searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ぼさ子さんのプロフィール

住所
未設定
出身
北海道

自由文未設定

ブログタイトル
ほぺろうは喋らない
ブログURL
http://hoperou.com/
ブログ紹介文
自閉症と知的障害をあわせ持つ5歳の息子の育児絵日記です。 いまだに発語が無い息子と日々奮闘しつつ、障害児の苦労や勉強になった情報を綴っていきます。
更新頻度(1年)

153回 / 183日(平均5.9回/週)

ブログ村参加:2017/04/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ぼさ子さんの読者になりませんか?

ハンドル名
ぼさ子さん
ブログタイトル
ほぺろうは喋らない
更新頻度
153回 / 183日(平均5.9回/週)
読者になる
ほぺろうは喋らない

ぼさ子さんの新着記事

1件〜30件

  • 11月 LITALICO発達ナビ コラム掲載のお知らせ

    ↓ こちらからご覧頂けます。LITALICO発達ナビ『通報レベル!自閉症息子の癇癪に、気になるご近所の目。人見知り夫婦が徹底した「あること」とは』 よろしくお願いします(^O^)↓ 過去漫画もアップしてますにほんブログ村自閉症児育児ランキング 

  • ヤサグレ時代21

    漫画ではこのママさんを感じ悪く描いてしまいましたが、「いろんな子どもが居るんだから全然気にしないで~」と思う人も居れば「こんなに躾の出来てない子を連れてくるなんて!!」と思う人が居ても不思議じゃないです(^_^;)彼女にとっては私の方が非常識だったんだと思いま

  • ヤサグレ時代20

    現住所に引っ越して間もないまだ診断が出ていない頃、 ほぺろうが遊べる場所をいろいろ探し地域の子育てサロンも利用しました。 でも この頃は場所見知り全盛期。せっかくの素敵な施設も優しい職員さんもほぺろうには無関係で、お約束の「ぎゃあああああ」でした。職員さん

  • 息子の障害について聞かれたが子供騙しは良くないという見本2

    ↓ 前回の続きです 未就学児と言えど、きっと『しょうがいがある』というのは理解している気がします。「ほぺろうは どうしてみんなとちがうの?」って聞かれた時、私は「ほぺろうは“自閉症”という障害を持っているんだよ」と答えそうですが、 そのあと更に 素敵なセリ

  • 息子の障害について聞かれたが子供騙しは良くないという見本

    また(私の)息抜きに、ほぺろう5歳の近況です。 そう、ほぺろう いまだに逆さバイバイなんです。いや~、いつかは子ども達に障害のこと聞かれるだろうなと思ってはいたけど(逆さバイバイに限らず)全然 心の準備をしていなかった。(私が悪い!!)「癖なのさーっ」って咄嗟に言

  • ヤサグレ時代19

    しつこくてスミマセン…。ダメ押しの『検索魔』です。 前世の想像の貧困さよ…。当時の私は変な方向に障害の理由を見つけ出そうとなんかおかしな思考になっていました。表現力が無いので上手く伝えられないのですが、マンガみたいな雰囲気じゃなくてもっとオドロオドロしい

  • ヤサグレ時代 補足2

    ↓ ヤサグレ時代 補足1誰も悪くないのに噛み合わない…って事ありますよね。『落ち込んでる人がいたら励ましてあげたい』と思うのが人情ではありますが、相手の価値観や精神状態によっては救いになったり毒にもなったり…。私も障害児の親になって「こんな気持ちなんだな~

  • ヤサグレ時代18

    すみません…『検索魔』ネタ、まだ続きます(^_^;)そもそも、障害の無いお子さんに向けての記事を読んで我が子と比べる事自体ナンセンスなのですが、「ほぺろうはまだ小さいのに既に将来の希望が無いんだ… 」と勝手に落ち込んでいました。(↑「お母さんが勝手に決めるな!」

  • ヤサグレ時代17

    『検索魔』。自分の気持ちを和らげる情報を探しまくって、結局は卑屈のドロ沼にはまるだけでした。正直今でも「他人と一切比べない」なんてことは絶対ないですし、「お子さんはあなたを選んで生まれてきた」はそう言われるに相応しいママさんももちろん居ますが、少なくとも

  • ヤサグレ時代16

    診断を受ける前も後も検索魔と化していました。自分の気持ちを和らげる記述を探しまくりましたが、この時の私は徹底的に卑屈だったのでどんな素晴らしいことが書いてある記事も素直に受け止めることは出来ませんでした。精神的にヤサグレていたこの時代は、ネット上で見かけ

  • 進撃のほぺろう

    また(私の)息抜きにほぺろう5歳の近況です。 食べるマネをする↓「食べないで~」 と言ってもらうこれでワンセットのイタズラがほぺろうのブームでして、よく自宅で付き合ってあげてるのですが(↑ 言い方っ) 事情を知らない保育園でもやったみたいで先生を驚かせてしまいま

  • ヤサグレ時代15

    ハッピーな子育てライフになれない…。「他のママさんは みんな聖母。自分だけが最低な母親。」そう思えて仕方ない時期でした。ほぺろうの癇癪もピークだったので私のメンタルも荒れに荒れてとにかく毎日が惨めったらしかったです。 ほぺろうは起きてる間ずっと癇癪。夜泣き

  • ヤサグレ時代14

    我が子の診断を聞いた時のママ達の反応は確かにいろいろあると思います。でもみんなそれぞれに悩んだり苦労して結果としてそこに辿り着いているものなのに、当時の私は とにかく他のママは優しくてしっかりしてて、私だけが最低な母親に思えて仕方ありませんでした。ネットは

  • ヤサグレ時代13

    もはや ぺー太はただの大物なんだと思う。現に当時の私の脳内は『失望』って感じでしたが、 今 ぺー太の反応を思い出すとなんだか笑える(^_^;)↓ 「その夜」のその1↓ 動じないぺー太(つづく)↓ 過去漫画もアップしてますにほんブログ村自閉症児育児ランキング 

  • 定型外いないいないばぁ

    たまに(私の)息抜きにほぺろう5歳の近況も書いてみます(^ ^) いちいちカッコイイ。(そして いなくなってない。)保育園でお友達がやってるのを見てたのか 、一人で いないいないばぁしてました。イマイチ理解はしてないっぽいけど、とりあえず『顔を隠してた手を開ける』とい

  • ヤサグレ時代12

    この瞬間まで、薄々覚悟していたとは言えどんなに小さな可能性でも『ほぺろうに障害は無い』ことを望んでいた私。きちんとした医師の口から出たことなら、もう「これは現実なんだな…」と受け止めるしかなく私に重くのしかかってきました。この時は辛かったですが、振り返る

  • ヤサグレ時代11

    検査は…まぁ案の定、大泣き暴れでした。それでも聞き取り調査や ほぺろうの様子など総合的に判断して『中度知的障害』という結果が出ました。これだけでも「児童相談所の時より重くなった…」とショックでしたが、ここには自閉症の診断を受けに来たのでこの先が本題です。こ

  • ヤサグレ時代10

    本来 6ヶ月待ちでしたが、 たまたまキャンセルが出たと わざわざ連絡をくれた親切な発達クリニック。最初の予約から約2ヶ月で 訪れることができました。 相変わらず『100人にひとりといない』レベルで泣き暴れていたほぺろうですが、以前行った発達クリニックと違って普

  • ヤサグレ時代9

    ↓ 昼間、児童相談所で診断を受けたくだり 他人事か!?( 2年前当時の心のツッコミ)我が子の障害を知ってその感想が4文字って…逆に大物なのか!!?おそらく、当時のぺー太の気持ちをひとことで言うなら『なんて言っていいのか分からなかった』だと思います。「きっと、何

  • ヤサグレ時代8

    ↓ 前回『障害のある子は天才になる可能性がある』って言ってたから活躍している有名人を調べてみたけど…ほぺろうは ついさっき『少なくとも軽度知的障害』と言われたばかりだったのでなんだか…余計落ち込みました。児童相談所の職員さんもまさかここまで引きずられてると

  • ヤサグレ時代7

    ↓ 『ヤサグレ時代』を記事にしたかった理由児童相談所の職員さんは落ち込んでいた私を励まそうとそう言ってくれたんだって分かります。(私も逆の立場だったら良かれと思って言っちゃいそう)でもきっと、この当時はどんな素晴らしい言葉で慰められても受け付けられなかった

  • ヤサグレ時代7

    ↓ ほぼ同じこと言ってますが…『紆余曲折(うよきょくせつ)したからこそいろんな事に気付けた』ってことが言いたいんです。ヤサグレていた時は「こんな母親 最低だ」って自分で思ってたんですけど、今、もし障害育児で落ち込んでる人が居たとしたら「その落ち込みも大切な糧

  • ヤサグレ時代6

    当時の私は、我が子の知的障害の診断を受けてただただショックでした。それは、今までの人生の中で “知的障害を持つ方々がどんな社会生活を送っているか”など知ろうとしたことも無かったし勉強不足が過ぎる故に『知的障害じゃどうやって生きていけばいいかわからない…』

  • 第二回 LITALICO発達ナビ コラム掲載のお知らせ

    『癇癪王(かんしゃくおう)にオレはなる!!!』(勘弁してくれ) ↓ こちらからご覧頂けます。LITALICO発達ナビ『え、他の子はこんなに泣かないの?1日10回は泣き暴れる2歳の自閉症息子に、育児書のアドバイスは効果ゼロで…』 よろしくお願いします(^O^)↓ 第一回 コラム↓

  • ヤサグレ時代5

    ほぺろうが生まれる前、「知的障害さえ無ければ人生どうとでもなるって!」と発言するくらい器の小さい人間でした。情けない…。だからほぺろうが知的障害だと知った時「人生どうにもならない…」という絶望感でいっぱいでした。この時は、自分じゃなくて子どもが知的障害 

  • ヤサグレ時代4

    ↓ 知能指数の参考そもそも判定してもらう為の検査が出来ない!!という壁にぶち当たる親子。よそ様の検査できたお子さんはそれだけでレベル高いなって思い知りました。ほぺろうは まともに着席すらできず検査のやり取りもままならない状態だったので、結果は「おそらく」と

  • ヤサグレ時代3

    3歳のこの頃は場所見知りが激しくて、初めて訪問した児童相談所では案の定終始 泣き暴れでした。この後に及んでもまだ「ほぺろう君は様子見で大丈夫ですよ」なんて言って貰えるんじゃないかと期待していた私ですが、きっと周りから見たら明らかに普通じゃなかったんだろうな

  • ヤサグレ時代2

    『療育手帳の判定は児童相談所(発行は役場)』ということを、この時 初めて知りました。(地域によって違いがあるかもですが)『児童相談所』は、読んで字の如く児童のことを相談する施設なので発達障害について相談するのも当然っちゃ当然なのですが、私の今までの人生で『児童

  • ヤサグレ時代1

    ↓ 前回の反省以前行った発達クリニックの対応が納得いかなかったので、この時の私は『以前のは誤診かも知れない』という淡い期待さえ持っていました。でも『今度は きちんとした医師の見解を聞いてみたい』という気持ちもあったので、発達サポートの先生にどこで診察して

  • ヤサグレ時代【プロローグ】

    本当にうまく表現出来る自信がないのですが、 ほぺろうを育ててきて現在に至るまでに通ってきた『もがきの時代』は自分にとって無視できないものなのです。今でこそほぺろうのそのものが可愛いくて仕方ないのですが、もがいて迷って悩んだ時期があったから現在に辿り着けた

カテゴリー一覧
商用
読者になる