プロフィールPROFILE

zinkさんのプロフィール

住所
西蒲区
出身
東山区

祈りは祈った瞬間 既に叶えられるという。 心の内に効く 麗しくも神聖なる暗示。 けれど常に現実は 祈りを要する。 それほどまでに 人の世は過酷だと 祈りは教えを説いているから 耳を傾ける。 ※ 日常生活で出逢う様々な疑問や想いを その時々のスタイルで...

ブログタイトル
深海のワルツ
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/twisted311/
ブログ紹介文
距離を超えられるものは、ひとの存在。人と人の心に浮かぶ、幽かな想い。ひとへの憧れなのだろう。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2016/10/25

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、zinkさんの読者になりませんか?

ハンドル名
zinkさん
ブログタイトル
深海のワルツ
更新頻度
集計中
読者になる
深海のワルツ

zinkさんの新着記事

1件〜30件

  • 自語唱濁

    ある時、ある人に吐かれた言葉。「あなたのやる事為すこと、全く意味が分からない」「何を考えているのか分からない」「いつもあなたに馬鹿にされているように感じる」etc.....◇◇これには、流石の私も衝撃を受けた。心の奥底では「馬鹿にしてるのはそっちだろ」と、腹立た

  • 生尊翻脳

    あんな嘘をついたのは、きっと生まれて初めてだったような気がする。君のためにか、私のためにか。◇◇こころを際限なく埋めてゆくもの不安、悲しみ、虚しさ、怒り、焦りその合間合間に、僅かながら安やぎがある。そのささやかな安らぎによって、私の心には新たなる不安や悲

  • 憂中有栄

    心に、頭の奥底に、大きなうねりがやって来る。黒く静かに、白く眩しく。そのうねりの中では、私の理性など、宇宙を彷徨うデブリのように微塵で頼りなく、制御不能で、果てしない暗闇を恐れながらただただ漂うだけだ。朝もなく、昼もなく、夜もなく。時の感覚を奪われた小宇

  • 対神恐負

    会いたい人がいる。とても近くて遠い場所にいる。心の内に思い浮かぶ人は、夢の中に現れる顔のない恋人のように、静かな湖の畔に佇む旅人のように。言葉を交わすタイミングを何時でも逃すその人は、私に言葉を贈ってくれるけれど・・・心の中に在る感情は恐れだろうか?それとも

  • 時悠児感

    悪夢の続きは、いつだって悪夢のままで、忘れたいと願った昨日や今日は、いつまでもいつまでも、いつまでも、明日の中へと蓄積されてゆくようだ。◇幼年時代から、悪夢に悩まされていた。数十年間、同じ悩みを抱えていたとしても、その解決が上手くなるわけでもなく。または

  • 腹黒添詩

    *うまれてから ずっとやまほどのゆかんだ かおゆがんだ こえゆがんだ こころ に であってきたからめのまえが すこしゆがんだくらいでわたしは おどろいたりしない。それでも すこしだけかなしかった。それでも せいいっぱいわらった

  • 思考促迫

    ◇この記事は、匿名で参加できるSNSで友人限定に書いたもの。ここには載せないつもりだったけれど、やはり気が変わった。◇【2017年5月23日】2017年、上半期、家庭の事情が色々大変だった割には、まあまあ、私なりに持ちこたえたほうだろうとおもう

  • 富幻実幸

    身近にいる動物の中でも猫が好きな理由の一つは、『カタチに囚われない』ところだと思う。カタチに囚われない生き物などと言うと、随分抽象的過ぎる表現かもしれないけれど...単に「自由」とか「気まぐれ」とか「人に媚びない」とかそういう猫自身の精神性の

  • 遮光自励

    『孤独はいいものだということを我々は認めざるを得ない。しかし、孤独はいいものだと話し合うことの出来る相手を持つことは一つの喜びである。』バルザック◇◇そもそも、人間の『孤独』とは、いったいどのようなものなのだろうか。ただ単に、

  • 存得完成

    物の価値、もしくは物事の価値を正しく判断することは難しい。他者との関わりも、自己への損得勘定無しに行うにはかなりの仏心が要るだろう。好きか、嫌いか。簡単に言ってしまえば、それだけの事かもしれないけれど...そんな風に簡単に片付けて終えるほど

カテゴリー一覧
商用