searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

よさんのプロフィール

住所
葛飾区
出身
有田市

自由文未設定

ブログタイトル
よろぐ
ブログURL
http://y055ie.hatenablog.com/
ブログ紹介文
雑記帳ですが、読書、本、書店・古書店が好きなのでそれ系の話題多めです。
更新頻度(1年)

10回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2016/08/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、よさんの読者になりませんか?

ハンドル名
よさん
ブログタイトル
よろぐ
更新頻度
10回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
よろぐ

よさんの新着記事

1件〜30件

  • 【書評】中世賤民の宇宙 ──ヨーロッパ原点への旅 (ちくま学芸文庫)/阿部謹也 (著)

    2020年に読んだ本で面白かったもの(その3) 中世賤民の宇宙 ──ヨーロッパ原点への旅 (ちくま学芸文庫)/阿部謹也 (著) 中世賤民の宇宙 ──ヨーロッパ原点への旅 (ちくま学芸文庫) 作者:阿部謹也 発売日: 2018/06/01 メディア: Kindle版 『ハーメルンの笛吹き男』のスマッシュヒットも記憶に新しい、歴史学者、 阿部謹也先生の著作。 中世に至るまでのヨーロッパのまでの宇宙観について、 ・互酬関係=モノの贈与によって人と人─或いは人と神々や精霊─とが結ばれた関係 ・均質ではなく円環的な時間(死者は彼岸に移行するにすぎず、戻ってくることもある) ・二つの宇宙─柵で区切られた町…

  • 【書評】ゼノン 4つの逆理 アキレスはなぜ亀に追いつけないか (講談社学術文庫) /山川偉也

    2020年に読んだ本で面白かったもの(その2) ゼノン 4つの逆理 アキレスはなぜ亀に追いつけないか (講談社学術文庫) /山川偉也 ゼノン 4つの逆理 アキレスはなぜ亀に追いつけないか (講談社学術文庫) 作者:山川偉也 発売日: 2017/06/23 メディア: Kindle版 「アキレスと亀」で特に知られる所謂「ゼノンのパラドックス」について、詭弁や知的遊戯の類などでは決してなく、我々の依って立つ近代以降の知性の基盤に対して、如何に深甚な問いを投げかけているものであるかを、四百頁近くの紙幅を割いて追求した労作。 まずはゼノンの唱えた四つの逆理を詳述した後(どういうものであるかは後述する※…

  • 【書評】意識と本質―精神的東洋を索めて (岩波文庫) / 井筒 俊彦

    2020年に読んだ本で面白かったものを幾つか紹介します(たぶん5回シリーズ) 昨年は以下の理由により、例年よりも本を読む時間が減ってしまいました。 ・放送大学に入学した(といっても半期で二科目ずつしか取ってないですが) ・ほとんど自宅勤務となって、(読書時間に充てていた)通勤時間がなくなり、始業前ギリギリまで寝ている&終業後はすぐ酒を飲んでしまう その割に体調万全というわけでもないので、、健康には留意して、いい感じで本が読めるペース配分を考えたいと思います。 閑話休題して一冊目の紹介に移ります。 意識と本質―精神的東洋を索めて (岩波文庫) / 井筒 俊彦 意識と本質―精神的東洋を索めて (岩…

  • From Backside Japan - Underground Music Scene in Niigata 1980s-90s 他

    最近入手したスゴイCD×2。 フロム・バックサイド・ジャパン:アンダーグラウンド・ミュージック・シーン・イン新潟 1980's-90's [SSZ-4000] アーティスト:V.A.,シェパードムーン,トレ,種口裕人,ぶぢぢ,愛と誠,ドミナンテ,神田聡,高橋通吉+大崎厚志,Glass,グレナデン,ハイドラ,BLUE-ist,ガリノイズ,さるおがせ道男と貞操隊,新潟ドンカマティック楽団,ハニー山本と新潟ポルカキングス,F-Tissue,アクシデンタル・ミーティング,土田昭彦,糸魚川市立根知小学校3・4・5・6年生 33名 発売日: 2020/05/25 メディア: CD フロム・バックサイド・ジ…

  • Twitterでバズっていた台湾製のおじさん猫のペーパークラフトを作った。

    togetter.com Twitterでバズっていた猫のペーパークラフトが可愛かったので実際に購入して作ってみました。 (個人的には自動かどうかに関わらず翻訳についてアレコレ言って面白がるのはあまり好きではないです。自分が外国語を学んで使うときには、ネイティヴからしたら多少変だとしても「伝えたい」「伝わってほしい」と切実に思うので。お互いに寛容さを持ちハードルを下げるのが大事だと考えています。 ペーパークラフトは単純に造形がめちゃ可愛かったので買いました) 買う jp.pinkoi.com ecサイト、Pinkoi で購入できます。 「問創 Ask Creative」さんは、他にも素敵なペー…

  • 近松秋江『青葉若葉』に見る世の中の進歩

    青葉若葉 - 国立国会図書館デジタルコレクション 近松秋江『青葉若葉』p.50 やがて辨當(べんたう)の折を窓外に投げ棄てるころには列車は尾張の平野もいつしか通過して、参遠の野を驀進していつた 「黒髪」で知られる近松秋江の「青葉若葉」─短編集か随筆集か、近松が私小説作家であるが故にその辺は曖昧である─を読んでいたところ、「車窓」の題で大阪から東京への列車の旅を書いた話しの中で、駅弁のガラを窓から投げ捨てており、大正期にはそのようなスタイルであったことが伺われた。 少し調べてみたら漱石「三四郎」にも出てくるらしくやはり割と一般的だったっぽい。 駅弁むかし物語──お弁当にお茶:artscapeレビ…

  • OSAKAN SOCIALISM -大阪的社会主義風景-

    finders.me 見つめ、切り取る眼差しの確かなラディカルさ。 序文によると、本書の主題は、 ・カオス│アジアとしての大阪(道頓堀の風景に象徴される─私的には「スーパー玉出」こそがその極点) ・「大大阪」としての大阪(中央公会堂や中之島図書館に象徴される─そして大阪都構想へと繋がる) といったパブリックイメージに隠れた、第三層としての大阪の姿、「最も成功した社会主義国」と揶揄された日本流中央集権主義の遺構としてのそれ、を捉えようとしたものであるとの由。 或いは過去の遺物などではなく「失われた未来」のイメージとして─オリンピックに取り憑かれた東京と同じように─万国博覧会に取り憑かれた大阪の向…

  • 人文知が大事だなぁと思った話

    blogos.com 「カリフォルニアン・イデオロギー」の延長線上に、オンラインを過信した「コロナ・イデオロギー」がある、との見解はマジで傾聴に値すると思う。 zoomで繋がった、仕事が飲み会が出来た、の裏で置き去りにされているものがあり、 集会の自由などの、人間社会にとって本当に大切なものを思考停止して手放してしまっているのではないか。 私はインターネットやデータの可能性を信じているが、現在地としては未だ「粗にして野」なものであると捉えている。 のみならず、これまでは、「時短」や「携帯性」みたいなものが「便利」として優先される余りに、身体性や体験の質が蔑ろにされて来た、どころか、人間側がイン…

  • デジタル文学館「中島敦の南洋群島」

    『山月記』で知られる夭折の天才作家、中島敦が、喘息の療養も兼ねて南洋パラオに赴任していた時期の資料を構成したフォトムービーを、神奈川近代文学館が公開している。 www.youtube.com 文学館のニュースリリース: デジタル文学館「中島敦 横浜の日々」「中島敦の南洋群島」をWEB公開します。 | 神奈川近代文学館 息子たちに宛てた絵葉書の文面がとても素朴に愛らしく、氏の作品の格調高い漢文調とのギャップに萌えること頻り。 この時の経験が、『ジーキル博士とハイド氏』『宝島』の作者、ロバート・ルイス・スティーヴンスンの南洋サモアでの晩年を描いた不思議な傑作『光と風と夢』に─ある意味で否応なしに─…

  • 中国SFのススメ

    先週末に、徒歩圏内(30分)の書店が営業を再開したため、久しぶりにリアル書店で本を買ってきました(ちなみに本自体はオンラインや電子書籍でそこそこ以上に買っています。しかし店舗に行きたい欲求があります)。 マンディアルグ『すべては消えゆく』(祝古典新訳文庫入り!)など四冊を購めた中で、”中国のウィリアム・ギブスン”と評される作家、陳楸帆(チェン チウファン)の長編『荒潮』が特に楽しみです。 荒潮 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 作者:陳 楸帆 発売日: 2020/01/23 メディア: Kindle版 気付けば今年に入ってからボチボチ中国SFを読んでいるので、この機会におススメしたいと思います…

  • ソウル本屋さん紀行(後半)

    y055ie.hatenablog.com 前半の続きです。 THANKS BOOKS 永豊文庫(YP Books) COEX MALL店 おまけ:その他のブックスポット THANKS BOOKS 弘大(ホンデ)エリアからちょっと外れた合井(ハプチョン)にある素敵セレクト書店。 採光のよいオシャレな店内にオシャレな本がたくさんあって最高です。 お店の外観 カンバンの「Thanks YOU for begin YOU」良いですね。 Access:地下鉄6号線合井(ハプチョン、Hapjeong)駅 5番出口 徒歩5分 (Seoul Station から30分目安) 地図: 永豊文庫(YP Book…

  • ソウル本屋さん紀行(前半)

    2019年の5月末から6月の頭にかけて、韓国はソウルを訪れる機会があり、その際に立ち寄った書店をご紹介したいと思います。 #どこに旅行しても本屋さんに行かずにいられない病気なもので。あと旅行3日目ぐらいになると現地の食事を一休みしてケバブ屋に行きたくなりますよねなりませんか? はじめに ー 移動の心得 地下鉄 バス ARC N BOOK 教保文庫(KYOBO Bookstore)(光化門店) 永豊文庫(Youngpoong Bookstore/YP Books) 鐘閣 鍾路本店 BOOK PARK はじめに ー 移動の心得 ソウルは大都会ですので地下鉄とバスに乗れれば本屋さんに行くのには困りま…

  • 【書評というほどでもない感想】ホルヘ・ルイス・ボルヘス「夢の本」 (堀内研二 訳)

    夢の本 (河出文庫) 作者: ホルヘ・ルイス・ボルヘス,堀内研二 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2019/02/05 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 創作にあっては宇宙的短編「バベルの図書館」を物し、現実においてもアルゼンチン国立図書館の館長を務めた、紛れもない”書物の王”であり、更には「トレーン、ウクバール、オルビス・テルティウス」 において『あらゆる作品が非時間で無名の唯一の作者の作品である』との極点的な─或いは単に真実かもしれぬ─文学観を述べたボルヘス、その人が稀代のアンソロジストであることは、必然すぎる程の必然だと言わねばなるまい。ましてや彼の仕事の主要なテ…

  • 【中級者向け】【ちょこっと作例付き】Kindleで買える折り紙の本_一枚折り編

    はじめに 気が付けば Kindle で買える折り紙の本(折り図集)がけっこう増えてるなー、と思ったので、私のおススメをご紹介します。 折り図集を手軽に何冊も持ち歩けるのかなり素敵です。海外の本を一瞬でしかも安く買えるのも最高。 折り紙のカテゴリには、大まかに分けて、一枚の紙で折る「一枚折り」と、複数の紙を組み合わせてオブジェや箱を作る「ユニット折り紙」がありますが、この記事では一枚折りの本を取り上げています。ユニット折り紙編も気が向いたらやるかもしれません。 現代の折り紙 「折り紙といえば折り鶴とか手裏剣でしょ」みたいな認識の方もいらっしゃるかと思いますが、現代の折り紙はそれらのトラディショナ…

  • 台湾西部(主に台北、台南、高雄)の公共交通機関

    国内・国外問わず、旅行でタクシーを使うのがあまり好きではなく、現地の人も使っている電車やバスで移動するのが好きです。台湾西部の台北、台中、台南、高雄あたりを何度か訪れて得た移動の知見を、自分自身の備忘録兼リンク集として、可能な限りコンパクトにまとめたいと思います。 ■予備知識 地理 台湾のウエストコースト、北から 台北-台中-台南-高雄です。 台湾の地理 - Wikipedia 用語集 悠遊カード(悠遊卡):SUICA MRT/捷運:地下鉄・新交通システム TRA/台鐵:国有鉄道 HSR/高鐵:新幹線 ■はじめに:悠遊カード 空港などについたら何はさておきこれを入手すべし。 交通ICカード、要…

  • 朝吹真理子「TIMELESS」非公式サウンドトラック

    TIMELESS 作者: 朝吹真理子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2018/06/29 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 朝吹真理子の新刊「TIMELESS」には、バラエティに富んだ様々の音楽や音響が現れます。作品をより楽しむための一助になればと思い、勝手に参考音源を挙げてみます (当初はそれぞれの音源についてコメントを書くつもりでしたが、私個人の思い入れを語っても意味がないと思い、編注的な最低限のもの以外は止しました)。 見落としているものがあれば足しますので言ってください。 マンドリンクラブの演奏するトレモロ奏法 Suicide の Dream Baby…

  • 男も日傘を差しましょう

    暑さに耐えかねて日傘を買いました。 ここまで来たら流石に/いい加減、男性も日傘を差した方がいいと思います。 amazonで「メンズ 日傘」で検索してもコレといったものが出てこず、「レディースとは書いてあるけどいけるやろ」と思って買ったのが割といけそうだったのでご紹介します。 2018改良版 日傘 機能性日傘 Emoily レディース 折りたたみ ワンタッチ 自動開閉 日光を反射し木陰の涼しさ!高強度 グラスファイバー 晴雨兼用 完全遮光 軽量 uvカット 紫外線遮蔽率99%/折り畳み傘/ギフト/贈り物【日傘壊わしても保証付】 出版社/メーカー: YIQI E-Business Co.,Ltd …

  • エリック・サティ「ヴェクサシオン」完全版と新井満「ヴェクサシオン」とAxCx

    NAXOS MUSIC LIBRARYで見つけたエリック・サティ「ヴェクサシオン」の完全版について、関連して思いついたことと共にダラダラ書きます。 「ヴェクサシオン」完全版 「ヴェクサシオン」は、「ジムノペディ」「グノシエンヌ」「ジュ・トゥ・ヴ」などで知られる─その洒脱にして奇矯な佇まいからサブカル方面での人気も高い─フランスの作曲家:Erik Satie(1866 - 1925)の手になるピアノ曲で、短く小節感が希薄な不穏なフレーズを840回!繰り返すよう指示されていることが特徴です。 完全版は指示通り840回繰り返して演奏されており、 1トラックあたり40数回分入っていておよそ80min …

  • Firefoxのバージョンを49.0.1にアップデートしたらvimperatorのcompletions(入力補完)が効かなくなるのを直す方法

    #すぐに修正版が出そうなのでテンポラリな記事になると思います。 vim派かつマウス嫌いなもので、Firefoxをvim風のキーバインドで操作できるアドオン:vimperatorを溺愛しています。 ページを開く際に入力補完機能があり、入力した文字列に応じてURLやページタイトルを引っ掛けてサジェストしてくれるため、私の場合はこれに頼ってブックマークを使わなくなりました。 ところが、今日、Firefoxのアップデートをしたところ、この機能が突然動かなくなってしまい、いつも開いているページが開けなくなってしまってさぁ大変。 調べてみたところバグがヒットしました。 Smart Completions …

  • コンピュータ―写真で見る歴史 (お題「プレゼントしたい本」)

    今週のお題「プレゼントしたい本」 プレゼントしたこともされたこともあまりないのですが(猫背直す本とか字がきれいに書ける本とかもらったなそういえば)、自分が人にあげるとすれば 絵や写真が豊富 多少押しつけがましくても何より私が見て楽しいのでみんなに見てもらいたい という感じかなと思いました。 今どれか一冊と言われたらこれです。 コンピュータ―写真で見る歴史 作者: クリスチャンワースター,Christian Wurster 出版社/メーカー: タッシェンジャパン 発売日: 2002/12 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 7回 この商品を含むブログ (11件) を見る リーズナブルな…

  • 【来なかった未来】FUTURO~夢のUFO住宅

    誰しも、辛いときや心が折れたときに見るDVDを持っているものだと思いますが、私にとってのそれを紹介致します。 FUTURO ?北欧・謎のUFO住宅を追え? [DVD] 出版社/メーカー: ニューズベース 発売日: 2001/10/25 メディア: DVD クリック: 1回 この商品を含むブログ (1件) を見る FUTURO(フトゥロ)とは、フィンランドの建築家、マッティ・スーロネンにより1968年に設計された、プラスティック製のUFO型レジャーハウスです。 スペースエイジのマストアイテムとして期待されましたが、ヴェトナム戦争やオイルショックの影響で、数十軒生産されたのみで立ち消えになってしま…

  • 【京成線古本ツアー】京成中山~押上の間にある古書店まとめ

    数年前から葛飾は柴又に住んでいます。 これまで伺った京成沿線の古本屋を、千葉方面から押上まで、順番に紹介してみたいと思います。 ヒキのためにツアーと銘打っていますが、一日で全部回れるかは知りません。 それぞれのお店の雰囲気を掴んでもらうため、というより主に自己顕示欲を満たすために、私がそのお店で過去に買ったことのある本も挙げてみました。 尚、私は古書マニアなどといったものではなく、殆ど安い本しか買わない、極めてヌルい古本好きですので、お店についても特にこれと言ったPOVを持っておりません。あしからず。 京成中山:smokebooks スタートは京成中山です。千葉駅に稲尾書房というベリィナイスな…

  • とにかく簡単な曲4選

    www.music-apartment.red こんな記事を見かけて楽しく拝読しました。 ラモーンズの「電撃バップ」はやはり鉄板だよなぁ、と思いましたが、他の曲はドシロウトにはそれなりにムズイのではと思い、手段を選ばなければ(※)もっと簡単なのあるよね、ということで考えてみました。 ※「モテたいという欲求を満たせなくてもいい」という意味です。 ちなみに私はバンドマンだったことはなく、高校生の時分に田舎のミカン倉庫で適当にギターを鳴らして遊んでいた感じや、音源を聞いた感じで雑にチョイスしていますのでノークレームでお願いします。 基準は コードが少ない ギターは基本パワーコードで、アルペジオや複雑…

  • 昭和13年刊行の火野葦平「糞尿譚」が歯抜けだった話し

    Kindle Unlimitedで火野葦平の「糞尿譚」を読んだところ、文章が歯抜けになっていましたというお話し。 糞尿譚 [他四篇] 作者: 火野葦平 出版社/メーカー: Kindleアーカイブ 発売日: 2015/02/01 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 「糞尿譚」は昭和12年の第6回芥川賞受賞作で、作者が日中戦争で従軍中であったために、小林秀雄が戦地に赴いて受賞の旨を伝達したという逸話があるそうです。 汲み取り事業に奮闘する男が、地元の政治の中でうまく立ち回れず不遇をかこつ、その鬱屈と憤りが、糞尿のパワーを持ってして幾分の可笑しさとともに噴出する、スカトロジア文学…

  • 【萌え】メリメ作品三大ヒロイン

    みなさん、ファム・ファタールには出会えていらっしゃいますでしょうか。 サロメ最高、毛皮のヴィーナスがイイ、NICOが好き、マノン・レスコーが…など人さまざまだとは思いますが、そういえばメリメの小説に登場するヒロインって魅力的だなぁと思ったので突如紹介させてください。 色んな萌えパラメータで評価しようと考えたのですが、フェミニンな人が怒ってきたらイヤなので、当たり障りのない「フィジカル」と「メンタル」に集約しました。 カルメン 大ブレイクしたビゼーの歌劇の原作です。 カルメンはジプシー娘で、とにかく気性が激しく情熱的。 でも機嫌の良いときに二人きりになると相当デレてくる。そこが魅力。 占いや踊り…

  • お題「読んだことのある芥川・直木賞作品」

    お題「読んだことのある芥川・直木賞作品」 「コンビニ人間」がトリガーとなり、そういえば芥川賞受賞作ってどれぐらい読んだことあるのかな、とふと気になったので調べてみました。受賞作そのものを読んだことがあるかどうかで、作家でいえばおそらく三倍ぐらいになるのでしょうが面倒なので調べていません。 58回(1967年下半期) 柏原兵三 徳山道助の帰郷64回(1970年下半期) 古井由吉 杳子70回(1973年下半期) 森敦 月山74回(1975年下半期) 中上健次 岬75回(1976年上半期) 村上龍 限りなく透明に近いブルー88回(1982年下半期) 唐十郎 佐川君からの手紙103回(1990年上半期…

  • 【書評というほどでもない感想】村田沙耶香「コンビニ人間」

    話題の芥川賞受賞作、村田沙耶香「コンビニ人間」の、書評、というほどでもない感想+おまけです。 感想 コンビニ人間 作者: 村田沙耶香 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2016/07/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (12件) を見る 詳しいあらすじはAmazonなどを見ていただければと思いますが、ひとことで言うと「36歳、コンビニバイト歴18年の”私”こと古倉恵子が、世界の”普通”と闘いながら、生き方を模索する」お話しです。 まず何よりも、リーダビリティが高く、一気に楽しめる点は特筆すべきでしょう。よくある芥川賞作品特有の小難しさや引っ掛かりみたいなものはほとんど感じら…

  • LIVIN Farms Hive~デスクトップで食用ワームを育てる

    虫を食べる話しです。苦手な人は注意されたし。

  • 【散歩の達人9月号に便乗】 本好き/書店好きのための葛飾金町案内

    散歩の達人 2016年 09月号 [雑誌] 作者: 散歩の達人編集部 出版社/メーカー: 交通新聞社 発売日: 2016/08/23 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 「散歩の達人」の最新号は、柴又、金町、亀有特集。すべて葛飾区の街です。 皆さま是非ともお購めになって、葛飾を訪れてみてください。 なぜならそうしていただけないと区の財政が衰退する一方で私の老後が不安になってしまうからです。切にお願いします。 さて、フィーチャーされている3つの地名のうち、柴又は「寅さん(男はつらいよ)」、亀有は「こち亀」で、それぞれそれなりに巷間に認知されているように思いますが、残る1つ、金…

  • 栄光の石垣

    今朝NHKの情報番組で見た「栄光の石垣」なる特集が奇妙な味だったのでシェアさせてください。 凡そ次のようなあらすじでした。 ・徳島某所には「ラジオ塔」なるものがあり、多くの人がラジオ体操に集まる。 ・ラジオ塔の前には石垣があり、数人の選ばれし者がその前に立って指導者として手本を見せる。 ・センターを務める70代の男性に話を聞く。 ・男性は近隣のアパートに一人暮らし。内気で人づきあいが苦手だった。 ・健康のためにラジオ体操を始め、続けていたところ、前任の指導者から、「是非後を継いでほしい」と頼まれた。 ・最初は固辞したが、泣きながら拝むように頼まれたため、遂に引き受けることにして今に至る。 人気…

カテゴリー一覧
商用