searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

SENTIMENTAL-BOYさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
SENTIMENTAL-BOY
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kenzos18_2014
ブログ紹介文
《不易流行》 明日の詩を唄おうよ・・・♪
更新頻度(1年)

126回 / 365日(平均2.4回/週)

ブログ村参加:2016/07/20

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、SENTIMENTAL-BOYさんの読者になりませんか?

ハンドル名
SENTIMENTAL-BOYさん
ブログタイトル
SENTIMENTAL-BOY
更新頻度
126回 / 365日(平均2.4回/週)
読者になる
SENTIMENTAL-BOY

SENTIMENTAL-BOYさんの新着記事

1件〜30件

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[45]【二人が消えた夜】①

    【二人が消えた夜】は、富島氏が昭和三十五年に荒地出版社から書下ろし長編として刊行されました。私が入手したのは、昭和五十六年の徳間文庫刊行版です。富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品の【七つの部屋】に続いて五冊の推理長編を発表している中の一冊です。その作品群は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。JPEG0003~0012P-3~P-21(1)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》次回は、(2)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》[まとめ買い]富島健夫自選青春小説(集英社文庫)クリエーター情報なしメーカー情報なしFireHD8タブレット(8インチHDディスプレイ)16GB-Alexa搭載高性能、高コスパタブレット。大迫力の高解...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[45]【二人が消えた夜】①

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[44]【若葉の炎】⑤

    JPEG0069~0090P-282~P-3241966年(昭和41年)学習研究社の学研新書で刊行された、青春文庫全五巻【1:雪の記憶・故郷は遠きにありて、2:燃ゆる頬・白い一本の道、3:明日への握手・若葉の炎、4:恋と少年、5:青春の門・夜の青葉】に収められた作品群の中で描かれている世界も手法も他の作品と違い、ある程度の性描写もあり、かなり大人っぽい作品である。しかし、青春における人の心のありかたを追求しようとした作品である。※【若葉の炎】は、1960年弥生書房から書下ろし長編推理として出版され、ちょうど推理小説のブームが起こっていた頃の作品である(5)を紹介します。・・・・・1966年《学研新書刊行版》次回は、故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[45]【二人が消えた夜】①(1)を紹介しま...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[44]【若葉の炎】⑤

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[43]【若葉の炎】④

    JPEG0052~0068P-248~P-2811966年(昭和41年)学習研究社の学研新書で刊行された、青春文庫全五巻【1:雪の記憶・故郷は遠きにありて、2:燃ゆる頬・白い一本の道、3:明日への握手・若葉の炎、4:恋と少年、5:青春の門・夜の青葉】に収められた作品群の中で描かれている世界も手法も他の作品と違い、ある程度の性描写もあり、かなり大人っぽい作品である。しかし、青春における人の心のありかたを追求しようとした作品である。※【若葉の炎】は、1960年弥生書房から書下ろし長編推理として出版され、ちょうど推理小説のブームが起こっていた頃の作品である(4)を紹介します。・・・・・1966年《学研新書刊行版》次回は、(5)を紹介します。・・・・・1966年《学研新書刊行版》[まとめ買い]女人追憶富島健夫メーカー情...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[43]【若葉の炎】④

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[42]【若葉の炎】③

    JPEG0035~0052P-215~P-2481966年(昭和41年)学習研究社の学研新書で刊行された、青春文庫全五巻【1:雪の記憶・故郷は遠きにありて、2:燃ゆる頬・白い一本の道、3:明日への握手・若葉の炎、4:恋と少年、5:青春の門・夜の青葉】に収められた作品群の中で描かれている世界も手法も他の作品と違い、ある程度の性描写もあり、かなり大人っぽい作品である。しかし、青春における人の心のありかたを追求しようとした作品である。※【若葉の炎】は、1960年弥生書房から書下ろし長編推理として出版され、ちょうど推理小説のブームが起こっていた頃の作品である(3)を紹介します。・・・・・1966年《学研新書刊行版》次回は(4)を紹介します。・・・・・1966年《学研新書刊行版》FireHD8タブレット(8インチHDディ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[42]【若葉の炎】③

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[41]【若葉の炎】②

    JPEG0018~0035P-180~P-2151966年(昭和41年)学習研究社の学研新書で刊行された、青春文庫全五巻【1:雪の記憶・故郷は遠きにありて、2:燃ゆる頬・白い一本の道、3:明日への握手・若葉の炎、4:恋と少年、5:青春の門・夜の青葉】に収められた作品群の中で描かれている世界も手法も他の作品と違い、ある程度の性描写もあり、かなり大人っぽい作品である。しかし、青春における人の心のありかたを追求しようとした作品である。※【若葉の炎】は、1960年弥生書房から書下ろし長編推理として出版され、ちょうど推理小説のブームが起こっていた頃の作品である(2)を紹介します。・・・・・1966年《学研新書刊行版》[まとめ買い]富島健夫自選青春小説(集英社文庫)FireHD8タブレット(8インチHDディスプレイ)16G...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[41]【若葉の炎】②

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[40]【若葉の炎】①

    JPEG0002~0018P-150~P-1801966年(昭和41年)学習研究社の学研新書で刊行された、青春文庫全五巻【1:雪の記憶・故郷は遠きにありて、2:燃ゆる頬・白い一本の道、3:明日への握手・若葉の炎、4:恋と少年、5:青春の門・夜の青葉】に収められた作品群の中で描かれている世界も手法も他の作品と違い、ある程度の性描写もあり、かなり大人っぽい作品である。しかし、青春における人の心のありかたを追求しようとした作品である。※【若葉の炎】は、1960年弥生書房から書下ろし長編推理として出版され、ちょうど推理小説のブームが起こっていた頃の作品である(1)を紹介します。・・・・・1966年《学研新書刊行版》[まとめ買い]女人追憶次回は、(2)を紹介します。・・・・・1966年《学研新書刊行版》【Newモデル】F...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[40]【若葉の炎】①

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[39]【雪の中の信子】⑤

    我が故郷出身の作家富島健夫氏の作品は、青春小説の代表的な書き手として【青春文庫・青春文学選集】など収刊されている中に五編のミステリー作品がある。昭和34年に河出書房新社より刊行の【七つの部屋】(未入手)【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】の五作。【七つの部屋】は、現時点で未入手の為、【雪の中の信子】を先に読み始めた。しかし、何故、推理小説的な作品を書いたのか…と言うとその当時、所謂、推理小説の全盛期であり、推理的手法による作品を多くの人が手がけた時期でもあり、そうした風潮の影響もあって、富島氏も【七つの部屋】を書かれたようです。【雪の中の信子】は、二人の秀才とみなされている高校生…石井と大島が互いに双方を意識しながら、石井の恋人であった信子への大島の横恋慕による事から...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[39]【雪の中の信子】⑤

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[38]【雪の中の信子】④

    我が故郷出身の作家富島健夫氏の作品は、青春小説の代表的な書き手として【青春文庫・青春文学選集】など収刊されている中に五編のミステリー作品がある。昭和34年に河出書房新社より刊行の【七つの部屋】(未入手)【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】の五作。【七つの部屋】は、現時点で未入手の為、【雪の中の信子】を先に読み始めた。しかし、何故、推理小説的な作品を書いたのか…と言うとその当時、所謂、推理小説の全盛期であり、推理的手法による作品を多くの人が手がけた時期でもあり、そうした風潮の影響もあって、富島氏も【七つの部屋】を書かれたようです。【雪の中の信子】は、二人の秀才とみなされている高校生…石井と大島が互いに双方を意識しながら、石井の恋人であった信子への大島の横恋慕による事から...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[38]【雪の中の信子】④

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[37]【雪の中の信子】③

    我が故郷出身の作家富島健夫氏の作品は、青春小説の代表的な書き手として【青春文庫・青春文学選集】など収刊されている中に五編のミステリー作品がある。昭和34年に河出書房新社より刊行の【七つの部屋】(未入手)【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】の五作。【七つの部屋】は、現時点で未入手の為、【雪の中の信子】を先に読み始めた。しかし、何故、推理小説的な作品を書いたのか…と言うとその当時、所謂、推理小説の全盛期であり、推理的手法による作品を多くの人が手がけた時期でもあり、そうした風潮の影響もあって、富島氏も【七つの部屋】を書かれたようです。【雪の中の信子】は、二人の秀才とみなされている高校生…石井と大島が互いに双方を意識しながら、石井の恋人であった信子への大島の横恋慕による事から...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[37]【雪の中の信子】③

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[36]【雪の中の信子】②

    我が故郷出身の作家富島健夫氏の作品は、青春小説の代表的な書き手として【青春文庫・青春文学選集】など収刊されている中に五編のミステリー作品がある。昭和34年に河出書房新社より刊行の【七つの部屋】(未入手)【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】の五作。【七つの部屋】は、現時点で未入手の為、【雪の中の信子】を先に読み始めた。しかし、何故、推理小説的な作品を書いたのか…と言うとその当時、所謂、推理小説の全盛期であり、推理的手法による作品を多くの人が手がけた時期でもあり、そうした風潮の影響もあって、富島氏も【七つの部屋】を書かれたようです。【雪の中の信子】は、二人の秀才とみなされている高校生…石井と大島が互いに双方を意識しながら、石井の恋人であった信子への大島の横恋慕による事から...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[36]【雪の中の信子】②

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[35]【雪の中の信子】①

    我が故郷出身の作家富島健夫氏の作品は、青春小説の代表的な書き手として【青春文庫・青春文学選集】など収刊されている中に五編のミステリー作品がある。昭和34年に河出書房新社より刊行の【七つの部屋】(未入手)【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】の五作。【七つの部屋】は、現時点で未入手の為、【雪の中の信子】を先に読み始めた。しかし、何故、推理小説的な作品を書いたのか…と言うとその当時、所謂、推理小説の全盛期であり、推理的手法による作品を多くの人が手がけた時期でもあり、そうした風潮の影響もあって、富島氏も【七つの部屋】を書かれたようです。【雪の中の信子】は、二人の秀才とみなされている高校生…石井と大島が互いに双方を意識しながら、石井の恋人であった信子への大島の横恋慕による事から...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[35]【雪の中の信子】①

  •   故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】 ・・・追憶の記・・・ 

    ・・・追憶の記・・・1963年の6月頃だったか、詰襟をステージ衣装に舟木一夫が【高校三年生】で颯爽とデビューし、その年のミリオンセラーの大ヒット。小学生ながらすごく身近に感じ、早く高校生になりたいと思った。それからずっと舟木一夫ファンとして半世紀・・・今も変わらず舟木一夫ファンである事を再認識しました。さて、この度・・・人生の一つの節目とでも言いますか・・・故郷の出身高校の同窓会を企画開催しまた、中学校の同窓会への出席など、今までになく大変懐かしく感じる中で、何か【忘れ物】をしていたのではと、青春を回顧し当時の記憶を辿りたいと考える様になりました。そんな遠い記憶の中での時代背景や潮流を考えると記憶の中の映画やその原作本・主題歌=歌謡曲の融合があって十代の若者世代のニーズにマッチしヒットしていた事を、私としては、...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】・・・追憶の記・・・

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[34]【七つの部屋】⑦

    日曜日の章を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》JPEG0119~0139P-234~P274【七つの部屋】は、富島氏が昭和三十四年に河出書房新社から書下ろし長編として刊行した作品で推理小説ではなく、それを意図とせず風俗小説としての執筆であった。しかし、【七つの部屋】は推理小説的な要素は多分に含んでいる様で、富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品で、所謂、冨島氏の推理小説執筆への契機となった。これに続いて五冊の推理長編を発表している。その作品は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。[まとめ買い]富島健夫自選青春小説(集英社文庫)次回は、この企画タイトル=故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】の原点に還ってみたいと思います。.....故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[34]【七つの部屋】⑦

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[33]【七つの部屋】⑥

    JPEG0097~0119P-192~P234土曜日の章を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》次回は、日曜日の章を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》「ジュニア」と「官能」の巨匠富島健夫伝タブレットアームスタンド寝ながら横/縱/仰向けipadiphoneNintendoSwitchアームタブレットホルダーベッドスマホアイパッド固定スタンドモニターアームごろ寝床置き折りたたみForSwitchIphoneXIpadairIpadpro10.5IpadminiZentcXperiaAquosTabletAndroidSwitchSurfaceKindleFireNexusGalaxySONY4-11.6インチUniqueSpiritUniqueSpirit【2020年最新の改良版】タブレ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[33]【七つの部屋】⑥

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[32]【七つの部屋】⑤

    JPEG0077~0097P-151~P191金曜日の章を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》次回は、土曜日の章を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》「ジュニア」と「官能」の巨匠富島健夫伝Fire7タブレット(7インチディスプレイ)16GB-NewモデルAmazonAmazon【Newモデル】FireHD10タブレットブルー(10インチHDディスプレイ)64GBAmazonAmazonFireHD8タブレット(8インチHDディスプレイ)16GB-Alexa搭載AmazonAmazonAKEIEスマホ&タブレットスタンドorホルダー4〜10.5インチ対応フレキシブルアーム付き4〜10.5インチforiphoneipadminiipadair2REGZAXperiaGalaxySONYK...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[32]【七つの部屋】⑤

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[31]【七つの部屋】④

    JPEG0058~0077P-112~P151木曜日の章を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》【七つの部屋】は、富島氏が昭和三十四年に河出書房新社から書下ろし長編として刊行した作品で推理小説ではなく、それを意図とせず風俗小説としての執筆であった。しかし、【七つの部屋】は推理小説的な要素は多分に含んでいる様で、富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品で、所謂、冨島氏の推理小説執筆への契機となった。これに続いて五冊の推理長編を発表している。その作品は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。次回は、金曜日の章を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》「ジュニア」と「官能」の巨匠富島健夫伝【Newモデル】FireHD10タブレットブルー(10イ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[31]【七つの部屋】④

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[30]【七つの部屋】③

    JPEG0039~0058P-74~P112水曜日の章を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》【七つの部屋】は、富島氏が昭和三十四年に河出書房新社から書下ろし長編として刊行した作品で推理小説ではなく、それを意図とせず風俗小説としての執筆であった。しかし、【七つの部屋】は推理小説的な要素は多分に含んでいる様で、富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品で、所謂、冨島氏の推理小説執筆への契機となった。これに続いて五冊の推理長編を発表している。その作品は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。次回は、木曜日の章を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》【Newモデル】FireHD10タブレットブルー(10インチHDディスプレイ)64GBAmazo...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[30]【七つの部屋】③

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[29]【七つの部屋】②

    今年もどうぞよろしくお願いします。2020年元旦JPEG0022~0039P-41~P74火曜日の章を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》【七つの部屋】は、富島氏が昭和三十四年に河出書房新社から書下ろし長編として刊行した作品で推理小説ではなく、それを意図とせず風俗小説としての執筆であった。しかし、【七つの部屋】は推理小説的な要素は多分に含んでいる様で、富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品で、所謂、冨島氏の推理小説執筆への契機となった。これに続いて五冊の推理長編を発表している。その作品は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。b次回は、水曜日の章を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》【Newモデル】FireHD10タブレットブルー...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[29]【七つの部屋】②

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[28]【七つの部屋】①

    JPEG0004~0022P-5~P40【七つの部屋】は、富島氏が昭和三十四年に河出書房新社から書下ろし長編として刊行した作品で推理小説ではなく、それを意図とせず風俗小説としての執筆であった。しかし、【七つの部屋】は推理小説的な要素は多分に含んでいる様で、富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品で、所謂、冨島氏の推理小説執筆への契機となった。これに続いて五冊の推理長編を発表している。その作品は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。月曜日(P-5~P-40)の章を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》次回は、火曜日の章を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》[まとめ買い]女人追憶FireHD8タブレットキッズモデルピンク(8インチHDデ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[28]【七つの部屋】①

  • 故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[27]【故郷の蝶】⑤最終章

    JPEG00130~0155【故郷の蝶】⑤最終章P-257~P-306【富島健夫自選青春文庫】の必読紹介・・・・・【故郷の蝶】は割とテンポよく読めています。ここでは、5回に亘ってストレートに全ページを紹介しました。※昭和三十二年に河出書房の経営破綻により失業した富島健夫氏は・・・これからどの道を行けば良いか故郷を訪ねることで・・・自分の家族の原点(何故、父親が朝鮮へ行かねばならなかったか?)を探す旅を・・・・・したのではないかと・・・そして、自分の進むべき作家として生きることを結論付けたのではなかろうかと・・・・・・・・・・私は、考えます。・・・【雪の記憶】とは違った意味で故郷を追憶させるのです。次回は、故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[28]【七つの部屋】①JPEG0004~0022P-...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[27]【故郷の蝶】⑤最終章

  • 故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[26]【故郷の蝶】④

    JPEG0090~0130【故郷の蝶】④P-176~P-257までと【女人追憶】の必読紹介です。※昭和三十二年に河出書房の経営破綻により失業した富島健夫氏は・・・これからどの道を行けば良いか故郷を訪ねることで・・・自分の家族の原点(何故、父親が朝鮮へ行かねばならなかったか?)を探す旅を・・・・・したのではないかと・・・そして、自分の進むべき作家として生きることを結論付けたのではなかろうかと・・・・・・・・・・私は、考えます。・・・【雪の記憶】とは違った意味で故郷を追憶させるのです。次回は、【故郷の蝶】最終回⑤【富島健夫自選青春文庫】の必読紹介です。※富島健夫作【女人追憶】再刊行の購読紹介です。[まとめ買い]女人追憶FireHD8タブレットキッズモデルピンク(8インチHDディスプレイ)32GBAmazonAmaz...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[26]【故郷の蝶】④

  • 故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[25]【故郷の蝶】③

    【故郷の蝶】③JPEG0059~0089P-115~P-175までと【富島健夫自選青春文庫】の必読紹介です。※昭和三十二年に河出書房の経営破綻により失業した富島健夫氏は・・・これからどの道を行けば良いか故郷を訪ねることで・・・自分の家族の原点(何故、父親が朝鮮へ行かねばならなかったか?)を探す旅を・・・・・したのではないかと・・・そして、自分の進むべき作家として生きることを結論付けたのではなかろうかと・・・・・・・・・・私は、考えます。・・・【雪の記憶】とは違った意味で故郷を追憶させるのです。次回は、【故郷の蝶】④と【女人追憶】の必読紹介です。[まとめ買い]富島健夫自選青春小説(集英社文庫)【Newモデル】FireHD10タブレットホワイト(10インチHDディスプレイ)32GBAmazonAmazonApple...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[25]【故郷の蝶】③

  • 故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[24]【故郷の蝶】②

    JPEG0025~0059P-47~P-115【故郷の蝶】②を紹介します。・・・・・※昭和三十二年に河出書房の経営破綻により失業した富島健夫氏は・・・これからどの道を行けば良いか故郷を訪ねることで・・・自分の家族の原点(何故、父親が朝鮮へ行かねばならなかったか?)を探す旅を・・・・・したのではないかと・・・そして、自分の進むべき作家として生きることを結論付けたのではなかろうかと・・・・・・・・・・私は、考えます。・・・【雪の記憶】とは違った意味で故郷を追憶させるのです。2018年に再刊行された富島健夫作品【女人追憶】も必読・・・[まとめ買い]女人追憶次回は、JPEG0059~0089P-115~P-175までと【富島健夫自選青春文庫】の必読紹介FireHD8タブレットキッズモデルピンク(8インチHDディスプレイ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[24]【故郷の蝶】②

  • 故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[23]【故郷の蝶】①

    JPEG0003~0025P-03~P-47・・・・・【故郷の蝶】は割とテンポよく読めています。ここでは、5回に亘ってストレートに全ページを紹介します。※昭和三十二年に河出書房の経営破綻により失業した富島健夫氏《主人公野口十介)は、これからどの道を行けば良いか故郷を訪ねることで・・・自分の家族の原点(何故、父親が朝鮮へ行かねばならなかったか?)を探す旅をしたのではないかと、・・・そして、自分の進むべき作家として生きることを結論付けたのではなかろうかと・・・・・・・・私は、考えます。・・・【雪の記憶】とは違った意味で故郷を追憶させるのですが、・・・例年、五月にな入ると【故郷の蝶】ではなく、《故郷の祭》を思い出し懐かしさに浸ります。昔とは、情景が変わっていますが・・・山車や神輿は変わっていないようです。先日、幼馴染...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[23]【故郷の蝶】①

  • 故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[22]【雪の記憶】⑮ 最終回

    JPEG0092~0098P-182~P-194JPEG0098~0109P-194~P-216JPEG0109~0116P-216~P-230JPEG0116~0124P-230~P-247第三章[三]~[六]を紹介します。※【雪の記憶】最終回※・・・富島健夫【雪の記憶】を読みながら映画《北国の街》を鑑賞する。映画【北国の街】では、全く描写がなく、富島健夫の【官能小説の原点】ではという節がある。・・・・・・・・欲望と愛情のうごめく恋愛観の交錯のなかで・・・・・冬休みが始まってその年が暮れた。正月元旦、目を覚まして雨戸をあけると、めずらしく一面の雪であった。雪はなおも降り続いている。十時から元旦の式があり式が終わって、二人は駅で逢った。雪は降り続いている。映画などには行きたくなかった。人にわずらわされることなく...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[22]【雪の記憶】⑮最終回

  • 故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[21]【雪の記憶】⑭

    JPEG0083~0091P-165~P-181第三章[二]を紹介します。次回は、第三章[三]~[六]を紹介します。【Newモデル】FireHD10タブレットブラック(10インチHDディスプレイ)64GBAmazonAmazonFireHD8タブレット(8インチHDディスプレイ)16GB-Alexa搭載AmazonAmazonFire7タブレット(7インチディスプレイ)16GB-NewモデルAmazonAmazoniPadminiWi-Fi64GB-ゴールド(最新モデル)Apple(アップル)Apple(アップル)マイクロソフトSurfaceGo(サーフェスゴー)10インチPixelSenceディスプレイ/Windows10Home(Sモード)/第7世代Intel®Pentium®Gold4415Y/eMMC6...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[21]【雪の記憶】⑭

  • 故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[20]【雪の記憶】⑬

    JPEG0077~0083P-152~P-165第三章[一]を紹介します。※第三章(一)では、父親の死と孤独感、・・・・・医者は父の手を蒲団の中に入れて、静かに頭を下げた。・・・・・・・「お気の毒です」枕元には長兄夫婦の他に、嫁いだ姉や炭鉱にいる次兄がつめていた.。・・・父は倒れてから三十時間、昏睡状態に陥っていたのだ。眼はつむったままで、枕をすけてやると、大きく息を吸った。それっきり、息をしているのかどうかわからなくなった。海彦は夢中で医者までかけつけたのだ。・・・・・・・・・・もともとあまり語り合わない父子だったが、時々、親類の関係とかどうしたいきさつでで朝鮮に行ったのかとか親父に尋ねたが、もう訊けないな・・・・・これで親父もおふくろもおれにはいなくなったわけだぜ・・・と父母とのことを回顧するのである。こう...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[20]【雪の記憶】⑬

  • 故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[19]【雪の記憶】⑫

    ・・・映画【北国の街】予告編・・・富島健夫【雪の記憶】を読みながら映画《北国の街》を鑑賞すると、原作の描写に酷似してる事が良くわかります・・・・・・。《映画のロケーションが長野の飯山で行われたが、作品の舞台は、福岡県京都郡近郊なので雪の積雪量は少ないが、周防灘へ注ぐ今川に沿ってSL96型の汽車は走っていた。私も幾度か乗った記憶があります・・・。時代が少し違いますが、もし汽車通学が許されていたならば、この映画の様な高校生生活を送っていたのかもしれません・・・映画も大好きでその主題歌【北国の街】は、カラオケで私の十八番の曲です・・・・・。JPEG0074~0076P-146~P-151第二章[六]を紹介します。・・・欲望と愛情の中にうごめく恋愛観の交錯と私生活の噂話で誤解を招き双方の教師を交えて交際について話合いを...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[19]【雪の記憶】⑫

  • 故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[18]【雪の記憶】⑪

    JPEG0062~0074P-123~P-146第二章[五]を紹介します。次回は、第二章[六]を紹介します。FireHD8タブレット(8インチHDディスプレイ)16GB-Alexa搭載AmazonAmazonFire7タブレット(7インチディスプレイ)16GB-NewモデルAmazonAmazoniPadminiWi-Fi64GB-ゴールド(最新モデル)Apple(アップル)Apple(アップル)【Newモデル】FireHD10タブレットブラック(10インチHDディスプレイ)64GBAmazonAmazonマイクロソフトSurfaceGo(サーフェスゴー)10インチPixelSenceディスプレイ/Windows10Home(Sモード)/第7世代Intel®Pentium®Gold4415Y/eMMC64GB/...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[18]【雪の記憶】⑪

  • 故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[17]【雪の記憶】⑩

    JPEG0059~0062P-117~P-123第二章[四]を紹介します。夏休みが近づいた。進学する者にとっては夏休みは最大の山である。海彦のクラスの者たちは、夏休みを利用して遊びに行く相談をしていた。「おい小島、お前も行かないか」「おれは行かないよ。家で寝ころんでいた方が楽だ」・・・・・・・・そうではなく、夏休みは兄の仕入れの手伝いや、家の近所の空地を開墾している父の手助けをしなければならなかったのだ。・・・夏休み直前、五年全員と四年の希望者だけを集めて、合同実力考査があった。海彦は組主任に呼ばれ「どうして受けないんだ?」「進学希望者だけかと思いました」「受けてみろ。四年も五年も実力はそう変わらんぞ」「は。受けてみます」・・・教師のすすめで、試してみることになった。・・・実力考査は三日間にわたって行われた。海...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[17]【雪の記憶】⑩

カテゴリー一覧
商用