searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

リスタートのブログさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
リスタートのブログ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/matsu1217
ブログ紹介文
住宅関連の文章を載せていましたが、メーカーとの付き合いがなくなったのでオヤジのひとり言に内容を変えま
更新頻度(1年)

60回 / 365日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2016/10/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、リスタートのブログさんの読者になりませんか?

ハンドル名
リスタートのブログさん
ブログタイトル
リスタートのブログ
更新頻度
60回 / 365日(平均1.2回/週)
読者になる
リスタートのブログ

リスタートのブログさんの新着記事

1件〜30件

  • ブログのリハビリ

    6日が来た。10月1日夜ごろ、ヘモグロビンの急低下が起きたとき、6年前のことを思い出した。あのときは、内臓からの出血を想像され内臓の全ての検査を受けた。胃カメラ、大腸内視鏡、エコー、ct-r検査も受けた。検査結果は、その日に出たが、異常なし。一応その日点滴と輸血を受けた。7だった数値が8、2まで増えた。しかしながら絶対安静に。とは言っても、安静は1日だけ、いつもどおり起きてみんなの朝メシ昼の弁当を作った。そして、仕事も。それで、生きてきた。毎日同じ高度な貧血剤を飲みながら、しのいだ。それが今回少しづつ悪化してきたのかはわからない。「貧血だよ」としか言えない。ただ、前回より辛かったのが辛辛辛辛辛辛すぎたことだ。やなやつに狙われたもんだ。相手が、手強くて目に見えないほど厄介なものはない。6日め。療養センターのベッド...ブログのリハビリ

  • 34年目

    ヨメと結婚して、来月6日で34年になる。出会ったきっかけは覚えていない。ヨメも忘れたという。そんな2人なのだ。グループ交際ではない。ナンパでもない。偶然運命的な出会いをしたわけでもない。きっと知らない間に付き合っていたのだと思う。私が25歳ヨメが22歳のときだ。2人とも旅行が好きだったので、国内は色々なところに行った。北海道、東北、北陸、草津でスキー、箱根、伊豆温泉巡り、寸又峡、飛騨高山、上高地、三重賢島、関西全域、広島、松江、道後温泉、熊本鹿児島、屋久島など。どこでどうなったか覚えていないが、その過程で、結婚するかという話が出た。そのとき、ヨメの顔が曇った。「私はいいんだけど、母が反対すると思う」ヨメの家は、筋金入りの巨大宗教の信者だった。ヨメも両親の影響を受けて、物心ついたときから信者になった。自分でそうな...34年目

  • 夏の夜の怪談

    夕方、ウォーキングの終わりに、私としては珍しいことに、国立駅前のスターバックスに寄った。国立に越してから、スターバックスに入るのは3回目だ。国立に限らず、今はスターバックスなどのカフェに入ることは、滅多にない。オジサンは恥ずかしいのですよ。あきらかに浮いているような気がして。オジサンは、365日お洒落な格好をしないので、気が引けます。スターバックスのテラスは、空いていた。私は、壁側の4人席に席を取った。飲むのは、ホットコーヒーだ。アイスコーヒーは飲まない。昔、祖母から言われた言葉を私は忠実に守っていた。「暑いときは、冷たいものを飲んだり食べたりしてはいけません。暑いときは、温かいものを食べなさい。人間は、本来冷たいものを摂り入れるようにはできていないんです。内臓を守りましょう」だから私は、スイカや生のキュウリな...夏の夜の怪談

  • 最後は娘自慢

    安倍晋三先生、お疲れさまでした。お辛かったでしょう。これからは、難病の治療に専念してください。昨日の土曜日は、色々なことがあった。昨日の敵は今日も敵。午後4時半、ウォーキングに出かけた。せいぜい5キロから6キロだから、歩数にして7千歩か8千歩だ。国立の大学通り。10日ほど前、そこを歩いていたら、フレンチブルドッグ3匹を散歩させている女性がいた。マスクをしているから年齢はわかりづらい。25歳から36歳くらいだろうか。ブチャイクな顔が可愛いね。フレンチ君は、フガフガ言いながら、私の足にまとわりついてきた。可愛いね、ブッチャイクだね。ヨシヨシとボディを撫でようとしたら、3匹のうち1匹が、意外な行動に出た。私の足の横で右足を上げると、足に向かってシャー。そんなことって、アルゼンチン?愛用のスポーツサンダルが、オシッコま...最後は娘自慢

  • 6年連続パンチを食らう

    まずは、面白くもない昔話から。夏といえば、私にとって、野沢温泉での陸上部の合宿だ。高校1年から大学3年まで毎年参加した。大抵は、6泊7日だ。30人以上が参加した。部屋は大部屋2つ。襖を取り払うと40畳くらいあったから、広い部屋の中で、夜はみんなではしゃぎ回った。高原にあったから、朝昼晩涼しかった。ただ、グラウンドは、照り返しがあって、太陽が元気なときは暑かった。バテるやつもたくさんいた。私は昔からひねくれていたので、横並びの体育会系体質に馴染めなかった。みんな体力が違うのに、なぜこのクソ暑い中、横並びで同じメニューをやらせるのだろう。怪我の元だろうに。私は、陸上部に正式に入る前に、顧問と会った。そのとき、僕は別メニューでやりますから、それでもいいですか、と聞いた。顧問は完全拒否だった。「そんなことできるわけない...6年連続パンチを食らう

  • カップラーメンは永遠に

    前回、娘の専属ドライバー・ワセダ君が我が家に挨拶に来るというのをお伝えした。しかし、都合のいいことに、日曜日は、私に急ぎの仕事が入った。娘に、悪いな、延期しよう。ワセダ君に伝えておいておくれ、とお願いした(ヘッヘッヘ、永久に来なくていいぞ)。娘がLINEすると、すぐに返信が来た。「では、土曜日は、どうですか。僕は、今週の金曜から火曜までお盆休みの代休を取ったんです。土曜日が空いていたら、是非」運の悪いことに、土曜日の仕事は、ほんの少ししかない。午前中にチャチャチャッとやれば仕事は終わる。午後はウォーキングをしようと計画を立てていた。だが、ウォーキングするから無理だもんね、とはさすがに言えない。仕方ない仕方ないシッタカナイ。私は、ワセダ君に伝えてくれ、と娘に言った。スーツは絶対に着てくるな。たとえば、上がカラフル...カップラーメンは永遠に

  • ラブコメディは突然に

    残念なことを書かねばならない。ただ、後半は希望にあふれている。今年の5月末、娘が彼氏と別れた。形としては、煮えきらない彼に嫌気がさしたというところだろうか。大手電機メーカーに勤める彼は、去年の10月にヴェトナム赴任の辞令を受けた。彼にとって、一番好ましい辞令だった。なぜなら、彼の血には、ヴェトナム人の血が4分の1混じっていたからだ。父方の祖母が、ヴェトナムだった。祖母にヴエトナムの話を子どもの頃、よく聞かされた。決していい話ばかりではなかったが、祖母から「ヴェトナム人は、誠実で働き者なんだよ」ということを聞かされていた。「ただ日本人はヴェトナムの子をスケべな目でしか見ないけどね」「日本人は、金を持つと卑しくなるね。あんたは、そうなっちゃダメだよ」大好きな祖母の国、ヴェトナムで働ける。それは、彼のモチベーションを...ラブコメディは突然に

  • 「先輩」と呼びたくなくて

    8月12日夜、テクニカルイラストの達人・アホのイナバ君からLINEが来た。「Mさん、今日が『ペルシャ症候群』のピークらしいですよ。見ましょうよ」「ペルセウス座流星群」だけどね。夜12時過ぎに見えるというので、天体望遠鏡をスタンバイして、ベランダで待った。雲が多かったが、雲が途切れることもあった。しかし、観ていた方角が悪かったのか、1個しか観測できなかった。それ対して、イナバ君は6個。やはり、アホは「持っている男」だった。ところで、なぜ私のようなビンボー人が、天体望遠鏡を持っていたのか。それは、もらいものだからだ。京橋のウチダ氏に、誕生日プレゼントとしていただいたのだ。京橋のウチダ氏は、5歳下の友人だ。付き合いは20年以上になる。ウチダ氏が、新橋のイベント会社に勤めていたとき、2ヶ月に一回程度仕事をいただいていた...「先輩」と呼びたくなくて

  • バーチャルおとうさん

    いつもお寄りいただき、ありがとうございます。さて、このたび、私事ですがブログをお休みさせていただくことに・・・・・はなりません。これからも、しつこく続ける予定です。まぎらわしい言い方をして、申し訳ありません。すべての責任は、私にあります。という前振りのあと、3回続けて、大食いのミーちゃんのお話。もう飽きたという方は秋田にGOTOトラベルせずに、次の方のブログにお移りください。前回、土曜日までの話はした。今回は、日曜日、月曜日のお話。日曜日、朝10時前に起きた2人は、「おとうさん、おはよう」と元気よく言ったあと、すぐに「あつまれどうぶつの森」をやり始めた。どうぶつの森をやるのは初めてのミーちゃんは「ワクワクするぜ。これやりたかったんだ」と最初からリキが入っていた。さすがに、嫁ぎ先では、よほど神経の太い人以外、ゲー...バーチャルおとうさん

  • パピーとおとうさん

    土曜日の午後、大食いのミーちゃんが旦那の若チャマとやってきた。8ヶ月ぶりの再会だ。二人は、東京まで新幹線で来て、東京駅で待っていた若チャマの大学時代の友だちのワゴン車で、国立にやって来た。あらかじめ友だちの家に送っておいたジャガイモ一箱をかついで、玄関に立った。「お久しぶりでーす」と若チャマ。ミーちゃんは、抱きついて来そうになったが、途中で気づいて、「ヤバっ、濃厚接触するところだった」と言って、エアーハグに切り替えた。そして、ダイニングの椅子に座って、ミーちゃんが言った。「あー、やっぱりここは我が家だわ。落ち着くわー」いやいや、ミーちゃん、若チャマの手前、それはいかんのではないかい。「いや、大丈夫ですよ。だって、ここがミーの実家なんですから。みんな実家はくつろげるものじゃないですか」と優しくフォローする若チャマ...パピーとおとうさん

  • 楽チンです

    最近の私は楽チンである。家族の朝メシと晩メシは、私が作るが、昼メシは交代制で家族が作ってくれる。昼メシは、いつも焼きそば。太麺が、冷蔵庫に充満している。焼きそばは、簡単にできる。炒めればいいのだから。それでも、人によって味に好みと個性が出る。ヨメは、オーソドックスなソース味が好きだ。息子は塩味、もしくは鶏ガラ味。娘はお好みソースを使う。そして、大量にあおさとカツオ粉とマヨネーズをぶっかける。どれも美味い。うまし。トゥース。大満足である。ほかに皿洗いは、息子がやってくれる。風呂掃除、トイレ掃除は娘だ。ヨメは、部屋全体のお掃除。私がしていた頃は、洗剤は基本1種類ずつだったが、いまは驚くほど多い。知らない種類が多い。みんな熱心ですわ。感心しますわ。娘が言った。「おまえよく、こんな面倒臭いことを毎日やっていたな。だから...楽チンです

  • 幸せの風

    テクニカルイラストレーターの達人・アホのイナバ君から、段ボール2つ分の野菜が届いた。かなり大規模な家庭菜園で、イナバ君の奥さんが栽培しているものだ。トウモロコシ、ヤングコーン、枝豆、ナス、キュウリ、ミニトマト、ラディッシュなど。助かりますわ。ナスはいま高いし。早速パソコンで会話した。はーい、イナバ君、アッホー。「はいはい、アッホー」今回もありがとうね。早速トウモロコシを食ったけど、うまかったね、みずみずしくて。「ああ、今回のは美味しくできたって、奥さんも喜んでました、今年のトウココロモシは上出来だって」うん、俺もそう思う。日照時間が短いのに、よくあそこまでできたね。「奥さんが使っている日野の菜園は、まだ比較的日が届いたみたいです。それに僕にはわかりませんけど、いろいろ工夫をしたそうです」奥さんは、研究熱心だから...幸せの風

  • 9年目のハゲ

    ハゲが、国立にやってきた。大学時代の陸上部同期だ。ハゲとは、大学時代、一番仲が良かったかもしれない。学部やクラスは違ったが、よく飲みに行ったり、夏の合宿では夜遅くまで語り合った。ハゲは、最初からハゲていたわけではないので、そのときは「シバエモン」と読んでいた。苗字がシバタだったので。ただ、大学4年から、急に髪が薄くなり始めたので、ハゲと呼ぶ回数が増えた。人格者のハゲは、そう呼ばれても怒らなかった。私だったら「草刈正雄」と呼ばれたら、絶対に怒るのに。ハゲがなぜ横浜三ツ沢から県をまたいで国立まで来たのか。こんな危険な時期に。国立のバーミヤンで会った。ハゲは40前になったら、髪を剃って潔く完全まるハゲにした。よく剃りきったな、と私が聞くと「だって、この方がマツも俺のことハゲって呼びやすいだろ」とツルツル頭をなでながら...9年目のハゲ

  • メルヘンの鳥

    金曜日は、久しぶりに外に出た。立川のLOFTに買い物に行ったのだ。ただ、そのとき愕然とした。国立駅のホームに上がる階段は、意外と長い。私は、エレベータ派ではなくエスカレータ派でもない。必ず階段を利用する。階段を上り切って息切れすることはない。しかし、今回若干息切れを感じたのだ。息切れは、すぐに収まったが、ショックだった。長いといっても東京タワーの階段を上ったわけではない。駅の階段だ。ランニングを自粛していたツケが今ごろ出てきたのかもしれない。「自粛おばさん」が、「ランニングは自粛しなくていいですよ」と言ってくれたら、週に2回は走ったのに。いつも思うことだが、なんの対策も提示しないなら、感染者数の発表は事務方がやればいいのでは。毎日フリップ芸をやりたいためにテレビに出るって、時間の無駄だよね。そんな時間があったら...メルヘンの鳥

  • ソウルフード

    最近、我が家の昼メシは、ほとんど焼きそばである。子どもたちの在宅ワークが始まるまでは、夫婦2人の昼メシだから、適当な残りものを食っていた。しかし、4人分となると適当であったとしても、ボリューム感が欲しい。そこで、焼きそばを出したら、「美味美味美味」と絶賛された。それから、ほぼ毎日昼は焼きそばだ。麺は太麺オンリー。私はむかしからラーメンも太麺派だ。焼きそばには、肉は入れない。だって、肉を入れたら、肉焼きそばになってしまうから。主役が焼きそばではなくなってしまう。具材は、モヤシとキャベツとニラ。この3つは、決して主役になろうとしない。脇役に徹している。偉い子たちだ。毎日、ソース焼きそばでは飽きるので、ソースは変える。焼きそばソース以外では、オイスターを使ったり、お好みソース、中濃ソースプラスオイスターソース、鶏ガラ...ソウルフード

  • 前のめり

    素人の言いたい放題第1回(おそらく2回目はない)。クラスター、オーバーシュート、ロックダウン、ソーシャルディスタンス、ステイホーム、ウィズコロナ、GOTOキャンペーン、東京アラート。集団感染、爆発感染、首都閉鎖、社会的距離、家にいよう、コロナと暮らす、旅いこか、東京警報ではいけないのか。カタカナを使って、政策をアピールする。しかし、中身はなし。新型コロナは、日本列島をだだ漏れ。いい加減にホワイト。カープの滝のぼり。藪からスティック。焼け石にウォーター。寝耳にウォーター。一寸先はダーク。ルー大柴氏の言葉の方が、私には耳にすんなり入ってくる。お利口さん方は、その言葉が、自分のまわりにしか通じなくても気にしないんでしょうね。お利口さん、お利口さん。今に、トーキョーのホスピタルのドクターとナースがシステムダウンしてエマ...前のめり

  • 半沢さんとつるとんたん

    来週から「半沢直樹2」が始まるという。あの種のドラマが好きな人は、楽しみでたまらないでしょうね。ただ、水をさして申し訳ないですが、私は、あの種のドラマが苦手なのだ。「半沢直樹1」の1話は、娘と見た。見て20分もしないうちに、娘が言った。「なあ、このドラマに出てくる男たちは、なんでいつも力んで怒鳴っているんだ。銀行の内部って、そんなにギスギスしているのか」そう、血管が切れそうなほどの力み方だ。疲れる。俺一人が会社を支えている、と言わんばかりだ。もちろん、そういう演出だということは理解している。役者さんは、演出に沿って演技しているのだろう。でも、俺、そういう演出苦手なんだよね。もともと血が薄いから、熱血は受け付けない。娘もそうだ。大昔の大学時代、私と今現在新宿でコンサルタント会社を営むオオクボは、新入部員の教育係だ...半沢さんとつるとんたん

  • 常連客

    国立駅前の「はなまるうどん」が閉店した。国立駅前の店は、頻繁に利用したというわけではないが、娘とたまに行った。各地のはなまるうどんは、よく利用する。なんと言っても安い。かけうどんとかき揚げで500円くらい、揚げ玉は無料。もう、大満足です。なぜ国立駅前店が閉まるのかはわからない。売り上げが減ったというのが、常識的な考えでしょう。コロナの影響もあるのだろうか。いずれにしても、慣れ親しんだお店がなくなるのは、さびしい。今週、たまに行く国立の花屋さんで花を買った。ミニひまわりとナンチャラいう花だ。女店員さんに言われた。「十日くらい前も、同じ花を買われましたよね」ああ、覚えられていたのか。なんか、居心地が悪いな。私は、日陰者なので極力なじみの店を作らない人生を歩んできた。昔、虎ノ門の法律事務所に勤めていたとき、近所に安く...常連客

  • やらかしてないですよ

    日曜日、友人の極道コピーライター・ススキダとパソコンで会話した。モニターで見ると一層怖い顔だな。年に1から6回、職務質問されるのもわかる気がする。「麗子(ススキダの奥さん)の友だちから話があってな。誰か小猫を貰ってくれないかって言うんだ。白黒のブチで、ハチワレだ。生後3ヶ月。セキトリに似ているんだ。画像を送ろうか」いや、いい。見たら飼いたくなる。「飼いたくないってことか」飼いたくないというわけではない。ただ、いま俺の頭の中では「猫の思い出箱」にセキトリが充満しているんだ。ノラ猫時代が7年、家猫になってから3年2ヶ月。セキトリは、俺にたくさんの幸せをくれた。あんなでかい体なのに、とても穏やかで、俺はセキトリが他の猫と喧嘩したところを見たことがない。怪我をしたこともない。悠々と道や塀の上を歩いている姿は、神々しささ...やらかしてないですよ

  • 東京都知事せん?

    今日は、東京都知事選。盛り上がっていない。本当に、選挙戦やっていたの。最近、テクニカルイラストの達人・アホのイナバ君とパソコンで会話する機会が増えた。「Mさん、都知事選行きますよね」一応都民だからね。「誰に入れますか。僕、誰の演説も聞いていないんですよね。さっぱりわからなくて」いつもは聞いているのかい。「いや、一度も聞いたことはないです。いつも直感です」じゃあ、いつもと同じく直感で投票すればいいさ。俺は、現職の知事には投票せん。「え?ゲンセキのチチって、誰ですか」予測不可能な答えを出してきたな。付き合わないことにしよう。今のチチは、曖昧なことしか言わないからね。「夜の街関連には注意してください」なんて、政治家の言うことではない。具体的にどう注意すればいいかを指導するのが、政治家の役目だ。指標を示せないなら、チチ...東京都知事せん?

  • 精悍死闘

    夏が来ましたね。まだ本格的な暑さにはなっていないが、夏は好きだ。夏は嬉しい。もちろん、暑さが苦手な人に喧嘩を売っているわけではありません。人には、季節の得意不得意があると思う。私はガイコツ体型なので、寒い冬は苦手だ。道端ジェシカの土に霜降り明星しているのを見ると、ここは氷の国か、誰もシャーベットなんか頼んでねえぞ、雪の女王は来なくていいから、と思ってしまうお茶目な男だ。寒いのは辛い。私は手袋は、100円ショップでしか買わないのだが、これが全然温かくない。指先から手のひら手の甲全体が凍えるんです。これは100円ショップのだから?たとえば、金持ちが使うような千円の手袋って、温たたかいんですか。去年の誕生日に、18歳上の友だち・ジジィにもらった手袋は、高そうだったけど、あまり温たたかくなかった。ジジィごめんな。でも、...精悍死闘

  • 国立の女闘士

    土曜日、久しぶりにランニングをした。国立の大学通りだ。3ヶ月半ぶりくらいだろうか。申し訳ないが、走っている間、マスクはしなかった。走る時間は、もっとも人通りが少ない早朝を選んだ。200メートルに一人くらいしかすれ違わなかった。土曜日ということもあって、密密密は避けられたようだ。走った距離は、約5キロ。3ヶ月前だったら、余裕で20分前後で走れた。しかし、今回は24分かかか勝った、負けた。キツかったぜよ。特に膝にきましたね。家で腿上げやスクワット、腹筋、ストレッチを週に3から3回していたとはいえ、ランニング用の体はキープできなかったようだ。所詮、家でやるトレーニングは現状を維持するだけで、スポーツをする体は維持してくれない、ということがわかった。きっと、若い人なら違うんだろうな。ルームランナー、買おうかな。朝6時前...国立の女闘士

  • すべての責任は私に

    日曜日は、父の日だったんですね。私は、自分に父親の資格があると思っていないから、毎年父の日を忘れる。あっそう、へー。しかし、息子と思われる人と娘と思われる人から、毎年プレゼントをもらう。そのとき、初めて父の日だと気づく。もらうのは、財布やらネクタイ、ベルト、包丁、散髪用ハサミ、PCスピーカーなど。今年は、息子らしき人から、ユニクロの7分丈パンツと若い人が着るような明るい色のポロシャツをもらった。娘らしき人からは、立派な霧の箱に入った八角箸をもらった。名前が彫ってあった。私には似合わないくらいの豪華なつくりだ。そのときだけ、なんとなく、俺、父親だったのかな、ということを思い出す。私の父親は、ほとんど家に帰ってこない奴だったので、私の中で、父親という概念はとても希薄だ。私と母が、こちら側にいて、父と姉は激流の川の向...すべての責任は私に

  • カノウセイ

    新型コロナのせいで、得意先の仕事が1つ止まっていた。しかし最近、担当者から「7月になったら、動き出しそうです」というメールをいただいた。ありがたや。仕事が止まったことにより、週に半日間くらいの余裕ができた。私は、その時間をウォーキングに使ったり、知人とのリモート会話に使ったり、料理の下準備に使ったり、風呂に浸かったりした。そして、今まで週に1回だったブログの更新を2回に増やした。だが、中止されていた仕事が復活すると、この半日間の余裕が消える。週に2回など誰も期待していないから、いちいち告知する必要はないと思うが、またブログが週に1回の更新に変わる可能性がある。カノウ姓、と言えば、知り合いにカノウという姓の人が2人いる。ただ漢字が違う。一人は「叶」で、もう一人は「狩野」だ。私が住むマンションのお隣りに住んでいるの...カノウセイ

  • ふに落ちない

    アベノ先生の批判をすると、アクセス数が顕著に落ちる。どんな力が働いているのだろう。今回は都知事さんだから、関係ないけど。でも、落ちる可能性はありそう。ふに落ちないこと。東京アラートって、なんだったんですか。自粛しましょう。自粛しました。それで、結果は?勝手に発動して、勝手に解除して、その間、事態が好転したわけではない。もともと筋書きがあって解除したのなら、検証も何も必要はない。ようするに、都知事さんが、選挙向けのアピールで自分はこれだけのことをやりましたという状況証拠を作っただけだ。アラートの間、東京都の感染者数、目に見えて減っていますか。減っているという人は、相当な都知事さんシンパだ。これからも盲目的でいてください。国民は懸命に自粛した。一部自粛していない方もおられるが、「自粛」と言っている以上、自粛できない...ふに落ちない

  • ものわすれ

    木曜日の夜、私はハンバーグを作った。ハンバーグを食卓という名のミカン箱に並べたとき、娘が言った。「おまえ、昨日もハンバーグだったぞ。どうした?ボケたか」それを聞いて私は震えた。まさか、突然きたのか、認知症乃介。我が家の家系に、私が知る限り認知症はいない。私は肩をガクッと落とした。だが、すぐに拾った。先日もBOOKOFFで、イギリスのロックバンド、ザ・フーのロックオペラ「トミー」のアルバムを見かけて、買おうかと迷った。しかし、10年くらい前に三鷹駅近くのGEOで、買ったんじゃないか、と思い直した。定かな記憶はないが、俺なら「トミー」を見かけたら、絶対に買っているはずだ。「タカラトミー」は、買わないと思うが。危ないな。余計な出費は、このご時世、避けなければならない。給付金なんか1ミリも届いていないんだから。給付金っ...ものわすれ

  • バターピーナッツ

    今回も、まとまらない話を。新型コロナの影響で、在宅ワークを余儀なくされている方。運動不足になっていませんか。2ヶ月も在宅ワークしていると、足腰が弱ります。それは歴然としています。若い人でも在宅が続くと3週間程度で足腰が衰えます。衰えた足腰を元に戻すのは、結構難儀なものなんです。私は、フリーランスなので、基本在宅ワークだ。22年間の在宅ワークベテラン。外に出るのは、得意先への営業と食材の買い出し、ランニングだけ。ランニングは、週に3から3回はしたいが、残念ながら仕事優先なので、せいぜい週に2回程度しかできない。コロナ君が我が物顔で居座っている今は、3ヶ月ランニングをしていない。マスクをしてランニングをするという方法もあるが、私は、それを考えていない。ランニングは、マスクをしてまでするものではない。するのは自由だが...バターピーナッツ

  • 過剰な愛情は異常

    私の住んでいるマンションの駐輪場に、最近よくハクセキレイがやってくる。私は勝手に「つるとんたん」と名前をつけた。私が、駐輪場で自転車を取り出そうとすると気配を察して、私のそばに降り立つのだ。スピースピーと鳴きながら、テケテケテケテケと歩く姿は、結構可愛い。木曜日の午前、買い物から帰ってきたとき、駐輪場に自転車を止めた。そのとき、つるとんたんが買い物袋を置いたカゴに舞い降りてきた。腹減っているのかと思った。ちょうどパンを買ってきた。パンの耳の角を細かく千切って、駐輪場の開いたスペースに置いた。つるとんたんは、遠慮なく啄ばみ始めた。こんな小さな触れ合いでも、心は温かくなるものですね。和んだ。しかし、和んでいる場合ではなかった。怒られたのだ。「何をしているんですか、あなた」振り返ると、同じマンションに住む50歳前後に...過剰な愛情は異常

  • マカフジミ

    唐突ですが、ここのブログに頻繁に登場するイナバ君の本当の名字は「イナバ」では、ありません。イナ●君です。これは、以前このブログに書いたことがありますが、ブログに登場する人たちを特定されて迷惑をかけないようにフィルターをかけているからです。たとえば、杉並の建設会社の顔デカ社長は、当たり前のことながら「顔デカ社長」という名字ではありません。人類史上最も馬に激似のお馬さんの名字も「お馬さん」ではありません。上記のように、私の場合は、人の特徴を主語にすることが多いですね。大学時代の友人を「ハゲ」と呼んだり、「カツラ」と呼んだりしています。そのことで、彼らのプライバシーを守っているんです(名誉毀損スレスレですが)。テクニカルイラストの達人・アホのイナバもプライバシーを守らなければ池無いいけないひとりだ。イナバ君をブログに...マカフジミ

  • 牛乳と坊主と亀と

    最近、牛乳をよく飲んでいる。1日1リットル。牛乳が余っているという報道を真に受けて、ここ3ヶ月ほど毎日飲んでいる。その効果だと思いたいが、身長が0.2ミリ高くなった。179.7が179.9になった。そんなの誤差の範囲内じゃないか、と言う夢のないお方。それは、正解かもしれない。しかし、大学時代の私は、180.5センチあったのですよ。それが、年を食ったら、8ミリ縮んでしまった。悔しいではありませんか。誤差の範囲だとしても、2ミリ野比のび太のは、嬉しい。私は、中学2年生までは、標準よりおチビさんだった。しかし、安心して構えていた。私の家系は、ほぼ標準身長のつまらない系譜だったが、私の祖父だけが明治37年生まれなのに、180センチあったのだ。当時男子の平均身長が160センチと言われていた時代に、20センチも高かった。大...牛乳と坊主と亀と

カテゴリー一覧
商用