searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

syou-anmakiさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
適当な紀行集
ブログURL
http://eiko-s.dreamlog.jp/
ブログ紹介文
地元中心に失われゆく風景を巡っています。にわか城巡り+貧乏一人旅備忘録。
更新頻度(1年)

64回 / 365日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2016/10/03

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、syou-anmakiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
syou-anmakiさん
ブログタイトル
適当な紀行集
更新頻度
64回 / 365日(平均1.2回/週)
読者になる
適当な紀行集

syou-anmakiさんの新着記事

1件〜30件

  • 冬の岐阜旅 下呂駅

    冬の岐阜旅 下呂駅編。旅3日目。駅に到着したときには、すでに真っ暗。この日は、花火大会があるようで、ちょっと賑やか。帰りの切符を先に買うことを勧める、アナウンスがあった。ホーム駅名標(げろ・Gero)駅前駅前のロータリーは、手入れの行き届いた庭園。温泉地らしく、

  • 冬の岐阜旅 飛騨一ノ宮駅

    冬の岐阜旅 飛騨一ノ宮駅編。旅3日目。ついに旅も終盤です。高山から名古屋方面に進み、飛騨小坂駅まで行きましたが、再び高山方面に進み、飛騨一ノ宮駅を目指します。列車は若干遅れたため、滞在は20分弱となりました。飛騨一ノ宮駅は、岐阜県高山市一ノ宮町にある、JR東

  • 冬の岐阜旅 飛騨小坂駅

    冬の岐阜旅 飛騨小坂駅編。飛騨小坂駅は、岐阜県下呂市にある、JR東海高山本線の駅。無人駅。ホーム駅名標(ひだおさか・Hida-osaka)"小"の字は、"お"と読むか"こ"と読むかで悩む。"しょう"という場合もあるね。別に、この字に限らないけど、地名は難しい。ホーム待合室駅舎と

  • 冬の岐阜旅 高山駅

    冬の岐阜旅 高山駅編。高山駅は、岐阜県高山市昭和町1丁目にある、JR東海高山本線の駅。飛騨地方の代表駅。今回の旅では、高山市内を拠点にして、あちこちに出かけている。だから、泊まったホテルも同じ場所。だけど、最初に降りたときには、すでに日が暮れていたことや、主

  • 冬の岐阜旅 高山の街をもうちょっとぶらり 飛騨国分寺の三重塔

    冬の岐阜旅 高山の街をもうちょっとぶらり 飛騨国分寺の三重塔編。旅3日目。駅に戻り、どこでお昼にしようか探しながら、ぶらっと散策。町中の商店街の一角にある飛騨国分寺。三重塔があるのだけど、アーケード街と言うこともあって、そこを歩いているときは、気がつきにく

  • 冬の岐阜旅 飛騨の里 合掌造り集落のテーマパークをぶらり

    冬の岐阜旅 飛騨の里 合掌造り集落のテーマパークをぶらり編。旅3日目。飛騨松倉城攻略後は、麓にある飛騨の里へ。白川郷行きのバスは臨時便が出るほどの盛況ぶりであったが、飛騨の里行き(さるぼぼバス・市内循環バス)は、かなり空いている。本物のと言うか、生きている集

  • 冬の岐阜旅 飛騨松倉城

    冬の岐阜旅 飛騨松倉城編。旅3日目の天気は、雪のち晴れ(予報は晴れ)。新穂高で雪を見るという目的は達成したけど、やはり12月の後半なので、雪の高山も見たい。その目的も果たせて満足です。だけど、凄く寒い。3日目の最初の目的地は、飛騨松倉城。さるぼぼバスと言う市

  • 冬の岐阜旅 新穂高ロープウェイで雪の……

    冬の岐阜旅 新穂高ロープウェイで雪の……編。旅2日目。高山市内では、大雨ではないが、傘が必要な冷たい雨。時間はあったはずなのに、写真を撮り忘れているバス乗り場(高山濃飛バスセンター(高山駅前))。かなりの混雑ぶりで、その大半が外国人と思われる。彼らの行先は白川

  • 冬の岐阜旅 高山古い街並みをぶらり

    冬の岐阜旅 高山古い街並みをぶらり編。今回の旅は、ちょっと細切れ観光。特に高山市内に関しては、時間の合間に回る感じであった。日本全国にある小京都。一応小京都としての定義があるようだが、飛騨高山は小京都の団体には属していないようだ。実際に規模からして、飛騨高

  • 冬の岐阜旅 飛騨 高山陣屋

    冬の岐阜旅 飛騨 高山陣屋編。旅2日目の天気は雨。(予報は曇り)。今回の旅のテーマは、雪が見たい。だけど、暖冬なのか温暖化なのか、よくわからないけど、雪ではなく雨。今回の旅も安定の雨となりました。高山の街は、ずいぶん昔に来たことがあるのだけど、当時は一人旅で

  • 冬の岐阜旅 上枝駅

    冬の岐阜旅 上枝駅上枝駅 岐阜県高山市下切町にある、JR東海、高山本線の駅。当時あった上枝村に由来する。現在は無人駅。ホーム駅名標(ほずえ・Hozue)どう見ても、難読駅。跨線橋こちらの跨線橋も、しっかり窓が塞がれている。雪国だから?残念ながら、跨線橋内部を撮り忘

  • 冬の岐阜旅 飛騨国府駅

    冬の岐阜旅 飛騨国府駅編。旅1日目のメイン観光はすでに終わり。早い。高山に向かう途中で、駅舎探訪です。飛騨国府駅 岐阜県高山市国府町広瀬町にある、JR東海、高山本線の駅。現在は無人駅となっている。ホーム駅名標(ひだこくふ・Hida-kokufu)駅舎と跨線橋駅舎跨線橋シ

  • 冬の岐阜旅 飛騨古川の街をぶらり

    冬の岐阜旅 飛騨古川の街をぶらり今旅最初の目的地は、飛騨古川の街を歩くこと。満員御礼? の、ワイドビュー飛騨号。その大半は高山で下車。入れ替わるように、乗り込んできたのだが、その大半は富山方面に向かうようで、飛騨古川に降りた人は、思いのほか少なかった。飛騨

  • 冬の岐阜旅 飛騨古川駅

    冬の岐阜旅 飛騨古川駅今旅の最初の目的地は飛騨古川。名古屋を定刻通り出発。指定席はほぼ満席の感じで出発。下呂駅で大勢降りるが、同じぐらい乗り込んできたので、ずっと満席状態。高山でも同じような感じであった。しかし、その大半が外国人といった感じで、日本の列車に

  • 冬の岐阜紀行 目次

    冬の岐阜旅 目次今回の目的地は、岐阜の北側。飛騨地方への旅。今旅の目的は、雪が見たい?奥飛騨は地元から遠いのだけど、それでも隣の県ではあるので、日帰りで行けないわけでもなく、過去にも何度か訪れている。だけど、一度も鉄道利用で行ったことがなく、いつも車であっ

  • 秋の福島・新潟旅 新潟の街をぶらり

    秋の福島・新潟旅 新潟の街をぶらり編。新発田駅から新潟駅へ移動。移動はきらきらうえつ。新発田駅から乗り込むと、ほぼ満席状態。指定券を購入していたので、座っての移動。ただ通路側なので、眺めはもう一つ。途中で、線路故障のアナウンスと共に、スローダウン。そのまま

  • 新潟駅の駅そば かき揚げそば

    新潟駅の駅そば かき揚げそば編。訪問したときは、駅工事中。工事フェンスに囲まれ、なんとなく人の流れに乗って移動。だから、どの辺りにあったのか、正直あまり覚えていない。そば うどん やなぎ庵駅万代口側にある駅そば屋。駅構内にあるが、改札外にある。店は、構内側と

  • 秋の福島・新潟旅 新発田 寺町をぶらり

    秋の福島・新潟旅 新発田 寺町をぶらり編。お城&庭園までの道中、ほんの少しだけど、街歩きも楽しんできました。城下町ではよくある光景だけど、ここも立派なお寺が並ぶ、寺町が。ぶらりかなり広々とした通り。道路と歩道が同じぐらいある? それは言い過ぎだけど、かなり

  • 秋の福島・新潟旅 新発田 清水園 旧新発田藩下屋敷庭園をぶらり

    秋の福島・新潟旅 新発田 清水園 旧新発田藩下屋敷庭園をぶらり編。天気予報では晴れだったはずなのに大雨に。だけど、太陽も出てくるという変な天気に翻弄され、傘を差したりしまったりしながら、街をぶらぶら。新発田城からだと、歩きで20分。距離にして2km弱。ちなみに新

  • 秋の福島・新潟旅 新発田城

    秋の福島・新潟旅 新発田城編。新発田駅前にある観光案内所で、マップをもらいながら、城への行き方を教えてもらう。この日、ハロウィンイベントやラーメン祭り? のようなイベントを行っていたようだが、観光案内所では、その説明はない。観光用ではなく、市民祭りなんです

  • 秋の福島・新潟旅 新発田駅

    秋の福島・新潟旅 新発田駅編。旅の3日目は、新潟から新発田へ。天気予報では晴れだったのだけど、実際には雨時々晴れといった感じであった。ホームJR特急 いなほ1号自由席で、乗った車両は乗車率2割程度? 自由席なので、すぐに移動すればよかったのだけど、すぐ隣のボ

  • 秋の福島・新潟旅 DLばんえつ物語 紅葉ハロウィントレイン号

    秋の福島・新潟旅 DLばんえつ物語 紅葉ハロウィントレイン号編。市内観光を終えて、会津若松駅に到着。ここから、ばんえつ物語に乗って、新潟を目指します。旅を計画していた段階でわかっていたが、SLが故障中。代走としてDL号が引っ張ります。DL号なので、グリーンが取れる

  • 会津若松駅の駅そば 天ぷらそば

    会津若松駅の駅そば 天ぷらそば編。 待合室会津駅構内にある待合室。その奥に、立ち食いそば屋があります。写真を撮っている場所から振り返ると、そこにはお土産屋が並びます。そば処 立ちあおい時計を見ての通り、朝食として利用です。立ち食い系のお店ですが、椅子席の方が

  • 秋の福島・新潟旅 会津の街をぶらり

    秋の福島・新潟旅 会津の街をぶらり編。ぶらり編というほど、歩いていないのですけどね。若松城から周遊バスに乗って、七日町で下車。そこから歩くことすぐにあるのが ↓ ここに到着したときには、ぱらついていた雨も上がります。阿弥陀寺 場所:福島県会津若松市七日町4ー

  • 秋の福島・新潟旅 会津若松城

    秋の福島・新潟旅 会津若松城編。この日の天気予報は、曇り時々雨。そして、予想通りの雨。車と違って、公共交通機関を利用する場合、傘の出し入れは面倒。雨の景色は嫌いではないけど、移動のことを考えると……。というわけで、雨がぱらつく若松城攻略です。攻城(たぶん)北

  • 秋の福島・新潟旅 会津若松 会津松平庭園 御薬園

    秋の福島・新潟旅 会津若松 会津松平庭園 御薬園。飯盛山から周遊バスに乗って、御薬園(おやくえん)へ。 庭園は、バス停からすぐなのですが、降りたところには、小さな看板だけなので、どっちに歩けばいいのか、ちょっとだけ迷う。御薬園 会津松平氏庭園。 江戸時代の大名

  • 秋の福島・新潟旅 会津若松 飯盛山をぶらり

    秋の福島・新潟旅 会津若松 飯盛山をぶらり編。会津若松駅から、循環バスを利用して、市内観光。最初の目的地は、飯盛山。赤べえ号市内循環バス。一日利用で600円。三回使えば元を取れる。循環は右回りと左回りがあり、もう一つはハイカラさん号。観光地定番のボンネット型バ

  • 秋の福島・新潟旅 会津若松駅

    秋の福島・新潟旅 会津若松駅編。 会津若松駅 福島県会津若松市駅前町にある、JR東日本の駅。磐越西線と、只見線が乗り入れている。ホーム跨線橋主要駅らしく広々としている。観光ポスター? も、きれいに並んでいますね。終端待機中ホーム赤べこなんだけど、看板には日本

  • 秋の福島・新潟旅 裏磐梯 五色沼をぶらり

    秋の福島・新潟旅 裏磐梯 五色沼をぶらり編。猪苗代駅からバスを利用して、五色沼入り口へ。バスはほぼ満席の状態で出発。運転手さんのアナウンスがなまっていて、旅気分を楽しむ。そのなまりが、観光ガイド風のなまりではなく、普段から使っていそうな話し方で、とてもよか

  • 秋の福島・新潟旅 猪苗代駅

    秋の福島・新潟旅 猪苗代駅編。郡山から猪苗代へは、磐越西線快速を利用。平日の昼間であったが、まずまずの賑わい。といっても、楽々座ることはできました。ホームホーム駅名標(いなわしろ・Inawashiro)きっぷ券売機きっぷ売場待合室待合室は、それなりに賑わっているが、売

カテゴリー一覧
商用