searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

新橋さんのプロフィール

住所
船橋市
出身
金沢区

自由文未設定

ブログタイトル
47歳 新橋 サラリーマンが転職活動をしました
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/papari-555/
ブログ紹介文
新橋の中年サラリーマンの転職活動の記録です
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2016/12/24

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、新橋さんの読者になりませんか?

ハンドル名
新橋さん
ブログタイトル
47歳 新橋 サラリーマンが転職活動をしました
更新頻度
集計中
読者になる
47歳 新橋 サラリーマンが転職活動をしました

新橋さんの新着記事

1件〜30件

  • これは凄い本です:転職活動に悩んでいる方にお勧めの本

    転職活動をしていて、今後どういう方向に進めばよいのか、とか、どの業界がよい・伸びるのか、とかそもそも自分に向いている仕事はなにか、とか悩むことは多いと思いますが、この本はその悩みの大部分を解決してくれると思います。3年後に結果を出すための 最速成長 (ベスト

  • 景気が悪い 後進国の日本で転職活動をするということ GDP世界ランクは「22位」です

    転職活動をするにあたって、現在の日本経済の正確な状況を把握することは、非常に重要だと思います。昭和生まれの私も、いまだに、「日本が経済大国である」という意識が抜け切れず、非常に苦労をしています。データを見ると、日本の一人当たりの名目GDPは世界で22位です

  • 中高年の転職がなかなか決まらない当たり前の理由

    最近いろいろなブログを拝見して、中高年の方の転職活動が難航しているようなお話を多く拝見します。個人的には、中高年の転職活動は以下のような理由で難航するのが当然だと思います。なので、それほど落ち込む必要もないかと思っています。要は企業側の立場に立った場合に

  • 退職する会社の出社最終日に何が起きるか 超円満退社の場合

    退職が決まり、出社最終日に何をするのか、何が起こるのか。これは本当に人それぞれ、また置かれた状況によっても違うと思います。自分が円満退社だった時は、出社最終日に以下のようなことがありました。1.全員の前で、終業時点に退職のご挨拶を行う。  (自分の場合は

  • 転職活動にあたり業界研究をするのは実は重要かもしれない

    実際のところ、自分自身はほとんど出来ていませんでしたが、業界研究というのは非常に重要だと思いました。意外と自分自身がいる業界についても、よくわかっていないのではないでしょうか。要は、景気の良い会社、業界は人を沢山必要としているイコール転職しやすいという視

  • 最近、実は日本の景気はすごい悪いのかもしれない

    最近、転職活動をしたり、他人が転職したりした話をいろいろ聞いたりしていますが、実は景気が凄く悪くなっている気がしています。苦労している人が多いから。政府の発表しているデータなどは、どうも実態を反映していない気がするのですよ。GDPとかも「実質」とか言いはじめ

  • 退職時の注意事項4 ご参考までに欧米の場合退職の意思を示したらどうなるか・・・

    ヨーロッパとアメリカの販売会社を担当していた時、一時期、営業担当者が相次いで退職したことがありました。一人はアメリカ人。もう一人はドイツ人でした。二人とも10年近く働いていた人間で、メールはほぼ毎週やり取りをし、飲んだり御飯を食べた仲だったので、個人的には

  • 必読:書籍「LIFE SHIFT」100年時代の人生戦略 リンダ・グラットン著

    自分の今後のキャリアを検討する際にこういう本は前提知識として読んでおくべきではないでしょうか。人材論組織論の世界的権威のロンドンのビジネススクールの教授が書いた本です。LIFE SHIFT(ライフ・シフト) [単行本]リンダ グラットン東洋経済新報社2016-10-21内容は、標

  • 面接について:会社まではタクシーで行った方がよいです 2

    駅から非常に遠い会社に面接に行くことがあり、タクシーだと、最低でも2千円程度は覚悟の距離だったので、交通費も出ないことから、つい、バスで行ってしまったことがあります。バス停からもかなり歩くのですが、相当時間に余裕をもって出発したこともあり、約束の時間の15分

  • 退職時の注意事項3 本質的にもめるものだと思います

    退職というのは、要するに、今の会社と雇用契約を止めるということです。しかも、こちらから一方的に止めたいと希望して相手方に止めてもらうわけです。なんで、いまさらこんな話をするのかというと、企業法務を担当していて、結構の確率でこじれる、紛争になるのが、何かを

カテゴリー一覧
商用