searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

tabiniwaさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
tabiniwa - 旅と庭をめぐるあれこれ
ブログURL
https://tabiniwa.com
ブログ紹介文
旅と庭がテーマ。植物の育て方、ガーデンや植物園の訪問記、旅行とガーデニングのお役立ち情報。
ブログ村参加
2016/10/23
参加カテゴリ

花・園芸ブログ / ガーデニング

花・園芸ブログ / 観葉植物

花・園芸ブログ / 多肉植物

※ランキングに参加していません

フォロー

tabiniwaさんの新着記事

1件〜100件

  • コチレドン熊童子の育て方のコツがようやくわかった気がする

    熊の手のような葉っぱがかわいいコチレドン熊童子。いままであまりうまく育てられなかったのですが、今年はいい感じです。いったい何がよかったのでしょうか。熊童子の育て方のポイントを解説します。 目次1 コチレドン熊童子2 熊童子が元気に育つようになった理由2.1 鉢を大きくした2.2 肥料をあげた2.3 水やり頻度を増やした2.4 残暑がそれほどでもなかった3 熊童子の挿し木4 コチレドン熊童子の動画を […]

  • 🌿観葉植物の育て方🌿冬の管理の4つのポイント

    緑の少なくなる冬こそ育てたい観葉植物。薄暗い冬も観葉植物があれば、なんだかお部屋の中は南国ムード。なんならジャングル。しかしここは日本の北関東・・・。夏は暑く、冬はそこそこ寒いのです。冬でも観葉植物を元気に育てる4つのポイントについて解説します。 目次1 観葉植物が苦手な冬2 冬の管理のポイント2.1 温度2.2 湿度2.3 水やり2.4 日照3 「観葉植物の冬の管理4つのポイント」を動画で見る4 […]

  • 蘭のバックバルブの再生。葉っぱのないバックバルブの芽出し

    初夏にレリア・アンセプスを植え替えしたときに、古いバックバルブを切り離しました。その葉っぱもないバルブから芽が出て、シースも出てきました。古いバルブももったいないので捨てずに増やしましょう。芽出しのポイントについて解説します。 捨てようと思ったバックバルブ 買った年に咲いたきり、まったく咲かないレリア・アンセプス 。鉢をうっかり落として割ってしまったため、初夏に新しい鉢に植え替えました。 こんな花 […]

  • 買った毛糸は編もう。半端な毛糸(メランジスラブ)で何を編むか考えてみた

    みなさん押入れやクローゼットに貯め込んでいるものってないですか。自分は毛糸ですね。買うときがモチベのピーク、みたいな(笑)。少し寒くなってきたので編み物を再開することにしました。在庫の毛糸でどんなものが編めるかデザインを考えます。 セールで買ってしまったメランジスラブ 数年前のお正月に手芸店に行ったら、カゴにもられたセールの毛糸があったんですよ。数が少ないから在庫処分だったんだと思います。 メラン […]

  • ペペロミア・プテオラータの育て方・増やし方。伸びたら剪定して挿し木しよう

    ペペロミア・プテオラータを挿し木で増やしてみました。土でも水苔でもできます。伸びすぎたら剪定して、挿し木で増やしてみましょう。育て方と増やし方のポイントを解説します。 目次1 ペペロミア・プテオラータの育て方2 ペペロミア・プテオラータの増やし方3 水苔で増やす方法4 鉢上げ5 摘芯6 ペペロミア・プテオラータの育て方を動画で見る7 おわりに ペペロミア・プテオラータの育て方 うちにあるペペロミア […]

  • スキンダプサス挿し木のその後。植物エントロピー増大の法則

    挿し木したスキンダプサス・ピクタス・アルギレウスがこんもりしてきました。ボリューム感が出たのではないでしょうか。肉厚の葉っぱと白い模様がきれいです。 スキンダプサス・コンモリウス スキンダプサス ・コンモリウス( Scindapsus konmorius)は、スキンダプサスの新種です。埼玉県で発見されました。 嘘です😅 手前のは6本ぐらい植えてあると思います。 1本だとボリュームが […]

  • 秋から春の家庭菜園。初心者におすすめの秋まき・秋植え野菜10種

    自宅で育てた野菜でつくる冬の鍋は格別です。甘くて柔らかく、しかも(使わなければ)無農薬。秋に種まき、または苗を植え付けて冬から春にかけて栽培・収穫できる野菜を10種類ご紹介します。 目次1 秋まき・秋植えおすすめ野菜10種1.1 ブロッコリー1.2 春菊1.3 かき菜1.4 大根1.5 玉ねぎ1.6 にんじん1.7 ガーデンレタスミックス/サニーレタス1.8 ほうれん草1.9 水菜1.10 絹さや […]

  • 100均多肉にカイガラムシが発生したので退治しました

    今年の春に100円ショップで購入したシルバースターにカイガラムシが発生していました。完全に退治しないと再発してしまいます。カイガラムシ駆除のポイントについて解説します。動画もよかったらご覧ください。 目次1 シルバースターにカイガラムシ発生2 春秋はカイガラムシ活動期3 挿し木のファンファーレにもいた4 オルトランDXで駆除5 ちなみに実家の雨ざらし多肉には・・・6 カイガラムシの駆除方法を動画で […]

  • こぼれ種で翌年も咲きやすい、ニゲラの種まきのポイント

    繊細な花を咲かせるニゲラ。一年草ですが、場所があえば翌年もこぼれ種で発芽します。種まきも比較的簡単。特徴的な美しい花は、お部屋に飾る切り花にもなりますし、種鞘をドライフラワーにすることもできます。種まきのポイントを解説します。 目次1 ニゲラ(クロタネソウ)2 ニゲラの種まき3 ニゲラは嫌光性種子4 種鞘はドライフラワーに5 おわりに ニゲラ(クロタネソウ) ニゲラ(学名Nigella damas […]

  • YouTube登録者1000人到達。登録してくださった皆様ありがとうございます

    先日、YouTubeの登録者数が1000人に到達しました。1000人もの方々がポチッと登録ボタンを押してくれたなんて感慨深いものがあります。下手な動画を見てくださった皆様、本当にどうもありがとうございます。今の気持ちと感謝の言葉を残しておきたいと思います。 登録者1000人までの道のり 昨年7月下旬に初投稿して数本投稿後、4か月も休んでしまい、1月中旬に再開し、一時期は「週に1本!」とか気合を入れ […]

  • ベゴニア・マクラータが今年も開花しました。葉っぱが落ちる原因は?

    水玉模様の葉っぱが美しいベゴニア・マクラータが今年も開花しました。花もシャンデリアのようでとてもきれいです。葉っぱが枯れてきて落ちる原因についても解説しています。 ベゴニア・マクラータの開花 ベゴニア・マクラータが今年も開花しました。ベゴニア・マクラータ「キングギドラ」という新種です。 嘘です(笑)。 上に伸びて横に倒れ、ギングギドラのようになってしまいました。この状態で、横幅は約1メートルありま […]

  • コレクションの収納にはIKEAのガラスキャビネットMILSBO(ミルスボ)がオススメ

    IKEAのガラス製コレクションケースMILSBO(ミルスボ)を購入しました。ヴィンテージの食器や旅の思い出の品を収納するのにぴったりです。組み立て難易度の評価は? 一緒に購入した商品が不良品だったのでIKEAへの問い合わせ方法についても。 IKEAのガラスキャビネット イギリスに行くとフリーマーケットやアンティークショップできれいな昔の食器が売っています。いまはもう存在しない会社のものが多いのです […]

  • バニーカクタスの花が初めて咲いたので咲いた理由を考えてみました

    バニーカクタスの花が咲きました。ただそれだけのことですが、初めて咲いたので記録しておきます。ずっと咲かなかったのになぜ今年咲いたのか? 咲いた理由を考えてみました。 「サボテンの花」はバニーカクタスではない 「サボテンの花」といえば? 財津和夫ですね。 そして、財津和夫といえばチューリップですね。 財津和夫は園芸が好きなんでしょうね。 そんなことはどうでもいいのですが(笑)、あの曲を聞いて考えてみ […]

  • 水苔で増やす!スキンダプサス・ピクタス・アルギレウス の育て方・増やし方

    スキンダプサス・ピクタス・アルギレウスが伸びすぎて長くなってしまったので、水苔で発根させて増やしました。スキンダプサス の育て方の注意点と挿し木で増やす方法を解説します。動画もよかったらご覧ください。 目次1 スキンダプサス・ピクタス・アルギレウス2 スキンダプサスの育て方3 スキンダプサス を挿し木で増やす4 スキンダプサスの増やし方を動画で見る5 おわりに スキンダプサス・ピクタス・アルギレウ […]

  • カラテア・メダリオンと尖閣ガジュマルとカランコエ・フィフィを買いました

    カラテア・メダリオンと尖閣ガジュマルとカランコエ・フィフィを購入しました。ムシャクシャすると植物が買いたくなるような・・・。 カラテア・メダリオン カラテア・メダリオンは、オルビフォリア、マコヤナ、エンペラーに続く、4つめのニュー・アディション。カラテアの育て方をようやく会得した気がするので、新規メンバーに加入してもらいました。 斬新なデザインの葉っぱ。カラテアは個性的な葉っぱの品種が多いですね。 […]

  • 費用ゼロ!お手軽ビニール温室で枯れそうな観葉植物が奇跡の回復

    冬の間の温度・湿度不足で枝だけになってしまったシッサス・ディスカラー。葉っぱがどんどん枯れていくカラテア・エンペラー。ピレア・ペペロミオイデスの記事にも先日書きましたが、高湿度を必要とするために弱っていた植物が、費用ゼロの簡単な方法で復活しました。湿度不足で調子を崩した観葉植物の回復方法を解説します。 目次1 高湿度が必要な観葉植物2 不調の原因を見極める2.1 出身地を知る2.2 根腐れしていな […]

  • 【根茎性ベゴニア】ベゴニア・タイガーをゲットしたぞ。育て方のポイントを解説

    前から欲しかった根茎性ベゴニアのベゴニア・タイガーを購入しました。葉っぱが個性的で、かわいい花も咲きます。育て方のポイントも簡単に解説します。 ベゴニア・タイガー ベゴニアは木立ベゴニアのマクラータしか持っていないのですが、つぎに目をつけたのがこの根茎性ベゴニアのタイガーという品種。 学名はベゴニア・ボウエレ・タイガー(Begonia bowerae ‘Tiger’ )というらしいです。タイガーキ […]

  • 中高年よ大志を抱け(笑)。「できないこと」にチャレンジしてみよう

    YouTube、難しい・・・。またiMovieをアプデしたら不具合だらけになった(絶望)。勢いで始めてみたものの、動画制作の難しさを実感している新米中高年YouTuber(なのか?)のわたしが、中高年ほど「できないこと」をやるべきだと思う理由を語ってみます。 目次1 中高年こそYouTubeやるべきだと思う2 伊能忠敬とかルソーとか3 チートな人たち(笑)4 石川啄木がYouTuberだったら(笑 […]

  • 元気のなかったピレア・ペペロミオイデスが復活?花が咲いて子株ができたぞ!

    調子が悪かったピレア・ペペロミオイデスにあることをしたら花が咲き、子株が4つもできました。いったいなぜなのか? これで完全復活するのでしょうか? ピレア・ペペロミオイデスの花 数年前に買って、一年くらいは調子が良かったペペロミオイデス。ペペロミアではなくて、ピレアです。海外では「チャイニーズ・マネー・プラント」と呼ばれることもあります。 学名の「オイデス(-oides)」という接尾辞は「〜に似てい […]

  • 掘り上げできずに植えっぱなしになっていたチューリップが咲きました

    昨年は花壇に植えてあるチューリップの球根を開花後に掘り上げることができませんでした。花後の肥料もやってないと思うのですが、果たして今年のチューリップはどれくらい咲いたでしょうか? 掘り上げなかったチューリップ花壇 ここは花壇なので、ここ数年は毎年チューリップが枯れてきたら球根を掘り上げて保存し、夏は野菜や夏の花を植えて、また晩秋にチューリップとビオラを植え付けているのですが、昨年はコロナとか諸事情 […]

  • 地植え多肉の2021年冬越し結果。半年間放置された多肉はどうなった?

    半年ぶりに帰省し、実家の多肉植物をチェックしてきました。地植えの多肉や鉢植えの多肉はどうなっているでしょうか。枯れてないでしょうか。YouTubeに動画も投稿したのでよかったらご覧ください。 地植え多肉の2021年冬越し成績発表 毎年恒例(?)になっている地植え多肉の結果報告です。緊急事態宣言とかその他もろもろの影響で半年も帰省しなかったので、「まあ枯れてなければいいか」みたいなそんな感じでした。 […]

  • ペペロミア・アングラータの育て方のコツと挿し木での増やし方のポイントを解説

    観葉植物ペペロミア・アングラータの育て方と挿し木での増やし方のコツを解説します。YouTubeに動画も投稿したので、よかったらそちらもご覧ください。 目次1 ペペロミア・アングラータの育て方1.1 水やりのコツ1.2 乾きやすい土2 ペペロミア・アングラータの挿し木2.1 挿し木のコツ2.2 挿し木の適期3 ペペロミア・アングラータの挿し木の方法を動画で見る4 おわりに ペペロミア・アングラータの […]

  • 今年もサンタバーバラサンセットとプリンセスキコが咲きました

    今年もサンタバーバラサンセットとプリンセスキコが咲きました。今年は遅かったのですが、暖かくてエアコンをつけていないせいか長く咲いている気がします。でもそろそろ終わりですね。 世界らん展じぶんち大賞2021開催中(笑) 2021年世界らん展開催中です。自分の部屋で(笑)。咲いてるのは2つだけですけど。 毎年お正月あたりに咲いていたのですが、今年は遅くて1月25日にサンタバーバラサンセットが咲き始め、 […]

  • 挿し木で増やした多肉植物を実験的に観葉植物と寄せ植えしてみた

    挿し木で増殖した多肉植物で寄せ植えをつくりました。今回は観葉植物のネフロレピスも混ぜて植えてみました。観葉植物と多肉植物は普通は一緒に植えませんが、植えてみたら意外にありだなと思いました。 観葉植物と多肉植物の寄せ植え なるべく週に一回はYouTubeに投稿したいと考えているのですが、自分は園芸が本職ではないので他のこととの両立はなかなか難しく、今週はパスしようかなと思ったのですが、午後になってか […]

  • 【ハートカズラの増やし方】水苔で一気にたくさん増やすコツを解説します

    水苔を使用して斑入りハートカズラを一気に大量に発根・発芽させる方法を解説します。挿し穂が枯れにくいので1節でも成功します。長い挿し穂を使う場合と比べると長さが出るまで時間がかかります。大量生産したい人向きです。 目次1 ハートカズラがハゲてきた2 ハートカズラを水苔で増やそう3 肥料も忘れずに4 ハートカズラの水苔での増やし方を動画で見る5 おわりに ハートカズラがハゲてきた ハートカズラは、とく […]

  • ベゴニア・マクラータの増やし方。挿し木で増やすコツを解説します

    水玉の葉っぱが美しい木立ベゴニア「ベゴニア・マクラータ」。挿し木で増やすコツを解説します。YouTubeの動画もよかったらどうぞ。 目次1 ベゴニア・マクラータを挿し木で増やそう2 ベゴニア・マクラータの挿し木方法2.1 水挿しのメリット・デメリット2.2 土挿しのメリット・デメリット3 土挿しの場合は土に節を深く埋める4 横に倒れると新芽が出やすい5 挿し木に適した時期6 おわりに ベゴニア・マ […]

  • 通販でミニサボテンおまかせ20個セット買ってみた

    通販でミニサボテンのおまかせ20個セットを購入しました。届いたサボテンを一部ご紹介します。YouTubeに動画もアップしたので、動画のほうもよかったらご覧ください。 ミニサボテン20種20鉢セット だいぶ前から気になっていた楽天のお店のミニサボテン20個セット。 ◇サボテン◇おまかせ20種20鉢セット◇2寸鉢◇【送料無料】 わたしは基本的にはホームセンターで植物を購入するのが好きなのですが、去年は […]

  • 近況報告&YouTube投稿しました「多肉植物の挿し木・葉挿しその後」

    しばらくブログをお休みしてしまいました。この間に何をやっていたのか(または何もやっていなかったのか)をふりかえりたいと思います。ひとり反省会です。 去年は全体的に低調だったのですが、10月頃からじわじわと腰が痛くなって、11月にはベットから起き上がれないくらいになってしまいました。それと同時にメンタルも急降下。 まあトイレでパンツはくのにも苦労すると軽く絶望するよね・・・(笑)。 腰はだんだんよく […]

  • パンジー・ビオラの種まき。ペットボトルや氷枕を使用した早まきの方法

    冷蔵庫に保存してある種を整理していたら、5年前に採取したパンジーの種が出てきました。パンジー・ビオラの種まきで最も重要なのは温度です。ペットボトル(または氷枕)とキッチンペーパーを使用した早まきの方法を解説します。 パンジー・ビオラの早まき方法 パンジーとビオラは、欧州に自生していた三色スミレ(Viola tricolor)に他の野生種を交配させることによって誕生しました。花の大きいものがパンジー

  • 観葉植物ポトスの育て方。ボリュームアップや水やりのコツを解説

    観葉植物の定番中の定番ポトス。耐陰性もあり、育てやすくて伸びるのが早いので、初心者におすすめの観葉植物です。ポトスをきれいにボリュームたっぷりに育てるコツを解説します。 ポトスをこんもりさせるコツ ポトスはさまざまな大きさで販売されていますが、大きい鉢でレアな品種ほどお値段が高いです。ですから3号鉢くらいの小さいサイズのものを購入して大きく育てるのがお得です。時間はかかりますが育てる楽しさがありま

  • 初秋の多肉植物。まだ暑いけど人間より先に夏バテから回復中?

    9月なので暦上はもう秋ですがまだ暑い。夏バテ半端ない。しかし多肉植物は人間よりも一足早く夏のダメージから回復しつつあるようです。 初秋の多肉植物 まだまだ照りつける日差しがヤバイうちのベランダ。しかし最も厳しい時期は過ぎ去ったようです。台風の影響で関東も多少強い雨が降ったので、ベランダに雨が吹き込み、水をたっぷり吸ったのがよかったのでしょうか。 先端だけになって持ちこたえた乙女心。涼しくなればまた

  • ベランダの日照チェック。IKEAの棚とよしずで多肉植物を真夏の直射日光と熱から守る

    真夏になると一日中日陰になる場所がなくなってしまう南向きベランダ。7月は天気が悪かったので余裕だったのですが、8月の暑さで多肉植物が干からびてきました。急遽、日陰をつくるためにIKEAの棚に日除けをつけてベランダに設置しました。 半額よしず 去年も1枚購入した天津よしすだれ。1年使って汚くなりましたが、立てかけて使うことも吊るして使うこともでき、なかなか便利です。 8月下旬になると安売りするようで

  • 【実験報告】エケベリアを死の淵から救う。救命できる葉っぱは判別できるのか?

    プランターに植えられていたエケベリア・プリドニス(花うらら)の葉っぱが黄色く変色していました。ここまで病変が広がっていると葉挿しで救命するしかありません。どのような状態の葉っぱならば救える可能性があるのでしょうか。葉っぱをグループ分けして経過観察しました。実験結果をレポートします。 エケベリアが腐った 「腐った」という表現が適切なのかよくわからないのですが、見た目的には「腐った」という表現がぴった

  • ゴムの木(フィカス・アルテシマ)の増やし方。剪定した枝で水挿し発根に挑戦

    伸びすぎたゴムの木(フィカス・アルテシマ)を剪定し、挿し木しました。ゴムの木は頂芽優勢が強いため剪定しないとどんどん上に伸び、側枝が出にくい性質があります。仕立て直しをして、ついでに挿し木で増やしましょう。YouTubeに動画も投稿したのであわせてご覧ください。 フィカス・アルテシマの育て方のポイント フィカス・アルテシマは、斑入りの葉が美しい人気の観葉植物です。インテリアショップなどでもよく売っ

  • YouTubeでtabiniwaチャンネルはじめました。よかったらご覧ください

    YouTubeにこっそり動画を投稿したので、よかったらご覧ください。1本目はこれまでに撮影した多肉植物の動画を編集してみました。 動画はじめました。 しばらくブログをお休みしてしまいましたが(もともと不定期だけど)、その間に動画を作ってみました。 動画はときどき写真撮影のついでに撮影していましたが、編集するのは初めてです。 動画の編集ソフトはFinal Cut ProやAdobe Premiere

  • 紅葉がかわいい乙女心の育て方。夏越しと増やし方のポイント

    寒くなってくるとぷっくりした葉の先端が赤くなる乙女心。育てやすい多肉植物ですが、夏の暑さは少し苦手です。夏の世話の注意点や増やし方など育て方のポイントを解説します。 乙女心(Sedum pachyphyllum) 乙女心(おとめごころ)はセダムの一種で、学名のパキフィラム(pachyphyllum)はラテン語で「葉が厚い」という意味です。 セダムなので育てやすく、また増やしやすいので初心者が最初

  • セイヨウオダマキの育て方。こぼれ種でも増えやすく多年草なので毎年咲きます

    繊細な花を咲かせるわりには、意外に丈夫で育てやすいセイヨウオダマキ。種がたくさんできるので、こぼれ種でも増えやすいです。とくに美しい八重咲きのタイプがオススメ。種まきや育て方のポイントを解説します。 セイヨウオダマキ オダマキはキンポウゲ科の属の1つで、北半球に約70種が存在します。 セイヨウオダマキ(西洋オダマキ)は、欧州や北米原産のオダマキおよびその交配種を指し、多様な園芸品種が存在します。ミ

  • 種から育てるストレリチア・レギネ。種まきと育て方のポイントを解説

    丈夫で育てやすい観葉植物の代表のようなストレリチア・レギネ(レギナエ)。極楽鳥花とも呼ばれ、大きくなればオレンジまたは黄色の鳥のような花を咲かせます。種が入手できれば種から育てることもできます。発芽のコツや育て方について解説します。 ストレリチア・レギネ(極楽鳥花) ストレリチア・レギネ(Strelitzia reginae)は南アフリカ原産の常緑多年草です。鳥のような花を咲かせるため、日本語では

  • 「うわっ、私の多肉伸びすぎ・・・」多肉植物を徒長させない育て方のコツ

    多肉を雨から守るため屋内に避難することもあるこの季節。多肉を徒長させないためには、徒長の原因を理解することが大切です。そもそも徒長ってなに? 徒長と通常の成長の違いは? 防ぐにはどうしたらいいの? 徒長についての疑問を解決します。 多肉植物の徒長 1月に実家の多肉をカットして持ってきて、しばらくそのままお皿の上に置いていました。 本当はすぐ植えるつもりだったのですが、あまりやる気が起きなかったので

  • 多肉植物の世話に便利なアイテム。掃除・水やりにはコレがあるといいですよ

    多肉植物の鉢やプランターに枯れ葉がたまっていませんか。古い枯れ葉をそのままにしておくと見た目にも汚いですし、カビの原因になります。多肉植物を清潔かつ健康に保つために便利な道具をご紹介します。 多肉植物の世話(とくに掃除)に便利なコレ 多肉植物が苦手な暑い夏が近づいてきました。枯れ葉はカビやすいので、夏を迎える前にきれいにしておきたいですね。きれいに保つことも、夏のトラブルを防ぐためには大事です。

  • レデボウリア・ソシアリス・ビオラセア「豹紋」がかわいい花を咲かせています

    少し前にレデボウリア・ソシアリス・ビオラセアを購入しました。本命ではなく通販のついで買いだったのですが、ワイルドな葉っぱとかわいいお花がすごい気に入ってしまったのでご紹介します。 レデボウリア・ソシアリス・ビオラセア レデボウリア・ソシアリス(Ledebouria socialis)は南アフリカ原産の球根植物です。 1870年にイギリスの植物学者のジョン・ギルバート・ベイカーが論文の中でシラー・ソ

  • 月間アクセス10万PV突破記念!ブログのテーマの決め方をドヤ顔で語る(汗)

    本日、月間ページビューが10万PVを超えました(感涙)。今日はブログのテーマの決め方について、自分の経験に基づきポイントを解説します。雑記で行くか、1つのテーマに特化するかを迷っている人にもお役にたつと思います。 当ブログのPV数 まずはブログの現状についてお話しします。開設は2016年10月ですが、超スローペースなので現時点で公開している記事数は226記事。 昨年5月に7万PVを超えたのに、その

  • 野菜が高い!畑をつくろう!お庭で家庭菜園を始めるプロセスを解説

    コロナウイルスの影響で野菜の価格が高くなっています。お庭の一角を耕して、あるいは花壇の一部にキッチンガーデンに設けて、野菜を育ててみてはいかがでしょうか。お庭に畑をつくるプロセスを一からざっくり解説します。 お庭に畑をつくる 数日前にスーパーに買い物に行ったら野菜の値段が急に高くなっていました。外国人労働者が入国できないために収穫作業ができないとか。野菜そのものがないわけではないので一時的なものか

  • 挿すだけ簡単。エリオカクタス金晃丸と多肉植物の挿し木で寄せ植えをつくりました

    春恒例のサボテン金晃丸と多肉植物の寄せ植えリニューアル。サボテンを植え替えて多肉をまわりに飾るだけで、かわいいディスプレイのできあがりです。 サボテンと多肉植物の寄せ植え 4月上旬に実家に帰ったときに多肉植物のメンテナンスをしてきました。そのときにサボテン金晃丸も植え替えてきました。2鉢あります。買ったときは1鉢でしたが株分けしました。 小さい2つは粗い土に植えられていたせいか、根があまり育ってい

  • 新型コロナウイルスが経済に与える影響。危機への備えと困ったときの公的貸付制度

    新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が経済に大きな影響を与えています。有事の今だからこそ、平時から持っておくべきお金のマインドについてお話ししたいと思います。一時的な生計維持のためにお金が必要な人が利用できる小口貸付制度(無利子)もご紹介します。写真は旅先で出会った働く猫たちです。 新型コロナウイルスが経済に与える影響 園芸ブログなのに「また新型コロナウイルスの記事かよ」と思われるかもしれま

  • センペルビウム「シルバーアンドレ」にネジラミ発生。発根させて植え替えました

    センペルビウム「シルバーアンドレ」にネジラミが発生したので、根を切って土ごと処分し、発根させてから新しい土に植え替えました。 センペルビウムにネジラミが 昨年秋に購入してそのまま植え替えなかったセンペルビウム。「シルバーアンドレ」という品種です。ちまちました葉っぱがかわいいです。センペルビウムにしてはちょっと高級な500円。 アンドレってなんで? ベルバラ? 左のエケベリアはしばらくして植え替えた

  • 編み物で気分転換。かぎ針編みでグラニースクエアのクッションカバーを作りました

    かぎ針編みのもっともベーシックな四角モチーフ「グラニースクエア」でクッションカバーを編みました。いい季節なのにコロナウイルスのせいで外出しにくくなってしまったので、おうちでかぎ針編みはいかがでしょうか。どこにも売っていない自分好みのクッションカバーができますよ。 グラニースクエアのクッションカバー かぎ針編みに詳しい方はよくご存じだと思いますが、この四角モチーフは「グラニースクエア」と呼ばれるかぎ

  • チューリップおすすめ品種。オレンジの濃淡と曲線が美しい「バレリーナ」

    オレンジ色のユリ咲きチューリップ「バレリーナ」。花びらのカーブやオレンジ色の濃淡がとても美しい品種です。ホームセンターの園芸コーナーでもよく売っている品種なので、秋になったら花壇にプラスしてみてください。 ユリ咲きチューリップ「バレリーナ」 オレンジは花壇に取り入れにくい色かと思っていたのですが、数年前にバレリーナを買ってみたらとてもきれいでした。 それはもうカエルもうっとりと葉の上で寝てしまうく

  • 地植え多肉植物の冬越しは想定内の結果に。やっぱり枯れたあの多肉・・・

    実家の地植え多肉植物の冬越し結果のレポートです。植えっぱなしのまま本格的に冬越ししたのは今回が初めてですが、結果はいかに? 地植え多肉の冬越し結果 実家の花壇に地植えした丈夫な多肉植物。2018年-2019年の冬は寒さに弱いものは掘り上げたのですが、今回は掘り上げずにそのまま放置しました。 冬越しできないだろうなあというものもあったのですが、暖冬でほとんど雪が降らなかったため、一部を除き冬越しでき

  • 100円ショップの吊り鉢をレビュー。ポトスステータスを植え替えました

    ハンギングポットに植えて枝垂れさせるとすてきなポトス。100円ショップに行ったら吊り鉢が売っていたので試しに購入してポトス・ステータスを植え替えてみました。100円吊り鉢の使い勝手をレビューします。 ダイソーの吊り鉢にポトスステータスを植え替え 昨日いいお天気だったので、近くのダイソーに初めて行ってみました。近いといえば近いのですが、そこまで近くもないので引っ越してきてからまだ行ったことがなかった

  • カビや日焼けから華麗に回復。コロナ疲れを癒す春のにぎやかな多肉植物

    昨年秋の台風時にダメージを受けたプランターの多肉植物が冬を越して春を迎え、きれいになってきました。レジリアンスに満ちた多肉植物からパワーをもらい、コロナ疲れを吹き飛ばしましょう。 ダメージから復活した2020年春の多肉植物 個人的にはもう一度最初からやり直したいくらいの2020年ですが、それでも春は穏やかにやってきて、ベランダでは多肉植物が花芽を伸ばして咲いています。 昨年の秋は台風やら長雨やらで

  • メルカリでのブログ画像や文章の盗用。何度削除してもやめてくれない(泣)

    昨年10月に当ブログの芍薬の記事から画像・文章・タイトルを盗用しているメルカリユーザーを発見し、何度もメルカリに削除申請を出して対応してもらいました。著作権侵害による削除申請の方法とメルカリの対応について解説します。 メルカリのユーザーによる著作権侵害行為 現在マスクの転売で話題のメルカリですが、昨年10月、当ブログから画像と文章とタイトルを盗用してメルカリで芍薬を販売している人がいるのを発見し、

  • 園芸ブロガー12ヶ月「新型コロナウイルスの記事を書いた理由」

    「園芸ブロガー12ヶ月」の2月です。1月にのほほんと始まったこの雑文コーナーですが、いきなり人類にピンチがやってきまして、頭の中はコロナウイルスでいっぱいです。やばい、すでに感染者(笑)。今回はなぜ園芸ブログで新型コロナウイルスについて書くことにしたのかを振り返りたいと思います。誰も興味ないと思うんですけど・・・。 新型コロナウイルスの記事を書いた理由 武漢市で新型コロナウイルスの感染が広がって深

  • 茎が枯れたエケベリア ローラを緊急手術。3ヶ月後にこうなりました

    11月上旬に茎が枯れたのでカットしたエケベリアローラ。その後、カットしたまま3ヶ月も放置してしまいました。3ヶ月後の2月上旬、どんなふうになっているでしょうか。多肉植物の緊急手術とその後の経過です。 茎が枯れてしまったエケベリア・ローラ 茎がしぼんで枯れてしまうという謎の病におかされたエケベリア・ローラ( Echeveria "Lola")」。 ローラ きみは なぜに〜。 ロー

  • ユーフォルビア峨眉山の育て方。ポイントは冬の温度と水やり頻度です

    肥大した茎から子株がぽこぽこ出てくるユーフォルビア峨眉山。小さいパイナップルが密集しているような見た目がおもしろい植物です。丈夫で手間がかからないので、一人暮らしで留守中の水やりが心配な人にもおすすめ。育て方のポイントを解説します。 ユーフォルビア峨眉山(Euphorbia "Gabisan") ユーフォルビア(Euphorbia)とはトウダイグサ属の英語通称ですが、一般的に日

  • 新型コロナウイルスの感染を防ぐには。高齢者・持病のある方は特に注意を

    新型コロナウイルスについて現時点でわかっていることと対策をまとめました。画像はコロナウイルス。アメリカ疾病予防管理センター(CDC)提供。 中国本土の現在の感染者数(1月28日現在) 死者106人 感染者(確定)4515人、前日比1700人超増、うち重症者976人 感染者(疑い)6973人 世界17の国と地域で感染者が発生。 新型コロナウイルスによる重症化率 現時点では感染者(確定)の25%が重症

  • 狙われた植物。世界各地の植物園やナーセリーで起きている植物の盗難

    2014年、世界最小の睡蓮がキューガーデンの温室から盗まれました。悲しいことに自生地から植物園から個人のお庭から植物が消えています。貴重な植物もご近所さんの大切な植物も、盗むのはダメ絶対! 世界で起きている植物盗難事件のごく一部を紹介します。 姉さん、事件です。睡蓮が盗まれました。 「花泥棒」というと、たいした犯罪ではないと思う人もいるかもしれませんが、盗まれた植物が自生地では消滅していると思われ

  • 余暇のすすめ。セネカとチャーチルに学ぶ自由な時間の使い方

    余暇をどう過ごすべきか。ストア哲学のセネカと英国首相ウィンストン・チャーチルから、人生における自由時間の重要性、その使い方について考察します。 セネカの「余暇」 数年前から海外ではストア派哲学が密かなブームです。解説本ではライアン・ホリデイの本がベストセラーになっていますが、どうせ読むならオリジナルをと思って、以前、ストア派のひとりであるセネカの書簡集を読みました。 ストア派というと学校では禁欲主

  • 園芸ブロガー12ヶ月「空き地のホトケノザと夕焼け」

    今年は少し新しい試みを始めます。実用的ではない文章を書く練習をしたいと思います。ホトケノザって皆さんのところではもう咲いてますか? 園芸ブロガー12ヶ月 1月の園芸ブロガーはネタに困る。庭にほとんど何も咲いていないからだ。 しかも最近はついついアクセスの見込めそうな多肉植物の記事ばかり書いてしまい、いつの間にか多肉植物のブログと化している(しかも普及種ばかり)。 そこで今年は「園芸ブロガー12ヶ月

  • セデベリア・ファンファーレの育て方。のびのび育てると意外にきれいです

    ヒラヒラとした薄緑色の葉が美しいセデベリアのファンファーレ。子株をたくさん出すので、群生株にしたり、枝分かれさせて盆栽っぽく仕立てたりすることも可能です。特徴と育て方を解説します。 セデベリア「ファンファーレ」 セデベリア「ファンファーレ」(Sedeveria Fanfare)は、セダムとエケベリアをかけあわせてできた園芸品種です。交配親は不明。セダムの血が入っているので比較的丈夫ですし、エケベリ

  • ポトスの増やし方。コレだけ気をつければ簡単に増やせます

    丈夫で育てやすく入手もしやすいポトス。茎が長くなってきたら、ポトスの挿し木に挑戦してみましょう。失敗しないためのポイントを解説します。 ポトスを増やそう 昨年10月に購入したポトス・ステータス。3号鉢で購入しましたが、初夏に少し大きな鉢に植え替え、夏から秋にかけて茎がだいぶ伸びました。 1本だけ伸び過ぎてしまい、バランスが悪いので鉢内に入れていたのですが、10月下旬に切って増やしてみることにしまし

  • ハチ、クモ、裸の妖精?進化の不思議を伝えるヘンテコ系ラン植物

    「最も進化した植物」といわれるラン科植物のなかには、奇妙な花を咲かせるものが数多く存在します。「いったいどうしてこうなったのか」という疑問を投げかけるヘンテコ系ラン植物をいくつかご紹介します。 ランは「最も進化した植物」 数年前からビザールプランツなる言葉をよく聞くようになりましたが、ラン科植物にもビザールな植物はたくさんあります。 ラン科植物は、キク科と並んで植物界最大の種を形成し、単子葉植物の

  • もっと美人に!パキフィツム・オビフェルム(星美人・月美人)の育て方

    粉をまとったお肌が魅力的なパキフィツム・オビフェルム。星美人または月美人という園芸品種名で流通しています。特徴や育て方のポイントを解説します。 パキフィツム・オビフェルム パキフィツム・オビフェルム(Pachyphytum oviferum)はパキフィツム属の多肉植物の一種です。パキフィツムの原種は約20種類あり、オビフェルムは先端が丸っこい葉が特徴です。 パキフィツムの自生地 パキフィツムは50

  • リトープスがシワシワになってきたので根をチェックして植え替えました

    少し前に購入したリトープス(アルビニカ)が調子が悪そうなので、根をチェックして植え直しをしました。 リトープスの植え替え 先月11月初旬に購入したリトープス。購入後すぐに鉢から抜いてみた、というか、じつは白状しますとうっかり鉢を倒してしまって出てしまったのですが、土に埋まっていてよく見えなかった部分が黒くなっていました。 奥側の葉に黒い部分がありますね。亀裂にカビが生えたのでしょうか。根も細根が少

  • もう少し立体的に多肉植物の挿し木を寄せ植えしたい。赤玉土だけでチャレンジ

    ベランダの多肉植物をカットして挿し木で寄せ植えを作成しました。いつもの平面的な寄せ植えではなく高さのある寄せ植えを作りたかったのですが、赤玉土しかなかったので少し苦労しました。ひとり反省会です。 多肉植物の寄せ植え インスタグラムで小さな多肉のクリスマスツリーを見たら寄せ植えがしたくなりました。クリスマスツリーは土台を針金などで作らないと無理。そこで少し高さのある寄せ植えに挑戦してみることにしまし

  • 猫が案内するチェルシー薬草園。ロンドン中心部にある歴史ある薬草のガーデンへ

    ロンドンの中心部のケンジントン&チェルシー王立区にあるチェルシー薬草園(チェルシー・フィジック・ガーデン)。観光スポット巡りやお買い物の合間に小さなガーデンのカフェで休憩はいかが。ロンドンパスで入れます。 チェルシー薬草園(Chelsea Physic Garden) チェルシー・フラワー・ショーが開催されるチェルシー王立病院の近くにあるチェルシー薬草園。1673年、薬剤師名誉協会(Wor

  • 多肉植物セデベリア・レティジアの育て方。育てやすくて紅葉がきれいです

    真っ赤のふちどりのような紅葉がきれいなセデベリア・レティジア。丈夫で育てやすく増やすのも容易なので、おすすめの多肉です。季節による変化と育て方のポイントを解説します。 セデベリア属レティジア 「レティジア」(Sedeveria Letizia)はセデベリア属に属します。セデベリアは、エケベリアとセダムの属間交配種です。属間交配種とは異なる属の植物をかけあわせてできたものをいいます。 交配式はwor

  • 台風の大雨に見舞われた地植えの多肉植物。ダメかと思っていたら意外に・・・

    花壇に地植えした多肉植物の観察シリーズです。超大型台風(台風19号)に見舞われた地植え多肉たちのようすをレポートします。雨ざらしってレベルじゃない大雨の影響はいかに? 台風に耐えた地植え多肉 継続して観察している地植え多肉花壇。台風から約1ヶ月後に観察しに行きました。 レイズドベッドになっているので水はけは比較的よくなっていますが、雨の量がすごかったのでダメになっていても仕方ないかと思っていました

  • 多肉コーナー充実。ホームセンターでサボテンと塊根とリトープスを購入しました

    秋の園芸シーズンにはホームセンターにも多肉植物がたくさん入荷します。チューリップやビオラと一緒に多肉植物もいかがですか。購入した植物をご紹介します。 秋の園芸シーズンは多肉植物も充実 チューリップの球根と玉ねぎの苗を買いにホームセンターに出かけたところ、多肉植物コーナーの商品がかつてないほどに充実していました。 何年も前からたまに行っているホームセンターですが、いつもは徒長したり干からびたりした商

  • 素焼き鉢をスポンジとアクリル絵の具でゴールドの水玉模様にリメイクしました

    白い水性塗料を塗った素焼き鉢にアクリル絵の具でゴールドの水玉模様をつけました。素焼き鉢のカビも防げて一石二鳥。水性塗料の塗り方とスポンジペイントの方法をご紹介します。 素焼き鉢に水性塗料を塗ってカビを防ぐ らんの栽培によく使われる素焼き鉢ですが、室内で栽培していると表面に黒カビがはえてしまうことがあります。そのため少し通気性は下がりますが、わたしは防カビ剤入りの水性塗料を塗っています。 わたしが使

  • クルクル系球根植物アルブカ・コンコルディアナを数年ぶりに植え替えました

    何年も植え替えていなかったアルブカ・コンコルディアナを重い腰を上げて植え替えました。小さな球根が鉢の中で大きく育ってました。 アルブカ・コンコルディアナの植え替え アルブカ・コンコルディアナがうちに来たのは、2015年の秋でした。ビッグバザールでわたしが買ったときはけっこうレアだったのですが、いまではけっこう流通してますし価格も安くなっています。エケベリアとかも一部を除けば安くなった気がしますね。

  • 観葉植物ピレア・カディエレイの育て方。切り戻しと挿し木のポイントを解説

    アイシングがかかったようなシルバーホワイトの模様がきれいなピレア・カディエレイ。育てやすく場所もとらないのでオススメの観葉植物です。伸びて下葉がスカスカになったので仕立て直し、挿し木で株を増やしました。 ピレア・カディエレイ ピレア(Pilea)は中国・ベトナム原産のイラクサ科の常緑多年草で、熱帯・亜熱帯に約650種が分布しています。 ベトナム原産のピレア・カディエレイ(Pilea cadiere

  • 「ヒマラヤの青いケシ」メコノプシス。日本で見られる場所をリストアップしました

    「ヒマラヤの青いケシ」として知られるメコノプシス属。透き通った青の花弁と黄色の雄しべが美しい希少なケシです。暑さが苦手なため日本では栽培が困難ですが、近年は植物園などで見ることができます。 ヒマラヤの青いケシ メコノプシス(Meconopsis)属は、西ヨーロッパ、中央アジア、ヒマラヤの高山地帯、ミャンマー、中国に分布するケシの仲間です。 とくに青い美しい花弁を持つベトニキフォリア(Betonic

  • 趣味と実益。ブログを書くことで得られる3つの基本的なベネフィット(利益・恩恵)

    今回は、園芸など趣味についてのブログを運営して得られるベネフィット(利益・恩恵)についてお話しします。ブログはオワコンとも言われますが、なぜわたしはブログをやっているのでしょうか。ブログにはどんな恩恵があるのでしょうか。 ニッチなブログのリアルな運営状況 超スローペース更新の当ブログは、2016年秋に開設しました。その直後に8ヶ月の中断を経て再開。散発的というか発作的に記事を書いたり書かなかったり

  • 多肉植物の葉や根につく白い虫。カイガラムシの駆除と予防のポイント

    多肉植物やサボテンに発生する米粒状の白い虫。カイガラムシ(コナカイガラムシ、ネコナカイガラムシ)の駆除と予防について解説します。 カイガラムシ カイガラムシ(Coccoidea)は、カメムシ目(Hemiptera)ヨコバイ亜目(Homoptera)カイガラムシ上科(Cocoidea)に分類される昆虫の総称です。 世界で7300種類が存在すると言われ、一般的には28科に分類されますが、 カイガラム

  • 家庭菜園初心者にイチオシの簡単野菜!ガーデンレタスミックスの育て方

    タネからレタスを育てて毎日サラダにしてみませんか。虫もつきにくく、長期間収穫できるので、家庭菜園を新たに始める人におすすめです。おすすめ理由と育て方を解説します。 初めて野菜をタネから育てるならレタスがおすすめ ベランダやお庭で初めて野菜を育ててみたい。でも何から始めたらいいかわからない。という人におすすめなのがリーフレタス(結球しないレタス)です。 初めてなのにいきなりゴーヤのカーテンに挑戦した

  • 多肉植物の台風対策。暴風雨や高温から多肉を守るためのポイントを解説

    高温多湿が苦手な多肉植物。大型台風の接近時、庭やベランダで育てている多肉植物をトラブルから守るために、どんなことをしたらいいのでしょうか。ベランダの対策を中心に解説します。 多肉植物の台風対策 いや〜、先日の台風15号すごかったですね。ファクサイとかいう変な名前でしたが、被害はなかったでしょうか。倒木があちこちで発生して交通機関も混乱しました。 台風の前には、飛んでいくものがないかなど、お庭やベラ

  • 多肉の「日焼け」と「カビ」。多肉植物が黒くなる原因とその対処法を解説

    秋ですね。多肉植物は夏を無事に越せましたか。わたしのところは黒くなったのが数名。黒くなったと言っても原因はさまざまです。今日は多肉が黒くなる原因である「日焼け」と「黒カビ」について解説します。 「なんで多肉すぐ黒くなってしまうん?」 エケベリアなどの多肉植物を育てているとたいてい遭遇するトラブル。それは日焼けと黒カビです。 とくに後者は、場合によっては一気に悪化し、致命的になります。わたしも多肉植

  • ベゴニアマクラータの育て方。水玉模様の葉が美しく夏には花も楽しめます

    水玉模様がすてきなベゴニアマクラータが開花しました。室内で育てられるので観葉植物としてもおすすめです。ベゴニアマクラータの育て方のポイントを解説します。 ベゴニアマクラータの育て方 ベゴニア・マクラータ(begonia maculata)は木立性ベゴニアの一種です。 アメリカのベゴニアナーセリーのSteve's Leavesによると、原産地はブラジルだそうです。 わたしはシンガポールのガ

  • 雨ざらしの花壇に植えた多肉植物の夏越し成績発表。落ちこぼれは誰だ?

    そろそろ夏も終わりの8月下旬。庭の花壇に地植えしている多肉植物の定点観測シリーズです。長かった梅雨、強い日差しと高温、雨後の蒸れなど、さまざまな悪条件が多肉植物を襲う夏。地植え多肉植物の生存状況をレポートします。 多肉植物の地植え実験・夏越し編 去年から多肉植物の地植え実験をしています。 地植えといっても土を盛ってあるので、水はけは比較的よい場所です。家に接しているので、奥は少し雨がかかりにくいで

  • チャールズ・ダーウィンの家「ダウンハウス」の見どころと行き方。ロンドン近郊半日旅行におすすめ

    進化論を提唱した自然科学者のチャールズ・ダーウィンが40年間暮らした邸宅「ダウンハウス」。ロンドン中心部から半日あれば電車とバスで行くことができます。 ダーウィンの家「ダウンハウス」 ダーウィンが暮らした家「ダウンハウス(Down House)」は、現在イングリッシュ・ヘリテージの管理のもとで一般公開されています。 ダーウィンは1842年から亡くなるまでの40年間、ここで研究に没頭し、『種の起源』

  • スイカペペロミアの挿し木。夏なら茎を土に挿しておくだけで簡単に増やせます、の巻

    スイカそっくりな「スイカペペロミア」ことペペロミア・アルギレイア。挿し木で増やしやすく、カットした茎を水に挿したり、土に挿したりしていたらどんどん増えました。今日は土に挿す方法を解説します。 ペペロミア・アルギレイア(スイカペペロミア) ペペロミアは中南米を中心に約1000種が存在すると言われ、観葉植物としてもさまざまなタイプが流通しています。かなり個性的なルックスのものがあるのが特徴です。 スイ

  • 株分けして刈り込んだセイヨウタマシダ(ボストンファーン)がこんもり復活、の巻

    5月下旬に株分けし、根だけ残して葉っぱをみんな切っておいたセイヨウタマシダが、きれいに復活しました。青々とした葉っぱがきれいです。 セイヨウタマシダの株分け 根詰まり気味で端っこの葉が枯れてきていたセイヨウタマシダを3号吊り鉢から5号吊り鉢に植え替え、端っこの葉が枯れている部分を株分けしました。 上の部分は葉が枯れているので切ってしまいました。 その後、ベランダの明るい日陰に置いて、とくに最初のう

  • 初めて多肉植物を購入する人におすすめできる育てやすく増やしやすい品種10選

    多肉植物の栽培難易度は品種によってまちまちです。初心者におすすめできる育てやすく増やしやすい品種を10品種ご紹介します。まずはこのような品種で多肉植物の栽培に慣れましょう。 多肉植物を初めて育てるなら 多肉植物といっても品種はさまざま。今回は、 ホームセンターや通販で入手しやすい。 丈夫で初心者にも育てやすい。 増やして楽しむ多肉植物栽培の醍醐味を味わえる。 といった条件を満たす品種をご紹介します

  • エバーフレッシュの育て方。枯れる寸前の苗がこんなに立派に育ちました、の巻

    人気の観葉植物エバーフレッシュ。小さいポット苗からでも数年経てば立派な大株になります。エバーフレッシュの育て方のポイントを解説します。 あのときのエバーフレッシュ いまから5年前のことだ。都内にある大規模ホームセンターの処分品コーナーに、わたしは小さな2本のエバーフレッシュを見つけた。 「980円が298円・・・。うーん、コンディション悪いけど、どうしよう。ていうか、元値が高くない?」 2つのポッ

  • サボテンの種まきその後。かわいい赤ちゃんがサボテンっぽくなってきました、の巻

    昨年まいたサボテンミックスの種。てっぺんが少しサボテンっぽくなってきました。かわいいサボテンの赤ちゃんを育ててみませんか。摩訶不思議な形態変化を目撃できます。 サボテンミックスの種まき アロエは何度か種まきしていますが、サボテンは初めてだったので、まずは手頃な種で練習してみようと、国華園で花の種を購入するときに、サボテンミックスを一緒に3袋購入しました。 コツもよくわからないし、時期も遅い気がした

  • アジサイ・アナベルの育て方。剪定、挿し木、ドライフラワーの方法、の巻

    6月に白い大きな花を咲かせ、ドライフラワーにもできるアジサイ「アナベル」。剪定の方法、挿し木での増やし方、ドライフラワーの作り方について解説します。 アジサイ「アナベル」 アナベルは、アジサイの仲間の落葉性低木です。一般的な白い花が咲くタイプと、ピンクのタイプがあります。 一般的なアジサイと似ていますが、アジサイと大きく違うのは、新梢(今年伸びた枝)に花をつけるところです。 うちのアナベルは201

  • ランに必要な素焼き鉢と観葉植物や多肉植物に良さそうなプラ鉢を通販で購入、の巻

    ラン栽培には必須の素焼き鉢。割れやすい商品なので、通販で購入するのは避けたほうがいいのでしょうか? 通販で購入した素焼き鉢とプラスチック鉢をレビューします。 通販で素焼き鉢を購入 一般的にラン栽培には素焼き鉢を使用することが推奨されています。 もちろんそれ以外の鉢で育てられないこともないのですが、通気性が抜群に良いので、素焼き鉢と水苔の組み合わせが一般的です。 よく間違われることが多いのですが、上

  • ミニ胡蝶蘭の植え替えは簡単!植え替えのプロセスを写真付きで解説します、の巻

    洋ラン初心者にも咲かせやすいミニ胡蝶蘭。ミニ胡蝶蘭の植え替えプロセスを写真で詳しく解説します。 ミニ胡蝶蘭の植え替え 今年東京ドームのラン展で購入したミニ胡蝶蘭。先端に膨らんでいない花芽がついていて、咲いていた花が終わったので切ったら、そこからその花芽が伸び出し、二番花が咲きました。 二番花も立派。500円で購入したのですが、だいぶ楽しませてくれました。ビニールポットのままマグカップに入れて飾って

  • 高知県立牧野植物園で絶滅危惧種「ガンゼキラン」の大群落を見る、の巻

    乱獲による野生絶滅が危惧される「ガンゼキラン」。5月に訪問した高知県立牧野植物園でガンゼキランの大群落を見てきました。野生植物を守るために何が必要なのかを考えさせられます。 ガンゼキランの大群落7日間限定公開 牧野植物園の記事を書きたいと思いつつ、写真が膨大なので気持ちが萎え(笑)、とりあえずガンゼキランについて記事を書くことにしました。 今年は7日間限定公開されていたガンゼキラン。公開にあわせて

  • 洋らんの植え替え手順。レリオカトレア・サンタバーバラサンセットを植え替えたぞ、の巻

    レリオカトレア・サンタバーバラサンセット・ショータイムの根が鉢から出てしまっているので植え替えをしました。植え替えの手順を解説します。 レリオカトレア・サンタバーバラサンセット 去年引っ越したのがよかったのか、今年初めて開花したレリオカトレア・サンタバーバラサンセット「ショータイム」。 買ったときはレリアと書いてありましたが、レリアの交配種なのでレリオカトレアというのが正しいらしいです。 暖かくな

  • 冬越しした多肉や春に挿した多肉植物が地植え花壇で元気に成長しています、の巻

    庭の地植え多肉花壇の観察記録です。秋に植えて冬越しした多肉や、春に土に挿しておいた多肉が根付いて青々としてきました。 梅雨入り前の地植え多肉 多肉植物には地植えでまったく問題ないものもあれば、冬の寒さに弱いものも夏の暑さに弱いものもありさまざまです。そのため、増えて持て余した多肉植物を庭の花壇に植えて経過観察をしています。 この花壇には昨年も多肉植物を植えていたのですが、さすがに冬は越せないと思っ

  • 受粉させたエケベリアの花が結実したようなので種を採取しました、の巻

    受粉させたエケベリアの花がカラカラになってきたので、種を採取しました。果たして種はちゃんとできているでしょうか。 エケベリアの種取り 数年前にエケベリアの実生に挑戦しましたが、当時は種まきの方法について情報が少なくて適当にやったため発芽はしましたが育ちが遅く、「葉挿しとかのほうが簡単だな。それにそんなに増やしてどうするの」という結論に達しました。 でもエケベリアの花ってきれいですし、捨てるのもかわ

  • 5月、6月は観葉植物の植え替え適期。初夏の植え替え祭り開催中!の巻

    気温が上がり根や葉が活発に成長しはじめる5、6月は、観葉植物の植え替え適期です。鉢が小さくなった観葉植物があったら、この時期に植え替えをしておくことをおすすめします。先日植え替えた植物をご紹介します。 観葉植物の植え替え 観葉植物は暖かい地方の植物が多いため、種類や置き場所にもよりますが気温が低いと活動しません。また植物は気温だけでなく日照時間も感じとっています。冬でも室温が高ければ植え替えして大丈夫、というものではありません。 もちろん植え替えると絶対枯れるというものでもないですが、植物にとってはあまりうれしいことではありません。 根腐れなどで緊急に土替えが必要な場合を除き、植え替えは初夏から初秋までの暖かい時期にしてあげたほうが、植物には負担が少ないと言えます。基本的に観葉植物は春から秋に購入するほうがベターです。 そんなわけで植え替え待ちの植物がたくさんあるため、重い腰を上げて10鉢ほど先日植え替えました。興味がある人がいるかどうかわかりませんが(笑)、新顔を含めて順番にご紹介します。 ボストンファーン 昨年秋に購入したボストンファーン。というか普通の西洋タマシダのような気もする、とりあえずネフロレピスなお方。 3号吊鉢に植えられていたので、秋から春までリビング中央の照明にぶら下げていました。天井にフックとかないので、そこしか下げるところがないのです。 鉢いっぱいにぎゅーぎゅーに生えているので端っこがよく水を吸えないらしく、葉っぱが一部枯れてきました。そこで枯れた部分を一部株分けし、本体を5号吊鉢に植え替えました。ただ5号は水をやるとかなり重くなります。吊るすなら3号がいいかもしれない、とやってから気づきました。 株分けしたほうは枯葉がまじっているので、全部葉っぱを切ってしまいました。果たして復活するでしょうか。 楽天市場でボストンファーンを探す ポトス・マーブルクイーン 空いた3号吊鉢に、ポトス・マーブルクイーンを植えました。札なしだったのでマーブルクイーンかどうかわかりませんが、たぶんそうです。おそらく。メイビー。 斑の入り具合がすてきです。生育旺盛なので、すぐ大きくなるでしょう。ただ真っ白い葉っぱがときどき出ます。光合成しないので切ったほうがいいです。 楽天市場でポトス・マーブルクイーンを探す

  • 日仏の感性が溶け合う睡蓮の庭。電車とバスで北川村「モネの庭」マルモッタンへ、の巻

    フランス印象派の画家クロード・モネの庭を再現した、北川村「モネの庭」マルモッタンに行ってきました。行き方や見所をご紹介します。 北川村「モネの庭」マルモッタン 4月末で有効期限が切れる中途半端なJALのマイルがあったため、国内でどこかに行く必要が急遽発生し、高知県の牧野植物園に行くことにしました(そちらについてはまた後日)。 ほかに高知ってお庭関連だと何があるのかな、と調べたら「モネの庭」も高知。ちょうど睡蓮やバラも咲いてそうなので、高知市から少し離れていますが行ってきました。 車で行ったほうが便利ですが、最寄りの奈半利駅(土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線)からバスも出ています。高知市からは片道2時間程度かかります。 フランスのジヴェルニーにあるモネの庭には2008年に行ったことがあります。再現度はいかに? 睡蓮の庭 北川村「モネの庭」マルモッタンには、大きく分けて3種類のお庭があります。睡蓮が咲く「水の庭」と、モネが地中海を描いた絵をモチーフとした「光の庭」、バラと季節の花が咲く「花の庭」です。 ホテルを9時に出て11時すぎに到着し、まず睡蓮の庭から見学。睡蓮は午後になると閉じてしまうからです。 白、ピンク、赤の睡蓮が咲いていました。ほとんどが本家のモネの庭から株分けされたものだそうです。モネが咲かせたかったという青い睡蓮は6月下旬からの開花なのでまだ咲いていません。青い睡蓮ってキューガーデンで見たやつかな? これはキューガーデンのウォーターリリーハウスで見た、青というか紫の睡蓮です。こんなのが咲くのかな。 温室がなくても熱帯性睡蓮が咲く、さすが南国土佐。高知駅の近くも並木が🌴🌴🌴だし・・・。 モネの庭の太鼓橋も再現されています。藤が咲く時期はきれいでしょうね。 もともとモネの庭は、浮世絵が好きだったモネの日本趣味がベースにあります。藤も日本の植物ですし、池をぐるりと回るようになっているのも日本の回遊式庭園の影響でしょう。睡蓮も仏教の象徴です。 そういえば、行きの電車にフランス人とおそらくドイツ人の旅行者が2組いたのですが、バスを待っていたのでモネの庭に行くのかと思いきや、奈半利の駅でモネの庭行きのバスに乗らなかったのです。いったい彼らはどこに行ったのでしょうか? 謎だ。

  • もふもふの葉っぱを触って楽しむ癒し系ハーブ。ラムズイヤーの育て方(株分け)の巻

     シソ科の多年草ラムズイヤー。その特徴は何よりもそのもふもふとした葉っぱです。白いうぶ毛の生えた柔らかな葉っぱは、まさに「子羊の耳」。猫の耳より柔らかい、しっとりとした触り心地。蜜を求めて訪れる蜂たちを眺めながら葉っぱを触っていると不思議な心地よさに包まれます。 ラムズイヤー ラムズイヤー(学名:Stachys byzantina)は、トルコ原産の耐寒性多年草です。和名は「ワタチョロギ」だそうですが、一般的にラムズイヤーという名前で流通しています。 初夏に紫色の小さな花を咲かせます。昔はハーブすなわち薬草(虫刺されの薬)としても利用されていたそうですが、現在はもっぱら観賞もしくはドライフラワーなどのクラフト用に利用されています。 ラムズイヤーを育てるうえでの注意点は、乾燥した地方の植物なので、ジメジメした場所は苦手だということです。 ですから、風通しがよく水はけのよい場所に植えましょう。日向から半日陰がよく、日陰には適しません。水やりは地植えであれば降雨のみで大丈夫です。 おそらくこの産毛は、トルコの強い日差しから身を守るために発達したのではないでしょうか。サボテンで言えばマミラリアのように、強い日差しの場所に生育する植物は、白い棘や毛で光を反射し、植物体を暑さから守っています。 なので、暑さには強いと思いますが、サボテンと同じで、おそらく暑さと多湿のコンビネーションは苦手です。でもサボテンほどではないので、よほどの雨続きでなければ枯れることはまずないでしょう。 株分け 生育旺盛なので植え付けて数年経つと株と株が重なり合ってしまいます。そうすると花数が減るので、春に少し混んでいるところを間引きます。 重なり合っている部分を引っこ抜いて、別の場所に植えます。根をつけたまま植えれば、容易に根付きます。 枯れた下葉が落葉しないので、取ってあげたほうがきれいに保てますし、花も咲きやすいです。枯れた葉っぱをそのままにしていると、夏の暑い時期に蒸れて汚くなりやすいです。 またこの古い葉をつけたままにしておくと、ダンゴムシが好んで食べます。 先日、少し整理して株分けしました。丈夫なのでいつ分けても根付くと思いますが、春の新芽が出る頃がいいと思います。

  • バラのつぼみを枯らす犯人。バラゾウムシ(クロケシツブチョッキリ)の駆除、の巻

    あともう少しで咲きそうなバラのつぼみがカリカリになって枯れてしまうことはありませんか。それは、あの黒くてちっこい奴らのしわざかもしれません。奴らがウッキウキでバラのつぼみをチューチューする季節がやってきました。 バラゾウムシ(クロケシツブチョッキリ) バラゾウムシという名前が一般的ですが、「クロケシツブチョッキリ」とも呼ばれます。 つまりこういうことでしょうか。「黒」い「芥子粒」のような虫が、バラのつぼみを「チョッキリ」・・・。 なるほど。 こちらに大きなお尻を向けてチューチューとバラのエキスを吸っているクロケシツブチョッキリ氏。とくに晴れた日によく出てくるような気がします。 成虫は4月中旬頃から見られるようになり、5月中旬頃までが最も被害の出る時期です。6月中旬を過ぎると幼虫が土中に潜って蛹化します。 こちらには仲良く2匹。やめろ〜。チョッキリするな〜。 せっかく今年は冬にがんばって剪定して、つぼみをたくさんつけてるのに、なんということでしょう。 産卵された新芽はカリカリになって枯れます。全国のバラ愛好家の心もカリカリさせる憎いやつです。 でもけっこうかわいい。 バラゾウムシの駆除 バラゾウムシの成虫の駆除方法としていちばん手っ取り早いのは「捕殺」です。 ただ小さくてポロっと落ちるとどこに行ったのかわからなくなりやすいので、下に何か受けるものを用意して、落ちてもキャッチできるようにするといいです。 このときは庭で使っているステンレスの容器をつかいました。バラゾウムシをキャッチ。この虫は死んだふりをするので気をつけてください。捕まえた後は、煮るなり焼くなり、お好きにどうぞ。 死んだふり状態から復活し、脱走を試みるゾウムシくん。 逃がすか〜。 食害されたばかりのつぼみ。クタッとなっています。これが食害のサインです。 この後、カリカリに干からびてしまい、花は咲きません。卵を産み付けているので、放置せずに袋に入れてゴミに出しましょう。 有効な薬剤 有効な薬剤としては、一応こちらがパッケージに「バラゾウムシ」とでかでかと書いてあります。 ただ、持続性は1〜2週間だそうです。一番被害のあるのは4月半ばから5月半ばくらいまでなので、2回使えばだいぶ防げるかもしれませんね。

  • 庭に植えっぱなしにできる日本原産の丈夫なラン。シランの育て方、の巻

    初夏に咲くシラン。もしかすると日本で一番よく見かけるランかもしれません。地生ランなので地植えでき、和風の庭にも洋風の庭にも合います。育て方のポイントを解説します。 シラン(紫蘭) シラン(学名Bletilla striata)はラン科シラン属の日本および中国原産の地生ランです。地生ランとは地面に生えるランという意味です。木に着生する着生ランと違い、地植えで栽培できます。 野生では個体数が減少しているため、環境省レッドリストの準絶滅危惧種に指定されています。 5月頃に紫色の花を咲かせます。白花のタイプもあります。 数十年前から実家にあるので、咲いていてもふだんはあまり気にもとめないのですが、今年はみずみずしくてきれいな花が咲きました。冬が暖かく4月が少し寒かったせいかなと思います。 うちにある植物は人からもらったものが多く、これももらったものらしいです。 育て方のポイント 自生しているのは「日当たりのよい湿地」だそうです。一方、タキイ種苗のページには、適地は半日陰とあります。 適地は半日陰で、適度な湿り気のある場所ですが、バルブは水を蓄えているので、乾燥にも耐えられます。タキイ種苗:栽培基礎講座より 日向なのか半日陰なのか。湿地なのか乾燥もOKなのか。 まあ、わりとどこでも大丈夫ですよ、ということかなと思いますが、うちの場合だと、よく日が当たる乾燥しやすい場所にあるものは、あまり増えないでポツンと1本だけな感じです。 ここは日向ですが、太陽が傾くと少し日陰になります。ユキノシタが生えていることからもわかるように、土が適度に湿っていてひんやりしたところのほうが好きなのではないかと思います。 ここも壁ぎわの草むらに生えています。数十年前に植えたものが、好きな場所で生き残っているという感じです。 ターシャ・チューダーさんが、新しく植える植物は3ヶ所に植えてみて、植物に好きな場所を選ばせる、みたいなことを言っていた記憶があります。なるほどなあと思いました。こちらがここでいいと思っても植物がイヤならそれまでですからね(笑)。 場所さえ気に入れば、地植えなので水やりもほぼ降雨のみで、とくに何もしなくても毎年咲いてくれます。

  • 強健で育てやすく花色も豊富。ジャーマンアイリスの育て方、の巻

    初夏に華やかな花を咲かせるジャーマンアイリス。丈夫で育てやすく、植えっぱなしでも年々株が増えて、たくさんの花を咲かせるようになります。育て方のポイントや優秀品種に与えられる「ダイクスメダル」について解説します。 ジャーマンアイリス ジャーマンアイリス(学名 Iris Germanica)はアヤメ科の多年草です。品種改良によって作出された園芸品種で、英語では一般的にBearded Iris(ビアデッド・アイリス)と呼ばれます。Beardedというのは「ヒゲの生えた」という意味です。 黄色のヒゲが生えていますね。このモコモコしている部分がわたしは好きなのですが、ヒゲってそんな・・・。おっさんか・・・。 乾燥気味の土を好み、非常に強健なので、地植えすれば、あとは放っておくだけでもよく咲き、年々株が増えていきます。 増えすぎると場所をとるため、数年前にだいぶ抜いてしまったのですが、その前は庭のあちこちに咲いていました。場所をとるのが欠点ですかね。 育て方のポイント 水はけのよい、日の当たる場所に植え付けます。ジャーマンアイリスは、地下茎が肥大化し根茎を形成します。生姜や山芋のような見た目のものが地際にあります。これを水はけのよい土に浅めに植え付けます。 うちでは高畝にはしていませんが、水はけが悪い場所では、高畝にして水がたまらないようにするといいでしょう。 球根と違って細根もついているので根付きやすいです。バキバキッと引っこ抜いた根茎をその辺に転がしておいても気づいたら根付いているくらいです。 一方で、この根茎は水分を含んでいるので、水はけの悪い場所に深く植えると腐ってしまう恐れがあります。梅雨の時期は避けたほうがいいかもしれません。 水やりは、基本的に地植えであれば降雨のみで大丈夫です。花が咲いたら茎を切って種をつけないようにします。 晩秋になると葉が枯れるので、つけておいてもいずれなくなりますが、冬の間に切っておくときれいです。 これはチェルシーフラワーショーのディスプレイですが、このように他の植物と混植しても、おそらく数年経つとジャーマンアイリスの花壇になってしまうのではないかという気がします。 根茎が地面を覆ってしまうので、他の植物が生えにくくなります。 密集しすぎたら抜く

  • 8つの条件下で多肉植物の挿し木・葉挿し発根実験。真っ暗でも発根するの?の巻

    多肉は真っ暗なトイレでも発根するのか? レフレクサム、虹の玉、姫秋麗を明るさの違う場所に置いて発根実験をしたところ面白い結果になりました。 多肉の発根実験:適した明るさは? 多肉植物の育て方の本には、挿し木や葉挿しは「明るい日陰に置くといい」と書いてあることが多いですが、多肉が発根する明るい日陰とは照度(ルクス)で言うとどの程度の明るさなのでしょうか。 挿し木や葉挿しにいい季節なので実験してみました。 実験対象は、たくさんある姫秋麗とレフレクサムと虹の玉です。姫秋麗とレフレクサムは茎をカットしたもの、虹の玉と姫秋麗は葉っぱをいくつか。 以下の8つの場所に分けて、瓶のフタの上に置きました。 トイレ(窓なし) 窓がないので電気をつけないと真っ暗です。 南側の部屋(窓際の日向) 晴れた日は強い日光があたり、5000ルクス。曇りの日は2000ルクス。 南側の部屋(窓から少し離れた日陰) 時間帯によってかなり違う。800ルクスから1800ルクスくらい。見た目よりも意外に暗い。 北側の部屋(窓際) これも時間帯によってかなり違う。800ルクスから1800ルクスくらい。北なのに意外に明るい。ただ明るい時間帯は短い。 ベランダ(日陰・ときどき直射) 南向きベランダのため完全な日陰ではない。晴れの日に測ったら5万ルクスあった。 ベランダ(日向・直射日光多め) 晴れの日には10万近く行ってるかもしれない。ただし実験開始後の天気はあまり良くない。 ベランダ(ガラスフェンス内側、プランターの土の上) 上記と同じ。 ベランダ(直射日光のあたるゼラニウムの鉢の上) たぶん上記と同じ。 実験を開始したのは18日前の4月9日。うちのしだれ桜(ソメイヨシノより遅い)が咲き始めた頃でしたが、その後、急に冷え込み、北のほうでは雪が降ったところもありました。おととい、きのうもすごく寒かったです。 実験結果 まずトイレです。真っ暗なところでも多肉は発根するのでしょうか。 発根しました。茎カットの姫秋麗もちょこっとだけ発根しています。葉挿しは根っこが出ていますが、発芽の兆しはまだありません。 電気さえついていない真っ暗なところでも発根するんですね。多肉だからこそなのかもしれません。ただし、かなり徒長しています。明るいところと違って形が崩れてしまいます。

ブログリーダー」を活用して、tabiniwaさんをフォローしませんか?

ハンドル名
tabiniwaさん
ブログタイトル
tabiniwa - 旅と庭をめぐるあれこれ
フォロー
tabiniwa - 旅と庭をめぐるあれこれ
カテゴリー一覧
商用