プロフィールPROFILE

リョウスケさんのプロフィール

住所
大阪府
出身
大阪府

日本株で資産を増大しました。 さらなる高みを目指して米国株で資産を最大化します。

ブログタイトル
リョウスケが米国株で億万長者を目指す
ブログURL
http://www.longamerikastock.com/
ブログ紹介文
米国株で億万長者を目指します。 総資産6000万円 月間ブログPV数 30万です。
更新頻度(1年)

297回 / 339日(平均6.1回/週)

ブログ村参加:2017/03/21

リョウスケさんのプロフィール
読者になる

リョウスケさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(IN) 1,096位 1,155位 1,050位 1,011位 1,038位 1,072位 1,128位 978,313サイト
INポイント 70 210 320 470 290 390 290 2,040/週
OUTポイント 1,960 8,130 12,690 11,840 8,200 9,400 7,940 60,160/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 50位 54位 48位 46位 53位 53位 55位 13,667サイト
米国株 18位 19位 18位 18位 21位 20位 21位 960サイト
その他生活ブログ 262位 277位 255位 248位 255位 261位 265位 31,406サイト
家計管理・貯蓄 35位 35位 32位 31位 33位 33位 35位 2,234サイト
ライフスタイルブログ 279位 287位 268位 264位 271位 270位 275位 66,431サイト
セミリタイア生活 18位 18位 16位 15位 17位 16位 16位 1,066サイト
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 90位 91位 86位 89位 89位 85位 93位 978,313サイト
INポイント 70 210 320 470 290 390 290 2,040/週
OUTポイント 1,960 8,130 12,690 11,840 8,200 9,400 7,940 60,160/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 14位 14位 14位 13位 12位 13位 13位 13,667サイト
米国株 14位 14位 14位 13位 12位 13位 13位 960サイト
その他生活ブログ 107位 105位 98位 106位 106位 104位 108位 31,406サイト
家計管理・貯蓄 18位 18位 18位 19位 20位 20位 20位 2,234サイト
ライフスタイルブログ 101位 101位 101位 102位 103位 98位 102位 66,431サイト
セミリタイア生活 9位 9位 8位 10位 10位 9位 10位 1,066サイト
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,313サイト
INポイント 70 210 320 470 290 390 290 2,040/週
OUTポイント 1,960 8,130 12,690 11,840 8,200 9,400 7,940 60,160/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,667サイト
米国株 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 960サイト
その他生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 31,406サイト
家計管理・貯蓄 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,234サイト
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66,431サイト
セミリタイア生活 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,066サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、リョウスケさんの読者になりませんか?

ハンドル名
リョウスケさん
ブログタイトル
リョウスケが米国株で億万長者を目指す
更新頻度
297回 / 339日(平均6.1回/週)
読者になる
リョウスケが米国株で億万長者を目指す

リョウスケさんの新着記事

1件〜30件

  • 世界最大の重税国家「日本」で生き抜く方法とは・・・投資よりも大事なこと!

    こんにちわ、リョウスケです。 私達は会社に就職し仕事をすることで給料を貰っていますが、その所得の一部を「税金」として国に収め、「国」はその税収を使って国民に様々なサービスを提供しています。 ライフラインの整備、国防、医療、介護、年金など国民に提供する様々なサービスは税金から賄われていることから考えると、私たちの生活は税金の上に成り立っていると言っても過言ではありません。 そもそも、日本国憲法には「勤労の義務」「教育の義務」「納税の義務」の国民三大義務の一つとして数えられていますからね。私達はきちんと納税しなければいけません。 ただ、日本の「税率」は世界的に見ても非常に高いことはご存知でしょうか…

  • 株価は絶好調だが業績は悪い「エヌビディア」は近い将来大暴落か?!2020年3Q決算を考察

    こんにちわ、リョウスケです。 今回は画像処理半導体「GPU」の開発・販売をしている「NVIDIA(エヌビディア)」が2020年度第3・四半期決算(2019年8月~10月期)を発表しましたので、考察してみたいと思います。 エヌビディア(NVIDIA)の2020年度3Q決算を分析 今回のエヌビディアの決算は悪かったです。 以下は、今回発表された決算データの一部を抜粋したものです。 ◆NVIDIA 2020年3Q決算データ エヌビディアの今期の売上は30億1400万ドル(前年度比-5%)で減収となりました。また、アナリスト予想の29億2000万ドルを上回っています。 そして純利益は11億300万ド…

  • 悪口を言いまくった非正規社員の末路!そして聞き手だった正社員も大変なことに・・・

    こんにちわ、リョウスケです。 私達は生活をするために「収入」を得る必要がありますが、多くの人は企業に就職して仕事をすることで「収入」を得ていると思います。 この「仕事をする」というのは様々な人とかかわることになりますので、非常にストレスが溜まってしまいますよね。 上司には無理難題を押し付けられますし、お客さんには理不尽なことで叱責されることもありますし、後輩や部下は生意気だし、同僚とは競争しなければならず、ムカついたり、悲しんだり、ストレスが溜まることばかりです。 ストレスが溜まってしまうと、精神的な負担だけでなく、肉体的にも徐々に蝕れていきますので、このストレス社会を生き抜いていくためには…

  • 38歳女子「彼氏のお金で200万円の婚約指輪買ったら怒られた!貴方のお金をどう使おうが私の勝手!」

    こんにちわ、リョウスケです。 かつては、人が成人になれば「結婚」して子供を生み、家族と協力して生活をしていくのが一般的でした。しかし、近年では結婚をする人がどんどん減ってきているようです。 内閣府の統計によると、50歳時点での婚姻率は1970年で男性が3.3%、女性が1.7%となっていましたが、2015年には男性が23.4%、女性が14.1%に急上昇しています。 つまり、50歳の時点で男性の4.2人に1人、女性の7人に1人が結婚していないということになります。 また、これまで結婚といえば、20代から30代前半までに結婚することが一般的でしたが、近年は晩婚化が進んでいます。内閣府の統計によると、…

  • 「ウォルマート」とかいうアマゾンが台頭してもビクともしない会社!5年以上連続成長中(2020年3Q決算考察)

    こんにちわ、リョウスケです。 世界中に店舗を構えている小売業世界最大手の「ウォルマート・ストアーズ(WMT)」が2020年度第3・四半期決算(8月~10月期)を発表しましたので、考察してみたいと思います。 ウォルマート・ストアーズの2020年度3Q決算を考察 <sponsored link> // 結論から言いますと、今回の決算は良かったです。 以下は、今回、発表された決算データの一部を抜粋したものです。 ◆2020年3Q決算概要 今期のウォルマートの売上は、1280億ドルとなっており、前年度と比べると+.2.5%の増収となりました。また、アナリスト予想の1250億ドルを上回りました。 そし…

  • 高学歴の男性が孤独な貧困に陥った理由・・・安倍が悪い、家族が悪い、俺は何も悪くない!

    こんにちわ、リョウスケです。 人が社会で生きていくと、様々な基準で評価されることになりますが、最も安易で簡単に評価できる基準となるのが「学歴」です。 この日本でも有名大学・大学院を卒業している人の方が、大企業に就職することができ比較的高い年収を得ることができるようになります。 この学歴至上主義には、賛否両論がありますが、例えば会社に入社する際などは、人の中身まで簡単に判別できないことを考えると、良い学校を卒業したということは勉強をたくさんして知識がある、努力することができる、と判断されるのはある意味仕方がないことなのかもしれません。 ただ、良い学校を卒業して大きい会社に就職し高い年収をもらって…

  • 年金と生活保護はどっちの方が多くもらえるの!?世の中理不尽すぎてワロタ・・・

    こんにちわ、リョウスケです。 人が生きていく中で「悩み」や「不安」というものは、年齢とともに変わっていきますし、年齢が上がっていくほどその悩みは自分自身の将来や老後のことを考えるようになります。 私は現在40代半ばですが、私と同世代の方やそれ以上の年代の方は例えば、「親」のこと、「老後」のこと、「健康」のことや、「お金」のことなどで不安を感じたり、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 この中でも「老後」と「お金」に関する不安は特に大きいかもしれません。 私たちが老後を迎える頃には今よりもさらに「少子高齢化」が大きな課題になっているでしょうし、最悪の場合年金が思ったよりも貰えない可能性だって…

  • 【悲報】経理部の男、6億円横領してキャバ嬢に貢ぎ逮捕!なお女性はホストクラブ通いでご満悦

    こんにちわ、リョウスケです。 世の中には、様々な人間がいますが、大きく分けると、2種類に分けられます。 それが、「男」と「女」ですよね。 子供の頃は、性別に「差」があるとは思いませんでしたが、年齢が重なっていくと、明確な差が出てきます。 これは、肉体的な差もありますが、精神的な差もあり、この「差」があるからこそ、男女は惹かれあうんだと思います。 ところで、現代のように、様々なサービスが溢れていると、リアルに「恋愛」をしなくても、擬似的な恋愛が楽しめるようになりました。 例えば、「キャバクラ」ですね。お金を払って、女性と話をするというわけです。 ところが、この「キャバクラ」なんですけど、最近、需…

  • ETFを買うなら何が良い?!分配金利回りランキング50種を紹介

    こんにちわ、リョウスケです。 「株式投資」には様々な魅力がありますが、その一つが「配当金(ETFや投資信託は分配金)」を受領できることです。 銘柄によって年間で貰える回数や時期も異なりますが、定期的にお金が振込まれるのは給料が振込まれるのと同じく嬉しく感じる人も多いのではないでしょうか。 ただ、一方で「配当金(分配金)」は企業の利益を削って捻出するため、「意味がない。」「必要がない。」「無駄である。」と考える人も多く、投資家には賛否両論となっています。 ここからはあくまで私見ですが、私は企業の利益が労働者や株主、設備投資など何に還元するのか分からないし、不確実性の高い世の中で定期的に配当金を…

  • 宝くじで6億円当選させた男の驚くべき生活!お金を使いまくっても資産が増える理由とは・・・

    こんにちわ、リョウスケです。 私たちが生活するために必要なもの、重視しなければいけないなものはたくさんあります。「家族」「健康」「友情」などは凄く大事にしなければいけませんし、あと「お金」もすごく大事ですよね。 古来よりこの日本では「お金」を求める者は卑しい者と蔑まれてきましたが、現実問題「お金」がなくては生活をすることすらできません。 もちろん「お金が全て」と言うほど、世の中を達観しているわけではありませんが、それでも私達が生きていくためには非常に大事なものであることは街がない事実です。 そして、私達がこの「お金」を手に入れる手っ取り早い方法は「働いて収入を得ること」です。多くの人が学校を卒…

  • ルックスだけで結婚相手を選んだ男の悲惨すぎる生活!妻子からバイキン扱い・・・

    こんにちわ、リョウスケです。 現在の日本は「少子高齢化」が進んでおり、若年層と高齢者層のバランスが崩れて社会保障制度の現状維持が困難になりつつありますし、労働者の減少から企業が生産性を低下させてしまい、国力の低下が懸念されています。 「少子高齢化」は様々な問題を併発させてしまう為、早急に解決策を見つけ出さなくてはいけませんが、この問題が30年以上前から懸念されていたにも関わらず、未だに解決の糸口さえ見つけることができていないことを考えると、おそらく今後も解決することは不可能なように感じますね。 ところでこの「少子高齢化」の原因は様々な「説」がありますが時代の変化とともに価値観の変遷や多様化が進…

  • 「株価が安いうちに仕込む」というやり方は個人投資家では不可能・・・ではどうする?

    こんにちわ、リョウスケです。 「株式投資」は歴史が長く、様々な投資の手法が確立されていますので、個人投資家でも銘柄選択の「根拠」が導きやすくなってきました。 近年は「日経平均株価」や「ダウ工業平均株価」「S&P500指数」といったインデックスと連動したETFや投資信託が人気があり、ゆっくりと資産を拡大できるものとして注目されています。 この他にも、ICT・ハイテク関連株などの将来性のある企業に投資する「グロース株投資」や、実際の価値よりも割安になっている企業に投資する「バリュー株投資」、景気の変動に関係なく収益をあげる企業に投資する「ディフェンシブ銘柄」への投資など様々な投資手法が確立されて…

  • 株で儲けるために最も重要なこととは・・・買う銘柄?買うタイミング?

    こんにちわ、リョウスケです。 現在の世界情勢は様々なリスク要因が有り、世界経済減速が懸念されていますが、株式市場を見てみますとまだまだ高値圏を維持し続けています。 日本の日経平均株価も非常に調子が良いですし、先日は米国の主要指数であるS&P500指数が過去最高値を更新し、株式投資をやっている投資家達の多くが利益を出せる状況になっています。 今後、この日本では少子高齢化や債務超過に深刻化すると予想されている中で、私達の生活は不透明感が増してきますので、「選択肢」を増やすためにも「資産形成」は非常に大事な時代となっています。 そのような時代の中で「株式投資」は資産形成をする有効な手段なのですが、…

  • 年収100万円でマクドナルドで寝泊りする男の悲惨な生活!ブラック企業だったから・・は言い訳に過ぎない

    こんにちわ、リョウスケです。 年収200万円以下の人を「ワーキングプア」と呼ばれ、貧しい生活を強いられていますが、こういった人々はアルバイトやパート、派遣社員として働いている「非正規労働者」が多いそうです。 総務省の統計によると、非正規労働者の収入で最も多いゾーンのが男性で年収100万~199万円(30.3%)、女性では100万円未満(45.%)となっており、次に多いのが、男性では100万円未満(27.6%)、女性では100万~199万円(39.5%)となっています。 つまり、「非正規労働者」の約6割が年収200万円以下の「非正規労働者」ということですね。 そして、こういった「非正規労働者」は…

  • S&P500指数が最高値を更新するも「債券」や「ゴールド」に投資していた俺氏の運用成績が酷い!(2019年10月ポートフォリオ)

    こんにちわ、リョウスケです。 今年も残り2ヶ月となりましたが、皆さんは今年も「悔い」はありませんか? 今年の前半は昨年に引き続き私が関わっているプロジェクトが忙しくて、週に一日の休みすら取れない状況に精神的にも肉体的にも辛かったですが、今年の中盤あたりから少しずつ落ち着いてきて、最近はのんびりとした毎日を過ごしています。 私は仕事そのものはそれほど嫌いではありませんが、やはり忙しかったり、トラブルが続くと、精神的な余裕も無くなりますし、そもそも私は管理職で「裁量労働制」という名のサービス残業をしなければならず、残業手当なんてありません。 ですので、いくら頑張っても給料が増えない状況に、「会社…

  • 【悲報】俺氏、超怖い上司に「コンパを開催せよ」と指示される!女性の前で公開説教か・・

    こんにちわ、リョウスケです。 私は今でこそ会社の管理職として働いていますが、今も昔も要領が悪いですし、物覚えも悪いですし、コミュニケーション能力も低く、お世辞にも「仕事ができる。」というタイプではありません。 ですので、若い頃はほぼ毎日上司や先輩に毎日怒られていました。 中でも当時の直属の上司であったAさんはとにかく怖かったです。 当時は「パワハラ」なんて言葉はありませんでしたので、怒鳴る、机やドアを叩く、人前で晒し上げるなんてことは当たり前で、毎日怒られることにムカつきながらも、ビクビクしながら仕事をしていたことを覚えています。 ただ、今にして思うと、Aさんに怒られながら指摘されていたこと…

  • 経営が苦しい銀行がついに「口座手数料」を導入か?預金するだけでお金を取られる時代へ!

    こんにちわ、リョウスケです。 多くのサラリーマンは会社から支給される給料は銀行に預けていると思いますが、この「銀行貯蓄」は「金庫」としての意味はありますが、金利はほぼゼロで預けたとしても利息はほとんどつかないことを考えると「資産形成」の意味はほとんどありません。 しかし、これからの衰退社会を生き抜くためには「お金を増やす」ということは非常に大事な事であるため、株式や債券、外貨、仮想通貨などに投資(投機)して「お金に働いてもらう。」ということは非常に大事です。 しかし、日本人は資産のほとんどを「銀行貯蓄」しているのが実情で、以下は日本銀行が公表した家計の金融資産構成を米国や欧米と比較したものです…

  • 女子「飲み会で1000円だけ徴収する男ダサすぎ(笑)」・・・俺氏、ダサい男過ぎてワロタ!

    こんにちわ、リョウスケです。 時代の変化とともに人々の「考え方」や「価値観」は変わってきています。私は人生を40年ほどしか生きていませんが、それでも私が子供の頃と現在とでは大きく変わってきているように感じます。 例えば、仕事に対する考え方にしても以前は就職すれば定年退職するまで一つの会社に在籍し続けるのが当たり前でしたが、現在は転職も当たり前となっています。 また、女性は結婚すると専業主婦として家庭に入るのが一般的でしたが、現在は結婚しても働くことが一般的となっています。 あと、彼女・彼氏とデートをする際、私が若い頃は男性側が女性のデート代を出すのが一般的でしたが、現在はそういうわけでもないよ…

  • 同じ服を何度も着ていたら女子供に爆笑される事態に・・・お金よりも大事な事ってあるよね!

    こんにちわ、リョウスケです。 日本は高度経済成長期を経て、世界有数の経済超大国に成長しましたが、バブル崩壊後低迷し続け、「失われた10年」と言われました。 そして、その後日本経済は停滞し続け「失われた20年」と言われることになり、このままいくと「失われた30年・・40年・・・50年」とどんどん増えて行きそうな勢いです。 まあ、実際はこの「失われた○年」の間も景気の良い期間はあり、例えば2012年以降の第二次安倍政権発足後は株価も跳ね上がり、企業も歴代最高益を記録する企業も多くありましたが、それでも足元の実際に働いている労働者の給料はそれほど上がっていないためか、今も日本人の多くは「不況」と感…

  • アップルが予想を上回る好決算で株価急伸!しかし私はこの銘柄に投資しない・・・その理由とは

    こんにちわ、リョウスケです。 今回はiPhoneの開発、販売を行っている「アップル(AAPL)」の2019年第4・四半期(7月~9月期) の決算を考察してみたいと思います。 アップル(AAPL)の2019年度4Q決算を分析 <sponsored link> // 今期のアップルの決算は良かったです。 まず、 売上を見ますと640億4000万ドルで前年度比+1.81%の増収となり、アナリスト予想の629億9000万ドルを上回りました。 そして純利益は136億8600万ドルで前年度比-3.1%の減益となりました。 また、1株当たりの利益は3.03ドルとなり、アナリスト予想の2.84ドルを上回りま…

  • 資産を1/3にした私が思う「資産形成」で絶対にやってはいけないこと・注意すべき事!

    こんにちわ、リョウスケです。 近年は仕事を頑張っても給料はほどんど上がらず、社会保険料や税金が増えて手取りの収入はどんどん減ってきて、多くの国民は生活が苦しいと訴えています。 特にこの15年間で配偶者特別控除の廃止、定率減税の廃止・縮小や2度の消費増税が行われましたし、社会保険料に関しては年々増えていきました。 その結果、仮に年収が同じであっても手取りの収入はどんどん減っていっていますし、もしも給料が増えて行ったとしても、こういった増税や社会保険料の増加によって相殺されています。 例えば、15年前に年収が700万円の人の給料がそのまま変わらなかったとすれば、手取り収入は50万円も減っており、月…

  • グーグルが予想を下回る決算発表で株価急落!コスト上昇が成長を止めるのか?(2019年3Q考察)

    こんにちわ、リョウスケです。 今回はグーグルやYoutubeを傘下に持つ世界最大手のICTサービス企業「アルファベット」の2019年第3・四半期(2019年7月から9月)の決算を考察したいと思います。 アルファベットの2019年度3Q決算を考察 <sponsored link> // 今回のアルファベットの決算内容はまちまちでした。 以下は、今回発表された決算データの一部を抜粋したものです。 2019年3Q(7月~9月期)の売上高は404億9900万ドルで前年度比+20.03%の増収となり、アナリスト予想の403億2500万ドルを上回りました。 そして、純利益は70億6800万ドルで前年度比-…

  • ボーイングが予想を下回る悪決算を発表したのに株価が上昇した理由(2019年3Q決算考察)

    こんにちわ、リョウスケです。 今回は、世界最大の航空機メーカー「ボーイング(BA)」の2019年度第3・四半期(2019年7月~9月)の決算を発表しましたので考察してみたいと思います。 ボーイング(BA)の2019年度3Q決算を分析してみる 今回の決算は非常に悪かったです。 以下は、決算データを画面キャプチャーしたものです。 ◆ボーイング決算レポート(2019年3Q) ボーイングの今期の「売上高」は前年度比-21%の199億8000万ドルとなりました。アナリスト予想の200億ドルを下回っています。 続いて、「純利益」は前年度比-53%減収の8億9500万ドルとなりました。 また、1株あたりの…

  • 脱税疑惑で大ピンチのチュートリアル徳井さんが芸能界引退しても生活できる方法

    こんにちわ、リョウスケです。 今年に入ってから「闇営業問題」などお笑い芸人に関連する暗い話題が多いですね。 先日も、チュートリアル徳井義実さんが設立した会社が、東京国税局から2011年から2018年までの7年間で約1億2000万円の所得隠しと申告漏れを指摘されていた、と報道され話題となっています。 徳井さんは、所属する吉本興業から支払われる「ギャラ」を本人が個人として設立した「株式会社チューリップ」を通して受け取っていましたが、2012年から2015年までの4年間で個人的な旅行や洋服代、アクセサリー代などを会社の経費として計上していたそうです。 東京国税局はこれを経費として認めず、約2000万…

  • 隣に住む美人大学生がめっちゃ浮気しててヤバイ!しかもアレの声がうるさい・・・

    こんにちわ、リョウスケです。 人が生きていくには、様々な人と関わることになる為、時にはトラブルに巻き込まれることもあります。 特に「住まい」にはお隣さんが住んでおり、本来はご近所同士仲良くしてお互いが助け合う事が理想ですが、中には大きなトラブルに発展するケースもあります。 ニュースなどを見ていても、凶悪な犯罪に発展するケースもありますので、ご近所同士で困ったときには助け合いながら仲良く過ごしていきたいものです。 ただ残念なことに、近隣住民の方とは生活が密接につながっている以上、不満を持ってしまうケースが多いようで、大手不動産業が20歳~50歳の男女400名に「近隣住民に不満はありますか?」と…

  • アマゾンが予想を下回る悪決算発表で株価下落・・・アマゾン帝国崩壊か!(2019年3Q決算考察)

    こんにちわ、リョウスケです。 今回はネット通販世界最大手の「アマゾン・ドット・コム(AMZN)」の2019年度第3・四半期(7月~9月期)の決算を考察したいと思います。 アマゾンの2019年3Q決算の概要 <sponsored link> // アマゾンの2019年3Q決算は悪かったです。 アマゾンの今期の売上高は699億8100万ドルで前年度比+23.69%の増収となりましたが、アナリスト予想の688億1000万ドルを上回りました。 純利益は21億3400万ドルで前年度比-25.97%の減益となりました。 また、1株利益は4.23ドルとなりアナリスト予想の4.62ドルを下回りました。 今回減…

  • マイクロソフトが好決算を発表するも株価は上がらず・・・成長力の強い企業のリスクとは(2020年1Q決算考察)

    こんにちわ、リョウスケです。 今回は、パソコンのOS「Windows」や「Word」や「Excel」などのOffice製品などのICT製品を開発・販売している「マイクロソフト(MSFT)」が2020年度第1・四半期(7月~9月)の決算を発表しましたので考察してみたいと思います。 マイクロソフト(MSFT)の2020年度1Q決算を考察 <sponsored link> // マイクロソフトの今期の決算は良かったです。 今期のマイクロソフトの売上高は330億5500万ドルとなり、前年度と比較すると+14%の増収となりました。アナリスト予想の322億3000万ドルを上回っています。 そして、純利益…

  • マクドナルドの悪決算は終わりの始まりか・・・2019年3Q決算を考察

    こんにちわ、リョウスケです。 今回は、世界中でハンバーガーショップを展開している最大手フードサービス「マクドナルド(MCD)」の2019年度第3・四半期決算(7月~9月期)を考察してみたいと思います。 マクドナルド(MCD)の2019年度3Q決算を考察してみた <sponsored link> // 今回のマクドナルドの決算は悪かったです。 以下は、今回発表された決算データです。 マクドナルドの2019年3Qの売上高は54億3060万ドルで、前年度比+1.1の増収となりましたが、アナリスト予想の54億9000万ドルを下回りました。 続いて、営業利益は24億903万ドルで前年度比-0.33%の…

  • 金融所得課税強化見送り!しかし増税地獄は確実なので国外脱出を検討したいと思う

    こんにちは、リョウスケです。 現在の日本は少子高齢化が進んでおり、今現在でも年金や保険、介護などの社会保障費が国の大きな負担となっています。 1990年の社会保障費(年金、保険、介護)は47.4兆円でしたが、約30年後の2018年には121.3兆円にまで増えており、凄いスピード増大しつづけています。 もちろん121兆円の社会保障費を全て国や自治体が拠出しているわけなく、このうち約50兆円を拠出していて、国の税収が約60兆円であることを考えると、社会保障費がいかに財政を逼迫しているかお分かりいただけるかと思います。 そして、この少子高齢化が更に進んでいくことは逃れようのない現実なので、この社会保…

  • ハイテク銘柄が市場平均を大きく上回っている・・今ディフェンシブ銘柄に投資する意義はあるのか?

    こんにちわ、リョウスケです。 ここ最近は米中貿易戦争の激化や世界経済減速懸念、ブレクジットの影響などによって、10年近く続いた上昇相場が終わり、下落相場に突入するのではないかと懸念されていますが、2019年に入ってからも株価は非常に好調な相場となっています。 アメリカの主要指数である「S&P500指数」は年初来で27.01%上昇しているくらいですからね。 そして、この好調な株価はハイテク関連株が引っ張っており、2019年の年初来のパフォーマンスはアップルが+61.01%、エヌビディアが+49.09%、フェイスブックが+49.81%、マイクロソフトが+45.98%、アマゾンが+30.77%上昇…

カテゴリー一覧
商用