searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

記号論研究所さんのプロフィール

住所
東京都
出身
千葉県

ドラクエ11 考察 http://semiotics.blog.jp/archives/1434166.html 鉄血のオルフェンズ 考察 http://semiotics.blog.jp/archives/cat_128436.html けものフレンズ 考察 http://semiotics.blog.jp/archives/cat_128443.html

ブログタイトル
記号論研究所 マンガ・アニメ・ゲーム考察
ブログURL
http://semiotics.blog.jp/
ブログ紹介文
記号論の観点からマンガ・アニメ・ゲームを考察するブログです。
更新頻度(1年)

6回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2017/04/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、記号論研究所さんの読者になりませんか?

ハンドル名
記号論研究所さん
ブログタイトル
記号論研究所 マンガ・アニメ・ゲーム考察
更新頻度
6回 / 365日(平均0.1回/週)
読者になる
記号論研究所 マンガ・アニメ・ゲーム考察

記号論研究所さんの新着記事

1件〜30件

  • 【考察】細かすぎて伝わらないゼノブレイドシリーズ小ネタ集

    ポケモン剣盾に続く、細かすぎて伝わらない小ネタ集、第2弾はゼノブレイドシリーズの考察です。ゼノブレイド、ゼノブレイドクロス、ゼノブレイド2の3作品から、厳選した15個の小ネタをお届けしていきます。それでは、行ってみましょう。概要ゼノブレイドジオコスモス~エーテ

  • 【考察】ポケモン鎧の孤島 ハチミツと夏至の関係から分かるケルト復興の狙い

    ポケモン剣盾DLC第1弾、『鎧の孤島』。以前の考察では、アイルランド島かマン島ではないか?と予測しておりましたが、ポケモンUKからマン島モチーフであると公式に発表されました。で、その考察では第2弾の冠の雪原に比重を置いていた為、ダクマとの修行編は正直スルー案

  • 【考察】細かすぎて伝わらないポケモン剣盾小ネタ集

    ポケモンソード・シールドには、イギリス人ならすぐに気付き、日本の人達にはスルーされるであろう、英国に纏わる小ネタの数々が仕込んであります。今回は考察記事には入りきれなかったネタを11に分けてピックアップしてみました。それではいってみましょう、細かすぎて伝わ

  • 【考察】ポケモンソード・シールド 鎧の孤島・冠の雪原の場所から分かる剣と盾の役割について

    ポケモン剣盾のムゲンダイナの考察記事が1万RTを超え、大変な好評を頂きまして。どんな記事だったかを簡単に纏めると、ムゲンダイナの和名・英名はどちらも「神」を指し示す剣盾では周りの大人が勝手に話を進めるシナリオ構造になっている大人の庇護(神の恩寵)から脱却し

  • 【考察】ポケモンソード・シールド ムゲンダイナの英名「Etenatus」の意味と剣盾のシナリオ構造について

    ソードシールド第3の伝説ポケモン・ムゲンダイナ。英名は「Etenatus(永遠)」となっているのですが、日本ではこれがピンと来なかったようで、何で無限大が永遠と掛かっているのか?という声を散見しました。ところが、剣盾の舞台となったイギリス在住の友人にEtenatusの和名

  • 【考察】ドラゴンクエスト11 (2)悪魔の子と失われたゲルマン神話(前編)

    概要双頭の鷲が意味するもの「悪魔の子」が意味するもの『ドラクエ11』の考察第2回は、「悪魔の子」とデルカダール王国の関係について解説していきます。なお、真エンディング到達までの重大なネタバレを扱う為、ご注意下さい。以下、ネタバレ注意↓↓↓ドラクエ11とはどんな

  • 【考察】ポケモンソード・シールド ガラル地方のストーリー予想

    『ポケットモンスター ソード・シールド』の舞台はイギリスです。記号解読の武泰斗様、スチュアート・ホールのお膝元。武泰斗様から亀仙人を通じて記号論を学んだ私は、シリーズ作品のシナリオ構造を分析する事で、ストーリーの先読みを行ってきました。ポケモンのシナリオ構

  • 【考察】『海獣の子供』の意味が分からなかった人達へ

    中の人は、言語学者です。特技は「マジックのタネを見破ること」。『海獣の子供』では、象徴化という上級マジックが用いられています。大切なことは言葉にならない、という謳い文句通り、言葉を映像に置き換える事で表現している作品です。今から私が行う説明は、引田天功の

  • 【考察】出張アストルティア考古学 (2)永遠の相のもとに~エテーネ(eterne)と呼ばれた人達

    前回のあらすじ。アストルティアの世界を創り給いし創生の霊核は、「永劫不滅」「永遠」を象徴する、ドラゴンの生命力の源・竜の心臓でした。【考察】31.生まれ変わる魂(後編)http://astoltia.doorblog.jp/archives/42380117.html時を遡ること6年前の2013年。中の人は初め

  • 【考察】出張アストルティア考古学 (1)とこしえの揺り籠と創生の霊核

    アストルティアよ…!私は帰ってきた…!皆様、お久しぶりです。前世はロザリーだった中の人です。どオタクの魂に肉体を貸してくれていたエルフ女子は、サソリじじいに刺されてお亡くなりになりました。 ↓ こいつ4年間ありがとう。天国では悪い人間に捕まらないで下さい。

  • ライターのお仕事を始めました

    ヨッチさんこと井上郁は、最近はこういうお仕事してます。もっと漫画が読みたくなる!漫画情報を発信するマガジン ”Comee mag.”株式会社PLAN-B様が運営されている漫画情報発信サービス、『Comee mag.(コミーマグ)』の公式ライターになりました。ヨッチさんこと井上郁は、

  • 【考察】ポケットモンスターシリーズを学術的に解説する(3)

    今回は、ポケモンシリーズ最新作であるサンムーン及びウルトラサンムーンを考察していきます。概要『サン・ムーン』 ~天動説 vs 地動説『ウルトラサン・ムーン』 ~ネクロズマの正体リーリエのコペルニクス的転回 『サン・ムーン』サンムーンは、ポケモンシリーズの転換点

  • 【考察】ポケットモンスターシリーズを学術的に解説する(2)

    ウルトラサンムーンの発売を前に、過去のポケモンシリーズをおさらいしておきます。今回は、ブラックホワイトとXYです。概要『ブラック・ホワイト』 ~線形予測法 vs カオス理論『X・Y』 ~遺伝子進化論 vs 共生進化論幻のZバージョン、ジガルデの正体未来は予測不可能 『ブ

  • 【考察】ポケットモンスターシリーズを学術的に解説する(1)

    ウルトラサンムーンの発売を前に、過去のポケモンシリーズをおさらいしておきます。今回は、ルビーサファイアとダイヤモンドパールです。概要『ルビー・サファイア』 ~ガイア理論『ダイヤモンド・パール』 ~相対性理論およびPT対称性の破れ二項対立の始まり 『ルビー・サフ

  • 【考察】3月のライオン 隅田川の地理的特性から見た作品構造分析

    2017年10月14日より、アニメ第2期が始まる『3月のライオン』を物語構造から分析する記事になります。概要隅田川の地理的特性隅田川を挟んだ東西の位置関係夏目漱石作品との共通点隅田川の地理的特性このアニメには、「河」がよく登場します。主人公・桐山零くんが川沿いの町

  • 【考察】ドラゴンクエスト11 (1)図解・ロトシリーズとの時系列と繋がり

    概要ドラクエ11の世界(ロトゼタシア)ドラクエ3の世界(上の世界)ドラクエ1の世界(アレフガルド)ドラクエ2の世界(下の世界)まとめ北欧神話の観点から行ってきた『ドラクエ11』の考察を数回に分けて総括していきます。第1回は、ロトゼタシアとロトシリーズの繋がりを、

  • 【ドラクエ11】11.エンディング後の世界~その3

    ロトゼタシアの謎の全てを把握した、時の化身・ヨッチさんです。次回から総括に入る予定ですが、まずは今回、ストーリーを締めくくりましょう。エンディング後につき、ネタバレ注意です。失われた時を求める、少し前。こっそり勇者についてきていた黒ヨッチさんが、勇者の剣

  • 【ドラクエ11】10.エンディング後の世界~その2

    3DS版を先に裏エンディングまでクリアした、時の化身・ヨッチさんです。PS4版をクリア次第、いよいよガチで考察を始めますよ。今回は、正体が明らかになった預言者について考察していきます。エンディング後につき、ネタバレ注意です。健康じいさん、もといベロニカの為、失

  • 【ドラクエ11】09.エンディング後の世界~その1

    エンディング後の展開に衝撃を受けている、時の化身・ヨッチさんです。今回は、真の黒幕が登場するまでに気になった、アレについて纏めてみます。エンディング後につき、ネタバレ注意ですよ。魔王討伐から数日後、ベロニカを悼んで集まった仲間達が、世界に平和が訪れた事を

カテゴリー一覧
商用