searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Salva Vidaさんのプロフィール

住所
豊島区
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
日系 Nikkey パートナーズ
ブログURL
http://ohatyuu.hatenablog.com/
ブログ紹介文
アメリカ、中南米の日系人の活躍、日本とのつながり、在日日系人の支援などについて書いていきます。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2017/02/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Salva Vidaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Salva Vidaさん
ブログタイトル
日系 Nikkey パートナーズ
更新頻度
集計中
読者になる
日系 Nikkey パートナーズ

Salva Vidaさんの新着記事

1件〜30件

  • 日系ブラジル人の木須デソウザ・フェリペ選手がオリックスに育成ドラフト4位指名

    2017年のプロ野球ドラフトで、今年も日系人が指名されました。 オリックスに育成ドラフト4位での指名となった日系ブラジル人の木須デソウザ・フェリペ選手です。おそらく、捕手として入団した日系ブラジル人は初めて。 名前:木須デソウザ・フェリペ(Kisu Desouza Felipe) 生年月日:1999年9月4日 出身:静岡県富士市 高校:御殿場西高(静岡県) ポジション:捕手、右投右打 身長・体重:176センチ73キロ 木須選手は、両親ともブラジル出身の日系人ですが、本人は日本生まれ日本育ちです。 御殿場西高校では2年秋からレギュラー捕手。甲子園出場はかなわなかったものの、二塁送球タイムが1・8…

  • 映画『禅と骨 Zen and Bones』を鑑賞、アイデンティティの混乱だけでは語れない情熱

    日系アメリカ人の禅僧を追ったドキュメンタリー映画『禅と骨 Zen and Bones』を見ました。不思議な映画でしたが、主人公のヘンリ・ミトワの波乱万丈、わがまま、自分勝手とも言える生き方をドラマ、アニメも交えて描いた、すばらしい作品でした。ただ、この人が自分の家族だと、かなり迷惑ですが。 www.youtube.com 主人公のヘンリ・ミトワは、1918年、横浜でドイツ系アメリカ人の父と新橋の芸者だった母の間に生まれた日系アメリカ人。裕福だった幼年期から父親の米国帰国後は貧しい生活を強いられました。また日本では外国人として特高警察にマークされ、1940年に米国に渡ってからは敵性外国人として収…

  • 映画『エルネスト』、フレディ・マエムラの故郷ボリビア・トリニダと日系人

    キューバ革命の英雄であるエルネスト・チェ・ゲバラ、そしてゲバラと共にボリビアで戦ったフレディ・マエムラを描いた映画『エルネスト』を見ました。 www.youtube.com 映画は前半のゲバラ広島訪問と、後半のキューバ・ボリビアに大きく分かれています。特に前半のゲバラの広島訪問の描写がとても良かった。平和公園の原爆死没者慰霊碑に書かれている「(安らかに眠って下さい)過ちは 繰返しませぬから」になぜ主語がないのかと指摘したことや、原爆資料館の視察で「アメリカがこんなにひどいことをしたのに、どうして日本人は怒らないのか」という言葉、観光せずに原爆病院の患者を見舞うシーンなどは、ゲバラの人間的魅力、…

  • 韓国移民歴史資料館を訪問。日本語のガイドもあり、充実した展示でした。

    海外に在住する韓国人やその子孫は700万人以上と言われています。その移民の歴史を紹介している資料館がソウルの仁川にあります。「韓国移民歴史資料館」です。仁川は港町、最初の移民が旅立った地。日本にも横浜に「海外移住資料館」、神戸に「海外移住と文化の交流センター」があるのと同じですね。 今回、韓国を訪問する機会を利用して、この「韓国移民歴史資料館」に行ってきました。ソウル市内から地下鉄などを使い約1時間半。仁川駅からバスで10分程度と、結構時間がかかります。 「韓国移民歴史資料館」は2008年に開館。地下1階、地上2階の展示スペースがあり、なかなか立派な施設です。日本語のパンフレットのみならず、日…

  • アトランタ・ブレーブスのルイス・ゴハラが日系ブラジル人として初のメージャー登録、そして初勝利!

    アトランタ・ブレーブスの日系ブラジル人ルイス・ゴハラが2017年9月5日に初のメージャー登録され、初登板となった7日のテキサスレンジャーズ戦では黒星を喫したものの、14日のワシントン・ナショナルズ戦では6回を6安打2失点に抑え、初勝利をあげました。サイ・ヤング賞を受賞しているシャーザーに投げ勝っての勝ち星でした。 【略歴】 ルイス・ゴハラ(郷原)Luiz Henrique Pego Gohara 生年月日:1996年7月31日(21歳) 身長/体重: 191cm/95kg、左投げ左打ち 出身:ブラジル・サンパウロ州・トゥパン(Tupã) ルイス・ゴハラは1996年ブラジル生まれの21歳。サンパ…

  • 山口県周防大島町の「日本ハワイ移民資料館」について:移民の島にある貴重な資料館です。

    日本人の海外移住に関する資料館としては、横浜の「海外移住資料館」や神戸の「海外移住と文化の交流センター」が有名ですが、常設・公開している施設として山口県周防大島町(すおうおおしまちょう)に「日本ハワイ移民資料館」もあります。 日本ハワイ移民資料館 なぜ、瀬戸内海に浮かぶ山口県の島に「日本ハワイ移民資料館」があるのか不思議に思うかもしれません。もともと山口県は海外移住の多い県の一つですが、その中でも、ハワイについては大島郡からの移住が突出して多いからなのです。 1885年(明治18年)の第1回官約移民でハワイに渡った日本人944人のうち、山口県出身者が420人、その内数として大島郡からは305人…

  • JICA海外移住資料館、来館者50万人突破!

    2017年8月25日(金)、JICA横浜にある海外移住資料館の来館者数が50万人を突破しました。50万人目となったのは、女子中学3年生と引率の先生でした。その時、たまたま、資料館を訪問しており、お祝いの模様に遭遇しました。 JICA海外移住資料館、来館者50万人突破! | 2017年度 | トピックス | JICA横浜 - JICA 海外移住資料館は、2002年に開設されていますので、15年で50万人を超えたことになります。年間平均にすると33,000人の来館ということになりますが、2013年3月に30万人、2015年9月に40万人を迎えていますので、近年、入場者数が確実に増えているようです。…

  • 河野外務大臣が訪問したワシントンDCの「国立日系米国人慰霊碑」

    河野外務大臣が、米国訪問中の8月16日(水)、ワシントンDCの「国立日系米国人慰霊碑」を訪問されるとともに、日系人代表者との食事会を行いました。日系人の方々と共に日米関係の一層の強化に貢献していきたい旨述べています。 河野外務大臣の国立日系米国人慰霊碑献花及び日系人関係者との夕食会 | 外務省 大臣が訪問した「国立日系米国人慰霊碑」や食事会で面談した団体について、以下の通りまとめてみました。 国立日系米国人慰霊碑 (National Japanese American Memorial to Patriotism) 第2次世界大戦中に敵国の一部とみなされ強制収容された日系アメリカ人の苦難と自由…

  • 日系ブラジル人が増加中の島根県出雲を訪問

    今年のお盆休みに、島根県の出雲に行ってきました。目的は出雲大社の参拝ですが、以前、以下の記事を見てから、日系ブラジル人が多い街として注目しており、ブラジル文化に触れることができるのではないかと期待もしていました。 www.asahi.com 記事によると日系ブラジル人のほとんどが出雲村田製作所で働かれているとのこと。人材派遣会社のアバンセ社が仲介したとあります。その他、同業のフジアルテ社も出雲に支店を構えていますね。 アバンセ社は通訳ができる社員約20人を出雲に置き、住宅あっせんや、送迎、病院の付き添い、地域社会に受けれられるため、ごみの分別指導までしているとのことです。 自治体別のブラジル人…

  • 【訃報】元格闘家のドン・中矢・ニールセン(日系三世)が死去、ルーツは愛媛

    昔の格闘技ファンにはお馴染み、1986年に前田日明と異種格闘技戦を戦い、日本の総合格闘技ブームの火付け役にもなった格闘家(キックボクサー)のドン・中矢・ニールセンさんが8月15日、バンコクにて亡くなったとの報道がありました。享年57歳でした。まだ若いのに残念なニュースです。 efight.jp ドン・中矢・ニールセンといえば、なんといっても、1986年10月9日 - 両国国技館で行われた新日本プロレス「INOKI 闘魂 LIVE」での前田日明と異種格闘技戦です。当時、生放送で見ていましたが、伝統的なプロレスに中心の世界において、衝撃的な一戦でした。前田を格闘王へと導くとともに、UWF、K-1へ…

  • 河野・新外務大臣、日系アメリカ人との交流に注力、外国人労働者受け入れに前向きな考えも

    外務大臣に就任した河野太郎衆議院議員は、かつてより日系アメリカ人との交流に力をいれており、日本にとって日系人の重要性を説いてきました。 日経ビジネスの記事でも、総理はワシントンだけでなくロスアンジェルスの日系社会を訪問するよう主張しており、それが2013年の岸田外務大臣に続いて、2015年に安倍総理のカリフォルニア訪問の実現にもつながっています。安倍首相が小東京訪問:日本と日系人の絆を確認(Rafu Shimpo) 日系人との連携強化には非常に心強い外務大臣の誕生と期待できそうです。 business.nikkeibp.co.jp business.nikkeibp.co.jp 中南米の日系人…

  • 日系四世向けビザについて反対ですか、それとも「条件付き賛成」?

    日系四世のワーキングホリデービザについて、7月31日付けで読売新聞でも報道されました。 www.yomiuri.co.jp その内容が、ブラジルで下地議員が説明したものと異なるということで、現地日系社会では戸惑いがある模様です。特に、日本語能力(能力試験N4レベル=基本的な日本語を理解できる)が要求されること、家族帯同が不可ということが大きな違いのようです。N4だと、ある程度勉強する必要がありますからね。 ただ、単なる「労働力の確保」ではなく、「次世代を担う4世が日本での生活を体験して現地と日本の懸け橋となる」というワーキングホリデーの主旨に近い内容になっているようにも感じられます。 www.…

  • 日系4世向けのワーキングホリデー制度案をブラジル・ペルーで説明

    日本維新の会の下地幹郎議員他がブラジル、ペルーを訪問し、日系4世向けに検討されているワーキングホリデー制度について日系団体・日系人に説明されました。 下地議員は以前より日系人支援・連携に積極的で、今年2月には日系4世の定住在留資格について安倍総理に質問し、総理から前向きな答弁を引き出しています。 ohatyuu.hatenablog.com その後、経済界の期待もあり、自民党の1億総活躍推進本部の提言書に「日系四世の日本での活躍」の項目が設けられ、その具体策として「日本語を学びながら働ける四世向けのワーキングホリデー制度の新設」が提案されました。 ohatyuu.hatenablog.com …

  • メジャーリーグ2017年前半戦終了、日系人プレイヤーの活躍は?

    2017年のMLB前半戦が終了しましたので、日本にルーツを持つ日系人選手の成績をまとめてみました。 クリスチャン・イエリチは悪くはないものの、WBC出場を経てさらに飛躍するかと期待していましたが、昨年と比べると全体的に成績を落としています。ホームランも昨年の21本から、前半は8本のみ。後半戦の活躍が待たれます。カイル・ヒガシオカは初めてメジャーに昇格したのが日本でも話題になりました。しかし初ヒットは出ず。サンチェスが戻ってきてマイナー落ちしてしましたが、次のチャンスをものにしてほしいですね。 今回は、日系アメリカ人だけでなく、日系ブラジル人もリストアップしました。期待はブレーブスにトレードされ…

  • 訃報・神内良一さん、南米日系社会の医療・福祉等に多大な貢献

    消費者金融プロミスの創業者の神内良一さんが、6月27日、亡くなりました。90歳でした。 www.nikkeyshimbun.jp 神内さんといえば、ブラジルをはじめとした南米の日系社会の医療福祉等に多大な貢献をされてきた方です。1987年にプロミスの会長職を離れたのち、1989年に神内良一国際福祉事業所を開設、1997年には「日本国際協力財団」を設立し、発展途上国支援事業、日系支援事業を幅広く実施されました。 「日本国際協力財団」HPには、神内さんの日系移民への思いが以下の通りつづられています。「少年時代は、当時流行していた「冒険ダン吉」に憧れ、20代には南米ブラジルへの移住を真剣に考える等、…

  • 二人の日系人が米球界入り:日系アメリカ人のケストン・ヒウラ内野手、日系ブラジル人のエリック・パルディーニョ投手

    アメリカとブラジルから、将来有望な日系人が米球界入りすることになりました。アメリカではケストン・ヒウラ二塁手がミルウォーキー・ブリュワーズにドラフト指名され、そしてブラジルからはエリック・パルディーニョ投手がトロント・ブルージェイズと契約を結びました。今後、活躍が期待される二人の日系人選手の情報をまとめました。 1.ケストン・ヒウラ (Keston Wee Hing Natsuo Hiura) ●1996年8月2日生(21歳) ●カリフォルニア州バレンシア ●カリフォルニア大学アーバイン校 ●日系三世(父方の祖母が日本人。中国系でもある。) ケストン・ヒウラ選手はバレンシア高校時代から好打者と…

  • 「中南米日系社会との連携に関する有識者懇談会」の提言、「協力」から「連携」関係へ

    外務省が開催した「中南米日系社会との連携に関する有識者懇談会」において合計4回の会合を経て提言がまとめられ、2017年5月9日、外務大臣の代理として薗浦健太郎外務副大臣に報告書として提出されました。 「中南米日系社会との連携に関する有識者懇談会」報告書の薗浦外務副大臣への提出(結果) | 外務省 今回の提言の主題は、日本と日系社会の関係を、日本の「協力」から、両者の「連携」に発展させること。報告書の内容は網羅的なものではありますが、強調されているのは、以下の3点だと考えます。つまり、これらは現時点での課題ともいえます。 1.次世代育成、日系団体に属していない日系人の取り込み 2.親日家・知日派…

  • 「日本語指導が必要な子ども」が4万3千人以上。そのうち日系人が多く、ブラジル政府も支援を検討。

    文部科学省が公表した『日本語指導が必要な児童生徒の受入状況等に関する調査(平成28年度)』によると、「日本語指導が必要な児童生徒」は4万3千人以上(外国籍が3万4,335人、日本国籍が9,612人)で、前回調査よりも約6,800人(約18.5%)増加したという結果となっています。 日本語指導が必要な「外国籍の児童生徒」を母語別で見ると、前回調査と同様、ポルトガル語を母語とする者が 25.6%(前回28.6%)と最も多く、次いで、中国語が23.9%(22.0%)、フィリピノ語が 18.3%(17.6%)、スペイン語が 10.5%(12.2%)であり、これらの4言語で全体の 78.2%(80.4%…

  • レオナルド松田、『Inner Workings』でブラジル人として初のディズニー監督に

    ディズニー映画『モアナと伝説の海』を見た方も多いと思います(私も子供と鑑賞し、映像と音楽に感動しました)。そのモアナと同時上映されたのが、短編映画『インナー・ワーキング(Inner Workings)』です。主人公は、まじめにきっちりと内勤の仕事をこなす会社員のポール。彼の中の、常に同じように働くことを指令する「脳」と、自分の欲求に従って弾けてみたい「心」や「臓器」の葛藤が描かれた作品となっています。 www.youtube.com 動画を見ておわかりのとおり、主人公は、東洋人のような顔立ちをしており、日本人といっても違和感がないと思います。実は、この映画の監督は日系ブラジル人のレオナルド松田…

  • 中南米の日系人を描いた映画のまとめ(『エルネスト』が今秋公開されるので)

    チェゲバラと一緒に革命に身を投じた日系ボリビア人を描く映画『エルネスト』が今秋10月に公開されます。フレディ前村という日系人の知られざる生涯を描いた日本・キューバ合作で、オダギリジョーの主演。キューバでの撮影、それからゲバラ本人が訪れた広島のシーンもあります。楽しみですね。 www.youtube.com 日系アメリカ人の映画はいろいろありますが、中南米の日系人を描いたものは多くはないので、主な映画を以下にまとめてみました。日本未公開のものも入れています。 『サンゴーヨン★サッカー』(2015年 日本) 群馬県大泉町と太田市を舞台に、日本人と日系ブラジル人との交流や友情などを描く作品。日本とブ…

  • 『ハルとナツ 届かなかった手紙』と野際陽子さん

    女優の野際陽子さんが6月13日に亡くなられました。数多くのドラマや映画に出演されましたが、日系社会にとっては、2005年にNHKが放送80周年記念ドラマとして5回にわたって放送した『ハルとナツ 届かなかった手紙』のナツ役(平成編)が印象に残っているのではないかと思います。 このドラマは、1934年(昭和9年)、北海道からブラジル・サンパウロに家族とともに移民した姉のハル(9歳)と、眼病のため独り日本に残された妹・ナツ(7歳)の姉妹が主人公。ブラジルで移民として苦難の道を辿ったハル、戦中戦後の激動の日本で生き抜いたナツが、70年ぶりの再会を果たし、互いに書き送りながら「届かなかった手紙」によって…

  • 6月18日は海外移住の日!ブラジルに日系移民が到着した日です。

    6月18日は「海外移住の日」です。1908年6月18日に日本人移住者781名を乗せた移民船「笠戸丸」がブラジルのサントス港に初めて入港したことにちなんだもので、1966年に制定されました。 6月18日 海外移住の日|なるほど統計学園 日本から海外各地へ移住した人々の歴史や、国際社会への貢献などを振り返り、日本と移住先国との友好関係を促進するための記念日となっています。ちなみに、ブラジルでも6月18日は「日本人移民の日」とされています。 毎年、JICA横浜の海外移住資料館では、「海外移住の日」にイベントが開催されていますが、今年(2017年)も以下の通り開催されます。 2017年6月17日(土)…

  • 自民党の1億総活躍推進本部の提言書:日系四世の日本における活躍

    自民党の1億総活躍推進本部が政府への提言書をまとめました。その中には、「日系四世の日本での活躍」が含まれています。 www.asahi.com 日系人については、三世やその配偶者は、就労活動に制限のない在留資格が与えられているものの、四世の場合はかなり制限された資格しかありません。そのため、日系社会のみならず、貴重な労働力として期待する経済界からも、制度の緩和の声が上がっていました。 今回まとめられた1億総活躍推進本部の提言書には、日本語を学びながら働ける四世向けのワーキングホリデー制度の新設とともに、在留資格の拡大の議論も開始することも含まれています。具体的には、以下の通りです。 ④ 日系四…

  • ブラジル・アマゾン・ラーメン Lamen Açu ピリピリと舌を刺激する独特なスープ

    ブラジルのサンパウロで話題のアマゾン・ラーメンを食べてきました。 お店の名前はラーメン・アス(Lamen Açu)。ブラジル北部のアマゾン地域にある日系移住地トメアス(Tomé-Açu)出身の方が開店されたラーメン屋です。 一番人気はアマゾン・ラーメン。アマゾンの香辛料を使ったスープが特徴的なラーメンです。ジャンブーというジャングルに生えている舌がピリピリとしびれる香草が入っており、食べている途中で舌を刺激します。しかし、スープはマイルド。麺はストレート細麺でした。そしてアマゾンの川エビがのっています。食べてみる価値ありです。 www.nikkeyshimbun.jp アマゾン・ラーメン以外に…

  • 『ボリビア移民の真実』、サンファン入植初期の貴重な回顧録

    2009年に出版された『ボリビア移民の真実』を読みました。ボリビアには「オキナワ」と「サンファン」という2つの日系移住地が存在していますが、この本は「サンファン」への入植初期の苦闘を、移住支援機関の農業技術者として勤務した経験をもとに記しています。 ボリビア移民の真実 作者: 寺神戸曠 出版社/メーカー: 芙蓉書房出版 発売日: 2009/10 メディア: 単行本 クリック: 3回 この商品を含むブログを見る 筆者は6年以上もの間、サンファンで活動・生活しており、当時の移住地の混乱、移住者たちの苦闘がリアルに描かれています。 ボリビアは南米で最も遅く集団移住が計画・実施された国です。1956年…

  • 安倍総理の北米・ハワイ・中南米の日系人訪問のまとめ:日系人は「日米の未来の希望」、日本と中南米は「Juntos!!(共に)」

    安倍総理が、北米や中南米を歴訪される際には、現地の日系社会・日系人との懇談を行うのが恒例になっています。そこで、ここ3年くらいの主なものをまとめてみました。 特に、2014年8月2日のブラジルでの「中南米政策スピーチJuntos!! 」や、その中にある日系社会支援方針が現在の日系人重視につながっていると思われ、重要性が高いものです。また、2016年11月21日のアルゼンチンでの「中南米日系人スピーチ」についても、日系人からの評価が高い内容でした。 2014年8月2日「中南米政策スピーチJuntos!! &日系団体主催歓迎会」ブラジル・サンパウロ 於:文協ビル 安倍総理は「Juntos!! 日本…

  • 日本で活躍する日系人歌手・ミュージシャンのまとめ

    アメリカや中南米で活躍している日系ミュージシャンもいますが、日本で活躍している、または活躍した日系人歌手・ミュージシャンをまとめてみました。 1.アルベルト城間: ラテン・バンド「DIAMANTES」のボーカル 出身地:ペルー・リマ(日系三世) 誕生日:1966年6月13日 経歴: 19歳の時、パン・アメリカン歌謡コンクールで優勝し、副賞の航空券で来日。琉球太鼓など古典の芸事を学びながら音楽活動を続け、91年にDIAMANTESを結成。代表曲は『ガンバッテヤンド』(1993年)、『勝利のうた』(1994年)、『魂をコンドルにのせて』(1995年)など。近年は音楽イベント「OKINAWA LAT…

  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』、ホワイトウォッシングを語る4人の日系女優

    『ゴースト・イン・ザ・シェル』を鑑賞しました。「ホワイトウォッシング」(=アメリカ映画業界で白人以外の役柄に白人俳優が配役されること)の議論があることは知っていましたが、オリジナルのアニメについて全く知識が無く見たので、あまり違和感なく、ハリウッドの娯楽映画として楽しめました。ヨハンソンが演じる「少佐」が(人種を超えて)とてもかっこいい。敢えて言うと、お母さん役の桃井かおりと素子役のヨハンソンが会話するシーンで、素子としてのもう少し日本人的な深い心情描写があったら、さらに良かったと思いました。 さて、日本人役を白人が演じた『ゴースト・イン・ザ・シェル』ついて、アメリカで活躍する4人の日系女優が…

  • 日系人としては初のゆるキャラ、沖縄観光PRが仕事のハワイ出身の日系三世「マハ朗くん」、ハワイの日系移住の歴史とは。

    沖縄観光PRの新キャラクターとして、日系人としては(たぶん)初のゆるキャラとなるハワイ出身の日系三世「マハ朗くん」が誕生しました。 マハ朗くんは、うちなーんちゅ(沖縄県人)のおばあちゃんを持つ日系三世。2016年に沖縄で開催された「世界のウチナーンチュ大会」で「花笠マハエちゃん」(同じく沖縄観光のキャラクター)に一目惚れして来日したという設定です。 travel.watch.impress.co.jp www.youtube.com ここで、ハワイ出身の日系三世「マハ朗くん」というキャラクター設定にある背景等について調べてみました。 1.ハワイの日本人移民について ハワイには日系人がたくさんい…

  • 日系カイル・ヒガシオカ捕手(ヤンキース)がメージャー・デビュー!田中投手と初の日本人・日系人バッテリー実現か。

    カイル・ヒガシオカ選手が、ついにメジャー・デビューを果たしました! 正捕手であるゲーリー・サンチェスがファウルを打った際に右上腕二頭筋を負傷して退場。4月9日から10日間の故障者リスト(DL)入りしたため、ヒガシオカ選手が、急遽、3Aから昇格しました。 そのヒガシオカ選手、4月10日、タンパベイ・レイズ戦に9回の守備から出場し、メジャー初出場となりました。また、12日には同じくレイズ戦で先発デビューを果たしました。最後までマスクをかぶって、8-4の勝利に貢献しています。打撃のほうは4打数無安打でしたので、次は初ヒットに期待です。そして田中将大投手とのバッテリーを組むこと。初の日本人・日系人バッ…

カテゴリー一覧
商用