searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

マッツンの主さんのプロフィール

住所
東京都
出身
石川県

不器用すぎる上に能力の凸凹がありすぎて、子どもの頃から理科の植物などのスケッチや、グループでの実験などに苦労する。大学では哲学系の専攻に進み、立派に「世の中のお役に立てない人間」に成長。 そんな「主(ヌシ)」が、奥能登移住を通じて愛らしい巻貝たちに魅せられ、必死で「理科のお勉強」をしながら、東京で奥能登出身の巻貝たち(スガイ、イシダタミ、タマキビ)を「ボトルアクアリウム」しちゃうという物語。

ブログタイトル
『マッツン』草稿ブログ:奥能登出身の小さな巻貝たち
ブログURL
https://kaikatablog.blogspot.com/
ブログ紹介文
石川県奥能登地方出身の海の巻貝たち(スガイ、イシダタミ、タマキビ)のボトルアクアリウム(?)の記録。
更新頻度(1年)

1回 / 365日(平均0.0回/週)

ブログ村参加:2017/04/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、マッツンの主さんの読者になりませんか?

ハンドル名
マッツンの主さん
ブログタイトル
『マッツン』草稿ブログ:奥能登出身の小さな巻貝たち
更新頻度
1回 / 365日(平均0.0回/週)
読者になる
『マッツン』草稿ブログ:奥能登出身の小さな巻貝たち

マッツンの主さんの新着記事

1件〜30件

  • ヤンチャ、さよなら・・・

    赤ちゃん貝の頃から3年間飼育を続けてきた、イシダタミガイのヤンチャとの永遠の別れが年末に突然訪れた。ヤンチャの死亡推定日は大晦日。時間帯は分からない。 赤ちゃんの頃から知っているヤンチャについては、その辛さの度合いは段違いだった。 12月に入り、ヤンチャが体調を崩したことに気づいたので、ジップロックの深いタッパーに移して看病を続け、1ヶ月弱がたっていた。その間、笑われるかもしれないが、私はろくに睡眠も取っていない。 もうヤンチャが亡くなってから半月以上たつのに、ヌシの私はかなりのペットロス状態になっており、日常生活すらままならない。

  • 宿泊先で水を循環させるために、8Lのバケツをダイソーで購入。

    能登の宿泊先ではバケツや桶のようなものに水を入れて、そこにマツのボトルを1つ入れ、ポンプとゼンスイ・テガル(TEGARU)を使って間接的に水温調節を行う予定でいる。 だが、どんなバケツや桶を使うか、具体的にはまだ実験してみていなかった。手持ちの15Lのダイソーの桶を使ってみたが、高さが足りない。これではボトルが十分に上のほうまで冷やされない。 できるだけシンプルで、色も薄めで、底面が広く、高さのあまりないバケツを選んだ。 早速家でポンプを付けて水を循環させてみるが、全く問題ナシ。これで宿泊先での飼育システムはほぼ整った。

  • 60Hzでも使える、水槽用パワーヘッドポンプ(ニッソー・PP-51)を注文。

    水温調節に必須のポンプが50Hz専用で、能登で使えない。同じカミハタのリオプラスシリーズで60Hz用を買えば、動作や配線は全く同じでよい。だが、流量の仕様が異なるため、ゼンスイ・テガル(TEGARU)にちょうどよいサイズがない。 1ヵ月弱の旅行専用の小さめポンプを間に合わせで購入するのには抵抗を感じた。今後能登で暮らすことになった場合にも使えるものを買いたいと思った。 いろいろ調べた結果、ニッソーのPP-51というポンプを購入することになった。 50Hzでも60Hzでも使える上、流量は現在使用しているものとほとんど同じで、値段もリオプラスに比べるとお手頃ときている。 流量調節レバーが本体に付属していて好きなノズルを使えること、L字型のノズルを使わなくても配線しやすい場所に吐出口があること、本体がとても小さいので、水深の浅いバケツやたらいの中でも水没させられることから、買ってみる気になった。 翌日夕方には届くショップさんを見つけ、底値だったこともあって即注文。

  • 夏の能登旅行、思わぬ落とし穴! 50Hzと60Hz・・・

    ゼンスイ・テガル(TEGARU)を使うのに必要な循環ポンプのカミハタ・リオプラス800は、50ヘルツ版と60ヘルツ版に分かれていて、60ヘルツ地域の能登では使えないことが分かった。 60ヘルツ版は、東京近辺の店には一切置いていない。 奥能登のホームセンターにあちこち電話をかけて相談するも・・・「水槽用ポンプ? ポンプって何ですか?」と、そもそも話が通じないのでガクゼンとする。 結局はAmazonあたりで買うしかなさそうだが、出発前に間に合うのだろうか? そもそも、稼働するかどうかを確認することすらできないで出かけるのはとても不安だ。 やはり、保冷庫にしようかなあ・・・悩む。

  • 一家総出(?)の能登行き準備中。

    来週から能登に長期滞在の予定だ。しかも、暑い時期なのにマツたちも一緒である。一家総出の大旅行というのか、何というのか。 当のマツたちはいつもと変わらずお気楽な(?)爆睡の日々であるが、その一方、ヌシこと私は旅行準備に必死であまり心の余裕がない。今回は、ゼンスイ・テガル(TEGARU)を宿に持ち込み、水温を維持しての滞在になるため、車への荷物の積み込みにもとても気を遣う。 マツの平和な寝顔を見ながら、この旅行がマツたちの健康で平穏な日々を奪うことのないように、と祈るような気持ちで準備をしている。

  • 来月の能登旅行に備え、マツたちのために車載保冷庫を買うかどうか迷う。

    マツたちのためにペルチェ式の保冷庫を購入しようかと随分悩んだ。来月の能登行きに備えてだ。 最初はクーラーボックスに保冷剤や氷などを入れて、何とかしようと思っていた。 だが、保冷庫がきちんと機能してくれるなら、運転中に氷や保冷剤が溶けるのを心配する必要もないから、精神衛生上もよい。 ただし、エンジンを停止した時に、どの程度保冷がもってくれるのか分からないし、出費も安いものではないから迷う。 また、安かろう悪かろうの製品も少なくないようなので、ハズレの製品を買ってしまったら取り返しが付かない。 思わぬトラブルで「失敗」があれば、それはマツたちの命に直結するのだ。

  • 記録、記録、また記録。~記録の大切さ~

    たとえブログの更新が滞っても、マツたちのことを手元にあるエディタで取りあえず「観察日誌」として残すようになったのは、実は塩田の親方の影響が大きい。 私が長年よく知る親方は、毎日の作業の記録を事細かに残している。 親方が老眼鏡をかけながら何やら真剣に難しそうな本を読みつつメモを取っている。昔の人の塩田作業の記録を読んで、それを現実の作業に活かそうとしていると言うのだった。写真もネットもない時代に先人が残してくれた塩田作業の記録は、確実に現代に役に立っている。そしてまた、今、親方が毎日かなりの時間をかけて残している前述のような記録も、きっとまたいつかどこかで未来の人々の役に立っていくのだろう。

  • 人工海水の作り方が、どうやら間違っていたらしい・・・

    自分の人工海水の作り方に問題があったらしいことを知った。 水道水にカルキ抜きを入れただけの水を使うと、有害物質、有害有機成分が含まれているし、コケが大繁殖するらしい。安物でも浄水器を使ったほうがよいとのこと。

  • マツたち、日本貝類学会「若手の会」に出席!?(1)

    日本貝類学会の「若手の会」にマツたちのボトルを持って行った。 今さら専門家にとってはあまり珍しくもないからだろう、皆さんの反応はかなりビミョーであった。 「見せて」と、お声を掛けて下さる方はなかなか現れず。 お声をかけて下さったお一人は、スガイのカイゴロモについて研究されているKさんだったが、「スガイの飼育が難しくて」と嘆いておられ、私も本当に同感。 今この2年半を振り返ってみると、一番難しかったのはスガイ、あるいはクボガイかな~、という印象だ。 来月、能登に長期滞在するので、その時にもう一度、スガイの飼育に挑戦してみようかと考え始めた。

  • ゼンスイ・TEGARU(テガル)の水温設定をアップ!(22度→23度)

    日中の室温が25度~27度などというのがザラになり、テガルがすっかり回りっぱなしになってきた。 そこで今朝、出かける前に、22度から23度へとテガルの水温設定をアップ。 夕方、帰宅して確認したら、ちゃんと水温は23度で保たれていた。 昨夏はたしか24度設定までで乗り切れた。今年も24度設定までで乗り切りたいと思っているけれど、今の時点で23度設定だったら、今年はもっと設定温度を上げないと駄目だろうか? あまり暑い夏にならないといいのだが。

  • マツたちと出かける夏の長期旅行は、不安だらけ。

    この6月から7月にかけて、奥能登に長期滞在をする予定でいる。 1ヵ月近くなるので、さすがにマツたちを留守番させておくわけにはいかない。 真冬ならば、昨年同様、クーラーボックスにマツたちのボトルを入れて、一緒に連れて歩けばよい。 しかし、時期が6月から7月となると、さすがに難しそうだ。 天気がよければ車内は簡単に30度を超えるだろうから。 取りあえず、現地での車中泊旅行は完全に諦めて、エアコン付きの宿に泊まることは決めた。 だが、往復の道中、下道だと1泊2日になるので、果たして保冷剤がもってくれるのかどうか? もっといいクーラーボックスを買ったほうがいいのだろうか? ・・・悩みは尽きない。 どなたかご教示いただけないものだろうか?

  • 水槽のフタ用にサランラップを買ってみた。

    ホームセンターでサランラップが特売になっていた。 ダイソーのキッチン用ラップが変更になって、マツたちのボトルの入ったアクリル水槽のフタ代わりとしてうまく機能しなくなっていたから、助かった。 結果的には残念ながらあまり満足感が得られなかった。くっつきがいいので、アクリル水槽の上にぴったりと張り付く。 しかし、毎日ラップのフタを開け閉めする。こうした使い方が想定されていないせいか、丈夫であるがゆえに、指でつまむ場所がピッと見事ににちぎれてしまうのだ・・・ また、塩水がついてしまうと途端に粘着力が落ちてきて、アクリル水槽の中にドカーンと落ちてしまうのであった。 用途が用途だけに、高級品だからよい、というわけではないのだけはよく分かった。

  • ぎんばさ→ワカメの季節

    マツたちは季節によって好む海藻の種類が異なる。冬はあんなにぎんばさを好んでいたのに、2月に入るとあまり食べてくれなくなった。 マツたちが春の訪れを感じ取っているからなのだと思い、干しワカメを戻して入れてやると、食べてくれるようになった。 もちろん、天候やマツたちの「気分」によって、ワカメを好む時とぎんばさを好む時があって、2月の中頃はすっかり振り回された。最近はもう、ぎんばさを入れようなどとは考えも及ばない。すっかり春なのだ。 通年で使えるエサとして姫ひじきがあり、ワカメと併用して入れるようにしている。ひじきをお腹で抱え込むようにしてかじっているマツの姿は、なかなかお茶目だ。

  • 気温のアップダウンに翻弄される季節――ゼンスイ・TEGARU(テガル)の調節が大変!

    1年のうちで、室温・水温管理が一番難しいのは2月から3月にかけてのこの時期だ。 気温の変動が激しくなるとテガルの水温設定で大変悩まされるようになってくる。 徐々にテガルの水温設定も上げていく予定だが、朝晩は気温がグンと下がるから、テガルが今度は水温を上げようとしてフル稼働になる心配もある。つまり、朝晩、事実上手動でテガルの水温設定を変えなければならないのだ。ここのところ、天気のいい昼間には冷房も併用している。本当にこの季節は、温度管理にかなりの気を使う。

  • 「潮の流れに乗る」

    今日は「潮」に関する私の勝手な仮説について記したい。マツたちはこのブログを書いている午後1時半現在、目下、「爆睡中」である。もう2年半近い付き合いであるから、「お昼寝」の時間帯が毎日違うというのが分かってきている。私の仮説は、「能登の海岸の潮の満ち干きと関係があるのではないか?」というものである。 ちょっと調べてみたら簡単に潮位予測表のデータが見つかった。気象庁が発表しているもので、マツたちの出身地に一番近いのは珠洲市長橋町のデータとなる。午後1時半現在、潮位は2センチ。

  • 再びボトルの大掃除(2):ジェックス・ベストバイオとサンゴ砂を追加。

    ジェックスのベストバイオが、岩やガラスについた藻やデトリタスを取り除いてしまっているのではないかという記事を書いた。特に影響を受けやすいのが、あまり固形物を食べないヤンチャのようなイシダタミガイだ。 だが、ヤンチャは今はもう、マツたちのボトルを出ている。だから、今回は安心してジェックスのベストバイオとサイクルを、少し多めに底砂に直接ふりかけることができた。 その後、少しでもろ過機能を高めるため、新しいサンゴ砂(細目)を1.5倍弱くらいまでかさ増しした。 今回の大掃除で最も大きな改変が、粗目のサンゴ砂を入れていた場所に、代わりの小さめの岩を入れたことである。

  • 再びボトルの大掃除(1):底砂に溜まった1年半(?)の汚れが・・・

    再びマツたちのボトル(#2)の大掃除を行った。 全ての岩をどけ、全ての海水をジャンボスポイトで吸い出し、さらに底砂にスポイトを突っ込んで、真っ黒な汚れだけをひたすら何度も吸い出す。 底砂をスポイトの先で引っかき回すと、ワサワサと砂の間に隠れていた汚れが出てくるので、すかさずそれをスポイトでキャッチ! ほとんどの汚れはマツたちの糞というよりも、マツたちの食べ残した海藻のかけらだった。 ある時期から水質の安定のためにと、底砂を洗わなくなった。あれから1年半、汚れを溜め込んだとも言えるわけだ。 ボトル内が止水のため、どうしても化学的なろ過、分解が行われづらくなる。今後はせめて半年に一度か1年に一度くらいは、大掃除をしたい。

  • ぎんばさ vs アカモク(3)

    マツにぎんばさを食べさせたら、アカモクを食べてくれなくなった。たしかにマツの主張にも正当性がある。マツたちの育った奥能登の塩田近くの海には、アカモクはない。一方、ぎんばさであれば、最近は環境の変化であまり採れなくはなったものの、塩田近くの飲食店では汁物や酢の物として出される、ごくごく一般的な海藻である。 マツにとっては、ぎんばさこそが「ふるさとの味」なのであり、アカモクは、あくまで他所で暮らすための「代用品」でしかなかったのだ。 そんなわけで、私もマツに対して、アカモクを無理強いはできない。

  • ぎんばさ vs アカモク(2)

    実は、昨年の今頃のマツの「マイブーム」は、宇出津産のアカモクであった。ところが、この秋、マツにぎんばさを食べさせた結果、アカモクをあまり食べてくれなくなってしまった。ぎんばさとアカモクは「ホンダワラ科」に属する親戚同士で、結構見かけも似ている。だが、今はアカモクをマツの目の前に置いてやると、え~、これ、違う~。ぎんばさが食べたいのに~。という顔をして、私のほうを黙って見上げる状態である。数日しても新しいエサを入れてもらえないので、仕方なくマツは根負けしてアカモクを食べているが、その顔はいかにも面白くなさそうだ。まあ、たしかにマツの言うことにも一理はある。

  • ぎんばさ vs アカモク(1)

    マツは体が大きいせいか、他のタマキビたちよりも人一倍(貝一倍)食いしん坊である。おまけに結構「贅沢」を言う。 毎日同じ海藻ばかり入れていると、これ見よがしにエサを放置し、そのうちヌシが点呼のためにフタを開けてもガン無視。 マツにも「マイブーム」があって、その時その時で「ハマる」海藻というのがあり、その場合は、何度それを入れてやってもきれいに食べ尽くす。 最近のマツの目下の「マイブーム」は、今年3月に能登のスーパーで手に入れた輪島産のぎんばさだ。どうやら下茹で処理をしているらしくて、最初は買うのを迷ったのだが(巻貝のエサには生のほうがいいため)、試しにとちょっと買ってきたものを、マツは大変気に入ってしまったようだ。

  • ジェックス・サイクル&ベストバイオは、巻貝に使う際には注意が必要かも。(あくまで個人的感想)

    水質調整剤として、ジェックスのサイクルとベストバイオを使っている。 サイクルは初期の頃から使用しており、水槽の安定化にはすっかり欠かせない存在となっている。だが、ベストバイオに関しては、少なくとも巻貝たちの飼育に関しては、慎重な使用が必要だと感じる。 あくまで私自身の「個人的感想」に過ぎないのだが、ベストバイオは、イシダタミガイのエサ(藻やデトリタス)までも分解してしまう。 先日も、ヤンチャが痩せたので慌てて別のボトルに移動させたが、その数日前から頻繁にベストバイオを使っていた。

  • ヤンチャは今日も、元気、元気。

    ヤンチャを違うボトルに移動させて2日目だが、元気な様子。 ガラスや岩に藻が再生しているのか不安だったが、移動しながらポロポロと糞も落としているから、一応食糧の確保はできている。水底まで潜るということは水質がよい証拠。 また、ヤンチャにはイシダタミガイとしての「アイデンティティ」があるため、マツたちタマキビに囲まれた生活だと遠慮しがちになる。久しぶりの「一人暮らし」に、リラックスしてもいるようだ。イシダタミの健康状態は、細くて長めのツノの張り具合が一つの指標になる。今のヤンチャはツノを長くピンと張って、元気よく振りながら、すごいスピードでボトル内や岩の上を移動している。

  • ボトル移動後のヤンチャの様子

    ボトル移動後のヤンチャの様子をご報告。 今日の昼、ボトルを確認してみると、ヌシの心配をよそに、悠々と「一人暮らし」を楽しんでいる模様・・・ 食事のことが心配だったが、再度先程夕方になって確認したところ、結構な量のこげ茶色の糞をしていることが分かり、これなら大丈夫と一安心した。 昨晩計測した限りでは、塩分濃度は若干濃いめなのだが、潮溜まりの生きものなので、あまり心配はしていない。同時にph値を測ろうとしたら、薬液を失くしてしまったことに気付いた。このままヤンチャを移動させてもいいかと随分悩んだのだが、今の様子を見る限りは問題なさそうだ。 とは言え、早めに酸度を測る薬液を再度入手する予定ではある。

  • ヤンチャが痩せてきた!!→大至急、別のボトルに移動。(別名:「アルバイト」)

    ヤンチャは、別のボトルに移動させることにした。 能登旅行で海岸の岩についた新鮮な藻類をたくさん食べたヤンチャは、お腹がしっかりとしていた。先程換水のためにボトルを覗いたら、明らかに痩せてきている。そこで、すぐに別のボトルに移すことを決めた。 ヤンチャは普段、私の与えたエサを食べる代わりに、ボトルのガラスに付着した目に見えない藻を食べている。ボトルを移せば、それが持続的に供給される。 ヤンチャを別のボトルに移すことを、「アルバイト」と命名している。マツたちが汚したガラスをヤンチャは掃除し、報酬としてガラスに付着した藻を受け取るからだ。

  • 3日連続で掃除&換水して、ようやくニオイが消えた。(2)

    3日連続掃除&換水の3日目の記録。 まだ水の嫌なニオイは若干していたが、水がキラキラと輝いて、透明感がある。これは水質改善の何よりの指標である。 ジャンボスポイトを底砂に突っ込み、3分の1だけ吸い取って、代わりに能登で汲んできた海水(といっても8月のものだが・・・)を入れてやるという、普段からよくやる方法で換水。その後、ジェックスのサイクルを数滴垂らすと、瞬時にニオイは消えた。 吸い取られてきた汚れた水も、前の2日間とは明らかに異なっていた。前の2日間はドロドロと濁った感じだったが、今回のものはサラサラとしていて、混じっているものもまだ出たばかりの糞が中心。

  • 3日連続で掃除&換水して、ようやくニオイが消えた。(1)

    水質の悪化に悩んでいる記事を書いたが、3日連続で掃除&換水をして、ようやく耐えられるレベルになってきた。 翌日も、再度丁寧に掃除を行った。ジャンボスポイトによってほぼ全ての水を吸い出し、大きなタッパーにあける方法にしてみた。すごい汚れ。白い水カビも出てきた。 底砂が見えている状態で、ジェックスのサイクルとジェックスのベストバイオを若干多めに投入。その後、タッパーをしばらく放置し、汚れを沈殿させてから、上澄みを3分の2ほどボトル内に戻して換水終了。 底砂に直接水質調整剤を入れたのは、ちょっと失敗だったかもしれない。底砂の間に入り込んでしまったのか、水を戻してもすぐに効果が確認できなかった。 換水後、マツたちは元気に動き出し、一応、水質の改善はされているものと思われる。

  • 海水はいつまで保存が利く? 「賞味期限」が分からない!

    能登に出かける度、新鮮な海水を大量に汲んで持ち帰る。だが、いつまで保存が利くのかが分からない。専門家の方々は、「研究用の海水を冷暗所で保管するけれど、意外ともつよ~」とおっしゃるのだが、なかなかはっきりとしたお答えはいただけない。 専門家の方々に倣って「冷暗所」を再現すべく、家の中で最も涼しい場所を選び、光が入らないように布をかけて保管してはいるのだが。 海水の「賞味期限」をご存知の方がいらっしゃったら、ぜひご教示を賜りたいと願っている。

  • 季節によって、エサの好みが変わる。

    季節によって、マツたちの好むエサは変わる。マツたちが確実に好んでくれるエサは、今までのところではだいたい以下の通り。 ひじき ワカメ アカモク ぎんばさ 夏が終わり、涼しくなってきたな~と思う日が増えると、マツたちはあまりワカメを食べてくれなくなる。 逆に、冬が終わり、ポカポカとした日が増えてくると、マツたちは途端にアカモクを放置するようになるのだ。 最近はちょっとした「季節の便り」と感じるようになった。 エサの好みに関してもっと細かいことを言えば、冷凍か乾燥か、採れた場所がどこか、などでも違いがあるが、季節による変動は今のところ感じていない。

  • ふすまで室温調節

    マツたちの部屋は両端が引き戸とふすまになっている。冬の寒い時期、私の部屋では結構暖房をかける。マツたちの水温はかなり低めに設定しているため、室温だけが季節外れに高くなるのは避けたい。寒くなりすぎると、ゼンスイ・TEGARU(テガル)の動作に支障が出てしまう。 いろいろ試行錯誤して、ふすまを20センチくらい開けておく、という方法でちょうどいい感じに調整できるようになった。 夏はただひたすらふすまを開放して、私の部屋のエアコンの冷風を流すだけでいいのだが、それに比べると、冬のほうが室温に関しては調整が少々面倒である。

  • 水が汚れて仕方がなかった原因が判明。

    ほとんど毎日ダイソーのジャンボスポイトで換水をしているのに、水が臭う。 岩をどけてみてビックリ。今まで見たこともないほどの汚れようだった。 原因は、 しばらく岩をどけての換水をしていなかった。 能登旅行中、いつもよりかなり糞の量が多くなった。 能登旅行中、車の振動で岩の上に置いたエサが底に沈んでしまった。 そして、大量の糞も振動で底砂の中に大量に潜り込んだものと想像できる。 帰宅後、水の動きがなくなったことによって、底に沈んだエサや大量の糞が、うまくろ過されなくなってしまった。エサのアカモクやぎんばさは、どうしても一部が底に落ちてしまいやすい。 ・・・といったところだろうか。

カテゴリー一覧
商用