searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

SENTIMENTAL-BOYさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
センチメンタル ボーイ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kenzos18_2014
ブログ紹介文
《不易流行》 明日の詩を唄おうよ・・・♪
更新頻度(1年)

66回 / 365日(平均1.3回/週)

ブログ村参加:2016/07/20

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、SENTIMENTAL-BOYさんをフォローしませんか?

ハンドル名
SENTIMENTAL-BOYさん
ブログタイトル
センチメンタル ボーイ
更新頻度
66回 / 365日(平均1.3回/週)
フォロー
センチメンタル ボーイ

SENTIMENTAL-BOYさんの新着記事

1件〜30件

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[199]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】終章(3)P-293~P-303の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[200]【あゝりんどうの花咲けど】を...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[199]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[198]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】終章(2)P-283~P-293の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】終章(3)P-293~P-303を紹介します。NEC11.0型Androidタブ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[198]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[197]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】終章(1)P-273~P-283の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】終章(2)P-283~P-293を紹介します。NEC11.0型Androidタブ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[197]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[197]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】終章(1)P-273~P-283の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】終章(2)P-283~P-293を紹介します。NEC11.0型Androidタブ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[197]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[196]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第九章(3)P-262~P-272の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】終章(1)P-273~P-283を紹介します。【2021年最新の改良版】タブレ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[196]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[195]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第九章(2)P-251~P-261の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第九章(3)P-262~P-272を紹介します。【2021年最新の改良版】タブ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[195]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[194]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第九章(1)P-242~P-251ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第九章(2)P-251~P-261を紹介します。【2021年最新の改良版】タブレットアーム...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[194]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[193]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第八章(3)P-230~P-242の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第九章(1)P-242~P-251を紹介します。タブレットスタンド折りたたみ式...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[193]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[192]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第八章(2)P-222~P-229の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第八章(3)P-230~P-242を紹介します。タブレットスタンド折りたたみ式...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[192]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[191]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第八章(1)P-211~P-221の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第八章(2)P-222~P-229を紹介します。タブレットスタンド折りたたみ式...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[191]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[190]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第七章(3)P-203~P-211の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第八章(1)P-211~P-221を紹介します。TRYONE寝ながらタブレット...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[190]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[189]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第七章(2)P-191~P-202の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第七章(3)P-203~P-211を紹介します。タブレットスタンド折りたたみ式...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[189]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[186]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第六章(2)P-163~P-174の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第六章(3)P-174~P-184を紹介します。FireHD8タブレットブラッ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[186]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[185]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第六章(1)P-153~P-163を紹介します。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第六章(2)P-163~P-174の紹介です。【NEWモデル】FireHD1...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[185]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[184]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第五章(3)P-143~P-153の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第六章(1)P-153~P-163を紹介します。【2021年最新の改良版】タブ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[184]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[183]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第五章(2)P-133~P-143の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第五章(3)P-143~P-153を紹介します。【2021年最新の改良版】タブ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[183]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[182]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第五章(1)P-124~P-133の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第五章(2)P-133~P-143を紹介します。【2021年最新の改良版】タブ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[182]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[181]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第四章(3)P-114~P-123の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第五章(1)P-124~P-133を紹介します。【2021年最新の改良版】タブ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[181]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[180]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第四章(2)P-103~P-114の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第四章(3)P-114~P-123を紹介します。AKEIEスマホ&タブレットス...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[180]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[179]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第四章(1)P-94~P-103の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第四章(2)P-103~P-114を紹介します。AKEIEスマホ&タブレットスタ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[179]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[178]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第三章(3)P-84~P-93の紹介ですここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第四章(1)P-94~P-103を紹介します。FireHD10Plusタブレット32...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[178]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[177]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第三章(2)P-73~P-84の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第三章(3)P-84~P-93を紹介します。FireHD10Plusタブレット32...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[177]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[176]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第三章(1)P-64~P-72の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第三章(2)P-73~P-84を紹介します。FireHD10Plusタブレット32...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[176]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[175]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第二章(4)P-58~P-63の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第三章(1)P-64~P-72を紹介します。【2021年最新の改良版】タブレットア...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[175]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[174]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第二章(3)P-50~P-57の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第二章(4)P-58~P-63を紹介します。【2021年最新の改良版】タブレットア...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[174]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[173]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第二章(2)P-43~P-50の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第二章(3)P-50~P-57を紹介します。【2021年最新の改良版】タブレットア...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[173]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[172]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第二章(1)P-37~P-43の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第二章(2)P-43~P-50を紹介します。【2021年最新の改良版】タブレットア...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[172]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[171]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第一章(5)P-33~P-37の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第二章(1)P-37~P-43を紹介します。【2021年最新の改良版】タブレットア...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[171]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[170]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第一章(4)P-23~P-32ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第一章(5)P-33~P-37を紹介します。FireHD8タブレットブラック(8インチHDディ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[170]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[169]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第一章(3)P-15~P-23の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第一章(4)P-23~P-32の紹介です。NECパーソナルPC-TE710KAWL...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[169]【青春の門】

カテゴリー一覧
商用