プロフィールPROFILE

正林編集部さんのプロフィール

住所
館林市
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
日蓮正宗 正林寺 掲示板
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/shourinzi47320
ブログ紹介文
創価学会(日蓮世界宗)は正当な伝統ある日蓮正宗ではありません。 顕正会(元妙信講)も同じです。
更新頻度(1年)

43回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2016/11/15

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、正林編集部さんの読者になりませんか?

ハンドル名
正林編集部さん
ブログタイトル
日蓮正宗 正林寺 掲示板
更新頻度
43回 / 365日(平均0.8回/週)
読者になる
日蓮正宗 正林寺 掲示板

正林編集部さんの新着記事

1件〜30件

  • 御法主日如上人猊下「新年の辞」(R2)

    新年の辞立宗七百六十八年の新春を寿ぎ奉る(大白法令和2年1月1日第1020号転載)立宗七百六十八年の新春を迎え、法華講大講頭・法華講連合会委員長星野浩一郎氏ほか全国法華講員御一同には、清々しく新春をお迎えのことと存じます。昨年、宗門は激動のなか二十七年の長きにわたり、法華講の発展と育成のために限りなく多くの御教導を賜った日顕上人の御遷化に逢い深い悲しみにくれましたが、私共一同、改めて、その広大なる御恩徳に衷心より御報恩謝徳申し上げるものであります。さて、本年は「御命題達成の年」であります。全国の法華講にとって、「宗祖日蓮大聖人御聖誕八百年法華講員八十万人体勢構築」の総仕上げとなる誠に大事な年であり、すべての法華講支部は如何なる障魔が行く手を阻もうが万難を排し、異体同心・一致団結して、御宝前に固くお誓い申し上げた...御法主日如上人猊下「新年の辞」(R2)

  • 御命題達成の年

    正林寺御住職指導(R2.1月第192号)御法主日如上人猊下からの御命題である、「令和三年・宗祖日蓮大聖人御聖誕八百年の大佳節までに、法華講員八十万人の体勢を築くこと。」(平成二十一年七月二十六日七万五千名大結集総会の砌)とは、日蓮大聖人の御遺命である「広宣流布に向かって精進し、本門寺の戒壇建立を期せよ」との実現を推進するためにも重要な日蓮正宗僧俗の御命題となります。その実現を推進する絶対条件には、僧俗一致・異体同心の団結であります。その絶対条件を基礎とした、地道な折伏と育成により広布の人材が澎湃として輩出し、熾烈な広布の戦いに耐え得る強靭な講中組織を築き、世界広布への確固たる法礎を築くことにあります。御命題を達成して有終の美を飾り、もって御聖誕八百年の大佳節を晴れやかにお迎えしましょう。令和二年の年間実践テーマ...御命題達成の年

  • 令和2年1月度行事予定

    1月1日(水)午前0時、初勤行会1月1日(水)午前9時、広布唱題会1月1日(水)午前10時、元旦勤行会1月2~3日、法華講新年初登山(総本山大石寺)1月11日(土)午後7時30分、御逮夜御講1月12日(日)午後1時、御講1月13日(月)成人式1月18日(土)午後1時15分、布教区別僧俗指導会(桐生・無量寺)1月19日(日)午後1時、5時間唱題行1月25日(土)午後7時、役員会1月26日(日)第1回支部総登山(総本山大石寺)※1月中は唱題行を毎日午後7時30分から行います。終了後、御指南集㉕を拝読いたします。一、令和二年の年間方針・『御命題達成の年』二、令和二年の年間実践テーマ①勤行・唱題で歓喜の実践②異体同心の折伏で広布へ前進③御講と登山の推進で人材育成富士年表(宗祖御在世)富士年表(宗祖滅後)戒壇の大御本尊誹...令和2年1月度行事予定

  • 第68世御法主日如上人猊下御指南(R1.12)

    令和元年12月度広布唱題会の砌於総本山客殿(大白法令和元年12月16日第1019号転載)本日は、本年度最後の広布唱題会に当たりまして、皆様には多数の御参加、まことに御苦労さまでございます。本年「勇躍前進の年」も、いよいよ残り一月となり、皆様には本年度の折伏誓願達成のため、さらには来たるべき令和三年・宗祖日蓮大聖人御聖誕八百年をお迎えするに当たり、全支部が御宝前に誓った折伏誓願を達成すべく、講中一結・異体同心して、昼夜を分かたず御奮闘のことと存じます。申すまでもなく、法華講員八十万人体勢の構築は、私どもが御宝前に固く誓った目標であり、全国すべての支部が一支部も残すことなく、なんとしてでも達成しなければならない、今、最も大事な目標であります。そのためには、私ども一人ひとりが、改めて御本仏宗祖日蓮大聖人の弟子檀那とし...第68世御法主日如上人猊下御指南(R1.12)

  • 第68世御法主日如上人猊下御指南(R1.11)

    令和元年11月度広布唱題会の砌於総本山客殿(大日蓮令和元年12月号第886号転載)(大白法令和元年11月16日第1017号転載)本日は、十一月度の広布唱題会に当たり、皆様には多数の御参加、まことに御苦労さまでございます。本年「勇躍前進の年」も、いよいよ十一月に入り、残りあと二月、全国の各支部ともに総力を結集して、本年度立てた折伏誓願を達成すべく、寸暇を惜しんで折伏に励んでいることと思います。この広布への戦いにおいて、最も大事なことは、すべての支部が一支部も漏れることなく、たとえいかなる困難・障害があったとしても、あらゆる障魔を打ち払い、御宝前に誓った折伏誓願は必ず達成することであります。有名な上杉鷹山の書葉に、「為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり」という書葉があります。「折伏は、折伏をすれ...第68世御法主日如上人猊下御指南(R1.11)

  • 日蓮大聖人の御遺命(ごゆいめい)

    正林寺御住職指導(R1.12月第191号)信心では、宗祖日蓮大聖人の御遺命を心肝に染めることが大切です。御遺命を常に意識した信心は、世法の不幸をもたらす悪縁・邪義から翻弄されることなく、地に着いた正しい信心を全うすることができます。それはまた、広宣流布への大事な使命にも欠かすことのできない、大聖人の御遺命を心中に染めて広宣流布を推進していくことでもあります。御遺命とは、後代の者に遺言として命令指示することです。大聖人は御入滅直前に教示された「二箇相承書」を拝すると、後代の弟子信徒に対する重大な御遺命として、二つあります。①「血脈相承に随順せよ」②「広宣流布に向かって精進し、本門寺の戒壇建立を期せよ」との二つであります。①「血脈相承に随順せよ」との御遺命『日蓮一期弘法付嘱書』に、「日蓮一期の弘法、白蓮阿闍梨日興に...日蓮大聖人の御遺命(ごゆいめい)

  • 令和元年12月度行事予定

    12月1日(日)午前9時、広布唱題会・御経日12月7日(土)午後7時30分、御逮夜御講12月8日(日)午後1時、御講12月11日(水)午後7時、広布推進会(前橋・覚王寺)12月14日(土)午後7時30分、支部活動者会12月15日(日)午後1時、5時間唱題行12月19日(木)折伏活動者会(前橋・覚王寺)12月21日(土)午後7時、役員会12月22日(日)午後1時、年末大掃除12月27日(金)午後4時、総本山第六十七世日顕上人百箇日御忌御逮夜法要12月28日(土)午前10時、総本山第六十七世日顕上人百箇日御忌御正当会12月28日(土)午後7時30分、支部活動者会12月31日(火)正月準備一、令和元年の年間方針・『勇躍前進の年』二、令和元年の年間実践テーマ①勤行・唱題で折伏推進②講中一結で御講参詣③登山参詣で育成推進...令和元年12月度行事予定

  • 第68世御法主日如上人猊下御指南(R1.10)

    令和元年10月度広布唱題会の砌於総本山客殿(大日蓮令和元年11月号第885号転載)(大白法令和元年10月16日第1015号転載)本日は、十月度の広布唱題会に当たりまして、皆様には多数の御参加、まことに御苦労さまでございます。さて、既に皆様には御承知の通り、去る九月二十日、総本山第六十七世御法主日顯上人猊下には、御年九十六歳をもって、安祥として御遷化あそばされました。日顯上人猊下には、昭和五十四年七月、御先師日達上人のあとを紹継あそばされて、御登座以来、二十七年にわたり一宗を御統率あそばされ、一天広布を目指し、僧俗一同に対し親しく御教導くだされましたことに心から感謝申し上げ、謹んで御報恩謝徳申し上げるものであります。御在職中、特に、いわゆる正信会問題、また創価学会問題に対しましては、宗祖日蓮大聖人、第二祖日興上人...第68世御法主日如上人猊下御指南(R1.10)

  • 一水四見(いっすいしけん)

    正林寺御住職指導(R1.11月第190号)一水四見とは、万物の構成要素となり、五大である地水火風空の一つの「水」に着目した見方であります。また、唯識のものの見方でもあり、水の存在を通して、認識の主体が変われば、認識の対象も変化することの例えとして表現されます。一水四見の「四見」は、涅槃経の結経に説かれる像法決疑経に、沙羅の四見としてあります。釈尊が涅槃される時の沙羅林について、人々が機根に従って四種の異なった国土として見たことを言います。一番目の人は世の中を草木・瓦礫等が充満する汚れた国土と見ます。二番目の人は金銀財宝によって荘厳されたような立派な清浄の国土と見ます。三番目の人は諸仏が種々の深い境界において正しい法を悟り、修行している立派な国土と見ます。四番目の人は尊い諸仏の実相があり、世の中そのものを諸仏の自...一水四見(いっすいしけん)

  • 令和元年11月度行事予定

    11月1日(金)午後7時30分、御経日11月2日(土)午後7時30分、支部活動者会11月3日(日)午前9時、広布唱題会11月9日(土)午後7時30分、御逮夜御講11月10日(日)午後1時、御講11月14日(木)午後7時、広布推進会(前橋・覚王寺)11月15日(金)午後7時30分、目師会・七五三11月17日(日)第3回支部総登山(総本山大石寺)11月20~21日、総本山御大会11月23日(土)午後7時、役員会11月24日(日)午後1時、5時間唱題行11月30日(土)午後7時30分、支部活動者会一、令和元年(平成三十一年)の年間方針・『勇躍前進の年』二、令和元年(平成三十一年)の年間実践テーマ①勤行・唱題で折伏推進②講中一結で御講参詣③登山参詣で育成推進富士年表(宗祖御在世)富士年表(宗祖滅後)戒壇の大御本尊誹謗の...令和元年11月度行事予定

  • 第68世御法主日如上人猊下御指南(R1.9)

    令和元年9月度広布唱題会の砌於総本山客殿(大日蓮令和元年10月号第884号転載)(大白法令和元年9月16日第1013号転載)本日は、九月度の広布唱題会に当たり、皆様には多数の御参加、まことに御苦労さまでございます。本年「勇躍前進の年」も、いよいよ九月に入り、残りあと四カ月となりましたが、皆様には本年度の折伏誓願達成のため、さらにまた来たるべき令和三年・宗祖日蓮大聖人御聖誕八百年、法華講員八十万人体勢構築の実現へ向かって、寸暇を惜しんで折伏に励み、御奮闘のことと存じます。さて、大聖人様は、「百千合はせたる薬も口にのまざれば病も愈えず。蔵に宝を持てども開く事を知らずしてかつへ、懐に薬を持ちても飲まん事を知らずして死するが如し」(御書110)と仰せであります。この御文にお示しの如く、信心とは理屈や理論ではなく、実践行...第68世御法主日如上人猊下御指南(R1.9)

  • 総本山第六十七世日顕上人御遷化

    正林寺御住職指導(R1.10月第189号)日蓮正宗前御法主総本山第六十七世日顕上人は、令和元年(2019)9月20日午前7時30分に、世寿(せじゅ)96歳で御遷化遊ばされました。日顕上人は、日蓮大聖人の御遺命を、第六十六世日達上人より、唯授一人の血脈相承を御受け遊ばされ、27年にわたる間、平成17年(2005)の暮れまで宗門の御法主として猊座におられました。御退座後も血脈の不断に備えられた御立場から、第六十八世御法主日如上人猊下を尊崇申し上げられて、宗門の僧俗を温かく見守られてこられました。昭和54年(1979)、御登座の砌「祖道の恢復」「異体同心の確立」「広布への前進」を掲げられ、種々御在職中は御指南下さいました。特に、宗門における昭和の晩年から平成の激動時代に、「我賢しと思はん僻人等」(御書583)の異流義...総本山第六十七世日顕上人御遷化

  • 令和元年10月度行事予定

    10月1日(火)午後7時30分、御経日10月5日(土)午後7時30分、支部活動者会10月12日(土)午後7時30分、御逮夜御講10月13日(日)午後1時、御講10月16日(水)午後7時、広布推進会(前橋・覚王寺)10月19日(土)午後7時、役員会10月20日(日)午後1時、5時間唱題行10月23日(水)午後7時30分、色塗(御会式準備)10月24日(木)午後7時、折伏活動者会(藤岡・最勝寺)10月25日(金)午後7時30分、飾り付け(御会式準備)10月26日(土)午後7時30分、御会式御逮夜10月27日(日)午後2時、御会式御正当会一、令和元年(平成三十一年)の年間方針・『勇躍前進の年』二、令和元年(平成三十一年)の年間実践テーマ①勤行・唱題で折伏推進②講中一結で御講参詣③登山参詣で育成推進富士年表(宗祖御在世...令和元年10月度行事予定

  • 第68世御法主日如上人猊下御指南(R1.8)

    令和元年8月度広布唱題会の砌於総本山客殿(大日蓮令和元年9月号第883号転載)(大白法令和元年8月16日第1011号転載)本日は、本年八月度の広布唱題会に当たり、皆様には御繁忙のところ御出席され、まことに御苦労さまでございます。既に御承知の通り、今、宗門は来たるべき令和三年・宗祖日蓮大聖人御聖誕八百年、法華講員八十万人体勢構築の実現へ向けて、全力を傾注して力強く前進をしております。法華講員八十万人体勢の構築は、私どもが御宝前に固くお誓い申し上げた目標であります。したがって、全国のすべての支部は、この誓願を必ず達成すべく、いかなる困難や障害があっても、一支部も漏れることなく、全力を傾注して誓願を達成しなければなりません。そのためには、講中一結、老若男女を問わず、一人ひとりが地涌の菩薩の眷属としての自覚と勇気を持っ...第68世御法主日如上人猊下御指南(R1.8)

  • 山法山規(さんぽうさんき)とは

    正林寺御住職指導(R1.9月第188号)総本山大石寺には、山法山規という規則があります。山法山規は不文律ですが、総本山には、今日まで、七百数十年来、厳然と行われています。この山法山規の源は、第二祖日興上人の『遺誡置文』二十六箇条と、第九世日有上人の『化儀抄』百二十一箇条にあります。『日興遺誡置文』には、「一箇条に於ても犯す者は日興が末流に有るべからず」(御書1885)と御指南であります。『化儀抄』には、「此の上意の趣を守り行住坐臥に拝見有るべく候」(日蓮正宗聖典998)と、強く末弟を誡められた御指南であります。誡められた事柄を、正法を護持する御先師が心肝に染められ伝えられてきました。何時しか山法山規という名称となり今日に伝えられております。この山法山規の内容は、総本山大石寺第66世日達上人御登座10周年を奉祝申...山法山規(さんぽうさんき)とは

  • 令和元年9月度行事予定

    9月1日(日)午前9時、広布唱題会・御経日9月7日(土)午後7時30分、御逮夜御講9月8日(日)午後1時、御講9月8日(日)午後5時、青年部会9月12日(木)午後7時30分、御難会9月15日(日)午後2時、壮年部対象広布推進会(沼田・浄蓮寺)9月18~19日、寛師会(総本山大石寺)9月21日(土)午後7時30分、支部活動者会9月22日(日)午後1時、5時間唱題行9月23日(月)午後1時、秋季彼岸会9月25日(水)午後1時、初代御住職法廣阿義海房日教大徳第17回忌法要9月28日(土)午後7時、役員会一、令和元年(平成三十一年)の年間方針・『勇躍前進の年』二、令和元年(平成三十一年)の年間実践テーマ①勤行・唱題で折伏推進②講中一結で御講参詣③登山参詣で育成推進富士年表(宗祖御在世)富士年表(宗祖滅後)戒壇の大御本尊...令和元年9月度行事予定

  • 第68世御法主日如上人猊下御指南(R1.7)

    令和元年7月度広布唱題会の砌於総本山客殿(大日蓮令和元年8月号第882号転載)(大白法令和元年7月16日第1009号転載)本日は、総本山における七月度の広布唱題会に当たりまして、皆様には御繁忙のところを御登山され、まことに御苦労さまでございます。既に皆様方も御承知の通り、七月は宗祖日蓮大聖人様が文応元(一二六〇)年七月十六日に、宿屋左衛門尉入道を介して時の最高権力者である北条時頼へ『立正安国論』を上呈された月であります。『安国論御勘由来』を拝しますと、「正嘉元年太歳丁巳八月二十三日戌亥の時、前代に超えたる大地振。同二年戊午八月一日大風。同三年己未大飢饉。正元元年己未大疫病。同二年庚申四季に亘りて大疫已まず。万民既に大半に超えて死を招き了んぬ。而る間国主之に驚き、内外典に仰せ付けて種々の御祈祷有り。爾りと雖も一分...第68世御法主日如上人猊下御指南(R1.7)

  • 御供養と御布施は違います

    正林寺御住職指導(R1.8月第187号)日蓮正宗では御本尊にお供えする時には、「御供養」とお書きしてお供え申し上げることが所作として定められています。けっして「御布施」とは書きません。時々、「御供養」と「御布施」を混同される方がいます。特に「御供養」について、当宗を知らない世間では「御布施」と混同されることが多分にあります。普通、布施という言葉には「施す」という意味があります。「施す」とは、その働きを及ぼして、影響・効果があるように仕向ける。という意味と、恵み与える。という意味があります。本来、御本尊に報恩感謝申し上げることが肝要である当宗では、「御布施」との表現は相応しくありません。「御供養」には、御本尊に捧げ奉るという意味があります。また「御供養し奉る」「御供養申し上げる」との意味からも「御布施」ではなく「...御供養と御布施は違います

  • 令和元年8月度行事予定

    8月1日(木)午後7時30分、御経日8月3日(土)午後7時30分、支部活動者会8月3日(土)鼓笛隊コンクール(総本山大石寺)8月3~4日、少年部合宿登山・少年部大会(総本山大石寺)8月4日(日)午前9時、広布唱題会8月10日(土)午後7時30分、御逮夜御講8月11日(日)午後1時、御講8月15日(木)午後1時、盂蘭盆会8月17日(土)午後7時30分、支部活動者会8月18日(日)午後1時、5時間唱題行8月22日(木)午後6時45分、布教区別僧俗指導会(前橋・覚王寺)8月24日(土)午後7時、役員会8月26日(月)午後7時、折伏活動者会(大胡・本応寺)8月31日(土)午後7時30分、支部活動者会一、令和元年(平成三十一年)の年間方針・『勇躍前進の年』二、令和元年(平成三十一年)の年間実践テーマ①勤行・唱題で折伏推進...令和元年8月度行事予定

  • 第68世御法主日如上人猊下御指南(R1.6)

    令和元年6月度広布唱題会の砌於総本山客殿(大日蓮令和元年7月号第881号転載)(大白法令和元年6月16日第1007号転載)皆さん、おはようございます。本日は、本年六月度の広布唱題会に当たりまして、皆様には深信の登山、まことに御苦労さまでございます。皆様も既に御承知の通り、今、宗門は来たるべき令和三年・宗祖日蓮大聖人御聖誕八百年、法華講員八十万人体勢構築の実現へ向けて、僧俗一致・異体同心して、全力を傾注して力強く前進をしております。この時に当たり、私どもは一人ひとりが、たとえいかなる障魔が眼前に立ちはだかろうが、決然として打ち払い、御宝前にお誓い申し上げました誓願は必ず達成しなければなりません。大聖人様は『唱法華題目抄』に、「末代には善無き者は多く善有る者は少なし。故に悪道に堕せん事疑ひ無し。同じくは法華経を強ひ...第68世御法主日如上人猊下御指南(R1.6)

  • 御書(ごしょ)とは

    正林寺御住職指導(R1.6月第186号)「御書」とは日蓮大聖人が、お書き残された御本尊以外の全ての書をいいます。第二祖日興上人は『富士一跡門徒存知事』に、「日興は聖人の御書と号して之を談じ之を読む」(御書1870)と御教示であります。御法主日如上人猊下も平成三十年度第十五回法華講夏期講習会の砌に、「第二祖日興上人が『富士一跡門徒存知事』に選定せられました重要な御書十編、これを十大部御書と言いますけれども、(中略)十大部御書とは、まず一つ目は『唱法華題目抄』で、(中略)二番目が『立正安国論』(中略)三番目が『開目抄』(中略)四番目が『観心本尊抄』(中略)五番目が『法華取要抄』(中略)六番目が『撰時抄』(中略)七番目が『報恩抄』(中略)八番目が『四信五品抄』(中略)九番目が『下山御消息』(中略)最後の十番目が『本尊...御書(ごしょ)とは

  • 令和元年7月度行事予定

    7月1日(月)午後7時30分、御経日7月6日(土)午後7時30分、支部活動者会7月7日(日)午前9時、広布唱題会7月7日(日)午後2時、決起大会(前橋・覚王寺)7月13日(土)午後7時30分、御逮夜御講7月14日(日)午後1時、御講7月20日(土)午後7時、役員会7月21日(日)午後1時、5時間唱題行7月27~28日、第8回法華講中等部高等部合宿登山(総本山大石寺)※7月中は唱題行を毎日午後7時30分から行います。終了後、御指南集㉔を拝読いたします。一、令和元年(平成三十一年)の年間方針・『勇躍前進の年』二、令和元年(平成三十一年)の年間実践テーマ①勤行・唱題で折伏推進②講中一結で御講参詣③登山参詣で育成推進富士年表(宗祖御在世)富士年表(宗祖滅後)戒壇の大御本尊誹謗の悪書『日蓮と本尊伝承』を破す大日蓮転載創価...令和元年7月度行事予定

  • 第68世御法主日如上人猊下御指南(R1.5)

    令和元年5月度広布唱題会の砌於総本山客殿(大日蓮令和元年6月号第880号転載)(大白法令和元年5月16日第1005号転載)本日は、本年五月度の広布唱題会に当たり、皆様には御繁忙のところ、御出席され、まことに御苦労さまです。さて、今月一日より年号が平成から令和に変わりました。したがって、本日の広布唱題会は令和最初の広布唱題会となります。皆様方には、心機一転、いよいよ一天広布を目指して、なお一層の精進を願うところであります。今、宗門は、各支部ともに総力を結集して、来たるべき令和三年・宗祖日蓮大聖人御聖誕八百年、法華講員八十万人体勢構築の実現へ向けて、全力を傾注して力強く前進をしております。既に皆様も御承知の通り、法華講員八十万人体勢の構築は、私どもが御宝前に固くお誓い申し上げた大事な目標であります。したがって、すべ...第68世御法主日如上人猊下御指南(R1.5)

  • 富士山は広宣流布の根源

    正林寺御住職指導(R1.6月第185号)富士山は広宣流布の根源といわれる理由は、宗祖日蓮大聖人の『日蓮一期弘法付嘱書』に、「富士山に本門寺の戒壇を建立せらるべきなり。」(御書1675)との広宣流布の暁を見据えられた相伝があります。また第二祖日興上人の『富士一跡門徒存知事』に、「広宣流布の時至り国王此の法門を用ひらるゝの時は、必ず富士山に立てらるべきなり」(御書1873)との大聖人から相承された教えがあります。さらに第二十六世日寛上人も詳細を『六巻抄』の『文底秘沈抄』に、「富士山は是れ広宣流布の根源なるが故に。根源とは何ぞ、謂わく、本門戒壇の本尊是れなり」(六巻抄68)との根拠からであります。つまり、「根源とは(中略)本門戒壇の本尊是れなり」との理由から、富士山は広宣流布の根源といわれています。その富士山は霊山浄...富士山は広宣流布の根源

  • 令和元年6月度行事予定

    ◎6月1日(土)午後7時30分、御経日◎6月2日(日)午前9時、広布唱題会◎6月8日(土)午後7時30分、御逮夜御講◎6月9日(日)午後1時、御講◎6月15日(土)午後7時、支部活動者会◎6月22日(土)午後7時、役員会◎6月23日(日)午後1時、5時間唱題行◎6月27日(木)午後7時、折伏活動者会(太田・高林寺)◎6月29日(土)午後7時30分、支部活動者会◎6月30日(日)午後1時、支部総会一、令和元年(平成三十一年)の年間方針・『勇躍前進の年』二、令和元年(平成三十一年)の年間実践テーマ①勤行・唱題で折伏推進②講中一結で御講参詣③登山参詣で育成推進富士年表(宗祖御在世)富士年表(宗祖滅後)戒壇の大御本尊誹謗の悪書『日蓮と本尊伝承』を破す大日蓮転載創価学会員のみなさんへ創価学会員への折伏教本創価学会ついに戒...令和元年6月度行事予定

  • 第68世御法主日如上人猊下御指南(H31.4)

    平成31年4月度広布唱題会の砌於総本山客殿(大日蓮令和元年5月号第879号転載)(大白法令和元年5月1日第1004号転載)本日は、本年四月度の広布唱題会に当たり、皆様には御繁忙のところ、わざわざ出席され、まことに御苦労さまでございます。通常、広布唱題会は第一日曜日に行われておりますが、今月は宗門の二大法要である御霊宝虫払大法会と重なりましたので、変更して本日に行われることになりました。また、来月から年号が平成から令和に替わりますので、本日の広布唱題会は平成最後の広布唱題会となります。平成から令和に年号は替わりますが、皆様方には一天広布を目指して、なお一層の御精進を願うところであります。さて今、宗門は、来たるべ令和三年・宗祖日蓮大聖人御聖誕八百年、法華講員八十万人体勢構築へ向けて、全力を傾注して前進をしております...第68世御法主日如上人猊下御指南(H31.4)

  • 令法久住には和合と柔和

    正林寺御住職指導(R1.5月第184号)五月から元号が「令和」に変わります。新元号にちなみ仏語と縁のある同語を見てみましょう。まず「令和」の「令」です。「令法久住」があります。「法をして久しく住せしめん」と読みます。法華経の『見宝塔品第十一』に、「諸の大衆に告ぐ我が滅度の後に誰か能く斯の経を護持し読誦せん今仏前に於て自ら誓言を説け(中略)当に大願を発して久しく住することを得せしむべし」(法華経349)と説かれているように、法華経の教えが未来永劫に亘って正しく護り伝えられていくことをいいます。釈尊は、法華経の「令法久住」のために、法華経『神力品第二十一』で地涌上行菩薩に対して法華経の要法を付嘱しました。末法の世に、法華経の要法を所持された上行菩薩の再誕、日蓮大聖人が御出世されたのです。次に「令和」の「和」です。僧...令法久住には和合と柔和

  • 令和元年5月度行事予定

    ◎5月1日(水)午後7時30分、御経日◎5月4日(土)午後7時30分、支部活動者会◎5月5日(日)午前9時、広布唱題会◎5月6日(月)午前10時、少年部対象広布推進会(前橋・覚王寺)◎5月11日(土)午後7時30分、御逮夜御講◎5月12日(日)午後1時、御講◎5月18日(土)午後7時、役員会◎5月19日(日)午後1時、5時間唱題行◎5月25~26日法華講夏期講習会第2期(総本山大石寺)◎5月29日(水)午後6時45分、布教区別僧俗指導会(前橋・覚王寺)一、令和元年(平成三十一年)の年間方針・『勇躍前進の年』二、令和元年(平成三十一年)の年間実践テーマ①勤行・唱題で折伏推進②講中一結で御講参詣③登山参詣で育成推進富士年表(宗祖御在世)富士年表(宗祖滅後)戒壇の大御本尊誹謗の悪書『日蓮と本尊伝承』を破す大日蓮転載創...令和元年5月度行事予定

  • 掲示板 TOP

    院第4098号平成31年4月17日日蓮正宗宗務院印全国教師各位全国法華講員各位宗祖日蓮大聖人御聖誕八百年御命題成就の御祈念について今般、5月1日より、「令和」と改元されるため、御法主上人猊下より、御祈念について左のとおり御指南を賜りました。令和三年・宗祖日蓮大聖人御聖誕八百年を期して、法華講員八十万人体勢構築を、名実ともに必ず成就なさしめ給えよって、5月1日からは、朝夕の勤行、特に朝勤行の広宣流布御祈念の際には、右のとおり、御祈念を行ってください。そして、御法主上人猊下の御心に添い奉り、宗内全僧俗が異体同心して御命題成就を真剣に祈念し、折伏と育成に精進せられるよう願います。広布唱題会や毎日の唱題行においても、御命題成就を心中に祈りつつ唱題し、仏祖三宝尊御報恩の御観念のあとに、必ず前記の御命題成就の御祈念を行って...掲示板TOP

  • 第68世御法主日如上人猊下御指南(H31.3)

    平成31年3月度広布唱題会の砌於総本山客殿(大日蓮平成31年4月号第878号転載)(大白法平成31年3月16日第1001号転載)本日は、本年三月度の広布唱題会に当たり、皆様には御繁忙のところ、わざわざ出席され、まことに御苦労さまです。既に皆様方も御承知の通り、今、宗門は来たるべき平成三十三年・宗祖日蓮大聖人御聖誕八百年、法華講員八十万人体勢構築へ向けて、全力を傾注して前進をしております。法華講員八十万人体勢の構築は、私どもが御宝前に固く誓った目標であり、すべての支部が僧俗一致・異体同心し、全力を傾注して、なんとしてでも達成しなければならない、今、最も大事な目標であります。その目標達成のためには、私ども一人ひとりが身軽法重・死身弘法の御聖訓を奉戴し、御本仏宗祖日蓮大聖人の弟子檀那としての目覚と断固たる決意をもって...第68世御法主日如上人猊下御指南(H31.3)

カテゴリー一覧
商用