searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

ももさんのプロフィール

住所
板橋区
出身
未設定

ネコの腎不全・猫下部尿路疾患など腎臓病の種類と初期症状や末期症状、治療法やかかる費用と食事はどんなものを食べさせたらいいのか、食べない時にはどうしたらいいのか?腎臓病用の手作り御飯のレシピや注意点についてなどの腎臓病と上手に付き合っていく方法を紹介します。他にも自宅でできる腎臓病を予防する方法についても紹介します

ブログタイトル
ネコの腎臓病の症状と治療法と食事、自宅できる予防法
ブログURL
https://nekojinzoubyou.hateblo.jp/
ブログ紹介文
ネコの腎不全などの症状、治療や費用や食事。ネコの腎不全と上手に付き合って長生きできる方法について
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2016/08/19

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ももさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ももさん
ブログタイトル
ネコの腎臓病の症状と治療法と食事、自宅できる予防法
更新頻度
集計中
読者になる
ネコの腎臓病の症状と治療法と食事、自宅できる予防法

ももさんの新着記事

1件〜30件

  • 腎臓病のネコにおやつを食べさせても大丈夫?ちゅーるは?

    ネコの宿命ともいえる病気慢性腎不全。確実な予防法がない今、多くのネコがかかっている病気です。 腎臓病にかかるとキャットフードをタンパク質やリン、ナトリウムを減らした「腎臓病用療法食」に切り替えるのですがこれがなかなかグルメなネコのお口に合わないことも多く私たち飼い主の頭を悩ませています。 食べてくれる療法食を見つけるまでは頭の中の約7割ぐらいは「どうしたら療法食を食べてくれるのか?」に占められる程と言っても良いかもしれません。 「たまには美味しいおやつでもあげたいなぁ~」と思う気持ちになりますよね?「でも、腎臓病にかかってるし、悪化させたくない!」という想いと葛藤していると思います。そして、『…

  • ネコの腎臓病にモリンガ茶は効果的?

    ネコにとって、腎臓病は避けることのできない病気と言われています。他の動物と比べると腎臓不全での死亡率がダントツに高くなっています。 特に老猫(高齢猫)の場合は腎臓の機能が低下しているため腎不全にかかりやすいと言われています。 nekojinzoubyou.hateblo.jp 私たち飼い主としては、できる限り大切なネコに1日でも元気で長生きしてほしいと思っています。 そして、ネコにとって良い物を飲んでもらったり食べてもらいたい!と思っている飼い主さんは少なくないと思います。 モリンガ茶 猫 腎臓 以前、【モリンガ茶 猫 腎臓】というキーワードで検索して当サイトに来てくれた方がいました。 でも、…

  • 猫が口内炎で腎臓病フードや水を食べない・飲まない時にできる5つの工夫

    腎臓病が進行して、尿毒症が起きてくると口の中の粘膜や胃粘膜が荒れてしまい 口内炎や胃炎になることが多く口の痛み、吐き気などから食欲低下して、水を飲まない・腎臓病用フードを食べてくれないことがあります。 体力をつけるためにも何か食べて欲しい…そんな時に私達飼い主ができる工夫があります。 フードを温める 腎臓病に限らず、好みのフードを常温ではなく、ちょっと温めてみるのもおすすめです。 ウエットタイプはレンジ、ドライフードはドライヤーなどで少し温めるとフードの匂いや風味が強くなり猫の食欲を増進してくれる可能性があります。 トッピングで気を引く 腎臓に負担をかけ過ぎない程度にかつお節や猫缶など好みのも…

  • 腎不全のネコは歯周病・口内炎・歯肉炎などのお口のトラブルになりやすい?

    腎不全と診断されたネコがフードを食べる時に口の中を痛がってる様子はありませんか? ネコも腎不全になると口内炎、歯周病や歯肉炎など口内トラブルを起こしてしまうことが多く見られます。ただでさえ腎不全になると食欲が落ちて食べなくなってしまうのに、口内炎や歯周病、歯肉炎になると食べたくても食べられないという状態になってしまいます。 腎不全のネコが口腔トラブルになりやすい理由は? 歯周病や口内炎、歯肉炎などの口腔疾患にかかっていなかったネコでも腎不全にかかると口腔疾患にかかったり、悪化することがあります。 どうして腎不全になると歯周病や口内炎、歯肉炎になりやすくなるかというと、腎不全になると、腎臓の機能…

  • 腎不全末期のネコの症状とは?残された時間はどれぐらい?

    ネコが腎不全の末期と告げられた時、どうしたらいいのか…ショックですね。 諦めたくない苦痛なく安らかな時間を過ごして欲しい本当に色々な感情が出てくると思います。 ネコの腎不全の末期症状とは? 腎不全は腎臓の機能が少しずつ低下していき、治ることはありません。ネコの腎不全の末期は、腎臓がほとんど機能せずに尿毒症・食欲が全くなく食べない・吐く・神経症状が出て痙攣などの症状が出ます。 腎不全の症状として、多飲多尿・食欲低下・体重が減る・毛づやがなくなるなどの症状があります。適切な治療で投薬・食事療法などで腎臓の機能低下をできるだけ緩やかにし、腎不全の進行を遅らせることはできますが、完治はしません。 腎不…

  • アニモンダ インテグラプロテクト(腎不全準療法食ウエットタイプ)は食いつきがいいらしい!

    ドイツのアニモンダ社の腎不全用の準療法食のウエットタイプです。ネットでの評判を見ると、わりと食いつきがいいと好評なようです。 日本の動物病院ではあまり取り扱っているところがなく、療法食としてではなく、ケアフードとして位置付けられているフードです。 アニモンダ インテグラプロテクト(腎不全準療法食ウエットタイプ)の特徴は? 味はチキン・ポーク・ビーフ・ターキーの4種類あります。同じ味ばかりだと飽きてくる猫にとっては4種類の味があるとローテーションができるので、飽きるまで時間をかせげたり、好きな味を見つけることができるかもしれないですね。 低リンで腎不全で食欲が落ちてきても美味しく食べられる工夫が…

  • 腎不全末期で尿が出ないネコにタンポポ茶ショウキT-1エキスが良いらしい

    タンポポ茶というと、冷え性や母乳が出るようになると言われて女性なら一度は耳にしたことがあると思う漢方です。そのタンポポ茶を腎不全のネコに飲ませることもあると耳にしたので、本当に腎不全のネコに飲ませてもいいのもなのか、どんな効果が期待できるのかを調べてみました。 腎不全でおしっこが出にくい・出ないネコ 腎不全でおしっこが出にくい、または出なくなってしまったネコにタンポポ茶を飲ませるといいという事らしいのですが、どうしてタンポポ茶がいいのでしょうか? 調べてみると、タンポポ茶には解毒作用・利尿作用があり、腎不全でおしっこが出ない・出にくくなったネコの飲ませるとおしっこが出るようになって、体調も少し…

  • ネコの腎不全にクマザサは良いの?

    ネコが腎不全と言われた日から、とにかくネコが苦しまないように、快適に元気に暮らせるように何か良いものはないかと探します。もちろん、病院での治療と並行して、サプリや食事、水、漢方と色々と試してみたいですよね。 よくネコの腎不全にいいものを探してネットをしていると見かけるのが“クマザサ”です。どうやら、獣医さんも薦めてくれる方もいるようです。 個人的にはクマザサというと、お茶のイメージがありましたが、腎不全のネコにはどうやって与えたらいいのか、どんな効果があるのか調べてみました。 腎不全のネコにクマザサエキス 腎不全のネコにクマザサエキスを与えている飼い主さんは多くいます。獣医さんからクマザサエキ…

  • 皮下輸液だけで栄養がとれるのか?

    皮下輸液だけで栄養がとれるのか? ネコが腎不全になった時、皮下輸液をするようになったり、食欲不振からフードを食べなくなったりします。 ネコがフードを食べなくなっても、皮下輸液をしていれば大丈夫なのでしょうか?生きていく栄養素やカロリーは皮下輸液に含まれているのでしょうか? 輸液剤の種類 皮下輸液に使われて輸液剤には種類があり、基本的には腎不全のネコには複合電解質輸液というものが使われてます。複合電解質輸液は更に等張性電解質輸液剤・低張性電解質輸液剤に分かれ、多くの腎不全のネコには等張性電解質輸液剤が使われています。 等張性電解質輸液剤とは…電解質濃度がネコの体液の濃度とほぼ同じ輸液で ・生理食…

  • 自宅でするネコの皮下輸液の注意点とコツ

    腎不全のネコに自宅で皮下輸液をするときの注意点とコツについて紹介します。 自宅で皮下輸液をすることはネコにとってはストレスが少ない自宅で治療を受けることができ、飼い主にとっても経済的な負担を減らして、毎日自宅でネコと一緒に生活できるメリットがあります。自宅で皮下輸液を始める前にはかかりつけの獣医さんから説明を受けたり、練習をすると思います。皮下輸液の一番のコツは獣医さんから説明をよく聞くことです。こちらはあくまでも参考や復習のために見てくださいね。 自宅で皮下輸液をする時の注意点 まず前提として、皮下輸液を行う時には清潔な環境で滅菌済の医療器具を使い、できるだけ無菌状態でする必要があります。ま…

  • 腎不全のネコが食事をしない時に食べさせるにはどうしたらいい?

    腎不全のネコが療法食を食べないという話は食の好みにうるさいネコにはよくある話ですがまったく腎不全用の療法食を食べてくれないと困ります。 なんとか食べてもらう方法はないのでしょうか? どうして療法食を食べないの? 腎不全になったら、腎不全用の療法食を食べるのがネコの身体にとっては一番いいのですが、いくら食べて欲しくても頑として食べてくれないことも少なくありません。どうして腎不全用の療法食を食べないのでしょうか?考えられる理由はいくつかあります。 単純に美味しくないから(嫌いだから) 腎不全が悪化して食欲が低下しているから 腎不全になり、好みの食感や形が変わった 突然療法食に切り替えられたのがイヤ…

  • ネコの腎不全にかかる治療費はいくらぐらい?

    ネコが病院に行くと結構な費用がかかってしまいます。愛する家族だからいくら治療費をかけても惜しくはない!そう思う気持ちといったいいくらかかるんだろう…という不安な気持ちが出てくると思います。 ネコの腎不全にかかる治療費はいくら? ネコの腎不全の疑いがあると最初に検査をします。行われる検査は尿検査、血液検査、超音波検査などを行い、結果から腎不全の診断がされます。 ネコが腎不全と診断されたら治療が開始です。急性腎不全は治る病気ですが、慢性腎不全は残念ながら治らない病気です。 腎臓の機能低下をできるだけ遅らせる腎臓に負担をかけない食事をする この2つが腎不全治療のメインになります。 腎不全の症状を軽減…

  • 腎不全のネコのサプリ:カリナール

    カリナールにはカリナール1とカリナール2の2つの種類があります。どんな違いがあるのか調べてみました。 カリナール1について カリナール1は食物由来成分で消化管内でリンをしっかりとキャッチしてネコの腎臓の健康をサポートするサプリメントです。 カリナール1の特徴 消化管ないで食物由来の成分でリンをキャッチ(吸着)することで、腸からリンが吸収されずに便と一緒に排泄される 無味無臭のパウダーなので普段ネコが食べているフードの味の邪魔をせず、与えやすい。 療法食と併用することでリンの吸着・毒素低減をサポート 原材料 マルトデキストリン、炭酸カルシウム、キトサン、クエン酸カリウム 成分 粗タンパク質 5.…

  • 自宅でできるネコの皮下輸液のやり方

    水分補給のため行われる療法です。ネコは人間と比べると皮下がだぶつきがあるので、比較的多く液体を入れることができます。 皮下輸液をすることで水分を強制的に補給して脱水状態を改善してネコの体内に溜まっている毒素を少しでも多く排出するために行います。 皮下輸液をすることで、ネコの腎不全は治りませんが、脱水が改善されて、溜まっていた毒素が排出することでネコは体調が楽になります。少しでも快適にネコが生活できるようにするためには必要な治療になります。 自宅でネコの皮下輸液をする方法(皮下輸液のやり方) 皮下輸液には大きく分けて2つの方法に分けられます。 1:シリンジで輸液パックから1回分ずつシリンジリに吸…

  • 腎不全のネコのサプリ:レンジアレン(リン吸着剤)

    腎不全のネコに与えるように獣医さんから勧められたり、ネットで腎不全のネコにレンジアレンを与えるブログを目にすることがあります。多くの飼い主さんたちがネコの状況が改善していると実感しているようです。 レンジアレンの効果って? レンジアレンは実はお薬ではありません。サプリメントという位置づけになっているリン吸着剤です。効果を一言でいうとリンを吸着することです。 リンって何?猫の身体に悪いの? そもそもリンを吸着してくれるって言うけど、リンって何?猫の身体にとって悪い物質?と気になりますよね。 リンとは、ミネラル(無機質)という生きていくために必要な栄養物質です。骨・歯などを形成する他にも筋肉・脳・…

  • ネコの腎臓病用サプリ、活性炭ってどんなもの?

    腎臓不全のネコにとって長いお付き合いになるのが活性炭です。でも、活性炭ってネコの腎臓にとってどんな役に立つのか気になりますよね。 活性炭の働き 猫の腎臓が悪くなると、血液の老廃物をろ過する機能が低下します。そうなると、ネコの体内に尿毒素などが溜まってしまいます。活性炭は腸内で溜まっている尿毒素を吸収してくれて、そのまま便として身体の外にだす働きをしてくれます。 BUN(血中尿素窒素)、Cre(クレアニチン)、Pなど約3000種の物質が尿毒素とされています。 活性炭をネコに服用させることで、それらの尿毒素が活性炭にある小さな穴に付着し、便と一緒に排出させます。腎臓病のネコにとっては不可欠なサプリ…

  • ネコの腎臓病の治療 静脈点滴と皮下輸液ってなに?

    輸液と点滴の違いは? 輸液は「液体を身体の中に注入する治療法」と広い範囲を指したり、輸液剤のことを輸液という事もあります。 点滴は静脈など血管に投与する治療のことを指します。ですから、厳密にいうと「皮下輸液」ですが、違いを知っているだけで良いと思います。 輸液(点滴)をする目的は? ネコの腎不全の治療では脱水の症状を改善するために行われることが多いですが、単純に水分の補給というだけではなく、 おしっこの促進で体内に溜まっている毒素を排出(デトックス)する脱水によって足りなく電解質(ミネラル)の補正・維持のためビタミンや薬を混ぜて栄養状態を改善するため 上記の3つのような目的もあります。 一般的…

  • イースター:プロステージ ル・シャット デトレ、リニューアルして乳酸菌追加!

    ベッツセレクション 腎ケアと同じ会社イースターが販売してい腎臓に配慮しているケアフードです。プロステージ ル・シャット デトレにも活性炭が配合されています。うちの腎臓の数値が気になるネコにも良さそうです。 イースター社プロステージ ル・シャット デトレの特徴は? 活性炭配合(ヘルスカーボン(R))有害物質を吸着して便と一緒に体の外に排出する作用があります。 ナトリウム低減味付けは塩分を強く感じるようです。その秘密はフードの表面に振りかけて味を濃くしているそうです。総合的なナトリウムの配合は制限されています。 低アレルゲンアレルギーに配慮して、トウモロコシ・小麦・大豆は不使用で、穀類は米を使って…

  • ベッツセレクション 腎ケアは腎臓にいいの?

    日本のイースター社が臨床獣医師と共同開発した“動物病院専用”の特別療法食です。 ベッツセレクション 腎ケアの特徴は? 最大限に嗜好性を重視した配合 腎臓病になり、活力が喪失したなどで食欲不振になっているネコのために最大限嗜好性が重視された配合になっています。体力が衰え気味のネコの栄養に配慮し、総合栄養食(米AAFCC基準)に匹敵する栄養バランスになっています。 ヘルスカーボン(R)入り 1日100g食べると、200mgのヘルスカーボン(R)を摂取することができます。 低アレルゲン仕様穀物類は米のみ使用して、アレルギーになりやすいトウモロコシ・小麦粉・大豆は使用されていません。 合成着色料・合成…

  • スペシフィック猫用 FKD ドライは腎臓にいいの?

    ネコの腎臓病療法食のひとつスペシフィック猫用 FKD ドライは腎臓病以外にも肝臓・心疾患の療法食としてしても使われることがります。シュウ酸カルシウムもケアしてくれる腎臓病療法食として獣医さんから薦められることも多いようです。 スペシフィック猫用 FKD ドライの特徴は? ・低ナトリウム、低リン・低タンパク質で腎不全に配慮をしている ・シュウ酸カルシウムに効果がある腎臓に配慮しながらも、シュウ酸カルシウム予防する効果が期待できるフード ・酸化防止剤、合成着色料、合成フレーバー未使用合成着色料を使っていないので、フードの色にバラツキが見られます。 ・魚油を多く使っているため、独特の匂いがします魚油…

  • ヒルズ 猫用 k/d ドライ 科学的に検証された腎臓病療法食

    ヒルズ 猫用 k/d ドライは腎臓病・心臓病の療法食として獣医さんから薦められる療法食のひとつですね。ネコのQOL(クオリティオブライフ)の維持が科学的に証明されています。 ヒルズ 猫用 k/d ドライの特徴は? 腎臓とQOL(クオリティオブライフ)の維持に役立つことが科学的に証明されてる ・低タンパク質・低リン・低ナトリウム腎臓の負担を減らすために低タンパク質・低リン・低ナトリウムにしている。腎臓病になるとビタミンB群が失われやすいので、ビタミンB群を強化している。 ・可溶性繊維血液中の窒素を減らして腎臓への負担を減らすために可溶性繊維が含まれています。 ・抗酸化成分活性酸素から受けるダメー…

  • 猫用ロイヤルカナン腎臓サポートドライは腎臓にいいの?

    ROYAL CANIN(ロイヤルカナン)というと、有名なペットフードブランドですね。ペットの健康を考えたペットフードとして獣医さんからも薦められる腎臓病の療法食としても使われています。 ロイヤルカナン 腎臓サポート ドライの特徴は? 慢性腎臓病の療法食として特別に調整されている リンの含有量を制限している タンパク質や必須脂肪酸の含有量の調整をしてい 他にも猫が好きな香りで食欲を刺激しているので、腎臓病で食欲が低下しているネコに配慮をしている また、外側はカリっと歯ごたえが良く内は柔らかい2つの食感が楽しめます 腎臓病にはリンやナトリウムを減らして適タンパク質な食事が必要になってきます。ロイヤ…

  • ドクターズケア:ネコ用 キドニーケアは腎臓にいいの?

    ドクターズケア:ネコ用 キドニーケアは腎臓病になったネコのQOL(クオリティオブライフ)の向上を考えた腎臓病用療法食として使われています。 療法食として最適な配合と嗜好性に配慮しているようです。 ドクターズケア:ネコ用 キドニーケアの特徴は? 嗜好性に配慮して食欲増進慢性腎不全のネコは食欲不振の場合が多く見られています。ドクターズケア:ネコ用 キドニーケアはネコが好む天然由来のエキスをコーティングすることでネコの食欲に配慮しています。 適タンパクのために利用効率の高いタンパク質使用タンパク質は肉食動物のネコにとって必要不可欠な栄養分ですが、タンパク質が分解するとできる窒素性老廃物が腎臓に負担を…

  • ネコの腎臓腫瘍

    ネコの腎臓腫瘍について、どんな病気なのか、症状はどんなことがあるのか、腎臓腫瘍になる原因は?どんな治療をするのかなどまとめています。 基礎知識をつけて、早期発見できるようにしましょう。 ネコの腎臓腫瘍とは? ネコは腎臓腫瘍ができることは少ないと言われています。できてしまった場合には多くは悪性リンパ腫の血液のガンの可能性が高くなります。他には腎細胞がん・腎腺ガンや腎芽腫の可能性もあります。 腎臓腫瘍は両方の腎臓にできることもあります。その場合には、腎臓が大きくなっているので、お腹を触った時に分かると思います。飼い主がネコのお腹を触って腎臓が大きくなっていることから気づかれることも多い病気です。 …

  • ネコの高窒素血症ってなに?どんな症状でなにが原因でなるの?

    ネコの高窒素血症とは 「高窒素血症です」と言われても何の病気が分からずとまどってしまうかもしれない、聞きなれない病名ですよね。 まず高窒素血症は人間でもかかる病気で腎臓病とひとまとめにされることが多く高窒素血症について良く知っているよという人は少ないと思います。 ネコの高窒素血症は腎臓の機能低下によって、窒素などの体から排出されるはずの老廃物の排出がうまくいかずに体内に蓄積してしまい、血液の中の窒素濃度が高くなってしまう病気です。 通常ではネコの腎臓にある糸球体(しきゅうたい)を通ることによって血圧で血液の中の老廃物をろ過しています。でも、腎臓に流れ込む血液の量が少なくなったり、血圧が低下する…

  • ネコにとってどんな食事が腎臓病を予防・抑制できるの?

    ネコの死因の上位に入る腎臓病、ネコは老齢になると腎臓病になりやすい傾向があります。どうしてネコが腎臓病にかかりやすいのかというと実のところはっきりとしたことは分かっていません。 でも、腎臓を形成しているネフロンの数が少なく、一度壊れてしまうと、元には戻りません。しかもネコは水を飲む量が少なく、濃いおしっこをします。これは腎臓に負担をかけています。このことがネコが腎臓病になりやすい原因なのではと考えられています。 ネコの腎臓病を食事で予防することはできるの? ネコの腎臓病を予防することはある程度食事によってできると言われています。 腎臓へ良好な血流を確保することで腎臓への負担を減らし、損傷を最低…

  • ネコの腎盂腎炎の原因と治療、予防することはできるの?

    腎盂腎炎の原因はなに? ネコの腎盂腎炎は腎臓にある腎盂が炎症を起こし、周りに炎症が広がり、腎臓の機能が低下します。特に慢性腎盂腎炎の場合には、症状が分かりにくいため、発見した時には腎不全になっていることも少なくありません。 腎盂腎炎になってしまう原因は、細菌感染が主な原因と言われています。まれにウイルスや真菌の感染でも引き起こされることもあります。 腎盂は腎臓で作られた尿を送る尿道と腎臓をつないでる部分なので膀胱や尿道が細菌に感染すると、腎盂も細菌感染してしまいます。 簡単にまとめると、もともと膀胱では細菌が増える→尿で洗い流す→細菌が増える…ということを繰り返しています。でも、何かの理由でネ…

  • ネコの腎盂腎炎:おしっこが濁ってる?症状と原因

    ネコの腎臓病のひとつの腎盂腎炎(じんうじんえん)について どんな病気なのか、どんな症状なのか、腎盂腎炎になる原因についてまとめています。ネコの病気を判断するのではなく、お医者さんでネコの症状を説明する時に役立ててもらえると嬉しいです。 腎盂腎炎とは? ネコの腎盂腎炎は泌尿器科の病気です。 腎臓の一部には腎盂(じんう)という腎臓と尿管をつないでいる接続部分があります。この腎盂に炎症が起こり、腎臓が機能不全を起こしてしまいます。 腎盂で炎症が起きてしまうと炎症が周りにも広がってしまうことが多く、腎臓全体が機能不全になってしまいます。 ネコの腎盂腎炎には急性と慢性の2つがある 腎盂腎炎は急性腎盂腎炎…

  • ネコの腎性貧血って良くなるの?

    ネコにとって腎臓の病気は切ってもきれない病気です。特に慢性腎不全になるネコはとても多くネコの死因の上位にはいるほどです。 ネコの腎性貧血とは? ネコが慢性腎不全にかかって長期間経つと腎性貧血になることがあります。慢性腎不全になったネコが全頭腎性貧血になるというわけではありませんが少ない割合でもありません。 血液には赤血球と白血球という血球細胞があります。この細胞は骨髄で作られていますが元々はエリスロポエチン(EPO)という細胞が血球細胞を作る造血指令ホルモンが少なくなり引き起こす貧血です。 貧血と聞くと鉄分不足が原因の貧血(鉄欠乏性貧血)を想像しますが腎性貧血は通常の貧血とは全く違うものです。…

  • ネコの多発性嚢胞腎(PKD)とは?

    多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん・PKD)は人間にも見られる病気のひとつで、難病指定されている腎臓の病気です。ネコの多発性のう胞腎(PKD)は先天性の腎臓病で、1000匹に1匹の割合で発症すると言われています。 ネコの多発性のう胞腎(PKD)とは? 多発性のう胞腎(PKD)は先天性な腎臓病で、ペルシャネコ。ペルシャネコと交雑のある長毛種のネコなどに多く発症がみられている遺伝性の腎臓病です。ペルシャネコやペルシャネコと交雑のある長毛種のネコにだけ発症するのではなく、最近の調べでは他の長毛種のネコや長毛種でなくてもアメリカンショートヘアやスコティッシュフォールドや雑種のネコにも発症することが分…

カテゴリー一覧
商用