searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

takaさんのプロフィール

住所
江田島市
出身
西区

自由文未設定

ブログタイトル
今日も生かされて
ブログURL
http://taka821.blog60.fc2.com/
ブログ紹介文
69歳の今も、何にでも興味を持ち、いつも熱き心で青春だ。人生は、成るようになるし、また成るようにしかならん。起きるべきことが起きるから深呼吸してリラックス リラックス。 「明日死ぬと思って生きよ 永遠に生きると思って学べ」を心に。
更新頻度(1年)

110回 / 365日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2017/03/03

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、takaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
takaさん
ブログタイトル
今日も生かされて
更新頻度
110回 / 365日(平均2.1回/週)
読者になる
今日も生かされて

takaさんの新着記事

1件〜30件

  • 70歳は、やるでぇ 《読書の秋》

    以前から気になっていた本「修身教授録」を読んで、これから教師になろうとする学生に対する先生の講義録が、何故教育界だけでなく名だたる経営者などに感化を与えるのかがよく分かった。各講とも学ぶところが多いが、現在、学校の守衛をやっているので第32講「教育と礼」は、特に興味深く読んだ。この講は、「私は教育において、一番大事なものとなるものは、礼ではないかと考えているものです」で始まり、毎朝正門での守衛に対...

  • サキちゃん成長物語-9 《名前が変わった》

    今までレツ君だったが、亀のオスメスの見分け方をネットで調べた結果、100%メスだと分かったので、名前をサキちゃんに変更した。まぁどっちにしても、可愛い姿に変わりは無い・・・上が今日の姿で、下が3ヶ月前で甲羅や足が凄く大きくなった。にほんブログ村<...

  • 素敵な話 《諸行無常とは》

    【諸行無常とは】曹洞宗徳雄山建功寺住職、枡野俊明氏の心に響く言葉    「人の心に灯をともす」より「諸行無常」は、仏教の根本思想の一つ。「森羅万象、この世で起こることは一切が、片時も留まっていない」という教えです。ところが人間というのは、自分に降りかかる変化を嫌って、「無常」に逆らおうとします。どんなにがんばって無理をしても、無常を打ち負かすことはできないのに。まずは無常を深く受け入れましょう。逆...

  • 70歳は、やるでぇ 《5年日記帳》

    寝苦しかった夜が、先日の台風後から涼しくなって、本を読むのに最適な季節になった。昨日、本を読む前に日記を書こうと思って書き始めた時、2001年から2005年までの5年日記帳に目が行ったので手に取って、読み始めたら止められなくなってしまった。20年前のことなどは、日頃殆ど思い出すことは無いが、日記を読むと、昨日のことのように思い出すから不思議だ。50歳から70歳までの20年間は、40歳代までより激動...

  • 学校守衛物語ー139 《食堂裏の栗の実のその後》

    「学校守衛物語ー132」その後の様子。先日、巡回中に見たら、下に落ちている実が沢山あった。残念ながら、隣地側に落ちていたので収穫ゼロ・・・ 从´_υ`从ショボーンにほんブログ村<...

  • レツ君成長物語ー8 《体重測定9・15》

    最近、甲羅が大きくなったなぁと思うので、体重測定を行った。前回7月21日は、35gで今日は、43gになっていた。順調に成長しているので嬉しい。休みの日にレツの姿を見ていると、癒される❣お気に入りの散歩コース。時々、止まってジッと外を見ている姿がカワ(・∀・)イイ!!プロフィール写真にほんブログ村<...

  • 素敵な話 《どれほど満たされているかに気づくこと》

    【どれほど満たされているかに気づくこと】小林正観さんの心に響く言葉 「人の心に灯をともす」より悩みや苦しみは向こうから勝手にふってくるものだ、と思っているかもしれませんが、悩みや苦しみというのは、自分が足りないものをあげつらねて、「足りないものをよこせ」と言っているだけのようです。結婚している人は「どうしてこんな人と結婚してしまったんだろう。もっといい人がいたかもしれないのに」と言い、結婚していな...

  • 学校守衛物語ー138 《中高オープンスクール》

    9月12日に高校、13日に中学のオープンスクールが行われた。12日は、雨の降る中、沢山の中学生と保護者が来校し、13日の中学のオープンスクールは、素晴らしい秋晴れの中、中学生は、生徒だけでグループでの参加が多いが、やはり小学生は、家族と一緒だった。正門を通る時の表情は、夢と希望を抱いている瞬間なので、ワクワク感が伝わってきて,こちらまで気持ちが良くなった。のぼり旗と在校生が1年生は緑色、2年生は黄色のTシャツ...

  • 学校守衛物語―137 《校訓の書額》

    校訓の書額がエントランスホールに設置された。今までは、正門横に旧校舎から移設された校訓碑だけで、通学路から少し横にそれていたが、これからは登下校時、玄関の出入りのたびに校訓の書を目にするので、生徒には、小さい声で良いから言葉に出して通って欲しい。言葉には、凄い力を秘めているので・・・「学校HP」より引用報恩感謝・実践本校は、1941(昭和16)年に創立されました。創立から幾度か校名が改称されました。...

  • 学校守衛物語ー136 《中学新校舎ー1》

    3月下旬、建設現場に以前建っていた鈴峯短大校舎の地中に隠れていた基礎の撤去から始まった中学新校舎建設工事。それぞれの職人たちが様々な建設機械を駆使して、日々変わる現場を見るのは、非常に楽しい。基礎工事が終わり、1階部分が、これから始まる。昨日は、現場は休みの予定だったが、大きい台風が来るかもしれないので、関係する職人が来て風対策を行っていた。学校HPより引用………………………………………………………………………………………にほんブ...

  • 素敵な話 《人生100年の習慣》

    【人生100年の習慣】NHKスペシャル取材班、松本卓臣(たくおみ)氏の心に響く言葉   「人の心に灯をともす」よりかつては「100まで生きる」ということは、多くの人にとって非常に価値あることだったと思いますが、今は少し違う気がします。「100まで“健康”で生きる」ことが重要。最新の人口推計では、日本で90歳以上の人が史上初めて200万人を突破し、100歳以上の高齢者は6万7000人あまりと過去最多、今後も増え続けていく見...

  • 学校守衛物語ー135 《校舎内に鈴虫の鳴き声》

    朝の巡回中、高校の校舎の各教室の出入口を解錠し、中学の校舎に移動し、玄関を入ると鈴虫の鳴き声が聞こえてきた。すぐ頭に浮かんだのは、昨日27日の朝刊に、近くに住む方から鈴虫を貰ったという記事だった。この時季の朝の巡回は、校舎の中は空調が入ってないので暑く、汗が出るほどだが、鈴虫の鳴き声を聞いた時は、一服の清涼剤になった。 中国新聞8月27日付より引用にほんブログ村...

  • 学校守衛物語ー134 《守衛室の周りのツツジがピンチ❣》

    猛烈な暑さと、先日雷雨があったが、焼け石に水の感じで、それ以降雨が降らないので、特に守衛室の周りのツツジの葉っぱが枯れてしまい、来年は、花が綺麗に咲くかどうか・・・何とか根が生きてくれたらなぁ く( ̄△ ̄)ノガンバレェェェ!!    2019年4月に綺麗に咲いた時の様子にほんブログ村...

  • 素敵な話 《口から出る言葉すべてを「愛語」に》

    【口から出る言葉すべてを「愛語」に】渡辺和子氏の心に響く言葉「人の心に灯をともす」より他人を批判することは、さほどむずかしくありませんが、自分に対してなされる批判を素直に受け取るということは、必ずしもやさしいことではありません。それは、批判されるということが、ある意味で「裁かれる」ことであり、往々にして自分が否定される可能性さえ持っているかも知れないからです。批判する能力は、人間に与えられた特権で...

  • レツ君成長物語ー7 《体重測定8・24》

    月1回の体重測定。前回(7月21日)より10gも増えて35gになっていた。いっぱい食べて,いっぱい運動しているので、健康状態は、良さそうだ!朝の散歩をして、ハウスに戻って、のんびりしているところにほんブログ村...

  • 学校守衛物語ー133 《校舎に後光が射していた》

    18時40分頃、下校する生徒が、正門前の道路脇から校舎の方に向かって、写真を撮っていたので、何かあるのかと思って守衛室から出て校舎の方を見ると、今まで見たことの無いような美しい夕景で、校舎に後光が射していた。何か良いことがありそう・・・にほんブログ村...

  • レツ君成長物語ー6 《不思議な縁》

    昨日、スマホの過去の写真を懐かしく見ていたら、江田島市沖美町のゲストハウスの管理人をしていた頃の写真の中に、毎朝夕の楽しみにしていた、波の音を聞きながらのプライベートビーチの散歩のものがあった。ある朝、散歩を楽しんでいて、ミイラ化したカメ君を見つけ、手のひらに載せて写した写真をで、その時の感動を思い出した。体全体が完全な形で浜辺に打ち上げられていた姿を見てびっくりした。小さい尻尾、手足、顔が荒波に...

  • 素敵な話 《真面目な茹でガエルになっていないか》

    【真面目な茹でガエルになっていないか】遠藤功氏の心に響く言葉    「人の心に灯をともす」より近年、大企業の経営者たちから「VUCA」という言葉がさかんに聞かれるようになった。「VUCA」とは、「Volatility」(変動)、「Uncertainty」(不確実)、「Complexity」(複雑)、「Ambiguity」(曖昧)という4つの単語の頭文字からとった略語であり、「先がまったく読めない不安定、不透明な環境」を言い表している。私たちは「V...

  • 学校守衛物語ー132 《立秋も過ぎ栗の実が・・・》

    校内の巡回コースの2号館(食堂)裏の隣地の栗の木の実が一段と大きくなってきた。熟れて実がこっちに落ちてこないかなぁ( ^ω^)・・・(>人<*)ォ願ぃ…!!!にほんブログ村...

  • レツ君成長物語ー5 《大きくなったハウス》

    少しづつ体が大きくなって、今までは、以前飼っていた熱帯魚(グッピー)の20センチ角の水槽だったので、これから、もっともっと大きくなると思うので今より4倍近く大きい水槽にした。環境が変わって、戸惑っている様子だが、だんだん慣れてくるだろう。レツ君が、前足を縁にかけた格好で外を数分間も見ている。何を思いボ~と見ているのか分からいけど・・・この可愛い後ろ姿を見ていると心が癒される。にほんブログ村...

  • 学校守衛物語ー131 《愛のガスライトと満月》

    8月3日の20時過ぎ、夜の巡回から守衛室に戻ったら、8月の満月スタージョンムーン(夏の霞の中で赤みがかった赤の色で赤い月とも呼ばれている)にチョット雲がかかっているのが残念だと思ったが、この薄い雲が醸し出す淡い色あいとガスライトの淡い色が同じように見えて感動し、思わずパチリ❢にほんブログ村...

  • 素敵な話 《投げかけたことは返ってくる》

    【投げかけたことは返ってくる】小林正観さんの心に響く言葉      「人の心に灯をともす」より「人生つまらない。何をやってもつまらない。何をしても楽しくない。楽しいことなんか何一つない。だから死んじゃいたい」と相談に来た人がいました。私はそこで、「今まで投げかけをしてきましたか」と聞きました。これは今までに何人か同じような人がいたわけですが、いつも同じ質問をします。「投げかけをしてきましたか」その...

  • 学校守衛物語ー130 《同窓会館の蝉》

    梅雨らしい天気が続く中、雨が止むと一斉に鳴き始め、降り始めるとピタッと鳴く止むセミの声。木々の上をあちこちに移動して鳴く場所を探している。1年間、土の中に居て、地上に出て1週間の命と言うセミの一生、蝉は蝉の一生を一生懸命生きている。にほんブログ村...

  • 学校守衛物語ー129 《吹奏楽部定期演奏会8/23》

    部活終了後の吹奏楽部の生徒と守衛室前で話をした。今、定期演奏会のための練習に一所懸命に頑張っているので、定期演奏会に行きたいけど、8月23日は、仕事の予定なので行けないと言うと、カバンの中から、このチラシを出して、YouTubeでライブ配信するよと教えてくれた。この生徒は、愛嬌があるし、トークも出来るので、社会人になって営業の仕事で立派にやっていけると感じた。コロナウイルスについて、ネガティブな報道が目につ...

  • カメ君成長物語ー4 《体重測定7・21》

    今日、レツの体重測定を行った。前回(6月18日)より5g増えて25gだった。足も大きくなって爪も伸びてきた。測定の後は、いつもの網戸の所で、ウオーキングをしている。にほんブログ村...

  • 学校守衛物語ー128 《ソフトテニス部優勝》

    県高校総体の代替大会でソフトテニス部が浅見・濱島ペアが優勝した。思いもよらない出来事が、いろいろあったが3年生にとって最後の舞台で、こんなに素晴らしい笑顔で終われて本当に良かった。来春からの新しい舞台に向けて、さらに高みを目指し、輝いて欲しい。みんな優しい生徒達だから・・・部室鍵持ち出し簿に書かれた優しい言葉広島ソフトテニスクラブのFBより引用中国新聞(7月19日付)より引用にほんブログ村...

  • 素敵な話 《顔は神様から与えられたキャンバス》

    【顔は神様から与えられたキャンバス】東京大学医学部名誉教授、矢作直樹氏の心に響く言葉 「人の心に灯をともす」より人間の顔というのは、神様から与えられたキャンバスだと私は思っています。そのキャンバスにどのような表情を描くか。それは個人の生き方や意識次第です。ハンサムだとか美人だとかはまったく関係なく、本当に美しい顔とは、今に感謝し、いきいきと生きている人の顔なのです。表情などどんどん変...

カテゴリー一覧
商用