住所
-
出身
-
ハンドル名
3photos さん
ブログタイトル
3photos
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/3photos
ブログ紹介文
3枚の写真で発見したことをお届けします
自由文
更新頻度(1年)

23回 / 76日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2016/11/09

3photos さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/22 02/21 02/20 02/19 02/18 02/17 全参加数
総合ランキング(IN) 18915 19312 20736 20698 20739 20627 20600 949772サイト
INポイント 10 20 20 10 10 20 10 100/週
OUTポイント 10 10 20 10 20 10 10 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 551 551 594 587 588 582 588 33093サイト
一眼レフカメラ 1 1 1 2 2 2 3 276サイト
今日 02/22 02/21 02/20 02/19 02/18 02/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 44915 43701 43666 43791 43821 43836 43772 949772サイト
INポイント 10 20 20 10 10 20 10 100/週
OUTポイント 10 10 20 10 20 10 10 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 811 769 765 767 768 755 763 33093サイト
一眼レフカメラ 3 4 4 4 4 4 3 276サイト
今日 02/22 02/21 02/20 02/19 02/18 02/17 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 949772サイト
INポイント 10 20 20 10 10 20 10 100/週
OUTポイント 10 10 20 10 20 10 10 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 0 0 0 0 0 0 0 33093サイト
一眼レフカメラ 0 0 0 0 0 0 0 276サイト

3photos さんのブログ記事

?
  • 白梅と白無垢

    三渓園に行ってみると梅が見頃でした種類によって開花時期が違うのでまだ蕾のものから満開のものまで様々白梅を撮っていたらそこでちょうど結婚式の前撮りが始まりました本日も訪問いただきありがとうございます白梅と白無垢

  • いつまでもビギナー

    写真を始めた頃は面白いように傑作が撮れたのに今はさっぱり…ということはありませんか?そんな時「ビギナーズラックだったんだね」などと言われます今回は野鳥撮影で私が経験したビギナーズラックをご紹介させていただきますまだ300mmキットズームで撮っていた頃ですこの時はどういうところにどんな野鳥がいるか全く分からずとにかく木が多いところに行っていましたがちょうど今の時期、近くの公園に行ってみるとたくさんの野鳥と出会うことが出来ましたその時撮った写真を改めて見てみるとウグイス、アオジ、シロハラ、シジュウカラ、コゲラ、ジョウビタキ(メス)、スズメ、アオゲラ、メジロ、ウソ(メス)の10種類半分以上がその時初めて見た種類でこれを1時間程の間に撮っていました他にカメラマンさんは誰もいませんでした野鳥の当たり年もありますがそれを差...いつまでもビギナー

  • 公園で聞いた下敷きの音

    突然聞き覚えのある鳴き声がしたと思ったら目の前の生垣に入りましたその距離2m弱お腹が白いこの鳥は「シロハラ」といいます落ち葉をガサゴソ引っ掻き回して餌探しをするシロハラは独特な鳴き声でも知られています子供の頃、プラスチックの下敷きを両てのひらで押してペコペコ音遊びをしたことありませんか?手を早く動かすと高音でピキピキピキと鳴りますが「シロハラ」の鳴き声はこの音にそっくりです公園で下敷きの音が聞こえたらそれはシロハラかも知れません本日も訪問いただきありがとうございます公園で聞いた下敷きの音

  • ソレイユの丘

    横須賀にある「ソレイユの丘」農&海の体験パークとして子供たちの遊び場と紹介されていますが今回初めて行ってみると菜の花畑をはじめ大人も楽しめる場所でした今日はポカポカ陽気でしたが本格的な春はもう少し先ですね本日も訪問いただきありがとうございますソレイユの丘

  • 駅舎の玄関

    長いこと工事中だった湘南江の島駅の駅舎が完成していましたこれまで狭い鎌倉口から5階のホームまでエレベーターと非常階段しか使えませんでしたが今は広々とした階段とエスカレーター…そして江ノ島口と藤沢口も出来ました駅舎の玄関にはドラマがあるんですね本日も訪問いただきありがとうございます駅舎の玄関

  • サムエル・コッキング苑のアイスチューリップ

    サムエル・コッキング苑のライトアップは毎年11月から2月までの寒い季節だけですが1月頃に行くとたくさんのアイスチューリップが迎えてくれます…2万本もあるそうです寒い季節に咲くように特別に育てられたアイスチューリップは一足先に春を感じさせてくれますね日が落ち、イルミネーションに飾られるとまた違った表情になります帰りがけに見送ってくれているようにも見えました本日も訪問いただきありがとうございますサムエル・コッキング苑のアイスチューリップ

  • 真冬のカウントダウン

    サムエル・コッキング苑のライトアップを撮りに行きました。この日は夕焼けは期待できませんでしたがそれでもマジックアワーの空と一緒に撮れればと期待していたのですが真っ暗になってからようやくカウントダウンが始まりました。さ~ん、に~、い~ち、暗がりから幻想的なイルミネーションに一変…湧き上がる歓声「江ノ島植物園」には何度も行った記憶がありますが2003年に「サムエル・コッキング苑」としてリニューアルオープンしてから実は今回初めて中に入ってみました…江ノ島には何度も来ているのにこれまで江ノ島の自然や人を撮って来ましたがこれからは毎年行われているライトアップも撮っていこうと思います。「関東三大イルミネーション」の一つにもなっているそうです。本日も訪問いただきありがとうございます真冬のカウントダウン

  • この素晴らしい夕焼けの下で

    テニスの大阪なおみ選手が全豪オープンで見事優勝しました。おめでとうございます!!まだ21歳の彼女は試合ごとに進化していると言われますが決勝戦のゲーム中にも進化し続けていました。今や世界ランク1位…凄い選手ですね。会場のメルボルンほどではないですが湘南の夕焼けをお楽しみください。本日も訪問いただきありがとうございますこの素晴らしい夕焼けの下で

  • 印象的な空の色

    水族館を出たら良い雲が出ていました。1分程の間に撮影したこの3枚…色温度やブルーの色調を変えてみましたがイメージに合う空の色を探すことはとても大切なことなんですね。本日も訪問いただきありがとうございます印象的な空の色

  • カクレクマノミの秘密

    イソギンチャクと共生する「カクレクマノミ」はディズニーのアニメ映画「ファインディング・ニモ」のモデルになったことで知られています。ところが原作のモデルは「クラウンフィッシュ」という別の魚で日本語に翻訳された時、よく似ている「カクレクマノミ」になったそうです。カクレクマノミの水槽では「ニモだ!!」という声が聞こえてきますがあの映画の和訳のおかげで一躍人気者になったんですね。本日も訪問いただきありがとうございますカクレクマノミの秘密

  • 小さな宇宙

    新江ノ島水族館に行ってみるとバレンタインデーが近いからでしょうか入り口にワイングラスのタワーが飾られていました。七変化するイルミレーションがグラスに反射してとても幻想的よく見てみるとグラスの中に小さなクラゲが全てのワイングラスに一匹ずつ…水族館らしい演出ですね。本日も訪問いただきありがとうございます小さな宇宙

  • 曖昧な基準

    花が少ないこの時期、寒さに強いパンジーとビオラは元気に咲いていますね。この「パンジー」と「ビオラ」の違いをご存知ですか。「パンジー」を丈夫で花がたくさん咲くように改良したものが「ビオラ」でしたがこの2種の交配が進んで中間型が生まれ、現在は花のサイズで区別されるそうです。3cm程度までのものが「ビオラ」それより大きいものが「パンジー」…でもその基準は曖昧だそうです。曖昧な基準といえば海の「イルカ」と「クジラ」もそうですね。生物学的にはどちらも全く同じ種類体長3mまでは「イルカ」それ以上は「クジラ」…この基準が4mだったり5mだったり同じ仲間に「シャチ」もいるからややこしい種類を分ける曖昧な基準…探せば他にもあるかも知れませんね。本日も訪問いただきありがとうございます大船フラワーセンター「パンジー・ビオラ展」にて曖昧な基準

  • 植物園にJAZZが流れる時

    今日は大船フラワーセンターでJAZZライブがありました。植物園でクラシックのミニコンサートなら分かるけどどうしてまたJAZZ??音楽のジャンルではJAZZがいちばん好きなのでとにかく行ってみることにしました。出演者は「BRIDGE」というユニットでサックスの郷原繁利さんとピアノの竹内大輔さんです。お二人共第一線で活躍されている一流のアーティストですが生演奏は圧倒されました。メリハリの効いたサックスと奥深くて繊細なピアノの調べ…どの曲も素晴らしいですが中でもお二人それぞれが作曲した2曲が印象に残りました。郷原さんの「FlyBeyond」雲海の上を飛んでいる鳥になったような光景が浮かびます。そして次のステージに立ち空気が変わる瞬間…とても心地良い時間の流れでした。そして竹内さんの「AShortNovel」美術で言う...植物園にJAZZが流れる時

  • 空とカモメ

    カモたちはほとんど池に浮かんでいるだけですがカモメはよく飛びます。たくさん動き回るからそれだけ餌を欲しがるのかも知れません。暖かくなるといつの間にかこの池からいなくなり、寒い季節になるとここに戻って来ます。そしてまた子共たちと人々の心を和ませてくれます。本日も訪問いただきありがとうございます※カモメの仲間は何種類かありますがここに来るのはユリカモメという種類です。新橋駅から新市場がある豊洲駅までの鉄道路線も「ゆりかもめ」という愛称で呼ばれていますね。空とカモメ

  • 人とカモメ

    ここは鯉の餌を売っていますがこの時期は彼らにとって不運です。餌をみんな鳥たちに食べられてしまうからです。カモメはもう人馴れして餌をあげなくても近付いて来ます。本日も訪問いただきありがとうございます※2枚目はマニュアルでピントを合わせ石の上にカメラを置いてノーファインダーでシャッターを切っています。こんな時は水平にこだわらない方が意外な絵になるようです。3枚目は中央にいるカモメの隣にいたハトが飛び立った瞬間です。何かが動く瞬間にとにかくシャッターを切ってみると偶然の造形を切り取ることが出来ますね。人とカモメ

  • 水とカモメ

    初詣の帰りに池に集まるカモメの写真をたくさん撮りましたがテーマ別にまとめてみたので順番にご紹介させていただきます。今回は水に浮かぶカモメと水面の模様がテーマです。本日も訪問いただきありがとうございます※水面に浮かぶ水鳥はフレーミング(構図)次第ですね。風がほとんどない時の方が水面の映りも面白いようです。水とカモメ

  • 年初のタイムレース

    今年の箱根駅伝は混戦でした。2区を走る東海大の選手が腕に付けているストップウォッチはこの瞬間”1:04:09”で順位は6位でした。この後順位を上げそして総合優勝すると誰が予想したでしょう…初出場から46年目にして成し遂げた悲願の総合初優勝です。5連覇を目指す青学大は今回は苦戦しましたが意地を見せてくれました。トップから大きく遅れた8位から復路優勝、総合2位…さすがディフェンディングチャンピオンですね。そして往路優勝した東洋大復路の8区でとうとう東海大につかまり突き放されました。東海大が走り去った後、戸塚中継所でタスキを待つ東洋大の選手ちょうど関係車両のバイクが横切ったため選手の腕しか写りませんでしたがその腕をよく見てみると”その1秒をけずりだせ!!”と書いてありました。箱根駅伝は年初にありますが彼らにとっては過...年初のタイムレース

  • 初春

    新年明けましておめでとうございます今年も鶴岡八幡宮に初詣に行ってきました。平成最後の正月とあって心なしか例年より気持ちが引き締まるようでした。新元号は何になるか分かりませんが今年も有意義な一年でありますように…皆さまのご多幸を心からお祈り申し上げます。初春

  • 年を越える風

    秋の風のことを”金風”と言うそうです。”銀風”は冬の風?年を超えると”初風”になります。今年も残すところあと僅か年内に出来ることはなるべくやり終えて新年を迎えたいですね。今年はとくにスナップ写真で多くの発見がありました。来年はブログを始める前の過去写真もアップして行きます。また今まで以上にwbや色彩を意識して行きたいと思います。今年も当ブログにお付き合い頂きましてありがとうございます。どうぞ良いお年をお迎え下さい。年を越える風

  • 人の気配

    先日昭和を代表する写真家の一人である林忠彦の作品をテレビで紹介していました。そこに人が写っていないのに何故か人の気配を感じる風景写真偶然撮れたわけではなくその場所に何度も通って撮った傑作あのような素晴らしい風景写真は中々撮れないと思いますが日常の中で人の気配を感じるように撮ることは出来るかも知れません。西洋館と元町のスナップですが人の気配を感じますでしょうか。本日も訪問いただきありがとうございます人の気配

  • タイムトンネル

    半世紀ほど前「タイムトンネル」というSFテレビ番組があったのをご存知ですか。縞々リングのトンネルに入って行くと時空を超えて世界各地の歴史的な場面に遭遇する…私は毎回楽しみでワクワク見た覚えがあります。鎌倉駅近くにある小さな商店街に入ってみると昔にタイムトリップしたようでそこはまるで昭和へのタイムトンネルでした。本日も訪問いただきありがとうございますタイムトンネル

  • 穴場から名所へ

    先日テレビで鎌倉の「一条恵観山荘(いちじょうえかんさんそう)」を紹介していました。・江戸時代初期、京都西加茂に建立し昭和になって枯山水や飛び石と共に鎌倉に移築・昨年一般公開されたばかりでまだガイドブックにも載っていない鎌倉の穴場・国指定重要文化財今回初めて行ってみると中庭の紅葉が素晴らしい奥にある「かふぇ楊梅亭(やまももてい)」でガラス越しに自然を満喫苔に覆われた庭園や滑川の穏やかな流れを見渡せる「紅葉の小径」など敷地はそれ程広くありませんがここは年間を通じてゆっくりと季節の変化を楽しめそうです。鎌倉の”穴場”が”名所”の一つになるのも時間の問題ですね。本日も訪問いただきありがとうございます穴場から名所へ

  • カピバラのとっておきTIME

    昨年金沢動物園にやって来た3頭のカピバラは冬季限定の打たせ湯が見ものです。毎日同じ時間に40度のお湯が出て来るので彼らも分かっているようです。時間近くになるとそわそわ動きが活発になります。そして待ちに待った時秋田県の大森山動物園から引っ越して来たドングリ、コロコロの兄弟と幼なじみのラザニアです。本日も訪問いただきありがとうございますカピバラのとっておきTIME