searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

1件〜100件

  • ヒマワリの花

    朝方は雷に俄雨。午後は、少々のヤボ用をやっつけていたら、自転車走は、夕方近くになってしまった。堤防道路に上ると、青空も覗きだした。上塚橋に乗らずに矢作川右岸を遡りだしたら、おや、堤防下の1kmほどがベルト状にヒマワリが咲いていた。えっつ、蓮池も未だ回りきっていないのに、もう、ヒマワリだ。そして、先日、UPした西瓜畑の対面でもヒマワリが。嬉しいことに、このところ綺麗な花に追い立てられている。健康の源は、綺麗な花を見て廻ることかも。走行データD:25.65T:1.33.46A:16.4M:31.5O:121950.94上塚橋近くの堤防下で、毎年、ボランティアの人達がヒマワリの花を咲かせている。夕方近くにここを走ったら、青空が広がり、もうヒマワリの花が咲いていた。先日、蓮の開花に驚いたばかりなのに、もう、ヒマワ...ヒマワリの花

  • 3坪農園ジャングル状態

    ヤボ用が終ったのが14時近く。太陽カンカンだったので、今日は臨時休足日にしてしまった。日が傾きだしてから、3坪農園へ、水やり兼収穫に出掛けた。今年は、最初、キュウリが豊作だったが、今はピーマンだ。そしてソロソロミニトマトになる。無農薬でも、前二つは虫食いも無く採れているが、ミニトマトは、実が赤くなる頃、テントウムシくらいの虫がゾロゾロ。それぞれの野菜が伸びて来たのでジャングル状態になってきた。風通しが悪いのが虫達には嬉しい環境なんだろう。更にゴーヤも蔓が伸びてきた。雑木林も含めて3坪農園全体がジャングル状態。休足日の定番、午後遅く、3坪農園へ水やり兼収穫に出掛けた。この暑さで野菜もドンドン大きくなり、畑周りの雑木林も含めて、チョットしたジャングル状態。その雑木の一つ、柿の木に、沢山の実が付いた。毎年の事な...3坪農園ジャングル状態

  • 白山神社のご神木は何処?

    2・3年前、テレビでフクロウの生態映像を見た。大きな木の洞での子育ての様子だったような。ジジの子供の頃は、海岸に近いオラガ村でも、夜、フクロウの声を聴いたものだ。ということで、枝垂れ桜の源空院対面の白山神社のご神木の洞に目を付けた。何度も通えばひょっとしてフクロウに会えるかと思ったが、氏子さんの話では、「ここには居ない」だった。以後、寄ってなかったが、今日、源空院入口のお地蔵さんを撮ったついでに、何気にに神社に寄ったら、「無い!。あの大きなご神木が」。多分、枯れてしまったのだろう。大きな切り株だけが残っていた。ジジが自転車を始めてから勝手に決めた名木も、1号・栴檀、4号・大松、5号ニセアカシアが伐り倒された。大木は人間より遥かに長生きで、何時までも生きているものと思っていた。が、案外そうでもなさそうだ。そ...白山神社のご神木は何処?

  • 無我苑竹藪下の蓮池

    先日、雨を心配して、近場廻りした時、水辺公園の蓮池で大きな蓮の花を見掛けた。もう、蓮の花がと驚き、早速blogアップした。そのコメントに「ならば、無我苑竹藪下の蓮池はどうだろう」と書き込んで下さった人が居た。あの日、ジジも一瞬その蓮池が頭を過ぎったが、綺麗な蓮の花を見つけた嬉しさで、大急ぎで家に帰り、blogアップした。今日は、時間もあったので両蓮池をジックリ見て廻った。水辺公園の開花は更に進み、花は大きく、正にピーク。藪下の蓮池は、全体的には少し早すぎだが、奥の方は結構咲いていた。此方の花は、濃いピンクで、大きさも普通の蓮の花だ。池全体が自然風で、里池と言うに相応しい。他の蓮池もソロソロではないだろうか。走行データD:26.04T:1.41.21A:15.4M:34.3O:121899.7水辺公園の蓮の...無我苑竹藪下の蓮池

  • かかとの水膨れ

    今朝は典型的な梅雨空で、今にも降ってきそう。で、ヤボ用もないので、普段なら乗り出しているところだが、今日は、残念ながら臨時休足日です。左足くるぶしの下が虫刺されなのか、水膨れが大きくなり、靴のかかとに擦れるようになった。自転車用の靴は、きっちり足に合わせるので、ペダルを踏み込む足の逆の足はペダルを靴のかかとで引上げている。自転車屋のお兄さんに教えて貰った乗り方だが、これだと水膨れがもろに靴のかかとに当る。残念ながら臨時休足日。それにしても、蚊に刺された程度でも、老人になると、抵抗力がなくなり酷いことになる。若いカモシカのような脚なら、写真で紹介できるが、ジジの足では・・。と言うことで、写真は無し。明日は走れるかな。かかとの水膨れ

  • 雨に降られて

    午前中は保つ積りだったので、走行途中、雨の前に3坪農園に寄り、野菜を収穫しようと考えた。思惑通り、キュウリ3本り、コドモピーマンとミニトマトを収穫して、前バックに入れ、さら走ろうとしたら、スピードメーターのガラスに雨粒が・・。慌てて帰って来た。今日の絵がないので、昨日、撮った海釣り公園、港南緑地とスケボーパークをアップします。平日にもかかわらず賑わっていました。これからこんな日が多くなりそう。走行データD:10.48T:0.41.22A:15.2M:24.1O:121873.66港南緑地時計台の下で一休み緑の芝生に、サッカーのゴールキーパー(?)を模った人形が立ちはだかっていました。スケボーパークや釣り広場は、週日にもかかわらず賑わっていました。これらの写真は、昨日撮ったものです。今日は10km走った所で...雨に降られて

  • 干拓の西瓜畑

    ジジの日課の自転車コースは、25-30kmと近場周りだが、1コースずつ開拓してきた。今では7~8コースを時間や天候や目指す獲物等を考慮して、走り分けている。道路は基本的に、自転車道や車通りの少ない比較的広い所を選んでいる。が、偶には、何時もの自転車コースを外れて干拓農道を彼方此方走り回ったり、特産野菜の出来具合を何気に見て走ることもある。偶々、今日は、中球ゴロゴロの西瓜畑に行き当たった。ここのスイカは甘いと評判だ。自販機売りだったような。走行データD:27.01T:1.40.52A:16.0M:36.9O:121863.18通常コースを外れて、干拓農道を走り回っていたら、堤防下の西瓜畑に出た。畑横の堤防にはアザミの花が、、。。スイカはゴロゴロとなっていて、ここのスイカは甘いと評判。中玉西瓜です。自動販売向...干拓の西瓜畑

  • 生き物ふれあいの里

    久し振りに「西尾市いきものふれあいの里」へ出掛けました。鳥の姿は見えないだろうが、声だけなら聞こえるだろう。それにオールグリーンの中をゆっくり歩けば、心身共にリフレッシュするだろうし、何らかの生き物にも出会うだろう。鳥に触れ合えずとも、他に触れ合った生き物は、全て写真に撮ってみょう。日頃、その気で見てないので、こうして写真にすると、身近に沢山の生き物が居るのが分る。走行データD:25.79T:1.33.07A:16.6M:35.1O:121836.17生き物ふれあいの里入口の坂路を上ると、田圃の向こうに広がる里山の緑が目に飛び込んでくる。小草池の水位も上がり、緑色に光って見える。シオカラトンボが何度も飛び立つが、又、同じ位置に帰って止る。トカゲかカナヘビか、幼虫を見つけてぱくり小さいが奇ベニシジミ蝶がハル...生き物ふれあいの里

  • 水辺公園の蓮

    昨日の思わぬ緊急休足日は、痛かった。今日は是が非でも走らねば。朝から霧雨の止むのを待ったが、定刻になってもシトシト。結局、1時間遅れのスタートとなった。時間的にも詰まっているし、雨も心配と言うことで、極近場周りの水辺公園に向った。最初は市民病院側の公園、次いで応仁寺側の公園を廻った。と、蓮池に差し掛かったら、ナ、ナ、何と、大きな蓮の花が咲いていた。花菖蒲が終ったと思ったら、もう、蓮の花です。ピークには、後、少しだが、花も蕾も見頃、撮り頃でした。走行データD:22.25T:1.31.22A:14.6M:27.4O:121810.38時間と雨を心配して、極近場周りとしました。先ずは、市民病院側の水辺公園へ。次いで、応仁寺側の水辺公園へ寄り、蓮池の横へ出たら、ナ、ナ、何と、蓮の花が・・。お隣の花菖蒲園で、菖蒲の...水辺公園の蓮

  • 社員の愚痴川柳20首

    梅雨入りの6月は、雨の止み間を縫って走れる時に走っているが、月前半のお天気は、降りそうで降らず、そこそこ走ることが出来た。その替り、思わぬアクシデントでの休足日がチョコチョコ。今日もそんな日だった。そのアクシデントをやり過ごしてpc叩いていたら、定年後、人財研究所なるものを立ち上げた友人から、メルマガ風のメールが届いた。曰く、<社員の愚痴川柳20首>。「コクもなくキレもない部下なぜかドライ」「高齢化十年たってもまだ若手」等々。アクシデント休足日も遠い昔の現役時代を想い出して苦笑い。休足日で絵がありません。色着けに先日撮ったホオジロをアップします。社員の愚痴川柳20首

  • 梅雨時の干拓走

    天気予報のお姉さんによれば、今日の降水確率は10%で傘は不要とのことだった。ならば走れるぞ、と、自転車を漕ぎ出した。が、何時もの堤防に取り付くまでの田園風景が如何にも怪しい。大きな畑2・3枚向こうは薄く霞み、ベールの中。何時降ってきてもおかしくない雰囲気だ。降ったら逃げる体制で注意しながら走り、結局、降られずに海まで行き着いた。矢張りお姉さんは正しかった。これから梅雨明けまで、こんな走りが続くのだろう。走行データD:31.12T:1.56.58A:15.9M:32.9O:121788.13お天気お姉さんの予報では、降水確率10%で傘の心配は不要とのことだった。しかし、走り出しから空模様が怪しい雰囲気だったので、暫く堤防道路に乗らずに近場の農道を走った。トウモロコシは、収穫直前。鳥対策でテグス糸が一本張って...梅雨時の干拓走

  • 休足日2日目

    梅雨らしいお天気が続き、ジジは今日も休足日です。昨日は、撮り溜めた写真を整理して、生け垣のノイバラをアップしたので、今日は、写真の整理も畑仕事もない。やることと言えば、机周りの片付けと、テレビのお守りだ。日常の生活サイクルの中で見るテレビは、朝ドラ、心旅、大喜利、ポツンと一軒家くらいだが、ポカンと空いた1日となると、さて、何を見る。BSでもとスイッチオン。飛び出してくるのは、全てがウクライナの戦場風景。しかも、同じような映像はもう、3か月以上も続いている。長引けば犠牲者は増えるばかりだ。そんなことは遠くにいても分るのだが、終結方法は???。休足日2日目

  • ノイバラの生け垣

    この雨の時期、ジジのブログに年一で登場するのが、我が家のノイバラの生け垣です。矢作川の河原に咲くノイバラは、既に散ってしまったが、我が家の花は、都合良く、梅雨入りでジジの休足日が続く頃がピークになる。花の命は短くて、この1週間は、ジジババ共に花を観たり、ブログネタにしたりチヤホヤ。あとの残りの1年間は、棘が引っ掛かるとか、落ち葉が面倒とか言いながら、邪険な扱い。せめて秋には、確り選定して形を整えようか。自転車コースの矢作川河原のノイバラは、既に散ってしまった。が、家の生け垣のノイバラは、毎年、梅雨入り頃から花が咲き始める。去年の秋の選定を手抜きしたので、生け垣の形が山形になってしまった。言い訳だが花が咲けば、山形も悪くないかな・・・。ノイバラの花の命は短くて、1w程で散り出す。なので、花が咲き出すと、ジジ...ノイバラの生け垣

  • 久し振りに鳥見

    近くの海岸では、夏・冬鳥共、見掛けなくなったので、鳥見のブログを書かなくなって久しい。森に行けば、夏の陸鳥は、居るだろうが、葉隠れの術に阻まれてジジの手に負えない。それでも冬あれだけ毎日鳥を追っかけていたのだから、偶には、鳥に会いたくなる。そんな時は、養魚池を含む高浜・小垣江海岸を走れば、何かが居るはず。と言うことで、あっ、居ましたよ、オオヨシキリが、葦の穂先に。そして、養魚池ではセイタカシギ3羽。最後は。高浜海岸で居残りオナガガモ。そして、大干潮だから分ったのだが、波除け堤防の下は、海の底から持ち上がっていて、海水が内外行き来出来るようになっているのを初めて見た。どんな意味があるのだろう。走行データD:28.46T:1.55.20A:14.8M:25.7O:121757.01刈谷方面の海岸を廻る時は、往...久し振りに鳥見

  • 名木候補

    関東方面では、大荒れの天気のようだが、この地方は、カラッとした晴れ。気持ちが良いので、堤防道路をドンドン遡り、ペンキ塗り立ての志貴野橋を通り越して、小川橋まで走りました。橋の下に、この辺りで2番目に大きい中楠木を見て橋を渡りきり、道の駅経由で帰って来ました。道中、民家(?)の大きな屋敷に、背丈の高い庭木を見付けました。家の屋根より遥かに高いので、可成りの樹齢だろう。名木候補にと頭を過ぎったが、民家だったら迷惑だろう。遠くからパチリ。楠木ではない。クロガネモチか。走行データD:27.57T:1.46.59A:15.4M:35.1O:121728.55お天気はカラッとした晴れ。気持ちが良いので堤防道路をドンドン遡りました。赤ペンキ塗り立ての志貴野橋は青空をバックに輪郭がクッキリ。更に走って小川橋まで。この橋を...名木候補

  • 蛤、ドッサリコ

    昨日、碧南側の堤防を走ったので、今日は西尾市側の堤防です。降ってきたら直ぐ帰れるように近場廻りです。矢作川大橋下では、家族で蜆採りを楽しんで居る風景が見られました。ジジが走る時間帯は、皆、河口や海の浅瀬で、ジャリジャリ貝獲りに夢中。そんな中、一人だけバケツを持って海から上がってくるおじさんに会いました。バケツの中は、大中小の蛤、ドッサリコ。「採れましたね」と声を掛けると、食べるだけ獲りに来ているが獲れすぎた。アサリが食べたいが、蛤ばかり。と贅沢なことを。そう言えば、先日、ブログで奇麗な蛤を拝見したばかりだ。走行データD:29.37T:1.50.35A:15.9M:30.7O:121700.98今日は西尾市側堤防道路を走りました。矢作川大橋下辺りでは、家族で蜆採りを楽しむ風景が見られました。火力発電所近くで...蛤、ドッサリコ

  • 松の苗木植林

    又々、ピーカン照り。ジジのブログは、今日降る、明日降ると、梅雨を待ち構えていたが、これら全てが「降る・降る詐欺」だったことになる。晴天は嬉しい事ではあるが、予想外れで凹む。で、今日の晴れは、矢作川右岸を海まで走り、海岸内回りの松並木道路へ入った。約1.5kmの松並木の下草が奇麗に刈られているので、松の木の歯抜けの部分が目に付く。その歯抜けを埋めるように松の苗木が植林されていた。又、並木の全てに名札が取付けられていた。市か県かボランティアか、昔から誰かがこうして手入れを続けているお陰で並木は保たれているのだろう。その意味で、この並木は地域の貴重な財産だ。ジジが勝手に決める名木候補に入れるとしよう。走行データD:28.54T:1.49.37A:15.6M:30.4O:121671.61ジジの予想に反して今日も...松の苗木植林

  • たんトピアのハーブ園

    晴れた日は出来るだけ走っておく。今日からは、梅雨絡みの曇り時々雨の予定だったので、ヤボ用は雨の日にと、後延しに延して、今日実施することにしていた。が、なんと朝からピーカン照り。こんな事なら、ヤボ用をもう1日後延ししておけば良かった。後の祭り。車で走り回っただけで、何とも色気のない1日になった。そんなわけで、ブログの写真は、先日、強風の日に寄った「たんトピアのハーブ園」の花々です。名前に馴染みが無い。以前にも、ここの花は紹介したが、あの時より更に沢山の花が咲き出した。ベンチに座って花を眺めるも、ハーブの名前はサッパリ。ハーブ園の空気は爽やか。これはゼニアオイか。タチアオイのように背丈が高い。これはセージか。これは、花か葉っぱか・・。ハーブは、花も名前も馴染みが薄いが、今からでも少しずつ覚えていきたいものだ。たんトピアのハーブ園

  • 花の寺安泰寺の紫陽花

    梅雨入り前の晴天は今日までだ。昨日も晴れだったが、洗濯物が飛ばされるほどの強風だったので、今日の「晴れ・微風」は、貴重だ。こんな日は、何時ものコースを外れて、チョットだけ遠出してみるのもよい。久し振りに幡豆の花の寺・安泰寺まで一っ走りしてみた。お~、さすが、花の寺。紫陽花が見頃でした。このお寺は、裏山を借景に、緑の中に佇む絶好のロケーションです。紫陽花は額紫陽花が主で、山盛りの紫陽花と言うより、植栽位置と種類が選定されているようで、むさ苦しいジジが言うのも変だが、品の良い花の寺風景でした。走行データD:37.20T:2.02.54A:18.1M:33.2O:121643.07安泰寺は裏山を借景にして緑一色に包まれていました。門柱を1歩入ると、両側の紫陽花は丁度良い咲き具合で参拝者を迎えてくれます。坂路を漕...花の寺安泰寺の紫陽花

  • 梅雨入り前の貴重な青空

    関東方面は梅雨入りしたようだ。この地方の天気予報は、今日・明日と晴れマークだが強風。それ以降は、曇りマークがズラリ。洗濯物の乾きを心配するお母さんにも、走れるか心配するジジにも貴重な2日間だ。と言うことでジジは、海岸風避けコース目掛けて自転車を漕ぎ出した。風避けトンネルに着くまでの6kmは、干拓の農道を走る。と、トウモロコシ畑を守る猛禽カイトが青空バックに右に左に。紫蘇畑の向こうの白雲の流れが速い。そして松並木下の小川は空の色を映して青。で、やっと防風道路に入って、たんトピアのハーブガーデンで一休み。大浜漁港経由で帰って来ました。結局、青い空だけを見ながらのコース一周でした。さて、お母さん達の洗濯物は飛ばされなかっただろうか。走行データD:25.86T:1.46.08A:14.6M:25.0O:12160...梅雨入り前の貴重な青空

  • とこなめ招き猫通り

    焼き物の町・常滑の駅近くに招き猫通りが有る。道路に面したコンクリート壁に、焼き物作家さん達が腕によりを掛けて作った招き猫が等間隔にズラリと取付けられている。それぞれの猫は、それぞれの願いを込めて、作家さんの感性で表現してある。何時もは自転車で通り過ぎるだけだが、この日は時間も有ったのでじっくり見て歩いた。無病息災を願うスーパーマン猫やら、健康長寿祈願猫やら、見ているとニヤリとする猫やら。さて、以下4匹の猫像はどんな願いを込めてつくられているでしょう。今日は雨の休足日。写真整理しながら猫ブログを書いた。焼き物の町常滑駅近くに「とこなめ招き猫通り」が有る。有名作家さんの猫作品が通り沿いの壁にズラリと掲げられている。それぞれお願いを込めた猫像だ。例えば、この猫は、無病息災祈願のスーパーマン猫だ。此方の猫は、健康...とこなめ招き猫通り

  • 近場のあじさい寺

    今日は知多一後のリハビリ走行だから、「近場をユックリと」と考えていたら、猫様のあじさいブログを思い出した。そこで、ジジは、近場のあじさい寺を覗いて見ることに。水辺公園から少し上がった所の長福寺だ。寺は無住なので、建物もあじさいも、村人が皆で守っている。手作り感が溢れていて良い感じ。今日も、お世話役さん達が、あじさい祭りの幟旗立て、看板掛け等和気藹々とやっていた。祭りは6/4~6/25で、12日(日)はお接待もあるよと教えてくれた。花は少し早かったが、傷みのない真っ新な姿を獲りたければ、今がチャンス。奇麗でした。走行データD:21.02T:1.25.47A:14.7M:26.6O:121580.01長福寺の山門に、あじさい祭りの看板が掛かりました。村でお世話するお寺なので、幟り立ても看板掛けも役員さん総出・...近場のあじさい寺

  • 知多一周

    毎年、海水浴の始まる前に知多一周100kmを走る。そして、遠乗りをすれば、毎回、目新しい物が目に入る。中部空港への飛行機の発着だったり、真白な豪華客船だったり、大きな魚に群がる沢山の鳶の食事風景だったり・・。で、今年の知多一のメーンは、自転車用小物入れです。お決まりの野間灯台で一服。小物入れからカロリーメートを出して、栄養補給していたら、飛行機が。慌てて小物入れをカメラに持ち替えて、モタモタ。そのまま出発してしまった。約30分走った所で小物入れを忘れたのに気が付いた。戻れば1時間のロス。まあ、無くて元々。有れば、大袈裟だが日本の良心に乾杯。と言うことで戻ってみた。ら、「有った!」。中身は大したものではないが、嬉しい気分。帰りの脚は軽い。走行データD:110.60T:6.26.35A:17.1M:42.4O...知多一周

  • 碧南花しょうぶまつり

    碧南3大花まつりの一つに、「油が淵の花しょうぶまつり」(5/28~6/12)が有ります。「3大」の文字が誇大宣伝にならなければ良いが。ともあれ、近場につき一っ走りしてきました。お~、祭り期間の中央だからか、中々奇麗に咲いていました。キッチンカーも出て、色ん催しもあるようです。道を隔てた応仁寺の花も奇麗です。まつり期間中だけ、金200円也で御朱印が貰えるとか。毎年早過ぎる花見をしているジジだが、今日は最高の時期に当りました。走行データD:26.22T:1.40.15A:15.7M:29.9O:121448.39油が淵横の花しょうぶ園は、しょうぶまつりの真っ最中です。週日につき、比較的年配の人々が多く、腰を下ろして静かに花見を楽しんでいました。白と紫の配色はおしゃれです。列ごとに色分けされた花が咲いています。...碧南花しょうぶまつり

  • パソコンOS、ソフトの変遷

    少し前から、PC画面に突然「windows11への切替え推奨」が現れる。InternetExplorer11のサポートが6月15日で終了とのことで、これ又、Edgeへの誘導画面が現れる。TeaーCupblogはGooblogへ移行して欲しいとか。どうした訳か、これらの変化が集中していて、このPC進化(?)、変遷の早さに着いていくのが大変。でも、ボチボチでも着いていかないとPCライフは楽しめない。ソロソロ、アジサイの季節。3坪農園で咲き出しました。パソコンOS、ソフトの変遷

  • 河原の葦

    さあ、走ろうかと思った矢先、ババは肩が痛いと言い出した。今更、四十肩・五十肩と言う歳でもないのに・・。取りあえず湿布張りの手伝いをして、自転車に跨がった。老人の身体は何時何が起こるか分らない。起こった都度手入れしていくしかない。月初めから、走りもゆっくり慎重になる。ユックリで見えて来たのは、アマ・プロの蜆獲り。そして、ハッと気が付いたのは河原の葦原。去年、枯れた葦をブルで踏みつぶした所だ。緑一色で清々しい風景。それに比べて、自然のままの葦原は緑の間に枯れた葦が残っている。この差は踏みつぶした効果だろうか。走行データD:28.57T:1.45.53A:16.2M:33.9O:121422.17出掛けに、ババの肩痛に付き合わされたお陰で、ジジまで走りに気を付けユックリとなった。で目に入ってきたのは蜆採りのアマ、プロ...河原の葦

  • 5月自転車走総括

    月末近くに急に暑くなり、日陰を求めて走ったが、全体的には風薫る自転車日和が続き、走行日数も25日と過去最高(?)かも。走行距離は、687.29kmと目安の500kmをかなりオーバーした。季節も良いので、この時期だけは、ジジババ共に痛いの痒いのと病気の話しはしなくて済んだのが幸いした。と言うことで、今月の走りは、自己評価で○印だったが、鳥撮りについては目新しい収穫は無し。只、例年通り、旅鳥達の顔を見ることが出来たので良しとします。で、今月の1枚は、只今、樹木医さんや皆さんの手当と、自己回復力でもって、青葉若葉を着け出した、樹齢300年の、ど根性枝垂れ桜です。5月自転車走総括

  • 哲学たいけん村・無我苑へ

    歩行者・自転車専用道は、今、緑のトンネル状態です。ここを通って無我苑まで走りました。哲学を体験しに行ったわけではなく、茶花野草苑の花を撮るのが目的です。茶花の定義は知らないが、ここの花は、皆、ケバケバしくないが、周りに埋没してしまわない芯の強さを感じます。一通り写真に納めたら、後は、抹茶を一服といきたいところだが、今日は生憎、月曜日で休園日だった。野草苑をもう一度廻って帰って来ました。走行データD:27.70T:-.--.--A:--.-M:28.7O:121393.60夏日の強い太陽を避けるため、緑のトンネル状態の自転車専用道路を走り、哲学たいけん村・無我苑の茶花野草苑に向いました。慎ましく木の下に咲いている、ヤマアジサイ。正に野草のムラサsキツユクサ。ホタルブクロにシモツケが咲いていました。シモツケを意外は...哲学たいけん村・無我苑へ

  • 暑い日は里山巡り

    梅雨入り前と言うのに、暑い日が続きます。昨日は海底トンネルで、500mの避暑気分だったが、今日は、緑滴る里山巡りです。行き先は、枝垂れ桜の宿縁寺と源空院です。例の樹木医が手当をしている宿縁寺の桜は、以前見た程度には葉っぱも繁り生命力を感じます。しかし、源空院まで来ると、生い茂った葉っぱが幾重にも重なり、明らかにその勢いが違います。早く復活してほしいものです。両寺への道中、河原の柳にやって来るコムラサキを追うおじさん達に遭遇。夏らしいですね。近くの河原では少年野球チームが日陰で休憩タイム、更に水田では親子で昆虫採集と、正に夏到来風景を見て帰りました。走行データD:26.20T:-.--.--A:14.4M:33.3O:121365.90暑い日です。緑陰を求めて、里山の麓の宿縁寺へ。樹木医が手当中の樹齢300年の枝...暑い日は里山巡り

  • 運河と蔵の町半田市へ

    矢作川を渡って隣町の西尾市を走るのは、毎日のことだから、取り立てて言うこともない。それとは逆方面の海を隔てた半田市に向うとなると、年2~3回のことだから、何となく遠くへ走った感がして新鮮な気分になる。距離的には両方面とも同じだが、子供の頃からの往き慣れた所と、そうでない所の差が、今に尾を引いているのだろう。町の佇まいも、黒壁の蔵が運河沿いに並んで、チョットした旅気分だ。何時もの水分補給は、ボトルから水だが、今日の場合は、スムージーなんか注文してしまった。往きは衣浦大橋、帰りは涼しい衣浦海底トンネルで。走行データD:27.10T:1.53.55A:14.2M:32.4O:121339.70衣浦大橋で海を渡り、ヨットハーバー横から、海岸沿いの工場間道路を走って、運河と蔵の町半田市の中心部へ。運河沿いの黒壁の向こうに...運河と蔵の町半田市へ

  • 昨夜の大雨

    ババは、朝起きるなり、昨夜の雨の酷さを説明しだした。ジジは大抵の場合、白河夜船だからだ。で、ババの言うことが本当なら、矢作川は濁流で水嵩が上がっている筈。我が家の目の前の中畑橋に上がって見ると、う~ん、確かに濁流で川幅が広い。一夜にしてこれだから、ババの説明も、まんざら大袈裟ではないか。さて、鳥達はと、堤防伝いに海まで走ると、潮の引きが良いのか河口は遠浅で、鳥達は何時も通り餌捕りに励み、おじさんは貝を獲っていた。まあ、一晩だけの豪雨ならこんなものか。それにしても、お百姓さん達には慈雨。走行データD:26.96T:1.39.38A:16.2M:32.6O:121312.60ババは昨夜の大雨で目が覚めたと騒いでいる。ならば、今日の自転車コースは矢作川堤防道路に決めた。確かに濁流で水嵩が上がっている。川幅も広いようだ...昨夜の大雨

  • リッピア(ヒメイワダレソウ)

    一昨日、丈山苑から、45号線で油が淵水辺公園に向っての帰途のことです。自転車を漕いでいると、道端沿いに小さな白い花が続いているのに気がつきました。最初、シロツメクサかと思ったが、花が小さすぎる。生粋の土着民としては、見たことがない野の花なんてない筈。が、この歳になって初めて見る花が有ったとは・・。名前をグーグルレンツで調べたら、リッピア(ヒメイワダレソウ)だった。南アメリカ原産の外来種で昭和初期に渡来したらしい。近頃、ヒマワリの30倍のセシウム吸着効果があることが分ったとか。繁茂力が強すぎるので要注意だが、グランドカバーに最適のようです。一昨日、丈山苑から水辺公園に向けての帰り道、自転車を漕いでも漕いでも、道端に白い花が続いているのに気が付きました。最初は、シロツメクサかと思ったが、自転車を下りて見てみると、シ...リッピア(ヒメイワダレソウ)

  • 明治川用水トラブル

    このところ、テレビ等で漏水問題が取り上げられている明治用水の水源近くに住む友人から、同期入社MLに水源の現状写真と、以前、彼が纏めた明治用水の歴史等のHPを送信してくれた。それらを見たり読んだりすると、あの用水の重要性が今更ながら理解できた。そこで、何時もの安城公園へ鳥見に出掛けた帰り道、今回の水源トラブルで、明治用水流域の田畑がどんな状態かを見ながら走った。用水の水は底を這い、稲の植わった田圃も干上がっていたり、田植えが未だだったり、辛うじて水引が行なわれても田圃の土が見え隠れ・・。早く復旧しないと・・。明治用水に興味のある方は、友人HP<font=red>明治用水をクリックしてご覧下さい。走行データD:27.69T:1.41.16A:16.4M:28.9O:121285.64公園の鳥見を終え(収穫0)厚生病...明治川用水トラブル

  • 安城市丈山苑へ

    安城市丈山苑へ江戸初期、石川丈山は京都一乗寺に終の棲家として詩仙堂を建てた。丈山苑は、そのイメージを生誕地和泉(安城市)の地に再現したもの。春は桜、秋はモミジ、そして今は緑と、四季折々、静かで広い庭園に癒される。入苑料100円・抹茶350円也。さて、入苑の段になって、あれっ、財布が・・、小銭入れしか持ってないことに気が付いた。仕方ない。寄せ集めた小銭で入苑料だけ払って、抹茶はお預け。紅葉狩りならぬ、緑狩りを楽しんできました。走行データD:20.87T:1.23.25A:15.0M:24.6O:121257.95丈山苑の入口奥に、カメラマンや付き人を従えた花嫁衣装(?)の女性が、、。結婚式の前撮りだろうか。これは端から縁起が良いなあ。が、入口で入苑料・抹茶代を支払おうとしたら、あれれ、財布もスマホも忘れた。小銭入...安城市丈山苑へ

  • 子供遊園地

    今日も青空です。市の外周をノンビリ走りました。先ずは旧名鉄跡の碧南レールパークで大浜漁港に出て、そこから緑のトンネルの自転車道を通って市民病院側の水辺公園に向かいました。この公園は春にはポピーが咲き、広い芝生は手入れが行き届いて緑一杯です。子供達が転げ回って楽しんでいます。その広場の横に、近頃、子供遊園地が出来て、沢山の遊具と休憩所の建物がオープンしました。早速、小さなお子さん連れのママ達が集まり、親子で楽しんでいました。その奥が田圃ビオトープになるのだろう。走行データD:25.90T:1.48.52A:14.2M:29.2O:121237.08港内の波は穏やかで、空の色を映した青色が眩しい。自転車専用道を通って水辺公園へ。芝生広場は広々。建物は、この白サギのテントのみ。ところが、このテントの横に近頃、子供遊園...子供遊園地

  • 平原の滝方面へ

    久し振りに太陽燦々。この後、梅雨に入ると里山や柿畑の若緑は益々濃くなってしまう。梅雨入り前に平原滝まで坂登りがてら柿畑の若緑を見に行くことに。考えることは同じか、滝の前までウンウン登ったら、そこにはビックリするほど大勢のハイカー・おじ様おば様が。滝上の茶臼山を目指すとか。ジジはというと、そこから歩きで、沢伝いに日本最小種の仲間ミソサザイを探して登った。下りの途中、旧徳山村から移築した建物「無の里」で抹茶を一服。その坂の上からペダルを一踏みしら、そのまま我が家に・・。ミソサザイはジジの永遠の幻の野鳥だ。走行データD:27.91T:1.45.49A:15.8M:34.0O:121211.18目指す平原の滝近くまで来ると、里山の緑が眩しい。柿畑の緑は春先の若緑より濃くなっているが、それでも未だ若葉の様相。さて、これか...平原の滝方面へ

  • 昨日が誕生日だった。

    昨日が誕生日だった。>年を取ると季節の節目や人生の節目に対する感覚が鈍くなる。実は、昨日、気付かずに○○歳の誕生日を通過していた。当然ながら、身体も痛んでくれば、意識も希薄になってくる。これからは、出来るだけ身体や意識の退化を遅らせ、1日でも長く普通の生活が出来るようにしなければ。今では便利なサポートグッズや方法が有る。眼鏡・プラスチックの水晶体・入歯等、読み物は文字大きさを変えられるPC・スマホを使い、ついでにスマホ決済デビュー。そして、ネットバンキング、マイナカードの保険証も。免許証は、レベル4の超小型自動運車を期待して温存する等。しかし、今日はそう思っていても、直ぐに、それらが有ることさえも、意識の外に消えていくだろう。次の誕生日には想い出しもしないかも。昨日、撮ったチョウゲンボウです。ブログに色合いを着...昨日が誕生日だった。

  • 定期休足日明けにリハビリ走行?  

    通常、休足日明けは、脚が軽くて、つい走り過ぎるのだが、今日は何だか様子が違う。肩腰が張って、脚が重い。昨日の畑仕事は何時もの休足日通り、ノンビだった。が、夕方、母屋壁際のガラクタ(補修用予備瓦や材木)を別の位置まで運び整理したのがいけなかったようだ。老体は正直ですねえ。定期休足日明けにリハビリ走行です。干拓の麦畑を眺めながら、ゆっくり一廻りして来ました。旅鳥たちもノンビリ・・。走行データD:28.81T:1.48.21A:15.9M:32.40O:121183.27定期休足日明けなのに、昨日の軽はずみな作業が祟って脚腰が重い。走り始めから、麦畑を見ながら、ゆっくりリハビリ走行をすることに、、。茶畑と麦畑です。そして、単純に広いだけの干拓の麦畑。この穂先の色付き具合から、ソロソロ刈り取り近し?。海岸では、旅鳥・チ...定期休足日明けにリハビリ走行?

  • 無農薬野菜の出来は?

    月前半は、5勤1休の自転車走サイクルが順調に廻り、今日は、3回目の定期休足日です。朝から3坪農園で草取り、水やり、伸びた枝や蔓の手を取ったりとノンビリ。穴だらけのキャベツは手で虫退治をしていたが、ギブアップ。虫にくれてやると決めていた。が、どうも、苗違いを買って来たらしくて、虫食い葉っぱの芯に白いカリフラワが。無農薬・虫食いを跳ね返して、恐るべき復活力だ。病気に強いと宣伝のキュウリ苗も、未だ葉っぱは白くなっていない。量が少なく、形の悪い無農薬野菜が食べられるかも。走行データD:25.94T:1.27.52A:17.7M:28.3O:121154.463坪の土地に沢山の苗を植えたが、虫に食われながらも、それぞれ背丈が伸びてきた。葉っぱが穴だらけで、虫取をギブアップしていたが、それでも葉っぱの芯に白いカリフラワが。...無農薬野菜の出来は?

  • 5月連休後のデンパーク

    5月のこの時期、デンパークの花壇は、連休来客用に整えられた、最高のコンディション状態を未だ未だ維持しているはずだ。人混みも程々だろう。先月に続き、今月も、デンパークへ走りました。年間パスです。パーク内は、思惑通り、何処の花壇も見事に満開状態です。花の種類も春先のパンジー・ビオラからベゴニア等に模様替えされていました。遊歩道脇の小川の縁でシジュウカラを撮り、帰りにメタセコイアの木陰をパチリ。走行データD:25.94T:1.27.52A:17.7M:28.3O:121154.465月連休明けのデンパーク花壇は、未だ未だ満開状態です。クジャクの羽根も鮮やかな花々で彩られ、可愛いひよこは、若緑の葉っぱに覆われていました。そして、こちらは歩道脇のセセラギを眺めるシジュウカラです。廃油で動く列車も今では、電動列車に変わった...5月連休後のデンパーク

  • 八ツ面山登り

    久し振りに八ツ面山登りをしました。深い緑に覆われた林道は薄暗く、ウンウン言いながら坂登りをしていると、小学生の集団の「お早うございま~す」の挨拶に元気を貰いました。女山外周や、中段の林道を廻り、黄色いブタナの花の群生をパチリ。ママ達がその花の中に赤ちゃん座らせ撮影会を開いていました。で、出会った野鳥は、スズメとカラスとホオジロのみ。帰路、堤防道路でコバンソウとスズメノヤリを撮り、更に堤防下の茶畑で中学生の茶摘み体験学習を撮って帰着。走行データD:27.19T:1.49.31A:14.9M:32.3O:121128.52坂道の途中、小学生の集団と出会い、「お早うございます」と挨拶を交わし、若い元気を貰いました。女山は黄色いブタナの花で覆われていて、ママさん達が、そこで赤ちゃんの撮影会をしていました。見付けた鳥はス...八ツ面山登り

  • 矢作川河口・一色海岸方面へ

    昨日、高浜・刈谷方面海岸を走って、未だ未だ旅鳥がいることを確認したので、今日は、矢作川河口・一色海岸方面で旅鳥撮りをしようと考えた。が、確かに沢山の旅鳥・チュウシャクシギの群れが遠浅の干潟で餌捕りに励んでいたが、実は旅鳥以外の鳥のチョット変わった姿が色々見られたので、今日は、これらを撮ってアップした。走行データD:31.78T:1.52.14A:17.0M:33.8O:121101.33矢作川大橋横、247号線のガード下に岩燕の巣作りが始まったことは、以前、紹介した。今日、そのガード下を通たら、岩燕の巣に雀が1羽。ビックリというか、チャッカリというか。チュウシャクシギは、遠浅の干潟で餌捕りに夢中。蟹ゲット。干拓田圃の畦道の方からケリのケタタマシイ鳴き声が聞こえてきた。畦道の鳶に向って急降下を繰り返して、喧嘩を売...矢作川河口・一色海岸方面へ

  • 高浜・刈谷海岸方面へ

    旅鳥の当地方への立ち寄り期間は何時頃までだろう。今シーズン最初に旅鳥を見たのは、もう1か月以上前になる。旅鳥シーズンが終る前に出来るだけ色んな旅鳥に会っておきたい。高浜、刈谷方面の鳥見では、何かが撮れる。手ぶらで帰ることは少ない。今日も、猿渡川から海岸沿いに高浜まで走る間に、沢山の鳥に出会い、撮れた。天候がイマイチで、もっと光が欲しかったが、数だけは、大漁ツーリングでした。走行データD:28.70T:1.54.07A:15.1M:28.2O:121069.55何時も通り、往きは鳥見せずに真っ直ぐ猿渡川まで走り、そこから、海岸沿いに高浜までのルートです。猿渡川河口を離れ刈谷の海岸に出ると、チュウシャクシギとキアシシギが仲良く餌を探していました。と、その時、キアシシギが慌てて水際まで走り、大きなエビをゲット。その素...高浜・刈谷海岸方面へ

  • 野の花(Ⅱ)

    明け方の土砂降りも収り、何時もの自転車走時刻には、路面は濡れているが、跳ねが上がる程ではなかった。しかし、スリップが怖いので、風通しの良い堤防道路に上がり、ドライの路面を走って矢作古川分岐点を通り越して小川橋迄行き、更に、そこから堤防下の「せせらぎの路」を走った。この辺りは、車も人も民家も少なく、色んな野の花が群生していた。友人の「HP野の花図鑑」に載ってなかったので、初めてGoogleLensで名前を検索してみた。さて、正解かどうかは??。走行データD:25.04T:1.07.02A:17.9M:29.2O:121012.53矢作古川分岐点横の堤防道路を通って、小川橋まで走りました。そこから堤防下に下りたら、「せせらぎの路」が続いています。この辺りは車も人も民家も少なく、野の花の群生地です。さて、園芸種のよう...野の花(Ⅱ)

  • 野の花

    今日は、5勤1休サイクルの1休の日で、定期休足日です。朝からの雨、ゆっくりとPC叩いて写真を整理しています。その中から、近頃、撮った野の花をアップします。自転車走では、目に付くのは、大きく群生して咲く野の花で、1輪2輪は見落としがちです。束になって咲き誇れば、野の花も人の目を引き、虫達にもアピール出来るのだろう。花の名前は、友達のHP「野の花図鑑」で検索した。ニワゼキショウの花は小さいが、群生していると、何となく人目を引きます。似たような白い花でハルジオンが有りますが、色が付いていたので、ヒメヨヨオンとしました。知らずに見ると園芸種と間違えそう。田圃の畦道でよく見る花で、キツネノボタンです。子供の頃はコンペイトウソウと呼んでいたような気がするが・・。ハハコグサです。アカツメクサの群生です。対の様に言われるシロツ...野の花

  • あおいパークへ

    昨日、ババが買い物から帰って来て言うことには、「玉葱が驚くほど高い」と。ジジは、テレビや新聞報道で、北海道の玉葱不作は知っていたが、実際に幾らで、どのくらい高いのかは??だった。今日は昼前から雨予報なので、近場のあおいパーク往復20kmを走った。ついでに産直売り場の玉葱を覗いたら、1袋・6~7球入りで500円の値札が付いていた。昨日、ババは確か1球140円とか言っていた。う~ん、貴重品だ。ここに一昨日撮った玉葱収穫風景をUPします。今年の玉葱は一玉一玉が金色に輝いて見えますね。走行データD:25.04T:1.07.02A:17.9M:29.2O:121012.53雨が落ちてきたら、直ぐ帰れるように近場の「あおいパーク」まで走りました。昨日、ババが「玉葱が高い」と喚いていたのを想い出して、産直売り場の玉葱台を覗い...あおいパークへ

  • 水辺公園へ

    昨日、走った「たんトピア」の花壇が、ジジ的には「イマイチ」な感じだったので、今日は、もう1箇所の「水辺公園」に出掛けでみました。未だ早いとは思ったが、先ず、蓮如さん側の花しょうぶ園を覗いたら、花はチラホラ、庭師さんが手入れの最中でした。咲いたばかりの1輪を切り撮った後、市民病院側に移動し、昨日のリベンジでポピー狙いです。が、やや時期遅しで、しかもネモフィラと混植。花の命は短くて・・。早過ぎたり、遅かったりのチグハグですねえ。走行データD:25.62T:1.45.00A:14.6M:26.6O:120992.49今日は近場の水辺公園です。先ずは、蓮如さん側の花しょうぶ園を覗きました。思った通り、早すぎです。庭師さんが手入れの最終でした。花はチラホラ。その咲きたての花1輪を切り撮ッた後、市民病院側の公園へ向かいまし...水辺公園へ

  • たんトピアへ

    久し振りに「たんトピア」に出掛けました。広い芝生広場の花壇を見るためです。以前、行ったのは、ネモフィラの咲く頃だったが、今年は花も疎らでチョット残念な状態だった。で、次なる主役花は、例年ならソロソロポピーに変わっているはず。そして、今時語では「映える」はず。期待して、芝生広場へ入ると、ポピーは見えるが様子が違う。イングリッシュガーデン風というか、キンギョソウみたいな他の花との混植だった。目で見た分には奇麗だが、写真的には・・。帰る前にハーブガーデンに寄ったら此方は今花盛りだった。走行データD:27.04T:1.49.30A:14.8M:32.2O:120966.87今年はネモフィラの咲き具合が程々だったので、次なる主役花・ポピーに期待して芝生広場・ヒーリングガーデンに入った。確かにポピーは咲いているが、やや疎ら...たんトピアへ

  • 矢作川河口風景アラカルト

    昨日は、あまりの上天気に、何時もの行動範囲を少しはみ出して走った。今日は曇り空だし、昨日の余波で脹ら脛に違和感があるので、近場の矢作川河口左岸・右岸をゆっくり走って来た。野鳥や変わった出来事は、どんな走り方をしていても、目にとまるが、ゆっくり・ノンビリ走ると見えてくる物もある。そんなこんなの矢作川河口風景を撮って来た。で、順不同にその写真を並べてみると、梅雨は直ぐ近くまでを感じる。走行データD:29.16T:1.46027A:16.4M:30.5O:120939.83麦畑を毎日見て走るが、普段は意識の外だ。しかし、ゆっくり走ると、その緑色の変化におヤッ。穂先が少し黄色がかり、実りだして来たぁ~。堤防先端の岸の石組みに10羽のチュウシャクシギがノンビリ。その中の⒈羽が素早く動いて、蟹をゲット。その横では、キアシシ...矢作川河口風景アラカルト

  • 宮崎海岸

    今年に入ってから、冬鳥、旅鳥撮りは、刈谷・小垣江海岸から一色海岸までの範囲でやって来た。今日は、連休最後の五月晴れというか、初夏の日差しです。ならば、久し振りに、宮崎海水浴場から、吉良のマリーナまで海岸沿いにぐるっと廻ってみることに。帰りは、赤い橋を渡って、更に吉田の海岸を旅鳥探しながら走りました。皆さん、連休疲れからか、海岸の人出は疎ら、旅鳥も姿がない。唯一、夏鳥のコチドリ1羽をゲット。走行データD:38.07T:2.20034A:16.2M:31.1O:120910.67五月晴れと言うより、初夏の日差しです。宮崎海水浴場は初夏風景だが、皆さん、連休疲れなのか、人出は疎らでした。ヤシの木陰に小さな島が浮かんで見えます。ここから海岸線に沿って,吉田のマリーナまでぐるっと回りました。帰りは赤い橋を渡って、直ぐ、吉...宮崎海岸

  • 野菜の生長

    五月晴れですが、生憎、定期休足日です。う~ん、こんな天気は、走り出したいところだが、調子に乗りすぎると後で足腰が酷いことになる。まあ、何時も通り、ゆっくりと畑の手入れでもすることに。3坪の畑にはパプリカ、ピーマン、ナス、ミニトマト、ゴーヤ、カボチャ、キャベツと気の向くままに植えてある。水やり、草取り、肥料やりは普通にしているが、問題は無農薬だ。キャベツの葉っぱの虫を取っていたが、今ではギブアップ。この一株は虫にくれてやることに。他は今のところ順調に育っている。毎日の水やりと、定期休足日の草取り施肥等で、野菜苗は順調に生長している。カボチャの蔓も帯びだして花も咲いたが、受粉は自然に任せて居るので実になるか?キャベツの葉っぱも伸び出したが、これに来る虫を取っているが、無農薬だと虫取も追いつかない。今では穴だらけの葉...野菜の生長

  • 宿縁寺の枝垂れ桜の様子

    昨日、久し振りに里山に行って色んな生き物に会ってきた。その続きで、今日は、以前blogアップした、宿縁寺の根元を傷つけられた枝垂れ桜の様子を見るついでに、古川緑地で鳥見することに。その枝垂れ桜は、道路側から見て、緑の葉っぱを着けているようだ。ホッ。寺のお庫裡さんによれば、更に注意してケアしているとか。葉っぱからの水分補給のために今もミストが掛けられていた。一方、近くの源空院の桜は今、正に、緑滴る状態だった。又、古川緑地も深い緑に包まれて、鳥の姿は闇の中、いや、緑の中だった。走行データD:28.20T:-.--.-A:--.-M:--.-O:120872.60昨日に引き続き、今日も里山巡りです。矢作川堤防を遡り、志貴野橋を通り越して、以前、レポートした宿縁寺の枝垂れ桜の復活具合を道路側から眺めるた。お~、鐘撞き堂...宿縁寺の枝垂れ桜の様子

  • いきものふれあいの里

    冬鳥の旅立ちや、旅鳥の到着と、海岸廻りをしてる内に、いきものの里へはすっかりご無沙汰でした。春も終わり初夏への繋ぎの季節となれば、いきものの里は名前通り、沢山の生き物が顔を出しているはずです。堤防上の小草池も工事が終盤に差し掛かり、水も溜り出せば、直ぐにカイツブリがやって来てました。イトトンボのハートマークも見られました。帰りの農道では、2羽の♂雉が向かい合って一触即発状態。ジジが自転車から飛び降りたら、その音に気が付いて一時休戦。麦畑の向こうへ飛んでいきました。走行データD:25.31T:1.38.28A:15.4M:31.9O:120844.40久し振りの生き物ふれあいの里です。入口は、色とりどりの新緑に包まれていました。堤防上の小草池の工事も終盤に差し掛かり、水が入り出しました。同時にカイツブリが戻って来...いきものふれあいの里

  • 高浜・小垣江海岸へ

    昨日は矢作川河口・一色海岸を廻って、少ないながらも旅鳥のチュウシャクシギを確認した。今日は高浜・小垣江方面の海岸です。此方では、腹黒の夏羽になった冬鳥のハマシギの群れが猿渡川の石組みの上で日向ぼっこをしていた。ソロソロ北へ帰らないと。そして旅鳥のキアシシギとキョウジョシギをゲットした。最後は旅鳥(此方では留鳥)のセイタカシギです。シギ尽くしの海岸走行でした。大猟です。走行データD:29.32T:1.59.40A:14.9M:27.3O:120819.0950号線で北上、猿渡川に突き当たった所から、海岸沿いに鳥見しながら帰路につきます。猿渡川の石組みの上で日向ぼっこしているのは、冬鳥のハマシギです。腹黒の夏羽になっていました。ソロソロ北へ帰らないと。此方は旅鳥のキアシシギです。3羽居ました。黄色い脚が居るなら、青...高浜・小垣江海岸へ

  • 一色さかな広場

    旅鳥の季節は短い。陸鳥を追っかけている間に居なくなるのは寂しい。この時期は、偶に、珍しい旅鳥が寄ってくれることがあるので気を付けていなければ。と言う訳で、今日は矢作川河口から一色海岸です。両海岸共チュウシャクシギの小さな群れだけ。帰る前に、さかな広場を廻り、今後の昼飯のために食堂を確認した。メーンの建物の中に3店舗、横の市場の建物の中に1店舗、そして、全く別棟のウナギ専門料理店、全部で5軒の食べ物屋さんが有った。今日は何れも待つ客が・・。帰りは海岸から離れて247号線を走ったが、こどもの国方面へは長~~いノロノロ運転だった。何処もコロナ明けの弾けた空気が流れていた。走行データD:30.26T:1.51.27A:16.3M:34.6O:120789.77旅鳥の季節は短い。その間に偶に珍しい旅鳥が寄ってくれることが...一色さかな広場

  • 安城の公園へ

    愚図ついた天気は昨日までで、今日から暫くは晴天予報です。雨の間、鳥達はどうしていたのだろうと、安城公園に鳥見です。流石に連休中ですね。鳥撮りさんは山ほど居ました。が、肝心の鳥達は??。キビタキの鳴き声が1度聞こえたのみ。仕方なく落ち葉の中のスズメを撮っていたら、直ぐ横の葉っぱの上に1頭のアオスジアゲハが。パチリ。よく見ると2頭だった。こんな時もあるさと、自分に言い聞かせながら帰って来ました。走行データD:27.19T:1.44.09A:15.6M:31.5O:120759.51安城市の公園には、連休中と言うこともあって、鳥撮りさんは山程居た。が、肝心の鳥達は何処に・・。1度だけキビタキの鳴き声を聞いたのみ。仕方なく枯れ葉の中のスズメを撮っていたら、直ぐ横の葉っぱの上にアオスジアゲハが1頭・・。いや、2頭だった。...安城の公園へ

  • 五月雨

    旧暦で「五月雨」と言う言葉があるように、今月はその「五月雨」でスタートしました。予報では雨だったが、朝早い内は、降るでもなく照るでもなく、偶に薄明かりが差したりして、ジジの自転車心をそそります。悩んだ時は走る。と言うことで、堤防にも乗らず、家の周りの田圃道をグルグル。近場でも、おやっと思われる景色が見えます。田圃にチュウシャクシギが。そして、今、旬の玉葱収穫と紫蘇苗の成長です。天気予報は正確です。覚悟はしていたが、後半、五月雨に降られて逃げ帰って来ました。走行データD:26.01T:1.30.27A:17.2M:28.1O:120732.32雨、覚悟で走ったが、それでも濡れずに済めばその方が良い。と言うことで、家近くの田圃道をグルグル。と、海岸で見るチュウシャクシギが田植えを終った水田に2羽。へ~、好みの餌があ...五月雨

  • 4月自転車走行実績

    今月は後半愚図ついた天気が続いたが、シトシト雨だったので、その間隙を縫って走り、走行日数は23日と普段月より1日多くなりました。走行距離も634kmと年初から4か月連続で600kmオーバーとなりました。体調は2月から始まった花粉症も点眼・飲み薬を続けた結果、ソロソロ終焉です。ホッ。鳥撮りについては、冬鳥と入れ代わりに、旅鳥シギの大群の追っかけをしました。そして、ジジ的ハイライトは、初見鳥のヤブサメです。総括すれば、走る・撮る共に良い1カ月でした。今日は臨時休足日だったので、初めて撮ったヤブサメをアップします。4月自転車走行実績

  • 飛ぶ鳥

    降ってきたら直ぐ帰れるよう、近場の海岸先端まで走った。昨日までは沢山のチュウシャクシギが居たので今日もと思ったが、シギどころか、常連の残りカモさえ居ない。仕方なく沖に浮かぶ貨物船を撮って帰ろうとしているところへ、シトシト雨が降ってきた。濡れそぼる前に、途中で引き返してきた。写真がないので、昨日撮ったチュウシャクシギやサギの飛翔をアップします。走行データD:16.17T:1.05.30A:14.8M:36.1O:120706.31雨を気にしながら、海岸先端まで走った。昨日まであれだけ居たチュウシャクシギが居ない。居残りカモまでも・・。仕方なく沖に浮かぶ貨物船を撮っていると、シトシト毛雨が降ってきた。直ぐ、引き返してきたので、写真がない。そこで、昨日撮ったチュウシャクシギの飛翔姿をどうぞ。釣り人が波打ち際を歩いてき...飛ぶ鳥

  • ネイチャーガイド

    先日、ヤブサメを撮った。その感激が残っている内に、今度は、シャープな写真が撮りたいものと、今日も安城の公園まで走った。最初に、小さな池の縁に咲く黄菖蒲の花をパチリ。その後、本命のヤブサメポイントへ移動したが、先客の大砲オジサン達が待ちの態勢。次のポイント迄行ったら、例の餌やりおじさんが餌場を設定中だった。話しを訊くと、おじさんの野鳥知識は実に正確で大量。ここに集る鳥撮りさん達には有り難い「ネイチャーガイドさん」だと分った。ジジも、夏鳥の内に足繁く通って、野鳥に関する知識と実技を身に付けたいものだ。走行データD:26.56T:1.34.38A:16.8M:28.0O:120690.14例の翡翠池には、人も鳥も居ない。別の小さな池に廻った。そこには奇麗な黄菖蒲の花が・・。次いで、本命のヤブサメポイントへ来たら、先客...ネイチャーガイド

  • こんな所にナンジャモンジャが

    何年間も碧南側の海岸が工事中につき、殆ど西尾市側の矢作川堤防→海岸道路を走っている。そちらで、今、沢山のチュウシャクシギを見掛けるので、ひょっとして碧南側でもと、久し振りに、工事区間外の海岸内回り松並木道路に入り、堤防道路に出るコースを走った。ら、その出口近くの松並木の間に白っぽい木が見えた。近づくとナンジャモンジャの木が3本花を着けていた。工事以前は、日課のコースだったがこんな所にヒトツバタゴの木が有ることに気が付かなかった。道路脇だから、お役所さんが植えたのだろう。大木になるのが楽しみだ。走行データD:27.07T:1.42.07A:15.9M:29.5O:120663.58久し振りに碧南側の海岸内回り松並木道路を走った。その出口近くに、薄ら白く見える木が・・。近付くと、白い帽子を被ったようなナンジャモンジ...こんな所にナンジャモンジャが

  • 矢作川の橋の下

    毛のような雨が降ったり止んだり状態で、朝の内、路面はドライ。ジャージに雨が滴るほどでもない。とりあえず近場の堤防を一廻りして来た。近場には、1から2km間隔で橋があるので降ってくればその下で一休みする。で、その間に見えるものは、河原の葦の緑と野の花だ。走って居ると気が付かないが、野の花とは言え、結構奇麗に咲いている。そして、陸橋下のツバメの巣の増築状況です。大濡れする前に引上げた。走行データD:22.74T:1.36.32A:14.1M:33.5O:120636.515kmほど走ったところで、細かい雨が落ちてきた。目の前の上塚橋下で雨宿り。河原の葦林の緑が眩しい。ここは、冬、枯れ葦を刈り取ることをせずブルトーザで踏みつぶしていた。それが春の芽吹き・育成には良いのか??。周りを見ただけでも、ひょろりと伸びた穂先に...矢作川の橋の下

  • チュウシャクシギまつり

    日の光は強いが、堤防道路→海岸道路を走ると、海風が身体を冷やしてくれるので気持ちが良い。海岸先端近く迄来ると、岸の石組みの上に30羽程のチュウシャクシギの群れが遊んでいました。先端に到着すると更に20羽ほどの群れが。そこで見付けたのは3羽の1列に並んだシギ。テレビの歌番組で歌手グループが前から順番に顔を出すが、此処では順番に嘴を出していました。その中に1羽、嘴が逆反りのオオソリハシシギが混じっていました。それにしても色彩的には地味な絵ですね。しかし、数は多く、チュウシャクシギまつり状態でした。今が旅鳥のピークかな。走行データD:30.84T:2.01.32A:15.2M:33.5O:120613.77日の光は強いが、海風が身体を冷やしてくれるので気持ち良く走る事が出来ます。対面の知多半島は近くだが、黄砂なのか、...チュウシャクシギまつり

  • いずれあやめかかきつばた

    今日は定期休足日だが、生憎、雨。止み間があれば畑仕事でもと考えたが、1日中シトシト。結局、テレビ、パソコンでグダグダ過ごしました。その、pc作業中、デンパークで撮った写真の中に、美しいがどれがどれやら紛らわしい花が3種出て来たので、取り上げアップしました。検索中、「いずれあやめかかきつばた」の諺が出て来て、益々混乱。それでも、ジジの持つあやふや知識も動員して、3種の花に名前を割り付けてみました。「アヤメ」「シャガ」「イチハツ」としたが・・・さて??。雨の定期休足日。デンパークの写真を整理していたら、同じような形の花が3種出て来た。検索結果とジジのアヤフヤ知識を動員して・・・、これは「アヤメ」次いで「シャガ」3種目は「イチハツ」としたが・・・さて??。色も形も違う花を1種。そして、それら奇麗な花を観ながら、遊園列...いずれあやめかかきつばた

  • 日陰の鳥・ヤブサメ撮った

    昨日、デンパークの新緑を堪能し、気分も良くしたところで、今日は、その先の安城市内の公園まで足をのばした。夏鳥狙いは難しいので、先ずは、翡翠狙いで池に顔を出した。が、鳥も人も居ない。何となく嫌な予感。それでも森の中へ入っていったら、大砲おじ様おば様達が、低い植え込みの前で鳥待ち顔で雑談。何事かと訊いてみると、植え込みのトンネルの中にヤブサメが居ると。ヒエ~、珍しい。ジジも仲間に入れて貰って、待つこと30分。暗闇の中にチラッと動くヤブサメが。光が欲しいが、日陰の鳥なら、仕方がない。初見の夏鳥撮ったぁ~!。走行データD:27.20T:-.--.--A:--.-M:--.-O:120582.93今日は新緑求めて、安城市内の公園へ。夏鳥撮りは難しいので、最初、良く姿を見せる留鳥の翡翠狙いで、いつもの池に顔をだした。鳥も人...日陰の鳥・ヤブサメ撮った

  • 新緑のデンパークへ

    今年3回目のデンパークです。5月連休に向けて、最高の開花状態になるよう手入れしている最中だろう。今日は裏門(東ゲート)から入り、園内を周り終えたら、外周を一廻りして正面側のメタセコイアを見て帰りました。で、期待した花壇は、確かに手入れは充分で、何時もながらのプロの技だが、開花は5月連休に合わせてあるようだ。花数が少ない。ベゴニア、サルビアがメーンで、3月の派手なパンジーに比べてシックな色調だった。藤棚、花しょうぶ、そして、意味深なネーミングの「秘密の花園」。最後はディノランド。兎に角、緑滴る園内でした。走行データD:22.73T:1.27.45A:15.5M:27.0O:120555.73今回は裏門から入りました。メーン道路から細い道へ入ると、「秘密の花園」と書いた煉瓦の壁が見えました。壁の中は花畑です。池の向...新緑のデンパークへ

  • 里山巡り

    ここ暫く、旅鳥探して海岸地帯を走って居たので、今日は里山方面に向かいます。久し振りに、先ず、八ツ面山女山に登り、緑のトンネルの中段道路から上段道路を周り夏鳥を探した。が、ヒヨのみ。一服しながら、広場のタンポポを撮った。次いで今は葉桜のふれあいの道まで来たら、牡丹の花が2輪、見る人も居ないのに奇麗に咲いていました。最後に道の駅で、「寅の刻ビール」の看板を見て帰りました。気になったので、家で「寅の刻ビール」を検索したら、アイシン系の新三商事の商品で「コクとドライ感」が特徴だとか。今度買ってみよう。今日のブログは、色とりどり。走行データD:27.80T:-.--.--A:--.-M:--.-O:120505.20今日は、海岸線を離れて、久し振りに八ツ面山女山に登りました。入口は新緑のトンネルです。中断道路・上段道路を...里山巡り

  • チュウシャクシギ

    昨日のブログで「やっと晴れました。」と書いたが、その晴れも今日までらしい。貴重な晴れは海岸線を走るに限る。昨日、小垣江・刈谷方面を走ったので、今日は矢作川河口から一色海岸線です。海岸先端に着く前に、この地方最初の田植え発見。これから上流に向って田植えは進んで行きます。その海側で、旅鳥のチュウシャクシギの群れ発見。海岸積み石の色と同じ地味な鳥です。一色海岸へ廻ったら、これ又、待っていてくれたのは、2羽のチュウシャクシギ。旅鳥シーズン中、暫く、このように地味な色彩のブログが続きそうな予感。走行データD:31.32T:2.02.12A:15.3M:35.6O:120505.20晴天は今日まで。晴れた日は海を見ながら海岸線を走る。矢作川河口先端近く迄来たら、この地方最初の田植え風景が広がって居た。その近くの海岸石積みの...チュウシャクシギ

  • 小垣江・刈谷方面海岸

    やっと晴れました。旅鳥探して久し振りに小垣江・刈谷方面海岸に向いました。風向きの関係で往きは、工場・商店を風避けにして247号線を走り、途中、吉浜人形センター通りに寄り道。折しも人形屋さんが仕事始めに鯉のぼりを揚げるのを、お散歩中の園児達がお手伝いしている絵をパチリ。浄化センター迄行き、そこから海岸線伝いに、追い風に乗って鳥撮りしながら帰って来ました。珍しくセイタカシギ1羽、黒装束のユリカモメ、そして、ムナグロかと一瞬糠喜びした腹黒のハマシギが今日の収穫です。そして、最後は遊園地の電車見たいな、臨海鉄道列車。走行データD:30.41T:2.03.09A:14.8M:25.6O:120473.88小垣江・刈谷方面海岸に行く前に、吉浜人形センター通りに寄り道したら、お散歩タイム中の園児達が、人形屋さんの鯉のぼり立て...小垣江・刈谷方面海岸

  • 名木候補

    パソコンを開いたまま、雨空を見上げて溜息をついています。しかし、何時まで見上げていても、雨は落ちてきます。観念して休足日に。近頃見つけた名木候補を紹介します。俺が市の無我苑近くの荒居交差点から、305号線沿いに200mばかり走ると、遊園地に続いて、小さな村の墓地がある。その墓地の真ん中に1本だけ大きな楠木が立っている。その枝の広がりで、墓地全体を覆うかと思えるほどだ。市や県の決める官製名木は確かに名木だ。が、こうして自転車で走って見つけた「大きい、古い、美しい等」ジジが勝手に決めた名木も名木の仲間に入れるつもりだ。2~.3年前まで田んぼ道だったのに、今では広い道路が開通したおかげで、大きな楠木が俄然目立つようになった。その木は、墓地の中央に1本立っていて、広がった枝で墓地全体がおおわれているようだ。可成りの樹齢...名木候補

  • 一色海岸のお地蔵さん

    ジジの目では見えないくらい細かい雨が降っています。自転車に乗れないこともないが、走り終る頃には上着やパンツがじっとり濡れているだろう。と言うことで、本日臨時休足日です。PC叩くも、冬鳥が居なくなって整理する程の写真も無い。それでも、撮り溜めた写真を繰っていると、海岸線に並ぶ沢山のお地蔵さんの写真が出て来た。一色海岸へ行く度、鳥が居ないと、何気に撮ったものだ。石地蔵だが、海風による風化は激しい。崩れ落ちたり、風化中だったり、新たに建立されたりと、多分、漁師さん達が海の安全を祈願して手入れされているのだろう。時々、一色海岸へ鳥撮りに出掛けるが、鳥が居ないときは、何気に気になる堤防道路脇のお地蔵さんを撮る事がある。中には海風による風化が激しく、崩れ落ちたお地蔵さんや、屋根付にもかかわらず、今、正に風化途中のお地蔵さん...一色海岸のお地蔵さん

  • 広藤園藤まつり

    先日、ブログで綺麗な藤の花を見た。桜が終ったと思ったら、もう藤が咲き出したのか。市内には、藤見ポイントは4箇所有る。季節の移ろいに遅れじと、近場の藤棚を一廻りして来た。油が淵のダルマ藤の棚は、白花が主体で、花弁がチラホラ散りだしていた。長藤の広藤園は、藤まつりが今日から始まったらしく、期間は4/16(土)~5/5(木)。長い房の先端に少し蕾が残っているが、結構見映えがしていた。まつり期間設定はドンピシャだ。上塚橋横の桜並木の中に4つのダルマ藤の棚があるが、こちらも花弁がチラホラ。走行データD:21.36T:1.33.22A:13.7M:31.4O:120443.47ブログで紹介のあった藤の花を見て、市内の藤を見て廻ろうと思いついた。最初は油が淵のダルマ藤の棚。白花が主体で、既に花弁がチラホラ散りだしていた。次い...広藤園藤まつり

  • 岩燕(?)の巣

    今日も愚図ついたお天気です。降水確率70%となっているが、何時もの出発時間になっても雨は落ちてない。走りたい気持ちで見れば、空が明るくなって来たような・・。と言うわけで、近場の堤防道路コースに乗りだした。潮も良いのでシジミ(アサリ・ハマグリ?)獲りが多い。鳥撮りジジは、モズ1羽と鵜の巣をパチリ。更に247号線ガード下で岩燕(?)の巣を見付けた。上部が開放状態なので、未だ作っている最中かも。邪魔をしないよう、遠くから観察を続けるつもり。走行データD:30.76T:1.56.04A:15.9M:31.1O:120422.11降りそうな空を見上げながら猛禽ポイント迄走った。スズガモが3羽居ただけで、猛禽は勿論居ない。あっ、モズは猛禽か、1羽。パチリ。そして、こんな猛禽ポイントに鵜の巣が見える。雛が育つ頃には、猛禽が居...岩燕(?)の巣

  • 畑周りの雑木は新緑

    今日は定期休足日です。雨予報だったので、水やりも草取りも出来ない。やることもなくノンビリ過ごすしかない。そう思いながら、朝、雨戸を開けたら、あれっ、夜中に少しばかり降っただけで道路は乾いている。これでは苗たちに恵みの雨とはならない。昼まで待ったが降る気配無し。仕方なく、畑に水やりに出掛けた。ピーマンもパプリカもミニトマトもカボチャもナスも十分な水分で根付いたようだ。そして、畑周りの雑木の花は終わり、新緑が枝を覆いだしていた。天気予報によると、雨模様につき、畑の水やりは不要と読んでいた。が、朝から雨は降らず、矢っ張り畑の水やりに出掛けた。水やりしながら苗の様子を見ると、どれも根付いたようだ。畑周りの雑木は新緑で覆われていた。アジサイも、カリンも・・。柿の木の新芽は淡い緑で独特の色合いだ。シルバーさんが確り剪定して...畑周りの雑木は新緑

  • 一色港渡船場

    昨日、温泉様のブログで旅鳥・ムナグロの紹介を見た。顔から胸にかけて黒い夏毛のムナグロの実物を見て見たい。何時もは腰の重いジジだが、旅鳥が次の経由地に旅立ってしまう前にと、朝から一色海岸に向った。結果はシギ1羽とコガモの群れだけ。ムナグロは既に出立か。仕方なく、一色港渡船場で佐久島情報を集めて帰ってきた。此処は、以前からアートの島として有名だ。スタンプラリ形式で1日ゆっくり遊ぶのもイイかも。20分間の船旅。走行データD:32.65T:2.06.42A:15.4M:32.6O:120391.35ムナグロ求めて一色海岸へ向ったが、最初で迎えて暮れたのはシギ1羽。次いでコガモの小さな群れ。気持ち良さそうに休んでいました。目指すムナグロは何処にも見あたらない。旅鳥だけに次の中継地に向けて飛び立ってしまったのだろう。仕方な...一色港渡船場

  • たんトピアのチューリップ

    先日、油が淵水辺公園で満開のネモフィラ畑を撮った。ならば「たんトピア」のネモフィラもそろそろどうだろう。と言うことで、一っ走りして見てきた。結果、未だ未だ早過ぎ。花は咲き出しているが、斑模様だった。その替りに、芝生広場の奥の芝桜と、入口左手の体験花壇が、今は見頃の満開だった。特に赤いチューリップの咲き揃った中に白チューリップで「JERA」の文字を浮き出させ、目を引きます。さすが、プロの仕事ですね。ネモフィラは又の機会に・・。走行データD:31.01T:2.03.52A:15.0M:31.7O:120358.70先日、油が淵水辺公園のネモフィラが満開だったので、「たんトピア」の方はどうだろうと出掛けてみた。此方はまだまだ斑模様。その替りに、芝生広場の奥の斜面に芝桜が満開。入口左手の体験花壇では、色とりどりの花が一...たんトピアのチューリップ

  • 河原のスミレ草

    矢作川河口からご暫く無沙汰していたので、カモ達の旅立ち状況を、見に行った。なななんと、河口にはスズガモの小さな群れが、沖に二つのみ。あの広い溜め池を埋め尽くす程居た、カモ達も、今では全く姿が見えない。餌が居なくなれば、猛禽も居ないし、大砲オジサン達も。静か過ぎて波の音だけ。撮るものも無く、トボトボと帰る道中、堤防斜面から河原に掛けてスミレの群落が。スミレと言えば、山路に1輪ひっそりと咲くイメージだが、此処は開けた河口堤防だ。ジジの思いとは別で、案外、何処ででも繁茂・開花する力強さがあるのかもしてない。見掛けによらない。走行データD:26.14T:1.49.59A:14.2M:34.0O:120327.69猛禽ポイントの海岸先端まで来たら、小さなカモの群れが二つ沖に浮かんでいるだけ。河口にも大きな溜め池にもカモの...河原のスミレ草

  • 安城市秋葉公園

    先日も書いたように、この時期は、冬鳥から旅鳥、夏鳥に入れ替わる。が、暫く公園に顔を出してないので情報が無い。ひょっとすると、野鳥に会えず終いってことも。そんな時のために、道中、蓮華畑を見付けたので、物珍しさにパチリと。さて、公園だが、翡翠池の大砲おじさん達は、待てど暮らせど状態だった。園内を2周したところで、餌やりおじさんに遭遇。話しを聞くと、今は、オオルリとニュウナイスズメが居るとか。ならばと、スズメを狙っていたら、おやっ、未だイカルも居た~。走行データD:26.80T:-.--.--A:--.-M:--.-O:120301.55久し振りの公園です。ソロソロ冬鳥、夏鳥の入れ替え時期に差し掛かる。端境期で野鳥に会えないかも。と言うわけで、往き道で見付けた蓮華畑をパチリ。鳥が居ない場合でも、ブログ写真は1枚確保出...安城市秋葉公園

  • 水辺公園のネモフィラ

    日中は暑いくらいの晴天が続きます。この暖かさで、水辺公園のネモフィラが見頃だよと、教えてくれる人が居た。近場なので、ゆっくり走って見てきました。最初は蓮如さん側の水辺公園を一廻りして、油が淵サイドの花畑を見たり、競艇用ボートの練習風景を見たり、まったり。次いで、市民病院側の水辺公園に廻り、お目当てのネモフィラ畑を見てきました。教えて貰ったとおり、満開でした。写真を撮る人や、ゆっくり周りを散歩する人等・・。ジジもユックリしすぎて、距離不足状態で帰って来ました。走行データD:23.32T:1.42.34A:13.6M:33.0O:120274.75久し振りに水辺公園に行きました。最初は、蓮如さん側の公園です。油が淵沿いの花畑を見たり、競艇ボートの練習風景を見たり、マッタリ。次いで、対面の市民病院側の水辺公園に廻りま...水辺公園のネモフィラ

  • 畑周りの雑木の花

    定期休足日です。このところ暫くご無沙汰の3坪農園の草取りに行きました。冬の間、天地返し、牛糞鋤き混み、4畝作った状態で放置しておいたので、所々草が生えてきた。これを取って、先ず、1列分だけ黒マルチを敷いて、ミニトマト、棘無しナス、カリフラワ、ミニカボチャの4本を植えた。一休みする間に、畑周りの雑木の花をパチリ。残る3畝にも、期間差で順次植えていくつもりだ。これだけの作業だが、暑さも手伝って、自転車で走るより汗をかいた。今日は定期休足日につき、3坪農園4畝の内、1畝に4本の夏野菜苗を植えました。一休みする間に、畑周りの雑木に咲く花を撮ってみました。花梨の花は薄いピンクで可愛いです。これだけ咲いて、実が残るのは1つか2つ。グミは野生種らしく、ドンドン枝を延ばします。花も多く、咲いた花の全てに実が生ります。しぶといで...畑周りの雑木の花

  • 今日も海岸鳥見

    3日続けて同じ海岸先端の鳥見コースに向いました。そして、今日は更に一色海岸まで足を伸ばしました。丁度、冬鳥から春の旅鳥に入れ替わる時期なので、行く鳥、来る鳥を観察していると、思わぬ鳥に出っくわす事があります。只、そんなラッキーは1年に1度有るか無いかだから、根気が要ります。で、今日撮った鳥は、全て見慣れた鳥です。コガモとハシビロガモとタヒバリは、もう直ぐ北へ帰ります。オオソリハシシギは来たばかりの旅鳥です。そして留鳥のイソシギです。何時会えるとも分らぬ鳥達を辛抱強く待ちましょう。走行データD:30.83T:1.57.41A:15.7M:34.8O:120251.43海岸先端のカモ達もすっかり数が少なくなりました。コガモ達も、心は北へ・・・。ハシビロガモは、北帰行の長旅に備えて、羽ばたきの練習か。タヒバリはどちら...今日も海岸鳥見

  • 旅鳥・大物撮った

    昨日、海岸先端で久し振りにハイイロカイツブリを見付けた。時期的にも夏羽に変り、顔はフル化粧をしているはずだが、逆光&沖過ぎのため、それが確認出来なかった。今日、岸近くに居てくれればと、再度、出掛けた。先端で待てど暮らせど、遠くに貨物船が通るだけ。結局、空振り。こんな事は間々ある。スゴスゴと帰る道中、ええっ、2羽の旅鳥・大物発見。数年見掛けなかったホウロクシギとオオソリハシシギだ。オマケで昨日のコチドリも。早くも旅鳥とはビックリ。季節が早廻りしています。ゆっくり羽根を休めて、旅を続けておくれ。走行データD:25.54T:1.41.21A:15.1M:35.5O:120220.60昨日のハイイロカイツブリ夏羽撮り失敗のリベンジで、今日も何時もの堤防道路に上った。お茶畑が黒いカンレーシャで覆われ出した。八十八夜までに...旅鳥・大物撮った

  • 芽吹きの季節

    矢作川桜堤の花が散り出すと、入れ替わりに、河原の雑木林が芽吹きの季節を迎え、淡い緑が広がる。今日以降は寒の戻りもなさそうなので、芽吹きの緑も徐々に濃くなってくるだろう。又、新芽が赤いアカメガシの生け垣と散る桜の取り合わせも、この季節ならではの風景だ。そして、人形屋の客寄せ鯉のぼりも勢いよく泳ぎ出す。海岸先端まで行くと、久し振りにコチドリが。金色のアイリングが目立ちます。そして、遠くの沖に夏羽のハイイロカイツブリが1羽。逆光&遠すぎのため、夏化粧がハッキリしない。又の機会に・・。走行データD:31.36T:2.04.05A:15.1M:31.4O:120195.06矢作川堤防コースの上流Uターンポイント・米津橋の上からの眺めです。桜が散りだしその替りに、河原の雑木が芽吹き出します。アカメガシも芽吹きだし、散る桜と...芽吹きの季節

  • 矢作川上り下り

    3月末から此処までは花見三昧ライドだった。昨日は雨で休足日。体力的にもチョット余裕が出来た。今日は1日花見から離れて、ひたすら走る日にした。それにはノンストップで走れる矢作川上り下りコースに決めた。昼飯までの時間一杯、走れる所まで走った。ひたすら走る中でも、気になる景色ではチョイ止めでパチリ。それらをブログUPの段になって並べてみると、何のことは無い、花見を離れた積りが、矢っ張り、今日も花見写真になってしまった。距離だけは何時もより10kmほど多く走った。走行データD:36.49T:2.17.03A:15.9M:34.5O:120163.68往きは米津橋・志貴野橋を通り越し、矢作川右岸をひたすら上ります。途中、堤防脇部落の鎮守の森をパチリ。小川橋・新幹線を通り越し、暫く走ると、安城市の天然記念物大クスです。改修...矢作川上り下り

  • サギの婚姻色

    先日、一色海岸でサギを撮ってblogアップしたら、婚姻色が出ているね、と書き込んで下さった人が居た。今日は雨で休足日です。その婚姻色を集めてみようとストック写真を見返してみたら、ダイサギとコサギの婚姻色らしい写真が出て来た。今改めて見ると、確かに色鮮やかだ。ならば、残るサギ(チュウサギ、アオサギ、アマサギ)の婚姻色も撮って一覧に纏めてみるのも面白そうだ。婚姻色が現れるのは4~6月頃なので、追っかけの楽しみが1つ増えた。ダイサギです。目の先の色が何となく青っぽいアップにすると、その色は鮮やかだ。婚姻色だろうか。コサギの目の先はピンクっぽい。同じように婚姻色か。他のサギについても探して撮って見よう。1覧表にすると分かり安いだろう。楽しみが一つ増えた。サギの婚姻色

  • 野の花

    自転車で走っていると、一輪咲く野の花は見落とすが、数咲く花は目に残る。木瓜の花は、毎年見るが、その咲き方に一瞬「おやっ、地面に花が転がって居るの」と思ってしまう。実は、去年の草刈りで木瓜の枝が地面の高さで刈り取られ、それでも、その先端に、花を着けるためだ。パチリ。その横ではお馴染み、タンポポと土筆です。堤防コースを一廻りし、家近くの上塚橋横を通ったら、う~ん、桜が。昨日UPしたが、思わず知らず、今日もパチリ。満開です。走行データD:26.19T:1.38.59A:15.8M:38.0O:120127.19毎年、この時期になると、矢作川堤防の所々で花や蕾が地面にコロコロと転がっているのが目にとまります。これは、木瓜の花です。去年の堤防草刈りの時、木瓜の枝も一緒に地面すれすれまで刈り取ったからです。健気にもその先に...野の花

  • 桜・さくら・・・

    ブログは桜の話題で満開です。ジジも話題に着いていきたくて、海岸産業道路沿いの桜並木を撮りに行きました。実は、強風注意報も出ていたので風避け用にここに入ったのが本音です。道中、松並木道路対面の桜並木1kmを通り抜け、潮見大橋下の船泊で自然生えの桜を撮り、本命のJERA敷地沿い1キロ半の満開の桜並木を愛で、最後は、たんトピアの桜です。「桜・さくら・・」でした。皆さん、桜で食傷気味でしょうが、お暇なときチラッと覗いてみて下さい。走行データD:28.97T:2.00.17A:14.4M:35.3O:120101.00海岸産業道路へ入る前に、約1kmの松並木を通ります。その対面が今満開の桜並木です。この道路は、1年のうちで、今が一番です。その横が潮見大橋下の船泊です。周りは自然生えの桜が咲き止っている舟と良くマッチした風...桜・さくら・・・

  • 3月自転車走実績総括

    3月は自然も人間も、厳しい冬を乗り越えた開放感で一斉に花を咲かせ、人はその花を追っかけて西へ東へと移動します。ジジはその追っかけの典型で、河津桜、枝垂れ桜、カタクリの花、染井吉野と花三昧の一ヶ月でした。同時に、鳥見にも嬉しいサプライズがあって、トラツグミとカワアイサの初見鳥をゲットしました。で、肝心の自転車走はというと、天候にも恵まれ、走行日数は22日、走行距離は長距離走1回を含めて644kmと、ジジとしては上々の結果でした。そして、この総括を書きながら、ジジババ共に、今年も無事冬を越せた嬉しさに浸っています。走行総括に関係ないが、2日続きの絵のないブログは味気ないので、今朝、昔の家に草取りに行った時撮ったユキヤナギをUPしました。近付いてパチリ。そして、今年のボケは例年にない程、沢山の花を着けています。ボケた...3月自転車走実績総括

  • HPがアップロードできない

    ジジはホームページの公開サービスをキャッチさんと他1社に依頼している。その「他1社」がサービスを中止すると連絡してきた。不測の事態対応用の「他1社」だったので、ならば、キャッチサービスに1本化すれ良いと考えていた。今日・明日とヤボ用で臨時休足日なので、ヤボ用終了後、HPデータを「他1社」からキャッチさんに移行始めた。最初の二つのホルダーはサクサクと移行完了。が、続く写真の多いホルダーに来たら、押せども引けどもデータはアップロード出来ない。昔のことで覚えていないが、キャッチさんとの契約が、ひょっとして容量不足状態か・・・。早く移行完了しないと、HP訪問者に迷惑が掛かる。明日から又、試行錯誤が始る。HPがアップロードできない

  • 飛ぶ鳥を撮る積りが・・

    ジジのホームコース・矢作川河口最先端に集る猛禽撮りの大砲オジサン達は、猛禽の飛翔姿に照準を合わせてシャッターを押す。ジジもやってみたいが、腕とカメラが違う。ならば、猛禽は無理でもサギならと狙ってみるが、これが中々・・。従って、春の海風景や、烏の巣や、猛禽の指定席枝に止る、恐れ知らずのアオサギを撮り、次の一色海岸へ向かった。此方では、ナポレオンハットを探したが、居たのはウミアイサの群れだけだった。帰ったのかな。さて、飛ぶ鳥をと、シラサギの飛び出しをパチリ。続けざまにズームしてアオサギをパチリ、の積り・・が、矢っ張り羽根が切れたぁ~。走行データD:30.20T:1.53.51A:15.9M:33.0O:120072.03何時もの猛禽ポイントです。風が無いので、薄日が差すと春の海ノタリノタリ状態です。その先端で、カラ...飛ぶ鳥を撮る積りが・・

  • 高浜市大山公園千本桜

    予報通り、晴れたり曇ったりで風はやや強い。しかし、高浜・小垣江海岸を走るにはそれ程支障にならないだろう。と言うことで、カモの様子を見に行った。ユリカモメが斑な頬被り。帰り支度のようだ。心なしかカモの数も減ってきた感じもする。何事も無く、海岸を一廻りしての帰り道、大山公園千本桜の花見を思いついた。花は、今正に見頃で、3月25日から4月10日までライトアップもしているようだ。鬼のみちの途中です。走行データD:25.03T:1.42.47A:14.6M:31.9O:120041.83カモ見の帰路、思いついて立ち寄った高浜市大山公園の千本桜。思いの外、開花は進んでいた。今正に見頃です。桜の前で、今年一年生になるのか新しいランドセルを背負ってママの写メにポーズを撮っている子供の光景が微笑ましく、つい横からパチリトいきたか...高浜市大山公園千本桜

  • 古川緑地の桜

    風は強いが春の日差しです。古川緑地で鳥見しながらソメイヨシノの開花状況を偵察にいきました。何時もの上塚橋に乗ると、中洲の雑木林の中に黒い影がチラッと見えた。猛禽かとズームで寄ると、カラスの巣だった。淡い新緑に包まれて、七つの子が誕生するのでしょう。さて、古川緑地の桜だが、ジジの思っていたより開花は進んでいた。バラツキは有るが、5分咲きというところでしょうか。そして、シメとヒヨドリをゲット。桜の花に群がるメジロを追っかけたが、あの動きに付いていけず、撮り逃がした。走行データD:23.80T:-.--.--A:--.-M:--.-O:120016.80風は強いが、気持ちの良い春の日差しです。上塚橋に乗ると、中洲の雑木にチラッと黒い影が・・。えっつ、猛禽か?。ズームで覗くと、カラスの巣だった。コバンヤナギの薄緑の新芽...古川緑地の桜

  • 憩いの農園・Farmars'Market

    春の嵐で臨時休足日です。生け垣に植えた南天用肥料を買いにコメリに行ったが、野菜肥料ばかりで庭木肥料は無い。カーマも同じ。そうだ、近頃、リニューアルオープンした憩いの農園なら有るだろう。春嵐のお陰で駐車場にもすんなり入れた。しかし、肝心の肥料は矢張り全て野菜用ばかり。仕方なく相談室を訪ねたら、「野菜用のIB肥料を使え」と教えてくれた。ホッ。その後、ついでだからと、川を隔てた駐車場の1部に大きなFarmars'Market(産直品スーパー)が出来ていたので、物見高いジジは此方にも寄って来た。広い・大きい・盛況でした。従来の花卉・庭木野外展示場側で、目的の南天用(野菜用でもある)肥料を買った。その後、川を隔てた駐車場の一角に出来たFarmars'Market(産直品スーパー)に寄ってみた。産直のお花が並び、新鮮野菜が...憩いの農園・Farmars'Market

  • 鳥2羽

    春うららな自転車日和につき、ノンビリ何処までも走りたい気分だが、生憎、用事。堤防コース後半分を走って切り上げた。矢作川大橋を通り越して、火力発電所対面辺りまで来ると、川岸近くで、ヒドリガモの群れの中に、白いアイリング♀のペアを発見。パチリ。その沖にはウミアイサペア、そして、そして、休憩中のトビにチョッカイを出すカラスの2ショット。海岸先端ではこれ又、白黒コンビがノンビリと羽根など干していた。最後は、何時もの大砲オジサン達に教えて貰った、ブッシュの中のオオタカの若です。ジジも「鳥2羽」も、春到来にマッタリ。走行データD:17.36T:1.09.23A:15.0M:32.6O:119993.00春うらら、気分はマッタリだが、用事で何時ものコースを半分だけ走って切り上げた。矢作川大橋を過ぎ、JERA火力発電所対面まで...鳥2羽

  • 頑張れ宿縁寺の枝垂れ桜!

    今日は、西尾市宿縁寺と源空院の枝垂れ桜を見に行きました。本来のブログタイトルは、「宿縁寺&源空院の枝垂れ桜」とするところだが、敢て「頑張れ宿縁寺の枝垂れ桜!」としました。その訳は、菜の花の向こうの宿縁寺全景を撮った後、1歩境内に入ると、桜の木の前に立て看版が。そして、花も蕾も無いグルグル巻の枝垂れ桜が。住職と奥様の説明では、誰の仕業か、根元周りを鋸で切られた。樹木医に養生して貰っているので新芽は出たが、今年の花は駄目だとか。樹齢250年の歴史の中でも、こんな経験は初めてだろう。「頑張れ枝垂れ桜!」と祈る気持ちだ。本堂では何時も通りの手芸展が行なわれていた。次の源空院は、山門横の枝垂れ桜が今満開。奥の桜は蕾状態。久し振りに若~い定年自転車仲間とバッタリ。お互いに元気を確認し、又、何処かで・・。走行データD:25....頑張れ宿縁寺の枝垂れ桜!

  • 背戸の生け垣剪定

    小さいが、お昼前に用事が1つある。時間的には、走れるが、カタクリツーリングのリハビリということで、2日続きの休足日にした。リハビリと言っても、脹ら脛の違和感は昨日で解消したので、今日は、ノイバラの垣根剪定をした。これで伸びて来た新芽の枝が邪魔にならないようになった。その横の勝手口に柊南天が黄色い花を着けていた。垣根作業終りにパチリ。う~ん色気のない写真ばかりだなあ。と言うことで、一昨日、カタクリツーリングの帰りに撮った豊田市行福寺の枝垂れ桜をUPします。蕾は固い。2日続きの休足日です。昨日までに身体のリハビリはほぼ終っているので、今日は軽作業の生け垣剪定を行なった。その続きの勝手口横に、柊南天が黄色い花を着けていたので、生け垣作用終わりにパチリ。上記2枚の写真があまりにも地味すぎるので、彩りを添えるため、一昨日...背戸の生け垣剪定

  • オシドリとカワアイサ

    昨日、折角キコキコペダルを漕いで見に行ったカタクリの花だったが、長引く寒さに、例年より開花が遅く、チョットだけ残念な気持ちで帰路についた。まあ、今年も元気に「春の妖精」に会えた事だけで良しとします。しかも、長引く寒さは残念な事ばかりではなかった。巴川を探しながら走ると、所々でカモらしい鳥影が。以前はもっと川下で2・3羽のオシドリを見た事があるが、今年は此方にも彼方にも5~10羽程のオシドリが群れていた。矢張り、長引く寒さに北帰行を先延ばししているのかも。遠くからだが、オシドリの見撮り選り撮りは、初めてだ。しかも、その直ぐ近くで、ジジ初見のカワアイサの餌捕りまで撮ることが出来た。何年かに1度だが、こんなラッキーもあるので鳥撮りは止められない。満開にはもう少しのカタクリの花を見ての帰路、巴川右岸を下り、暫く走ると、...オシドリとカワアイサ

  • カタクリの花「春の妖精」

    少し前、もえ様のブログに足助のカタクリの花が「春の妖精」として紹介されていた。ジジも、もうソロソロかと思っていたので、「妖精」の言葉に引かれて、早速、カタクリを見に出掛けた。う~ん、寒さが長引いているためか、開花は進んで居たが、まだまだ蕾の方が多かった。それにしても咲いた花の可憐さは、正しく「春の妖精」の呼び名に相応しい。久し振りの100km走に、帰路、脹ら脛に疲れが出た。その脹ら脛を気にしながらの道中、巴川の向こう岸に今年もオシドリの群れが。更に、初見のカワアイサの餌捕りの様子も。足痛も吹き飛んだ。鳥関係は明日以降にUP予定。走行データD:101.50T:-.--.--A:--.-M:--.-O:119950.38香嵐渓のシンボル赤い橋。川の両側は秋になるとモミジの紅葉で真っ赤に染まる。しかし、山里の春は遅い...カタクリの花「春の妖精」

  • 専修坊の垂れ桜

    河津桜の次は、枝垂れ桜だろう。去年のブログをひっくり返して見ていると、3月19日、専修坊の枝垂れ桜は満開だった。しかし、今年は寒さが長引いた。ひょっとして開花は遅いかも知れない。今日は用事でフルコースは走れない。専修坊ならお使い程度の距離だ。一っ走りして見てきた。結果は、境内3本の枝垂れ桜の内、山門横の一番奥大きな1本はう~ん、もう少し。特に日陰の部分は蕾。そして、奥の1本はこれぞ満開。その隣は未だ未だ蕾は固かった。3本3様の姿を見せてくれた。来週土日辺りは、散る桜と咲く桜が同時に見られるかも。走行データD:15.89T:0.59.59A:15.9M:31.6O:119848.88去年のブログをひっくり返したら、専修坊の垂れ桜が満開記事が出てきた。境内には桜は3本。今日は用事でフルコース走る時間が無い。しかし、...専修坊の垂れ桜

  • お彼岸参り

    チョット早いが、ババの在所のお墓掃除兼お彼岸参りをして来ました。墓地は田圃の中にあり、お参りを済ませたら、畦道に咲くクローバー・タンポポ・オオイヌノフグリ等春の野の花を撮ってブログネタにします。帰路は、ババの在所近くで婆さんが店番をする駄菓子屋に寄って、お彼岸団子の替りに、3色のお彼岸餡ころ餅を買って帰りました。やるべき事を一つ済ませて、気持ちもスッキリ。ババの在所のお墓は、田圃の中の墓地にあります。春のお彼岸の時期は、畦道に野の花が咲き、長閑な田舎風景です。ブログ用にクローバーや、タンポポや、オオイヌノフグリを撮りました。お墓掃除兼お彼岸参りを済ませて、気持ちもスッキリ。帰路、毎年お彼岸参りの度に寄る、小さな駄菓子屋は、何時も婆ちゃんが店番をしています。ここで、3色のお彼岸餡ころ餅を買って帰ります。素朴だが、...お彼岸参り

ブログリーダー」を活用して、定年(諦念)おじさんの自転車生活さんをフォローしませんか?

ハンドル名
定年(諦念)おじさんの自転車生活さん
ブログタイトル
定年(諦念)おじさんの自転車生活
フォロー
定年(諦念)おじさんの自転車生活

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用