searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

レッドドラゴンさんのプロフィール

住所
渋谷区
出身
葛飾区

年2〜3回の海外鳥見旅行を続けています。現在までに見た鳥は約1300種類となりました。主な探鳥地は、南アフリカ、ボツワナ、ウガンダ、コスタリカ、オーストラリア、マレーシアなど。主なターゲットの鳥はカワセミ、キヌバネドリ、ハチクイ、ブッポウソウ、ハチドリ、タイヨウチョウ、オーストラリアムシクイ、キツツキ、フクロウなどです。

ブログタイトル
レッドドラゴンの鳥見旅行記
ブログURL
https://reddragon5860.hatenablog.jp/
ブログ紹介文
夫婦の海外バードウォッチング旅行記です。ツアーに参加せず個人旅行で好きな鳥を観察。現在約1300種。
更新頻度(1年)

49回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2017/03/01

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、レッドドラゴンさんの読者になりませんか?

ハンドル名
レッドドラゴンさん
ブログタイトル
レッドドラゴンの鳥見旅行記
更新頻度
49回 / 365日(平均0.9回/週)
読者になる
レッドドラゴンの鳥見旅行記

レッドドラゴンさんの新着記事

1件〜30件

  • カザリショウビン(Banded Kingfisher)

    一番見たかった鳥♪ カティエン(CatTien)を有名にしたのはミドリシマヤイロチョウとコシアオヤイロチョウですが、我々の主目的はカザリショウビン(Banded Kingfisher)です。ヤイロチョウの翌日から懸命に探して夕方やっとオスの姿を遠くに見ることができましたが、冠羽を逆立ててこちらを見るとすぐに飛んで行ってしまいました。 次の日も探鳥のメインはカザリショウビン、今度はメスの登場です。 羽の色は随分違いますが形は同じ、冠羽の逆立てもそっくりですね。 オスより近くに来てくれました。 更に翌日もカザリショウビン探し、梢の枝にオスが現れました。 暫く待ったのですが降りてきません(T_T) …

  • ヤマキヌバネドリ(Orange-breasted Trogon)

    2度目の遭遇、今度は近くで。 公園内鳥見の続きで出会ったのはヤマキヌバネドリ(Orange-breasted Trogon)の♂。胸のオレンジを見せながら囀っていました。 ヤマキヌバネドリは10年前にランカウイで見つけましたが、密集した森の奥にいるのをデジスコで苦労して撮影した記憶があります。 reddragon5860.hatenablog.jp それに比べると今回はとても近くのいい条件で見ることができました。 それでも苦労した時の方が感激が大きいのは人間の勝手ですね(^^; 翌日からも公園内で鳥見。アオムネハチクイ(Blue-bearded Bee-eater)が遠くの梢に。 もう少し近づ…

  • アズキヒロハシ(Banded Broadbill)など

    和風の配色です。 ヤイロチョウを堪能した翌日からは公園内を動いての探鳥です。カメラは1.4EXを外して手持ち。小川にかかる橋の奥にアズキヒロハシ(Banded Broadbill)が潜んでいました。 最初は薄暗くて良く見えなかったのですが途中で日が差して小豆色も確認できました。 今度は近くにクロアカヒロハシ(Black-and-red Broadbill)。やや逆光だったのが残念です。 川の奥にはルリカワセミ(Blue-eared Kingfisher)の姿もありました。クアラルンプールのFRIMで見た以来です。 梢にとまるルリコノハドリ(Asian Fairy Bluebird)を見て戻ろう…

  • ウスバシロチョウ

    軽井沢は春から夏へ コロナ禍で海外鳥見にも行かず軽井沢で自粛生活をおくっています。夏を迎える頃に現れるのがウスバシロチョウ、標高の低いエリアでは10日ほど前にハルジオンの花に来る姿を見つけました。 我が家には先週から訪れ、今日は庭のモンタナにとまる姿が撮れました。 そのそばにエゾハルゼミを見つけました。数日前から雨が止んだ晴れ間に大声で合唱そていますが、この個体は今朝羽化して休んでいるようですね。静かに見守りましょう♪ 今回の写真は全てスマホでの撮影。昆虫は近くに寄れれば充分きれいに撮れますね。 2020/05/23,06/02 軽井沢,iPhone 参考になったらクリック頂けると幸いです。 …

  • コシアオヤイロチョウ(Blue-rumped Pitta)

    ペアで出ました♪ 午前・午後と2度にわたるブラインドでの鳥見、最後を飾ってくれたのはコシアオヤイロチョウ(Blue-rumped Pitta)でした。 オスは頭から腰まで続く青が鮮やかです。 最初に出てきたのはメス。 淡い色合いですが美しいですね。 メスはかなり近くまでやってきます。 一方オスは林縁から殆ど出ようとしません。 従ってペアの写真もどちらかピンボケに(^^; 充実した鳥見の1日でした。 2018/02/21 CatTien,VietNam,EOS7D2+100-400mm+1.4EX 参考になったらクリック頂けると幸いです。 野鳥写真 人気ブログランキング - 写真ブログ

  • ハシブトムジチメドリ(Abbott's Babbler)

    リスも乱入♪ ブラインド前にはいろいろな鳥がやってきます。ハシブトムジチメドリ(Abbott's Babbler)は名前のとおり太い嘴が特徴。一方ムナフジチメドリ(Puff-throated Babbler)は胸が斑模様ですね。 野鳥ばかりと思っていたら近くの茂みにリスの姿。 クリハラリス(Mountain Red-bellied Squirrel)だと思います。餌を求めて地面に降りてきました。 近くではアカハラシキチョウも食事中。 追い払うのかと思ったら周りを回るだけ。アカハラシキチョウの方が強いみたいですね。 2018/02/21 CatTien,VietNam,EOS7D2+100-40…

  • コルリ

    夏鳥第4弾 夏鳥の中では来るのがやや遅いコルリ、今年初見は5月3日で山腹の林道からでした。 密集した枝の奥、被った小枝で中々ピントが合いません(^^; 2日後の夕方には別の個体が真上で鳴いていましたがやっぱり枝被りです。 更に数日後、今度は若オスが電線に飛んできて、 大きな声で囀り始めました。 やはり若い方が警戒心が薄いのでしょうか。 2020/05/03,05,11 軽井沢,EOS7D2+100-400mm 参考になったらクリック頂けると幸いです。 野鳥写真 人気ブログランキング - 写真ブログ

  • ノドアカヒメアオヒタキ(Tickell's Blue Flaycatcher)

    2羽が交互に 東南アジアにはヒメアオヒタキが10種類ぐらいいますが、現れたのはノドアカヒメアオヒタキ(Tickell's Blue Flaycatcher)。オスの喉から胸にかけてのオレンジが特徴です。 以前マレーシアのペナンで見かけましたが、 reddragon5860.hatenablog.jp じっくり見られたのは初めてです。 こちらはメスなのか若オスなのかわかりません。 日本のルリビタキのようですね。 2018/02/21 CatTien,VietNam,EOS7D2+100-400mm+1.4EX 参考になったらクリック頂けると幸いです。 野鳥写真 人気ブログランキング - 写真ブロ…

  • ノビタキのペア

    夏鳥第3弾 キビタキ、オオルリに遅れること3日、軽井沢の休耕田にキビタキのペアがやってきました。 オスはいつも遠いところで警戒したり囀ったりしています。 一方メスはかなり近くまで寄ってきました。 休耕田はまだ灌木などが伸びていないので杭の上ばかりです(^^; やっとメスが細い枝にとまりました。 その後も農道を通ると必ず見かけます。今年も子育てが楽しみですね♪ 2020/04/27 軽井沢,EOS7D2+100-400mm 参考になったらクリック頂けると幸いです。 野鳥写真 人気ブログランキング - 写真ブログ

  • オオルリ、コムクドリ、サンショウクイ

    新しいPCが届きました♪ 旧PCのファンが調子悪くなったのは3月、4月上旬には新しいPCを発注したのですが納期は1ヶ月。到着して2日間は設定とデータ移行に費やしやっと今日からブログも再開です。 PC故障中に飛来した夏鳥第2弾はオオルリ、やはり標高の低い林道でキビタキの翌日に初観測しました。 そばにはコムクドリも。 近くで見ると羽の輝きがきれいですね。 再度訪れた日にはサンショウクイが飛来、林の上を飛んできました。 独特の鳴き声で初夏を感じさせます。 コロナの影響で街中や買物には殆ど出ません。林道で鳥見していると1日中誰も見かけることがないので自粛には最適です。 2020/04/24,28 軽井…

  • キビタキも花見

    PC故障中に多くの夏鳥が来訪 PC内部の冷却ファンが故障し電源が入らなくなって10日、通販で頼んだ工具で内部を開け、ファンユニットを外して全てクリーニングし再度取り付けたらなんとか生き返りました。ただし時々ファンから異音がするのでいつまた故障するか分かりません(^^; ちょうどこの間に多くの夏鳥が軽井沢に到着しました。やっとカメラからPCに画像を取り込んだので順次アップしていきます。 最初はキビタキ♂、我が家の枝垂桜に花見に来てくれました♪ 我が家を縄張りとするキビタキは5月1日に現れました。喉のオレンジも鮮やかで凛々しい姿です。 同じ軽井沢でも標高が50mぐらい低い川沿いの林道では4月23日…

  • 雪のキクイタダキと晴天のカワセミ

    雪もいいものです♪ 軽井沢は天気がエレベータのように日替わり、13日には雪が積もりました。外に出られず窓からコガラやエナガを見ていると奥のモミの木を動く小さな鳥、キクイタダキです。以前にも寒い時に見たことがありますが小さくて動きが速いので写真を撮るのは難しいですね。 15日は一転初夏のような暖かさ、佐久では既に桜が咲いていました。 桜の花に多くの蜜蜂が集まっています。 桜の土手を散歩していると対岸にはカワセミの姿。 このまま暖かくなるかと思ったら18日は冷たい雨、山の上では雪だったようで翌19日の浅間山は再び真っ白でした。 昨年の台風19号で千曲川流域では各所で氾濫がありました。河川敷の木が殆…

  • コルリ(Siberian Blue Robin)

    日本では夏鳥 日本でもおなじみのポーズをとっているのはコルリ(Siberian Blue Robin)♂。冬の間はベトナムなど東南アジアで過ごしています。 ブラインド前に何回か登場しました。警戒心の強さは相変わらずです。 この小さい体で日本まで飛んでくるのですね。 2018/02/21 CatTien,VietNam,EOS7D2+100-400mm+1.4EX 参考になったらクリック頂けると幸いです。 野鳥写真 人気ブログランキング - 写真ブログ

  • アカハラシキチョウ(White-rumped Shama)

    最初に現れた鳥 ブラインドに到着した後一番早く現れたのはアカハラシキチョウ(White-rumped Shama)の♂でした。 こちらは♀。 ♀の尾羽は短いのですが充分ですね。一方♂の尾羽は長すぎるほど。 今まで移入されたハワイや台湾で見ていましたが原産地の東南アジアで見るのは初めてです。 reddragon5860.hatenablog.jp 何度か現れた最後に朝日の当たる場所へ出てくれました。 2018/02/20,21 CatTien,VietNam,EOS7D2+100-400mm'+1.4EX 参考になったらクリック頂けると幸いです。 野鳥写真 人気ブログランキング - 写真ブログ

  • ミドリシマヤイロチョウ(Bar-bellied Pitta)

    薄暗いところに出てきました。 いよいよベトナム鳥見のメイン、ミドリシマヤイロチョウ(Bar-bellied Pitta)を見にTangと朝早く出かけました。真暗な中ブラインドで待っているといつの間にか来ていましたが良く見えません。 多分フィーディングしているのでしょう、餌を食べています。 名前の由来となった黄色い縞が良く見えます。 少し明るくなってきました。尾羽の青も綺麗ですね。 こんな場所に奥の林から出てきます。 とりあえず目標の一つを達成です♪ 2018/02/20,21 CatTien,VietNam,EOS7D2+100-400mm'+1.4EX,iPhone 参考になったらクリック頂…

  • ベトナムのカティエン(CatTien)国立公園

    走るのが恐ろしい道 クアラルンプールからホーチミンへ着いたのは午後3時半。ベトナムでの探鳥ガイドを依頼したTangと合流し、空港の北東160kmにあるカティエン(CatTien)国立公園まで彼の車で向かいます。中間点辺りまでは高速道路で快適でしたが、一般道路に入った途端状況は一変します。ちょうど夕方で片側一車線の道はどちらも渋滞中でしたが、その中央を車線を無視して大型トラックが猛スピードで突進してくるので両側の車は路肩を斜めになりながら避けて走行します。この状況が1時間以上も続くと乗客の我々も疲れ切って、レンタカーにしなくて良かったと思いました。途中道端の店で夕食に麺を食べ、カティエン国立公園…

  • ホンドギツネ

    軽井沢も春の陽気。 浅間山は雪化粧ですが日差しは春です。休耕田をゆっくりドライブしているとホンドギツネが現れました。 こちらが停車して中にいるせいか気にせず歩いています。 じっと座って獲物の音を確認しているようです。 動き出したキツネの前に小さな生き物、モグラでしょうか。 飛び掛かった時は残念ながら反対向き。 横を向いて長い舌で鼻を舐めました。美味しかったのでしょうね。 2020/03/21 軽井沢,EOS7D2+100-400mm,iPhone 参考になったらクリック頂けると幸いです。 野鳥写真 人気ブログランキング - 写真ブログ

  • ヒレンジャク

    1羽だけでした 毎日天候が目まぐるしく変わる中、昨日埼玉の公園にヒレンジャクを見に行きました。 暫く見ているとヤドリギの実を食べる姿が撮れました♪ 食事の後はゆっくり。 レンジャクには見返りポーズが合いますね。 2020/03/15 埼玉県,EOS7D2+100-400mm 参考になったらクリック頂けると幸いです。 野鳥写真 人気ブログランキング - 写真ブログ

  • ルリビタキ

    久しぶりです 昨日、墓参の帰りに以前ルリビタキを見た公園へ。ポイントは変わっていましたが夕方現れました。 薄暗い中ですが暫く楽しめました。 そばの木にはコゲラの姿。 この1時間ぐらい前に撮ったカワセミ。 この頃はまだ陽が高い時間でした。 2020/03/09 千葉県,EOS7D2+100-400mm 参考になったらクリック頂けると幸いです。 野鳥写真 人気ブログランキング - 写真ブログ

  • ムギマキ(Mugimaki Flycatcher)など

    Sungai Congkakの鳥 東日本では見ないムギマキ(Mugimaki Flycatcher)ですが、越冬中のマレーシアでは良く見かけます。 まず♂が現れました。日が当たると鮮やかです。 白い眉斑が強くありませんね。 続いて雌の姿も。目が大きくて可愛いです♪ 昨年堪能させてくれたミツユビカワセミ(Oriental Dwarf Kingfisher)のセアカも健在でした。 時々上空を警戒しつつ、 暫く楽しませてくれました。 少し歩くと林の中にコクモカリドリ(Little Spiderhunter)。 大きくカーブした嘴から長い舌が出入りしています。 楽しいSungaiCongkakの鳥見で…

  • ボルネオから帰ってきました

    楽しい鳥見ができました♪ マレーシア・ボルネオ島のコタキナバル、キナバル公園、ポーリン温泉で鳥見をして帰ってきました。戻ったら日本はコロナウィルスで大変な状態、今は外出をできるだけ避けています。 最初の写真はボルネオ固有種のノドグロキヌバネドリ(Whitehead's Trogon)の♂、次の写真が♀です。 ほとんどの日は晴天に恵まれ、キナバル山(4095m)もくっきりと見えました。 写真の整理と投稿は2018年のベトナム編が終了してからとなります。気長にお待ちください。 2020/02/24 KinabaluPark,Malaysia,EOS7D2+100-400mm,iPhone 参考にな…

  • マレーシアのロクショウヒタキ(Veerditer Flycatcher)

    マレーシア編 その1です 2年前のベトナム・マレーシア旅行記をやっと再開します。日本からの往復はJALのクアラルンプール便にしたのでベトナムの前に数日ここで鳥見。空港のHertzレンタカーに行くとなぜか予約日が1ヶ月ずれています(+o+) 他に空いてる車が無いとのことで周りのレンタカーを探し、一つだけ見つかってやっと出発。 ホテル到着は夜。翌朝は昨年も訪れたTaman Tarへ、迎えてくれたのはコノハドリ(Lesser Green Leafbird)。 この実を食べに多くの鳥が来るのですが、他は殆ど現れませんでした。 それにしても枝の中にいると全く葉と同じ色で見つけるのが困難です。 宿泊はペト…

  • グーギャップからランゲバーンまで

    懐かしい街と宿へ グーギャップ自然保護区(Goegap Nature Reserve)、スプリングボック(Springbok)を見た辺りで車を停めると、 砂漠の真ん中に水仙のような花が一つだけ咲いていました。 クロエリサバクヒタキ(Capped Wheatear)に出会った後「四輪駆動のみ」と書かれた先を進むと、 かなり危ない道を通ることになりました。両側からは岩がせり出し、 花に見とれると断崖から転げ落ちそうです。グーギャップを出てからは、 昨日ナマクア国立公園に向かう時迷ったKamieskroonに給油のため立ち寄りました。個人の庭のようですがワイルドフラワーが見事。 後は一路南へドライブ…

  • スプリングボック(Springbok)

    町の名前と同じ♪ 自然保護区の中をドライブしていると遥か遠くに羚羊類の姿、昨日まで宿泊していた町の名前と同じスプリングボック(Springbok)です。 道端に車を停めて少し近付いてみました。 やや湾曲した角が特徴です。 歩くと黒っぽい帯が見えますね。 この2頭はいずれも左の後脚で顔を掻いています、器用ですね。 2019/09/05, Goegap,SouthAfrica,EOS7D2+100-400mm 参考になったらクリック頂けると幸いです。 野鳥写真 人気ブログランキング - 写真ブログ

  • ねずみ年はネズミドリ♪

    あけましておめでとうございます。アフリカ旅行記再開です。 ねずみ年ということでセジロネズミドリのご挨拶。 グーギャップ自然保護区の鳥 ナマクア国立公園の翌朝、スプリングボックの東にあるグーギャップ自然保護区(Goegap Nature Reserve)を訪れました。 管理事務所、混雑していたナマクアと対照的に観光客は全くいません。 屋根の上にはアカメアフリカヒヨドリ(African Red-eyed Bulbul)。 事務所近くのトレイルにいたのはアフリカヨシキリ(African Reed Warbler)だと思います。 ホオグロスズメ(Cape Sparrow)も朝日を浴びて囀っていました。…

  • ナマクア国立公園に到着

    一面のワイルドフラワー♪ カーナビを信じたばかりに3時間ほどロスをしてナマクア国立公園に着きました。オフィスの奥には一面オレンジの花が咲いています。量が多いのと色が強いせいで全てナマクアデイジー(Namaqua Daisy)のように見えますが、そばに寄ってみると多種の花が混じって咲いていました。 名前は分かりませんが黄色い花も綺麗ですね。 遊歩道を歩くと色も形もとりどりです。 ブッシュの上にケープホオジロ(Cape Bunting)が飛んできました。 少し近寄るとアカトンボの姿も。 花と鳥、上を見たり下を見たり大変です(^^; 沢山の花を堪能しました。 遊歩道は奥の山のほうまで伸びていましたが…

  • ナマクア国立公園、ですが・・・

    Google Mapは信用できませんでした スプリングボックのロッジを出て国道N7を南に向かいます。 レンタカーに外付けのカーナビを借りたのですが電源のUSBケーブルが破損していたらしく、初日にバッテリーが消耗した後は全く動かず(+o+) 過去にもカーナビ不調はあったのでGoogleMapでナマクア国立公園までの経路を用意しておきました。 道端にきれいなワイルドフラワーを見つけ、写真を撮りながら進むものの入口が現れません。 立入禁止と書かれた場所の奥にナマクアデイジー(Namaqua Daisy)の花畑がありましたが、 フェンスで遮られ、人の姿も全くないのはどうも腑に落ちません。 車で通りかか…

  • ハワイから帰ってきました。

    恒例の避寒旅行です。 今年はANA A380 Fying Honu(空飛ぶ海亀)が就航したので久しぶりにファーストクラスにしました。スペースは縦横ともに広いですが全て直線なのでもう少し和らかいデザインのほうが好きですね。 今回は友人夫婦と一緒なので借りた車はFord Expeditionという超大型車。日本ではとても走れません。 いつものコンドミニアムのあるワイコロアからハワイ島を一周。キラウェア火山で昼を過ごしサドルロードの帰路マウナケア山頂の望遠鏡が光っていました。 椰子の樹が倒れそうな強風の中ゴルフもしましたよ(^^) ハワイ島の後はオアフ島へ、ワイキキでのんびりと。 巷はクリスマスムー…

  • ハンタム植物園のワイルドフラワー

    植物園からスプリングボックまで ハンタム植物園(Hantam National Botanical Gardens)は台地の上にあるのでナマクアランド(Namaqualand)とは植生が少し違うようです。 小さな黄色やピンクの花が広がっています。 そこに現れたのはアフリカクロトキ(African Sacred Ibis)の群れ。 土の中は虫が多いのでしょうか。 多くのきれいな花を見て、 午後2時前にはスプリングボック(Springbok)に向け300kmのドライブを開始しました。給油後の休憩地点には輝くピンクの花畑が。 近寄ると花びらに光沢があります。 同じように光沢のある白い花もありました。…

  • ハンタム植物園のケープハタオリ(Cape Weaver)

    器用に巣を作ります♪ ハンタム植物園で巣に入ろうとしているケープハタオリ(Cape Weaver)。 植物園オフィス前の庭にある椰子の樹は全てハタオリの巣でいっぱいです。 自分の巣を守っている♂と、 新しい巣を作っている途中の♀。新しい巣は緑鮮やかですがだんだん枯葉色に変わっていきます。 ワイルドフラワーを見る前にハタオリで楽しみました。 2019/09/03, Nieuwouldville,SouthAfrica,EOS7D2+100-400mm,EOS70D+18-135mm 参考になったらクリック頂けると幸いです。 野鳥写真 人気ブログランキング - 写真ブログ

カテゴリー一覧
商用