searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

SENTIMENTAL-BOYさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
センチメンタル ボーイ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kenzos18_2014
ブログ紹介文
《不易流行》 明日の詩を唄おうよ・・・♪
更新頻度(1年)

28回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2016/07/20

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、SENTIMENTAL-BOYさんの読者になりませんか?

ハンドル名
SENTIMENTAL-BOYさん
ブログタイトル
センチメンタル ボーイ
更新頻度
28回 / 365日(平均0.5回/週)
読者になる
センチメンタル ボーイ

SENTIMENTAL-BOYさんの新着記事

1件〜30件

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[113]【雌雄の光景】 

    この作品は、昭和39年六月号の「文芸」に一挙掲載されたもので、富島健夫氏は、すでに数多く青春小説を手掛けているが、同様の主人公を登場させながら大人向きの小説に仕立てている。しかし、学生運動にも参加せず、人生を深く考えることもせず、理想を持たない人の設定で、その点にこそ現代青年の病患を観、ありのままに抽出したに過ぎないが、この《ぐうたら》な青年が、口に正義や革命あるいは人倫を唱える偽善の徒たちよりはるかに自己の真実に忠実であると結論している。・・・・・・【解説文中より索引転載】・・・現実的に自分の学生時代の1ページに重ね合わせてみると、どこか似た様な経験をした場面が、描写されている気がする。・・・私自身は、学生運動終焉の頃であった。JPEG0915-0004~0915-0009P-6~P-141:暗室[文芸昭和3...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[113]【雌雄の光景】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[61]【夜の青葉】 第三話

    JPEG0122-0039~0122-0056P-74~P-109【夜の青葉】は、富島氏が昭和三十七年に集英社から書下ろし長編として刊行。その後、角川文庫から昭和五十二年3月初版発行された。私が入手したのは、昭和五十二年10月再版発行された分です。富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品の【七つの部屋】に続いて五冊の推理長編を発表している中の一冊です。その作品群は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。第三話を紹介します。・・・・・1977年《角川文庫刊行版》次回は、第四話を紹介します。・・・・・1977年《角川文庫刊行版》バーボンウイスキージムビーム1750mlクリエーター情報なしサントリー故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[61]【夜の青葉】第三話

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[60]【夜の青葉】 第二話

    JPEG0122-0021~0122-0038P-39~P-73【夜の青葉】は、富島氏が昭和三十七年に集英社から書下ろし長編として刊行。その後、角川文庫から昭和五十二年3月初版発行された。私が入手したのは、昭和五十二年10月再版発行された分です。富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品の【七つの部屋】に続いて五冊の推理長編を発表している中の一冊です。その作品群は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。第二話を紹介します。・・・・・1977年《角川文庫刊行版》次回は、故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[64]【夜の青葉】第三話JPEG0122-0039~0122-0056P-74~P-109第三話を紹介します。・・・・・1977年《角川文庫刊...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[60]【夜の青葉】第二話

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[59]【夜の青葉】 第一話

    【夜の青葉】は、富島氏が昭和三十七年に集英社から書下ろし長編として刊行。その後、角川文庫から昭和五十二年3月初版発行された。私が入手したのは、昭和五十二年10月再版発行された分です。富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品の【七つの部屋】に続いて五冊の推理長編を発表している中の一冊です。その作品群は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。JPEG0122-0003~0122-0021P-3~P-38第一話を紹介します。・・・・・1977年《角川文庫刊行版》次回は、第二話を紹介します。・・・・・1977年《角川文庫刊行版》バーボンウイスキージムビーム1750mlクリエーター情報なしサントリー故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[59]【夜の青葉】第一話

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[58]【容疑者たち】 第二部

    JPEG1229-0045~1229-0094P-86~P-185【容疑者たち】は、富島氏が昭和三十六年に雪華社から書下ろし長編として刊行。その後、春陽文庫から昭和四十三年12月第一刷発行された。私が入手したのは、昭和四十六年10月の第五刷発行分です。富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品の【七つの部屋】に続いて五冊の推理長編を発表している中の一冊です。その作品群は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。第二部を紹介します。・・・・・1971年《春陽文庫刊行版》次回は、故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[59]【夜の青葉】【夜の青葉】は、富島氏が昭和三十七年に集英社から書下ろし長編として刊行。その後、角川文庫から昭和五十二年3月初版発行さ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[58]【容疑者たち】第二部

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[57]【容疑者たち】第一部 

    JPEG1229-0002~1229-0044P-2~P-85【容疑者たち】は、富島氏が昭和三十六年に雪華社から書下ろし長編として刊行。その後、春陽文庫から昭和四十三年12月第一刷発行された。私が入手したのは、昭和四十六年10月の第五刷発行分です。富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品の【七つの部屋】に続いて五冊の推理長編を発表している中の一冊です。その作品群は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。第一部を紹介します。・・・・・1971年《春陽文庫刊行版》次回は、JPEG1229-0045~1229-0094P-86~P-185第二部を紹介します。・・・・・1971年《春陽文庫刊行版》FireHD8タブレット(8インチHDディスプレイ)(Newモデル)16...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[57]【容疑者たち】第一部

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[56]【二人が消えた夜】⑫

    JPEG230-0074~230-0081P-237~P-251【二人が消えた夜】は、富島氏が昭和三十五年に荒地出版社から書下ろし長編として刊行されました。私が入手したのは、昭和五十六年の徳間文庫刊行版です。富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品の【七つの部屋】に続いて五冊の推理長編を発表している中の一冊です。その作品群は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。(12)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》※次回は、故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[55]【容疑者たち】第一部JPEG1229-0003~1229-0040P-2~P-85【容疑者たち】は、富島氏が昭和三十六年に雪華社から書下ろし長編として刊行。その後、春陽文...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[56]【二人が消えた夜】⑫

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[55]【二人が消えた夜】⑪

    JPEG230-0064~230-0074P-217~P-236(11)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》次回は、(12)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》FireHD10タブレット(10インチHDディスプレイ)32GBクリエーター情報なしAmazon故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[55]【二人が消えた夜】⑪

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[53]【二人が消えた夜】⑨

    JPEG230-0041~230-0050P-171~P-189【二人が消えた夜】は、富島氏が昭和三十五年に荒地出版社から書下ろし長編として刊行されました。私が入手したのは、昭和五十六年の徳間文庫刊行版です。富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品の【七つの部屋】に続いて五冊の推理長編を発表している中の一冊です。その作品群は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。(9)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》次回は、(10)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》10.1インチタブレットPCtabletpcアンドロイド6.0クアッドコア2GB+32GBデュアルSIMスロット3G通話MIDPadIPS液晶WI-FI、bluetooth4....故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[53]【二人が消えた夜】⑨

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[54]【二人が消えた夜】⑩

    JPEG230-0051~230-0064P-190~P-216【二人が消えた夜】は、富島氏が昭和三十五年に荒地出版社から書下ろし長編として刊行されました。私が入手したのは、昭和五十六年の徳間文庫刊行版です。富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品の【七つの部屋】に続いて五冊の推理長編を発表している中の一冊です。その作品群は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。(10)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》次回は、(11)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》バーボンウイスキージムビーム700mlクリエーター情報なしサントリーFire7タブレット(7インチディスプレイ)16GB-Newモデル7インチIPSディスプレイ。16GBと3...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[54]【二人が消えた夜】⑩

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[52]【二人が消えた夜】⑧

    JPEG230-0030~230-0041P-148~P-170【二人が消えた夜】は、富島氏が昭和三十五年に荒地出版社から書下ろし長編として刊行されました。私が入手したのは、昭和五十六年の徳間文庫刊行版です。富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品の【七つの部屋】に続いて五冊の推理長編を発表している中の一冊です。その作品群は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。(8)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》次回は、(9)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》[まとめ買い]富島健夫自選青春小説(集英社文庫)クリエーター情報なしメーカー情報なしFireHD8タブレット(8インチHDディスプレイ)16GB-Alexa搭載高性能、高コスパタ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[52]【二人が消えた夜】⑧

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[51]【二人が消えた夜】⑦

    JPEG230-0017~230-0029P-103~P-122【二人が消えた夜】は、富島氏が昭和三十五年に荒地出版社から書下ろし長編として刊行されました。私が入手したのは、昭和五十六年の徳間文庫刊行版です。富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品の【七つの部屋】に続いて五冊の推理長編を発表している中の一冊です。その作品群は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。(7)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》次回は、(8)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》[まとめ買い]富島健夫自選青春小説(集英社文庫)クリエーター情報なしメーカー情報なしFireHD8タブレット(8インチHDディスプレイ)16GB-Alexa搭載高性能、高コスパタ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[51]【二人が消えた夜】⑦

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[50]【二人が消えた夜】⑥

    JPEG230-0006~230-0017P-103~P-122【二人が消えた夜】は、富島氏が昭和三十五年に荒地出版社から書下ろし長編として刊行されました。私が入手したのは、昭和五十六年の徳間文庫刊行版です。富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品の【七つの部屋】に続いて五冊の推理長編を発表している中の一冊です。その作品群は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。(6)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》次回は、(7)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》[まとめ買い]富島健夫自選青春小説(集英社文庫)クリエーター情報なしメーカー情報なしFireHD8タブレット(8インチHDディスプレイ)16GB-Alexa搭載高性能、高コスパタ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[50]【二人が消えた夜】⑥

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[49]【二人が消えた夜】⑤

    JPEG0043~230-0006P-84~P-102【二人が消えた夜】は、富島氏が昭和三十五年に荒地出版社から書下ろし長編として刊行されました。私が入手したのは、昭和五十六年の徳間文庫刊行版です。富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品の【七つの部屋】に続いて五冊の推理長編を発表している中の一冊です。その作品群は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。(5)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》次回は、(6)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》[まとめ買い]富島健夫自選青春小説(集英社文庫)クリエーター情報なしメーカー情報なしFireHD8タブレット(8インチHDディスプレイ)16GB-Alexa搭載高性能、高コスパタブレット。...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[49]【二人が消えた夜】⑤

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[48]【二人が消えた夜】④

    JPEG0031~0043P-59~P-83【二人が消えた夜】は、富島氏が昭和三十五年に荒地出版社から書下ろし長編として刊行されました。私が入手したのは、昭和五十六年の徳間文庫刊行版です。富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品の【七つの部屋】に続いて五冊の推理長編を発表している中の一冊です。その作品群は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。(4)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》次回は、(5)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》[まとめ買い]富島健夫自選青春小説(集英社文庫)クリエーター情報なしメーカー情報なしFireHD8タブレット(8インチHDディスプレイ)16GB-Alexa搭載高性能、高コスパタブレット。大迫力の高...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[48]【二人が消えた夜】④

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[47]【二人が消えた夜】③

    JPEG0023~0031P-43~P-58【二人が消えた夜】は、富島氏が昭和三十五年に荒地出版社から書下ろし長編として刊行されました。私が入手したのは、昭和五十六年の徳間文庫刊行版です。富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品の【七つの部屋】に続いて五冊の推理長編を発表している中の一冊です。その作品群は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。(3)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》次回は、(4)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》[まとめ買い]富島健夫自選青春小説(集英社文庫)クリエーター情報なしメーカー情報なしFireHD8タブレット(8インチHDディスプレイ)16GB-Alexa搭載高性能、高コスパタブレット。大迫力の高...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[47]【二人が消えた夜】③

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[46]【二人が消えた夜】②

    JPEG0013~0023P-22~P-42【二人が消えた夜】は、富島氏が昭和三十五年に荒地出版社から書下ろし長編として刊行されました。私が入手したのは、昭和五十六年の徳間文庫刊行版です。富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品の【七つの部屋】に続いて五冊の推理長編を発表している中の一冊です。その作品群は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。(2)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》次回は、(3)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》[まとめ買い]富島健夫自選青春小説(集英社文庫)クリエーター情報なしメーカー情報なしFireHD8タブレット(8インチHDディスプレイ)16GB-Alexa搭載高性能、高コスパタブレット。大迫力の高...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[46]【二人が消えた夜】②

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[45]【二人が消えた夜】①

    【二人が消えた夜】は、富島氏が昭和三十五年に荒地出版社から書下ろし長編として刊行されました。私が入手したのは、昭和五十六年の徳間文庫刊行版です。富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品の【七つの部屋】に続いて五冊の推理長編を発表している中の一冊です。その作品群は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。JPEG0003~0012P-3~P-21(1)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》次回は、(2)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》[まとめ買い]富島健夫自選青春小説(集英社文庫)クリエーター情報なしメーカー情報なしFireHD8タブレット(8インチHDディスプレイ)16GB-Alexa搭載高性能、高コスパタブレット。大迫力の高解...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[45]【二人が消えた夜】①

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[44]【若葉の炎】⑤

    JPEG0069~0090P-282~P-3241966年(昭和41年)学習研究社の学研新書で刊行された、青春文庫全五巻【1:雪の記憶・故郷は遠きにありて、2:燃ゆる頬・白い一本の道、3:明日への握手・若葉の炎、4:恋と少年、5:青春の門・夜の青葉】に収められた作品群の中で描かれている世界も手法も他の作品と違い、ある程度の性描写もあり、かなり大人っぽい作品である。しかし、青春における人の心のありかたを追求しようとした作品である。※【若葉の炎】は、1960年弥生書房から書下ろし長編推理として出版され、ちょうど推理小説のブームが起こっていた頃の作品である(5)を紹介します。・・・・・1966年《学研新書刊行版》次回は、故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[45]【二人が消えた夜】①(1)を紹介しま...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[44]【若葉の炎】⑤

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[43]【若葉の炎】④

    JPEG0052~0068P-248~P-2811966年(昭和41年)学習研究社の学研新書で刊行された、青春文庫全五巻【1:雪の記憶・故郷は遠きにありて、2:燃ゆる頬・白い一本の道、3:明日への握手・若葉の炎、4:恋と少年、5:青春の門・夜の青葉】に収められた作品群の中で描かれている世界も手法も他の作品と違い、ある程度の性描写もあり、かなり大人っぽい作品である。しかし、青春における人の心のありかたを追求しようとした作品である。※【若葉の炎】は、1960年弥生書房から書下ろし長編推理として出版され、ちょうど推理小説のブームが起こっていた頃の作品である(4)を紹介します。・・・・・1966年《学研新書刊行版》次回は、(5)を紹介します。・・・・・1966年《学研新書刊行版》[まとめ買い]女人追憶富島健夫メーカー情...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[43]【若葉の炎】④

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[42]【若葉の炎】③

    JPEG0035~0052P-215~P-2481966年(昭和41年)学習研究社の学研新書で刊行された、青春文庫全五巻【1:雪の記憶・故郷は遠きにありて、2:燃ゆる頬・白い一本の道、3:明日への握手・若葉の炎、4:恋と少年、5:青春の門・夜の青葉】に収められた作品群の中で描かれている世界も手法も他の作品と違い、ある程度の性描写もあり、かなり大人っぽい作品である。しかし、青春における人の心のありかたを追求しようとした作品である。※【若葉の炎】は、1960年弥生書房から書下ろし長編推理として出版され、ちょうど推理小説のブームが起こっていた頃の作品である(3)を紹介します。・・・・・1966年《学研新書刊行版》次回は(4)を紹介します。・・・・・1966年《学研新書刊行版》FireHD8タブレット(8インチHDディ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[42]【若葉の炎】③

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[41]【若葉の炎】②

    JPEG0018~0035P-180~P-2151966年(昭和41年)学習研究社の学研新書で刊行された、青春文庫全五巻【1:雪の記憶・故郷は遠きにありて、2:燃ゆる頬・白い一本の道、3:明日への握手・若葉の炎、4:恋と少年、5:青春の門・夜の青葉】に収められた作品群の中で描かれている世界も手法も他の作品と違い、ある程度の性描写もあり、かなり大人っぽい作品である。しかし、青春における人の心のありかたを追求しようとした作品である。※【若葉の炎】は、1960年弥生書房から書下ろし長編推理として出版され、ちょうど推理小説のブームが起こっていた頃の作品である(2)を紹介します。・・・・・1966年《学研新書刊行版》[まとめ買い]富島健夫自選青春小説(集英社文庫)FireHD8タブレット(8インチHDディスプレイ)16G...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[41]【若葉の炎】②

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[40]【若葉の炎】①

    JPEG0002~0018P-150~P-1801966年(昭和41年)学習研究社の学研新書で刊行された、青春文庫全五巻【1:雪の記憶・故郷は遠きにありて、2:燃ゆる頬・白い一本の道、3:明日への握手・若葉の炎、4:恋と少年、5:青春の門・夜の青葉】に収められた作品群の中で描かれている世界も手法も他の作品と違い、ある程度の性描写もあり、かなり大人っぽい作品である。しかし、青春における人の心のありかたを追求しようとした作品である。※【若葉の炎】は、1960年弥生書房から書下ろし長編推理として出版され、ちょうど推理小説のブームが起こっていた頃の作品である(1)を紹介します。・・・・・1966年《学研新書刊行版》[まとめ買い]女人追憶次回は、(2)を紹介します。・・・・・1966年《学研新書刊行版》【Newモデル】F...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[40]【若葉の炎】①

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[39]【雪の中の信子】⑤

    我が故郷出身の作家富島健夫氏の作品は、青春小説の代表的な書き手として【青春文庫・青春文学選集】など収刊されている中に五編のミステリー作品がある。昭和34年に河出書房新社より刊行の【七つの部屋】(未入手)【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】の五作。【七つの部屋】は、現時点で未入手の為、【雪の中の信子】を先に読み始めた。しかし、何故、推理小説的な作品を書いたのか…と言うとその当時、所謂、推理小説の全盛期であり、推理的手法による作品を多くの人が手がけた時期でもあり、そうした風潮の影響もあって、富島氏も【七つの部屋】を書かれたようです。【雪の中の信子】は、二人の秀才とみなされている高校生…石井と大島が互いに双方を意識しながら、石井の恋人であった信子への大島の横恋慕による事から...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[39]【雪の中の信子】⑤

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[38]【雪の中の信子】④

    我が故郷出身の作家富島健夫氏の作品は、青春小説の代表的な書き手として【青春文庫・青春文学選集】など収刊されている中に五編のミステリー作品がある。昭和34年に河出書房新社より刊行の【七つの部屋】(未入手)【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】の五作。【七つの部屋】は、現時点で未入手の為、【雪の中の信子】を先に読み始めた。しかし、何故、推理小説的な作品を書いたのか…と言うとその当時、所謂、推理小説の全盛期であり、推理的手法による作品を多くの人が手がけた時期でもあり、そうした風潮の影響もあって、富島氏も【七つの部屋】を書かれたようです。【雪の中の信子】は、二人の秀才とみなされている高校生…石井と大島が互いに双方を意識しながら、石井の恋人であった信子への大島の横恋慕による事から...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[38]【雪の中の信子】④

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[37]【雪の中の信子】③

    我が故郷出身の作家富島健夫氏の作品は、青春小説の代表的な書き手として【青春文庫・青春文学選集】など収刊されている中に五編のミステリー作品がある。昭和34年に河出書房新社より刊行の【七つの部屋】(未入手)【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】の五作。【七つの部屋】は、現時点で未入手の為、【雪の中の信子】を先に読み始めた。しかし、何故、推理小説的な作品を書いたのか…と言うとその当時、所謂、推理小説の全盛期であり、推理的手法による作品を多くの人が手がけた時期でもあり、そうした風潮の影響もあって、富島氏も【七つの部屋】を書かれたようです。【雪の中の信子】は、二人の秀才とみなされている高校生…石井と大島が互いに双方を意識しながら、石井の恋人であった信子への大島の横恋慕による事から...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[37]【雪の中の信子】③

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[36]【雪の中の信子】②

    我が故郷出身の作家富島健夫氏の作品は、青春小説の代表的な書き手として【青春文庫・青春文学選集】など収刊されている中に五編のミステリー作品がある。昭和34年に河出書房新社より刊行の【七つの部屋】(未入手)【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】の五作。【七つの部屋】は、現時点で未入手の為、【雪の中の信子】を先に読み始めた。しかし、何故、推理小説的な作品を書いたのか…と言うとその当時、所謂、推理小説の全盛期であり、推理的手法による作品を多くの人が手がけた時期でもあり、そうした風潮の影響もあって、富島氏も【七つの部屋】を書かれたようです。【雪の中の信子】は、二人の秀才とみなされている高校生…石井と大島が互いに双方を意識しながら、石井の恋人であった信子への大島の横恋慕による事から...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[36]【雪の中の信子】②

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[35]【雪の中の信子】①

    我が故郷出身の作家富島健夫氏の作品は、青春小説の代表的な書き手として【青春文庫・青春文学選集】など収刊されている中に五編のミステリー作品がある。昭和34年に河出書房新社より刊行の【七つの部屋】(未入手)【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】の五作。【七つの部屋】は、現時点で未入手の為、【雪の中の信子】を先に読み始めた。しかし、何故、推理小説的な作品を書いたのか…と言うとその当時、所謂、推理小説の全盛期であり、推理的手法による作品を多くの人が手がけた時期でもあり、そうした風潮の影響もあって、富島氏も【七つの部屋】を書かれたようです。【雪の中の信子】は、二人の秀才とみなされている高校生…石井と大島が互いに双方を意識しながら、石井の恋人であった信子への大島の横恋慕による事から...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[35]【雪の中の信子】①

  •   故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】 ・・・追憶の記・・・ 

    ・・・追憶の記・・・1963年の6月頃だったか、詰襟をステージ衣装に舟木一夫が【高校三年生】で颯爽とデビューし、その年のミリオンセラーの大ヒット。小学生ながらすごく身近に感じ、早く高校生になりたいと思った。それからずっと舟木一夫ファンとして半世紀・・・今も変わらず舟木一夫ファンである事を再認識しました。さて、この度・・・人生の一つの節目とでも言いますか・・・故郷の出身高校の同窓会を企画開催しまた、中学校の同窓会への出席など、今までになく大変懐かしく感じる中で、何か【忘れ物】をしていたのではと、青春を回顧し当時の記憶を辿りたいと考える様になりました。そんな遠い記憶の中での時代背景や潮流を考えると記憶の中の映画やその原作本・主題歌=歌謡曲の融合があって十代の若者世代のニーズにマッチしヒットしていた事を、私としては、...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】・・・追憶の記・・・

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[34]【七つの部屋】⑦

    日曜日の章を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》JPEG0119~0139P-234~P274【七つの部屋】は、富島氏が昭和三十四年に河出書房新社から書下ろし長編として刊行した作品で推理小説ではなく、それを意図とせず風俗小説としての執筆であった。しかし、【七つの部屋】は推理小説的な要素は多分に含んでいる様で、富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品で、所謂、冨島氏の推理小説執筆への契機となった。これに続いて五冊の推理長編を発表している。その作品は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。[まとめ買い]富島健夫自選青春小説(集英社文庫)次回は、この企画タイトル=故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】の原点に還ってみたいと思います。.....故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[34]【七つの部屋】⑦

カテゴリー一覧
商用