searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

hikariさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
HIKARI LAB
ブログURL
http://hikarilab.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
レザークラフトによる革小物等、制作した物をご紹介します。
更新頻度(1年)

4回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2017/04/25

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、hikariさんの読者になりませんか?

ハンドル名
hikariさん
ブログタイトル
HIKARI LAB
更新頻度
4回 / 365日(平均0.1回/週)
読者になる
HIKARI LAB

hikariさんの新着記事

1件〜30件

  • コウテイペンギンのヒナのポーチ

     コウテイペンギンのヒナをモチーフにして制作した、革のポーチです。色が異なる部分はそれぞれ別部品となるように、色別で各部品を裁断及び着色(ブラック、ホワイト、グレー)して制作しました。そして制作した各部品を縫い付けて仕立てました。 縫い付けは手縫いで行っています。足と尻尾の縫い付けは、ミシンで縫った場合のように、糸の色が前側と後ろ側とで異なるように縫いました。 縫い針を通す縫い穴は、縫い進める方向...

  • minne(ミンネ)の特集に掲載されました

     有難いことにminneで販売している「ペンギンのパスケース カードケース」が、minneの特集「ちょっと差がつく 名刺入れ・カードケース」に掲載されました。掲載されたパスケースは、以下のような物です。 ペンギンをモチーフにし、革で制作しています。上部には、ストラップ等が取り付けられるように、金具(Dカン)を取り付けました。 カードは、裏側に収納できるようになっています。カード取り出し用の穴は、ペンギンのシル...

  • くまのパスケース 立体化の方法を変更

     くまをモチーフにしたパスケースです。使用した材料は、牛革です。上部には、ストラップ等が取り付けられるように、金具(Dカン)を取り付けました。 カードは、裏側に収納できるようになっています。カード取り出し用の穴は、くまのシルエットの形にしてみました。穴の位置や大きさは、穴の位置や大きさを変えたものを何個も試作して決めました。 厚さは最大で1cm位の作品ですが、出来るだけ立体的となるように革を盛り上げた...

  • 【「革の宝石」ルガトー】革のキーホルダー

     革で制作したシンプルなキーホルダーです。革には「革の宝石」とも呼ばれる「ルガトー」を使用しています。シンプルですが、下記の仕様をお選びすることで、注文者様だけのキーホルダーをお作りすることが出来るようにしました。1.革の色2.形状3.金具4.刻印の文字の種類サイズ(単位:mm) 革部:縦20×横70×厚さ3 金具:(M1 ナスカンキー)長さ40、     (M2 ボールチェーン)長さ50、     (M3 ナスカン)...

  • ペンギンのパスケース(染料で着色)

     ペンギンをモチーフにした革のパスケースです。各部品を裁断後、各部品を染料で着色(お腹の白い部分は顔料で着色)し、手縫いで仕立てました。上部には、ストラップ等が取り付けられるように、金具(Dカン)を取り付けました。 カードは、裏側に収納できるようになっています。カード取り出し用の穴は、ペンギンのシルエットの形にしてみました。穴の位置や大きさは、穴の位置や大きさを変えたものを何個も試作して決めました...

  • くまのパスケース

      くまをモチーフにしたパスケースを、革で作りました。全てのパーツを染料又は顔料で着色(ピンク、白、赤、黒、茶)しました。縫製は、菱錐を使って縫い穴を一つ一つ開けていき、手縫いで縫い付けています。 革を重ねて出っ張らせたり、革に穴を開けて凹ませたりして、立体感が出るようにしました。...

  • minne(ミンネ)の特集に「ペンギンのパスケース」が掲載されました

     有難いことにminneで販売している「ペンギンのパスケース カードケース」が、minneの特集「ちょっと差がつく 名刺入れ・カードケース」に掲載されました。minneは、今年の1月頃に作家数が50万人を超え、作品数が900万点を超えている、国内では大きな手作り品のサイトです。ご参考までに、ペンギンのパスケースに関して、過去に以下のブログ記事を書きました。  カテゴリー [ パスケース(ペンギン) ] 掲載された特集を見る...

  • 協進エルのカッター替刃(角度付)

     協進エルのカッター替刃(角度付)の寸法を測ってみました。この替刃は、カービングなどでスェーベルナイフを使う場合に、スェーベルナイフボディに取り付けて使用します。 刃の部分の長さは15~18mmで、幅は9mmでした。スェーベルナイフボディに差し込む部分は、直径が5.4mmで長さが12mmでした。 刃の厚さは、2.4mmでした。 この替刃は、Ivan Leathercraft co.,Ltd(台湾の会社?だと思います)の物を協進エルが販売している...

  • スェーベルナイフの替刃

     協進エルのエル特性 カッター替刃(レギュラー)の寸法を測ってみました。この替刃は、協進エルのプロ・スェーベルナイフボディ Mに取付け可能な物です。 刃の部分の長さは18mmで、幅は9mmでした。スェーベルナイフボディに差し込む部分は、直径が5.5mmで長さが13mmでした。 刃の厚さは、2mmでした。 刃をスェーベルナイフボディに取り付けた時の寸法も測定してみました。尚、スェーベルナイフボディの単体での寸法はこちら...

  • ペンギンのキーホルダー 完成品

     ペンギンをモチーフにしたキーホルダーを作りました。革を使って制作しています。ペンギンの上部に金具(ナスカン)を取り付けました。裏面には刻印を入れることが可能です。 表側のペンギンは、色別に体とお腹、くちばし、足(右)、足(左)の5個の部品をそれぞれ制作しています。くちばしや足は小さな部品ですが、くちばしや足のコバもコバ処理剤を付けて磨いています。部品の取付けは、立体感が出るように体とお腹の面は同...

  • ペンギンのキーホルダー 小さな型紙

     小さな型紙を作りました。大きさは、米粒位です。くちばしに縫い穴位置をマーキングする場合、縫い穴位置が狙った位置より少しだけずれても、部品が小さいためずれが目立ってしまいます。そのため、出来るだけ狙った位置にマーキングできるように型紙を作りました。 使ってみた感想としては、  型紙を狙った位置に置くのが難しい  置いた型紙を動かないように押さえるのも難しい あと、型紙を無くさず必要な時に直ぐに使え...

  • ペンギンのキーホルダー くちばしの糸の色検討

     くちばしを縫い付ける時に使う糸の色をどうするか検討していた時の物です。パスケースの時は、くちばしの色に合わせて糸の色を決めました。キーホルダーでは、くちばしの上下を分割する線としての機能も持たせようと思いましたので、糸が適度に目立つようにしたいと思いました。適度の程度が良く分からなかったので、実際に試作してみました。糸の色を変えた時、くちばしだけでなく顔の雰囲気を見たかったので、顔の部分を作って...

  • ペンギンのパスケース くちばしの縫い付け検討

    下の画像は、パスケースを作る時にくちばしの縫い付け方を検討していた時の物。この時も縫い穴をどうしようか色々試していました。また、くちばしを上下分割にした方が良いのか或いは一体型が良いのか等も試していました。...

  • ペンギンのキーホルダー くちばしの縫い付け検討

     ペンギンのキーホルダーを作りました。 先日制作したペンギンのパスケースより大きさが小さいため、くちばし等の縫い付けをパスケースの時と同様にすることが出来なくなりました。 くちばしをどうやって取り付けようか検討していた時の物です。くちばしの大きさを僅かに変えてみたり、縫い穴の位置や個数を色々変えて試してみました。...

  • スェーベルナイフボディの寸法を測ってみました。

     協進エルのプロ・スェーベルナイフボディ Mの寸法を測ってみました。スェーベルナイフボディは、革にカービングをする場合に使用する道具です。 親指と中指で摘まむローレット加工がしてある(表面に凹凸を付けている)部分は、直径が11mmで長さが27mmでした。先端には替刃を取り付けるための穴が開いており、その穴の直径は5.6mmでした。替刃は、軸径が5.5mmの物に対応しています。人差し指を乗せる部分は、内側の幅が20mmで...

  • ペンギンのパスケース

     ペンギンをモチーフにしたパスケースを制作しました。使用した材料は、牛革です。上部には、ストラップ等が取り付けられるように、金具(Dカン)を取り付けました。 カードは、裏側に収納できるようになっています。カード取り出し用の穴は、ペンギンのシルエットの形にしてみました。穴の位置や大きさは、穴の位置や大きさを変えたものを何個も試作して決めました。 表側のペンギンの部品は、色別に体とお腹、くちばし(上)...

  • 試作 ペンギン(その3) 完成

    ペンギン完成。後面にカードを収納することが出来るようにしました。...

  • 試作 ペンギン(その3) 完成まであと少し

    ペンギン制作中。完成まであと少し。残りの作業は、外周を手縫いで縫うこととコバの仕上げ。...

  • 試作 ペンギン(その3) 菱錐で縫い穴を開ける

    ペンギン作り直し中。手縫いで縫製を行うため、菱錐で縫い穴を一つ一つ開けていきます。縫い穴は、縫い進める方向に対して斜めに傾けた穴にします。直線部分では角度を一定にして穴を開け、曲線部分では少しずつ角度を変えながら穴を開けていきます。縫い穴の角度が乱れないように、作業を慎重に進めて行きます。...

カテゴリー一覧
商用