住所
奈良市
出身
マカオ
ハンドル名
詭門さん
ブログタイトル
2級ボイラー技士に合格するためのブログ問題集
ブログURL
http://bookeep2.seesaa.net/
ブログ紹介文
2級ボイラー技士合格の問題集。あまりにも儲からないので閉鎖を検討中。
自由文
アフィリエイト兼任サイトなので謝礼代わりに何か買っていって欲しい。
更新頻度(1年)

17回 / 894日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2016/08/13

詭門さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(IN) 10412 10359 10473 10355 10311 10773 11120 946513サイト
INポイント 10 30 30 30 30 30 30 190/週
OUTポイント 10 30 30 40 30 40 40 220/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
資格ブログ 34 34 33 31 35 37 39 8346サイト
工業・技術系資格 2 2 2 2 2 2 2 69サイト
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 29455 30050 30525 30672 30510 31290 31817 946513サイト
INポイント 10 30 30 30 30 30 30 190/週
OUTポイント 10 30 30 40 30 40 40 220/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
資格ブログ 190 196 198 193 193 201 207 8346サイト
工業・技術系資格 2 2 2 2 2 2 2 69サイト
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 946513サイト
INポイント 10 30 30 30 30 30 30 190/週
OUTポイント 10 30 30 40 30 40 40 220/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
資格ブログ 0 0 0 0 0 0 0 8346サイト
工業・技術系資格 0 0 0 0 0 0 0 69サイト

詭門さんのブログ記事

?
  • 燃料及び燃焼 6 液体燃料の燃焼方式

    1.石炭燃焼と比較した重油燃焼の長所として間違ったものはどれか (1)ボイラーの負荷変動に対して応答性が優れている (2)燃焼操作が容易でかける労力が少ない (3)少ない過剰空気で完全燃焼させられる (4)煤・粉塵の発生が少なく灰処理の必要がない (5)急着火・急停止の操作が困難である 2.石炭燃焼と比較した場合の重油燃焼の…

  • 燃料及び燃焼 5 燃焼の要件

    1.完全燃焼の条件として次から正しいものを選べ (1)燃焼に必要な空気を与える (2)炉内の温度を可燃物の燃焼温度以下に保つ (3)燃焼に必要な窒素を与える (4)燃焼に必要な時間を与えない (5)燃料に水分を持たせる 2.石炭を完全燃焼させるのに必要な以下の条件のなかで間違っているのはどれか (1)空気の送りを適当にし…

  • 燃料及び燃焼 4 固体燃料2

    4.石炭の貯蔵にあたって生ずる現象についての説明として間違っているのはどれか (1)風化すると発熱量は低下する (2)風化によって石炭は自然発火することがある (3)石炭を大気中に放置すると還元作用によって緩慢な燃焼を行う (4)風化した石炭は光沢を失う (5)石炭は風化によって揮発分が減る 5.石炭に関して間違っているのはどれ…

  • 燃料及び燃焼 4 固体燃料

    1.石炭の性質について間違っているのはどれか (1)植物が褐炭や瀝青炭に変成するに従って水素はほとんど変わらないが酸素は減少し炭素は増加する (2)褐炭から無煙炭になるにつれ成分中の水素・酸素は減少し炭素成分は増加する (3)褐炭から無煙炭になるにつれ燃料比は増加する (4)石炭の燃料比は炭化度の進んだものほど小さい (5)石炭の単位質量当たりの発熱量は炭…

  • 燃料及び燃焼 3 気体燃料2

    4.液体及び固体燃料と比較した気体燃料の特徴として間違っているのはどれか (1)燃料中の硫黄・窒素分及び灰分が少なく伝熱面や火炉壁を汚損することがほとんどない (2)漏洩すると可燃性混合気を作りやすく爆発の危険がある (3)燃焼によるCO2の発生量は発生する熱量が同じなら液体燃料の約75% (4)燃焼させるうえで液体燃料のような微粒化や蒸発のプロセスが不要 (5…

  • 燃料及び燃焼 3 気体燃料

    1.気体燃料の特徴として間違っているのはどれか (1)気体燃料はメタンなどの炭化水素を主成分として液体燃料と比較すると成分中の炭素に対する水素の比率が低い (2)気体燃料を燃焼させた場合のCO2の発生割合は発生する熱量が同じであれば液体燃料の約75% (3)気体燃料の成分には硫黄・窒素・灰分が少ないため伝熱面・火炉壁を汚染することがほとんどない (4)気体燃料の配管…

  • 燃料及び燃焼 2 液体燃料

    1.重油と石炭との比較についての記述で間違っているのはどれか (1)重量当たりの発熱量は重油の方が多い (2)重油は石炭より計量が難しい (3)重油は石炭より品質が一定している (4)重油は石炭より灰分の含有率が低い (5)重油は石炭より貯蔵中の変質が少ない 2.重油の性質について間違っているのはどれか (1)一般に重油…

  • 燃料及び燃焼 1 燃料概論2

    4.液体燃料・固体燃料の日本工業規格による元素分析成分の組み合わせとして正しいものはどれか (1)水分 灰分 揮発分 固定 炭素 リン (2)水分 灰分 揮発分 硫黄 リン (3)シリカ 炭素 水素 酸素 硫黄 (4)炭素 水素 酸素 窒素 硫黄 (5)固定炭素 窒素 酸素 水素 シリカ 5.着火温度についての説明として正しいものはどれか (1)物…

  • 燃料及び燃焼 1 燃料概論

    1.燃料の意義について述べた文のうち適当と思われるのはどれか (1)O2を加えて燃やして生じた燃焼熱が経済的に利用できるもの (2)個体・液体・気体の各燃料を総称して燃料と言う (3)空気中で容易に燃焼できるすべての燃料 (4)空気中で容易に燃焼して生じた燃焼熱が経済的に利用できるもの (5)完全燃焼できる全ての燃料 2.次の文中…

  • ボイラーの取り扱い 20 ボイラー外処理2

    4.単純軟化装置について正しいものはどれか (1)中和剤により給水中の高いアルカリ分を除去する装置である (2)逆浸透膜により純水を作るための装置である (3)真空脱気により給水中のCO2を取り除く装置である (4)強酸性陽イオン交換樹脂により給水中のカルシウム及びマグネシウムを樹脂のナトリウムと置換させる装置である (5)高分子気体透過膜により給水中のO2を取…

  • ボイラーの取り扱い 20 ボイラー外処理

    1.単純軟化装置について正しいものはどれか (1)給水中のシリカを取り除く装置である (2)給水中の硬度成分を樹脂中のナトリウムと置き換える装置である (3)給水中の高いアルカリ性を中和する装置である (4)純水を作るための装置である (5)給水中のO2やCO2O2を取り除く装置である 2.給水中のガス除去方法について間違ってるのはどれ…

  • ボイラーの取り扱い 19 ボイラー内処理2

    4.ボイラー系統内処理に用いる清缶剤について間違っているものはどれか (1)ボイラー水中の硬度成分を不溶性の化合物(スラッジ)に変えるための薬剤が軟化剤で炭酸ナトリウムやリン酸ナトリウムなどがある (2)スラッジ調整剤はスラッジの結晶の成長を防ぐ (3)酸消費量の上昇を抑制する調節剤には水酸化ナトリウムや炭酸ナトリウムなどがある (4)ボイラー水中の酸素をボイラ…

  • ボイラーの取り扱い 19 ボイラー内処理1

    1.ボイラー清缶剤に関してその作用による分類として間違っているのはどれか (1)pH及び酸消費量の調節剤 (2)軟化剤 (3)スラッジ調整剤 (4)水分分離剤 (5)脱酸素剤 2.ボイラー清缶剤の使用目的として間違っているのはどれか (1)ボイラー水のpH及び酸消費量の調節 (2)ボイラー水中の硬度成分のスラッジへの軟化 …

  • ボイラーの取り扱い 18 水管理とボイラー水の吹き出し

    1.か性ぜい化に関する説明として間違っているのはどれか (1)か性ぜい化の防止は、ボイラー水のアルカリ度を制限以下に保つことである (2)孔の縁やリベット頭際に亀裂を生じる原因となる (3)アルカリ度の高いボイラー水が鋼材と作用して生成する酸素が鋼材の結晶粒界を侵して材質を劣化させることをか性ぜい化という (4)アルカリ度の高い水の作用によるもの…

  • ボイラーの取り扱い 17 水中の不純物とその影響2

    4.ボイラー水に関する説明として間違っているのはどれか (1)塩化ナトリウムは普通の運転では非スケール性塩類である (2)カルシウムやマグネシウムの炭酸水素塩類が多く含まれている水ほどボイラー給水として好適である (3)カルシウムやマグネシウムの硫酸塩類やケイ酸塩は溶解していてもスケールを生成する (4)泥や土や有機微生物や油脂分などはスラッジの生成やスケール付…

  • ボイラーの取り扱い 17 水中の不純物とその影響

    1.スケールおよびスラッジの害について間違っているのはどれか (1)ボイラーに連結するコック、ベン、その他の小穴を詰まらせる (2)スケール成分の性質によっては炉筒を腐食させる (3)煙管の内面に付着すると水の循環を悪くする (4)炉筒や水管などの過熱の原因になる (5)熱の伝導を妨げてボイラー効率を低下させる 2.給水中の…

  • ボイラーの取り扱い 16 ボイラー用水2

    4.ボイラー水の管理についてまちがっているのはどれか (1)ppmという単位は水1㎏中に含まれている物質をmg数であらわした濃度単位である(2)水溶液が酸性かアルカリ性かは水中の水素イオンと水酸化物イオンの量により決まる (3)常温(25℃)でpHが7未満は酸性で7は中性である (4)酸消費量は水中に含まれると酸化物・炭酸塩・炭酸水素塩などの酸性分の量を示すもの (5)…