chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
randonneuseのブログ
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2016/08/27

1件〜100件

  • 新しい自転車で好きな峠に登ってみた

    先月、新しい自転車を購入したことを速報として書きました。 タイムラグが常に激しくてお恥ずかしいのですが、ようやくそこまで記事が追いつきました(;^_^A これは昨年の春の終わりに、中古でかなり安く買って今まで乗っていた自転車です。 Vitus(フランス語読みでヴィチュス、英...

  • 記録出た

    ハマりつつある自転車アプリ、ストラバは毎回のサイクリングの記録をしてくれるだけでなく、1週間や1か月のトータルも出してくれます。 先週、1週間の自転車記録の自己最高記録が出ました✨ 距離300㎞ちょい、時間16時間弱、獲得標高7068mでした。 ちなみに今年に入ってからのト...

  • フランス再入国&ダウンヒル

    友人Oさんと、先月フランスとイタリアの国境になるアニエル峠にロードバイクで登った時のお話です。 前夜はテント泊だったので、早い時間に出発することが出来ました。峠へはおそらくフランス側からは一番乗りだったと思います。その後、イタリア側に少し(高低差で650mか700mくらい)...

  • ロードバイクでイタリアへ

    アルプス山脈の稜線は国境になっていることがあるので、車でドライブしているときはもちろん、ハイキングやサイクリング中にうっかり外国に行ってしまう!?こともあり得ます。 先月、友人Oさんとヒルクライムした峠もそれでした。 仏伊の国境になっているアニエル峠。 2744mで国内2位...

  • 念願だった峠道クライムにトライ

    アニエル峠は、フランスとイタリアの国境になる峠のひとつです。 2744mでフランスでは2番目、ヨーロッパ全体では3番目に標高の高い峠道になるようです。 景色が素晴らく、周辺にはハイキングが出来る場所もいくつもあるため、今まで何度も車で来ていましたが、今回は初めてロードバイク...

  • イケてないテント泊からの峠道ライド

    お山でテントで寝るからには、最大限映えたテント泊にしたい、と思うわたしに対して、わたしのロードバイク&山スキー師匠である友人Oさんは、イケてるイケてないという概念はゼロです(人生全般に置いて)😅 そんなOさんとのテント泊&サイクリング記です。 まずはOさんちに集合、Oさん...

  • 復活目前ランドローバー

    ひとつ前のブログに書いた、Dさんとの半日ハイキングの午後のお話です。 ハイキングした場所から、別の友人Oさんの実家が近かったので寄せてもらうことになっていました。 放牧をしている知人を、ディフェンダー(ランドローバー)を使って手伝っていたOさんの息子さんが事故って以来(本人...

  • 新しい友人Dさんとハイキング

    本題とは何の関係もない写真から。 最近の我が家での大ブーム・・・ 👇 昔よく作っていたのに、その存在さえ忘れていて2,3年作っていませんでした。急に作りたく(食べたく)なり、2週間で3回目の生春巻き。 ニョクマムや唐辛子で作る甘辛いソースも大好きなんですよね。 唐辛子が少...

  • 次男と夜ドライブデート

    先日、19歳の次男がいきなり旧車を買ってきたことを記事に書きました。 その時は、駐車場まで見せてもらいに行っただけでしたが、今回、乗せてもらいました。 我がアパートから徒歩2分ほどの建物の地下駐車場に停めてあります。 次男が自分で見つけてきて、自分で払っています。 おった\...

  • 体脂肪率とか、骨格筋率とか

    体重とか、体脂肪率とか全然気にしない性格で、体重も半年に一度くらい思いついて測る位。しかもデジタルでもないアナログな体重計で、体脂肪率とかそういうのも計れる体重計はうちにはなかったのですが、最近筋トレにハマり気味の長男が買ってきたので、わたしも計ってもらいました。 約1年ぶ...

  • マドレーヌ峠ダウンヒル後、お買い物

    7月上旬に、憧れの峠道のひとつ、マドレーヌ峠をヒルクライムした時のお話です。 立派な峠の石碑。 有名どころの峠でも、こんなのはなかなかありません。 峠道の様子。 ツールドフランス関係のサイトからお借りしました 👇 峠から17㎞手前の地点から書かれていますが、わたしが出発し...

  • 憧れのマドレーヌ峠クライム

    フランスのサヴォワ県にあるマドレーヌ峠は、ツールドフランスに通算22回登場したことのある有名な峠道です。 特に、片方の斜面は平均8%が19,3㎞続きます。ツールでも「HC(=Hors Catégory、カテゴリー超級)」扱いの険しい峠道なのです。 今シーズン、狂ったみたいに...

  • 大好きな峠道、両側から登ってみた

    大好きな峠道も色々あるんですが、中でも何度も登っているのがノワイエ峠道です。 ノワイエ峠道の最後のヘアピンカーブの辺り。 2021年9月の写真です。 自転車に乗り始める前には、いつも愛車デミたんで来ていました。 まさかここを自分が自転車で登る日が来るとは思ってもいなかった(...

  • やっぱりビンディングシューズは効果があるみたい

    ツールドフランスにも度々登場する有名なイゾアール峠道にてビンディングシューズデビューしたものの、期待していたほど効果を感じられなくて、少しがっかりしたことを前回書きました。しかし、すぐ翌日のサイクリングで意外なことが・・・ 午前中はしんどくないコース(25㎞、505mUP)...

  • イゾアール峠にてビンディングシューズデビュー(先月)

    一度、速報として簡単にご報告した先月の、遅まきながらのビンディングシューズデビューのお話です。 この週末は、わたしのロードバイク(と山スキー)の師匠である友人Oさんちに金曜の夕方お邪魔しました。 いつもはご飯時に到着しても、これといった料理が準備されていることはないのですが...

  • 昔よくハイキングしに来ていた地方でサイクリングしてみた

    1日目午前はアルプ・デュエーズ&サレンヌ峠を周回サイクリング。 悲しいほど質素なランチ後、町を散策して、夕方に手ぶらで近くの山頂までハイキング。夜はテント泊でした。 なかなか素敵でしょ、マイ・別荘地(違)・・・ 車まで戻ります。今日もサイクリングですからねー(^^♪ お、い...

  • 蚊に刺され、正体不明の虫に刺されたテント泊の夜

    今シーズン5回目になるテント泊。今のところ、毎回サイクリングとセットです。 初回だけ、土曜日にサイクリング、テント泊した翌朝の日曜日は山スキーでした。5月はそういう贅沢なことができる時期なんですよね・・・ 夕方の柔らかい光に包まれる我が家。 少し前まで、獲得標高1500とか...

  • サイクリングのあとちょっとハイキングしてみた

    午前中はお山をサイクリング、お昼には町に戻ってランチしてダラダラ。 街中をちょっと散歩してから、サイクリングをしたのとは反対方向の山に、車でやって来ました。 おやつも食べてゆっくりとしたので、だいぶ元気になりました。 ここから1時間45分で登ることが出来る山頂があるので、軽...

  • サイクリストさんの交差点、ル・ブール・ドワザン

    アルプ・デュエーズを経由、約9㎞先のサレンヌ峠に登って反対側に下り、ぐるりと回って出発地点のル・ブール・ドワザン(Le Bourg-d'Oisans)の町に戻ってきました。 時間はお昼前です。車を停めていたのは町中を流れる川(運河っぽい)沿いで、ベンチもいくつかあります。大...

  • アルプ・デュエーズからサレンヌ峠へ

    サイクリストさん達の聖地のひとつといえる、アルプ・デュエーズに自転車で登った時のおはなしです。 麓の町、ブール・ドワザンから約15㎞、高低差1100mちょっと。 それなりにしんどかったけれど、なんとか足つきなしで1時間37分で登りました。 アルプ・デュエーズはツール・ド・フ...

  • サイクリストの聖地・アルプ・デュエーズに登ってみた

    ツール・ド・フランスの山岳ステージでお馴染みのアルプ・デュエーズ。 峠道ではなくてスキー場への山道です。スキー場に向かって登るということにイマイチ魅力を感じず、今まで見て見ぬをしてきました。 しかし、うちから比較的近いところで、登っていない有名な山道がいよいよなくなってきた...

  • プチ・サン・ベルナール峠クライム

    プチ・サン・ベルナール峠はフランスとイタリアの国境になり、2188mとフレンチアルプスでは8番目の標高になります。 先月、峠道近くの湖でテント泊をした翌日、麓の町まで車で下りてから自転車で登りました。 峠道への出発地点はいくつかの選択肢がありましたが(途中からはどれも同じ)...

  • 久々(2週間ぶり)ソロテント泊の朝

    この夏のわたしの定番となりつつある、サイクリング&テント泊。 残念ながら、テントやシュラフ一式を担いでヒルクライムするだけの体力はないので、一度車まで自転車で下りてから適当な場所に移動するという、あんまりエコではないパターンです(;^_^A 朝一番にテントから見える景色。 ...

  • 湖畔でソロキャンプの夜

    サイクリングをした後、周辺にテント泊をする場所が見つからず、翌日にサイクリングをする予定の峠道までやって来ました。 以前にテント泊をしたことのある、駐車場からアクセスが簡単な湖があるのです。 歩き始め。 味のある水場ですが、残念ながら水は出ていませんでした(^-^; この辺...

  • サイクリング後にピクニック&お買い物

    ヴァノワーズ国立公園内の道路をサイクリングした日の午後のお話です。 午前中には距離31㎞、高低差1150mほどのサイクリングをしました。 これは目的地近くの湖にて。 お昼には麓の町に下りてきました。 お腹空いた・・・自転車アプリのストラバによると、941kcalが消費されて...

  • ロードバイクで懐かしい山小屋へ

    先月、ヴァノワーズ国立公園の境界線内に入ることが出来る山道をロードバイクで登った時のお話です。 最終駐車場の後に続いている一般車両は進入禁止の道路は、自転車はOKだったので、山小屋までやって来ました。 実はここは、2015年夏に初めて親子3人で泊まりに来た山小屋だったのです...

  • いかにもアルプスっぽい山道を自転車で登ってみた

    フランスの高いお山は、ピレネー以外は全てアルプス山脈に属するわけですが、それでも何となく「(日本人のわたしが思う)いかにもアルプスっぽい」気がする景色が広がっている場所のひとつがヴァノワーズ国立公園です。 お山にハマったきっかけになったのも、この地方の美しさだったように思い...

  • 1年ぶりのデミオ泊

    午前中にヨーロッパで一番標高の高いイズラン峠にサイクリング、午後には峠の麓の町の農家で働いている知人を訪ねてきました。 翌日もサイクリングの予定なので、ここら辺の山で寝ようと思ってテントを持って来ています。 これは先月の話で、お花盛りでした。 晩ご飯ピクニック、そしてテント...

  • 速報・新しい自転車買っちゃった

    1か月前の週末のサイクリング旅行記が途中ですが… この度、ロードバイクを新調してしまいました。と、言っても中古なんですけどね。ロードバイクってとんでもなく高いので、新品はとても手が出ません。 今まで乗ってたのはMサイズで、身長163センチのわたしには少し大き過ぎたのでした。...

  • イズラン峠サイクリング後、懐かしい人に再会

    わたしは単に、麓の町ランスブールからイズラン峠までの往復(65㎞、1600mUP)でしたが、自転車アプリのストラバの他の人の記録を見ると、他の峠道や山道も組み入れて120㎞や150㎞、獲得標高4000mとかもザラで、レベルの違いをまざまざと見せつけられます(;^_^A お昼...

  • 2度目のイズラン峠

    昨年10月の峠道が冬季閉鎖に入る前日にヒルクライムしてから2度目に登ったイズラン峠。 峠にあるチャペル。 開通して10日後くらいでしたが、例年よりもずっと雪が少ない冬春だったので、大して雪は残っていませんでした。 こんな感じの山道でした。 22,5㎞、獲得標高では1461m...

  • 2764mの峠道に自転車で登ってみた

    少し前に、「ヨーロッパで一番標高の高い舗装路であるボネット道路(2802m)をヒルクライムしたお話を書きましたが、今回は「ヨーロッパで一番標高の高い峠道」です。 サヴォワ県にあるイズラン峠(2764m、峠の看板には2770mとある)で、オート・モリエンヌ地方とオート・タラン...

  • 友人OさんのS体質が出た日

    わたしのロードバイクの師匠である友人Oさんと午後ライドに行った時のお話です。 この日は午前中、わたしだけ近場の峠道を距離18㎞、高低差700m、移動時間1時間半という短いサイクリングをしていました。 まずは、平均勾配5パーセントほどの緩やかな坂道を数キロ登った峠へ。 ここか...

  • 山道しか興味なくなってる

    1か月も経ってしまいましたが、フランスが3連休だった6月初めの週末のお話です。 お山地方の友人で、わたしの山スキー&ロードバイクの師匠であるOさんちにお邪魔していました。 午前中はOさんは自宅の補修工事の用事があったので、ひとりで周辺の峠道をサイクリングしてきました。距離的...

  • 速報・自転車でイタリアに行ってみた

    すんごい自転車旅行をしたみたいなタイトルですが、フランスとイタリアの国境になっている峠道に登ったというだけの話です😅 実は少し前にも、別の仏伊国境になっている峠にヒルクライムしていて、2度目の国境越えでした。 フランスで2番目、ヨーロッパでは3番目に標高が高い峠道、アニエ...

  • 時代に取り残されたみたいなカフェに入ってみた

    6月上旬にフランスが聖霊降臨の祝日で3連休になった週末のお話です。 お山地方の友人Oさんちに遊びに来ていました。 Oさんの飼い犬、ボースロンのラフィちゃん。 Oさんとは午後に一緒にサイクリングをする約束をしていましたが、午前中はおうちの補修工事の用事があるそうなので、朝のう...

  • 午後ライドとサクランボ狩り

    3週間くらい前の、まだサクランボがたくさん木になっていたいい時代のお話です(^-^; ちなみに、ひとつ前のキツいけどきれい峠道を登った日の午後になります。 この週末は、ちょっと久しぶりにお山地方に住む友人Oさんちに遊びに来ていました。 スキーと自転車がいっぱいあるおうちです...

  • キツ過ぎる峠道が好き過ぎる峠道になりつつある

    このブログでも何度か登場したことのあるノワイエ峠道。 ノワイエとはフランス語で胡桃の木のことですが、峠道の実質始まる地点にある「ル・ノワイエ」という名の村から名前が付けられています。 ノワイエ峠(2020年11月撮影) デミたんの親バカ写真ですみません💦 峠の標高自体は1...

  • 次男がどえらい買い物してきた

    大学生の19歳の次男が晩ご飯のときに「ねぇ母ちゃん。僕ね、今日車買った」 ブっっ💦💦 事前に何の相談もなかった_| ̄|○ ・・・まぁ保険料や駐車場代も含めて全て自分でアルバイトで稼いだお金で払うので(少し出そうか?と聞いたけど拒否)、文句を言うつもりはないけれど・・・ ...

  • 高低差1600mをダウンヒル♩

    ヨーロッパで一番標高の高い舗装路(2802m)に麓の町(1220m)からヒルクライムした時のお話です。 これは、2802mの地点から、峠(2715m)まで下りてきて。 ここボネット峠はフランスで3番目、ヨーロッパでは4番目に標高が高い峠道だというのに、どういうわけか、峠に看...

  • 2802mまでヒルクライム

    自転車&テント泊の旅の3日目は、ヨーロッパで一番高い舗装路である南仏のボネット峠道(峠からさらに少し上の地点)に自転車で登るのが目的でした。 ヨーロッパで一番標高の高い峠道は、サヴォワ地方のイズラン峠(2770m)で、ボネット峠自体は2715mでフランス国内では3位、ヨーロ...

  • サイクリング&テント泊の旅・2泊目朝

    この夏の定番アクティビティになった気がする「午前中はサイクリング、午後はボーっとしたり、ハイキングしたり、夜はテント泊」。 これは5月末のフランスが4連休だった週末ですが、そのパターンで2泊3日で旅をしました。 1日目はガリビエ峠、2日はイゾアール峠というどちらもツールドフ...

  • あの人と再会、からのテント泊

    フランスが4連休だった先月末の週末のお話です。 ダラダラと書いているうちに、また1か月近く経ってしまいました・・・ 1日目と3日目に峠道サイクリングをするので、2日目は休息日にするつもりでしたが、結局短い行程ながら、もうひとつ峠道サイクリングを組み込んでしまいました(^-^...

  • 休息日の予定がイゾアール峠クライム

    ガリビエ峠ヒルクライムの翌日のお話です。 夜はテント泊して、翌朝は自転車で登ったのとは反対側のオート・ザルプ県側に車で下りてきました。 この日の予定は、午後に南仏方面のお山地方に住む友達に会うことくらい。あとは、明後日にサイクリングする峠道の周辺にテントを張って今晩寝るつも...

  • 今季初めてのソロテント泊の朝

    憧れのガリビエ峠ヒルクライムの日はテント泊をしました。 この1週間前に、友人と今シーズン最後の山スキーをする前夜、一緒に今シーズン初のテント泊をしたところでした。ちなみに、その日も日中はグランドン峠という、これもツールドフランスにちょくちょく登場する峠道をサイクリングしてい...

  • サイクリングからのテント泊

    先月末、憧れのガリビエ峠ヒルクライムをした日の夕方のお話です。 ガリビエ峠から。サン・ミッシェル・ド・モリエンヌの町まで自転車で下りてきて、しばらく町でダラダラした後(一応休憩のつもり)、ついさっき自転車で下りてきた道へ、再び車で戻ってきました。 延々と続く坂道。 もう一回...

  • サイクリストの聖地・ガリビエ峠にて

    先月末に、ツールドフランスで有名なガリビエ峠(2642m)に自転車で登った時のお話です。サヴォワ県側のサン・ミッシェル・ド・モリエンヌ(715m)からテレグラフ峠(1566m)を経由、峠手前の除雪がされていない部分の道路は自転車を押して到着しました。 峠にいたサイクリストさ...

  • ヘロヘロになって到着したガリビエ峠

    先月末の4連休の初日に、昨秋に続いて2度目のチャレンジをしたガリビエ峠サイクリングのお話です。 標高715mのサン・ミッシェル・ド・モリエンヌを出発、1566mのテレグラフ峠を経由。スキー場のある町・1400m台のヴァロワールまで下りた後、ガリビエ峠道が実質的に始まるプラン...

  • 憧れのガリビエ峠に再挑戦

    ツール・ド・フランスでお馴染みのガリビエ峠(2642m)。1947年の第一回から通算35回行程に組み入れられていて、アルプスの峠の中で一番登場回数が多いのです。 昨秋、峠道が閉鎖される少し前に、ナンチャッテで少し下にあるロータレ峠(2083m)からだけ登ったことがありました...

  • 速報・ビンディングシューズデビュー

    今更過ぎて、恥ずかしい話なんですけど、ようやくビンディングシューズを購入、使ってみました。 たまたま週末、山スキーとロードバイクの師匠Oさんちに自転車しに来ていたので、Oさんの知っているお店に来ました。ロードバイクとマウンテンバイク関連商品を扱うお店です。 ロードバイク用の...

  • Dさんのお友達と合流のアフタースキー(5月下旬)

    長々と書いているうちに、3週間も経ってしまった今シーズン最後の山スキー記です。 雪のあるところはおしまいで、これから駐車場までは夏山歩くぞ~ってところで1枚。 岩々してて、スキー靴でちょっと歩きにくいんですよね・・・ 気合いで歩いていきます。 鮮やかな青色のジョンシアン(ゲ...

  • ラストスキー・下山編(5月下旬)

    新しい友人・Dさんと5月下旬の週末に、今シーズン最後の山スキーをした時のお話です。 一度稜線まで登った後、別の谷に位置する湖に登り返してきました。 湖の周りが融け始めていて、美しい水色にうっとりです。 ここから下りるつもりでいたんですけど、湖のすぐ上には簡単に行ける峠があり...

  • ラストスキー(5月下旬)・湖に到着

    知り合って間もない熟練山スキーヤーのDさんと今季最後の山スキーをした時のお話です。 この日の行程の中で一番高い地点だったクレット・ド・ラ・マルモッタン(2657m)。 中央に写っているのはロシェ・ブランといって、ここベルドンヌ山塊を代表するお山のひとつです。頂上の少し下をス...

  • 先週の自転車記録がイカれたことになっている

    先月下旬のラストスキー記がまだ書き終わっていませんが、スキーの話ばっかりでも飽きてしまうので、今日は日常の話題です。 自転車やランニング用の大手アプリ、ストラバの無料バージョンを使っているのですが、無料でも知らないうちに色々記録してくれています。 一週間単位でもトータルが表...

  • シーズンラストスキー(5月下旬)・前半

    5月下旬のスキーハイキング記です。 ご一緒したのは、前の週末に山小屋で知り合ったばかりのスキーヤーさんのDさんです。 夏山そのものといった青々とした景色の中を45分ほど歩いて、雪原に到着しました。 谷の奥に向かって進んでいきます。 雪原に入って数分の地点で。 後方に二つの峠...

  • 新しい友人Dさんと迎えるテント泊の朝

    5月下旬の週末のお話です。 土曜日に峠道サイクリングをして、午後に友人がテント持参で現地に合流してきました。 前の週末に山スキーをして泊まった山小屋で知り合ったDさんという方です。翌日の日曜日に一緒に山スキーをすることになっていました。 。 朝5時に目覚ましを合わせました。...

  • 今シーズン初のテント泊

    5月下旬の週末のお話です。土曜日の午前中は峠道でサイクリングしました。 午後には前の週に山小屋泊で山スキーした時に知り合った山スキーヤーさんが峠の駐車場で合流、一緒に夕方にハイキングをして駐車場に戻ってきました。 ところで、前夜、自宅でスキーの準備をしていて気が付いたのです...

  • 新しい友人、Dさんが合流

    5月下旬の週末に、ふたつの峠に登るサイクリングをしたことを4つの記事に分けて書きました。その日の午後のお話です。 車を停めていた標高450mの村まで下りて、自転車をトランクに入れて峠方面へ戻ります。午後に友人が車で合流することになっているのです。 タイトルにも書きましたが、...

  • 1600mのダウンヒル

    標高450mの村を出発、グランドン(1924m)とラ・クロワ・ド・フェール(2067m)という隣り合ったふたつの峠に登るサイクリングをした時のお話です。 ふたつ目の峠、ラ・クロワ・ド・フェール。 「鉄の十字架」という峠名そのままの記念碑の前でマイ・バイク撮影。 ラ・クロワ・...

  • 今夏のツールも通るふたつ目の峠へ

    先月下旬に冬季閉鎖を終えて開通したばかりの峠道に登った時のお話です。 450mの村に車を停め、パンクのアクシデントを経て、1924mのグランドン峠に登ったところまで書きました。 グランドン峠の360度の景色をご覧ください👇 グランドン峠(22年5月) 正式に開通した翌日だ...

  • パンクから復活!グランドン峠へ

    昨秋に続いて2回目のチャレンジになったグランドン峠。 途中でパンクしてしまったことを前回書きました。 手際よくお手伝いしてくださったおじさまサイクリストさん。 ありがとうございました✨ ところで、パンクした地点はこんなところでした👇 グーグルフォトの位置情報から。 出発地...

  • グランドン峠に2度目の挑戦(アクシデント編)

    少し前に、速報としてさらっと書いた「夢のような週末」のお話です。ちょうど2週間前になります。 少しタイムラグがましになってきたε-(´∀`; )ホッ 今回、1泊しかもテント泊の予定なので準備に少し時間がかかりました。 幸い、子供たちが前夜に荷物は全て地下駐車場の車の中に積ん...

  • さくらんぼで作ってみた

    フランスはサクランボの季節です。 マルシェで安く売っていた、少し熟し過ぎたサクランボを使ってお菓子を作ってみました。 サクランボで作るお菓子というと、誰もが思い浮かべるクラフィ―です。 オーブンで25分くらい焼きました。 おいちい(ノД`)・゜・。 3人で1日半でなくなりま...

  • 無事に下山の後、恒例の・・・

    前夜に短期留学から戻って来たばかりの長男も一緒に、一家3人で山小屋泊ハイキングに出掛けた時のお話です。 5月の中旬の週末でした。 雪がとても少ないシーズンだったので、これがラストスキーかな?と思いつつしみじみと!?滑りました。 山小屋から駐車場へと向かうハイキングコースでは...

  • 残雪のお山で家族3人で迎える朝

    5月中旬の週末に、大学生の息子二人と山小屋に泊ってハイキングしたときのお話です。 朝5時半の空。 山小屋の裏に出て撮りました。 宿泊客の2グループ(二人組と三人組)が朝ご飯&出発準備をしています。 春の雪山はお昼前には気温が上がってきて登りにくく、そして特に滑りにくくなるの...

  • 残雪の山小屋で過ごす夜(5月中旬)

    2週間ほど前に親子3人で雪の残るお山に1泊ハイキングしたときのお話です。 小屋からさらに谷の奥に進んだ手店の画像です👇 Torrent Bramans 雪解け水が小川に流れ込み、水の勢いが強いへんがとっても春らしく感じられました。 今回お世話になるアンバン山小屋。標高22...

  • 久々の山小屋泊での親子ハイキング

    2週間ちょっと前に、大学生の息子ふたりと残雪ハイキングに出掛けた時のお話です。 思っていた以上に雪が少なく、スキーを履けるまでに1時間半以上歩きました。 山小屋のベンチで楽しそうにおしゃべりする息子たち。 長男は、年始からブダペストに短期留学していて、この前夜に次男と空港ま...

  • 久しぶりに息子二人と一泊ハイキング

    年始から短期留学していた大学生の長男が2週間前に帰って来ました。 長男を空港まで次男と夜に迎えに行った翌日の朝5時半に、何かのトレーニングであるかのように早速3人でお山に出発しました。 次男と駐車場で。 元々、テント泊ハイキングをするつもりでいたのですが、5月の半ばというと...

  • ロードバイクで里山ウロウロしてみた

    アルプスの峠道も全てオープンしました。車を長時間運転して遠くの高いお山にヒルクライムしに行くこともできますが、うちから近い丘陵地で軽く半日ライドすることもあります。 少し前までは、自宅から直接自転車で出ていたものの、街中に住んでいるため、1時間弱かけて(しかも全力疾走で😅...

  • 怖いオブジェにまた会えた

    ロードバイク初心者のわたしにとっては、結構キツく感じる山道に2度目に登った時のお話です。 標高約1000mの村から出発、目的地は1600m台の山道の行き止まりの地点でした。やっぱりしんどかったけれど、なんとか足つきなしで登りきることが出来ました。 ハイキングコースの出発地点...

  • 好き過ぎる山道に再挑戦した

    暖かくなり始めてから自転車を再開し、少しずつ坂道も登れるようになってきたので、ちょっときつめの山道に満を持して!?今月初めに挑戦したときのお話です。 目的地の山道が始まる町にあるお気に入りのパン屋さんに寄っておきます✨ パンはもちろん、ブリオッシュ生地ベースのお菓子が悶絶も...

  • 自己最高記録が出た

    1ヶ月前後も前の出来事をダラダラと書いているのが持ち味の、このブログですが、今日はフレッシュな報告です。 ロードバイク初心者のくせに図々しいにも程があるんですが、サイクリストさん達の聖地(のひとつ)ガリビエ峠に登ってきました。 昨秋、冬季閉鎖する少し前に、オート・ザルプ県側...

  • リベンジ頂上しといた

    ドリームウイークエンドの報告のひとつ前に、スノーボーダー達とお山でお散歩したときの話を書きました。 ブログ初登場だった女子ボーダーのAちゃん👆(ポーランド人)が疲れて頂上まで行けなかったのでした(^-^; この週末はここから1時間ほどのところに住んでいる友人Oさんちに泊ま...

  • 夢のような週末が実現した

    先週末は、わたしにとってこれ以上は望めないくらい、贅沢な週末になりました。 ブログを昔から読んで下さっている方には、わたしにとっての「贅沢」が一般的な「贅沢」の意味とは少し違っていることにお気づきかもしれません。 土曜日の午前中は開通したばかりの峠道を登りました。 自転車ア...

  • スノボに混じって滑り下りた春の山

    スペイン人のスノボ乗り友達Nさんと、その仲間ふたりと4月末にまだ雪のたっぷりあるお山を散策したときのお話です。 この日初めて会った可愛いスノーボーダー女子Aちゃんがグロッキーで付いて来られなかったため、頂上は諦めました。NさんとJさんが稜線上の高くなっている「本日の頂上」で...

  • スノーボーダーさん達と歩く春の山

    スペイン人のお友達Nさんと、その仲間のJさん、Aちゃんという3人のスノーボーダーさん達と先月末、ポカポカと暖かい春の雪山を散策したときのお話です。 歩くのが早い目なわたしとNさんが先を歩く形でした。 通過地点の羊飼い小屋でJさんとAちゃんを待ちました。 4人揃ったので、休憩...

  • 久しぶりに登場のあの人とその仲間たち

    4月末のお話です。 このブログで「あの人」扱いされているのは誰のことか、定期的に読んで下さっている方にはもう想像がついていることかと思います。 「あの人」との待ち合わせに向かう途中。 もうすっかりお山には雪がないように見えるでしょうが、この場所から進行方向を見ると、違った景...

  • 隣人のおじさまと自転車した

    友人Oさんと峠道ライドした翌日のお話です。 この日は午前中はスキー、午後は自転車の予定です。 半日なので、手っ取り早く登って下りてこられる営業終了している近場のスキー場に来ました。前半はゲレンデ、後半はオフピステの部分から計800mほど登ります。 頂上(リフトの最終地点)ま...

  • 半年ぶりにキツい峠道に挑戦した

    先月終わりに、友人Oさんのところに自転車&スキーをしに遊びに行った時のお話です。 この日は自転車でキツい目の峠道に登ることにしました。 昨シーズンには3度登ったことのある山道で、うち一度はOさんちから直接出発しました。 その場合、別の峠も経由することになるのでさらにしんどい...

  • 今年初めてマーモットに出会った日

    タイムラグが少しだけましになって、先月下旬のお話です。 全体的にフランスのこの冬春は、かなり雪が少なかったのですが、特に降らなかったのがわたしの山スキー&ロードバイクの師匠の友人Oさんや、スペイン人スノーボーダーの友人Nさんが住むフレンチアルプス南部でした。 4月の下旬。仏...

  • 長男が帰ってきた

    先週の金曜日の夜に、年始からブダペストに短期留学していた長男を次男と一緒に空港に迎えに行ってきました。 元々は、昨年度に日本の大学に短期留学する予定だったのが、コロナ影響で中止になってしまっていたのでした。妥協策として選んだのが、大学の分校があるブダペストだったわけですが、...

  • 春真っ盛り&雪解け真っ盛りのスキー

    春スキーで、午後に気温が高くなって柔らかくなり過ぎた雪のことを、フランスではよく「スープみたいな雪」と呼びますが、この日がまさにそれでした。 気温が上がると、急斜面ではそれまで安定していた厚みのある雪が緩み、雪崩になることもあります。この日はスキー場から出発、ゲレンデを出て...

  • 避難小屋未遂になった日

    先月中旬のお話です。 避難小屋に泊まりたい病を発症し、やって来たのは、この1週間前に営業を終えたばかりの小規模なスキー場でした。ここからしばらくゲレンデを登ったのち、夏のハイキングコース通りに進むと、良さそうな避難小屋があるようなのです。 わたしが着いたときには、隣の白い車...

  • 新雪を独り占めした日

    1か月くらい前のお話です。 金・土と少しずつ雪が降った翌日の日曜日。もう今年は縁がないのかと思っていた新雪スキーを楽しむことが出来ました。 元々考えていた目的地から、少しだけ方向を変えて目指してきた稜線。 稜線、と思って登ってきたけど、結構延々と奥まで続いていて、どこまで登...

  • 春の終わりの新雪

    常に1か月ほどタイムラグがあってすみません。 先月中旬、新雪の日にホクホクとスキーに出かけた時のお話です。 行き先は、迷った末にボーフォータン山塊をチョイスしました。ただし、よく行くのとは違う方面で、冬に来たことはほとんどないエリアです。 チーズで有名なボーフォール村を通過...

  • クロッカスのお花畑に出会う

    先週、冬季閉鎖期間を終えて開通したてのモン・スニ峠道に自転車で登った時のお話です。 午前中に自転車、午後にスキーで散策のつもりが、雪がほとんど残っていなかったので峠の先にある湖の周辺をのんびりサイクリングしていくことにしました。 道路から少し外れたところに自転車を停めて、少...

  • 開通直後の峠道をロードバイクで登った

    まだ2,3ほど先月のスキー記が残っていますが、今日は近況です。 この冬春のフランスは、日本とは逆でフランスは例外的に雪が少なかったので、数ある標高の高い峠道のオープンは例年よりもだいぶ早い目だと言われています。 頻繁にロードバイクに乗るようになったのが昨年の秋なので、再開通...

  • 次男と1泊ハイキング・2日目

    大学生の次男とアルプスの山小屋(ヒュッテ)に一泊してスキー散策をしたときのお話です。 非常出口の窓から見える正面のお山。 お世話になったエギーユ・ダルヴ山小屋(2280m)のテラスにて。 スキーの裏にシール(滑り止め)を貼ります。 山小屋のわんこ・アスカちゃんと管理人さんが...

  • 次男と山小屋の夜

    19歳の次男と久しぶりに山小屋に泊ってハイキングをしたときのお話です。 昼間に着いた時には「夕方にビール頼もう(^^♪」と思ってたのに、既に日陰になっていた雪山散策から戻ってくると、体が冷えきっていたので結局自分で熱いインスタントコーヒーをいれました。小腹が減っていたので、...

  • アルプスの山小屋にて次男とランチ&午後のお散歩

    1か月前に大学生の次男と山小屋泊ハイキングをした時のお話です。 緩やかな谷沿いに登ってきて、山小屋(ヒュッテ)に到着したのはお昼過ぎでした。 2260mの地点にあるエギーユ・ダルヴ山小屋。 夏の3か月間に加え、2月から4月の雪の多い時期にも管理人さんがいます。スキーでハイキ...

  • 久しぶりに大学生の次男とお出掛け

    久しくブログに登場していなかった次男と1泊スキーハイキングに出掛けた時のお話です。 行き先は色々考えた末、その1か月前にひとりで泊った山小屋(ヒュッテ)にしました。 そちら方面に行くときに必ず寄るパン屋さんで食料調達です(^^)/ テレグラフ峠。ツールドフランスでおなじみの...

  • 名残惜しく下山編

    2泊した大好きな避難小屋を出て、峠へと向かう斜面で山岳救助隊員に(勝手に💦)探しに来られたところまで書きました。 最後はスキーを脱いで到着した2286mのメルレ峠。 これから下りていく斜面です。 ワクワクします(^^♪ 下り始め、峠を振り返って。 最初の部分だけ若干急にな...

  • ちょっとしたハプニングありの峠越え

    大好きな避難小屋に2泊してスキーハイキングしたときのお話です。 2泊目は消防士さんふたりと一緒になり、夜遅くにもうひとりスキーヤーさんが到着しました。 真ん中が真っ暗な中やって来たソロスキーヤーさん。 寝たのもわたし達よりも遅かったので、朝ご飯の途中に起き出してきました。 ...

  • 初めてロードバイクでこけた

    2泊スキーハイキング記を中断して、近況報告です・・・ タイトル通り、ロードバイクに乗っていて転んでしまいました(T_T) 週末によく行く郊外の丘陵地を回る距離65㎞、高低差800mの3時間ほどのコースに行った帰り、街中に戻ってきたときに悲劇は起こりました。 自転車レーンと歩...

  • 消防士さん達と過ごす2泊目夜

    1か月以上経ってしまいましたが、避難小屋に2泊しての山スキー記です。 2日目の午後に、消防士さんのおふたりが到着しました。今までに泊まった時はほぼ毎回誰もいなかったのですが、前の日も3人組の男の子がいて、今回は2泊とも他の宿泊者がいることになりました。 夕方。 お日様が山に...

  • 春の絨毯

    フランスでは、適度に柔らかくて滑りやすい春の雪のことを「(毛足の長い)絨毯」とよく表現します。 そんな春の絨毯の上を滑った避難小屋2泊の山スキー記の続きです。 避難小屋から午後のお散歩に出発しました。 これは振り返った景色。午前中は中央右奥の稜線部分の峠のすぐ手前まで登りま...

  • 避難小屋に新たなお客様到着

    我が家のごとく居心地の良い避難小屋泊のスキーハイキング、2日目午後のお話です。 2日目午前中に目指した峠は、最後が急過ぎたので、少し手前の適当な出っ張りを「本日午前中の頂上」ということにして、遅い目のおやつというか早い目のランチにしまし 風もなく、暖かて気持ちのよい休憩タイ...

  • 賑やかな避難小屋から、静かな雪山散策へ

    お気に入りの避難小屋に泊まって、雪山ハイキングをした時のお話です。 4時間くらいかけて到着したメルレ避難小屋。 今回で泊まるのは5回目。スキーで来たのは初めてでした。 この辺りは夏には羊の放牧地になるためか、羊のものと思われる骨が窓際においてありました。 マットレスばかりか...

  • パリジャンたちと避難小屋の夕べ

    今までに4回泊まったことのある一番のお気に入りの避難小屋に、初めて山スキーで行った時のお話です。 お昼過ぎに着いて、小屋内でランチを食べた後、午後の散歩に出て戻ってくるとパリから来た3人組の男の子たちが到着していました。 日が暮れるまでは外の方がぽかぽかと暖かいので、彼らと...

  • 午後のお散歩とパリジャンたちの到着

    前月末のスキーハイキング記です。 お気に入りの避難小屋に到着して、ランチしたところまで書きました。 今回で泊まるのが5回目になるメルレ避難小屋。 避難小屋LOVEなわたしですが、5回も泊まったことがあるのは、ここともうひとつしかありません。どちらも、小屋自体と、建っている場...

ブログリーダー」を活用して、randonneuseのブログさんをフォローしませんか?

ハンドル名
randonneuseのブログさん
ブログタイトル
フランスで山歩き
フォロー
フランスで山歩き

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー