プロフィールPROFILE

くえんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
貫之のこゝろ・私の元永本古今和歌集
ブログURL
https://5jnrystart.muragon.com/
ブログ紹介文
現在の伊達本「古今集」ではなく、元永本で、掛詞を解き、貫之の心、歴史の事実に迫ります。
更新頻度(1年)

8回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2017/01/05

くえんさんのプロフィール
読者になる

くえんさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(IN) 44,681位 46,087位 46,178位 46,273位 46,327位 46,246位 圏外 979,961サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
PVポイント 0 80 80 110 80 100 80 530/週
本ブログ 423位 442位 435位 430位 433位 428位 圏外 12,784サイト
古典文学 13位 14位 14位 14位 14位 14位 圏外 83サイト
歴史ブログ 242位 251位 251位 254位 257位 258位 圏外 4,216サイト
日本史 37位 39位 39位 39位 42位 41位 圏外 594サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(OUT) 70,579位 73,518位 73,497位 73,437位 圏外 圏外 圏外 979,961サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
PVポイント 0 80 80 110 80 100 80 530/週
本ブログ 612位 642位 644位 646位 圏外 圏外 圏外 12,784サイト
古典文学 18位 18位 17位 17位 圏外 圏外 圏外 83サイト
歴史ブログ 297位 313位 315位 317位 圏外 圏外 圏外 4,216サイト
日本史 48位 49位 47位 47位 圏外 圏外 圏外 594サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(PV) 11,325位 11,385位 11,118位 11,171位 11,466位 11,562位 11,585位 979,961サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
PVポイント 0 80 80 110 80 100 80 530/週
本ブログ 120位 122位 118位 116位 127位 129位 126位 12,784サイト
古典文学 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 83サイト
歴史ブログ 63位 64位 61位 62位 63位 63位 65位 4,216サイト
日本史 9位 9位 9位 10位 10位 10位 10位 594サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、くえんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
くえんさん
ブログタイトル
貫之のこゝろ・私の元永本古今和歌集
更新頻度
8回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
貫之のこゝろ・私の元永本古今和歌集

くえんさんの新着記事

1件〜30件

  • (37)「雑歌」は、雑多な歌ではない。

    古今集は、春の歌からはじまる。万葉集は、「雑歌」からはじまる。 これを「ざっか」と読んではいけない。「くさぐさのうた」だ。古今集には、第17、18に雑部がある。 くさぐさ=日(くさ=天皇)・具者。 つまり、天皇とその取り巻きの人々が詠んだ歌ということだ。 今でも、苗字が「日...

  • (17-2)早良親王は、何故出家したか。

    (17)早良親王は、井上内親王の子? のブログで北畠親房「神皇正統記」に、式家百川が、井上内親王を招き込んで、その息子早良親王を出家させたとあると、私は書いた。 百川がどう説得したのか? 躬恒の(956)の歌にその答えがある。 (956)山法師のもとにつかはしける   (凡...

  • (36)人丸は、従六位上。

    人丸は、かな序にある通り歌聖として、あがめられたが、六位と官位は低くその生涯は、多くの憶測に満ちている。伊達本では、定家は、彼を「正三位」としている。 (907)には、「此二歌は 或人云 柿下人丸かとそ云伝たる」の添え書きがある。(906)の歌と共に、作者は人丸というのだ。...

  • (35)升色紙にみる歌の不理解

    (34)で、拾遺和歌集が出された時は、歌の本意が理解されていたことをみたが、11世紀になると、書写からもその意が理解されていないことを説明したい。   写真は、升色紙の有名な古今集(613、作者は、清原深養父)の、伝藤原行成筆といわれるものを、私が臨書したもの。     い...

  • (34)拾遺和歌集にみる掛詞

    この歌集の冒頭に、壬生忠峯の歌がある。彼の歌は、評価高く、藤原公任は、作例の最高位にある歌としている。 (1)春立つと いふ許にや 三吉野の 山もかすみて 今朝は見ゆらん 春立つと=春(東宮、貞明親王)立つ(位に就く)と。 許=ばかり、許し。 三吉野の山=散(故)・吉野の山...

  • (33)脱字とされるが、掛字・万葉仮名から平かなへ-3

    秋萩帖のはじめ、二首の同じようにある脱字について解説したい。 ともに、一行目の一番下の文字が脱字とされる。私が臨書したのは、 下線部で、ともに文頭の掛字とみた。 ①安幾破起乃之多者以        あきはきのしたはい  ▢都久以末餘理處悲      「都」の左側部分が「路」...

  • (32)歌聖・人丸の歌(2)「ほのぼのと・・・」

    冒頭の仮名序の解説をした時、人麻呂の(409)のこの歌を読めていませんでした。万葉集の歌は、その訓読から、検討しなくてはいけないのだが、仮名序には、平かなで表記してあるので、この手間が省ける。この表記の通りに詠んでいたということ。万葉集の全歌について、平かな表記をしてくれて...

  • (31)「よき人のよしとよくみて…」

    古今集は、掛詞に満ち満ちている。それは、万葉集から受け継いだものだ。そこには、おいそれと、理解できない掛詞の連続。 万葉集巻第1(27)を解読します。 詞書には、「天皇 吉野の宮に幸す時の御製歌」とあるから、679年天武天皇が作った歌。 淑人乃  良跡吉見而   好常言師 ...

  • (30)漢字の威力・熟田津に船乗りせむと…

    (12)万葉仮名は、意味を引きずる でも言及したことであるが、漢字を万葉仮名として音として用いても、読者は、意味を忘れることができない。漢字は、意味を決定づける。 再び、万葉集の歌を取り上げて、その漢字の就縛から抜け出した、当時のインテリの歌を解読したい。 万葉集巻第1(8...

  • (29)業平が、文徳の母順子を毒殺

    (616)おきもせす ねもせてよるを あかしては はるのものとて なかめくらしつ おき=起き、息。 ね=寝、音。 よる=夜、寄る。 あかしては=明かしては、明し手(晴らした手段)は。 春のもの=情事のこと、→菱藻(砒霜)。 なかめくらしつ=眺め暮らしつ、中(胸中)・巡らし(...

  • (28)伊勢物語を掛詞で読むと…

    古今集の中に、業平の歌が30首も採られているが、その多くに長い詞書が添えられている。しかも、他の歌と比べられない程長い。同時代に、伊勢物語が知られており、業平は、私家集を残していなかったので、この優れた歌人の歌を引く時、伊勢物語からそのまま取ってきたように思える。 (404...

  • (27)「いろは歌」の意味

    古来、いろは歌は、いろいろな場面で使われてきた。初歩的、基本的な文字のラインナップで1,2,3のような記号のような使い方もあるし、「いろはも知らないで…!」などのいうようにも使う。また、その意味は、諸行無常の世界観を表していると思っていた。 いろはにほへと ちりぬるをわか...

  • (26)陽成天皇は、名歌人❣

    陽成天皇は、業平の子である。さすがに、歌もうまい! 業平の子の証明になるほどうまいと、思ってしまった歌を紹介します。 (1120)おちたきつ かはせになひく うたかたの おもはさらめや こひしきことを 「激しく流れる川瀬に揺れ動く泡沫は、恋慕っていることに思いをはせないので...

  • (25)陽成天皇は、業平の子。

    清和天皇の長男とされる貞明親王は、高子と業平との不倫の子であると暴露している歌がある。貫之が、「かな序」で絶賛した文屋康秀の作、(445)。良房が、源信を毒殺したとも暴露している(249)。 (445)二条后のまたみやすところと申ける時 かめにけつり花をさせるを よませたま...

  • (24)複数文字の脱字-3 (436)の場合

    巻第10 物名(436)には4字の脱字があるとされ、定家は、「あたなる」を補って入れている。 (436)さうひ                   つらゆき われはけさ うひにそみつる 花の色を ものと 云へかりけり 「私は今朝初めて見たが、世間で珍重しているこの花の色をあ...

  • (23)俊成が激賞した「むすふての…」

    藤原俊成(1114~1204没)が、絶賛したという貫之の歌がある。「…大方すべて詞ごとのつづき、姿、心、限りなく侍る成るべし 歌の本体は ただこの歌なるべし」 果たして、俊成は、この歌をどう解釈していたのだろうか。元永本が書写されたのが、1120年。このころは、歌の本意は、...

カテゴリー一覧
商用