searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

こうさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
こう・ストーリーズ
ブログURL
https://kohnakasug.exblog.jp/
ブログ紹介文
詩を書くのが好き。むかしの日本映画が好き。自然とひとりの暮らしをつづります。
更新頻度(1年)

166回 / 365日(平均3.2回/週)

ブログ村参加:2017/01/29

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、こうさんをフォローしませんか?

ハンドル名
こうさん
ブログタイトル
こう・ストーリーズ
更新頻度
166回 / 365日(平均3.2回/週)
フォロー
こう・ストーリーズ

こうさんの新着記事

1件〜30件

  • しんだサカナの眼・・・。

    この頃の施政者の目を見ていると、どろっとしていて、しんでいる・・・と思ってしまう。総理もそうである。各大臣もそうである。都知事もそうである。なにを言ってい...

  • 「闘い」について

    この暑さは尋常ではなくて、仕事に行くときは、一応の格好をしていかなければならないので、ことに辛い。まず、自宅から最寄りの駅まで。これでだらだらと汗をかく。...

  • 【詩】堕・天使

    昔、なにか とても 哀しいことがありわたしの懐かしい友がちいさな画面に太い文字で 訴えている あのこと あのことここで、言いましょうと発言しているああ、そ...

  • 【詩】出迎え

    私が夜遅く駅に降りたら、改札口のところに小さい妹がいた。わたしに気づかず改札の奥を見つめているあ、〇〇ちゃん、と声をかけたが全く気付かないうしろを向いて誰...

  • エアコンの話と、知らぬ町の話

    うちの二階は暑い。今日も帰ってきたら、温度計は34度! いつもなら、すぐにエアコンをつけるのだが、その前に洗濯物を取り入れようと窓を開けたら、けっこうひん...

  • 「学燈」の記憶

    わたしが高3の受験生だったころ、「学燈」という、現代国語の受験雑誌(たぶん)があった。わたしは、現代国語が苦手で、「どうせやったって、できるようにはならな...

  • 「お帰り 寅さん」感想

    山田洋次監督の映画、「お帰り 寅さん」をスマホで見た。なんというか、ノスタルジックというか、小説家となった満男君がところどころで想い出す形で、懐かしいとら...

  • ワクチン二回目接種副反応の記

    一回目の接種は何ともなかった。二回目のワクチン接種後のその日は、何ともなく、これは大丈夫だ、とまた夜遅くまで起きて中国語の勉強やらなにやらをしていたが、翌...

  • 父の書いた文字

    父は実に面白い形の字を書いた。元々、絵を描いたり何かを飾ったりするのが好きなのだったと思う。店の看板も、紙に大きく筆を色とりどりの絵具に浸し字を書いて作っ...

  • ビデオなしのオンライン英会話

    オンライン英会話をしている。十年前は仕事で英語を使うので英語力の強化(!?)のためにしていたが、今は世界のあちこちの人と話すのが結構エキサイティングでもあ...

  • 最近の駅や電車の英語アナウンスのこと。

    最近、電車や駅の英語アナウンスがうまい。発音は決して美しくはないが、「上手い」のである。これまでは、アナウンサーのような美しい声の録音で、ものすごくゆっく...

  • あちらの方が・・・

    わたしの詩はどうも、詩ではないようだがそれでも 頭を上げてあるくあちこちから言われたのでやうやう、わかるようになったわたしの詩は詩ではないようなのでならば...

  • ディコマと薔薇の花

    先日、米軍基地のある街を歩いていたら、向こうから、黒人の人と日本女性のカップルが歩いて来た。見た感じからどうも夫婦と思われた。外国人というだけで、すれ違う...

  • 生真面目者のユーモア

    わたしのユーモアのなさは相当なものである、と思っていた。今でもそう思う。家では結構おかしなことを言っていても、一旦外に出ると緊張してしまうせいか、人には「...

  • ドラマの感想

    「いいね!光源氏くん」に出ている沙織さん役の伊藤沙莉さんは、前に「これは経費で落ちません!」で、多部未華子さんの脇役で出ていた時は、とても好きだった。未華...

  • 父の晩年のこと

    父の晩年のとき、わたしと妹が順番に病室のベッドのそばに付き添った。折り畳み椅子ひとつしかなく、何時間も座っているのは非常に疲れるものだった。 ある日、交替...

  • 0.38ミリ フリクションボールペンのこと

    いつも持ち歩いている、書いて消せるフリクション・ボールペン。今までは0.5ミリ芯を使っていたが、先日文房具屋で0.38ミリというのがあって、それの三色ボー...

  • 定型のイメージ?:「さくら」と「少年時代」

    歌をひとつの定型に当てはめるのが嫌いだ。たとえば、超有名な、森山直太朗の「さくら」。それから、井上陽水の「少年時代」。カラオケで唄うと、前者は卒業式の風景...

  • 自分でないものを追いかける。

    この頃、山の緑がくっきりと見えて、風にさわさわとなびいている。昼に出かけると、空を背景に山の稜線がくっきりと見える。中学の頃は、テストなどで学校から早く帰...

  • R子の記憶

    R子はカモシカのような脚を持った女の子だった。中一で初めて同じクラスになったとき、彼女はいつも同じ仲良しグループにいて、そのグループの女の子たちとは、わた...

  • 「矢を追い払う」ー 荒川洋治氏の講演「文学の世界」

    NHKラジオアプリ「らじるらじる」が面白い。今聞いているのは、カルチャーラジオ「文学の世界」で、講師は詩作家の荒川洋治氏。本放送は、毎週木曜午後8時30分...

  • 【詩】プレゼント

    こんなふうに いやなことを 思い出す晩にはわたしが わたしに プレゼント。それは、枯れそうな花々のなかの一輪をちいさい花瓶に生けかえるのでもいいしまだ畳ん...

  • 自分は甘ちゃんだなぁ

    きょう会った人は、服を買いに店に入り、「これ買おうかしら」というので涼し気でいいと思うわよ、と言ったら買っていた。もっとも私が何と言おうとそれを買う人では...

  • 【詩?】いやなことって。

    いろいろなことがあり、あっちへ べらべらこっちへ ぷんぷん言うだけ言って 落ち着いて机の上を片づけコーヒーを飲んでいる姪が目を点にして聞いていたいやなこと...

  • 受胎告知の絵

    どこかの保険会社から貰ったファイルがあったので、これに英語の教材を入れることにした。「○○保険」と表紙に書いてあるので、以前、購読している新聞販売店から貰...

  • 【詩】同じ道を

    気がつくとあいかわらず 同じ道を歩いている。ひとりで 夜風に吹かれて土の道の両側には草がなびいているとおく 空が しらじらと明るくなっているわたしは どこ...

  • 下町の想い出

    五年程前、仕事も見つからず、友達もなく、行くところもなく、いはば「どん底」の気持ちで毎日を過ごしていた頃に、心理カウンセリングに通っていたことがある。それ...

  • 飲み会のおじさんたち

    以前勤めていた職場では「係長」だったので数少ない部下に指示を出すポジションだった。あまりうまく行かず、それに友人なるものがいなかった。仕事の話はしてもね。...

  • Sさんのこと。

    高校時代のある日、昼食の時間、一緒に食べる友達もいなくて、一人机でお弁当を食べながら「一人で食べるって恥ずかしいよなあ、でもわたしには決まった友達もいない...

  • 昔のこと。

    今でも思い出すのだが人はどうしてとつぜん、裏の気持ちが出てくるのだろう以前 とある文芸サイトでとても良いコメントを書いてくれる人がいてその人は誰にも優れた...

カテゴリー一覧
商用