CRAGY植物記
読者になる
住所
出身
ハンドル名
鹿屋野 鴎さん
ブログタイトル
CRAGY植物記
ブログURL
http://plants-diary.hatenablog.com/
ブログ紹介文
植物と変人が繰り広げる茶番劇!
自由文
-
更新頻度(1年)

19回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2017/04/05

鹿屋野 鴎さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(IN) 35,855位 36,344位 36,402位 36,434位 36,518位 36,720位 36,717位 974,792サイト
INポイント 0 7 0 0 0 7 8 22/週
OUTポイント 7 0 0 14 0 0 0 21/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
花・園芸ブログ 863位 885位 889位 900位 898位 901位 894位 19,258サイト
観葉植物 23位 24位 23位 22位 21位 22位 23位 414サイト
サボテン 26位 26位 25位 26位 26位 26位 27位 176サイト
多肉植物 90位 93位 95位 95位 93位 92位 91位 1,699サイト
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(OUT) 64,987位 75,010位 75,273位 75,149位 圏外 圏外 74,868位 974,792サイト
INポイント 0 7 0 0 0 7 8 22/週
OUTポイント 7 0 0 14 0 0 0 21/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
花・園芸ブログ 1,427位 1,673位 1,668位 1,665位 圏外 圏外 1,602位 19,258サイト
観葉植物 35位 39位 37位 36位 圏外 圏外 42位 414サイト
サボテン 33位 35位 35位 36位 圏外 圏外 40位 176サイト
多肉植物 166位 178位 178位 180位 圏外 圏外 170位 1,699サイト
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,792サイト
INポイント 0 7 0 0 0 7 8 22/週
OUTポイント 7 0 0 14 0 0 0 21/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
花・園芸ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 19,258サイト
観葉植物 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 414サイト
サボテン 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 176サイト
多肉植物 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,699サイト

鹿屋野 鴎さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、鹿屋野 鴎さんの読者になりませんか?

ハンドル名
鹿屋野 鴎さん
ブログタイトル
CRAGY植物記
更新頻度
19回 / 365日(平均0.4回/週)
読者になる
CRAGY植物記
  • 蒔き苔をやる

    ⚠︎今回の記事は参考にせず、「お前はそんな風に考えるんだね」という感じでお読みください。 今、コケが大人気です。(私の中で)前から好きだったんですが、コケ類の同定作業(植物の名前を調べる作業)が苦手でして...。正確な同定にはルーペが必須という細かさに発狂しました。現在は「好きだったら名前なんて関係無くね?」というギャル的な考えで栽培しています。そして今回は、私なりの「苔の増やし方」について書いていきたいと思います。 真似するなよ!責任は取らんぞ!裏庭で拾ってきたコケです。 同定は状態が整ってから行いたいと思います。(決して面倒臭いとかではない)今回は「蒔き苔」と呼ばれる方法で殖やします。まず…

  • サボテンちゃん斬首作戦!

    皆さんどうも。 鹿屋野 鴎(かやの かもめ)です。夏休みといえばサボテン。サボテンといえば群生株。ということで、「サボテンの群生株化」に挑戦したいと思います。タピオカの次に流行るのはサボテンの群生株です。今回は「芯止め」とか「胴切り」と呼ばれる、サボテンの首をはねる方法で群生株に仕立てたいと思います。そして、可哀想なことに首をはねられるサボテンがコチラ。とても可愛らしいサボテンですね。種類は分かりませんが、祖母が育てているサボテンの子株を今年の春に土に挿したものになります。梅雨時期の長雨に当ててしまったせいで、少し徒長しています。「わざと徒長させて光合成量を増やすことで、成長速度を速める」とい…

  • クレマチスの誘引作業 Feat.切れ痔

    皆さんどうも。 鹿屋野 鴎(かやのかもめ)です。皆さんお元気ですか?私はどうやら切れ痔になったみたいです。お尻を拭いたら「えっ!?誰か僕のお尻に朱肉でも塗った?」という感じになってました。結構痛いです。そこでIQ1200の僕は、「柔らかいウ◯チをすれば良いのでは!?」と考えて、昨晩は天ぷらと氷を大量に摂取。本日は地獄を見ました。痔の痛みはないけど、お腹がハチャメチャに痛かったです。愉快ですね。 さて、いきなり下品な話から始まってしまったので、今回の主役は綺麗な花にしましょうか。それでは発表します。 今回のメイン植物はこの子です!パァァァァ.....(下品が浄化される音)クレマチスちゃん。文字が…

  • 根上がりでアゲアゲ⤴︎

    皆さんどうも。 鹿屋野 鴎(かやの かもめ)です。昨年の秋頃に種をアホみたいに播いたので、 アホみたいに実生苗の世話に追われています。上のケースは晩白柚の実生苗が入っています。(恐怖の発芽率100%)来年の今頃にはミニ盆栽になっていると思います。今回の主役は下のケース。 ドングリ類・チャノキ・ナギなどのミックス播き。久しぶりに開けてみましょうか。\パカッ!!/ 長いなぁ! 2メートルくらいあるぞ!(8センチでした)思っていたより根が伸びていなかったので、 一番根が出ていたこの子を植え付けようと思います。意図せずハートマークになってますね。 このことから僕の女子力が高いことが分かります。そんなこ…

  • 三十六等分の花サボ

    皆さんどうも。 鹿屋野 鴎(かやの かもめ)です。ピエール瀧さん...。オラフ...。 ということで「シャコサボの挿し木」をするよ!まずはこうなった原因からお話ししようと思います。 〜シャコバサボテンとの出会い〜 先日、ホームセンターの処分コーナーで 「シャコバサボテンの鉢植え」に出会いました。4株の寄せ植えだったのですが、 少し元気が無さそうだったので観察してみると、 どうやら1株だけ根腐れしているようでした。 (商品なので、土を掘らずに目視です。)その時の私の推測はこんな感じっす。「根腐れした株は挿し木すれば良いや!」 ということでお迎えすることにしました。そして帰ってから根元を確認してみ…

  • じぶんでできるもん!〜草木染め〜

    俺、マサラタウンのカモメ! こっちは相棒の剪定枝!ということで始まりました、じぶんでできるもん!タイトルの通り、今回は草木染めに挑戦したいと思います。剪定した枝で服を染めれば、いつでも植物と一緒!最高かよ!ということで、今回草木染めに使用する植物はこの子!俺の相棒!ナンテンの剪定枝です!まずは枝をスライスしていきます。相棒とか言っておきながら血も涙も無いな。カッターで地道にスライス。ちなみにナンテンに関しては、新鮮な枝でないと色が出にくいという事なので気をつけようね。皮のすぐ下の黄色い部分が見えますか?この部分がメインの材料になります。(全て削り終わった後に判明)皆さんは無駄な努力をしないよう…

  • 【第1回】植物の医者を目指して

    皆さんお久しぶりです。 鹿屋野 鴎(かやの かもめ)ですよ!更新を休んでいる間も訪問してくれている方がいて、泣きそうでございまする。今回は久しぶりに山に登ってきました。ママチャリでチリンチリンすること15分。私の第2の故郷である紅葉山(仮名)に到着。一応、環境保護的な奴で、名前は内緒だよ!今回の目的は、植物の病害虫についての観察です。うちの子達が病害虫にやられた際に役に立つように頑張ります。エイエイオ〜!まず最初に出会ったのはこの子。チャノキ( Camellia sinensis )です。写真からも分かるように、歯の表面にハモグリバエによる食害が出ています。チャノキ(ツバキ科)についていたので…

  • そこそこ大切なお知らせ

    諸事情により、約1ヶ月間ほどブログの更新をお休みさせていただきます。申し訳ございません。 CRAGY植物記・鹿屋野 鴎

  • 水挿しだぁぁぁ!!

    皆さんどうも。 鹿屋野 鴎(かやの かもめ)です。オシャレな人の間で今大人気の水耕栽培。 オシャレとは無縁な僕ですが、実は1カ月程前から水耕栽培を始めました。それではご覧ください。オシャレ感ゼロ〜!!プラスチックの容器に、アクアリウム用の濾過装置をぶち込んで、植物の枝を挿しています。つまり水挿しですね。使用している濾過装置はこちら。 ニッソーさんの「マスターパル・ミニ」です。レイアウト水槽が趣味だった時期に買ったやつ。やっぱりアクアリウムと園芸は切っても切れない関係ですね。んでまあ、皆さんが気になるのは「ちゃんと育つのか」だと思いますが、その点はまだ実験中です。しっかりと水が循環していますし、…

  • サルフレアがやってきた!

    皆さんどうも。 鹿屋野 鴎(かやの かもめ)です。もう12月ですね。 ということで、今回は12月にお迎えすべき植物をご紹介したいと思います。楽しみですね。その植物というのがこちら。皆さんもうお分かりですね。 もこもこ植物「コニファー」です。 12月といえばクリスマス。 クリスマスといえばコニファー。 クリスマスツリーっぽいということで、全国のホームセンターなどで入荷されやすい時期になります。最低でも1品種1株は育てたいところですが、世界には数万を超える品種があるそうです。 ちょっと無理ですね。無理すぎます。 コニファーを育てたい! あのモコモコした葉に顔を埋めたい! どうすれば良いんだぁ〜! …

  • ダイソーの針金で盆栽に

    皆さんどうも。 鹿屋野 鴎(かやの かもめ)です。今回は針金掛けの記録です。 別に面白くは無いので興味のない人は閉じましょう。今回の主役はこの子。 「プリペット・レモンアンドライム 」です。 まず名前が可愛いですよね。 プリキュアとかに出てきそう。少し寒さに弱く、冬場は落葉することが多いようですが、この子はイボタノキの仲間です。地植えにして放置すれば、大地を切り裂き、海を枯らします。 だから盆栽として育てるには小まめな手入れが欠かせません。 というわけで、今回は針金で樹形を整えるわけですが、プリペットの枝は細く弱いんです。そこで良さそうな物を買ってきました。カラーコーティングのワイヤーです。近…

  • 欲望のままに種を蒔く

    皆さんどうも。 鹿屋野 鴎(かやの かもめ)です。皆さんは秋の樹木といえば、何を思い出しますか?モミジ? イチョウ? それともサザンカでしょうか。 うるせえ!! マンリョウに決まってるだろ!! ということで今回はマンリョウの実生に挑戦します。 挑戦といってもマンリョウの実生はとても簡単で、 ほぼ誰でも成功するとのこと。もし僕が失敗したら全力で笑ってやってください。 全力で泣きますので。 まずはマンリョウの実が無いと始まらないぜ! まだ熟していない実もありますが、しっかりと核が出来上がっているようなので大丈夫でしょう!はい。祖父の家から採取してきました。 あまり沢山蒔いても後で困るので、 とりあ…

  • 挿し木ツバキを盆栽に

    皆さんどうも。 鹿屋野 鴎(かやの かもめ)です。今回ご紹介するのはこの子。挿し木のツバキです。親株は祖母が種から育てた株です。実生株ですが、ヤブツバキの実生なので変わった花は咲かないと思います。挿し木から約2ヶ月が経ちました。 しっかり発根したようで安定しています。葉芽も少しずつ大きくなっています。本当はもう少し安定してから針金を掛けようと思っていたのですが、結構堅いので今のうちに曲を付けることにしました。枝数を増やしたいので、この葉の付け根にある芽を伸ばそうと思います。うまく曲付けすれば頂芽優勢によって伸びるはずです。今回は根の状態も確認したかったので、植え替えと並行して行うことにします。…

  • コニファー盆栽、良い感じになる。

    皆さんどうも。 鹿屋野 鴎(かやの かもめ)です。突然ですが、この子のことを覚えていますか?偽クリスマスツリー、 「コニファー・ゴールドクレスト」です。約2ヶ月前にお迎えして、剪定と針金掛けを行いました。その時の記事はこちら⬇︎になります。 「ゴールドクレストを盆栽に - CRAZY植物記」まずは2ヶ月前の姿をご覧下さい。ガリッガリですね。 剪定した後に凄く後悔したのを覚えています。それから約2ヶ月。 果たしてどのくらい大きくなったのでしょうか!?そこそこ伸びてる〜!! 見比べると一目瞭然ですね。怖かったので肥料を与えていませんでしたが、思っていたより大きくなりました。芽摘みにより枝数も増えて…

  • 初心者、無謀にも盆栽に挑戦。

    皆さんどうも。 鹿屋野 鴎(かやの かもめ)です。お元気ですか?僕は疲れました。 そんな僕にご褒美として苗木をプレゼント! (別に何もしていませんが)みんな大好きゴシキヒイラギです。 その名のとおり、葉が複雑に色づく品種になります。西洋ヒイラギとして扱われる事が多いのですが、 ゴシキヒイラギはモクセイ科です。 西洋ヒイラギ(クリスマスホーリー)はモチノキ科。 覚えておくと便利です(何が?)今回はこの子を盆栽にします。まずは根元付近の混んだ枝葉を取り除きます。手に刺さると痛いです。 アドバイスとしては「気にしないこと」ですね。 手袋をする方もいますが、素手が一番だと思います。ちょっとスッキリしま…

  • レシピ無し!恐怖のかぼすゼリー作り!

    皆さんどうも。 鹿屋野 鴎(かやの かもめ)です。 しばらく更新出来ていなかったのですが、 皆さんから「鴎さん大丈夫ですか!?」 「最近更新がありませんが、何かありましたか?」 などなど、 暖かいコメントが届きませんでした。(目から血) まあ、そんなことは置いといて... 知り合いから「かぼす」を一袋頂きました。可愛いですね。 時期的に「豊のミドリ」ですかねぇ? 大分の人間はかぼすを大量に喰らいます。しかし今回は食べきれないほど頂いたので、 4個程度使用して「かぼすゼリー」を作る!!しかもレシピを調べずに!感覚で! 完全感覚ドリーマー! スピード感溢れる、いい写真ですね。 転がして果汁を絞りや…

  • 無謀にも松の挿し木に挑戦

    皆さんどうも。 鹿屋野 鴎(かやの かもめ)です。今回は松の挿し木に挑戦しますよ。 お前には無理だとか言わずに見守って下さいね。 松の枝を貰いに行こう 祖父が松の剪定をすると聞いたので、 何も言わずに帰りに立ち寄ってきました。相変わらず可愛いですね。 剪定から数時間経っているそうなので急ぐよ!まずはこの剛毛をどうにかしないと。 類人猿じゃないんだから。葉からの蒸散量を減らすとか、 風通しを良くするとかで古葉取りを行いました。どうすか?スッキリしましたでしょ? 完全に別人です。 「老人だと思ってたら実はイケメン」 みたいなキュンキュンする展開ですね。 よく分からんけど。つーことで、全部の枝の古葉…

  • フォエチダが怖い(種蒔きをしました)

    どうも。 鹿屋野 鴎です。取り敢えずこちらの写真をご覧下さい。クワ科の塊根植物、 ドルステニア・フォエチダの花です。 花にポツンと乗っている茶色の粒が種になります。こいつらは種を周りに撒き散らかすので、 他の植物の鉢から発芽することがほとんど。 (育てた事のある人なら分かってくれるはず)初めて種を取れたので、 今回は種まきに挑戦してみようと思います。この顆粒タイプのいりこだしみたいなのが、 ドルステニア・フォエチダの種ですね。葉や茎を傷つけた際に出る樹液は、 ずっと鼻に残る臭さですが、種は無臭でした。それでは早速、種をばら撒いていきましょう! 今回使用するのはこちらの鉢です!どうぞ〜!はい。「…

  • 激かわミニ盆栽誕生!

    どもども。鹿屋野 鴎です。 切れてるチーズを食いながら記事を書いています。 それにしてもお久しぶりですね。 面倒臭さ8割・忙しさ2割という感じで、 ただ面倒臭かっただけのようです。スマンネ。とぃぅ〜ことで、今回は盆栽です。 少し前に「セ」から始まって「ア」で終わる、 某100円ショップでこんなものを見つけました。真っ黒の塊として写っていますが、 ミニ盆栽用の鉢なんだなこれが。 他にも角鉢や丸鉢がありました。 皆さんは買い占めましょう。私は1つで十分です。んでまぁ、買ったら使うのが世の情け。 諸行無常の響き有り。室内で育てることにしました。 そのため、こちらの樹種をセレクト。ガジュマルですね。 …

  • ハイビスカスの追肥の時期は葉で分かる?

    皆さんどうも。 鹿屋野 鴎(かやの かもめ)です。とりあえず、この写真をご覧下さい。はい。みんな大好きハイビスカスですね。 知り合いおばちゃんから頂いた株になります。おばちゃんが「1本だけでも着けばいいなぁ」と、 小さな鉢に4本挿し木したらまさかの全て発根。困ったおばちゃんは、 「アイツのとこに持ってけばなんとかなるやろ」 ということで、僕の所へ持ってきたのでした。僕もやっとコツを掴んできたようで、ここ2ヶ月程で2倍以上に成長しました。やったね。ということで、今回はハイビスカス栽培のちょっとしたコツを書きたいと思います。参考になれば嬉しいのですが。「そんなこと知ってるよぉ!」って方は鼻で笑って…

  • 発狂してヒガンバナ

    毎日やらなければならない事ばかり。作業をしてもダラダラしても1日は24時間。寝れば一瞬で数時間が過ぎてしまう。や゛っ゛て゛ら゛ん゛ね゛え゛な゛あ゛!!発狂した私は、カメラ片手に全速力で外の世界へと飛び立ったのでした。 うわ゛ぁぁぁぁ!!!すいません。また発狂してしまいました。それにしても綺麗過ぎやしないか?美しい風景に、自然と心が洗われます。私の薄汚い心も輝きを取り戻していきます。「ああ、ここが極楽浄土か...。」ヒガンバナは三倍体なので種をつけないはずですが、何の為にこれほど美しい花を咲かせるのか。これもまた世の中の不思議。世界不思議発見!スーパーひとし君人形。なんかこの、雄しべっぽいピョロ…

  • CRAGY植物記が変わる(より変な方向に)

    皆さんどうも。 鹿屋野 鴎(かやの かもめ)です。更新頻度が極端に低いことで有名な当ブログですが、それには深い訳があります。ブログに書くようなネタが無いのです。 動物と違って植物は動きません。 毎日のように記事にする事が無いのです。 「今日は水を遣りました!」とか 「昨日に比べて5ミリ伸びました!」などと書いても面白くないんです。どうすれば、良いネタが無くても面白いブログを書けるのだろうか...。そう考えながら部屋の掃除をしていると、 こんな物を見つけました。オバケっぽいお面です。 どこで何のために買ったのかは思い出せません。ですが、見つけた瞬間にピンときました。 This is the an…

  • アネモネの挑戦

    皆さんどうも。 鹿屋野 鴎(かやの かもめ)です。 アネモネって可愛いよな!!!!!! っとまあ少々強引な感じになってしまいましたが、今回の主役は「アネモネ」です。先月の26日にアネモネの球根を購入しました。通常は涼しくなってから植え付けを行うのですが、出来るだけ早く種を取って、F1を育てたい!という完全に私的な理由から、先月の27日に準備を始めました。急激に水を吸わせてしまうと腐敗する危険性が高くなってしまうので、一般的に「吸水処理」と呼ばれる作業を行います。名前だけ聞くと難しそうですが、「土の上に転がして水をやる」だけです。そして、その吸水処理を1週間ほど行いました。見事に膨らみました。 …

  • ジャックと変人と豆の木

    皆さんどうも。 鹿屋野 鴎(かやの かもめ)です。ある植物の種を頂いたので、本日はそれについて記事を書こうと思います。その植物がこちら。何の種か分かりますか? 正解は「フジ」の種です(正確には鞘)。マメ科の植物なので、見た目は大きめの枝豆ですね。表面は細かな毛に覆われていて硬いです。触り心地的にはシルバニアファミリーの人形が1番近いのかなぁ。本当は乾燥してから種を取るんだけど、ワクワクして堪らないから1本だけ開けてみようと思います。 皮がむっちゃ硬い 見た目が「細長い枝豆」って感じだから、パカッて割れるんじゃないかと思ったら大間違い。ゴリッゴリに硬いです。(乾燥したらパカッと割れます)鞘の上部…

  • シンゴニウム、一年の記録

    皆さんどうも。 鹿屋野 鴎(かやの かもめ)です。昨年の9月25日にお迎えしたシンゴニウムの兄弟。仲良く一緒に暮らしていましたが、台風の影響により鉢が吹き飛ばされ、兄(右の株)が他界してしまいました。すべて私の責任です。 そして、1人取り残された弟のシンゴニウムは、ストレスにより葉を落とし、みるみるうちに弱っていきました。お兄ちゃんとの別れが余程辛かったのでしょうね。(もしくは私の育て方が悪かった)今年の3月に撮った写真です。お迎え当時に比べ、随分と小さくなってしまいました。「これではいけない」と思った私は、植え替えを行い、「真吾」という名前を付けて可愛がることにしたのでした。 そして6ヶ月経…

  • ゴールドクレストを盆栽に

    皆さんどうも。 鹿屋野 鴎(かやの かもめ)です。今回はタイトルのとおり、コニファー・ゴールドクレストを盆栽に仕立てるぞ!「スギと同じヒノキ科だから盆栽にできる!」という謎の自信を胸に、挑戦していきたいと思います。というわけでお迎えしてきました。「コニファー・ゴールドクレスト」です。ネットで「ゴールドクレスト 盆栽」と検索したところ、 枝が分岐しにくいので樹形が作りづらく、 盆栽にはあまりオススメしない樹種である。 的なことが書かれていました。ですが皆様ご安心下さい。この「ゴールドクレスト盆栽計画」は、半年前から練り続けていたものなので、その辺の対策はしっかりと考えています。それは遺伝的に枝が…

  • 落雁を液肥にする

    皆さんどうも。 鹿屋野 鴎(かやの かもめ)です。突然ですが、こちらをご覧ください。お盆によく見かける落雁(らくがん)です。我が家では、認知症の祖母が見事なボケっぷりを発揮し、お盆の間に1日1パックずつ落雁を買ってきたため、計4パックが仏壇の前に積まれることになりました。皆さんもご存知の通り、落雁は砂糖の塊です。いくら甘い物が好きな僕でも、ポコチンから砂糖水が出るような事態は避けたいものです。ということで、食べる以外のことで使い道はないのかと考えたところ、液肥として使ってみようということになりました。まずは悪い成分が入っていないか調べてみます。 なんのこっちゃ分かりません。なのでネットで調べま…

  • サボテン群生株計画

    皆さんどうも。 鹿屋野 鴎(かやの かもめ)です。今回の主役は、サボテンの銀手毬(ぎんてまり)です。可哀想なことに「駄物」なんて呼ばれる事の多いサボテンちゃんになります。昨年の春に銀手毬を1株お迎えしたのですが、今月の8日、無事に子株(第3世代)を取ることができました。つまり、お迎えした株の孫になります。可愛いですよねそうですよね。でもちょっと徒長気味。親株が私に内緒で、室外機の排水を吸っていたようです。悪い子め!一年ほど育ててきたので、この子達の性質や育て方が少しだけ分かってきました。それじゃあ、そろそろ本気出そうかな(ドヤ顔)上手な方が育てると、それはもう違う種類の植物?っていうくらい美し…

  • 挿し木マスターへの道

    2ヶ月前、難しいと言われている「枝垂れ梅」の挿し木に成功した私は、目に入った植物を片っ端から挿し木するマシーンへと化したのでした。 挿し木と園芸は、切っても切れない関係です。昔の人はこのような言葉を残しています。 挿し木を制す者は園芸を制す。 - エンゲイヲセ・イスモーノ(1813〜) ということで、私は挿し木の成功率100%を目指すべく、修行を始めました。 庭木三銃士に挑む 今回は、庭木三銃士の「ヒイラギ」「タマツゲ」「サツキ」に挑戦します。 ヒイラギ(Osmanthus heterophyllus) モクセイ科モクセイ属の常緑小高木。葉にトゲがあり、刺さるとすっげえ痛い。血が出ないギリギリ…

  • 今週の反省会!

    皆さんどうも。 鹿屋野 鴎(かやの かもめ)です。 今回は「今週の反省会!」ということで、8月6日〜8月12日の期間に書いた記事をまとめようと思います。決してネタが無いわけじゃないんだからね!それではどうぞ! 「高山植物と自己中心的な男」(8/6) 【高山植物と自己中心的な男 - CRAZY植物記】初めて常体(だ・である)で書いた記事です。「デ」から始まって「Z」で終わる、某ウェブサイト様のまねごとです。私としては、ものすごく書きやすかったのですが、なんとなく上から目線な感じになっちゃうので、これからは敬体(です・ます)で書いていきます。 「涼景眺脳騙法で夏を乗り切る」(8/9) 【涼景眺脳騙…

カテゴリー一覧
商用