searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

まるもちさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
モコモコくんとサラサラさん
ブログURL
https://marumoti.info/
ブログ紹介文
のんきな夫婦の平和な毎日の四コマブログです。
更新頻度(1年)

19回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2016/09/14

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、まるもちさんの読者になりませんか?

ハンドル名
まるもちさん
ブログタイトル
モコモコくんとサラサラさん
更新頻度
19回 / 365日(平均0.4回/週)
読者になる
モコモコくんとサラサラさん

まるもちさんの新着記事

1件〜30件

  • 久し振りの妻のお弁当

    妻は昨年サラリーマンを卒業しました。しかし、仕事は前にも増してするようになったので、別に暇になったわけではないのですが、時間を完全に自由に使えるようになった分、ストレスはかなり軽減されたようです。朝、通勤に焦ることもなくなったので、ある朝妻

  • カメムシの恐怖

    そろそろ寒くなってきました。この季節になると恐怖に感じるものがあります。夜、突然静寂を切り裂いて現れるグリーンモンスター・カメムシの存在です。ゴキブリと並び、好意的に感じる人はいないでしょう。先日も、夜二人でくつろいでいるところに、突然カメ

  • アラフォーの老化との戦い6 身につかないフリック入力

    スマホに変えてからずいぶん経ちますが、いまだにフリック入力ができません。ガラケー全盛期に携帯電話を購入し、ガラケー入力が染みついているのです。何度かフリック入力の練習をしましたが、とっさにやってしまうのはやはりガラケー入力であり、そもそもガ

  • 名残惜しい別れ

    休日に出掛けた時に、妻に用事があるので途中で別れて夫だけ先に帰ることがありました。用事が済んだら妻も家に帰ってくるのでしばしの間の別れではあるのですが。ここ最近はコロナ禍の影響であまり遠出をすることがなく、休日はほぼ一緒にいることが多かった

  • 妻の唯一の息抜き

    妻は昨年サラリーマンを卒業し、フリーランスとなり個人で仕事をするようになりました。サラリーマンとは違って、自分のやりたいことに集中できるからなのか、働く時間はかえって長くなっているように見えます。今年に入ってからの新型コロナの影響で在宅で仕

  • アラフォーの老化との戦い5 直前で変更される注文

    40歳も越えると、どんどん代謝が悪くなってきました。少しでも食べ過ぎ、飲み過ぎてしまうと、体重が増えたり、体調が悪くなってしまいます。もはや水を飲んでも空気を吸っても太るような感じがして、年がら年中ダイエットをしているくらいで丁度いいのでは

  • おみくじを引いて驚く妻

    令和2年も、もうすぐ折り返しです。前半を無事に終えることができたお礼と、後半の無事を祈りに、近所の神社へ出掛けました。しっかりと参拝を済ませることが出来たのですが、せっかくなのでおみくじを引いていくことにしました。妻はおみくじでいつもあまり

  • コロナ太りでダイエットの妻

    緊急事態宣言が解除されてからしばらく経ちました。自粛期間中は、例にもれず二人ともほとんど外出をしていませんでした。たまの散歩に出かけるくらいで、基本は家に閉じこもっていました。妻は以前は仕事やセミナー、勉強会などで頻繁に外出し、長距離移動も

  • 失敗する玄米炊き

    アラフォーに突入してから、いろいろと健康には気を使うようになりました。食べ物は特に気を付けるようになってきています。身体にいいと言われるもの、納豆やヨーグルトや色とりどりの野菜などが食卓に並びます。いつも健康のことを考えて食事を用意してくれ

  • 実家からの便りと手作りマスク

    新型コロナの影響で自粛生活が続いています。緊急事態宣言も延期されるようで、先行きが見通せない不安な状態です。そんな折、夫の実家から荷物が届きました。中身を見て見ると、日持ちのする食料品がたくさんと、手書きの手紙。そして手作りマスクが入ってい

  • テレワーク中のちょっかい

    新型コロナウイルスの影響で、自粛や休業の波が広がっています。夫の会社でもテレワークが始まり、オフィスへ出向くのは必要な時だけという状況です。通勤時間が無くなる、満員電車に乗らなくてすむなどの良い面もありますが、その分体を動かさなくなるので運

  • できなかった花見 来年への祈り

    新型コロナウイルスの感染拡大はとどまることを知らず、被害はどこまでも底を見せません。全国的に大自粛ムードの中、日々の外出も必要最低限にしています。休日に日用品の買物に出かけた時に、道路に立ち並ぶ桜が満開になっていました。世間の様子がどうであ

  • 新型コロナで早くなる帰宅時間

    新型コロナウイルスの感染爆発で、世界は様変わりしてしまいました。街や電車からは人が減り、目に見えないウイルスの恐怖が迫っています。皆様もどうかお気を付け下さい。一刻も早く収束してほしいと願っていますが、まだまだこれから何が起こるか全く分かり

  • 夫婦に見られない7

    以前から行ってみたいカフェがあり、休日に妻と行くことにしました。前回行った時は、かなり混んでいて並ばなければ入れず、その時は時間も無かったため断念していました。店に着くと、やはり混んでいました。しかし、ウエイターさんに、「横並びの席が一つ空

  • 見た目では分からないフルーツの美味しさ

    ある日、二人で買物へ行った時に、八百屋で野菜を物色していました。あれこれ野菜を選んでいる時に、ふと大きな柿に目が留まりました。つやつやと光沢を放ち、形も良く色も良く玉も大きく、とても魅力的に写りました。あまり果物を食べる習慣は無いのですが、

  • 2020年は生き方を見つめなおす年に

    明けましておめでとうございます。大分出遅れましたが、令和2年 2020年初投稿です。2020年は大変な年になりそうですね。いきなり年明けから中国の新型ウイルスに右往左往し、現時点では収束時期も不明です。そんな中、東京オリンピックも開幕するの

  • アラフォーの老化との戦い4 カニ旅行の悩み

    早いものでもう1年も終わりですね。この時期になると、夫婦の忘年会ということで、毎年一泊二日のカニ旅行に行っています。様々なことに感謝し、ゆっくりと一年の疲れを取ることを毎年とても楽しみにしています。今年も無事、二人でカニ旅行に出かけることが

  • 冷たい布団より暖かい布団

    いつの間にやらもう12月。寒くなって来ましたね。最近妻は、夫が寝床に入るまでなかなか寝ようとしません。なんでだろうと思ったら、眠る時に暖房はつけていないので、布団に入ってから暖まるまで時間がかかるのですね。末端冷え性の妻は、冷たい布団に入る

  • アラフォーの老化との戦い3 継続的な運動こそが

    少し前に実施した健康診断結果が返ってきました。あまり期待はしていなかったのですが、予想を遥かに上回る悪い結果となっていました。40も過ぎると体にガタがくるのは仕方ないこととはいえ、様々な悪化した数値を見るにつけ、このままではいかんと強く思い

  • 一人の食事の友にインスタントスープ

    妻が不在で夕食を一人で食べる時に、インスタントの味噌汁をよく飲んでいます。手軽で重宝していたのですが、毎回だと少々飽きてきてしまいました。スーパーに行った時に、たまには違うものをと思い、普段あまり飲まないインスタントスープを買うことにしまし

  • そんな旦那は居ない

    ある休日に、妻が出かける用意をしていました。どこへ出かけるのか聞いてみると、ネイルサロンに行くとのこと。特に夫はすることもなく暇だったので、一緒についていくことにしました。妻がネイルサロンに行っている間、夫は喫茶店で本など読んでいました。妻

  • 夫婦に見られない6

    ある日、仕事が終わる時間が丁度妻と同じ時間帯で、駅で待ち合わせて一緒に帰ることにしました。何かスイーツでも買って帰ろうということになり、あれこれと物色していると、シフォンケーキが目に留まりました。しばらく妻と悩んだ結果、抹茶シフォンに決定し

  • 調味料の賞味期限 どす黒いケチャップ

    夫も妻も、食べ物の賞味期限が切れて廃棄することが好きではないので、食材はあまり買い過ぎず、食べきれる分だけ買うことに努めています。無駄を出さずに二人で食べきれることが理想なのですが、そうはいってもたまにはポツポツと出てきてしまい、廃棄すると

  • 運転中の眠気覚ましで効果的なのは?

    夫婦で旅行に行った時のことです。たまには車でいろいろ回ろうということで、現地でレンタカーを借りました。夫はもう10年以上は運転をしておらず、あまり自信がありません。妻は最近仕事で車を運転することが多かったので、今回は妻に運転をお願いすること

  • 一人焼肉のハードルは高くない

    妻が遅い日であったり、家で食べるのが面倒だったりする日は、外食をすることがあります。あまり群れて食事をするのが好きではないので、殆どの場合単独で食事をします。どんな店でもあまり気にせず入っていくのですが、焼肉屋はなんとなく抵抗がありました。

  • 花を愛でる心の余裕

    休日に妻と二人で散歩をしていました。駅前にはちょっとした広場のような場所があり、ぷらぷらとそこまで歩いて行きました。すると、広場の花壇一面の花が、綺麗に、色鮮やかに咲いていることに気が付いたのです。満開に咲く色とりどりの花たち。「おお~・・

  • 紅茶を淹れる 逆ちょっかい

    いつもは妻が夫にちょっかいをかけることが多いのですが、たまには夫も反撃します。例えば、のどが渇いた時に紅茶を淹れようとした時のこと。「のどが渇いたから紅茶でも淹れるね」と妻に言い、妻は「わーい」と喜びます。しかし、「妻の分は無しね」と言い残

  • 夫婦に見られない5

    相変わらず、夫婦に見られない出来事がたまにあります。先日、スーパーへ買物に行った時に、洗剤や柔軟剤も買い求めました。食料品と一緒にするわけにはいかないので、夫が食料品の入った買物カゴを、妻が洗剤や柔軟剤を持ち、レジへ向かいました。レジで先に

  • 妻のつぶやきを聞く地獄耳の夫

    誰に聞かせるわけでもない独り言をつぶやくことは、どなたでも経験があると思います。妻もたまにぼそぼそと独り言をつぶやくことがあります。しかし、元の声が大きくしっかりしているので、聞こえていないようにつぶやいているつもりでも、大体こちらには聞こ

カテゴリー一覧
商用