searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

まゆまゆさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

控訴審まで争ったモラハラ裁判で5年目にしてやっと離婚しました! 自由になった今、自分を取り戻すリハビリの為にモラハラ離婚のビフォーアフターを綴っていきたいと思います。 別ブログで2010年から綴っていた備忘録(訳あってモラハラ記事はすべて限定公開)もここで少しずつ公開できたらと思っています。

ブログタイトル
とりけら りたーんず
ブログURL
http://triceradays.hatenablog.com/
ブログ紹介文
モラハラ離婚ビフォーアフター悲喜こもごもです(笑)
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2016/09/15

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、まゆまゆさんの読者になりませんか?

ハンドル名
まゆまゆさん
ブログタイトル
とりけら りたーんず
更新頻度
集計中
読者になる
とりけら りたーんず

まゆまゆさんの新着記事

1件〜30件

  • 二重人格?ジキルとハイド?いいえ、モラハラです!

    モラハラをする人は全く悪気も自覚もないまま、モラハラをします。この自覚がないのが大問題…大王はモラハラをしている時と普通の時のギャップがとても大きくて、普段は穏やかなのに何かのきっかで突然スイッチが入り、手がつけられなくなるのです。何百回もわたしは夢をみてるの???と思いました。精神分裂か?二重人格か?リアルにジキルとハイドなのか?目の当たりにする度に本当に混乱しました。年を重ねる毎に、穏やかな時が少なくなり、私たちが家を出る頃には、すでにモラハラ・モードの方が通常で機嫌が良い方が稀になっていましたけど。。。以下、過去記事です。 ジキルとハイド 2010-10-06 20:59:41 テーマ:…

  • 言葉とモラハラ

    ほとんどの人がそうだと思うのですが…TVドラマや小説などでは登場するけれども『リアルでは一生ご縁がない言葉』って結構ありますよね?大王に出逢うまではそんな言葉が沢山あったような気がします。 女性相談の相談員さんにモラハラの相談をしたときに「人には良心があるので良心に従い普通は酷い言葉が使えないもの」と言われたのを時々思い出し、確かに大王以外の人間から一度も聞かない言葉が沢山あるな〜!!と妙に納得している今日この頃です。…遅いよ(笑)以下は、このブログのタイトルの由来になった言葉が『大王のお気に入り』だったころの過去記事です。 白いシャツ事件 2010-10-04 17:19:22 テーマ:モラ…

  • モラハラの特徴チェックリスト

    2012年の記事の再掲載です。家を出る直前はモラハラのピークでした。今となっては、どうやって毎日をやり過ごしていたのか?思い出したくもありません(笑) モラハラの特徴チェックリスト 2012-01-13 明日は地獄の週末~~~胃が痛いよ~~~ モラ夫チェックリストですもしかしてうちの夫はモラ夫?と思っている方チェックリストで確認してみてください。。。 1.妻の良心を盾にとって、罪悪感を抱かせる 2.他人の前では妻をほめ、2人になると妻の性質、能力、人格を批判し、侮辱する 3.他人だけでなく、自分の妻や子にも嫉妬する 4.自己中心的で嘘をつく(本人に自覚はない) 5.特権意識が強く、自分が優れて…

  • 仕事に対するモラハラ:裁判編

    前記事で、私の仕事に対するモラハラに触れましたが …これ、裁判で大王の攻撃対象になりました。息子もモラハラ被害者です。身体的暴力に関しては私以上です。裁判ではその息子の親権が争点のひとつになりました。『妻が息子を連れ去って、洗脳し息子から父親を奪った』のだそうです。裁判において大王がした息子関連の主張は、また後日記事にしたいと思います…。親権を望む大王は、私がいかに親権者にふさわしくない人物かを主張しました。私の人格が親権者にふさわしくないという根拠のひとつとして転職の多さを挙げました。==========まゆまゆは、仕事が続かない人間で「職場の人間とケンカ別れして職場を辞める 」を何度も繰り…

  • モラハラがエスカレートする時

    大王はモラハラが酷い時期と、それがまるで夢か幻だったかのように穏やかな時期がありました。付き合っていたころは、穏やかな方が圧倒的に多かったと記憶しています。でも年を重ねる毎にその間隔は短くなって、私と息子が家を出る直前の2012年頃には圧倒的にモラハラの時期が長くなっていました。一週間の内、穏やかでモラハラがない日がないといっても過言でないくらい。私も息子も大王が穏やかな時期が恐怖でした。いつどんなきっかけで爆発するのか?日々確実に近づいてくる『モラハラ爆弾が爆発する時』をカウントダウンしながら過ごすようなものだったのです。毎日毎日大王が帰宅するドアの音にビクッとして、ほんとうに落ち着きません…

  • モラハラの記録のこと

    昨日、初めてのモラハラ記事をアップしましたが、あれが本格的なモラハラの記録の始まりでした。その時は調停とか裁判とかを見据えていたわけではなく…もやもやした気持ちを吐き出す場があるということが心の救いだったのです。 実は、ブログを始める数年前から、ノートに走り書き程度の記録をつけていました。もめる度に議事録をとる癖がついていたのです。 自覚なく発言が180度変わる上に「オレは一貫して同じ主張をしている」と自分に絶対的な自信を持っている大王との『話し合い』は至難の業、毎回必ず言った言わないの堂々巡りでした。 あるとき大王は『お前は記憶喪失。妄想が現実になっちゃうお前相手では、何を言われるか怖くて話…

  • 『モラルハラスメント』との出会い(モラハラ過去記録)

    ちょうど6年前2010年の今日、私は『モラルハラスメント』という言葉と運命の出会いをしました。何かに突き動かされるように、その日から備忘録としてブログを始めました。 あの頃の私は、十数年来の大王からのモラハラで自己肯定感もなく、自分はダメ人間だと洗脳されて感情が動かなって久しく…だれかに「今幸せ?」と聞かれても「フツー」と大真面目に答える日々を過ごしていました。 あれも幸せ〜(*´∀`*)♪・・・これも幸せ〜(*^O^*)/♪と『幸せの』大安売りをしている今では、何を見ても何も感じなかった自分が我ながら信じられません(笑) あの日『モラハラ』と言う言葉に出会っていなかったら、ここでこんな風に笑…

  • 秋の味覚と食べ物のモラハラ

    あっという間に、秋ですね。 この秋、息子と2人でモンブランロールケーキにはまっています(笑) 「自由に好きなものが食べられるって幸せだね」「もうこの先ずっとだれも文句いわないんだね」 私たち、こんな会話が結構あります。 大王は食感が苦手な食べ物が数多くありました。今の時期なら栗や南瓜、お芋などのもそもそする食べ物です。スイーツも一生食べなくて良い食べ物リストに入っていたので、モンブランや焼き芋羊羹、南瓜プリンなどは大王の天敵でした。(かぼちゃスープやポテトサラダもNG)誰でも苦手な食べ物があるのは当たり前なので、例えば南瓜プリンが苦手なら、カスタードプリンにするとか、モンブランが苦手ならショー…

  • ブログを始めようと思ったワケ。

    モラハラ・ブログをまた始めようと思った理由を少し。 離婚して完全に自由になり、モラハラのフラバもなくなりました。 でもね…時々、ほんの時々胸の中の小さい棘がちくっとする時があるんです。 きっかけは、ある投稿の『洗濯物の話題』を見た時でした。「何度言っても家族が衣類を裏返したまま脱衣カゴに入れるのが嫌です。洗濯するときにいちいち表に返して洗うのが手間。」という投稿主。それに対し、うちは裏返しで洗濯し干すのでそのままで問題ないというレスが多数でした。 実家の母も衣類が傷んだり色あせするのが嫌だと言って、衣類を裏返して洗い・干すタイプでした。たたむときにそれをすべて表に戻す。我が家ではそれが普通だっ…

  • モラハラが登場する映画のおしらせ

    モラハラの活動をされている方からご依頼頂きましたので、こちらで告知させて下さいね。 10月1日(土)より、映画「カノン」が上映されることになりました。北陸を舞台に、母と三姉妹が織りなす人間ドラマです。この中でモラハラは重要な題材になっています。 kanon-movie.com モラハラは、人間対人間の感情の間に介在する、実に卑劣な暴力です。しかし、それは人の目にふれないところで行われ、見たことのない人から「よくあること」「あなたも悪いところがあるのでは?」といった二次被害を受けることも多々あります。 今までモラハラを放送してくださったテレビ局は沢山あり、また再現ドラマなども制作されましたが、「…

  • モラハラの二次被害のこと

    いろいろなモラハラ・ブログを読むとよく二次被害の記事を目にします。 幸いな事に、私はほぼ二次被害に遭いませんでした。なぜならば…結婚してから17年もの間、モラハラに遇っていることに気付かず、突然『モラハラ』と言う言葉を知り、『ウィメンズプラザに電話相談』→『自治体相談』→『ウィメンズプラザ訪問相談』という流れだったので、一般の何も知らない人に相談するという機会がなかったのです。 専門機関に相談するまで『たぶんモラハラだと思うけど、暴力も数えるほどだから軽い方』と受け止めていました。でも、話しを聞いた相談員さんが「かなり酷いですね…」と絶句するほどのモラハラぶりのようでした。 お恥ずかしながら、…

  • 『とりけら』について

    ここで…ちょっとブログタイトルの『とりけら』の説明を。 元夫である大王が私にモラハラするときの常套句のひとつが「お前は『鳥か?』『虫けらか?』!!」でした。もう聞き飽きるくらいのお気に入りっぷり…(^_^;)(大王は暴言がすごかったので、これくらいなら全然スルーという感じでしたが) 常にモラハラ(そのころはモラハラを知りませんでしたが)に晒されていた私と息子でしたが、そんな中でも息子が大王が居ないところでこっそり笑いに換えていました。 ===================== 「お前は鳥か虫けらかッ!!」また『とりけら』『とりけら』言ってたね〜〜ほんと好きだよねww ============…

  • モラハラ離婚は長期戦

    実体験として…モラハラ相手の話し合いは想像以上に困難を極めます。 2012年春、別居と同時に代理人弁護士に委任し調停の申し立てをしました。 こちらの代理人受任通知と同時に、大王からの鬼電の洗礼を受けた私の代理人。 調停が始まる前に、私と代理人であるH弁護士はモラハラ相手の難しさを痛感し、長期戦を覚悟しました。 息子ぴー15歳の春。半分本気・半分冗談で「この争いが終結するころには、成人しているかもしれませんね…(笑)」とH弁護士と言っていました。 予想通り、調停は不調となり訴訟(一審)→調停→控訴審(二審)と長期戦になりました。 そして今年、息子が成人になる年の夏にやっと離婚が成立しました。もは…

  • はじめに

    モラハラのこれまでの経緯を少し… <登場(?)人物> 元夫…モラハラ大王(略して『大王』) 私…まゆまゆ 息子…ぴー ============================== 大王とは学生時代からのつきあいでした。 今振り返れば、交際時代にも数々の???という出来事がありました。 が、『歯に衣着せぬ子供のようにバカ正直な人』と自分に言い聞かせていました。 そして何故か(笑)そのまま結婚してしまい、子供が生まれ… 気がつけば大王の『歯に衣着せぬ子供のようにバカ正直』な『独自理論』はエスカレートするばかりでした。 それでも、最初のうちは大王の理屈に納得がいかなくて、言い返していたような気がしま…

  • はじめまして。

    はじめまして。まゆまゆと申します。 結婚23年目、調停を始めてから5年目に調停〜裁判(一審)〜控訴審(二審)を経てモラハラ夫と離婚しました! 穏やかで平和で平凡で幸せ(しつこい 笑 )な日々を息子と二人で過ごしています。『モラハラに遭っていた日々』はもはや私たちの間では笑い話になりつつあります。 でも…そんな日常の中で、時々モラハラの爪痕が『ちくっ』と傷むことがあります。そして、私の中でモラハラに対して染みついてしまっている癖に『はっ』とさせられる事も。 自由になった今だから、自分を取り戻すリハビリのために『モラハラ離婚』のビフォーアフターを綴ってみたいと思います。 また、ちゃんと過去に決別し…

カテゴリー一覧
商用