 意味に違いのない類語を混在させている。 例 : inside と internal の表現が混在するが同じ意味合いで使っている・使い分けに意図がない。 何が悪いの? : 読み手が表…

  • 「ざっくり」とか言うヤツ、いつまでも「きっちり」できない説

    似たようなこと前にも書いたんですけどね…。 neos21.hatenablog.jp 「ざっくりとですが叩き台を作りました」 「時間ないからざっくり説明するね」 ざっくりしたモノは要らねえ、きっちりしたモン出せや って思うんだけど、いつまでもきっちしりたモノは出てこない。 大抵は「ざっくりしたモノ」をベースに「ざっくりした別の何か」を作り、それが成果物と呼ばれ始めて、プロジェクト自体がざっくりと終わる。無駄に煩雑で分かりにくくなったメンテ手順やショボいバグの数々は全部運用フェーズに丸投げだ。 時間がないからざっくりしたモノしか作れない、という輩は、ほとんど 100% の確率で、潤沢な時間があっ…

  • 省略時に適用されるデフォルト値を明示的にコーディングすべきか

    記述を省略した時に、何らかのデフォルト値が適用されるプログラムに対して、 「デフォルト値が自動設定されるなら、いちいち分かりきったことは書かなくていいべ」 と考えるか、 「自動設定されるデフォルト値でろうと、その値が設定されて欲しいのであれば書くべき」 と考えるか。 例 「省略すれば良い」派の考えを想像する 「省略せず書くべき」派の考えを想像する 双方のシチュエーションが若干異なる どちらが「良いコード」? 例 例えば、何らかのデータを登録するための関数があったとする。 // ユーザ情報を保存する hogeFugaApi.saveUser({ name: 'Normal Man', age: …

  • 「『対人関係療法』の精神科医が教える『苦手な人』とのつき合いがラクになる本」を読んだ

    水島広子さんの本。ヤなやつパンダと主人公ウサギのイラストが可愛い。 苦手な相手がいる。なぜその人を苦手だと感じるのか?それはあなたが、その人に対して「コントロールできる感覚」を持てていないから。人間は自分が物事をコントロールできることを望む。そして、コントロールできないモノに対してはストレスを感じる。 本書はこの根源的な問題をおさらいして、どうやったらコントロールできる感覚を持てるか、すなわち、どうやってそういう人を処理したらいいか、を紹介している。 本書の Amazon のレビューを見ると、こんなレビュアーもいた。↓ 『自分の領域』『他人の領域』について考えたことがなかったので、領域問題があ…

  • 五百田達成「言い返す技術」を読んだ

    五百田達成さんの「言い返す技術 ムカつく相手にスパッと言い返す」を読んだ。 デリカシーのない言い方をしてくる人、自慢話が過ぎる人など、話していて「あーコイツ嫌いだなー」と思う人間をタイプ別にまとめ、彼らがどういう原理でそのような言動を取るのか分析し、その上で角が立たない言い方で、最終的に自分の思ったとおりにコントロールする術が書かれている。 この本を手に取るくらい賢い人物であれば、同じ結果を得られれば自分が思ったとおりでないやり方を選択できるはずだ。この本はそういう「交わし方」「穏やかな黙らせ方」のテクニックを紹介している。コレまでの自分のやり方とは異なる手法も出てくるかもしれないが、いずれに…

  • 「ソフトウェアアーキテクトが知るべき97のこと」を読んだ

    以前、「プログラマが知るべき97のこと」という書籍を読んだ。その内容は以下のウェブサイトでも全文読める。 プログラマが知るべき97のこと 今回は「ソフトウェアアーキテクトが知るべき97のこと」を、ウェブサイトで読んだ。 ソフトウェアアーキテクトが知るべき97のこと どうも書き写した際の誤字が多いのだが、注意して読めば分かるレベル。 個人的に参考になったところを引用する。他が参考にならなかったというワケではなく、これまでの自分の知識をベースに、僕にとって新しい発見があったかどうかで選んだ。 No. 2 : "付随的な複雑さ" No. 4 : "長ったらしいWord文書などは書かないことです。Vi…

  • 脳内垂れ流し

    本当はもう書きたいことなんかなくなってきているのだけど、何かを書く。 書いたら気が済んだ このブログでは、僕が仕事で不満に思ったことをベースに、「こうしたらいいのに」という希望を多く書いてきた。最近はそうした愚痴も湧かなくなってきた。周りが良くなったワケではなく、自分が諦められるようになってきたからだ。このブログで一度書いたら溜飲が下がって、「何で出来ないんだ!」という解決できない怒りから、「どうせ一生お前らは出来ないんだろうな、俺は出来るけど」という突き放した見方で処理できるようになる。 世間的に良いとされているモノ、有名な原理原則などはもう大概見尽くした。先人の知恵は活用しやすい形でまとま…

  • 発信者がコストを払っていない会話は総コストがかさむ

    チーム開発、ひいてはビジネスにおいて、口頭伝達や電話連絡のような、話したい側が話したいように話せる仕組みばかりを多用して情報発信してしまうと、全体的なコミュニケーションコストがかさむと思う。 聞き手は、話し手の時系列を想像し、話し手が前提としていることを推測しながら聞くことになる。「想像」や「推測」の余地が出てきた時点で、情報は聞き手の解釈で捻じ曲げられてしまい、勘違い、伝達ミスが生まれる。 「その機能は顧客要件として顧客と合意した機能なのか?それとも話し手である PM の個人的な希望でしかないのか?」 「多分、顧客要件なのだろう」 このような推測が、後になって無駄足を踏むことになったり、全く…

  • スペースがあることを明示するために使えそうな空白記号文字「␣」(U+2423 Open Box)

    技術系の説明の際、「スペースを必ず入れること」を明示するために、どのような文字を使うと上手く表現できるか調べていた。 すると、Unicode : U+2423 の Open Box (JIS 名称「空白記号」) という文字がコレに適していた。 ␣ ↑コレ。 HTML 中で文字参照で使いたい場合は ␣ か ␣。他に ␣ でも表示できる。 参考:空白記号 - Wikipedia 参考:Unicode Character 'OPEN BOX' (U+2423) ちゃんとあるもんやねぇ〜 プログラマのための文字コード技術入門改訂新版 (WEB+DB PRESS p…

  • 酒を飲ませない会社を求めて求職記事作ってみた

    飲み会撲滅委員会会長 (自称) の Neo です。 飲み会のない会社を求めて、勢いで以下のような求職記事を作った。 gist.github.com 現職は、公私混同でただ仲良くするだけの「コミュニケーション」と、適切な報連相を行えるスキルとしての「ビジネスコミュニケーション」を履き違えている。まぁ大体どこの会社にもこういう風潮はあるけど、酒が飲めない人間にとっては飲み会の2・3時間も苦痛で仕方ないので、飲み会がない会社を探したくなった。一緒にメシ食おうとか酒飲んで交流を深めようとか寝ボケたことほざかない企業って、本当にないんだろうか。調査も兼ねて。 自分のスキルシートみたいなのは、GitHub…

  • 西村博之「自分は自分、バカはバカ。他人に振り回されない一人勝ちメンタル術」を読んだ

    2ちゃんねるを作った人物として知られる「ひろゆき」こと西村博之の「自分は自分、バカはバカ。他人に振り回されない一人勝ちメンタル術」という本を読んだ。 僕は元々他人の目を気にしない方だし、どちらかというと既に一人勝ちメンタルを会得している気がしていて、そういう意味では不満も何もないのだが、「他人に振り回されない」というところが気になってこの本を手に取った。僕はすぐ周りの人の言動にイライラしてしまう。本書の中でも例として挙げられていたような「電車で足を踏まれた時」みたいな些細なことで1日中イライラしてしまったりする。その解決策になる情報が何かないかと思って読んでみたのだ。 …といっても、本屋で見出…

  • 30歳限界説

    プログラマに対する35歳定年説なんて言葉があって、最近までは「な〜にが、そんなの馬鹿げてるぜ、俺は一生プログラマだわ」って思ってたけど、最近の僕の中では30歳限界説すら感じ始めてる。 プログラミングが嫌いになったワケではないが、以前ほどの興味が持てず、関心が薄れてしまった感じがする。 6年以上 SE 業をやってきて、要件定義から設計、コーディング、テストからリリースまで、全ての工程を一人でも出来るようになり、大抵の問題は解決できるようになった。設計や実装といったスキル面でいえば、知らない言語、分野はあれど、仕事としてやることになったらちゃんと勉強してやれるだろうな、というポテンシャルの自負があ…

  • 実例に見る、バグの原因を見つけるアイデア:catch 句の中で例外が発生している

    何かバグが起きた時、どうしてそれが起こっているのかすぐには特定できない場合がある。 今回は、僕が実際に遭遇した「一見しただけでは特定しにくかったバグ」を紹介することで、似たようなバグに出会った時の参考にしていただければと思う。 サンプルコード 僕が実際に遭遇したバグとサンプルコードを紹介する。JavaScript で書いているが、Java など似たような構文の言語でも同様だろう。 // 呼び出し元の関数 function main() { logger.trace('main() 開始'); try { logger.trace('main() 実処理呼び出し'); const result …

  • エンジニアらしい Excel にしたかった

    ニホンノエスイーは Excel を表計算ソフトとしてではなく、方眼紙として使用するのはよく知られた事情。モロにニホンノエスイーだった前職から転職した今も、方眼紙を作らされることはよくある。 現職ではご意見番の長老が幅を利かせていて、とにかく Excel で全ての資料を作らせてくる。彼が作らせる資料は、 人間が目視で確認するための表であり、 人間が目視でデータを比較しやすく、 紙印刷して使いやすい ことを目指しており、ひどくアナログなのだ。 要は「上の人間はこまけぇこたぁ分からん、パッと見で要旨が分かるようにせい」ということで、その視点は不要だとは思わない。上司に説明するための資料であれば、ペラ…

  • コードを書かずに GitHub の草を生やしたいなら、GitHub Issues でタスク管理する

    転職活動の際に、GitHub アカウントの提示を求められたりする機会が増えているみたい。自分も実際、転職活動中には GitHub アカウントを教えてと云われて、見せたことがある。 僕の場合は、転職活動当時は「ライブラリを試しに使ってみた」リポジトリを立てていたり、簡単なスクリプトを配布するテイでまとめていたりして、それなりに活動している風の Contributions に仕上げあった。レベルの低いコードばかりであったが、ココにはウソはなかったし、リアルな「これからガンガン勉強していきます!」感は伝わっていたのではないかと思う。 その頃の僕は、前職の仕事をのらりくらりとかわして定時退社し、夜通し…

  • Factfulness ようやく読了・期待ほどではなかった

    2019年の年明け早々、結構流行っていた「Factfulness ファクトフルネス」という書籍。 ファクトフルネス買った! タイトルと帯から「おまんらバイアスまみれだから正してやるべ」的な本だなーとは思ってて、読み始めたらそのとおりだった。 直感に反する統計的な事実が並べられており、そのような間違った直感はどこから来るのか、について説明されていた。 しかしその理由として挙げられるのは、よく知ったバイアスの話ばかりだった。 良いことより悪いことを気にする (ネガティブ本能・恐怖本能) 二極化思考 (分断本能・単純化本能・パターン化本能・犯人捜し本能) 僕はこのあたりのバイアスの話は、大学の共通科…

  • 「~~なはず」と言った数だけトラブルは起こる

    この設定項目は正しいはずだから、違うところをチェックしてみよう Git の使い方を間違えるような開発メンバはいないはずだし、master ブランチへの Push を禁止する必要はないだろう この Excel 管理台帳はみんなちゃんと書いてくれてるはずだから、このとおりに作業すれば間違いないはず 僕がいた前職の連中のレベルが低かっただけかもしれないが、僕はこれまで、こうした「はず」という言葉で予防や確認を怠り、その結果本番障害を起こしたり、データを消失させたりしている連中を数多く見てきた。 やらかした当事者ではない僕の方が、そういうものを見ては「『はず』なんて不確かなことは言わないようにしよう」…

  • 「トータルで下手」な人たち

    僕が現在務める会社に行く道のりは、横断歩道が若干多い。50m 歩くごとに信号に捉まってしまい、朝の通勤ラッシュ時は特に、足止めされている感覚に苛立ちを覚えなくもない。 とはいえ、別に遅刻の心配はないし、急いで出社してやらなくてはならない仕事もないので、僕はのんびり信号を待っているのだが、他所様は何やら急いでいるらしく、横断歩道前の人混みをかき分けて最前列に行き、歩行者用の信号が赤に変わる前から横断歩道を渡り始めている。 赤信号なのに渡り始めてしまうくらいなら、どうして赤信号の「最中」に渡り始めないのか。この人がしびれを切らすタイミングと、クルマの交通もまだあるのに渡り始められてしまう神経を疑う…

カテゴリー一覧
商用