searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

ジェリーさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

夫・子との3人核家族プラス猫3匹。一人個人事業者を営んでいましたが、2019年に長年勤めた会社を夫がリタイアし、学生しながら一緒に仕事をすることになり、生活も緩やかに変化しました。(いや激変かな?)車で30分の距離に実家あり。2020.1月に母が他界しました。実家には父と障害のある弟が住んでいます。写真は自前とフリーが混在してます。

ブログタイトル
よしなしごと
ブログURL
http://gerald1965.seesaa.net/
ブログ紹介文
日記代わりの雑記帳です。
更新頻度(1年)

26回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2016/09/24

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ジェリーさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ジェリーさん
ブログタイトル
よしなしごと
更新頻度
26回 / 365日(平均0.5回/週)
読者になる
よしなしごと

ジェリーさんの新着記事

1件〜30件

  • イタリアン アジフライ 蕗味噌

    この外出自粛でお店の営業時間が軒並み変更されている。 昨日は夕方車で近くの大型スーパーに買い物に行ったら 営業時間は6時までとなっていてお店が閉まっていた。 ネットで営業時間をチェックしてから出かけるのが今は賢明のよう。 夕方6時で閉店だなんて私の子ども時代のようだけれど でも考えようによっては、それはそれで良いこともあるのかもしれない。 本当にそんなに遅くまで もしくは24時間営業する必要…

  • 父の断捨離

    最近、父が自宅をかたずけ出した。 そもそものはじまりは介護保険で借りていた 母使用のベッドや健康器具を引き取ってもらったのが発端で その後父では使い方もわからないような台所回りのあれこれや 多すぎてもてあましていた寝具類など 堰を切ったように断捨離しだした。 で、母の身に着けていた遺品は自分では判別が難しいから私に頼む と父から言われ そういった類のものは一室にまとめて置いてあり 最近は実家…

  • 新入り猫リコのこと ②

    今年は桜を見ても心が弾まない日々だった。 9年前の震災があった年もちょうどこんなだっただろうか? 喜びを感じることになんとなく罪悪感を覚え ただただ ピンク色に染まった桜並木の下を 美しいと思いつつ 感情を押し殺して 無感動で通り過ぎているここ数日。 お花見する人も全くと言ってよいほど見かけなかったけれど 満開お花見日和の今日は  流石にちらほらとカメラ片手に桜見物している人の姿があって こ…

  • 1年前

    今日は3月31日。 年度末。 1年前のこの日の気持ちは今でも忘れないけれど まさかこんなふうに世の中が変わっているとは あのときは想像できなかった。 というか ほんの2か月前までは ここまでのことは予測できなかった。 恐らくほとんどの人が。 昨日は半年前から計画されていたミニ同窓会を延期しようと旧友から連絡が来た。 やっぱり無理かな とは思っていたけれど なかなか決断する踏ん切りはつ…

  • 不要不急とは?

    都の非常事態宣言2日目 近隣自治体にも都と同様の対応が首長から出されているけれど 不要不急の外出は避けるとはいったいどこまでを言うのだろう。 都知事によればその判断は  要は、(その外出が)その日でないと駄目なことがあるかどうか ということだったけれど そうなるとウォーキングなんかはどうなるのか? 別の知事によれば「自粛の対象ではない」として、 散歩や子どもの公園での遊びを挙げたというけれど …

  • 新入猫リーコのこと ①

    我が家の一員となった3匹目の猫リコは 一昨年生まれた真っ白な母猫の初子で一人っ子だった。 昨年9月下旬から10月初旬頃だったと思う。 やっと暑さが薄らいできて金木犀が香るくらいの頃 とある昼下がりに外の空気を吸おうと庭続きの窓を開けると  見覚えのある白猫が飛び出してきてしきりにミーミー と私に訴えかけ その後ぱっと姿を消した。 あっ あの子 去年産まれた白猫ちゃんだわ。 最近見かけなかったけ…

  • おんなじ気持ち

    母の四十九日も無事終了して納骨も済ませ 昨日は初めての墓参りに行ってきた。 初の墓参りは あてにしていたお寺の無人販売所の仏花はあいにく切れていたし 数珠も線香も忘れてしまい 不手際だらけだったけれど でも来れてよかったと思った。 実家の墓所はお墓不足が話題になった頃に慌てて母が探してきた場所。 とにかく実家から近いということが決め手だったらしい。 年齢的なことや男女別平均寿命のことなどを考…

  • 馬酔木にかぶれる?

    原因のわからぬ体調不良というのは 普段でも気になるものだけど 今のこの時期は特に得体の知れない不安や警戒心を抱く。 実はこの1週間くらい 左肩甲骨の下あたりの痛みに悩まされていた。 今はネットで気軽に調べられる時代なので 肩甲骨 下側 痛み などで検索してみたところ ずらりと恐ろし気な病名や疑いなどが出てきて これまでなら 寝て直す主義という名目のもと放置していたのだけど 新型コロナ然り …

  • 葬儀前後の覚書

    しきたりなどをちゃんと理解できない弟が それでもきちんと母と最期の別れをできるよう 葬儀はごく内輪で行おうと以前から決めていた。 でも逆に決まっていたのはそれくらい。 だから 病院で母が亡くなりその数十分後には 葬儀場はどちらへ? それともいったん自宅に戻りますか? と聞かれても返答に窮した。 長く入院して覚悟があるならまだしも  その日のうちに元気になって連れて帰るくらいの軽い気持ちで行…

  • 時の不可逆性を倦む

    母がいなくなってから気が付くとひと月が経とうとしている。 もう決して現実の世界では母に会うことが出来ないという 時間の不可逆性という残酷な事実に ときに胸が苦しくなることもあるけれど あの日の衝撃は着実に遠くなっている。 この間長かったような  短かったような

  • ありがたきもの

    母が亡くなってからずっと眠りの浅い日がつづいていたけれど 一作日あたりから睡眠時間が増えた。 眠れるようになったことは 50過ぎの若くない肉体にとってはありがたかったけれど それだけ母がいなくなったことに心が慣れていってるあかしなのかと思うと やはりどこか寂しい。 仕事のストレスが少し和らいだということもあるのだろうと思う。 思えば母が亡くなった日も 夜、自宅に戻ってから頭の中が真っ白にな…

  • 部屋とアルバムと猫

    家の中が散らかったままの状態が続いている。 原因は二つ。 一つは 葬儀の準備のため 実家から預かってきた母お手製のアルバム十数冊が 用が済んでももとあったところに戻されずに 行き場なく、いくつかの段ボール箱に無造作に入れられて 狭いリビングや廊下に置きっぱなしの状態であるため。 空いた時間に ふと手に取って適当にアルバムを開くと そこには古色蒼然とした風景や人物のスナップ写真に 母の流麗な…

  • 突然のお別れ

    先月 母が急逝した。 明け方、お腹を壊したみたいだけど ちょっと息も苦しいから念のため救急車を呼ぶと父から連絡があり 病院に運ばれ容態急変で緊急手術となり そのまま帰らぬ人となった。 酸素マスクがついていてちゃんとしゃべることはままならなかったけれど それでも遠のく意識の中で一瞬しっかりと家族の手をそれぞれ握りしめ 目をみつめながら言葉にならない沢山のことを伝えて 手術室に入っていった母が …

  • メインテナンス完了

    恐ろしや。 11月も今日で終わりだそうです。 今年は夫が長年勤めていた会社を辞めて 一緒に仕事をするようになって いろんなことで生活激変したけれど その一つに家族の健康管理というのがある。 今まで全く時間的にも精神的にも余裕がなくて 自分の健康診断みたいなたぐいのものはすっ飛ばしてきたけれど 夫がスケジュール管理してくれて 検診の予約を入れてくれて  受診して メインテナンスして と一連のこ…

  • 近所に紅葉狩り

    ふと思い立ち、両親と弟を連れて 実家近くの公園に紅葉狩りに行ってきた。 とはいえここらあたりはまだ紅葉には早すぎた感じで 紅葉狩りというより森林浴と言った趣だったけど 朝の時点では雨だと思っていたのに見事な快晴となり 澄んだ空気が気持ちよく木漏れ日が眩しかった。 こんな時間を取れたのは久しぶり。 私のこのところの仕事の忙しさもあるけれど 実は両親(特に母)もデイサービスだの 訪問看護だの病…

  • 嵐を前に去っていったもの

    大型台風直撃とのことで、週末の予定は大狂い。 企画していたピアグループでの小さなイベントも 会場側が休館ということでお流れとなった。 残念だけど、経験不測の私たちのようなグループでは 中止の踏ん切りがつかないところもあったので 受け皿となる会場が休館としてくれてよかったのだと思う(ことにしよう) ほとぼりがさめないうちに再企画をしなければ! *************************…

  • 古色蒼然とした料理本たち 丹羽文雄さん ゆかりの方々の料理本と 嫌がらせの年齢と

    去年、読書目標など立てて これからはコンスタントに冊数重ねていけるだろうとたかを括っていたのだけれど 予定外の生活激変により本を読む時間と気持ちの余裕がなくなって 年も3分の2が過ぎたというのに今年の読書はあまり進んでいなかった。 趣味の時間は後回しと言ったところ。 そんな中、今月はちょっと本のページをめくる楽しみを持てた月だった。 生活が少し落ち着いてきたということもあるし アルツハイマー…

  • こっそり秋が

    8月のつもりでいたのに いつの間にか9月になっていた。 今年ももう3分の2経過です なんて  テレビのアナウンサーが告げているのを聴いて いつもやらなければならないことに追いかけられている分 ちょっとドキッとした。 秋の風が忍び寄っているのは ここ1週間ぐらいの朝の風から感じてはいたのだけど。 先週は健康診断に行ってきた。 妊婦検診以来! 大分いろいろ年相応のガタが来ていた。 消化器系は…

  • ご縁って不思議(美味しい料理とSNSが繋ぐもの)

    今年のお盆は特にどこに行く予定もなかったけれど 隠れ家レストランで食事する機会があった。 普段は飲兵衛の集まりを自認する女子(?)グループで たまに集まり昼から飲み会 というのが定番なのだけど たまにはおしゃれにフレンチも良いね ということで メンバーの一人が職場の近くで見つけたというそのお店へ。 休日都内の昼下がり。 お盆の最中でもあるからか人影はまばら。 メイン通りを少し脇に入ったと…

  • ある節目

    アルツハイマー型認知症を長いこと患っていた親戚が先日亡くなった。 闘病生活は15年弱。 周りの人達にとっては同じ年月の介護生活だった。 この病にかかった人の平均余命をはるかに超えていたのは ひとえに周りの献身的な介護のおかげだと思う。 整った環境と体力も気力 それにお金も 相当なければできなかったことだった。 自分で意思表示できなくなってどれくらいだっただろうか。 意思表示できなくなって…

  • ピンクの電卓

    電卓を久々に買い替えた。 ひたすら使い続けて30年余。 本体のコーティングがはげてきてはいたけれど 基本的な性能も変わらずだったし なにより丈夫で壊れないということで愛用していた。 学生時代から使い続け、 受験をこの電卓で乗り切り 商売道具としても日々酷使してきたのだから 4半世紀以上前の1万円弱の投資の元は しっかり回収したと言ってよいかな。 最近、文字表示のところの字が一部分欠けてみえるよ…

  • 春にして君を離れ

    忙しい主婦には時間がない。 自分のことはいつも後回し。 生意気盛りの子どものしつけ 夢見がちでともすれば気の弱いところのある夫の操縦 家事に 社交に 夫の仕事のサポート 思い通りに行かない周りの人間を どうにかこうにか正しい道に導くことが自分の使命で 自分のことをあれこれ考える暇なんてありはしない でも ならば 自分が正しいと信じている価値観についての検証は? そんなこと 正しいものは…

  • 穴場カフェで

    10日ほど前、仕事でカフェを利用した。 プライバシーの問題があるので 基本的には仕事にはもっと密閉性が保たれた場所を使うのだけど このときはやむを得ずの諸般の事情があって 繁華な地域にあって穴場的に静かな雰囲気のそのカフェを利用した。 ビジネスで利用している人はいなかったけれど 細かい字の書類を見るのにも不都合ないガラス張りの店内の明るさは〇だったし お値段はいたって普通の価格設定のわりに 高…

  • あっという間の6月

    いつの間にか6月になっていた。 時がたつのが相変わらず早い早い。 ブログを書かなかった間に 平成から令和と時代は移り 夫が仕事を辞めて私の仕事を手伝うようになり いろんな仕事が舞い込んで、、、 仕事以外でも目まぐるしく変化があり と日々いろんなことがあった。 やるべき仕事をこなしているといつの間にか昼になり そして夜となり 寝ると又朝になって一日が始まり また仕事と 、、、、 そんな繰り返…

  • 桜見物

    今年は花見の時期が長い。 ということはそれだけ花見のチャンスがあるということ。 おかげで昨夜は息子と一緒に夜桜見物にも出かけた。 こんなことは久々。 というか初めてだったかも。 川沿いの桜並木の遊歩道には屋台が立ち 伝統の定番 お好み焼きやたこ焼きの他 シシカバブだのチーズハットグだのが並び賑やかだった。 桜の花の何がそんなに嬉しいのか と思うほど この時期世の中は浮かれているものなのだ…

  • 新年度スタートの1週間

    新入社員を迎えての新年度スタート。 あっという間の1週間だった。 事前の契約(口約束?)で 主導権は私にあって基本的には業務上のことは従う ということだったけど 私自身、組織に属して働くということが20年以上なく ずっと我流であたふたとやってきたということもあり たとえ二人であっても 自分以外の人と働くというのは久々なので 事務処理上もしくは 組織として大事なことは 教えてもらえば取り入れたい …

  • 旅立ちの日

    花冷えの昨日は 夫が30年以上勤めた会社の最後の出勤日だった。 今月末をもって正式退職ということで 今日も最後の残務で会社に出かけて行ったけど 恐らくそれが終われば来週からは出勤することはない。 早期リタイアの選択。 4月からは大学院生と私の仕事を手伝うこととなっている。 2足のわらじのどちらが本命なのかは 人により というか立場により受け止め方がさまざまなようだけれど 私としては 両方を彼…

  • 脂汗かいた1週間(まだ土曜日があるけれど)

    やっと金曜日が終わった。 長い長い1週間だった。 今週は月曜から木曜まで出ずっぱりのタイトな予定、、、 というのはもともとわかっていたことなのだけど 疲れが取れていない状態で迎えた週明け 月曜日からどこか体が重かった。 こんな調子で大丈夫かな という不安もありつつ でもまぁ いったん動き出せばどうにかなるだろうと思っていたけれど なんだかだるさが消えないまま 胃のあたりがむかむかする 食欲…

  • 春の浜辺で  in サザンビーチ

    ひと月以上にわたる繁忙期をやっと終え やらなくてはいけないことはいまだ山積みながら 気分的にはちょっと一息ついた感じ。 忙しがっているのは能力ないって言ってるようなもの まっ 確かにそうかも。 私は基本的にそんなに優秀な人間ではないから。 わかっちゃいるけどいつの間にか自分のキャパ以上のものを抱え込んでしまっている現在。 仕事を減らすか、 人を増やすか…

  • 名医発見

    何度か書いているけれど成人して以来、医者嫌いを貫いている頑固者の私。 今年に入ってから既に2度ほど、風邪っぽいものを発症したけれど 知人の医師に現在の状況をちらっと電話で話し 多分インフルエンザではないと思う との言質を取り? その印籠をかざして、一般的な風邪薬を服用してやりすごし 家族には呆れられた実績あり。 (その医師からもあんないい加減な電話だけでは心もとないから 具合悪かったらちゃんと…

カテゴリー一覧
商用