searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

こうさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
こう・ストーリーズ
ブログURL
https://kohnakasug.exblog.jp/
ブログ紹介文
詩を書くのが好き。むかしの日本映画が好き。自然とひとりの暮らしをつづります。
更新頻度(1年)

139回 / 365日(平均2.7回/週)

ブログ村参加:2017/01/29

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、こうさんの読者になりませんか?

ハンドル名
こうさん
ブログタイトル
こう・ストーリーズ
更新頻度
139回 / 365日(平均2.7回/週)
読者になる
こう・ストーリーズ

こうさんの新着記事

1件〜30件

  • 1984「シャーロック・ホームズの冒険」感想

    もう、20年ぐらい前に買ったDVD「シャーロック・ホームズ」。二十数巻あり、たしか英語の勉強にもなるし・・・と思って買ったのだった。一本目を見て、「あーや...

  • ベランダから、空が見える。二階に昇る階段の踊り場の窓からも電柱の向こうに、やはり空が見える。夕刻、駅のロータリーの信号を渡るやはり、ビルの向こうに空が見え...

  • 感謝

    あたしはこれまで、退職後、いろいろ仕事の試験を受け、落ちたり受かったりしているがフト、なんで落ちたのか、力がなかったのか・・・などなど考えるがフト、面接を...

  • 言語脳

    久しぶりにNHK「ビジネス英語」を聞いた。聴き取り力が落ちたのでは・・・と心配していたが、別にそんなことはなく普通に良く聞き取れた。これはどういうことなの...

  • 昔と今

    「孔子学院」というのは、よくは知らないが日本や他の国にもある中国語の学校である。中国語を学びたいと調べていると必ずこの学校の名前が出てくる。先日、この学校...

  • 久しぶりの本屋

    久しぶりに駅の本屋に入ったら、一般教養書が様変わりしていて驚いた。コロナに関する本。コロナ後についての本もあったが、ビジネス書が様変わりしている。今迄のこ...

  • ラジオ更級日記(19)感想

    ラジオ古典講読の「更級日記(19)」を聞く。まことに可笑しい。主人公の菅原の孝標の娘は、子供の頃から物語に憧れ、物語のことしか考えられなかった女性であるが...

  • なにをするでもなく。

    なにをするでもなく一日が過ぎた今日したことは業者の人が来て、LED工事を頼んだ。明日の生徒の予習がオンラインで難しそうなので電話をした。夕食、一品つくった...

  • 【詩】決断

    そのうちに日本中を旅してわたしの ちくちく 眼の裏に 始終現れる思ひ出 を消して行こうと思うのだがどうだろう一人で一見、格好いいようだが その実ひとつ、ひ...

  • 西鶴一代女 感想

    溝口健二監督の「西鶴一代女」を見た。何かで、とても評判が高い映画なのでぜひ見るべき、というのを読んでDVDを買った。しかし、わたしの趣味には合わないようだ...

  • 揺るがない

    わたしが あの仕事場に 一年いて学んだことは 本当にすくなくたとえば今 紙を両面印刷しようとして長辺とじと短辺とじがありふつうに印刷するときは長辺だが横長...

  • 笑顔

    じぶんがじぶんなりにどん底の気分でいたときにふっと 上を見上げさせてくれたひとの 笑顔 が思い浮かぶ。それは新しい中国語の先生であったりカウンセリングを受...

  • 身の丈

    作家の沢木耕太郎さんが、旅に出ることは「自分の身の丈を知ること」と言っていた。では、私はどうなのだろう。旅に出たらまるで幼児ではないか。何もわからないまま...

  • 【詩?】朝

    朝はまことに勇気をもらえる。窓から照り付けるような陽光が入ってくる光のなかに粒粒が見える吸うだけで体に力が入ってくる夜、暗転として暗闇のなかに考えていたこ...

  • 気になるうち

    うちの横にある細い半開きの窓を開けると斜め向かいに淡い緑色の家が見えるむかし、八百屋のあったところその後建て替え、またまた建て替え今ではアメリカ人らしい旦...

  • 無駄な日

    なにか、人のためになることをしたいのだ、というそのことばが 頭の中でゴングのように鳴るだけで結局 じぶんは人助けよりか自分助けもできないと今日は炎天だった...

  • 【詩?】世界から

    あまり書けないときには本を読めばいいやね映画を見ればいいやねそうやって世界を広げて別の世界に浸っていれば いいやね 京都に住んでいた人を思い出す まったく...

  • 【詩】酷暑

    酷暑 ひとに 電話しようと思うが 「あー、連絡しようかと思っていたの・・・」と言われるのがいやでれんらくを 控えているそう、電話しようかと思っていたのねな...

  • ちりちり。

    この暑さは逃るるところなき、と言った風で夜になって窓を開けてもうわっという熱気が入り込んでくる。前はいくら暑いと言っても、夜になると少しは違ったのに。午前...

  • バスで帰る

    今日はまた、4時近くに喫茶店に行く。本を持って。海帰りの客らしき人が入っている。おしゃべりをして。だから、コーヒー一杯で本を読み、帰った。電車がまだ来なか...

  • 「后来」のYouTubeを載せます。ついでに歌詞も。

    昨日書いた「后来」。中国語のYouTubeを載せます。ほかにもありますが、こちらが良いと思いました。ついでに歌詞も載せます。(もしかして多少違うところがあ...

  • 中国語の歌「后来houlai」

    キロロの「未来へ」という曲は、中国語では、「后来(houlai)」という曲で歌われている、ことを最近知った。Amazon Musicで何か良い歌はないかな...

  • 今日の夕刻

    4時頃、外に出かけた。ようやく日が少し翳るくらいの時である。家々の壁が、白はすこし灰色に、ブルーはすこしくすんだ色合いになっている。行きは電車、次の駅で降...

  • 今に集中

    なにか じぶんにとっていやなことが 心に ふつふつと湧き上がってきたときには、なにか、ひとつ、いまのこと をする。ひとのため でもいいしモノを捨てることで...

  • できること

    まったく数人の ごく少ない友人でも会うとなると おっくうでまた、いやな感じを我慢したり言うことが言えなかったりするのだろうなと思うと会うに会えないこれでも...

  • パソコン教室③?

    きょうはまた パソコン教室でわたしのカレンダーに入ったスパムメールを先生が解決してくれた。「そら、かして」という眼は真剣そのものでパソコンが好きだから好き...

  • 【詩です】泡

    日常に 泡のように ぷくぷく ぷくぶく 現れるいやな思い出むなしい思い出しかたのない、思い出はみなさん、どう処理しているのだろうかすぐに気分転換するのだろ...

  • 映画「初恋の来た道」感想

    何年か前に見た中国映画「初恋のきた道」をふと思い出した。息子が父親の亡くなった時に故郷の村に戻ると、母親は町で急死した父親の遺体をトラクターで村まで運ぶの...

  • 再び村木さんのこと。

    NHKの「アナザー・ストーリーズ」で元厚労省事務次官の村木厚子さんのストーリーを見た。前に読売新聞のインタビューで連続して取り上げられていたので、大体のこ...

カテゴリー一覧
商用