chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
スイスファンクラブ - チョコレートタイム https://swiss-trip-time.fc2.net/

NEW!! 4.9よりフェイスブックと連携し、「スイスで遊ぼう!」のテーマで 旅行記・ニュースに加えてスイスに関するクイズも投稿します。 当ブログを通じて読者の皆さんがスイスをもっと好きになってくれたらうれしいなぁ~☆

📕『スイスは私を変えた!』 ⇒https://swiss-trip-time.fc2.net/blog-entry-1.html 📌Facebook:https://www.facebook.com/swissfanclub 📌Twitter:https://twitter.com/swissfanclub

Allegra
フォロー
住所
スイス
出身
熊本市
ブログ村参加

2016/11/06

1件〜100件

  • 氷河の汗でクールダウンできる場所!- ツェルマット

    本日、ツェルマット(標高1,608m)の予想最高気温が何と、26℃ !!!!!       2017年に訪れたときも24℃で、かなり驚いたが・・・先週末の涼しい日が奇跡のような私の住んでいるバーゼル地方の町(標高342m)では、今週は規則正しいく30℃をキープしている💦ツェルマットとの標高差が1,250mも差があるのに、予想最高気温が4℃しか違わないとは驚くばかり!スイスの高山の氷河でさえ、たくさん汗を...

  • ピラトゥスで始まったリギ山の朝!

    一日の始まりの合図はピラトゥスだった!Rigi/リギ山での面白い(と感じた)場所・・・       スイスの旅の面白いところは早朝の散歩で必ずと言っていいほど、面白い発見が待っていること!リギ山での夏の体験!リギ山でご来光を見るために早起きをして、ちょっとだけ寄り道をした場所!前日訪れたときと早朝の雰囲気は良い意味でかなり違って、小さなトンネルに近づくにつれて、なかなか写真で...

  • 噴水の都!- ベルン旧市街

    ≪噴水の街≫と称されるベルン市では、100以上の噴水の中でも、旧市街の16世紀から続く11か所の噴水は見る価値あり!       ベルン旧市街の散策には、🧴空のペットボトルなどを持参しよう♪暑い日でも噴水から、美味しい冷たい水が飲める👍中世では、井戸の周りに人々が集まって重要な情報を交換したり、ゴシップを交わす社交の場と見なされていたそうだ。※言葉のみであれば、日本の≪井戸端会議≫はよ...

  • ジフテリア発生で180人以上が隔離中!- ベルン

    ベルンの旧ツィーグラー病院にある連邦亡命センターでは、ジフテリアの症例が数件発生した!現在、180人以上が隔離されている。喉のジフテリアがスイスで最後に確認されたのは 1983 年。スイスで根絶されて久しい病気が、ベルンの連邦亡命センターで騒動を引き起こしている。≪咽頭のジフテリアが2人確認され、陽性の毒素が発見された。咽頭ジフテリアは他の4人でも確認されたが、毒素の発見はまだ保留中。 いずれにも呼吸器症状は...

  • ピラトゥスのスイスクロス裏話!-スイス建国記念日

    1952年以来、毎年8月1日、スイス建国記念日に、Pilatus/ピラトゥスの東壁、Hängifeld/ヘンギフェルト(標高約1,600m)でスイスクロスの炎🔥が灯される。       ≪希望≫の使命を持って挑むスイスの男たち!重荷を背負った男たちがAlpgschwänd/アルプグシュヴェントからSteinbockhütte/シュタインボックヒュッテまでの約1時間の登山に出発💨しかし、熟練のハイカーでないと、到達できないという、非...

  • 暑中見舞い用ハガキのプレゼント!- スイス郵便

    ただ今、暑中お見舞い用のハガキセット(3枚)がスイス郵便で無料配布中!※在庫がなくなり次第、配布終了。📌詳細はコチラから自分の住所を入力して送信(申込)するだけ! (※スイス在住者対応)先日、申し込んだどころら、昨日、到着したので、中を確認したら驚いた!ハガキのみだと思っていたら、郵便切手がすでに印字されたもので、切手なし(A-post)で投函できるものであった👍スイス郵便から届いた封筒にはメッセージカード...

  • あの韓ドラのロケ地に人気殺到!- イゼルトヴァルト

    韓国ドラマ≪愛の不時着≫を見た人はスイスの多くの場所がロケ地になっていることを気が付くだろう。その中でも、最近、話題になった場所がブリエンツ湖畔の町、Iseltwald/イゼルトヴァルト!Netflixで放映される前、秋、ブリンツ湖クルーズを楽しんだ時の思い出の写真に偶然にもその桟橋が私のカメラに写っていた!※冒頭の写真:🚢船上より(10月初旬)先日、≪愛の不時着≫のドラマ関連が集中して話題になった!その一つ・・・イゼル...

  • 世界的に有名な建築家が手掛けた山のレストラン!- ケーザールック

    建築業界では知らない人はいないという、世界的に有名なバーゼル出身のHerzog & de Meuron/ヘルツォーク&ド・ムーロンの設計による、スタイリッシュな山の駅兼レストラン!       2015年6月にオープンした!地元バーゼルから彼らの設計した建築をいくつかご紹介すると・・・≪Rosche Tower≫※向かって左は2号棟≪Messe Basel≫↑↓Basel World開催時の風景↑↓≪Meret Oppenheim Hochhaus≫日...

    地域タグ:スイス

  • 花の精が舞っているような山!- クールフィルシュテン

    日本では見られない花の一つ、雪の中で成長する珍しいアルプスの花!♡の形をした花びらは真っ白な雪色。≪Alpen-Hahnenfuss/アルペン・ハーネンフース≫       📌生涯のほとんどを厚い雪の層の下で過ごす。葉は雪が融けるずっと前に成長し始め、雪の中から姿を出し始めるとすぐに開花の準備にとりかかる。一見、似ているようだが別の花・・・👀こちらは⚘Weisse Alpen-Anemone⚘※直訳では、⚘白いアルプ...

  • 天空の避暑地!- クールフィルシュテン

    2021年、スイス景観保護財団による、「ランドスケープ・オブ・ザ・イヤー」を受賞した🎉クールフィルシュテンの山の一つ、Chäserrugg/ケーザールック!📌この賞の主な目的は、模範的なパフォーマンスの観点から、景観の質と一般的な景観の価値の維持と促進への取り組みを評価すること。📚避暑地というタイトルと合わせて、あえて≪クールフィルシュテン≫のタイトルをつけてしまったが・・・≪cool≫ではなく≪Churfirsten≫である。標高2,2...

  • 氷河の水そして絶景に囲まれたランチタイム!- ローゼンラウイ

    250年もの歴史あるHotel-Rosenlaui/ホテル・ローゼンラウイ。       ポストバス停留所がホテルのすぐ目の前👍一般の車両は制限されているので、静かで緑豊かな美しい場所!ライヘンバッハ渓谷に位置する、絶景に囲まれたホテル!氷河の水が踊っているかのように流れている。ハイカーたちのための休憩には絶好の場所である。いい雰囲気である。なぜだかわからないが、ロンドンのヴィクトリア駅(...

  • グローセ・シャイデック経由の絶景バスルート!- グリンデルワルト

    Grosse Scheidegg/グローセ・シャイデックでのアイガー(右)とメンヒ(左)の2ショット!!Meiringen/マイリンゲンからグリンデルワルトへの黄色のポストバスの車窓から見る絶景ルート!ヨーロッパで最も美しい峠の1つであるマイリンゲンとグリンデルヴァルトの間のルートは、高さ1.700 mの岩壁を通り、氷河とアイガーの伝説的なユニークな景色を眺めることができる。・・・ということで、今回は主に・・・、≪マイリンゲンからグ...

  • アルプスフラワー・トレイル!- グリンデルワルト

    アルプスの山々を見ながら・・・アルプスの花々で癒されながら・・・アルプスの動物たちと触れ合う旅!       ≪First/フィルスト(Grindelwald/グリンデルワルト)≫フィルスト近くの山小屋 Genepi ≪map≫に立ち寄り、Grosse Scheidegg/グローセ・シャイデックに向けてハイキング♬※今回は、フィルストからレンタルマウンテンバイクを借りてツーリング🏍💨7月初旬はアルプスの花(高山植物)...

  • エーデルワイスの伝説!- エッシネンゼー

    ヒツジのおかげで出会った美しい湖の上に咲く、エーデルワイス!Oeschinensee/エッシネンゼー(Kandersteg/カンデルシュテーク)の北部をハイキングしている途中、霧が立ち込めてきたとき・・・🐏ヒツジたちの群れと出会わなかったら・・・素通りしていたに違いない!通常であれば、立ち止まることはない場所だが、愉快なヒツジたちが小川を横切る様子を見ていた♪そのとき・・・この大きな岩の中で白く輝く花!エーデルワイスを見つ...

  • 野生エーデルワイスのシーズン開始!- ツェルマット

          野生のAlpen-Edelweiss/アルプス・エーデルワイス!学名「Leontopodium alpinum」私が出会ったエーデルワイスはすべて7月であった!どちらもハイキング中に見つけた!≪7月初旬≫Zermatt/ツェルマット:2カ所 (①標高約2,570m & ②約2,335m)≪7月下旬≫Oeschinensee/エッシネンゼー:1カ所(標高約1,987m)≪ツェルマット①≫🚡Blauherd/ブラウヘルトからStellisee/シュリゼーへ向かうハ...

    地域タグ:スイス

  • スイストラベルパス vs リージョナルパス! - ベルナーオーバーラント地方

    旅の計画は節約上手!上手にプランニングして賢く節約する!       ベルナーオーバーランド地方ではスイストラベルパスよりも利用価値が高いと思えるオファーがある。🌻リージョナルパス・ベルナーオーバーラント🌻📌スイストラベルパスはスイス在住者は購入できないが、リージョナルパスはスイス在住者も利用できるというオファーである👍日本からの夏期の観光では、旅の目的にもよるが、スイス...

  • スイス製作「核ゲーム」が受賞!- Grimme Online Award 2022

    原子力の危険性に関する、オンラインドキュメンタリー「Nuclear Games」が「知識と教育」のカテゴリでGrimme Online Awardを受賞した。📌Grimme Online Award賞は、≪オンラインジャーナリズムと情報提供への卓越した貢献≫に対して授与される。ドイツ語圏のオンライン世界で最も重要な賞の1つである。インタラクティブなWebドキュメント«🎦 Nuclear Games /核ゲーム»コロナの影響で一年遅れで開催された、東京2020オリンピック開...

  • この夏、人手不足で多くの便が運休予定!- SWISS

    SWISS(スイス インターナショナル エアラインズ)は今年の夏、さらに多くのフライトの運休が予定されている。      簡単に言えば・・・乗務員の不足によりフライトに影響を及ぼし続けている。影響を受ける人は確定され次第、Eメールにて通知される。 26日(日)SWISSの広報担当者の発表によると、スイス航空は、スタッフが不足(※)しているため、夏と秋にさらにフライトをキャンセルする必要...

  • ハイキングで野生のシュタインボック観察!- ニーダーホルン

    なんと、ラッキーなことか!Niederhorn/ニーダーホルンでハイキング開始から1kmも歩いていないときに、野生のシュタインボックに遭遇♬※Alpensteinbock/アルペンシュタインボック(アルプスアイベックス)♀のグループに遭遇!📌夏は♀と♂は別々のグループで過ごす。2歳まで♂♀は母親と一緒に過ごして、♂の仔は2歳で母親の元を離れ♂のグループへ加わる。♀の仔はそのまま母親のグループに留まる。①アルペンローゼの花の陰で。②すると、...

  • スイスの2都市がトップ10入り!- 世界で最も住みやすい都市

    世界で最も住みやすい都市の年間ランキングが、23日、エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)によって発表されたばかりである。トップ10を見てみると、昨年とは顕著な違いを示しているが、唯一、ヨーロッパで2つの都市がトップ10入りしているのはスイス!!しかも2年連続!!しかもランキングアップ↑↑≪昨年との比較≫ 2021 ➡ 2022チューリッヒ    7位  ➡ 3位ジュネーヴ     8位  ➡ 6...

  • スイス鉄道も日本からの「カイゼン」哲学!

    スイス鉄道175周年記念イベントの一つ、Olten/オルテンにある、スイス最大のスイス鉄道の車両基地を訪れた(2022.5月)!       📌ちなみに、オルテン駅は重要なハブ駅であり、列車の数を比較すると、チューリッヒ中央駅に次いで2番目となる。スイス最大ということもあり、敷地もかなり広い!列車のメンテナンスや部品加工等々、SBBの縁の下の力持ち的な、重要な現場である。さらに、もの...

  • フレディ・マーキュリーを思い出すクルーズ!- レマン湖

          Montreux/モントルー、船上から見える、フレディ・マーキュリー像 ≪map≫≪📷ズームイン≫📚前回の≪レマン湖クルーズ≫の記事からの続きです。🚢

  • スイス号に乗って- レマン湖クルーズ

    2009年に全面改装され、世界で最も美しい蒸気船と評されている蒸気船

  • 再びオミクロンの話題!- 水面下で広がる「BA.5」

          コロナウイルスが戻ってきた!ヨーロッパでは、オミクロンの亜種BA.5が急速に広がり、症例数が増加している。ポルトガルでは、オミクロンの亜種BA-5が急速に普及。ドイツとスイスでも症例数の増加が記録されている。≪スイスのコロナウィルス最新情報(※)≫※現時点では、BAGによるデータ更新は毎週火曜日15時30分≪スイスと近隣諸国及びポルトガルの状況≫ しかし、それは「警戒の信号が発せら...

    地域タグ:スイス

  • 駅チカで人気のラーメン!- ローザンヌ

          ローザンヌ駅から数分歩いたところに和食レストランを発見!日本の雰囲気を出すために・・・インテリアも面白い♬🍜ラーメンの説明を読んでみると・・・スープのブイヨンは時間をかけて作ってある自家製らしい!(余談だが、バーゼルにある、Namamenというラーメンショップ(チェーン店)ではインスタントラーメンのように、お湯で溶かしてスープを作っていた。一度、カウンター越しに、それを見...

    地域タグ:スイス

  • クマ公園へ行く前に知っておきたいベルンの熊物語!

    ローゼンガルテンを訪れたあと、坂を下るとクマ公園につながるルート!Bern/ベルンの名前の意味は、動物の≪クマ≫である。ベルンドイツ語(ベルン地方の方言)ではBärn/ベーレン(=Bern)。1208年に初めて≪Bern≫という名が文書にて言及されたが、起源と解釈は不確かであるとするも、1191 後の記録によると、ツェーリンゲン家のベルトルト5世がベルン市を築いた。一説によると、ベルトルト5世が初めて射止めた動物が≪クマ≫であること...

    地域タグ:スイス

  • ベルンで人気の展望スポット!- ローゼンガルテン

    歩きたくなる街でスイスのトップは間違いなく、首都ベルンの旧市街かな!?エレガントなレストランでお腹を満たしたあと、すぐ近くのバス停からバスに乗り、まずはベルンで一番眺望が良いと確信している、Rosengarten/ローゼンガルテン(バラ公園)へ💨桜の咲く時期には何度も訪れたことがあるが、薔薇がたくさん咲いている時期は初めてである!ここへ初めて訪れる人は間違いなく、薔薇の花が目的ではなく、ベルン旧市街を一望でき...

    地域タグ:スイス

  • エレガントな雰囲気を楽しむレストラン!- ベルン

    階段を降りて行くと・・・建物の外見からは想像がつかないほど、かつて穀物倉庫だったのかと疑うほどの魔法にかかったようなバロック式の素敵な雰囲気に包まれる。久しぶりに出会う友人のリクエストで訪れたレストランであるが、第一印象は👍フレスコ画、シャンデリア、高い天井のアーチ、ウォールパネルなども非常に良い雰囲気ですべてが劇的な設定になっている。ベルンのハイバロック時代を表してあるそうだ。📌穀物倉庫は19世紀終...

    地域タグ:スイス

  • 我が家の薔薇の花プロジェクト!

           ほんのりと💗とても良い香りが漂う、自然の薔薇の香り♬1本の花枝に100個近い花を咲かせる🌹野バラ!6~7年前、1mほどの枝を一本義理の両親からもらったもの。彼らの庭では上手に育つことができずあきらめかけて、花の人生を終わるはずだった薔薇の木。薔薇の生命力は強し!!!専門知識などまったくない私たちはただ、好きな場所に植えただけ・・・すると、奇跡の復活!翌年の春にはアーチに...

    地域タグ:スイス

  • 薔薇の香りに包まれる季節!- バーゼル

    バーゼル郊外では自宅の庭も含めてご近所でもどこでも薔薇の花がたくさん咲いている。雨が降って高温になって・・・繰り返し・・・今の季節はアルプスの山々にとっては注意信号ということ💦見えないところで、一気に氷が溶けだすと土砂崩れにつながる💦専門家による実態調査は厳しく行われている。しかし、平地にとっては植物は大喜び♬特に薔薇にとっては非常に良い季節!いたるところで薔薇の花に出会う!そこで、バーゼルの公園へ...

    地域タグ:スイス

  • 田中絹代の映画回顧展 - ローザンヌ

          Lausanne/ローザンヌの町を散策中に面白いイラストがたくさん描かれたものを発見!そして、ふと左のほうを見ると・・・田中絹代の若い頃の写真のポスターを見かけた!調べてみると、5月4日から7月2日まで『田中絹代の回顧展』として、彼女が出演した映画および📢監督/監督および出演した作品が上映中である。下記15の映画がピックされてある!映画公開年 - 映画タイトル(原題/仏語)- IMDB...

    地域タグ:スイス

  • 列車の中の遊び場!- スイス鉄道

        2階建ての長距離列車、IC(Inter City)にはファミリー用の車両があり、アッパーデッキには小さな子供たちが遊べるプレイグラウンドがある!ジャングルをイメージされた≪Ticki Park≫外から見ると、ゴリラや鳥などのイラストが見えるのでファミリー用車両が簡単に認識できる。≪ベルン駅(別の日に撮影したIC)≫平日7時頃の出発だったので、ファミリー車両(2等車両)を選ぶ!最後に乗車したが、予想どおり、...

    地域タグ:スイス

  • ベルンからローザンヌ間の美しい風景!- スイスの車窓から

          新緑の美しい季節!スイスの車窓からの風景は絵葉書のスライドショーのようであった♬Bern/ベルン駅から二階建て列車のICに乗り込む!行先はLausanne/ローザンヌ。所要時間:1時間12分Bern/ベルンFribourg/フリブールRomont FR/ロモン FRPalézieux/パレジューLausanne/ローザンヌ📌特に美しい風景はフリブール駅を過ぎてから☆彡≪フリブール ➡ ロモン FR≫※進行方向に向かって左≪Château de Romon...

    地域タグ:スイス

  • 5月の風物詩:ナルシスの花を訪ねて!- レ・プレイヤード

    5月下旬頃になると、ナルシスの花の群生が恋しくなる!昨年はコー/レ・ザヴァンへ訪れたが、今年は一度訪れたことのある、Les Pléiades/レ・プレイヤード(山:1,392m)へ!我が家の愛猫が赤ちゃんを産んだので、日帰り旅行となった。自宅から片道約4時間💦でも、途中、車窓からの風景がものすごく美しい場所があったり、面白いエピソードもあったりと・・・退屈はしない!(📚また別の機会に)やはり、スイスでは鉄道の旅がいいな♬...

    地域タグ:スイス

  • フランス国旗のような紋章を持つ自治体!- スイスの面白い話

             Engelberg/エンゲルベルク(OW)の駅近くの風景。路地にかかっている旗は(写真に向かって左から)、エンゲルベルク、スイス国旗、オプヴァルデン準州。まずはじめに・・・、スイスTV(SRF)の≪1gegen100≫というクイズ番組で実際に出題された問題をご紹介!Q:オプヴァルテン準州(OW)の州旗からKEY(鍵)のマークを取ると、どの州の州旗になるか?・・・というA/B/Cの州の名前か...

    地域タグ:スイス

  • スイス人の間ですごく人気のある山!- シュタンザーホルン

          東京から9,652kmの旅!ここは、スイス中部で最も人気のある観光地の一つ、標高約1,900mStanserhorn/シュタンザーホルンの展望デッキである。「ヤッホー!」と叫びたくなる♬📌シュタンザーホルンは、他のスイスの観光地と比較して、国際ビジネス的にはほとんど左右されない。なぜならば・・・、訪問者の80%以上がスイス国内から訪れている。その他20%は主にアジアからの個人旅行。その結果、重...

    地域タグ:スイス

  • ピューリッツァー賞受賞者がスイスへ!- ソロトゥルン文学の日

          ソロトゥルン州の州都、Solothurn/ソロトゥルン。旧市街は車両乗り入れ禁止。要塞で囲まれていて、門をくぐると、まるで中世の町へタイムスリップしたかのような感覚である。≪東:Baseltor/バーゼル門≫≪西:Bieltor/ビール門≫≪時計塔≫≪市役所≫このソロトゥルンも過去にワッカー賞を受賞している。🚉ベルンから約45分、チューリッヒやバーゼルからでも1時間以内で訪れることができる👍アーレ川と...

    地域タグ:スイス

  • ワッカー賞50周年記念の年!- メイラン/CERN

      1972年以来、スイス文化財保護協会は居住地域の建築文化に特別な貢献をした自治体にワッカー賞を授与している。今年、50周年を迎えた🎉≪ワッカー賞に必要な6つ基準≫1.現在の観点からの町並みの質的なさらなる発展とアップグレードが見られる。2.古い集落構造と既存の建物の構造の丁寧な取り扱いが、町並みに反映されている。3.自治体は、平均以上の建築品質(アドバイス、動機付け)に積極的に取り組んでおり、...

    地域タグ:スイス

  • ロジャー・フェデラーからのクイズが初登場!- スイス政府観光局

      Gruyères/グリュイエール城の風景が登場し、ドラマが始まる・・・最近、話題になっているオスカー女優のアン・ハサウェイとの共演でロジャー・フェデラーが彼女から演技指導を受けたというCM。このCMの目的として・・・担当者いわく:「(単純に)スイスの注目と意識を高める。明確な意識向上キャンペーン。」スイス政府観光局がどれだけ力を注いでいるかもすごく感じるキャンペーンCMである!≪動画の冒頭シーンで、二人...

    地域タグ:スイス

  • 美味しい名前の鉄道から始まった!- スイス連邦鉄道175周年

    今年はスイス連邦鉄道175周年の記念の年!!1847年8月9日、スイスで初めて、チューリッヒとバーデン間にSchweizerische Nordbahn/スイス北鉄道(SNB)が開通した。そのニックネームの由来が面白い!!当時、SNBは «Spanisch Brötli-Bahn/スペイン・ブロートリ鉄道(※)»という、ニックネームで広く知られていた。※そのニックネームの由来について Spanisch Brötliは、Baden/バーデンの名物。 (パフ・ペイストリー)  ...

    地域タグ:スイス

  • クライネ・シャイデックへのお勧めルート!- スイスの車窓から

    Kleine/クライネ・シャイデックへはヴェンゲンアルプ鉄道でGrindelwald/グリンデルワルトからとLauterbrunnen/ラウターブルンネン===Wengen/ヴェンゲンから2通りのアクセスが可能!さて、どちらのルートがお勧めかと聞かれたら、私は即、ラウターブルンネンからと答える!≪スイスの車窓から≫ラウターブルンネン谷の絶景から始まり・・・≪Wengen/ヴェンゲン駅舎≫停車中にドア越しから📷パチリ☆彡≪凸ポコッと面白い山頂の形をした山(...

    地域タグ:スイス

  • 「アイガー」という名のつく山は一つではなかった!

    「山の名前は?」Eiger/アイガー(3,967m)とMönch/メンヒ(4,110m)!!私は、Lauterbrunnen/ラウターブルンネンからKleine Scheidegg/クライネシャイデックへヴェンゲルンアルプ鉄道で向かっていた(2020.07)!※このルートは冬期は運休! 2022年:5/7~11/6運行予定(事前に要確認)ここは、Wengernalp/ヴェンゲルンアルプ駅。タイムテーブルでの停車時間は1分間。しかし!ラッキーなことに、クライネ・シャイデックから...

    地域タグ:スイス

  • 見上げてごらん!- 面白いスイスの山

    スイスで何が一番、面白いかというと・・・やはり、自然に触れること!年々、その思いは強くなる!Wengen/ヴェンゲンでほぼ東の空を見上げてみたところ・・・デコボコの岩だらけような風景!私は今まで、そのにいてヴェンゲンの村を見下ろしていた。≪□ボックス型の建物(写真左)≫ヴェンゲンとMännlichen/メンリッヒェン(山)をつなぐロープウェイ乗り場である。※背後(写真奥)がメンリッヒェンの山頂となる。そのロープウェイの...

    地域タグ:スイス

  • チューリップの花越しに朝の光を!- モルジュ

    予想外のうれしい出来事だった!🌷チューリップの花越しに朝一番の光を浴びる!まるで、Morges/モルジュに訪れた人へのギフトのようだと感じた!今、Morges/モルジュでは、チューリップ・フェスティバル 2022が開催中である!📌今年のテーマは「数字と文字」。公園でチューリップの花を楽しむのが目的であってもレマン湖畔を散策するのは価値がある♬レマン湖畔にもチューリップが点々と咲いている♬特に、早起きは三文の徳!朝食前に...

  • 森の中の美しい花の道!- バーゼル郊外

    今年も素晴らしい時期が訪れた!1週間前から少しずつラムソンの花が咲き始めていたので、雨の日のあと、きっとさらに開花しているだろうとまた、昨日の午後、🚴サイクリングを楽しんだ♬バーゼルに隣接する町、Muttenz/ムッテンツへ向かう途中、自宅から約7.5km走ったところで、森の入口に細い道に白い花が咲いているのを発見!私の大好きなラムソンの花♬≪Bärlauch/ベアラオホ≫ 森の入口からは下り坂、先が見えない・・...

  • スイスの指輪物語!- ラウターブルンネン

    ピーター・ジャクソン(映画監督)がニュージーランドで🎬映画『ロード・オブ・ザ・リング』の三部作を撮影するずっと前に、英国の作家、J・R・R・トールキンの『指輪物語』に登場する中つ国は、世界中のさまざまな目的地からイメージされたそうだ。そして、より幻想的な場所は、トールキンが19歳のときに旅行したスイスからインスピレーションを得たそうだ。例えば、『中つ国の裂け谷』『指輪物語』のイラストレーターであるテッド...

  • スイス出身の監督が語る鹿島!- スイスのニュース

      第三国、日本で三度目のチャンピオンへ導くことができるか!チューリヒ州Winterthur/ヴィンタートゥール出身のRené Weiler/レネ・ヴァイラー!Jリーグ、鹿島アントラーズの新監督に就任後、約1か月半が経過した。先日、スイスTVのスポーツニュースで鹿島の印象や町の様子などが映し出された。⚽鹿島アントラーズの選手たちを乗せたバスを待つファンの中には、なんと、スイス国旗が翻り、彼の似顔絵とドイツ語で≪René W...

    地域タグ:スイス

  • スイス人の心をつかむツツジの花園! - バーゼル

    あまりにも美しかったので・・・以前、私は勝手に、この場所を≪秘密の花園≫と呼んでいた!スイスで豪華なツツジの花を観賞できるとはあの・・・この場所を知るまで・・・想像していなかった。ツツジの思い出!豪華な日本のツツジが咲くことを初めて知ったのはちょうど6年前だった。この花園の入口で大きなツツジが♬美しいツツジを見ているとき、私の背後からやたらと聞こえてくる「Japanisch/ヤパーニッシュ、ヤパーニッシュ・・...

    地域タグ:スイス

  • グリンデルワルトで見るアイガーの雄姿!

    今、グリンデルワルトにいると想像してみてください!グリンデルワルトのFirst/フィルスト ≪map≫から見る ≪map≫Eiger/アイガー(夏)。ここで出会ったグリンデルワルト在住の日本人との会話:「アイガーの違う姿を見たいから、フィルストにやってきた。」と。確かに、≪グリンデルワルト駅 (map)近くから見るアイガー(右)≫≪Gross Scheidegg/グロース・シャイデック (map)≫メンヒとアイガー(右)仲良くカップルで♬...

    地域タグ:スイス

  • 日本からスイスへの旅が通常に戻る日!- スイスへの入国!

    ついに!スイスへ観光したい人への朗報!!現行のバンデミックによるスイスへの入国制限が2022年5月2日よりすべて解除となる!※Basel/バーゼル ≪map≫【スイス移民庁(SEM)からのお知らせ】 Per 2. Mai 2022 werden die bestehenden Einreisebeschränkungen aufgehoben. Ab diesem Datum ist die Einreise in die Schweiz wieder zu den ordentlichen Voraussetzungen möglich. Informationen zu Visa, Reisedokumenten etc. fi...

    地域タグ:スイス

  • 落し物をしたあとの驚きと感動!- 特別なイースターマンデー

    2022年4月18日イースターマンデーは私の忘れられない一日となった!≪🚴当日のサイクリング・プラン≫🌸見納め、🍒スイスの桜ツアー1.ホテルレストランでのランチ2.スイスの桜名所へ3.夕方、⚽帰宅後にFCバーゼル観戦🍒スイスの桜の花🍒≪私の大失敗≫桜の名所、Nuglar/ヌグラーに辿り着く直前、落とし物に気が付く!探している最中に警察から夫のスマホに連絡あり。結果、高速で私の落し物は無事に見つかった。≪前代未聞のとても親切な警官...

  • 春色メニューでリフレッシュ!- バーゼル地方

    バーゼル地方のオアシスともいえる森に囲まれたホテルレストランへ♬バーゼル=ラント準州の州都であるLiestal/リースタール。緑に包まれ、近くには牛が放牧されている。とにかく、お庭がすごく広くて非常に気持ちが良い👍池にはカモが休憩し、花壇にはチューリップやアネモネが咲いている。点々とベンチがあり、ホテルのゲストでなくても利用できそうな雰囲気。≪お庭の緑に囲まれたガゼボからの風景≫ホテルには2つのレストランがあ...

    地域タグ:スイス

  • 印象的な白い山!- モルジュ

    Morges/モルジュではただ今、🌷チューリップ・フェスティバル🌷が開催中!この写真は2018年に訪れたときのものですが、レマン湖のほうへ目を向け、遠くを見つめると、背景の山々の中に白い山がくっりと!ご存じとおりモンブラン!名前のとおり、Mont(=山) Blanc(=白)モンブランについてのクイズです!モンブランは2か国の国境に位置する山です。どの国々でしょうか?A:スイスとフランスB:スイスとイタリアC:フランスとイタリア答...

    地域タグ:スイス

  • 絵本から飛び出したような可愛い村!- フランス・アルザス地方

    ハッピー・イースター!イースターの思い出といえば、やはり、フランス・アルザス地方の可愛い村、Riquwihr/リクヴィール!!第一印象は、まるで飛び出す絵本!イースターの動物たち、タマゴ、そして花。アルザス地方の代表的な木組みの家が立ちならぶ姿はたまらなく可愛い♬≪可愛い絵本の世界のアーチ型の入口≫村の入口には可愛いポスト(写真左)。大きなタマゴがお出迎えしてくれ・・・個性的な木組みの家が立ち並ぶ!スイスにも...

    地域タグ:スイス

  • 史上最も感動のスピーチ by チャップリン

    4月16日はチャーリー・チャップリンの生誕130周年。お誕生日🎉レマン湖畔のチャップリン像にはファンがバラの花を添えていた。≪晩年、25年間チャップリンが住んでいたスイスの邸宅≫今日、Chaplin's Worldとして彼のすべてが集約されている博物館である。展示の中に過去に報じられたたくさんのメディアの資料。ふと、目に留まった、1973年9月上旬号のキネマ旬報の表紙の映像。『独裁者(原題:The Great Dictator)』の特集号だった...

    地域タグ:スイス

  • スイスの美しい習慣 - イースター

    今年、初めて木製のイースター飾りが我が家に仲間入りした!本日は聖金曜日!私は「🐟魚を食べる日」と呼んでいる。イースター前のスーパーでは魚の割引があったり、私の住んでいる町では、特別に注文できる御用聞きまで登場する。クリスチャンが十字架でのイエス・キリストの苦しみと死を記念する日であるゆえ、肉食はタブーである。厳格なクリスチャンは断食するらしい。さて、イースターといえば、スーパーでたくさんのカラフル...

    地域タグ:スイス

  • マッターホルンのフォトスポット!- ツェルマット

    前回のトブラローネのフォトスポットに引き続き、ツェルマットの新フォトスポットに関する問題です! 💙ハートの木枠から臨むマッターホルンの雄姿💙写真右に見えるソーラーパネルがある建物は最寄りのゴンドラ駅です。次のA~Cまでどの駅でしょうか?※ヒント:逆さマッターホルンで有名な湖のうち最も大きな湖へ行くために利用する駅です。A:Blauherd/ブラウヘルトB:Rothorn/ロートホルンC:Sunnegga/スンネッガ(スネガ)📷2...

    地域タグ:スイス

  • 再び薔薇の噴水!- チューリッヒ旧市街のイースター

    今年も昨年同様、チューリッヒ旧市街の7つの噴水に美しい🌹薔薇の花で満たされている。これは世界中の悲しい話題をハイライトする地元の教会のイニシアチブです。 今年はウクライナが最前線に立つ。再び人々の日常生活に🌹薔薇🌹で希望をもたらす。📌キリスト教の伝統によれば、いばらの冠は、イエスが非難されたときにイエスの頭に置かれる。🔔教会の使命は2つあるそうだ。1つは、現在のトゲを見失わないこと。社会に対する教会...

    地域タグ:スイス

  • ツェルマットで一番人気のチョコレート!

    いつからブームになったのだろう?誰が最初にトライしたのだろう?≪スイスで遊ぼう!≫≪ツェルマットで遊ぼう!≫ある旅行サイトではマッターホルンについて≪別名:トブラローネ山≫と紹介しているところがある。トブラローネの名前の由来を調べてみると・・・直訳すると、トブラーさんのトローネ(ヌガー)!トブラローネを発明した二人のうちの一人、Theodor Tobler氏の 

    地域タグ:スイス

  • スイスマップから見るマッターホルン!- ツェルマット

     SWISS-Q     スイスで遊ぼう!・・・というテーマを追加します!カテゴリは≪SWISS-Q≫スイス(ネタ)で遊ぼう!が正しいかな!?スイスの小学校のテストに出てきそうな問題からとんち的なクイズも含めて・・・スイスについて楽しく遊ぶ♬これは面白い!と思われたらご自分のスイスネタ帳にブックマークしてくれたらうれしいなぁ~☆彡≪有名なマッターホルンが見える山上湖 in Zermatt≫ Leise...

    地域タグ:スイス

  • 希少な野生のチューリップ!- レッドリスト

    エレガントでカラフルなチューリップの花は、何世紀にもわたって私たちの心を征服してきた。この畑は農家が手入れをしていて、無人のチューリップ販売屋さん。自分で好きなチューリップを購入できる!春のギフトとしても🌷チューリップは人気である。そこで、野生のチューリップが気になったので、探しに行くことにした🚴💨今回、葡萄園では数本しか探すことができなかったが、同化するタンポポに混じってどこかで咲いていたかもしれ...

    地域タグ:スイス

  • ついに!フェデラー・トラム - バーゼル

    今週、お天気がくずれる前、片道約10kmのサイクリングを楽しんだ。小川や森の中では遠くからみるとまるで白い金平糖のような花々が咲き誇っていた。森のアネモネ(和名:ヤブイチゲ)≪Schützenmattpark/シュッツェンマット公園≫春先にはたくさんのクロッカスが私たちに明るい春を提供してくれる。今回、面白い木を発見!どこかで見たことがある、ある・・・と考えていると、夫が

    地域タグ:スイス

  • 柔らかく美しい日本桜の雪!- バーゼル

    日本の桜は散るときにさえ、人の心を潤わせてくれる。どうしてこうも美しいのだろうと毎年、桜の花が散るときに思う。春風は優しく桜の花を撫でるようにそっとそばを通る。通りゃんせ、ここは桜の細道🌸🌸🌸🌸🌸帰りも怖くない細道。バーゼルの日本の桜の名所、Bruderholz/ブルーダーホルツ。このような光景が約800m続く。横をトラムが走っている。桜が咲く季節になると、トラムの運転手はとてもいい気分になるに違いない。車窓からも...

    地域タグ:スイス

  • ナポレオン通りに立つ!- バーゼル地方

    サイクリング🚴、自宅から約4km離れた場所で大きな切り絵のような木に出会う。ちょうど、スイスとフランスの国境沿いである。彼らが歩いている道は、≪ナポレオン通り≫過去に兵士が歩いた道なのだろうか?名前の由来はわからない。木の背景(写真では左の枝の下)に見える小高い山はフランスに位置する。そして、ナポレオン通りの右手遠方に教会が見える。その町の名前はLeymen/ライメン。≪ライメンの教会≫※6月の風景このライメンは...

    地域タグ:スイス

  • すでに約80%のオミクロン感染!- スイス・ディズニーのシナリオ

    ≪現在、スイスにおける人口の約80%がオミクロンと接触(感染)している。≫2月22日から3月22日、634,523件のコロナ症例が登録された! 3月8日から3月22日では、360,523件!≪3/22BAG(連邦内務省保健庁)の会見の概要≫◆BA.2優勢:「感染の原因は主にサブバリアントBA.2」◆症例数が多い:現在の症例数が多いにもかかわらず、今後数か月で感染の大幅な減少が見込まれる。◆コロナの症例数は一週間ごと: 4月から週に1回だけ通...

    地域タグ:スイス

  • 春の色を楽しむとき!- お花見

    天気予報士が伝えたとおり、サハラの魔人のような砂塵が去り、スイスの空は青空が広がり鳥が歌う。乾いた空気だけれど、心の中に潤いをもたらす。自宅から300mほど離れた場所には、大きな古い日本の🌸桜の木がある。めったに通らない場所であるが、春になると、決まって私の足はその場所へ向かう💨まだ満開にはおよばないが、トンネルから抜けたときのような一気にその桜の木の周辺が輝くスポットになったかのようだ。美しい!桜の...

  • スイスの空に魔法をかけるサハラの砂塵!

    スイスへ飛来した・サハラの砂塵の濃度や量はどのくらい?・気象学者の悩みの種とは?・サハラの砂塵と自然との関係は?昨日(3/16)の午後サハラの砂塵の濃度が計測されたら、1㎡あたり1.5gだったそうだ。今回よりも0.5g多い2g/1㎡だったことがある(昨年2月初旬)。濃度が高いと魔法のように風景を変えてしまう。まるで魔法のように・・・。≪昨年2月のユングフラウヨッホでの観測≫さまざまな観測のために外気が取り入れられてい...

  • スイスに唯一メダルを持ち帰った男!- パラリンピック

    日曜日、静かに始まった北京パラオリンピックは静かに終わった。📌スイスで唯一、メダル(🥉)を持ち帰ったのはヴァレー州Haute-Nendaz/オートナンダ出身のThéo Gmür/テオ・グミュア(テオ・グムア)。※出典:srfパラアルペンスキー男子ダウンヒル立位で銅🥉!※出典:nau.ch25歳の彼の人生は『七転び八起き』2歳で障がいを背負う。身体・精神ともに困難であった10代ー孤独と自ら命を絶った父親の死。ー車椅子での生活を余儀なくされ...

  • ウクライナに平和を!バーゼルからの祈り

    久しぶりの大きな喜びを受け取ったあと、バーゼル大聖堂へと向かう。おとぎの国のような雰囲気から悲しみの世界へと誘われる。≪前回からの続きです≫ バーゼル・ファスナハトの灯篭展では、今、直面している社会現象や表に出ている、または自分の知らない事実、いろんな問題点や話題について、時には面白おかしく表現され、時には真剣に考えさせられるものもある。バーゼル・ファスナハトのモット―でもある、言いたい放題の精...

  • 個人でウクライナ難民を受け入れるための条件!

    3月8日の夕方、ポーランドから飛行機で重病や障害のある子供を持つウクライナの家族(28世帯:母親と子どもたち)がチューリッヒ空港へ到着した。その結果、今までウクライナ難民としてスイスで登録された人は1,314人になるらしい。※使用機材はSWISS。昨日のニュースの映像では、よちよち歩きの赤ちゃんもいた。チューリッヒ市内のホテルに収容されている(3/9現在)。フライトはウクライナ大使の主導で運航された。「私たち(ウク...

  • 喜びが伝染する特別な子どもの日!-バーゼル

    この風景は普段と変わらない様子。しかし、ライン川にかかる中央橋の上にはたくさんの人であふれている。空が笑う、子どもたちが笑う。遠くの空では涙を流し、子どもたちは・・・。暗いニュースが毎日ヒットする中で昨日のバーゼルでは、トラムを降りた途端に喜びの感情が訪れた!バーゼル・ファスナハト2日目はKinderfasnacht/キンダーファスナハト!≪バーゼルだけの子どもの日≫と感じる日。親が鯉のぼりを掲げるのではなく、子...

  • 三日月そして三年ぶりの春を呼ぶ伝統行事!- バーゼル

    三日月の夜(3月7日)地元では、春を呼ぶ🔥ファスナハトファイヤーがあった。21時半頃だったので、すでに炎の大きさは半分以下になっていたような気がするが、炎がくるくると姿を変えて、炎のロングドレスのようにも見えたり・・・面白かった♪そして夜空には細い三日月と同じ方角にオリオン座もしっかりと確認できた。素晴らしい夜であった。そして炎のディスクを飛ばすのは節分の豆の代わりのようなイメージかな?!👗≪参考:関連記...

  • 見出しに「平和主義の日本人」!- スイスのニュース

    昨日、スイスのニュースポータルでウクライナ「義勇兵」の募集に対しスイス人2名がベルンのウクライナ大使館に志願したニュースを読んでいたところ・・・ふと、最近のニュースの話題の中にJapaner/日本人の文字を発見!≪日本人でさえウクライナの外国軍団で戦いたい≫という小見出し。そして記事本文を開くと・・・大きな見出しで≪Jetzt kämpfen pazifistische Japaner für Selenskyj≫≪今や、平和主義の日本人たちはゼレンスキーの...

  • お土産リストに仲間入り!- スイスBIOチョコレート

    バーゼル郊外のガーデンショップに一角で春の雰囲気の中で私は美味しい春を見つけた!スイス南部からのすごーく美味しいBIO/オーガニックチョコレート!このアーモンドと蜂蜜入りのカカオ74%のダークチョコを初めて口にしたとき・・・、美味しさが口の中で少しずつとけていき、幸せを感じる。チョコレート好きな私の舌は高いポイントをつける!他のチョコとはまったく違うワンランク上のチョコ♬※きちんと詳しく、材料の産地も記入...

    地域タグ:スイス

  • 親が戦争について子供に話す方法!- スイスのニュース

    ウクライナで最初の脅迫から何週間もの間、24日、勃発した戦争は、ニュースを支配している。ロシアはウクライナに対する侵略を開始した。戦闘行為による犠牲者が出る前の2月19日、スイスTVの子ども向けの番組では、紛争が何年も続いている理由と、ロシアとウクライナの両当事者が実際に何について議論しているのかを説明している。今、≪ウクライナで何が起こっているのか?≫をテーマに1.わかりやすい動画で≪ウクライナ紛争≫につ...

    地域タグ:スイス

  • ぐるっとスイス!- 楽しめるパスポート

    ≪前回からの続き≫前回の12州の中で、ベルンの時計塔は旧市街に位置する。≪ベルン旧市街≫は世界遺産に登録されている。新たに、今回も世界遺産/文化遺産を2つ、発見!では引き続き、13番目の州から最後までご紹介!≪13.バーゼル=ラント準州 14.シャフハウゼン州   15.アッペンツェル・アウサーローデン準州 16.アッペンツェル・インナーローデン準州≫13141516≪17.ザンクト・ガレン州 18.グラウビュンデン州 19.アール...

    地域タグ:スイス

  • クイズみたいなスイスのパスポート!

    『今日は何の日?』ということで日本で定められた、いくつもの記念日の中で『旅券の日』をピックアップ!📌日本の外務省では「旅券を確認する日」と提唱している。旅券つながりで、スイスのパスポートの面白い内容をご紹介!表紙は一部がエンボス加工が施され、スイスの十字が浮き上がっている。面白いというのは・・・スイスのパスポートの8頁から33頁まで計26のイラストがある。Q:なぜ、26?A:スイスのカントン(州)が全部で2...

    地域タグ:スイス

  • スイスの大きな一歩!- コロナ対策緩和

    ≪地平線上の光が見える≫・・・カシス連邦大統領の言葉より。「2020年3月16日、連邦評議会は異常な状況を宣言しました。23か月後の今日、2月16日、連邦評議会はほとんどの措置を想起しています。今日、私たちは決定的な一歩を踏み出しました。」「それでもなお、保護する必要のある人々がいます。したがって、すべての市民は引き続き慎重に行動する必要があります。」・・・というカシス連邦大統領の言葉から始まった、2月16日の連...

    地域タグ:スイス

  • 北欧からの貴重な訪問者!- ユリカモメ

    白鳥が「きみはどこからやってきたの?」とユリカモメに話かけているかのようなシーンを思い浮かべた。まだ茶色がかった羽を持っていることから若鳥のようだ。クチバシも赤ではなく黄色に近い。📌ユリカモメの成鳥の特徴は赤いクチバシとあし。そして目のうしろに黒い斑点。翼端に黒い羽!(📍-2)※📸2017.10.17 レマン湖畔(Lausanne/ローザンヌ)※📸2017.09.21 ボーデン湖畔(Steckborn/シュテックボルン)バーゼルに隣接する、このM...

    地域タグ:スイス

  • 人も蜂も喜ぶとき!- スイスの蜂と蜂蜜

    ≪小さな妖精のクロッカス≫と呼ばれる、今年最初に見られるElfen-Krokus/エルフェン・クロッカス!エルフ・クロッカスは人々を喜ばせるだけでなく、今年初めてのミツバチたちも喜ばせる!🐝スイスの蜂と蜂蜜のお話🐝まずは、登場人物のご紹介。ハロー!≪エルフ・クロッカス≫のために、我が家の庭で水やりの仕事をしているエルフくんです。ハロー!スイスの蜂蜜が大好きで、≪🐝ミツバチ≫についていつも勉強しているハーゼちゃんです。昨...

    地域タグ:スイス

  • すべての競技が見れるスイス!- 北京オリンピック

    スイスでは、東京オリンピックの時と同じように北京オリンピックのすべての競技がスイスTV+関連Web(📍📺)でライブ/リプレイがすべて見れます!!📍📺スイスTV(3局)+Web(6)SRF Zwei(スイスドイツ語圏)RTS 2(スイスフランス語圏)RSI LA2(スイスイタリア語圏)※下記参照ライブのみならず、見逃し、重複した競技があっても後日、すべて見れるのでうれしい!!オリンピック開催前に通知すれば良かったなぁと。(スイス在住でご存...

    地域タグ:スイス

  • 美しい冬のストーリー!- 雪の結晶

    北京オリンピックの開会式で雪の結晶をモチーフとされていたのがとても印象的であった。開会式が終わった直後にスイスTVで紹介された雪の結晶を思い出す。雪の美しさは・・・アルプスの山々に雪が広がり、白い風景の中に吸い込まれそうな美しく見えるだけでなく、木々たちに白いお化粧を施し、見る人の心を喜ばせる。バーゼル地方で雪が積もったあとの快晴の日はとても珍しく、過去に数回だけ。当時は、寒くても外へ出て歩きたくな...

    地域タグ:スイス

  • 節分の日に思うこと! - 自然の法則

    節分の日!カレンダーによると、まだ真冬。しかし、早ければ1月と2月には、自然の中で春が来る、最初の春の使者を見つけることができる。それは、最初に咲く花が含まれる。彼らは彼ら自身の「不凍液」を持っているので、凍死することはない。前日、雨が降っていたせいもあり、翌日の午後になっても地面は湿ったところが多い。春の訪れを告げる、可愛い花々が咲いていた。BGMに鳥たちの声も聞こえてくる♬天からの水と少し気温が高く...

    地域タグ:スイス

  • アイガー北壁に虎!- グリンデルワルト

    スイスTVニュースで、初めてこの映像をみたとき、夫と二人で目が釘付けになった!🐯Tiger on Eiger!タイガー・オン・アイガー!アイガー北壁に大きな虎をイメージして輝いている。またまた、スイス出身のライトアーティスト、Gerry Hofstetter/ジェリー・ホフシュテッターがやってくれました!!2月1日、中国の旧暦の新年、🐯寅(虎)年を迎えるにあたりアジアへの新年の挨拶。そして、スイスの冬季オリンピック選手への挨拶とし...

    地域タグ:スイス

  • 冬山のパノラマビュー!ルツェルン湖クルーズ

    ルツェルンで絶好のお天気に恵まれたときはおみくじで大吉が出たときのような気分と似ている。印象的な山のパノラマビューを楽しむことができる🚢冬のルツェルン湖クルーズを体験できるからだ!スイスには湖がたくさんあるが、冬の季節にクルーズといえば、やはり、ルツェルン湖が一番かなと思う。ルツェルンの町からも見えるお馴染みの≪Rigi/リギ山(写真右)≫≪ルツェルン湖クルーズのルート図≫≪Luzern/ルツェルン~Vitznau/フィッ...

    地域タグ:スイス

  • ゴルナーグラートにズームイン!- ツェルマット

    スイスファンであれば、誰もが知っている、Zermatt//ツェルマットのGornergrat/ゴルナーグラート!ツェルマットからGornergrat Bahn/ゴルナーグラート鉄道を利用して最短、約33分(2022.01.27現在)。 ≪春夏秋冬≫昨年の季節ごとの時刻表には、毎回、このような美しい写真が掲載されていた!NEWS2023年には5両の新車両が運行予定!※2019年末の最初の情報では2021年からということであったが、次は2022年秋からに変更され、...

    地域タグ:スイス

  • ピラトゥス山での重要な任務!- スイス空軍

    この写真より山の名前を当てることができる人はスイス通!!📸山の北斜面:Hergiswald/ヘルギスヴァルト≪map≫からの眺めそして、こちらは📸Eigenthalerhof/アイゲンタラーホフ≪map≫からの眺め。マッターホルンはスイス側とイタリア側から見ると全く違う山のイメージだ!それと同じように、見る場所が違うと、まるで違った山のように感じる。それでは、先の2枚と同じ山だが、こちらの写真ではどうでしょう?スイスに旅をした人はほと...

    地域タグ:スイス

  • 強制ワクチン接種をしないスイス!- 統計

    一昨日、オーストリア・ウィーンの町の様子がスイスTVに映し出された。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・屋外のマスク着用義務(ツアーガイドはマスクなしでOK)にともない、ショッピングもワクチン証明書が必要となる。買物をするために、お店の前で列をなす姿。ワクチン接種の証明書を提示しないと入店できない。そして、警察官が統制攻撃のために出動。中には私服警官も😲不慣れな店員は訪れる客に一人ずつ、証明書の確...

    地域タグ:スイス

  • 光輝く花のファンタジーの力!- ルツェルン

    スイスではクリスマスイルミネーションは町から消えたが、ルツェルンでは、まるでファンタジーの世界のように新しい年の光が街中に輝いている☆彡昨年はコロナ規制で中止となったが、今年は≪希望の光≫が街を明るくしている。特に個人的の思ったのは、光輝く≪花≫の力。冒頭の写真のルツェルンの船着場にはルツェルン湖畔に輝く≪⚘サフランの海≫。≪チューリップ≫と思う人がけっこういるらしい。オランダからやってきたと表現している人...

    地域タグ:スイス

  • マッターホルンの文字が記されたスイス紙幣!

    お年賀のマッターホルンつながりで・・・山頂に旗のようにたなびく雲 ≪山旗雲≫。なぜこのような現象が起こるのかは、昔からの謎ではある。今日、さまざな理論があるが、マッターホルンなどの著名な山頂の≪風下≫で発生するそうだ。2016年4月12日に発行された、50フラン紙幣のデザインのテーマは≪スイス≫、そして主な要素は≪風≫。≪風はいつも吹いている。いろんな地域をつなぐ圧力差のバランスであり、それはまた私たちから発する息...

    地域タグ:スイス

  • 新年に縁起の良い桜!- 君の名は?

    新年明けての桜の開花!隣の家の大きくて古い桜の樹だが、我が家の玄関先から、毎年、花見を楽しめる。しかし、1月に開花した桜を見たのは初めてで本日、花が咲き始めているのに気が付いた!しかも縁起の良い紅白の桜!ピンクと白の花びらだけど、日本の紅白まんじゅうもピンクと白が多いから、そう呼ばせてもらってもいいかな!?大晦日から昨日まで暖かい日が続いたので開花したのかもしれない!?通常は3月に開花することの多...

    地域タグ:スイス

  • 寅年にちなんで・・・T.I.G.E.R

    寅年にちなんで、虎(Tiger)とマッターホルン。たくさんのスイスファンの方が、このお年賀を気に入ってくださって非常にうれしい♬虎と山・・・「無理に事を押し通せば、軋轢を生み、≪ 🔍放虎帰山 ≫することになる。」さらに、「虎よりも恐ろしいのは・・・≪🔍 苛政猛虎 ≫」スイスにはたくさんの山があるが、T.I.G.E.Rの5つの頭文字から始まる山を探す!≪T≫Titlis/ティトリス ≪map≫※Pilatus/ピラトゥスより(8月)※Füren...

    地域タグ:スイス

  • チューリップと薔薇の花で年越しを!

    2021年最後の日は暖かい日差しで目覚める。あっという間の一年が過ぎてしまい、心に残ったものは、昨年の≪希望≫とは少し違って、悲しいことのほうが多い。≪世界人権宣言 第一条≫すべての人間は、生れながらにして自由であり、かつ、尊厳と権利とについて平等である。人間は、理性と良心とを授けられており、互いに同胞の精神をもって行動しなければならない。 これは現状では、はるかに遠い存在となった。コロナウィルスの脅...

    地域タグ:スイス

  • スイスチョコ、リンツのリンドールの謎!

    私はチョコレートが大好き!ほとんど毎日、スイスのチョコレートを食べている♬日本でも有名なスイスのチョコレートのLindt/リンツ!≪日本の秋旅≫で少し触れたことのある、≪LINDOR/リンドール≫チョコレートについて。スイスの店頭では見たことのない、たくさんの種類にスイス人親子もビックリした😲。・・・という話。≪関連記事≫ そこで、今まで知らなかった事実と驚きが2つ!(私が無知だっただけなのかもしれないが)。スイス...

    地域タグ:スイス

  • 夢のレープクーヘン・ハウスとNYからやってきたトナカイ!

    クリスマスの日を過ぎても新年の初め頃まで輝き続けるクリスマス・イルミネーション!この通りは、また別のバーゼルのショッピング・ストリート!≪Freie Strasse/フライエ通り≫南のトラムが走っている通りからバーゼル市庁舎まで歩いていくと・・・≪ROLEX≫の文字に誘われる・・・といっても、私は全く、高級時計や貴金属に興味がないが、毎年、ショーウィンドウはとても楽しみにしている♬≪Bucherer≫スイスのみならず、ヨーロッパを...

    地域タグ:スイス

  • 静かな対話に招待される白いモミの木!- バーゼル

    クリスマスの日にちなんで・・・バーゼルの旧市街にある願いの木は、すでに小さな白い紙でいっぱい。ここに訪れたとき、脚立を持参しモミの木の上のほうに願い事を書いた紙を取り付けているご年配の男性がいた。それをカメラにおさめる奥様の姿が微笑ましかった。白いモミの木の前には平和な噴水≪愛とコロナのウィッシュリスト≫私はすべてに目を通していないが、最も人気のある願いは≪LOVE≫であるとニュースでは報じられた。≪...

    地域タグ:スイス

  • クリスマスの町でハッピー・ウォーク!- バーゼル

    昨日はクリスマス前とあってバーゼル市内中心部にはたくさんの人たちが訪れていた。≪Basler Rathaus/バーゼル市庁舎≫市庁舎の中庭からもクリスマスツリーの明るい光が☆彡≪Marktplatz/マルクトプラッツ≫マーケットのお店が少しずつ店じまいを初めている。トラムが走っている通り(写真左)を越えて歴史ある≪Spalenberg/シュパーレンベルク≫の路地へ。クリスマスシーズンは特に魅力的なスポットである。小さなブティックやギャラリー...

    地域タグ:スイス

  • 久しぶりの小春日和!- 私の住む町

    3日前、小春日和の日曜日!珍しく太陽が顔を出し、久々に太陽の下をお散歩♬バーゼル市内中心部からトラムで約30分という近さではあるが、自宅から数分歩くと、緑のフィールド!アオサギが彫刻のように立っている♬ピタッと静止画のように全く動かず。すると、どこからともなく「メェ~」と鳴き声が!羊?・・・鳴き声が聞こえている場所へ近づくと、カワイイヤギくんたちだった♪4匹のうち3匹は私の存在に気が付いたが、この仔(📷...

    地域タグ:スイス

  • 古都めぐりの最後のご縁!- 京都

    日本の旅のクライマックス・・・最後の章となる、ねねの道での感動!そして、先斗町では・・・≪ スイス人親子と巡る🍁日本の秋旅 2019.11 ≫ 最終日 - 京都着物姿が映える古都の世界へ≪高台寺天満宮≫から≪台所坂≫を下り石畳の美しい≪ねねの道≫を歩く。≪ねねの道≫を歩いていると前を歩いていた着物姿の女性が姿を消す。ふと覗いてみると、なんとも風情のある場所。≪三面大黒天(圓徳院)≫私も着物で彼女たちのように、...

ブログリーダー」を活用して、Allegraさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Allegraさん
ブログタイトル
スイスファンクラブ - チョコレートタイム
フォロー
スイスファンクラブ - チョコレートタイム

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー