searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE
ブログタイトル
マレーシア留学!かとけいの日本語力向上ブログ
ブログURL
http://kato-kl.hatenablog.com/
ブログ紹介文
マレーシアのマラヤ大学に留学しているトビタテ生ブログ。留学、英語学習など雑多に書いています。
更新頻度(1年)

1回 / 365日(平均0.0回/週)

ブログ村参加:2017/03/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、かとけいさんの読者になりませんか?

ハンドル名
かとけいさん
ブログタイトル
マレーシア留学!かとけいの日本語力向上ブログ
更新頻度
1回 / 365日(平均0.0回/週)
読者になる
マレーシア留学!かとけいの日本語力向上ブログ

かとけいさんの新着記事

1件〜30件

  • 【かとけい的妄言】社会人1年目で意識したい3つのこと

    こんにちは、山の上大学『元』研究室住人のかとけいです。 ブログ丸々1年半くらいおやすみしておりました…。 理由はいろいろとあるのですが、就活・インターン・学内/学外活動にエネルギーを割きすぎてなかなかブログにエネルギーを割けなくなっていました…。 この1年半の出来事の棚卸(反省)についてはまた後日ブログで書くことにして、 復帰1回目としては、「社会人1年目で意識したい3つのこと」というテーマでお送りしたいと思います。 学生と社会人の狭間で まずこのテーマを語るにあたって、「社会人って何だろう?」というところから始めなければなりません。実はこの「社会人に必要な要素」みたいなテーマは就活生ならおな…

  • 東京に来て、「就活に正解はない」なんて当たり前のことに気づいた話。

    現代のホモサピこと、かとけいです。 いま、東京にきています。 インターンシップしてました。 インターンの感想を一言でいうと、「モヤモヤした。」 東京は「個性的」な人がいっぱい インターンシップ、苦戦してます。嘆いてます。 何が「正解」で、何が「間違い」か まとめ

  • コンプレックスで悩むすべてのひとへ。

    毎度おなじみ現代のホモサピエンスことかとけいです。 本日はいつもとは違う、少し深―――いテーマでお送りしたいと思います。 今日は何か身体的・精神的なコンプレックスを抱える人たちとシェアしたいことがあります。 「ぼくの、わたしのコンプレックス。」 皆さん、人には言えないコンプレックスってありますか??? ・・・僕にはあります。それはずばり「薄毛」です。笑 弱冠22才にして、貫禄のハゲっぷりです。ハゲ、圧倒的ハゲです。 自分がハゲてきていることに気づいたのは高校生1年生のときでした。 何故だかわかりませんが、日に日に髪の毛の量が減っていったのでした。 もちろん当時はそれがショックで仕方がなく、自分…

  • 「マズローの5段階欲求説」で就活の目線が変わる話。

    皆さん、こんにちは。現代のホモサピエンスことかとけいです。 だいぶ間があいての更新になってしまいました。 最近はおかげさまで、長期・短期インターンシップの面接、トビタテ報告会の準備、就活に向けた情報収集など忙しくさせていただいております。 これからしばらく就活に関連したことを発信していきたいと思います! とはいえ、私の性格上、結局学問チック(『衒学的』(げんがくてき)っていうらしいよ!)になるかもしれませんが、その辺はご了承ください。 就活準備期のホモサピエンスは、考えた。 何のために働くの?? 「何のために働くか?」改めて考えてみる。 お金をもらうため「だけ」の手段として働く?…

  • ホモサピエンス日誌。はじまる:日本に帰ったら、モーレツに本を読みたい。

    どうもマレーシアからこんにちは改めまして、現代のホモサピエンスことかとけいです。久々にブログ書き始めようと思います。 マレーシアから帰ってきてはや2週間が経とうとしております。いやはやほんと時間が経つの速い。光陰矢のごとしやら何とやら。 「そろそろブログ再開させようかな・・・」なんて思ったものはいいものの、一体どんなテーマで始めればいいのかさっぱりわからない。うーん、エンタメ情報、就活、書評・・・。いろいろあるけど、初回にふさわしいのってなんだろうと。 最後の留学ブログのエントリーを書き上げたのは飛行機の中でしたが、空港に着くころにはすでに次のブログのネタを考えてました。そんな妄想にふけってい…

  • 留学回顧録: 意識高い系であれ。ホモサピエンスであれ。

    毎度おなじみマレーシアからかとけい、といいたいところですが、私かとけいすでに飛行機の中でこのブログを書いております。(なので今日は画像挿入できないかも) ついに、ついにこの時がやってきました。マレーシアに飛び立ってからはや9ヶ月ついに日本への帰国となりました。 今は心の中に色々な感情が渦巻いていてます。マレーシアから離れることへの寂しさ、日本での生活が始まることへの期待、迫ってきたインターンシップ、そして就職活動への不安。今の感情を一言では表せません。混沌です。 自分がブログを続けてきたのはなぜ…? 留学で得られたモノ。 意識高い系であれ。ホモサピエンスであれ。 自分がブログを続けてきたのはな…

  • マレーシア留学 総括③ 辛い時こそ。

    毎度おなじみマレーシアからかとけいです。 今回は前回のエントリーとうってかわって、留学中に感じた(というか今も感じるときもある)苦しかったり辛かったことなど内面的なことを書きたいと思います。 弱くて、脆い自分をさらけ出してみる。 気合い十分で乗り込んだマレーシア。だけど・・・ ルームメイトに言われてしまった一言。 苦しさから抜け出すために・・・。 苦労は勝手でもしろ、は本当。 今「苦しい、辛い」と思っているすべての人へ。

  • マレーシア留学 総括② 英語力の変化(その2)TOEICの点数で見る英語力

    毎度おなじみマレーシアからかとけいです! さてさて前回のエントリーでは「マレーシア留学 総括」と称してまずは留学でどのくらい英語力が伸びたかについて書く・・・予定でしたが、「英語力とは何ぞや」の話に終始してしまい本題に入れませんでした。笑 てなわけで今回は前回に引き続き「自分の英語力の伸び」について紹介したいと思います。 TOEICの点数、何点とれた??? TOEICの結果を受けて・・・ 自己分析と、対策と、考察。 <自己分析> <今後の対策> <「英語力」と「TOEICの関連性」についての考察> 今回のまとめ:「TOEIC」と留学で培われる「英語力」

  • マレーシア留学 総括① 英語力はどうなった?(その1)

    マレーシアからこんにちは、毎度おなじみかとけいです。 ここ1カ月ほどブログを更新できず、ごめんなさい・・・ 実はここ1カ月はレポート提出やレポートに追われ、なかなかまとまった休みが取れずにいました。そんなことで地獄のテスト週間が終わり、ふと振り返ってみると、「あれ、もう帰国まで1週間しかないやん!!」と。 これはこれまでの振り返りをせずにはいられない、ということで今回からは「マレーシア留学 総括」と称して、これまでの10カ月の留学生活を振り返ってみようと思います! 総括編第一回目のテーマはずばり、「英語力」!!留学に興味を持っている皆さんにとっては「留学するとどのくらい英語力が伸びるのか」とい…

  • 『何者』かにならなくてもいい。何者でもない「自分」を模索し続けていきたいと思う話。

    マレーシアからこんにちは、かとけいです。 早いものでマレーシア留学も残すところ1カ月になってしまいました。 と同時に、僕たち留学生にも「就活」という魔物が迫り来ているのを実感しています。 今日はそんな悩める日々の中で感じた『何者』にもならない、「自分」になることの大切さについて書いてみようと思います。 「何者か」になることを模索する日々。 他人も自分にはなれないし、自分も他人にはなれない。 やりたいからやる。それが自分に向いていると思うからやる。

  • 日本人同士で英語で会話することは果たしてダメなことなのか。

    マレーシアからこんにちは、かとけいです。 留学生の人ならだれでも悩みを抱える部分ではあることの一つ、「日本人同士で英語で話すことはダメなのか」ということについて今日は思うところを書いてみたいと思います。 日本人同士で英語で会話することの効用 なぜ日本人同士で英語を話すことを嫌がるのか ①「日本人なら日本語で話したほうが便利」 ②他の日本人の英語に対しての厳しい目線 ③一部の英語を話すのがとてつもなく上手い日本人が「英語ができる人」のモデルになっている 日本人同士の英会話で「英語恐怖症」に陥ってしまわないためには。 日本人同士で英語で会話することの効用 結論から言えば、僕は日本人同士であっても英…

  • アメリカ英語、イギリス英語だけが英語じゃない! オーストラリア英語ってどんな感じ?

    マレーシアからこんにちは、かとけいです。 私事ですが、先日オーストラリアのシドニーに行って参りました。 景色や食べ物もさることながら、僕が関心を持ったのはオーストラリアの人々が話す「オーストラリア英語」です。 今回は、メジャーな「アメリカ英語」「イギリス英語」にとって代わる「オーストラリア英語」の魅力をわかりやすくお伝えしたいと思います! オーストラリア英語は訛りが強い!? シドニーの国際空港に着いて、空港の職員さんの英語に耳を澄ませてみると、いつもとは少し違う聞きなれない英語が聞こえてきました。 「確かにこれは英語だけど、アメリカ英語みたいにrが強く発音されるわけでもなければ、イギリス英語み…

  • とある交換留学生の日常。 ~留学生のスケジュールはどうなっているか?~

    マレーシアからこんにちは、かとけいです。 留学を今後に控えている学生や留学したいと思っている人、「留学生ってどんな風に一日を過ごしているの?」と疑問に思ったことありませんか? 今回はマレーシアに派遣留学にきて半年になるへっぽこブロガーがその疑問にお答えします。 マレーシア留学生の日常 まずはざっくり平日のスケジュールを書いてみます。 睡眠(25:30-8:30): 僕は基本夜型なので、夜遅く寝て朝遅く起きます。笑 朝食・移動(9:00-10:00): 起きる時間は日によってまちまちですが、だいたい授業が10時くらいにあるので、その1時間~1時間30分前には起きて、学校に行く支度や朝食を食べたり…

  • 文章を見れば、その人の人となりが見えてくると思う話。

    マレーシアからこんにちは、かとけいです。 前回の国際関係論についての記事の続きを書こうかと思ったのですが、それはひとまず置いといて、今日は「文章とその人の性格」について思っているところを書いてみようと思います。 ブログを書き始めて感じた「ありのままの自分」。 留学に来る前の8月からこのブログを書き始めて、はや50記事に到達しそうというところまできました。ブログを一から読み返してみると、はじめの方の文章と今書いている文章では全然書いているテーマも違えば書き方も少し変わってきているのかなと思います。それに初期の方は結構何が言いたいのか自分でもよくわからない記事が何個かあります。笑 正直変にカッコつ…

  • 「ドラえもん」でわかる「国際関係論」その① リアリズム編

    こんにちは、マレーシアからかとけいです。 怒涛のプレゼン地獄が終わり、今度はエッセイ執筆が始まりました。 といっても今回は1000words程度のエッセイが2つなので、ゆっくりじっくりやっていこうかなと。 2つともエッセイのテーマは「国際政治」についてなのですが、ただ授業で習ったことを書くだけじゃつまらないので、別の授業で学んだ「国際関係論」の理論を絡めながら書いていこうかなと思っております。 そういえばちょいちょいブログで僕のこちらの大学の(一応)専門の「国際関係論」について話をしますが、ほとんどの方にとってはあまりの馴染みのない学問領域かもしれません。ということでまだこっちの大学に来て1年…

  • それでも僕は、勉強がしたい。

    マレーシアからこんにちは、かとけいです。 ここ1カ月は毎週のようにプレゼンがあってなかなか忙しいですが、不思議なことに僕はこういった勉強を嫌いになれないでいます。いやむしろ好きなのかも。 僕も来年の今頃には就職活動の真っただ中にいると思うのですが、今こうしてマレーシアで感じている「もっと知りたい」「もっと突き詰めたい」という思いを忘れずにこれからも頑張っていきたいと感じています。 勉強はやればやるほど面白くなる。 ここマレーシアに留学するようになってから、日本にいたときとは比べ物にならないくらい勉強をするようになりました。もちろんここでいう「勉強」とは足りない英語力を何とか補うための「語学勉強…

  • プレゼンは「詰め込む」のではなくて「省く」もの。

    最近授業関連で立て続けにプレゼンがあり、その中でいろいろとフィードバックをもらう機会があった。 中でも最も大切な教訓は「プレゼンはいかにシンプルに作れるかどうかが勝負」ということだった。 プレゼンは情報を「詰め込む」ものという思い込み。 ちょうどこの前にしたプレゼンのテーマは「Conflict Analysis (対立分析)における学際性(=研究領域が複数にまたがっていること)」についてだった。紛争分析は国際関係論における一つの学問領域で、世界中で起こる衝突(紛争、戦争、民族対立など)における勢力同士の対立の構図について分析したり、いかにその闘争を防止できるかについて分析するものである。その紛…

  • 「きつかったけど、楽しかった留学」と語り継がれていく留学神話。

    マレーシアからこんにちは、かとけいです。 セメスターが始まり、一カ月が経とうとしているが、いよいよ帰国までのカウントダウンも始まった。ホントにこの5カ月あっという間に過ぎ去った。 そんな中、帰ってから「留学どうだった?」と聞かれて、何と答えようなんて早すぎる心配をし始めた。 「留学どうだった?」と感想を聞かれて多くの人は何と答えるのだろう? で思いついたのが「きつかったけど、楽しかった留学☆」っていうテンプレ回答。 ほとんどの留学生がこう答えるのには留学の一般的なイメージが関係していると思う。 「留学して、英語がペラペラになって、異文化体験で価値観が大きく変わって、充実した海外生活を送る」なん…

  • SNSでは見られない、その人の『裏の顔』を覗きみたい。

    お久しぶりです、マレーシアからこんにちは。毎度おなじみかとけいです。 そろそろセメスターブレイクも終わりに近づき、新しい学期が始まろうとしています。 最近はもっぱら家にこもって海外ドラマを食い入るように見入っています。笑 引きこもりがちなせいか、ちょっと日中にお天道様の下に行くと眩暈がするという笑えないことになっていますので、そろそろ本気で外に出ないとまずいと思っております。 まあそんなことは置いといて、今日はちょっとディープというか、ともすれば自分の性格の悪さがにじみ出てしまいそうなテーマ、「SNSで教えてくれない『裏の顔』」について書こうかなと。 あくまで「発信」するツールでしかないSNS…

  • 文系学問の有用性について。part2

    マレーシアからこんにちは。 今回は前回に引き続き、文系の有用性について思うところを書いてみようと思います。 すべての土台は文系にあり。 文系不要論の根底には「文系ー理系」という二項対立軸があり、理系との比較なしに文系の有用性を語ることはできない。つまりはこの文系不要論の中では「理系は有用性があるけど、文系は理系と比較して有用性がない」という前提がある。ここでの「有用性」とは「実用性」と言い換えることができる。 実用性。その学問が果たして社会の役に立つのかどうか。その知識が直接的な形で自分たちに利益をもたらすかどうか。理系であれば、医学の知識は人の病を治すのに役立つし、機械工学であればものを作り…

  • 文系学問の有用性について。part1

    マレーシアからこんにちは。かとけいです! 今はお隣のタイに来ておりバカンスを満喫中です。また旅行が終わり思考の整理ができ次第、タイの記事を書こうと思います。 今日は高校の後輩とlineしていて話題にのぼった"文系学問の有用性"というマジメなテーマで思うところを少し。 広がる文系学問不要論。 "文系の学問なんて社会に出て役に立たない。" 最近そんな声が良く聞かれるようになった。実際文系の学問を専攻している誰もがこの疑問を一度は抱き、自分の学んでいることが将来役に立つのかと不安になった経験があるのではないだろうか。 企業はそんな僕たちを待ってはくれない。死ぬまで哲学しても答えが出なさそうな"何のた…

  • 前期セメスターを振り返って

    マレーシアからこんにちは、かとけいです。新年明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。ブログも2017年はより精力的に更新していこうと思います。 今回は2016年の振り返りということで、留学直前と留学渡航前半についての反省を書きます。かなり主観的な感じで いやーそれにしても2016年めちゃくちゃ早かった。こうやって留学もあっという間に終わっていくのだ思うと、毎日を大切に生きないと、と切に思います。 それでは激動の2016年振りかえってみましょう。 2016年前半: "動く"を目標に。 2016年前半はとにかく今までやったことのないことにひたすらチャレンジしてみました。 …

  • マラヤ大学での授業を辛口レビューしてみる。

    マレーシアからこんにちは。かとけいです。 マレーシアで留学と言ってもなかなかイメージがつきにくいと思うのですが、特に授業とかはどんな感じなのかといった情報が少ないような気がします。 そこで今日は僕がマレーシアで前記取った授業について辛口レビューをしてみたいと思います。 まずは取った授業一覧。 外交政策分析 Foreign Policy Analysis 人権と国際政治 Human Right and International Politics 広告学 Advertising 文化観光学 Cultural Tourism こんな感じです。授業は一コマあたり2時間でそれに加えてチュートリアルが一…

  • 2016年留学前半を振り返る。

    マレーシアからこんにちは、かとけいです。あけましておめでとうございます。 今年も何卒よろしくお願いします! 2017年一発目の記事は2016年の振り返りと2017年の目標について書きたいと思います。 ひたすら自分と戦った2016年。 2016年を一言で表すと「模索」の一年でした。とにかく色々なことに手を出しました。 留学渡航以前にはトビタテ留学JAPANに応募したり、授業のTAをしたり、サークルで外部の方向けにプレゼン発表をしたり。 留学が始まってすぐはトラブル続きでした。留学して1ヶ月でビザを取りに日本に戻ることになり、授業の教室がどこか全くわからず迷いまくったり。しかも気づけばフィリピンの…

  • 英語レポートを短時間で質のいいものにするためのコツを考えてみる

    マレーシアからこんにちは、かとけいです。前回お伝えした通り、やっと地獄の英語レポート三昧が終わりました。 結局全部で15000words近く書くことになり、しかもそれを2週間で仕上げなければならないという超修羅場。あーこうしとけばよかったなぁという後悔も含め、今回は何点かレポートを書く上でのコツを見つけたので今回はそれを紹介します ①精巧なプロットを作る プロットはいわばレポートを書く上での「設計図」みたいなものです。このレポートの設計がレポート作成の7割くらいを占めていると言っても過言ではありません。 プロットを作る手順としては以下の通り。 ①まずはgoogleでキーワードを検索して、全体を…

  • 「君の名は。」を今更ながら分析してみたよ①

    (かなりの「君の名は。」のネタバレ含みますのでご注意ください笑) やっと、やっと「君の名は。」を見てきました。笑 今更かよ、って感じですが、マレーシアでの公開は12月初旬からということだったので、早速レポートが終わるや否や見てきました。 感想・・・ めっちゃ面白い!!!! 面白すぎて2回見に行ってしまいました。正直一回目では感情描写などの点で理解しきれないところが多かったので2回見に行って正解でした。 2回目はほかの人に泣いてるのを見られたくないという理由で、一人映画 at Malaysia キメてきました。両隣の見知らぬマレーシア人たちと3人で号泣するっていう。笑 実際に涙を流しているかはそ…

  • 留学から帰ったらもっと謙虚に生きようと思った話。

    どうもマレーシアからかとけいです。 最近はレポートとプレゼンに追われている毎日でございます。 気づいたら留学して3カ月が経つということで、光陰矢の如し、時間が経つのはほんとあっという間だと感じております。 クリスマスも近づきにつれ、日本の寒いクリスマスが恋しくなって来る頃で、ちょっと日本に帰りたい欲が出てきたり。 ということで今日はそんな日本に思いを馳せながら、「帰国したらこんな風になりたい」という妄想をしてみます。(まだまだ帰国日までは遠いけど笑)

  • コミュ障の、コミュ障による、コミュ障のための英語コミュニケーション術10選

    毎度おなじみマレーシアからかとけいです。 突然ですが、みなさん自分のこと「コミュ障」だと思っていませんか? 僕は自他ともに認める立派なコミュ障でございます。笑 コミュ障というと少し誤解があるかもしれませんが、外に出て行動することより部屋で何かして過ごすほうが好きという「内向的人間」であることは間違いありません。 とはいっても、こうしてマレーシアに留学にきている以上、「外に出て」の「コミュニケーション」は必要不可欠。そうじゃないと英語力が全く上達しないし。でもやっぱり内心どこかでコミュニケーションを苦手意識を持っている、というのがコミュ障の最たる所以であります。 でももしかしたらこれって自分だけ…

  • マレーシア留学3カ月を振り返って・・・

    マレーシアからこんにちは。かとけいです。 早いものでもうマレーシアに渡航して3カ月が経過して、12月に入りました。 3カ月を振り返って思ったことを簡単に。

  • 「文系」「理系」の区別なんていらない説。

    マレーシアからかとけいです。 最近よく「留学した後は何になりたいの」って聞かれることが多いです。 で「まだ、そこまで明確には決まっていないけど、WEBとか編集に興味がある」といったその次のセリフは決まって「でも文系は専門的な知識とか実用的な技能がないから、日本では就職が難しいんだよね・・・」なんて言っている自分がいます。 完全に言い訳だな・・・といつも思うのですが、そもそも「文系」「理系」だから就職が云々、ってどうなんだろうなと思う今日この頃です。僕はこの「文系」「理系」という線引きで自分で自分を縛り付けているような気がしてなりません。

カテゴリー一覧
商用