認知症の母を看取って
住所
出身
ハンドル名
torakoさん
ブログタイトル
認知症の母を看取って
ブログURL
http://ninchihaha.seesaa.net/
ブログ紹介文
平成26年7月末に92歳で自宅で認知症でなくなった母との日々です。
自由文
-
更新頻度(1年)

8回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2016/11/04

torakoさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/16 08/15 08/14 08/13 08/12 08/11 全参加数
総合ランキング(IN) 43,101位 53,465位 51,770位 51,564位 54,903位 53,461位 53,378位 969,101サイト
INポイント 6 0 0 5 0 0 0 11/週
OUTポイント 6 26 35 30 9 8 12 126/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
介護ブログ 258位 340位 300位 294位 354位 330位 329位 5,414サイト
親の介護 40位 47位 41位 41位 53位 48位 47位 330サイト
今日 08/16 08/15 08/14 08/13 08/12 08/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 36,168位 36,254位 37,581位 43,055位 48,354位 48,705位 51,806位 969,101サイト
INポイント 6 0 0 5 0 0 0 11/週
OUTポイント 6 26 35 30 9 8 12 126/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
介護ブログ 205位 203位 211位 252位 273位 280位 296位 5,414サイト
親の介護 38位 36位 38位 44位 45位 47位 49位 330サイト
今日 08/16 08/15 08/14 08/13 08/12 08/11 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,101サイト
INポイント 6 0 0 5 0 0 0 11/週
OUTポイント 6 26 35 30 9 8 12 126/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
介護ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,414サイト
親の介護 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 330サイト

torakoさんのブログ記事

  • お盆でも何もしないことにしている、そもそも、できるだけの費用がない^^;

    ご先祖様、父ちゃん、母ちゃん、ねぇちゃん、ごめんよ。 だってさ、今、諭吉さんを財布から出すことはできないんだよ。 そもそも、諭吉さんがいなししね。 今はお盆。 去年まではちゃんと盆棚飾りをして、お供えをしてと頑張った。 でも、去年のお彼岸からやらなくなった。 もう、力尽きたよ。 何しろさ、月に10万円の年金だからね。 自分と楽の分だけでようよう暮らしているんだから。 ほんの少しあっ…

  • 5年前に亡くなった母の命日を忘れていた(;'∀')

    気が付いたら、母の命日を過ぎていた(;'∀') 母は5年前の7月30日に亡くなった。 朝、いつものように4時半ころに起きて様子を見に行ったら、旅立った後だった。 でも、死に目に会えないと言っても、私は何とも思わない。 元々認知症で寝たきりだし私のことはわからなかったからね。 そして、親だから、中がいいとは限らない。 まぁ、世の中には色々と親子の関係があるからさ。 私は4人家族。 昭和5…

  • 亡くなった母が夢に出てくるけれど、それならばかかった費用を宝くじを当てて返してよね(/ω\)

    最近、夢に母がよく出てくる。 でも、いやな感じじゃないのよね。 きっとあの世でいい状態なんだろうね。 母にはホントに腹立たしいことばかりだった。 私は、こういう感情は自分がよくないんじゃないかといつも自分が悪いと思っていた。 でも、ネットで見てみると、同じような感情を持つ人たちがいるとわかり気持ちが楽になった。 そうだよね、親子だからと言って気が合うとは限らない。 まして、私の世代の…

  • 今回のお彼岸は何もしていないし、当然お墓真理もしていない、いずれは墓じまいを考えないとね。

    このお彼岸中、何もしなかった。 お仏壇には安売りの最中をお供えしただけ。 後は、4個入りのおはぎを1個だけお供えして、後は何もしなかった。 お花も買わない、何もお供えをしない。 こんなことは初めてだわ。 でも、去年の秋のお彼岸から段々こうなってきた。 もうね、低年金で色々とお供えするのは無理。 そして、お墓参りもしていない。 もうずーとね。 だって行くだけで費用が掛かるし、私も腰と足…

  • 家族がいなくなって何年になるんだろか、お節の思い出。

    真夏の暑い盛りに母が亡くなってからの、何回目かのお正月。 毎年、だんだん、いい加減になってきた。 まぁ、それまでもいい加減だったけれどね。 家族が4人そろっていた頃。 それは、私が25歳まで。 25歳までのお正月は、母は黒豆を煮たり、お煮しめをつくったりとしていた。 それ以外は、デパートやスーパーで買いそろえた。 私が子供のころは、父の知り合いが料理屋をやっていて、そこからお重に詰めた…

  • 無くなった母は何にでも砂糖をかけて食べる人だった、トマトやスイカもね(>_<)

    同じマンションの人と夕方の散歩の時に出会った。 この人のお母さんが認知症で、彼女が介護をしている。 でも、まだお仕事をしているので、毎日介護施設に通ってもらっている。 毎日デイサービスだと、費用が介護認定のだけじゃ足りないんだろうなと思う。 まっ、認知症になったお母さんの年金もあるし、彼女も働いているからね。 私の場合はそうはいかなかった。 60歳で定年で、その時の年金が私は月に470…

  • ピザ風パンはピザじゃない。今度は本物をお供えしてほしい

    ばぁちゃん、ねぇちゃん、ピザを食べたかい? 先日、私の昼寝中の夢の中で、二人で出てきてピザを食べたがっていたようだったよね。 冷凍食品半額の時に冷凍ピザを買おうと思っていたけれど、 丁度パン屋さんが100円セールをやっていて、ピザ風パンがあったからね、それにしたからさ。 えっ、やっぱり、ピザとピザ風パンとは違うって。 いいじゃないか、一応ピザ風なんだからさ。 今度、半額の時に買うからさ…

  • お盆後に亡くなった母と姉が夢の中でピザを食べたがっていたような( ;∀;)

    ねぇ、ばぁちゃん、ねぇちゃん、お盆のお供えに文句があったの? この前、お盆がおわぅた後に、昼寝中に夢を見て。 二人がいたのよ、夢の中にに。 そしてさ、ビザを食べたがっていたような( ;∀;)

  • お盆などのお供えは年々少なくなっている。とにかく低年金生活は大変なのよ。

    今年もお盆がやってきた。 今日は16日。 送り火の日 今年は、今まで以上に仏壇へのお供えを減らしてしまった。 とにかくね、盆棚飾りや花、お供物、毎日のご飯のお供え。 それらをほんの少しにしてしまった。 だって、生きている私の方が大変なんだもの。 昔、私が子供のころは無縁仏様へと蓮の葉の上にご飯をお供えしたものだわ。 お供物もたくさんでね。 子供の頃のお盆の4日間は長かった。 お供え物の…

  • 認知症の母が亡くなって早や4年。今となっては手がかからない方だったね。

    母が亡くなって4年たった。 速いものだわねぇ・・・ たまに夢に母のような人が出てくることがある。 母は認知症になり、最後の2年間ほどは寝ていた。 それでもデイサービスに週2回ほど通い、朝夕はヘルパーさんに来てもらっていた。 母はおとなしい認知症だった。 まあ、これは寝たきりになってからね。 よその認知症の…

  • 認知症の自宅介護はある意味地獄、でも終わってみればそいう場を持てたことは幸せだったのね(*^^)v

    我が家で認知症になった母を自宅で介護して看取って、私としたら幸せなことだと思っているわ。 きれいごとに聞こえるかもしれないけれどね。 春のお彼岸が明けた。 ごめんよ、ばぁちゃん、ねぇちゃん、父ちゃん、ご先祖様たち、代々のワンコたち。 もうね、仏壇に色々とお供えをしないと決めたんだ。 だってさ、結構お金かかるんだよ。 毎…

  • 認知症で紙おむつを使っている人に、下着のような紙おむつパンツのプレゼントの紹介です。

    紙おむつって、ホントに紙おむつという感じですよね。 私も、母の介護の時にはずーと使い続けていました。 でも、自分があれを履くのにはちょっと抵抗がありましたよ。 だけれど、私も年を取り、トイレが近くなり、長時間の外出時にはちょっと心配ということも。 でもでも、あの紙おむつパンツは・・・・・・・・・と( ゚Д゚) そんな中、花王さんから、まるで

  • この街にもこのマンションにもお年寄りが増えてきた。10年以上の歳月ってすごいね

    私がこのマンションに母を連れて引っ越してきたのは12年前。 母は、このマンションで、認知症になり寝たきりになり家で亡くなった。 その当時は街にもマンションにも今ほどお年寄りはいなかった。 このマンションでは母が当時では最高齢だと思う。 今、80歳過ぎで、認知症になり、娘さんが介護をしている家庭がある。 ただ、私は母の時には定年退職していたけれど、この娘さんはまだ50歳代。 朝から夕方6時過…

  • 自分の服の整理をしていて母の服のことを思い出した。

    今、自分の大量にありすぎる服を整理している。 そして、私が子供のころの母が来ていた服を思い出した。 あれは、私がたぶん小学校に上がるか度かくらいの年齢。 近くの知り合いと母が話していた場面で、私の記憶に残っているのは、 いつも同じ服を着ていた母。 たぶん夏だった。 白の半そでの解禁襟と黒のタイトスカートかな。 それしか私の記憶には母の服姿はない。 父は母に服を買ってあげるということはな…

  • 立冬を迎え、母のわがままなコタツのことを思い出した。

    今日は立冬。 昨日、今日は日中は20度くらいになり暖かいが、やはりそろそろ暖房器具が朝には欲しくなる。 そんな中、私は、11年ぶりにコタツを買うことにした。

  • お彼岸だから定番の天ぷらや煮物を頑張って作りすぎた( `ー´)ノ

    母が亡くなって3回目の秋のお彼岸。 母は、生前は、お盆やお彼岸の時には、ちゃんと仏壇の掃除をして、 お供え用の塗りのお膳セットを出していた。 が、出来の悪い娘はそんな面倒なことはしない。 仏壇も小さく新調したけれど、適当に拭いて、お供えも適当。 まだ家族4人がそろっていた頃、私が高校生の頃は、父に言われて仏壇の掃除をしたものだ。 そうするとお小遣いを貰えたからね!(^^)! スーパーのチラシに…

  • 玄関ドアに傷がある。

    我が家の玄関ドア、外側には下の方にうっすらと傷がある。 少しだけ茶色くなっている。 この原因は、私が蹴飛ばして付けたもの。 母が、認知症になりかかっていた時、私はまだ、認知症との認識がなかった。 そして、私は仕事をしていて、母は家事をしていた。 仕事から帰って、ドアのキーを開けても、ドアロックがしてある。 こればかりは、中にいる人に開けてもらうしかない。 で、何度もピンポンとチャイムを押…

  • 知り合いの80歳代の女性が認知症のデイサービスで骨折をしてしまったという。

    同じマンションの人にワンコの散歩のときに出会った。 あちらもワンコの散歩中。 で、この人のお母さんが骨折で入院とか。 今、個室に入っていると。 えっ・・・個室って1万以上で…