searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ぐみさんのプロフィール

住所
神奈川県
出身
神奈川県

毎週月曜日には前節の試合レビューを、木曜日には次節の対戦相手に関するスカウティング記事をアップ。 その他にも不定期にサッカー関連記事を書いていきます。

ブログタイトル
Fan!Fun!川崎フロンターレ
ブログURL
https://fanfro.hateblo.jp/
ブログ紹介文
川崎フロンターレのサポーターによる試合前予想や試合後のレビューブログです。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2017/02/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ぐみさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ぐみさん
ブログタイトル
Fan!Fun!川崎フロンターレ
更新頻度
集計中
読者になる
Fan!Fun!川崎フロンターレ

ぐみさんの新着記事

1件〜30件

  • 第1節 ジュビロ磐田戦(A)

    新シーズン開幕済みで、今更感がハンパないですが3−0で快勝した、ジュビロ磐田戦をレビューしていきます! 前半のうちに3点取り、試合を決めました。(危ないシーンはいくつかありましたが。。) この試合、裏への飛び出しがよく目立ったかなと思います。その理由を説明します。 以下はネットがボールホルダーのシーン。ボール自体はハーフライン手前ですが、ジュビロは5バックになっており中盤は真ん中に3枚、トップ2枚はプレッシャーかける気なしです。 前半はこのようなシーンが多く、最終ラインから裏へ飛び出す知念、悠、憲剛に何度もパスが通っていました。フロンターレの裏抜けが上手いというのと、ジュビロDFがボールウォッ…

  • フロンターレ優勝!!!

    優勝! 悠の得点王!! シャーレがボードだったのは少し残念だったけど、優勝の価値は下がらないし、風呂桶をシャーレ代わりにするっていうフロンターレらしさも観れてこれはこれでありだなと。笑 とはいいながら、来シーズンはレプリカ準備しといてね!! 優勝おめでとう!!

  • 最終節 大宮戦(H) ハーフタイム中のブログ

    ぐみです。 鹿島が引き分け以下で、フロンターレが大宮に勝てば逆転優勝!! 前半が終わり、2-0でリードしているフロンターレ。 内容的にみると、浦和戦から引き続き動きが少なく、ビルドアップ時に自陣に押し込まれ、ロストする場面が見られますね。 危険なシーンは大宮のミスに助かっているところはあります。 ビルドアップの中で谷口がロングの縦パスを何度か蹴ってますが、マイボールにすることができているので、自陣に押し込まれた時に選択肢の一つとして実行してもらいたいですね。 そして、1点目は阿部のコントロールシュート。憲剛→エウソンの何でもないパスを正確に蹴ってくれたのでホッとしました。(憲剛は大事な試合では…

  • 一つ目の決戦 第33節 浦和戦(A) 後半

    ぐみです。 ダメなフロンターレでしたが、悠のゴールを何とか守りきり勝ち点3ゲット! 優勝への望みをつなげました。 谷口、奈良が頑張って守り切ってくれたと思います。 また、家長はファールが多くカード累積で最終節が欠場となるかどうかのところを鬼木さんはフル出場させ、この判断が攻守に渡る大活躍に繋がりました。不安要素のカードをもらうこともなく、無事最終節も出場できるので安心ですね! 阿部ちゃんは復帰後パフォーマンスが上がらない様子で、最終節はノボリがスタメンでも良いかなと感じました。 とまぁ、簡単に終わりますが、細かい分析は後日ブログにアップします。 終わり。

  • 一つ目の決戦 第33節 浦和レッズ戦(A) 前半

    ぐみです。 ハーフタイム中に更新します! 悠様のゴールで前半を1-0で終えた、フロンターレ。 早い時間に浦和の武藤に決定機がありましたが、ソンリョンが神セーブ!!神様。。 得点シーンは谷口の攻めのDF→家長の個人技→悠ゴール。 得点は嬉しいですが、その後のチャンスが少ない。。 浦和のハイプレスの中、ボールを動かすには、人の動きも必要!前半はあまり動きが少なく、ボールホルダーが立ち止まるシーンが多かったように思います。 また、縦パスは入れるものの、パスのタイミングが1テンポ遅い為、浦和に狙われてロストが多く感じますね。受けも後ろに下がりながらが多いのでボールキープが難しく、フロンターレのリズムが…

  • 第32節 ガンバ大阪戦(H)をマッチレビュー

    鹿島が浦和に勝利し、優勝にはますます勝つしかなくなったフロンターレでしたが、ガンバ相手になんとか勝ち点3をゲット。 東口が当たっていて、決定機をことごとくセーブされていたので、カウンター一発に沈められるかと不安がよぎりましたが、今年のフロンターレは一味違う! そう、苦しい時にセットプレーで得点が取れるんです。憲剛のCKを家長が落とし、エウソンが東口の股下を打ち抜きゴール!!そこにエウソン!?発動ですね。 ということで、独断と偏見でマッチプレビューします。 まず、ディフェンス陣がよく頑張っていたかなと思います。 前半のガンバは攻撃に糸口を見出せてなかったですが、後半の長澤投入後もポストプレーをこ…

  • 日本代表 ベルギー戦

    ぐみです。 昨日の早朝に行われた、日本対ベルギーは0ー1で惜しくも負けてしまいましたが、中盤を含め守備陣はしっかりと守れていたんではないかと思います。 ただ、やはり点を取らないと勝てない。 大迫のポストプレーはベルギーに通用していましたが、両ウイングはもっと工夫した攻撃が必要かなと。 というか、今のウイングの選手はだれも圧倒的な結果を出せてないので、固定せずにもっといろんな選手を起用してほしいです。 ただ、それ以上に車屋が出場しなかったのが悲しい。。 終わり。

  • はてなブログに移転してきました!

    《Fan!Fun!川崎フロンターレ》をご覧いただきありがとうございます。 11/9より、はてなブログに移転してきました。 今後はこちらで試合レビューなど更新していきます! ブックマークをしていただいていた方は、お手数ですが http://fanfro.hateblo.jp に変更をお願いします。 今シーズンも残りわずかですが、リーグ優勝目指して応援していきましょう!!

  • 第26節 清水エスパルス戦(A)のマッチレビュー

    浦和ショックからの清水戦。この試合で勝つか負けるかで今シーズンの出来が変わってくる、そういう気持ちで応援しました。結果は3-0で完勝でしたが、ビルドアップがうまくいかなかった印象です。その話をします。 いきなりですが、以下写真を見てください。 賢太郎がボランチの位置からDFにボールを受ける際のポジショニングです。青色の線は相手FW2人を結んだものです。見て分かる通り、同ライン上で且つ、FW2人の視界に中にいる為、賢太郎へのパスコースは防がれている状態(パスされても危険はない)であり、相手としてはDFからサイドへのパスに狙いを絞りやすい状況となっています。相手は2トップではなく、3トップだったら…

  • 久々更新!第25節 横浜Fマリノス戦(H)のマッチレビュー

    前回の更新が11節のジュビロ戦なので、14試合ぶりの更新です。。さぼりにさぼりっていたら、いつのまにか後半戦に突入し、残9節となってしまいました!笑・・・というわけで、今更ながらマリノス戦をマッチレビューします!!! 3-0でスコア的には完勝ですが、ところどころマリノスの決定力不足や守備のミスをうまく拾って勝てた試合だったかなと感じてます。ポイントとしては3つ。①サイドの空いたスペース確りと突き、相手をDFラインを下げさせることで高い位置でポゼッションできた。サイドを突いた後、自陣のDFにボールを下げても、マリノスのDFはラインを上げずに自陣で待ち構える状態となっていました。その為、ハーフライ…

  • 第11節 ジュビロ磐田戦(A)のマッチレビュー

    2-0で完勝でした。それに、武岡の復帰!!エドゥや僚太、武岡の復帰で明らかに戦力アップしているのがわかります。どんどん戦えるチームに戻ってきつつあるので、今後が楽しみです。エウシーニョも早く戻ってこーい^^ 腰痛で欠場していた憲剛が戻ってきましたが、スピードや機動力を考えると、やはりトップ下ではなくてボランチが良いのではないかと思ってしまいます。なので、個人的には4-3-3で中盤は、 憲剛 僚太 ネットアンカー:ネットインサイドハーフ:憲剛、僚太が良いかなあと考えてます。ネットと憲剛のダブルボランチだと守備力低下が気になりますし、僚太も起動力を考えるとボランチよりも少し前目でアタッカー気味のと…

  • 第10節 アルビレックス新潟戦(H)のマッチレビュー その2

    その2では、1ゴール2アシストの大活躍をした阿部ちゃんのプレーについてレビューしていきます。阿部ちゃんの目の良さは、もうすでに憲剛や僚太の域に達しているのかも知れません。。。 いきなりですが、新潟のコンパクトなポジショニングでなかなか中央への縦パスが入れにくい状況。阿部ちゃんは左ボランチ小泉の眼前まで移動し、 わざと自身をマークさせ縦に切り返す。小泉を少しDFよりのポジションに引っ張ります。 新潟のFWからボランチの距離が少し伸び、生まれたスペースにすかさず僚太はポジショニング。ボールは車屋から竜也へパスされますが、 竜也はそのスペースに気づいておらず、僚太へはパスせず、プレスに来た相手をかわ…

  • 第10節 アルビレックス新潟戦(H)のマッチレビュー その1

    僚太の復帰もあって、3-0で完勝しました。もう憲剛ではなく僚太のチームという感じの試合でした。快勝で気分が良いので、アルビレックス戦は2つ記事を書きます!今回は復帰した僚太。 完勝。快勝。良かったです^^いや、ホントに。終盤はガス欠でプレスが皆無になってしまったので、相手のやりたい放題でした。相手が決定力の高いチームだったら、快勝ではなかったはず。特に三好はもっと守備で貢献しないとダメ。ただ、今回は僚太の復帰祝いで僚太の記事を書きます。笑ゲームメイクは言わずもがなの僚太。相手の急所にガンガン縦パスいれてましたね。なぜ僚太は中央に縦パスを出せるのか。ということで、その縦パスをみていきます。僚太が…

  • 第9節 セレッソ大阪戦(A) マッチレビュー

    謎采配につき、0-2で完敗。リアルタイム観戦時は前半よりも後半の方が良いと思いましたが、見直してみると前半の方が良い形が多かったのではないかと。ただ、結局ラストパスの精度が低く、シュートまで持ち込むシーンはあまりなかったです。あくまで攻撃のプロセスは前半の方がよかった。 憲剛が腰痛の為ベンチ外となり、中盤スタメン3人を欠く中、どういった布陣になるか期待していましたが、谷口くんと賢太郎の2ボランチで、トップ下大塚でした。谷口くんはパスと守備のポジションニングの悪さに前半途中でCBに下げられ、大塚と賢太郎の2ボランチに変更。大塚は良いリズムでプレーし、チャンスメイクしていたかなと思います。ただ、大…

  • 第8節 清水エスパルス戦(H) マッチレビュー

    遅くなりました!逆等々力劇場はあまりにもショックキングでした。。でも、アバンテがいつも違う雰囲気で、胸騒ぎがしたのは確かです。。 清水戦は2-2の引き分けに。この2点は三好が起点となってました。いつも枠外シュートばかりですが、1点目は阿部ちゃん、2点目は悠へピンポイントパス!このプレーが身に着くと、最近影に潜んでしまっているドリブルがより効果的になるんではないでしょうか!?また、2点ともにショートパスで相手を寄せて、マークが甘くなった味方にミドルパスという展開でした。悪い時って同じところにばかりで、展開がなく相手が守りやすい攻撃になっているので、このパターンの攻撃を是非ともモノにしてもらいたい…

  • 次節 清水エスパルスをスカウティング

    大前の古巣対決。前半早々に大前のヘッドでゴールしましたが、清水はブレずにサイド主体の攻撃を徹底し続けた結果、後半終盤に大前の背番号10を受け継いだ白崎が同点弾を放ち、引き分けに終わった試合でした。なんかドラマチック!いやいや、ちゃんとスカウティングします。 清水エスパルスのスタイルはシンプルなサイドアタック。中央には言わずもがな、皆さんが恐れる鄭大世!!!恩返し弾を被弾されまくるフロンターレ。清水戦、恐ろしいです。。。大宮戦を見た感じでは左サイドをガンガン突破していました。難なく突破しているシーンが多かったので、攻撃パターンや連携の部分がチーム内でとても浸透していると思います。最近のフロンター…

  • 第7節 コンサドーレ札幌戦(A) マッチレビュー

    甲府戦に引き続き、どん詰まりのパス回しサッカー。こんな試合でも、悲しい顔せずにパスの回し方を見ていきます。早く勝ちたいよ。。。 PKで1点取りましたが、すぐに1点返され引き分けに。主力がケガで離脱、ACLでの連戦、札幌へのアウェーという中での勝ち点1。そう考えればプラスですね^^…そんなわけないじゃん。最近、愚痴みたいになってきた。笑今回はどん詰まりパスサッカーについて見ていきます。今シーズンはセットプレーでの得点が多いですが、それは流れの中で、パスワークの中で点が取れていないということでもありますね。ただ、そんな中でもオフサイドにはなりましたが、前半25分に憲剛からペナルティエリアのネットへ…

  • 次節 コンサドーレ札幌をスカウティング

    コンサドーレ札幌 対 FC東京は2-1で札幌の勝利。ただ、DAZNの調子が悪く、フルタイムで試合が見れませんでした。。なので今回はハイライトのみを見てスカウティングします。もはやスカウティングではないけれど。。。。ごめんなさい。 あ、スカウティングにいく前にACLはノーゴールの引き分けでしたね。実際に試合は見れてないですが、観戦したフロサポ(会社の同僚)が両者共に得点の匂いがしない、勝ちも負けもないような試合だったと、つぶやいていました。甲府戦を引っ張ってる感じなのかな・・・?さて!スカウティングですが、得点シーンはいずれもサイドから(1点目はコーナー)で、早めのクロスで中央の都倉やジュリーニ…

  • 第6節 ヴァンフォーレ甲府戦(H) マッチレビュー

    試合は後半ロスタイムに失点しましたが、奈良ちゃんのヘディングでギリギリ引き分けにに。僚太がいない穴はやはり大きいのか?賢太郎では攻撃のタクトは振るえないのか・・・? 前節 仙台戦の得点力をこの試合でも見られると思ったのですが、選手の追い越し、縦パスのない悪いフロンターレでした。悪い時って、失点すると攻撃が活性化されますよね。。。笑前半からその動きがなぜできない?と思ってしまいます。(メンタルの問題なのか?)僚太が怪我によりベンチ外となり、代わりに賢太郎がネットの相棒に。賢太郎はパスで良いものを持っていると思っているのですが、全くプレーに出さず、どっちかっていうとハードワークで目立つ感じになって…

  • 次節 ヴァンフォーレ甲府をスカウティング

    ヴァンフォーレ甲府 対 コンサドーレ札幌の試合をですが、2-0で甲府の勝利となりました。前半と後半始めに得点した甲府が残り時間ドン引きで守りきった感じでした。ウィルソンは言わずもがなですが、「上手い」「速い」「動く」堀米がキープレイヤーですね。堀米です。ここテストに出ます。笑 甲府はロングパス主体ではありますが、強いウィルソンに当てるというより、中央からサイドへの斜めの動きで裏をかなり狙ってくるスタイルです。次節フロンターレは4バックではオーバーラップしたSBの裏を突かれることが多くなる為、3バックでCBがワイドに対応して欲しいかなと思います。次に得点シーンですが、右サイドからのセンタリングの…

  • 第5節 ベガルタ仙台戦(A) マッチレビュー

    長谷川、賢太郎の2ゴール完勝!怪我人が多い中、本当に貴重なアウェイでの勝ち点3ですね^^攻撃の推進力がいつもより目立っていましたが、それは試合スタッツでも表れていました。 この試合、フロンターレがボールを回し相手をいなすイメージよりも、迫力のある攻撃で相手を圧倒していたイメージの方が強かったです。というのも、スタッツでも以下の通りポゼッション率、パス本数共に仙台の方が上回っていますが、シュート本数が仙台の2倍以上の20本です。 これはただ単に縦ポンしていたワケではなく、手詰まりになることなくスムーズにシュートまでいけていたということだと思います。その大きな要因は2トップを敷いたことです。そもそ…

  • 小林悠 W杯最終予選 タイ戦(3/28)選出!

    久々の代表選手おめでとう!!フロサポとしては代表初ゴールを是非ともお願いしますよ^ ^あと、怪我は絶対しないでね!!!!UAE戦のことも少し書きます。 代表戦は見るけど、フロンターレの選手が出ていなければ、あまり興味はないです笑先日のUAE戦は今野がMOMばりの活躍でJリーグサポとしては、ワクワクしました!というか、攻守に渡って一番動き良かったんではないかなと思っています。あと、同じガンバの倉田を途中交代ながら、出場しましたね。大きな印象は残せていない感じでした。。ただ、代表のトップ下とはどういう人材が良いのかよくわかりません。流動的な動や2列目からの飛び出しでチャンスメイクするタイプ?それと…

  • 次節 ベガルタ仙台をスカウティング

    ベガルタ仙台 対 柏レイソルの試合を基に仙台をスカウティングします。この試合、両チームともに運動量が多く球際も激しく、かなりタフなものでした。また、ハーフタイムの指示により、攻め方が明確に。後半はとても良い攻撃に修正されていました。 結果は91分に柏の一瞬のスキを突いて奥埜がゴール。1-0で仙台の勝利となりました。ゴールは一つでしたが、89分にも前線からのプレスでGKと1対1の局面を作っています。90分近い時間帯でも運動量と集中力、粘り強さが仙台の武器ですね。簡単にスキ突かれるフロンターレにはかなり苦手な相手だと思いました。。まず、基本フォーメーションは3-4-2-1。守備時には5-4-1に変…

  • 第4節 FC東京戦(A) マッチレビュー後半

    田坂、僚太、奈良のミスを拾われ怒涛の3失点。後半の試合運びは悪くないと思ったんだけども3失点。70分にネット→長谷川の交代以降のハイネルのトップ下に可能性。 迫力の無かった前半を終え、後半はどうだったかというと。チャンスシーンにペナルティエリアにいる人数は増えてはいましたが、中央を崩せずサイドからのクロスばかり。相手SHのプレスバックできており、精度の高いクロスは上げさせてもらえませんでした。そして、自爆の3失点。。。ということばかり言っても仕方ないのでポジティブにいきます!!私はハイネルのトップ下起用に可能性を感じました。スピードが速く、ボールが運べ、シュート意識が高い。それでいて、大塚のよ…

  • 第4節 FC東京戦(A) マッチレビュー前半

    楽しみにしていた多摩川クラシコ。0-3でボコられました。そして、嘉人に決められてしまった、これが一番辛いな。そんな試合でしたがしっかりと見直して、涙を流しながらレビューします。今回は前半なので前半のレビューです。後半は翌日にアップします!見てね^^ 辛い。辛すぎる。。( ;∀;)が、切り替えます。前半はボールを保持できていましたが、ペナルティエリア内での決定的なシュートがありませんでした。ラストパスがズレているというよりも、そもそもチャンスのシーンにペナルティエリア内にいる人数が少ないです。それが攻撃に迫力がないと言われている理由だと思います。以下は僚太が橋本をかわし、僚太→憲剛→悠とパスが繋…

  • 次節 FC東京をスカウティング

    久々に嘉人を90分間フルで見ました。相変わらず激昂してました。笑はい、まじめなスカウティングレポートです。 FC東京対ガンバ大阪の一戦は0-3でガンバの圧勝でした。内容でみても、90分間常にガンバが個人と組織で圧倒していました。本当にこの試合、ガンバの印象がかなり大きく残ったものとなりました。今度、番外編で記事書こうかな。さて、本題のFC東京のスカウティングですが、オフェンスはポゼッションスタイルかと思いきや、前線からプレスされると簡単にロングボール放り込むスタイルでした。ただ前線は嘉人、永井、河野(中島)、東といった長身タイプではない人たちなので、競り負けてセカンドボールを拾われるシーンが多…

  • 第3節 柏レイソル戦(H)

    おめでとう!奈良ちゃん復活!!この勝利は奈良ちゃん抜きではなし得なかったのではないだろうか。それと、憲剛の駆け引き上手。 コーナーキックと相手のミスから2点を奪い2-1で勝ちました。前半始めの最高なリズムの中、得点が奪えてなかっただけに「カウンター一発で負ける」という悪い時のフロンターレが頭をよぎりましたが、この試合もセットプレーで先制し主導権を握ることができました。もう、あれですね、良い流れで得点が取れない時は「セットプレーで取れる」というイメージに塗り替えた方が良いですよね。まず、サポーターがそういう意識付けをすることが大事!奈良ちゃんのフル出場!ディエゴオリベイラに競り勝ち、1対1を止め…

  • 次節 柏レイソルをスカウティング

    次節は柏レイソル。あまり良いイメージはないですが、ホーム初勝利を願って分析していきます。 柏はオーガナイズな守備とシンプルなサイドアタックが特徴で、低い位置からビルドアップしてくるチームにはめっぽう強いイメージでしたが、前節はガンバの運動量豊富な守備と攻撃に押され、1-3で敗れてしまいました。3点取ったガンバですが、今回は柏に対するガンバの守り方について書きます。ACLで過密日程だったにも関わらず、引いて守らず前線と中盤が連動した守備で柏のやりたい攻撃を防いでいた印象です。特にアデミウソンはとても良かった。(顔が中田ヒデにそっくり)以下はガンバの3人が連動した守備でボールを奪ったシーンです。 …

  • 第2節 サガン鳥栖戦(H) その3

    その3なのだ。「憲剛と悠の死角からの動き出し」3日連続のアップ頑張りました!本当に頑張りました。お願いです、読んでください( ;∀;)(木曜日は柏レイソルのスカウティング記事をアップ予定なので実質4日連続ですね。。) 私は趣味でフットサルをやっているのですが、今回の「憲剛と悠の死角からの動き出し」はとても参考になりました!こうやって、一つ一つのプレーをじっくり見るとホントに色々な技術に気づけて勉強になります^ ^さっそくですが、 憲剛がCBの裏に抜け出し、相手の死角に入ったあとスッと動きなおし相手の間に留まります。ネットは迷わず憲剛とのワンツーでバイタルエリアへ侵入します。残念ながら点には繋が…

  • 第2節 サガン鳥栖戦(H) その2

    その2でござる。「ノボリとダイアゴナルラン」ダイアゴナルランって言えば、なんかサッカー知ってる雰囲気出るよね。ダイアゴナルラン、ダイアゴナルラン、ダイアゴナルラン・・・。 惜しくも引き分けで終わってしまったサガン鳥栖戦(H)のマッチレビューその2になります。その2があるということは、もちろんその1もあるので、もし良かったらそちらもお読みいただければ幸いです!(その3もあります。明日アップ予定です。)今回は「ノボリとダイアゴナルラン」となります。まず、ノボリの特徴としては皆さんご存知の通り、スピードですよね!スピードを活かし、ドリブルで仕掛けるシーンをサガン鳥栖でも見せてくれました。最近ではクロ…

カテゴリー一覧
商用