プロフィールPROFILE

楽天爺さんの気まぐれ日記さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
楽天爺さんの気まぐれ日記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/igaji
ブログ紹介文
・田舎暮らしを楽しんでいます。
更新頻度(1年)

284回 / 365日(平均5.4回/週)

ブログ村参加:2016/10/21

楽天爺さんの気まぐれ日記さんのプロフィール
読者になる

楽天爺さんの気まぐれ日記さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 11/29 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 979,864サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
オヤジ日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,048サイト
定年オヤジ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 97サイト
今日 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 11/29 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 979,864サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
オヤジ日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,048サイト
定年オヤジ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 97サイト
今日 12/04 12/03 12/02 12/01 11/30 11/29 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 979,864サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
オヤジ日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,048サイト
定年オヤジ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 97サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、楽天爺さんの気まぐれ日記さんの読者になりませんか?

ハンドル名
楽天爺さんの気まぐれ日記さん
ブログタイトル
楽天爺さんの気まぐれ日記
更新頻度
284回 / 365日(平均5.4回/週)
読者になる
楽天爺さんの気まぐれ日記

楽天爺さんの気まぐれ日記さんの新着記事

1件〜30件

  • 心に響く!!名経営者の言葉No.002

    PHP『心に響く・名経営者の言葉』第1章ビジネスチャンスのつかみ方「不平はエネルギーだ。人間は不平がなければ、働く意欲を失ってしまう」小川栄一・藤田観光の創業者・元社長すべてに満足していてはモチベーション(やる気)を発揮することはできない。人間は空腹だからこそ、食物を得ようと努力するのだ。それこそが、ハングリー精神だろう。不平や不満があることを嘆くのではなく、そのことに感謝して生きる力にしたいものだ。心に響く!!名経営者の言葉No.002

  • 心に響く!!名経営者の言葉No.001

    PHP『心に響く・名経営者の言葉』第1章ビジネスチャンスのつかみ方「与えられた仕事を命じられたままトレースするのではなく、自分の持つ知識・能力・技術・アイデアをプラスし、自分の足跡を残せ」井植歳男・三洋電機創業者(1902~1969)豊臣秀吉は、信長に命じられたわけでもないのに、草履を懐で温めていた。これが、出世のきっかけになったのは有名な話だ。現在のビジネスシーンでも、いわれたことをいわれたとおりにやっているだけでは頭角を現すことはできない。「自分なりの工夫を加えられないか」をいつも念頭に置く必要がある。心に響く!!名経営者の言葉No.001

  • 前向きに生きる100の言葉(No055)

    『前向きに生きる100の言葉』第4章幸せな人生をおくることば・・・・・・悩みから抜け出せないとき光徳寺坊守・作家・井上雪さんの”ことば”『心にゆとりのある暮らし』いくつになっても、朝起きて、何かすることがある、それが死ぬ日まである、それが人間としてもっともしあわせなことでしょう。その基本に、死生観が存在します。今を大切に生きる、その根っこにあるのが、心にゆとりのある暮らしに私は思います。人間とは浅くつきあい、神仏と深くつきあう、そうすればおのずと心にゆとりが生まれましょう。井上雪さんのことば!!ポイントは・・・・・・・・今を大切に生きる、その根っこにあるのが、心にゆとりのある暮らしに私は思います。人間とは浅くつきあい、神仏と深くつきあう、そうすればおのずと心にゆとりが生まれましょう。・・・・かな?。前向きに生きる100の言葉(No055)

  • 前向きに生きる100の言葉(No054)

    『前向きに生きる100の言葉』第4章幸せな人生をおくることば・・・・・・悩みから抜け出せないときマラソンランナー・宋毅さんの”ことば”『うまいといわれる生き方より、いい生き方を』ただ本当に走るのが好きで、走り続けているうちに、キャリア的なこと、年齢的なこともあって、この走ることの世界の中で後進を指導する立場になった。ただそれだけのことだ。確かに、好きな世界で生活ができるということは幸運なことに違いない。しかしそのことがうまい生き方なのかどうかは、自分ではわからない。好きなことを続けていられるということで、僕自身とても幸せだと感謝している。うまい生き方かどうかは別にして、いい生き方をしてるなとは言えるかも知れない。宋毅さんのことば!!ポイントは・・・・・・・・好きなことを続けていられるということで、僕自身とても幸...前向きに生きる100の言葉(No054)

  • 前向きに生きる100の言葉(No0525)

    『前向きに生きる100の言葉』第4章幸せな人生をおくることば・・・・・・悩みから抜け出せないとき駒澤大学講師・秋山さと子さんの”ことば”『夢は豊かに持ちたいもの』よく私は夢見がちな人と言われることがある。しかし、ただ夢だけで、現実とまったく離れてしまったら、夢などはつまらない自分勝手な考えでしかない。しかし、一見、現実と関係のないようなファンタジー・でも、そこから毎日の生活に役立つなにものかを得られるとしたら、夢は大きく、ファンタジーは豊かな方がいいにきまっている。秋山さと子さんのことば!!ポイントは・・・・・・・・一見、現実と関係のないようなファンタジー・でも、そこから毎日の生活に役立つなにものかを得られるとしたら、夢は大きく、ファンタジーは豊かな方がいいにきまっている。・・・・かな?。前向きに生きる100の言葉(No0525)

  • 前向きに生きる100の言葉(No051)

    『前向きに生きる100の言葉』第4章幸せな人生をおくることば・・・・・・悩みから抜け出せないときキャスター・福島敦子さんの”ことば”だ『認めるということ』どんな相手に対しても愛情を持てるというのは、言葉で言うほど簡単なものではないだろう。それは相手の主義主張、思想、これまでの生き様、夢・・・・すべてのものを受け入れるということだろう。たとえ、それが自分白身とは相容れないものであっても、それを認めるということだと思う。それには、自分をしっかりと持った上で、自分の心の間口はひろく、奥行きがあり、柔軟性がなければいけない、つまりそれが豊かな心なのではないだろうか。福島敦子さんのことば!!ポイントは・・・・・・・・自分をしっかりと持った上で、自分の心の間口はひろく、奥行きがあり、柔軟性がなければいけない、つまりそれが豊...前向きに生きる100の言葉(No051)

  • 前向きに生きる100の言葉(No051)

    『前向きに生きる100の言葉』第4章幸せな人生をおくることば・・・・・・悩みから抜け出せないとき評論家・樋口恵子さんの”ことば”『にもかかわらず笑うこと』ユーモアとは「にもかかわらず笑うこと」と言った人がいる。心のゆとりとは、まさにこのユーモアの精神があることだと私は思う。全神経を集中しなければ生きられないような正念場においても、他の美しいものを見れば美しいと感じ、悲しむべきときには他者のために涙を注ぐことができる。いつも自分のことだけでなく、なにかを受け入れる心のゆとりがなかったら、「にもかかわらず笑うこと」などできっこない。樋口恵子さんのことば!!ポイントは・・・・・・・・・いつも自分のことだけでなく、なにかを受け入れる心のゆとりがなかったら、「にもかかわらず笑うこと」などできっこない。・・・かな?。前向きに生きる100の言葉(No051)

  • 前向きに生きる100の言葉(No050)

    『前向きに生きる100の言葉』第4章幸せな人生をおくることば・・・・・・悩みから抜け出せないときお茶の水女子大学名誉教授・外山滋比古さんの”ことば”『長所と短所があるからおもしろい』われわれの人間関係もリズムがあってこそ生きてくる。欠点がない人間はないし、長所のない人間もないが、その長短の組み合わせがおもしろいのである。親友などがしばしば正反対の性格であるためにかえって生き生きした友情を持続させていることがすくなくない。外山滋比古さんのことば!!ポイントは・・・・・・・・われわれの人間関係もリズムがあってこそ生きてくる。欠点がない人間はないし、長所のない人間もないが、その長短の組み合わせがおもしろいのである。・・・・かな?。前向きに生きる100の言葉(No050)

  • 前向きに生きる100の言葉(No049)

    『前向きに生きる100の言葉』第4章幸せな人生をおくることば・・・・・・悩みから抜け出せないとき日本テレビアナウンサー・徳光和夫さんの”ことば”『伝家の宝刀はあまり抜かないほうはが・・・・・』ほんとうのホンネを言いたくても言えないことがある。むしろ、その方が多いかもしれない。人間としての弱さが、そうさせてしまうのだろう。だが、その弱さを見つめ、挫折をバネに生きているような人が発するホンネには、耳を傾けざるを得ないことがあるような気がする。それにしても、人は、ホンネだけで生きることはできない。人と接しながら生きる以上、おのずから相手に対して配慮と気働きをすることが大事だと思う。ほんとうのホンネは伝家の宝刀のようなもの。これはあまり抜かないほうがいいのではあるまいか。徳光和夫さんのことば!!ポイントは・・・・・・・...前向きに生きる100の言葉(No049)

  • 前向きに生きる100の言葉(No048)

    『前向きに生きる100の言葉』第4章幸せな人生をおくることば・・・・・・悩みから抜け出せないときフォーク・シンガー・高石ともやさんの”ことば”『私の太陽は、私です』家族と友人と仲間と心楽しくつき合い続けるためにもそばの暖かい人に頼るのではなく共に輝きながら生きたいと思う。”私の太陽は、私です”と、そう言えるようになりたいのです。私自身がこんなに輝いている。その上に素敵なあなたが近くにいるから毎日がこんなに楽しい。そんなふうにまた生き直してみたいのです。各々が太陽になれるはずですよね。高石ともやさんのことば!!ポイントは・・・・・・・・・私自身がこんなに輝いている。その上に素敵なあなたが近くにいるから毎日がこんなに楽しい。そんなふうにまた生き直してみたいのです。各々が太陽になれるはず・・・・かな?。前向きに生きる100の言葉(No048)

  • 前向きに生きる100の言葉(No060)

    『前向きに生きる100の言葉』第4章幸せな人生をおくることば・・・・・・悩みから抜け出せないとき作家・源氏慶太さんの”ことば”『甘えることの出来る仕合せ』人生は甘えることの出来る仕合わせがたしかにある。同時に、甘えられることの出来る仕合わせということもたしかにあるのでなかろうか。いい返せば、この世の中に甘えることの出来る人が一人でもいてくれたらそれだけで仕合わせである。また、自分に甘えてくれる人が一人でもいてくれたらそれだけで仕合わせである。これを逆に、この世に自分に甘えてくれる人が1人もいなく、甘えることの出来る人も1人もいないとしたら、その人にとってこの人生は、およそ索漠たるものになってしまうに違いない。その日々が砂を噛むような孤独である。源氏慶太さんのことば!!ポイントは・・・・・・・・この世の中に甘える...前向きに生きる100の言葉(No060)

  • 前向きに生きる100の言葉(No045)

    『前向きに生きる100の言葉』第4章幸せな人生をおくることば・・・・・・悩みから抜け出せないとき映画評論家・小森和子さんの”ことば”『せっかくの人生を幸福を感じていきたい』どんなに落ち込む目に遇っても、神様が私をより鍛えるための試練と信じて何とか奮起。そして命あるかぎり、男は男盛り、女は女盛りと信じてもいるから、好きなおしゃれもし、せっかくの人生を一瞬一瞬でも、できるだけ幸福を感じて生きたいと願う。また幸運なことに私はよろず分相応で、大望など抱かぬせいか、他人から見ればホンのささいなことにも幸福を感じられるらしい。でも、この感じる、ということは、物などもつことより無限の展がりをもつものだ。小森和子さんのことば!!ポイントは・・・・・・・・他人から見ればホンのささいなことにも幸福を感じられるらしい。でも、この感じ...前向きに生きる100の言葉(No045)

  • 前向きに生きる100の言葉(No044)

    『前向きに生きる100の言葉』第4章幸せな人生をおくることば・・・・・・悩みから抜け出せないとき作家・淀川長冶さんの”ことば”『心のときめき』ひとから与えられた親切への「心のときめき」、あるいは自分とは関係もなく道路上で発見した「ある人がある人に行なった親切」、そういうものへの「心のときめき」、そういうものに「心のときめき」を感じることのできる幸せ、これもまたまことに大切である。そしてそれらは大きな「心のときめき」を昧わった人こそが持てる幸せである。感情をゆたかに美しく持つ第一のものこそは「心のときめき」を常に持つことである。淀川長冶さんのことば!!ポイントは・・・・・・・・「心のときめき」を感じることのできる幸せ、これもまたまことに大切である。そしてそれらは大きな「心のときめき」を昧わった人こそが持てる幸せで...前向きに生きる100の言葉(No044)

  • 前向きに生きる100の言葉(No044)

    『前向きに生きる100の言葉』第4章幸せな人生をおくることば・・・・・・悩みから抜け出せないとき作家・淀川長冶さんの”ことば”『心のときめき』ひとから与えられた親切への「心のときめき」、あるいは自分とは関係もなく道路上で発見した「ある人がある人に行なった親切」、そういうものへの「心のときめき」、そういうものに「心のときめき」を感じることのできる幸せ、これもまたまことに大切である。そしてそれらは大きな「心のときめき」を昧わった人こそが持てる幸せである。感情をゆたかに美しく持つ第一のものこそは「心のときめき」を常に持つことである。淀川長冶さんのことば!!ポイントは・・・・・・・・「心のときめき」を感じることのできる幸せ、これもまたまことに大切である。そしてそれらは大きな「心のときめき」を昧わった人こそが持てる幸せで...前向きに生きる100の言葉(No044)

  • 前向きに生きる100の言葉(No043)

    『前向きに生きる100の言葉』第4章幸せな人生をおくることば・・・・・・悩みから抜け出せないとき作家・阿奈井文彦さんの”ことば”『コンナハズジャナカッタ』男と女の関係でも、しばしば素直に相手を見なかったために、ひどい誤解が生じることがあります。その結果、裏切られた、こんなはずではなかったと、それを相手のせいにしてしまいます。たしかに、虚をつかれ、裏切られることは、自分の度量の狭さを思い知らされて、苦しいけれど、何度も裏切られてゆくうちに、ものごとの本質が見えてくると思います。相手に対する思いやりも生まれるのです。阿奈井文彦さんのことば!!ポイントは・・・・・・・・何度も裏切られてゆくうちに、ものごとの本質が見えてくると思います。相手に対する思いやりも生まれるのです。・・・・・・かな?。前向きに生きる100の言葉(No043)

  • 前向きに生きる100の言葉(No042)

    前向きに生きる100の言葉』第4章幸せな人生をおくることば・・・・・・悩みから抜け出せないとき同時通訳者・鳥飼玖美子さんの”ことば”『年齢との鬼ごっこは、おしまい』やっとたどりついたこの年齢が、どう考えても今までで一番充実していて豊かなような気がする。ある程度の基礎づくりは終わった、さあ、これから本当の人生が始まるんだ、といった感じなのだ。年齢との鬼ごっこは、もうおしまい。これからはゆったりとじっくりと生きていきたいと思っている。鳥飼玖美子さんのことば!!ポイントは・・・・・・・・これから本当の人生が始まるんだ、といった感じなのだ。年齢との鬼ごっこは、もうおしまい。これからはゆったりとじっくりと生きていきたいと思っている。・・・・・・・・『今をより善く生きるしかない!!』・・・・・かな?。耶馬の峯に巣食ったハチ...前向きに生きる100の言葉(No042)

  • 前向きに生きる100の言葉(No041)

    『前向きに生きる100の言葉』第4章幸せな人生をおくることば・・・・・・悩みから抜け出せないとき作家・阿奈井文彦さんの”ことば”『コンナハズジャナカッタ』男と女の関係でも、しばしば素直に相手を見なかったために、ひどい誤解が生じることがあります。その結果、裏切られた、こんなはずではなかったと、それを相手のせいにしてしまいます。たしかに、虚をつかれ、裏切られることは、自分の度量の狭さを思い知らされて、苦しいけれど、何度も裏切られてゆくうちに、ものごとの本質が見えてくると思います。相手に対する思いやりも生まれるのです。阿奈井文彦さんのことば!!ポイントは・・・・・・・・何度も裏切られてゆくうちに、ものごとの本質が見えてくると思います。相手に対する思いやりも生まれるのです。・・・・・かな?。」前向きに生きる100の言葉(No041)

  • 前向きに生きる100の言葉(No085)

    『前向きに生きる100の言葉』第4章幸せな人生をおくることば・・・・・・悩みから抜け出せないとき作家・郷静子こさんの”ことば”『出来るだけ無理をしない』この「無理しない主義」は、基本的には二十歳の頃の病床で培われたものである。どんなにあがいても、駄目なときは駄目なのだということを骨身にしみてわかった時代であった。それから、最悪のつぎには、最悪より少しはマシな状態になる、ということがわかった時代でもあった。花の二十歳を挫折と病気の中で過ごしたことは不幸ではあったが、しかし、その年齢で不幸を不幸だけに終わらせない不思議な力が、人間の内がわには秘められていることを知ったのは、幸福だったといわなければならないだろう。自分が見かけよりは、はるかにしたたかな人間であることを最初に発見したのも、この頃である。郷静子さんのこと...前向きに生きる100の言葉(No085)

  • 前向きに生きる100の言葉(No039)

    『前向きに生きる100の言葉』第4章幸せな人生をおくることば・・・・・・悩みから抜け出せないとき作家・川村晃こさんの”ことば”『ゴーイング・マイ・ウェイ』現代は一般に親も子も、高い地位につき、多くの収入をえることが、ただちに生きがいやしあわせにつながるように思っているらしいが、これも流行性の錯覚というほかない。あまりに貧乏ではまずいけれども、ふつう、生きがいやしあわせはその人の人生観と人間関係に大きく左右される。そのことを忘れてキョロキョロするようでは、いつまでたっても自信などもてるはずがない。川村晃さんのことば!!ポイントは・・・・・・・・あまりに貧乏ではまずいけれども、ふつう、生きがいやしあわせはその人の人生観と人間関係に大きく左右される・・・・・かな?。前向きに生きる100の言葉(No039)

  • 前向きに生きる100の言葉(No038)

    『前向きに生きる100の言葉』第4章幸せな人生をおくることば・・・・・・悩みから抜け出せないとき漫画家・みつはしちかこさんの”ことば”『片思いのままでいい』それまでの私にとって、生きることはいつでもしんどいことであり、恥をかくこと、踏みつけられることだとしか思われなかったのが、いつしか、生きることは、細々と、美しいものたちとの出会いの連なりであると、感じられるようになったのである。それからの私の片思いは、なにも人間に限らない。花、鳥、草、木、空、雲、風、雨、雪、虫……、好き、と思うものすべてが片思いの対象なのである。そして、いつまでも片思いのままでいいと思っている。みつはしちかこさんのことば!!ポイントは・・・・・・・・生きることは、細々と、美しいものたちとの出会いの連なりであると、感じられるようになったのであ...前向きに生きる100の言葉(No038)

  • 前向きに生きる100の言葉(No037)

    前向きに生きる100の言葉』第4章幸せな人生をおくることば・・・・・・悩みから抜け出せないとき漫画家・里中満智子さんの”ことば”『あきらめず、恐れず』言葉を尽くそうとして、かえって気まずくなってしまう場合がある。わかってほしいと願うあまり、いろんな言葉を使い過ぎて、何か言いたいかわからなくなってしまったりもする。・・・・適切な言葉をなるべく沢山知っておくこと・・・・・それが大切だ。そしてそれ以上に大切なのは・・・・この気持ちをどうか、わかってほしい・・・・という熱意だ。あきらめず、恐れず、人と接し、もし自分が相手の言うことを「不愉快だ」と思ったら、そう思った自分の受け止め方に誤解はなかったかどうか、もう一度、素直に相手の真意を聞き直すゆとりを持ちたい。誤解されたくないなら、まず自分が人を誤解したまますませようと...前向きに生きる100の言葉(No037)

  • 前向きに生きる100の言葉(No036)

    『前向きに生きる100の言葉』第4章幸せな人生をおくることば・・・・・・悩みから抜け出せないときに作家・澤地久枝さんの”ことば”『「強い心」などありはしない』人の心は弱く、そして脆(もろ)い。だからこそ努力して意志的な人間に自分を鍛え、「わが人生」を生きてゆかざるを得ないことになる。そして、この試練に自ら勝ち得た人は、心の強さといっしょに、他人に対する優しさと思いやりを存分に身につけてゆくことになるのではないだろうか。澤地久枝さんのことば!!ポイントは・・・・・・・・試練に自ら勝ち得た人は、心の強さといっしょに、他人に対する優しさと思いやりを存分に身につけてゆくことになる・・・・・かな?。前向きに生きる100の言葉(No036)

  • 前向きに生きる100の言葉(No035)

    『前向きに生きる100の言葉』第4章幸せな人生をおくることば・・・・・・悩みから抜け出せないときに作家・黒井千次さんの”ことば”『見える部分より見えない部分の方がはるかに大きい』ある小さなきっかけで人が本当に変わるのだとしたら、彼の中にそれを許すような長い蓄積があったに違いないのだ。小さなきっかけとは、必然の力を現実のものとするための偶然の手がかりであるに過ぎない。いうまでもなく、ここで大切なのは偶然のきっかけよりも蓄積されていたエネルギーの方である。見える部分より見えない部分の方がはるかに大きいのは、なにも氷山だけではない。もしも人間が変わり得るとしたら、それは長い長い道のりを歩いた末のことである、とぼくは考えたい。黒井千次さんのことば!!ポイントは・・・・・・・・見える部分より見えない部分の方がはるかに大き...前向きに生きる100の言葉(No035)

  • 前向きに生きる100の言葉(No034)

    『前向きに生きる100の言葉』第4章幸せな人生をおくることば・・・・・・悩みから抜け出せないときに映画監督・大島渚さんの”ことば”『喜ぶべきことによいこと、楽しいことがあれば、私はいつでも素直に喜んだ。時々、喜ぶべきことに素直に喜べない人間がいる。そういう人を私は好きにはなれなかった。そういう人とは自然に挟をわかった。私の周囲にはいつも笑い声が絶えないようでありたかったし、事実そうだった。しかし、そういうことに、ある時期までは自覚的ではなかったと思う。四十をすぎて、自覚的にもそうありたいと思うようになった。自分から素直になりたいと思うようになったのである。大島渚さんのことば!!ポイントは・・・・・・・・しかし、そういうことに、ある時期までは自覚的ではなかったと思う。四十をすぎて、自覚的にもそうありたいと思うよう...前向きに生きる100の言葉(No034)

  • 前向きに生きる100の言葉(No033)

    『前向きに生きる100の言葉』第3章未来をきりひらくことば・・・・・・困難に直面したときに中京大学体育学部教授・室伏重信さんの”ことば”『正しい自己評価を』スポーツの世界に限らず、何か目標に向かって進もうとすれば、まず冷静にありのままの自分を知ることだ。過大な評価は自分で自分をつぶしかねないし、逆に「どうせ私の実力はこの程度だ」といった過小評価は人間の持つ潜在能力を眠りこませてしまう。いまの自分にできることは何か、どうすればできることが増えていくだろうか、と考えながら一つひとつ実践を積み重ねるなかで、自分の客観的な実力がかならず見えてくるはずだ。そうやって本当の実力を推し量ることができれば、進むべき目標はおのずから明らかになるのではないだろうか。と室伏重信は言っている室伏重信さんのことば!!ポイントは・・・・・...前向きに生きる100の言葉(No033)

  • 前向きに生きる100の言葉(No071)

    『前向きに生きる100の言葉』第3章未来をきりひらくことば・・・・・・困難に直面したときに旭化成陸上部監督・宗茂さんの”ことば”『自信喪失が成長のとき』人生において、次々と目標をクリアし、人間的にも成長しているような人はそうそういるものではない。たいていは、自信と自信喪失を繰り返しつつ生きているのである。大事なのは、なにごとにもひたむきに取り組もうとする純粋な気持ちをいかに失わないかだと言えよう。と宗茂さんは言っている宗茂のことば!!ポイントは・・・・・・・・大事なのは、なにごとにもひたむきに取り組もうとする純粋な気持ちをいかに失わないかだと言えよう。・・・・・・かな?。前向きに生きる100の言葉(No071)

  • 前向きに生きる100の言葉(No031)

    『前向きに生きる100の言葉』第3章未来をきりひらくことば・・・・・・困難に直面したときに劇作家・田中澄江さんの”ことば”『自分を見捨てず、自分を大事にしてゆこう』自分がこんなに欠点だらけの人間だから、弱い人間だから、だからもっとよい人間、強い人間になれるように、神さま助けて下さいと祈る。自分かどうしようもなく自分にとって気に入らぬ存在であっても、自暴自棄になることは許されないと思う。自分にとって自分自身は、最高の支配者ではなく、自分よりももっと偉大な存在の神が、自分を見まもってくれていると思えば、絶望することは、傲慢である。こんな自分でも見まもってくれている神を信じて、いつかは、今よりはよくなるであろう自分に望みをかけてゆこうと思う。自分を見捨てず、自分を大事にしてゆこうと思うのである。と田中澄江は言っている...前向きに生きる100の言葉(No031)

  • 前向きに生きる100の言葉(No030)

    『前向きに生きる100の言葉』第3章未来をきりひらくことば・・・・・・困難に直面したときに棋士・谷川浩司さんの”ことば”『女神が微笑んでくれるのは』チャンスは誰にでも、平等にやってくると思う。それに気づき、つかむには日頃から真面目にコツコツと努力して、力をつけておかないといけない。でなければ、微笑んでくれるべき女神もスルリとすりぬけていくのではないだろうか。と谷川浩司は言っている谷川浩司のことば!!ポイントは・・・・・・・・日頃から真面目にコツコツと努力し、力をつけよう。そうすれば、微笑んで女神が寄ってくる。・・・・・かな?。前向きに生きる100の言葉(No030)

  • 前向きに生きる100の言葉(No030

    『前向きに生きる100の言葉』第3章未来をきりひらくことば・・・・・・困難に直面したときにフリージャーナリスト・野中ともよさんの”ことば”『挫折は失敗の親方じゃない』挫折は失敗の親方ではないのだ。挫折なんていう言葉はできれば、私の辞書から抹殺してしまいたい。失敗はたくさんあるけれど、成功があるから失敗もあるのだ。ゼロからみれば、失敗も一つのイベントじゃないか。失敗のおかげで自分のいたらなさがみえるのです。それはステキなエネルギーそのもの。ちょっと仲良くしてみてもいいかなあ、と思ったものの勝ちなのです。と野中ともよさんは言っている野中ともよさんのことば!!ポイントは・・・・・・・・失敗はたくさんあるけれど、成功があるから失敗もあるのだ。ゼロからみれば、失敗も一つのイベントじゃないか。失敗のおかげで自分のいたらなさ...前向きに生きる100の言葉(No030

  • 前向きに生きる100の言葉(No028)

    『前向きに生きる100の言葉』第3章未来をきりひらくことば・・・・・・困難に直面したときに専修大学スピードスケート部監督・黒岩彰さんの”ことば”『無言の助言』ずっと指導していただいていた、恩師とも言うべき前島孝監督のその日の言葉が、今も心に残っている。思えばサラエボの敗北以降、初めて交わした言葉だった。「これまで、どんな言葉をかけても無駄だと恩って、何も言わなかった。この問題は彰自身が解決するしかない問題なんだ」監督も、苦しかったのだと思う。あの敗北に対して、監督として私以上に苦しみ悩んでおられたのかもしれない。そして、挫折し傷ついた心をいやし、立ち直らせるのは本人以外にはなく、周りの人間がどうすることも出来ないのを知っておられたのかも知れない。多くの選手を指導する立場に、今、立ってみて、そのことが痛い程よく分...前向きに生きる100の言葉(No028)

カテゴリー一覧
商用