プロフィールPROFILE

やがすりゆみこさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

筆者は小学生のころ弓道に出会い、高校生で弓道部に所属、右も左もわからず的中率に目覚めたのは最後の大会だったという悔いから、社会人になっても弓道をあきらめきれず地元弓道会へ。しかし学生弓道と社会人弓道の温度差が激しかったこと&社会の弓道に対する偏見にショックを覚え、社会人弓道の楽しさや難しさを知ってもらいたいという願いから書き始めました。内容は参考程度。 目標は全勤労大会に出場すること!

ブログタイトル
弓子の日記
ブログURL
http://kyudo908.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
弓道初心者の社会人が、初心者目線で備忘録的に書き綴ったブログです。拍手・コメント大歓迎。
更新頻度(1年)

13回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2016/08/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、やがすりゆみこさんの読者になりませんか?

ハンドル名
やがすりゆみこさん
ブログタイトル
弓子の日記
更新頻度
13回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
弓子の日記

やがすりゆみこさんの新着記事

1件〜30件

  • 弓子がツイッターを休止したわけ

    それはちょっとした呟きがもとでした。「遠的の引き方には二通りあるが、上半身を傾けるのは圧倒的不利なのは明らか」というくだりについて、私は疑問を持ちました。というのも、私は此のやり方で遠的をやってきました。圧倒的に不利なのが明らかなのは具体的にどういうことなのか知りたかっただけなのに、いろんなアカウントから「実績を作ってからいえ」とか「全日出てからいえ」と叩かれました。ツイッター弓道界隈ではよくある...

  • 2019年を振り返ってみる

    みな様お久しぶりでございます。あっというまに2019年も過ぎようとしていますね。ここで、この一年間を振り返ってみたいと思います。1月 余興的の花的を的中。2月 百射会では脱落せずに百射引ききった3月 インフルエンザにかかる4月 弓仲間と合宿&大会出場5月 大型連休で山陰地方を車中泊し、最終日に弓の大会に出るもカケを忘れ自宅へ戻る&肥後三郎を保育することになる6月 小学生弓引きさん登場&交通事故に遭...

  • 【本日の教養】弓道修練とメンタルタフネスについて

    三段審査の学科試験問題になりますが、「弓道修練を実生活にどのように応用しているか述べなさい」というものがあります。弓子の中では、「普段の生活からかけ離れた、趣味としての弓道をやっているのだから、日常生活と関連付けることなんて不可能では?(;´・ω・)」と思っていました。射即人生とはいうけれど、それって四六時中弓道のこと、弓のことを考えていれば日常生活の中に弓が生きていることになるのだろうかっていうと、そ...

  • 五段審査、受けてきました

    先日の五段審査に受けてきました。結果は「合格ならず」(T_T)審査員長から「手の内と目使い」との講評のお言葉をいただきました。手の内は前々から課題で、小指の長さは他の人と変わらないのに関節と関節の間で短い部分があるようで、なかなかうまく作れません。今回の審査では射全体はよかったと評価されましたので、手の内の三指をできるだけそろえることと、拇指が曲がらないようにすることが最優先課題なのかなと思いました。...

  • 一燈斎と過ごして一年が経ちました!

    一燈斎が弓子の手元にきて一年が経過しました(*´ω`*)成りを見ると若干上が膨らんできてるかな、、、手の内がまだまだ未熟ってことなんですかね(T_T)最近中りが出てきて、この前の月例会でも安定して的中してました。大三で固いかなと思ったのですが、右肘が的の中に入るようなイメージで会に入ると、ポーンと矢が的の中につっこんでいきます。だんだん懐いてきたかな(*´ω`*)これからもよろしくお願いします(*'ω'*)...

  • 前離れについて

    「あんなにきれいな射形なのに、中る射形なのに、中らないんだ」綺麗な射形とは言われ続けてかれこれ数年。県の会長からもお褒めの言葉をいただき、「あの子はいったいっどこの子だ」と言わしめるくらいだったらしいけど、、、、中らない。いつも矢所は的の前です。そう、前離れです。なんであんなところに飛んでいくんだ?? 弓子自身も首を傾げ、師匠もなやませている次第、、、原因をいろいろ考えてはみたけれど、データばかり...

  • 足踏みについて(日置の源流より)

    足踏みがなぜ一番最初にかかれているのか。その問いに、弓法難問答弓歌之巻ではこう答えています。~以下、訳および要約~勇壮さを備えた射は足踏みで分かる。八文字に開いて、足と心をつなぐのだ。敵を射抜きたいと思う心は不動の足踏みあってのものである。(中略)ソソリ、早気といったよこしまな気持ちをよせつけず、狙ったものは外さない、そういった姿をもとめるならば技術よりもまず足踏みから始めるべきである。千里の道も...

  • 神代四弓について

    友人から借り受けた「日置の源流」(太陽書房)を読んでいる今日この頃。そこから得たことや気づきなどをこちらにアップしていきます。全文を載せることは致しませんので、悪しからずご了承ください。【神代四弓について】「じんだいしきゅう」と読みます。日置の源流の中にある「弓法難問答弓歌之巻」に、我が国の弓術の起源について言及があり、それが神代四弓と解説しています。分かりやすく言うと、神々の霊験によって現れた弓...

  • 弓道部の見学で質問したい三つのこと

    新年度、弓道に興味を持った方、かつて弓道をやったことがあるけど中断していて再開したいと思った方、いらっしゃると思います。弓道それ自体は変わっていませんが、それを取り巻く環境は激変しました。さて、これから弓道をはじめたい、再開したい人に向けて、弓子からメッセージを送りたいと思います。弓道をはじめたい人に向けては、まず弓道を何かしらの形で知っていただいてありがとうございます(*'ω'*)最近はメディアにも多...

  • 矢羽問題について

    また問題になりましたね。まだ公式HPにアップされていませんが、先の講習会で厳しく言われたところからすると、またやってしまったのかなという印象です。今回の事案はトレーサビリティ証明書が単なる紙っぺらとしか思われてないのが表面化したものだと思います。まだ確たる情報がつかめないままこのようなことを書くのは憚られますが、以下の文章は弓子が感じる矢羽問題についてであって、私的な意見であることをご了承ください。...

  • 弓を10年間近く続けて思ったこと

    弓子が弓道をはじめたのが高校生なので、ちょうど今年で10年近くなろうとしています。大学では引いていなかったので高校生三年間+社会人六年間でちょうど9年。概算で10年ですね。それくらいやってると、以前ブログに書いたように顔なじみが増えていき知見も得られて楽しくなっていく反面、他の趣味をやっていないため「本当にそれでいいのだろうか」と心のどこかで思ってしまう自分がいることに気づきました。同じ高校の部活...

  • 床の間に弓を飾ったことある?

    2019年が始まってましたね。これからもどうぞよろしくお願いします。さて、ある日の職場の給湯室で。弓道経験者Bと話をすることがあってお正月何をしていたかの話題になりまして。弓子「お正月は何してました? 私は初射会いってました。最近弓引いてますか?」B「弓はもう引いてません。だけど弓を久々に張って床の間に飾りました」弓子「(゚д゚)」B「高校から使ってる練心なんですけど、結構趣きがあって家族に好評でした」弓子「...

  • 竹弓レビュー②

    実は弓を購入してからちょこちょこ日記をノートに書いていったのですが、ここで整理して書いていきたいと思います。~購入して一週間目~張り込みをしたまま一週間経過。その間に和紙で成りを写し取っておく。~購入して二週間目~【気温】 平均18度(夜はだいたい10度前後)【天気】 夜間に弓を引くので夜は晴れていた。【道具】 2015巻藁矢(遠的用から転用) 麻弦の富士(1.7匁) 【様子】弓をいったん外して裏反りをみた...

  • 2018念はお世話になりました

    2018年もあと少しですね。平成最後の年末年始なんて言われますが、皆様はいかが過ごされましたでしょうか。2018年で購入したもの・一燈斎・弦(5本+もらいの1本)・弓ごよみ・現代弓道と教歌(いただきもの)・たすきさばき・正法流要諦(コピー)・着物(付け下げ・絽の小紋)・万年筆結構金額の大きなものを買いました。なのでボーナス半年分は使い込んだ模様です。必要なものだし、これからの資産になると思えばお金のあるうち...

  • 新しい示現登場!!

    実は三か月ほどまえから出ていたのは知っていたのですが、、、示現にニュータイプが出たヽ(≧∀≦)ノ名前は示現スペシャルバンブーどんなスペックなのかとても気になりますね。~以下、ホームページ抜粋~示現スペシャルバンブーは、芯材の両面に竹を使用しております。 一般的なグラス弓の芯材は、ほとんどが木質部ですが示現の芯材は、70%近くが竹を使用して製作されておりますので大三から会にかけて引き味が柔らくそして離れでの...

  • 竹弓レビュー

    一燈斎を引いて三か月がたちました。東京へ弾丸メンテナンス旅行をしたところ、「本当に引いてます?」と言われたくらい、関板もえぐれていないし成りも変化がなかったとのこと。たしかに、ちょっと大事にしすぎたかなあと思う節はあります。当初は一日20射前後を週に二~三回くらいしか巻藁を行ってなかったので一週間にトータル40射~60射くらいしかしてません。一か月(9月~10月中旬)に直すと120射前後といったところでしょう...

  • しずおか射会へ行ってきました

    しずおか射会へ行ってまいりました。このようなSNSを通じた射会は初めてで、みなさんアカウント名で呼び合ったりしていて新鮮でした。いつもはローカル大会のみで引き方もみな同じようなものなのですが、今回は全国から集まったということもあり様々な引き方、道具を見ることができたのが大きな収穫でした。また、なにより同年代と立を組めたというのが一番の印象に残りました。まだまだ県内では同年代の弓道愛好家は多いとは言え...

  • 一燈斎と的前デビューしました!

    ついにこの時が来ました。一燈斎が的前デビューしましたv(o゚∀゚o)v本当は10月の下旬にはすでに的前で数本引いていたのですが、裏反りもだいぶ落ち着いて弦を外してもすぐに裏反り20センチにもどらなくなったので本格始動することになりました( ^ω^ )早速的前で40本ほど様子を見ながら引きました。一燈斎は握り部分が太い印象で、側木が内竹より外竹の方が出っ張っている台形型をしています。そのせいなのか、いくぶん握りやすいです...

  • たすき掛け時の弓の扱い方

    たすき掛けののとき、弓をどう扱えばいいのか、参考本を読んでもいまいちわからないですよね。少なくとも弓子は読んでみただけではわかりませんでした(;^ω^)襷をかけるのは弓矢を持たなくてもできるんですが、弓矢を腿に預けながらやらなきゃいけないのが第一関門。。。これが難しいんですよ。一応写真付きで書いてはあるのですが、なんかうまくいかないなんて思ったことはありませんか?弓子は当初、以下の点で悩んでいました...

カテゴリー一覧
商用