chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
SENTIMENTAL-BOY
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2016/07/20

1件〜100件

  • 故郷は遠くにありて・・・【青春の憧憬】と私の青春回顧【遠い背景の記憶】を辿る検証への指標〈2〉

    ・・・・・音楽(歌謡曲)と映画と原作本と・・・・・1963年の6月頃だったか、詰襟をステージ衣装に舟木一夫が【高校三年生】で颯爽とデビューし、その年のミリオンセラーの大ヒット。小学生ながらすごく身近に感じ、早く高校生になりたいと思った。それからずっと舟木一夫ファンとして半世紀・・・今も変わらず舟木一夫ファンである事を再認識しました。さて、・・・人生の一つの節目とでも言いますか・・・故郷の出身高校の同窓会を企画開催し、また、中学校の同窓会への出席など、今までになく大変懐かしく感じる中で、何か【忘れ物】をしていたのではと、・・・青春を回顧し当時の記憶を辿りたいと考える様になりました。そんな遠い記憶の中での時代背景や潮流を考えると記憶の中の映画やその原作本・主題歌=歌謡曲の融合があって十代の若者世代のニーズにマ...故郷は遠くにありて・・・【青春の憧憬】と私の青春回顧【遠い背景の記憶】を辿る検証への指標〈2〉

  • 故郷は遠くにありて・・・【青春の憧憬】と私の青春回顧【遠い背景の記憶】を辿る検証への指標〈1〉

    ・・・・・音楽(歌謡曲)と映画と原作本と・・・・・1963年の6月頃だったか、詰襟をステージ衣装に舟木一夫が【高校三年生】で颯爽とデビューし、その年のミリオンセラーの大ヒット。小学生ながらすごく身近に感じ、早く高校生になりたいと思った。それからずっと舟木一夫ファンとして半世紀・・・今も変わらず舟木一夫ファンである事を再認識しました。さて、・・・人生の一つの節目とでも言いますか・・・故郷の出身高校の同窓会を企画開催し、また、中学校の同窓会への出席など、今までになく大変懐かしく感じる中で、何か【忘れ物】をしていたのではと、・・・青春を回顧し当時の記憶を辿りたいと考える様になりました。そんな遠い記憶の中での時代背景や潮流を考えると記憶の中の映画やその原作本・主題歌=歌謡曲の融合があって十代の若者世代のニーズにマ...故郷は遠くにありて・・・【青春の憧憬】と私の青春回顧【遠い背景の記憶】を辿る検証への指標〈1〉

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[77]【故郷は遠きにありて】 

    富島健夫氏の小説には、一つのパターンがあり、故郷がある。大抵は北九州である。そこから、進学若しくは就職で出て行く青春期の男女がいる。当然、青春期の男女には、恋も性もある。そんな男女が、新しい環境の中で自己に忠実に生きようとすると、摩擦が起こる反面新しい人間関係も生まれる。故郷での人間関係の絆が都会生活でも延長される場合もあるが、人と人とに問題や亀裂が起こるその摩擦や亀裂を作者は書き込み、それらを掘り下げてゆく・・・自分に忠実に生きることが青春期の特権の様なもので、その特権の実態を明らかにするための作者なのか?読者に青春の意味を説く志なのか?青春期に生きる人々を描き続ける意味は、作者自身の自己確認という命題の様なもので亀裂や摩擦に執拗に迫るのは、人生の合わせ鏡の役割を果たし、それが正直な生き方でもある。合わ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[77]【故郷は遠きにありて】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[76]【故郷は遠きにありて】 

    富島健夫氏の小説には、一つのパターンがあり、故郷がある。大抵は北九州である。そこから、進学若しくは就職で出て行く青春期の男女がいる。当然、青春期の男女には、恋も性もある。そんな男女が、新しい環境の中で自己に忠実に生きようとすると、摩擦が起こる反面新しい人間関係も生まれる。故郷での人間関係の絆が都会生活でも延長される場合もあるが、人と人とに問題や亀裂が起こるその摩擦や亀裂を作者は書き込み、それらを掘り下げてゆく・・・自分に忠実に生きることが青春期の特権の様なもので、その特権の実態を明らかにするための作者なのか?読者に青春の意味を説く志なのか?青春期に生きる人々を描き続ける意味は、作者自身の自己確認という命題の様なもので亀裂や摩擦に執拗に迫るのは、人生の合わせ鏡の役割を果たし、それが正直な生き方でもある。合わ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[76]【故郷は遠きにありて】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[75]【故郷は遠きにありて】 

    富島健夫氏の小説には、一つのパターンがあり、故郷がある。大抵は北九州である。そこから、進学若しくは就職で出て行く青春期の男女がいる。当然、青春期の男女には、恋も性もある。そんな男女が、新しい環境の中で自己に忠実に生きようとすると、摩擦が起こる反面新しい人間関係も生まれる。故郷での人間関係の絆が都会生活でも延長される場合もあるが、人と人とに問題や亀裂が起こるその摩擦や亀裂を作者は書き込み、それらを掘り下げてゆく・・・自分に忠実に生きることが青春期の特権の様なもので、その特権の実態を明らかにするための作者なのか?読者に青春の意味を説く志なのか?青春期に生きる人々を描き続ける意味は、作者自身の自己確認という命題の様なもので亀裂や摩擦に執拗に迫るのは、人生の合わせ鏡の役割を果たし、それが正直な生き方でもある。合わ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[75]【故郷は遠きにありて】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[74]【故郷は遠きにありて】 

    富島健夫氏の小説には、一つのパターンがあり、故郷がある。大抵は北九州である。そこから、進学若しくは就職で出て行く青春期の男女がいる。当然、青春期の男女には、恋も性もある。そんな男女が、新しい環境の中で自己に忠実に生きようとすると、摩擦が起こる反面新しい人間関係も生まれる。故郷での人間関係の絆が都会生活でも延長される場合もあるが、人と人とに問題や亀裂が起こるその摩擦や亀裂を作者は書き込み、それらを掘り下げてゆく・・・自分に忠実に生きることが青春期の特権の様なもので、その特権の実態を明らかにするための作者なのか?読者に青春の意味を説く志なのか?青春期に生きる人々を描き続ける意味は、作者自身の自己確認という命題の様なもので亀裂や摩擦に執拗に迫るのは、人生の合わせ鏡の役割を果たし、それが正直な生き方でもある。合わ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[74]【故郷は遠きにありて】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[73]【故郷は遠きにありて】 

    富島健夫氏の小説には、一つのパターンがあり、故郷がある。大抵は北九州である。そこから、進学若しくは就職で出て行く青春期の男女がいる。当然、青春期の男女には、恋も性もある。そんな男女が、新しい環境の中で自己に忠実に生きようとすると、摩擦が起こる反面新しい人間関係も生まれる。故郷での人間関係の絆が都会生活でも延長される場合もあるが、人と人とに問題や亀裂が起こるその摩擦や亀裂を作者は書き込み、それらを掘り下げてゆく・・・自分に忠実に生きることが青春期の特権の様なもので、その特権の実態を明らかにするための作者なのか?読者に青春の意味を説く志なのか?青春期に生きる人々を描き続ける意味は、作者自身の自己確認という命題の様なもので亀裂や摩擦に執拗に迫るのは、人生の合わせ鏡の役割を果たし、それが正直な生き方でもある。合わ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[73]【故郷は遠きにありて】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[72]【故郷は遠きにありて】 

    JPEG1119-0002~1120-0072P-3~P-255富島健夫氏の小説には、一つのパターンがあり、故郷がある。大抵は北九州である。そこから、進学若しくは就職で出て行く青春期の男女がいる。当然、青春期の男女には、恋も性もある。そんな男女が、新しい環境の中で自己に忠実に生きようとすると、摩擦が起こる反面新しい人間関係も生まれる。故郷での人間関係の絆が都会生活でも延長される場合もあるが、人と人とに問題や亀裂が起こるその摩擦や亀裂を作者は書き込み、それらを掘り下げてゆく・・・自分に忠実に生きることが青春期の特権の様なもので、その特権の実態を明らかにするための作者なのか?読者に青春の意味を説く志なのか?青春期に生きる人々を描き続ける意味は、作者自身の自己確認という命題の様なもので亀裂や摩擦に執拗に迫るのは...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[72]【故郷は遠きにありて】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[71]【断崖】 

    JPEG0915-0120~0915-00125P-237~P-247二の章[文学者昭和37年7月掲載)実業之日本社=昭和56年9月25日初版発行版]【断崖】は、敗戦後の朝鮮における富島氏の体験を踏まえて、描き出した作品ですが窮地に陥った主人公を救う朝鮮の少年に対する作者の気持ちは、主義や思想と関係のない人間の生のままの感情を尊重しようとする意識と繋がっている。その事は、作者富島健夫自身の体験の深さと彼の原点を示す作品ではないだろうか。・・・次回は、故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[75]【故郷は遠きにありて】の紹介です。GM-JAPANノートパソコンWindows11Office搭載575g10.1インチ2in1タブレットメモリ4GB/SSD128G...*注意!*当商品は電源アダ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[71]【断崖】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[70]【断崖】 

    JPEG0915-0113~0915-00120P-224~P-237一の章[文学者昭和37年7月掲載)実業之日本社=昭和56年9月25日初版発行版]【断崖】は、敗戦後の朝鮮における富島氏の体験を踏まえて、描き出した作品ですが窮地に陥った主人公を救う朝鮮の少年に対する作者の気持ちは、主義や思想と関係のない人間の生のままの感情を尊重しようとする意識と繋がっている。その事は、作者富島健夫自身の体験の深さと彼の原点を示す作品ではないだろうか。・・・次回は、故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[74]【断崖】JPEG0915-0120~0915-00125P-237~P-247二の章[文学者昭和37年7月掲載)実業之日本社=昭和56年9月25日初版発行版]【断崖】は、敗戦後の朝鮮における富島氏の...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[70]【断崖】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[69]【ひも】 

    JPEG0915-0110~0915-0112P-218~P-221[文学者昭和36年4月掲載)実業之日本社=昭和56年9月25日初版発行版]【ひも】は、女のひもとなった男の行動を扱っているが、短編の中に男と女それぞれの心理や感覚のずれをとらえてストーリー性を感じさせる作風は、作者の特徴である。今回は、【ひも】を紹介します。次回は、【断崖】一の章を紹介します。GM-JAPANノートパソコンWindows11Office搭載575g10.1インチ2in1タブレットメモリ4GB/SSD128G...*注意!*当商品は電源アダプタの付いてない外付けDVDドライブの使用はできません。外付けDVDドライブ電...TOSHIBADynabookR82/12.5インチタブレットPC/CPU:M-5Y10c/メモリ:4G...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[69]【ひも】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[68]【考えない人】 

    JPEG0915-0080~0915-0098P-158~P-192[文学者昭和33年5月掲載)実業之日本社=昭和56年9月25日初版発行版]【考えない人】は、青年社員の服毒自殺をめぐって、その友人や恋人たちがそれぞれの思惑を交錯させていくが、この登場人物たちは青年の死の意味を考えるより、自分たちに都合の良い解釈でどう利用したら良いかを思案し、実行に移すドライな若者たちの世代の思考と青年の父親であり地方の保守派の議員の思考と対置される。いずれも被害者で同時に加害者であるような人間関係を巧みに作者は描きながら、人間のエゴイズムと欲望をとらえている。・・・【雌雄の光景】の原型を【考えない人】の中で読み取れる作品である。・・・・・タブレットスタンドタブレットアームスタンド寝ながらipadアームベッド用360回転...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[68]【考えない人】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[67]【鮮魚の匂い】 

    JPEG0915-0098~0915-0110P-194~P-216[文芸昭和32年2月掲載)実業之日本社=昭和56年9月25日初版発行版]【鮮魚の匂い】は、作者が豊津高校に通学していた時代の回想をもとにした短編で、自伝的な要素をもついくつかの作品とも共通した内容だが、その中でも早い時期に書いただけに、新鮮な味わいがある。特に、昭和33年に平凡出版から刊行された【雪の記憶】の原型の様な作品であると私は、確信を持った。何故なら、冒頭の文面から察する事ができる・・・[十六歳の冬、豊津中学校に転校して間もなく、主人公は一人の女学生に恋した。通学に新しく越してきた苅田町から、九州の東海岸を走る日豊線で行橋町に下り、田川線に乗り換えて豊津で下車する。敗戦直後のこととて列車の接読が悪く、早朝暗いうちから家を出なければ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[67]【鮮魚の匂い】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[66]【喪家の狗】 

    JPEG0915-0073~0915-0080P-144~P-156富島健夫が文壇に登場するのは、昭和二十九年に第三十回芥川賞候補となった【喪家の狗】からである。昭和二十五年秋に父親が亡くなった後、福岡県から上京し翌年、早稲田に入学してまもなく丹羽文雄の門をたたき彼が学友と計画していた同人誌の誌名を「街」と名付けることを許された。創刊当初の「街」は早稲田の英文科学生を中心に出されたもので、丹羽も処女作「秋」を発表した由緒ある同人誌であった。この「街」に富島健夫は作品を執筆すると同時に、やがて「文学者」への加入をみとめられる。そして昭和二十八年十二月号の「新潮」同人雑誌推薦特集に、「街」の代表として【喪家の狗】を発表したのが、芥川候補となったのである。この時の候補作は、計十篇あったが、受賞作はなかった。しか...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[66]【喪家の狗】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[65]【夜の青葉】 第七話

    JPEG0122-0111~0122-0127P-218~P-251【夜の青葉】は、富島氏が昭和三十七年に集英社から書下ろし長編として刊行。その後、角川文庫から昭和五十二年3月初版発行された。私が入手したのは、昭和五十二年10月再版発行された分です。富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品の【七つの部屋】に続いて五冊の推理長編を発表している中の一冊です。その作品群は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。【夜の青葉】最終回第七話を紹介します。・・・・・1977年《角川文庫刊行版》次回は、故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[69]【喪家の狗】[新潮昭和28年12月掲載)実業之日本社=昭和56年9月25日初版発行版]タブレットスタンドタブ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[65]【夜の青葉】第七話

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[64]【夜の青葉】 第六話

    JPEG0122-0093~0122-0110P-183~P-217【夜の青葉】は、富島氏が昭和三十七年に集英社から書下ろし長編として刊行。その後、角川文庫から昭和五十二年3月初版発行された。私が入手したのは、昭和五十二年10月再版発行された分です。富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品の【七つの部屋】に続いて五冊の推理長編を発表している中の一冊です。その作品群は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。第六話を紹介します。・・・・・1977年《角川文庫刊行版》次回は、第七話を紹介します。・・・・・1977年《角川文庫刊行版》TOSHIBADynabookR82/12.5インチタブレットPC/CPU:M-5Y10c/メモリ:4GB/ストレージ:128GB...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[64]【夜の青葉】第六話

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[63]【夜の青葉】 第五話

    JPEG0122-0075~0122-0093P-146~P-182【夜の青葉】は、富島氏が昭和三十七年に集英社から書下ろし長編として刊行。その後、角川文庫から昭和五十二年3月初版発行された。私が入手したのは、昭和五十二年10月再版発行された分です。富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品の【七つの部屋】に続いて五冊の推理長編を発表している中の一冊です。その作品群は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。JPEG0122-0075~0122-0093P-146~P-182第五話を紹介します。・・・・・1977年《角川文庫刊行版》次回は、第六話を紹介します。・・・・・1977年《角川文庫刊行版》タブレットスタンドタブレットアームスタンド寝ながらipadアー...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[63]【夜の青葉】第五話

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[62]【夜の青葉】 第四話

    JPEG0122-0057~0122-0074P-110~P-145【夜の青葉】は、富島氏が昭和三十七年に集英社から書下ろし長編として刊行。その後、角川文庫から昭和五十二年3月初版発行された。私が入手したのは、昭和五十二年10月再版発行された分です。富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品の【七つの部屋】に続いて五冊の推理長編を発表している中の一冊です。第四話を紹介します。・・・・・1977年《角川文庫刊行版》次回は、第五話を紹介します。・・・・・1977年《角川文庫刊行版》TOSHIBADynabookR82/12.5インチタブレットPC/CPU:M-5Y10c/メモリ:4GB/ストレージ:128GB/Win1...TOSHIBA12.5インチタブレットPCR82PCKingmouseE10スタディパ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[62]【夜の青葉】第四話

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[61]【夜の青葉】 第三話

    JPEG0122-0039~0122-0056P-74~P-109【夜の青葉】は、富島氏が昭和三十七年に集英社から書下ろし長編として刊行。その後、角川文庫から昭和五十二年3月初版発行された。私が入手したのは、昭和五十二年10月再版発行された分です。富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品の【七つの部屋】に続いて五冊の推理長編を発表している中の一冊です。その作品群は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。第三話を紹介します。・・・・・1977年《角川文庫刊行版》次回は、第四話を紹介します。・・・・・1977年《角川文庫刊行版》FireHD10タブレット10.1インチHDディスプレイ32GBブラック【10.1インチの大画面】1080pフルHD、224ppi解...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[61]【夜の青葉】第三話

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[54]【二人が消えた夜】⑩

    JPEG230-0051~230-0064P-190~P-216【二人が消えた夜】は、富島氏が昭和三十五年に荒地出版社から書下ろし長編として刊行されました。私が入手したのは、昭和五十六年の徳間文庫刊行版です。富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品の【七つの部屋】に続いて五冊の推理長編を発表している中の一冊です。その作品群は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。(10)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》次回は、(11)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》バーボンウイスキージムビーム700mlクリエーター情報なしサントリーFire7タブレット(7インチディスプレイ)16GB-Newモデル7インチIPSディスプレイ。16G...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[54]【二人が消えた夜】⑩

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[53]【二人が消えた夜】⑨

    JPEG230-0041~230-0050P-171~P-189【二人が消えた夜】は、富島氏が昭和三十五年に荒地出版社から書下ろし長編として刊行されました。私が入手したのは、昭和五十六年の徳間文庫刊行版です。富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品の【七つの部屋】に続いて五冊の推理長編を発表している中の一冊です。その作品群は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。(9)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》次回は、(10)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》10.1インチタブレットPCtabletpcアンドロイド6.0クアッドコア2GB+32GBデュアルSIMスロット3G通話MIDPadIPS液晶WI-FI、bluetoot...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[53]【二人が消えた夜】⑨

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[52]【二人が消えた夜】⑧

    JPEG230-0030~230-0041P-148~P-170【二人が消えた夜】は、富島氏が昭和三十五年に荒地出版社から書下ろし長編として刊行されました。私が入手したのは、昭和五十六年の徳間文庫刊行版です。富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品の【七つの部屋】に続いて五冊の推理長編を発表している中の一冊です。その作品群は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。(8)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》次回は、(9)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》[まとめ買い]富島健夫自選青春小説(集英社文庫)クリエーター情報なしメーカー情報なしFireHD8タブレット(8インチHDディスプレイ)16GB-Alexa搭載高性能、高コ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[52]【二人が消えた夜】⑧

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[51]【二人が消えた夜】⑦

    JPEG230-0017~230-0029P-103~P-122【二人が消えた夜】は、富島氏が昭和三十五年に荒地出版社から書下ろし長編として刊行されました。私が入手したのは、昭和五十六年の徳間文庫刊行版です。富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品の【七つの部屋】に続いて五冊の推理長編を発表している中の一冊です。その作品群は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。(7)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》次回は、(8)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》[まとめ買い]富島健夫自選青春小説(集英社文庫)クリエーター情報なしメーカー情報なしFireHD8タブレット(8インチHDディスプレイ)16GB-Alexa搭載高性能、高コ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[51]【二人が消えた夜】⑦

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[50]【二人が消えた夜】⑥

    JPEG230-0006~230-0017P-103~P-122【二人が消えた夜】は、富島氏が昭和三十五年に荒地出版社から書下ろし長編として刊行されました。私が入手したのは、昭和五十六年の徳間文庫刊行版です。富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品の【七つの部屋】に続いて五冊の推理長編を発表している中の一冊です。その作品群は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。(6)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》次回は、(7)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》[まとめ買い]富島健夫自選青春小説(集英社文庫)クリエーター情報なしメーカー情報なしFireHD8タブレット(8インチHDディスプレイ)16GB-Alexa搭載高性能、高コ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[50]【二人が消えた夜】⑥

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[49]【二人が消えた夜】⑤

    JPEG0043~230-0006P-84~P-102【二人が消えた夜】は、富島氏が昭和三十五年に荒地出版社から書下ろし長編として刊行されました。私が入手したのは、昭和五十六年の徳間文庫刊行版です。富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品の【七つの部屋】に続いて五冊の推理長編を発表している中の一冊です。その作品群は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。(5)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》次回は、(6)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》[まとめ買い]富島健夫自選青春小説(集英社文庫)クリエーター情報なしメーカー情報なしFireHD8タブレット(8インチHDディスプレイ)16GB-Alexa搭載高性能、高コスパタブレ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[49]【二人が消えた夜】⑤

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[48]【二人が消えた夜】④

    JPEG0031~0043P-59~P-83【二人が消えた夜】は、富島氏が昭和三十五年に荒地出版社から書下ろし長編として刊行されました。私が入手したのは、昭和五十六年の徳間文庫刊行版です。富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品の【七つの部屋】に続いて五冊の推理長編を発表している中の一冊です。その作品群は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。(4)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》次回は、(5)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》[まとめ買い]富島健夫自選青春小説(集英社文庫)クリエーター情報なしメーカー情報なしFireHD8タブレット(8インチHDディスプレイ)16GB-Alexa搭載高性能、高コスパタブレット。大迫...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[48]【二人が消えた夜】④

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[47]【二人が消えた夜】③

    JPEG0023~0031P-43~P-58【二人が消えた夜】は、富島氏が昭和三十五年に荒地出版社から書下ろし長編として刊行されました。私が入手したのは、昭和五十六年の徳間文庫刊行版です。富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品の【七つの部屋】に続いて五冊の推理長編を発表している中の一冊です。その作品群は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。(3)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》次回は、(4)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》[まとめ買い]富島健夫自選青春小説(集英社文庫)クリエーター情報なしメーカー情報なしFireHD8タブレット(8インチHDディスプレイ)16GB-Alexa搭載高性能、高コスパタブレット。大迫...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[47]【二人が消えた夜】③

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[46]【二人が消えた夜】②

    JPEG0013~0023P-22~P-42【二人が消えた夜】は、富島氏が昭和三十五年に荒地出版社から書下ろし長編として刊行されました。私が入手したのは、昭和五十六年の徳間文庫刊行版です。富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品の【七つの部屋】に続いて五冊の推理長編を発表している中の一冊です。その作品群は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。(2)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》次回は、(3)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》[まとめ買い]富島健夫自選青春小説(集英社文庫)クリエーター情報なしメーカー情報なしFireHD8タブレット(8インチHDディスプレイ)16GB-Alexa搭載高性能、高コスパタブレット。大迫...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[46]【二人が消えた夜】②

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[45]【二人が消えた夜】①

    【二人が消えた夜】は、富島氏が昭和三十五年に荒地出版社から書下ろし長編として刊行されました。私が入手したのは、昭和五十六年の徳間文庫刊行版です。富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品の【七つの部屋】に続いて五冊の推理長編を発表している中の一冊です。その作品群は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。JPEG0003~0012P-3~P-21(1)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》次回は、(2)を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》[まとめ買い]富島健夫自選青春小説(集英社文庫)クリエーター情報なしメーカー情報なしFireHD8タブレット(8インチHDディスプレイ)16GB-Alexa搭載高性能、高コスパタブレット。大迫力の高解...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[45]【二人が消えた夜】①

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[44]【若葉の炎】⑤

    JPEG0069~0090P-282~P-3241966年(昭和41年)学習研究社の学研新書で刊行された、青春文庫全五巻【1:雪の記憶・故郷は遠きにありて、2:燃ゆる頬・白い一本の道、3:明日への握手・若葉の炎、4:恋と少年、5:青春の門・夜の青葉】に収められた作品群の中で描かれている世界も手法も他の作品と違い、ある程度の性描写もあり、かなり大人っぽい作品である。しかし、青春における人の心のありかたを追求しようとした作品である。※【若葉の炎】は、1960年弥生書房から書下ろし長編推理として出版され、ちょうど推理小説のブームが起こっていた頃の作品である(5)を紹介します。・・・・・1966年《学研新書刊行版》次回は、故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[45]【二人が消えた夜】①(1)を紹介しま...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[44]【若葉の炎】⑤

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[43]【若葉の炎】④

    JPEG0052~0068P-248~P-2811966年(昭和41年)学習研究社の学研新書で刊行された、青春文庫全五巻【1:雪の記憶・故郷は遠きにありて、2:燃ゆる頬・白い一本の道、3:明日への握手・若葉の炎、4:恋と少年、5:青春の門・夜の青葉】に収められた作品群の中で描かれている世界も手法も他の作品と違い、ある程度の性描写もあり、かなり大人っぽい作品である。しかし、青春における人の心のありかたを追求しようとした作品である。※【若葉の炎】は、1960年弥生書房から書下ろし長編推理として出版され、ちょうど推理小説のブームが起こっていた頃の作品である(4)を紹介します。・・・・・1966年《学研新書刊行版》次回は、(5)を紹介します。・・・・・1966年《学研新書刊行版》[まとめ買い]女人追憶富島健夫メーカー情...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[43]【若葉の炎】④

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[42]【若葉の炎】③

    JPEG0035~0052P-215~P-2481966年(昭和41年)学習研究社の学研新書で刊行された、青春文庫全五巻【1:雪の記憶・故郷は遠きにありて、2:燃ゆる頬・白い一本の道、3:明日への握手・若葉の炎、4:恋と少年、5:青春の門・夜の青葉】に収められた作品群の中で描かれている世界も手法も他の作品と違い、ある程度の性描写もあり、かなり大人っぽい作品である。しかし、青春における人の心のありかたを追求しようとした作品である。※【若葉の炎】は、1960年弥生書房から書下ろし長編推理として出版され、ちょうど推理小説のブームが起こっていた頃の作品である(3)を紹介します。・・・・・1966年《学研新書刊行版》次回は(4)を紹介します。・・・・・1966年《学研新書刊行版》タブレットアームスタンドipadスタンドア...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[42]【若葉の炎】③

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[41]【若葉の炎】②

    JPEG0018~0035P-180~P-2151966年(昭和41年)学習研究社の学研新書で刊行された、青春文庫全五巻【1:雪の記憶・故郷は遠きにありて、2:燃ゆる頬・白い一本の道、3:明日への握手・若葉の炎、4:恋と少年、5:青春の門・夜の青葉】に収められた作品群の中で描かれている世界も手法も他の作品と違い、ある程度の性描写もあり、かなり大人っぽい作品である。しかし、青春における人の心のありかたを追求しようとした作品である。※【若葉の炎】は、1960年弥生書房から書下ろし長編推理として出版され、ちょうど推理小説のブームが起こっていた頃の作品である(2)を紹介します。・・・・・1966年《学研新書刊行版》[まとめ買い]富島健夫自選青春小説(集英社文庫)FireHD10タブレット10.1インチHDディスプレイ3...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[41]【若葉の炎】②

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[40]【若葉の炎】①

    JPEG0002~0018P-150~P-1801966年(昭和41年)学習研究社の学研新書で刊行された、青春文庫全五巻【1:雪の記憶・故郷は遠きにありて、2:燃ゆる頬・白い一本の道、3:明日への握手・若葉の炎、4:恋と少年、5:青春の門・夜の青葉】に収められた作品群の中で描かれている世界も手法も他の作品と違い、ある程度の性描写もあり、かなり大人っぽい作品である。しかし、青春における人の心のありかたを追求しようとした作品である。※【若葉の炎】は、1960年弥生書房から書下ろし長編推理として出版され、ちょうど推理小説のブームが起こっていた頃の作品である(1)を紹介します。・・・・・1966年《学研新書刊行版》[まとめ買い]女人追憶次回は、(2)を紹介します。・・・・・1966年《学研新書刊行版》マイクロソフトSu...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[40]【若葉の炎】①

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[39]【雪の中の信子】⑤

    我が故郷出身の作家富島健夫氏の作品は、青春小説の代表的な書き手として【青春文庫・青春文学選集】など収刊されている中に五編のミステリー作品がある。昭和34年に河出書房新社より刊行の【七つの部屋】(未入手)【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】の五作。【七つの部屋】は、現時点で未入手の為、【雪の中の信子】を先に読み始めた。しかし、何故、推理小説的な作品を書いたのか…と言うとその当時、所謂、推理小説の全盛期であり、推理的手法による作品を多くの人が手がけた時期でもあり、そうした風潮の影響もあって、富島氏も【七つの部屋】を書かれたようです。【雪の中の信子】は、二人の秀才とみなされている高校生…石井と大島が互いに双方を意識しながら、石井の恋人であった信子への大島の横恋慕による事から...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[39]【雪の中の信子】⑤

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[38]【雪の中の信子】④

    我が故郷出身の作家富島健夫氏の作品は、青春小説の代表的な書き手として【青春文庫・青春文学選集】など収刊されている中に五編のミステリー作品がある。昭和34年に河出書房新社より刊行の【七つの部屋】(未入手)【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】の五作。【七つの部屋】は、現時点で未入手の為、【雪の中の信子】を先に読み始めた。しかし、何故、推理小説的な作品を書いたのか…と言うとその当時、所謂、推理小説の全盛期であり、推理的手法による作品を多くの人が手がけた時期でもあり、そうした風潮の影響もあって、富島氏も【七つの部屋】を書かれたようです。【雪の中の信子】は、二人の秀才とみなされている高校生…石井と大島が互いに双方を意識しながら、石井の恋人であった信子への大島の横恋慕による事から...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[38]【雪の中の信子】④

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[37]【雪の中の信子】③

    我が故郷出身の作家富島健夫氏の作品は、青春小説の代表的な書き手として【青春文庫・青春文学選集】など収刊されている中に五編のミステリー作品がある。昭和34年に河出書房新社より刊行の【七つの部屋】(未入手)【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】の五作。【七つの部屋】は、現時点で未入手の為、【雪の中の信子】を先に読み始めた。しかし、何故、推理小説的な作品を書いたのか…と言うとその当時、所謂、推理小説の全盛期であり、推理的手法による作品を多くの人が手がけた時期でもあり、そうした風潮の影響もあって、富島氏も【七つの部屋】を書かれたようです。【雪の中の信子】は、二人の秀才とみなされている高校生…石井と大島が互いに双方を意識しながら、石井の恋人であった信子への大島の横恋慕による事から...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[37]【雪の中の信子】③

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[36]【雪の中の信子】②

    我が故郷出身の作家富島健夫氏の作品は、青春小説の代表的な書き手として【青春文庫・青春文学選集】など収刊されている中に五編のミステリー作品がある。昭和34年に河出書房新社より刊行の【七つの部屋】(未入手)【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】の五作。【七つの部屋】は、現時点で未入手の為、【雪の中の信子】を先に読み始めた。しかし、何故、推理小説的な作品を書いたのか…と言うとその当時、所謂、推理小説の全盛期であり、推理的手法による作品を多くの人が手がけた時期でもあり、そうした風潮の影響もあって、富島氏も【七つの部屋】を書かれたようです。【雪の中の信子】は、二人の秀才とみなされている高校生…石井と大島が互いに双方を意識しながら、石井の恋人であった信子への大島の横恋慕による事から...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[36]【雪の中の信子】②

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[35]【雪の中の信子】①

    我が故郷出身の作家富島健夫氏の作品は、青春小説の代表的な書き手として【青春文庫・青春文学選集】など収刊されている中に五編のミステリー作品がある。昭和34年に河出書房新社より刊行の【七つの部屋】(未入手)【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】の五作。【七つの部屋】は、現時点で未入手の為、【雪の中の信子】を先に読み始めた。しかし、何故、推理小説的な作品を書いたのか…と言うとその当時、所謂、推理小説の全盛期であり、推理的手法による作品を多くの人が手がけた時期でもあり、そうした風潮の影響もあって、富島氏も【七つの部屋】を書かれたようです。【雪の中の信子】は、二人の秀才とみなされている高校生…石井と大島が互いに双方を意識しながら、石井の恋人であった信子への大島の横恋慕による事から...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[35]【雪の中の信子】①

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[30]【七つの部屋】③

    JPEG0039~0058P-74~P112水曜日の章を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》【七つの部屋】は、富島氏が昭和三十四年に河出書房新社から書下ろし長編として刊行した作品で推理小説ではなく、それを意図とせず風俗小説としての執筆であった。しかし、【七つの部屋】は推理小説的な要素は多分に含んでいる様で、富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品で、所謂、冨島氏の推理小説執筆への契機となった。これに続いて五冊の推理長編を発表している。その作品は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。次回は、木曜日の章を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》NEC11.0型AndroidタブレットパソコンLAVIET1175/BAS(4GB/128GB...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[30]【七つの部屋】③

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[29]【七つの部屋】②

    JPEG0022~0039P-41~P74火曜日の章を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》【七つの部屋】は、富島氏が昭和三十四年に河出書房新社から書下ろし長編として刊行した作品で推理小説ではなく、それを意図とせず風俗小説としての執筆であった。しかし、【七つの部屋】は推理小説的な要素は多分に含んでいる様で、富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品で、所謂、冨島氏の推理小説執筆への契機となった。これに続いて五冊の推理長編を発表している。その作品は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。b次回は、水曜日の章を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》[まとめ買い]富島健夫自選青春小説(集英社文庫)FireHD10タブレット10.1インチHDディ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[29]【七つの部屋】②

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[28]【七つの部屋】①

    JPEG0004~0022P-5~P40【七つの部屋】は、富島氏が昭和三十四年に河出書房新社から書下ろし長編として刊行した作品で推理小説ではなく、それを意図とせず風俗小説としての執筆であった。しかし、【七つの部屋】は推理小説的な要素は多分に含んでいる様で、富島氏の推理小説に取組む意欲を燃やした作品で、所謂、冨島氏の推理小説執筆への契機となった。これに続いて五冊の推理長編を発表している。その作品は、【雪の中の信子】・【若葉の炎】・【二人が消えた夜】・【容疑者たち】・【夜の青葉】である。月曜日(P-5~P-40)の章を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》次回は、火曜日の章を紹介します。・・・・・1982年《徳間文庫刊行版》[まとめ買い]女人追憶NEC11.0型AndroidタブレットパソコンLAVIE...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[28]【七つの部屋】①

  • 故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[27]【故郷の蝶】⑤最終章

    JPEG00130~0155【故郷の蝶】⑤最終章P-257~P-306【富島健夫自選青春文庫】の必読紹介・・・・・【故郷の蝶】は割とテンポよく読めています。ここでは、5回に亘ってストレートに全ページを紹介しました。※昭和三十二年に河出書房の経営破綻により失業した富島健夫氏は・・・これからどの道を行けば良いか故郷を訪ねることで・・・自分の家族の原点(何故、父親が朝鮮へ行かねばならなかったか?)を探す旅を・・・・・したのではないかと・・・そして、自分の進むべき作家として生きることを結論付けたのではなかろうかと・・・・・・・・・・私は、考えます。・・・【雪の記憶】とは違った意味で故郷を追憶させるのです。次回は、故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[28]【七つの部屋】①JPEG0004~0022P-...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[27]【故郷の蝶】⑤最終章

  • 故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[26]【故郷の蝶】④

    JPEG0090~0130【故郷の蝶】④P-176~P-257までと【女人追憶】の必読紹介です。※昭和三十二年に河出書房の経営破綻により失業した富島健夫氏は・・・これからどの道を行けば良いか故郷を訪ねることで・・・自分の家族の原点(何故、父親が朝鮮へ行かねばならなかったか?)を探す旅を・・・・・したのではないかと・・・そして、自分の進むべき作家として生きることを結論付けたのではなかろうかと・・・・・・・・・・私は、考えます。・・・【雪の記憶】とは違った意味で故郷を追憶させるのです。次回は、【故郷の蝶】最終回⑤【富島健夫自選青春文庫】の必読紹介です。※富島健夫作【女人追憶】再刊行の購読紹介です。[まとめ買い]女人追憶【Amazon.co.jp限定】GoogleChromebookLenovoノートパソコンIdea...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[26]【故郷の蝶】④

  • 故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[25]【故郷の蝶】③

    【故郷の蝶】③JPEG0059~0089P-115~P-175までと【富島健夫自選青春文庫】の必読紹介です。※昭和三十二年に河出書房の経営破綻により失業した富島健夫氏は・・・これからどの道を行けば良いか故郷を訪ねることで・・・自分の家族の原点(何故、父親が朝鮮へ行かねばならなかったか?)を探す旅を・・・・・したのではないかと・・・そして、自分の進むべき作家として生きることを結論付けたのではなかろうかと・・・・・・・・・・私は、考えます。・・・【雪の記憶】とは違った意味で故郷を追憶させるのです。次回は、【故郷の蝶】④と【女人追憶】の必読紹介です。[まとめ買い]富島健夫自選青春小説(集英社文庫)タブレットアームスタンドタブレットスタンドスマートフォンスタンドデュアルパーパスアーム360回転スマ...【2021業界最...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[25]【故郷の蝶】③

  • 故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[24]【故郷の蝶】②

    JPEG0025~0059P-47~P-115【故郷の蝶】②を紹介します。・・・・・※昭和三十二年に河出書房の経営破綻により失業した富島健夫氏は・・・これからどの道を行けば良いか故郷を訪ねることで・・・自分の家族の原点(何故、父親が朝鮮へ行かねばならなかったか?)を探す旅を・・・・・したのではないかと・・・そして、自分の進むべき作家として生きることを結論付けたのではなかろうかと・・・・・・・・・・私は、考えます。・・・【雪の記憶】とは違った意味で故郷を追憶させるのです。2018年に再刊行された富島健夫作品【女人追憶】も必読・・・[まとめ買い]女人追憶次回は、JPEG0059~0089P-115~P-175までと【富島健夫自選青春文庫】の必読紹介タブレットアームスタンドタブレットスタンドスマートフォンスタンドデュ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[24]【故郷の蝶】②

  • 故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[23]【故郷の蝶】①

    JPEG0003~0025P-03~P-47・・・・・【故郷の蝶】は割とテンポよく読めています。ここでは、5回に亘ってストレートに全ページを紹介します。※昭和三十二年に河出書房の経営破綻により失業した富島健夫氏《主人公野口十介)は、これからどの道を行けば良いか故郷を訪ねることで・・・自分の家族の原点(何故、父親が朝鮮へ行かねばならなかったか?)を探す旅をしたのではないかと、・・・そして、自分の進むべき作家として生きることを結論付けたのではなかろうかと・・・・・・・・私は、考えます。・・・【雪の記憶】とは違った意味で故郷を追憶させるのですが、・・・例年、五月にな入ると【故郷の蝶】ではなく、《故郷の祭》を思い出し懐かしさに浸ります。昔とは、情景が変わっていますが・・・山車や神輿は変わっていないようです。先日、幼馴染...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[23]【故郷の蝶】①

  • 故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[22]【雪の記憶】⑮ 最終回

    第三章[三]~[六]を紹介します。※【雪の記憶】最終回※・・・富島健夫【雪の記憶】を読みながら映画《北国の街》を鑑賞する。映画【北国の街】では、全く描写がなく、富島健夫の【官能小説の原点】ではという節がある。・・・・・・・・欲望と愛情のうごめく恋愛観の交錯のなかで・・・・・冬休みが始まってその年が暮れた。正月元旦、目を覚まして雨戸をあけると、めずらしく一面の雪であった。雪はなおも降り続いている。十時から元旦の式があり式が終わって、二人は駅で逢った。雪は降り続いている。映画などには行きたくなかった。人にわずらわされることなく、二人だけで元旦をすごしたかった。二人は海彦が一人で住んでいる家に行くことにした。・・・・・長い間、二人は動かなかった。海彦と雪子は逢瀬を重ねるごとに互いに愛おしさが増して熱い抱擁となってゆく...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[22]【雪の記憶】⑮最終回

  • 故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[21]【雪の記憶】⑭

    JPEG0083~0091P-165~P-181第三章[二]を紹介します。次回は、第三章[三]~[六]を紹介します。【Amazon.co.jp限定】GoogleChromebookLenovoノートパソコンIdeapadDuet10.1インチ日本語キーボ...OS:ChromeOS、CPU:MediaTekHelioP60Tプロセッサー、2.0GHzLenovoNECLAVIETabETE710/KAW-10.1型タブレットパソコン[メモリ4GB/ストレージ64GB/TV機能(フルセ...対応OS:Android(TM)9.0NECFireHD10Plusタブレット10.1インチHDディスプレイ32GBスレート【10.1インチの大画面】1080pフルHD、224ppi解像度の鮮やかなディスプレイAmazonタブ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[21]【雪の記憶】⑭

  • 故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[20]【雪の記憶】⑬

    JPEG0077~0083P-152~P-165第三章[一]を紹介します。※第三章(一)では、父親の死と孤独感、・・・・・医者は父の手を蒲団の中に入れて、静かに頭を下げた。・・・・・・・「お気の毒です」枕元には長兄夫婦の他に、嫁いだ姉や炭鉱にいる次兄がつめていた.。・・・父は倒れてから三十時間、昏睡状態に陥っていたのだ。眼はつむったままで、枕をすけてやると、大きく息を吸った。それっきり、息をしているのかどうかわからなくなった。海彦は夢中で医者までかけつけたのだ。・・・・・・・・・・もともとあまり語り合わない父子だったが、時々、親類の関係とかどうしたいきさつでで朝鮮に行ったのかとか親父に尋ねたが、もう訊けないな・・・・・これで親父もおふくろもおれにはいなくなったわけだぜ・・・と父母とのことを回顧するのである。こう...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[20]【雪の記憶】⑬

  • 故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[19]【雪の記憶】⑫

    ・・・映画【北国の街】予告編・・・富島健夫【雪の記憶】を読みながら映画《北国の街》を鑑賞すると、原作の描写に酷似してる事が良くわかります・・・・・・。《映画のロケーションが長野の飯山で行われたが、作品の舞台は、福岡県京都郡近郊なので雪の積雪量は少ないが、周防灘へ注ぐ今川に沿ってSL96型の汽車は走っていた。私も幾度か乗った記憶があります・・・。時代が少し違いますが、もし汽車通学が許されていたならば、この映画の様な高校生生活を送っていたのかもしれません・・・映画も大好きでその主題歌【北国の街】は、カラオケで私の十八番の曲です・・・・・。JPEG0074~0076P-146~P-151第二章[六]を紹介します。・・・欲望と愛情の中にうごめく恋愛観の交錯と私生活の噂話で誤解を招き双方の教師を交えて交際について話合いを...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[19]【雪の記憶】⑫

  • 故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[18]【雪の記憶】⑪

    JPEG0062~0074P-123~P-146第二章[五]を紹介します。次回は、第二章[六]を紹介します。FireHD8タブレット(8インチHDディスプレイ)16GB-Alexa搭載AmazonAmazonFire7タブレット(7インチディスプレイ)16GB-NewモデルAmazonAmazoniPadminiWi-Fi64GB-ゴールド(最新モデル)Apple(アップル)Apple(アップル)【Newモデル】FireHD10タブレットブラック(10インチHDディスプレイ)64GBAmazonAmazonマイクロソフトSurfaceGo(サーフェスゴー)10インチPixelSenceディスプレイ/Windows10Home(Sモード)/第7世代Intel®Pentium®Gold4415Y/eMMC64GB/...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[18]【雪の記憶】⑪

  • 故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[17]【雪の記憶】⑩

    JPEG0059~0062P-117~P-123第二章[四]を紹介します。夏休みが近づいた。進学する者にとっては夏休みは最大の山である。海彦のクラスの者たちは、夏休みを利用して遊びに行く相談をしていた。「おい小島、お前も行かないか」「おれは行かないよ。家で寝ころんでいた方が楽だ」・・・・・・・・そうではなく、夏休みは兄の仕入れの手伝いや、家の近所の空地を開墾している父の手助けをしなければならなかったのだ。・・・夏休み直前、五年全員と四年の希望者だけを集めて、合同実力考査があった。海彦は組主任に呼ばれ「どうして受けないんだ?」「進学希望者だけかと思いました」「受けてみろ。四年も五年も実力はそう変わらんぞ」「は。受けてみます」・・・教師のすすめで、試してみることになった。・・・実力考査は三日間にわたって行われた。海...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[17]【雪の記憶】⑩

  • 故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[16]【雪の記憶】⑨

    JPEG0051~0059P-100~P-117第二章[三]を紹介します。※【雪の記憶】が自伝的なものであるなら富島健夫氏の作家としての原点なのか?・・・・・海彦と雪子は、人目を忍んで交際する中で手紙のやり取りや帰りの駅での待ち合せ近くの川の堤での会話とふれあい・・・やがて、お互いの家の住所と道順を交換する。海彦は、同居している長兄や嫂や父に気兼ねしながらも、ある日曜日に、雪子の家を訪ねる。・・・雪子の部屋の本箱には「日本文学集」・「明治大正文学全集」・新潮社の「世界文学全集」等の他に、哲学書、洋洋裁や編物の本も混ざってあった。・・・「読みたいのがあったらお貸しするわ」・・・「みんな読みたいな」・・・海彦が本格的に文学書を耽読するようになったのは、この頃からであった。日本の明治大正の名作や世界の古典を、彼はこの...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[16]【雪の記憶】⑨

  • 故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[15]【雪の記憶】⑧

    JPEG0042~0051P-82~P-100第二章[二]を紹介します。・・・学校帰り汽車での偶然の出会と出来事と互いの身上話から二人の親交は深まってゆくのである。・・・・・・・・斜陽を反射してレールが光っていた。レールの光る部分は、二人が歩くにつれて動いて行った。海彦は急がなかった。この二本のレールがどこまでもつづいていて、どこまでもこうして並んで歩いてゆく。そうであるならばどんによいだろうと思った。・・・「どこから転校していらっしたんですか?」海彦は答えた。少女は海彦が朝鮮から引揚げてきたと聞いて、おどろいて見せた。「向こうでは大変だったでしょう?」・・・「危なくはなかった?」二人は並んで枕木を踏んで歩いていた。腕と腕が、とき折りふれ合った。「危ないことも多かったし、知っている人も殺されたりした。国が敗けた...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[15]【雪の記憶】⑧

  • 故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[14]【雪の記憶】⑦

    JPEG0036~0041P-70~P-81第二章[一]を紹介します。※日活映画【北国の街】の鑑賞と原作本【雪の記憶】の再読を繰返しながら自分史をオーバーラップ・・・、この頃は、まだ、蒸気機関車(SL96)で筑豊から行橋への乗客や苅田港への石炭等の運搬を含め国鉄田川線が唯一の通勤通学手段であった。・・・・・映画の場面に置換えると私は、汽車通学ではなく、自転車通学でしかも、一人片道8㎞の道程を毎日通ってた。だから、人との出会いなどなく、まして女性との出会いなど皆無でる。・・・私の高校時代は、早朝に家の手伝いとクラブ活動(剣道)が基本であった。専ら硬派なライフスタイルだった。・・・然しながら、学校生活の中では、クラブ活動の中での人との出会いもあり、友達との友情・恋愛感情も生まれかけてた事もあった。・・・・・振返って...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[14]【雪の記憶】⑦

  • 故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[13]【雪の記憶】⑥

    JPEG0029~0035P-56~P-69第一章[五]を紹介します次回は、第二章[一]を紹介します。FireHD8タブレット(8インチHDディスプレイ)16GB-Alexa搭載AmazonAmazon【Newモデル】FireHD10タブレットブルー(10インチHDディスプレイ)32GBAmazonAmazonFire7タブレット(7インチディスプレイ)16GB-NewモデルAmazonAmazonマイクロソフトSurfaceGo(サーフェスゴー)10インチPixelSenceディスプレイ/Windows10Home(Sモード)/第7世代Intel®Pentium®Gold4415Y/eMMC64GB/メモリ4GB/OfficeHome&Business2019/シルバーMHN-00017マイクロソフトマイクロ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[13]【雪の記憶】⑥

  • 故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[12]【雪の記憶】⑤

    JPEG0023~0029P-44~P-56第一章[四]を紹介します。・・・・・第一章・・・・・主人公=小島海彦(作者)は志野雪子と出会い、そして、愛を育んでゆく・・・・・・・・・・・・雪の朝であった。道も屋根も白い化粧をして、牛乳色の空からは、ゆっくりと粉雪が舞い降りていた。・・・・・・駅には汽車を待つ男女の通学生や一般の乗客がにぎやかに話し合っていた。・・・改札が始まり、白い息を吐きながら汽車が入ってきた。列車はかなり混んでいた。海彦は、列車が停まると同時にうまくステップに足をかけ降りる人がすむと、まっさきに乗った。内部へ進み適当なところにたちどまった二つ先の席の、海彦の方を向いた通路側に、その少女は腰かけて顔を上げていた。少女は背をのばして、正面から海彦を見つめている。・・・・・・・・・・次回は、第一章[...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[12]【雪の記憶】⑤

  • 故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[11]【雪の記憶】④

    ・・・映画《北国の街》を鑑賞すると、原作の【雪の記憶第一章】の描写に酷似してる事が良くわかります。・・・《映画のロケーションが長野の飯山で行われたが、作品の舞台は、福岡県京都郡近郊なので雪の積雪量は少なく、学生帽は丸ではなく角帽です。しかし、原作の第一章の(一)~(五)までが映画の内容としては、一番近い様です。》JPEG0017~0023P-33~P-44第一章[三]を紹介します。次回は、第一章[四]を紹介します。Fire7タブレット(7インチディスプレイ)16GB-NewモデルAmazonAmazonFireHD8タブレット(8インチHDディスプレイ)16GB-Alexa搭載AmazonAmazon【Newモデル】FireHD10タブレットブルー(10インチHDディスプレイ)64GBAmazonAmazonマ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[11]【雪の記憶】④

  • 故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[10]【雪の記憶】③

    JPEG0010~0017P-19~P-32第一章[二]を紹介します。次回は、順不同ではあるが、【富島健夫】作品年譜を掲載します。FireHD8タブレット(8インチHDディスプレイ)16GB-Alexa搭載AmazonAmazonFire7タブレット(7インチディスプレイ)16GB-NewモデルAmazonAmazonNEC10.1型タブレットパソコンLAVIETabETE410/JAW[AndroidOS/メモリ2GB/ストレージ16GB/Wi-Fiモデル]PC-TE410JAWNECNECiPadWi-Fi32GB-シルバーApple(アップル)Apple(アップル)【Newモデル】FireHD10タブレットブラック(10インチHDディスプレイ)32GBAmazonAmazonマイクロソフトSurfaceG...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[10]【雪の記憶】③

  • 故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】原点回帰[9]【雪の記憶】②

    昭和40年日活映画《北国の街》の原作本=富島健夫【雪の記憶】その後、1965年(昭和40年)日活より《北国の街》として舟木一夫・和泉雅子のキャストで映画化された事は、映画タイトルと同様の主題歌《北国の街》により存じています。映画の内容は、原作での登場人物の名称や蒸気機関車での通学風景等は同様に感じますが、それ以外かなり違うようです。でも、私としては、原作が、我が故郷の地域名や情景が克明に描写されてゆくので映画を観ながら如何しても内容を重ね合わせて終うのです。・・・・・・(二度目の完読へ向けて・・・)序章・・・・敗戦の年の秋、主人公=海彦一家は朝鮮より引揚げてきた。その時、海彦は中学二年生だった。・・・波の荒い夜の玄界灘をわたって夜明けがた、一家は博多の沖に、むらさきに煙る九州の山並みを見た。・・・・・・・・・・...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[9]【雪の記憶】②

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[214]【あゝりんどうの花咲けど】 

    あゝりんどうの花咲けど(昭和40年学習研究社「美しい十代」9月号P127~135)第三章:はじめて玲子を見たとき、佐千夫は吸いかけた息をとめた。濃いまつげにかこまれた玲子のひとみに、窓外の景色が流れていた・・・・・。最終回、【あゝりんどうの花咲けど】編集版【4】P44~P46(原本P82~P83)の紹介です。四十日近い入院生活ののち、玲子は退院した。手術はしなかった。する必要がないのではない。必要はあるのだ。危険でできない状態だつたのだ。退院した玲子は、学生生活にもどるのではない。主治医の友人が所長をしている療養所に移されることとなつた。医者のそのすすめを聞き、玲子は涙を流して拒んだ。「どうせ、人はいつかは死ぬんだわ。このまま東京にいたい」(東京には佐千夫はいる)みなは総がかりで、玲子を説得した。佐千夫も熱心に...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[214]【あゝりんどうの花咲けど】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[213]【あゝりんどうの花咲けど】 

    あゝりんどうの花咲けど(昭和40年学習研究社「美しい十代」9月号P127~135)第三章:はじめて玲子を見たとき、佐千夫は吸いかけた息をとめた。濃いまつげにかこまれた玲子のひとみに、窓外の景色が流れていた・・・・・。今回は、【あゝりんどうの花咲けど】編集版【3】P41~P44(原本P80~P82)の紹介です。玲子が発作をおこして入院したのを、二日間、佐千夫は知らなかった。(心配かけてはいけない)知らせてあげようかという友だちに、玲子は首を横に振りつづけたのだ。玲子は心細かった。そばにいてほしかった。しかしそれはわがままだとじぶんにいいきかせて、意志強くがまんしたのである。(あの人の気がつかぬうちに退院できるように)ただそればかりを祈った。じぶんの学業や健康のためではなく、佐千夫に心配をかけまいという理由で、早い...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[213]【あゝりんどうの花咲けど】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[212]【あゝりんどうの花咲けど】 

    あゝりんどうの花咲けど(昭和40年学習研究社「美しい十代」9月号P127~135)第三章:はじめて玲子を見たとき、佐千夫は吸いかけた息をとめた。濃いまつげにかこまれた玲子のひとみに、窓外の景色が流れていた・・・・・。今回は、【あゝりんどうの花咲けど】編集版【2】P38~P41(原本P79~P80)の紹介です。やがて春が過ぎようとするころ、佐千夫の母は岡本謙三と結婚した。玲子に言ったように、佐千夫は帰省しなかった。勉強とアルバイトが忙しかったのだ。母たちは旅行の途中、東京に来て佐千夫の下宿に寄った。「これからはもう、アルバイトなどしなくていいよ。わしをほんとうの父親のように思って、遠慮しないでくれ」「いいえ、送金は今までどおりでいいんです。アルバイトって、はたで思うほど苦労じゃありません。それに、いい人生経験にな...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[212]【あゝりんどうの花咲けど】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[211]【あゝりんどうの花咲けど】 

    あゝりんどうの花咲けど(昭和40年学習研究社「美しい十代」9月号P127~135)第三章:はじめて玲子を見たとき、佐千夫は吸いかけた息をとめた。濃いまつげにかこまれた玲子のひとみに、窓外の景色が流れていた・・・・・。今回は、【あゝりんどうの花咲けど】編集版【1】P34~P37(原本P76~P79)の紹介です。ふたりのあたらしい生活がはじまった。玲子は女子大の寮にはいった。食堂に集まっての自己紹介のとき、「恋人は?」上級生がからかい気味にそうきいてくる。「いいえ、いません。みつけてください」たとえいてもそう言うのが普通である。玲子もみなと同じように答えながら、みるみる顔があからむのをとめることができなかった。佐千夫は、へやを借りた。やはり同じ大学に入った大橋といっしょに暮らしはじめたのである。「おれとではなく、彼...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[211]【あゝりんどうの花咲けど】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[210]【あゝりんどうの花咲けど】 

    あゝりんどうの花咲けど(昭和40年学習研究社「美しい十代」10月号P90~97)第二章:佐千夫の目は燃えた。玲子は本能で、佐千夫の感情のあらしを直感した。玲子は目を閉じ、佐千夫の腕に力がこもる・・・・・・・。今回は、【あゝりんどうの花咲けど】編集版【5】P30~P32(原本P96~P97)の紹介です。ふたりがはじめて、ことばでおたがいの気持ちをたしかめ合ったのは、年が明けた冬休みのある日であった。受験勉強の気分転換にと、そのあたたかい日、ふたりは日帰りの沖ノ島行きの観光船に乗った。海の上で、ふたりは並んで、白く光る波をみつめた。海の風はつめたくなかつた。島の港からロープ・ウェイで、沖ノ島の中心をなしている山頂へ上がる。ゴンドラのなかからはるかに下を見やる。ホテルやゴルフ場が、絵のように見えた。客は二人だけだった...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[210]【あゝりんどうの花咲けど】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[209]【あゝりんどうの花咲けど】 

    あゝりんどうの花咲けど(昭和40年学習研究社「美しい十代」10月号P90~97)第二章:佐千夫の目は燃えた。玲子は本能で、佐千夫の感情のあらしを直感した。玲子は目を閉じ、佐千夫の腕に力がこもる・・・・・・・。今回は、【あゝりんどうの花咲けど】編集版【4】P28~P29(原本P95~P96)の紹介です。さいわい、玲子はふたたび発作をおこさなかった。医者の言ったように三日休んだだけで、通学できるようになった。「体操の時間、見学しなきゃならないの。ちょっとつらいわ」その玲子に、浦部という玲子のいとこのことばを伝えると、顔をまっかにしておこった。「とんでもないわ。あんなの、いとこであることだけであたしは恥じているのに。あなたは信用したの?」逆に、すこしでも疑った佐千夫を責めてきた。「そりゃ、ちょっとはショックだったさ。...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[209]【あゝりんどうの花咲けど】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[208]【あゝりんどうの花咲けど】 

    あゝりんどうの花咲けど(昭和40年学習研究社「美しい十代」10月号P90~97)第二章:佐千夫の目は燃えた。玲子は本能で、佐千夫の感情のあらしを直感した。玲子は目を閉じ、佐千夫の腕に力がこもる・・・・・・・。今回は、【あゝりんどうの花咲けど】編集版【3】P26~P28(原本P94~P95)の紹介です。秋が深まって庭の木の紅葉があざやかなある日、玲子は心臓の発作をおこした。勉強していて、立ったとたん、はげしいめまいをおぼえて、そのままくずおれたのだ。医者が駆けつけた。「いや、たいしたことはありません。でも、用心のため、学校は二、三日休むんですな」かかりつけのその老医は、玲子の持病をよく知っている。何本もの注射をしながら、「心臓の病気というものは、じっさい以上に、自覚症状が強いんです。のんびりすることです。」その夕...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[208]【あゝりんどうの花咲けど】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[207]【あゝりんどうの花咲けど】 

    あゝりんどうの花咲けど(昭和40年学習研究社「美しい十代」10月号P90~97)第二章:佐千夫の目は燃えた。玲子は本能で、佐千夫の感情のあらしを直感した。玲子は目を閉じ、佐千夫の腕に力がこもる・・・・・・・。今回は、【あゝりんどうの花咲けど】編集版【2】P22~P25(原本P92~P93)の紹介です。ふたりの交際は急速に親密になった。もはや、おたがいはおたがいの生活の一部になりつつあった。夜、勉強を終えて眠りにつくとき、佐千夫は閉じたまぶたに、玲子の像を思い描いた。玲子は布団の上に正座して、口のなかで佐千夫への「おやすみなさい」をつぶやいた。朝起きたとき、佐千夫の意識にまっさきにうかびあがってくるのは、玲子であった。玲子もまた、机のなかから佐千夫の写真をとり出して「おはよう」を言った。まだはっきりとことばに出し...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[207]【あゝりんどうの花咲けど】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[206]【あゝりんどうの花咲けど】 

    あゝりんどうの花咲けど(昭和40年学習研究社「美しい十代」10月号P90~97)第二章:佐千夫の目は燃えた。玲子は本能で、佐千夫の感情のあらしを直感した。玲子は目を閉じ、佐千夫の腕に力がこもる・・・・・・・今回は、【あゝりんどうの花咲けど】編集版【1】P20~P22(原本P90~P92)の紹介です。玲子の父母に会うのに、佐千夫はやはりある気おくれとはじらいをおぼえていた。けれども、ふたりの交際のこれからのために、会っておく必要があった。玲子はいくつもの予備知識を佐千夫にあたえ、また父母のユーモラスな面を語って、佐千夫の気持ちをやわらげようとした。佐千夫以上に玲子は、佐千夫が父母に好感をもたれることを願っていた。また父母が佐千夫に尊敬されてほしかった。それまで一度も男の友だちを連れてきたことがないだけに、父母は強...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[206]【あゝりんどうの花咲けど】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[205]【あゝりんどうの花咲けど】 

    今回は、【あゝりんどうの花咲けど】編集版第1章(P16~P18)【5】P134~P135の紹介です。もちろん、大学進学は、中学時代からの佐千夫の大きな悩みであった。「学資のことは心配せずに、学校へ進みなさい」母はいつもそう言う。母の愛情はわかる。しかし、それにあまえて、母に白髪をふえさせていいものだろうか。ときには佐千夫は、母の期待が重く感じられることもあった。大学進学などやめてしまって、卒業と同時にどこかへ勤めて母子ふたりで平穏に暮らす、それがもっともいいように思われることもある。しかし、その道はものたりない。まだ漠然としていてはっきりとしたかたちはとっていないが胸のなかで燃えている野心と、あまりにもかけ離れている。佐千夫は、迷っていた。他のクラスメートのように受験勉強に熱中できないのも、そのためかもしれなか...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[205]【あゝりんどうの花咲けど】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[210]【あゝりんどうの花咲けど】 

    あゝりんどうの花咲けど(昭和40年学習研究社「美しい十代」10月号P90~97)第二章:佐千夫の目は燃えた。玲子は本能で、佐千夫の感情のあらしを直感した。玲子は目を閉じ、佐千夫の腕に力がこもる・・・・・・・。今回は、【あゝりんどうの花咲けど】編集版【5】P30~P32(原本P96~P97)の紹介です。ふたりがはじめて、ことばでおたがいの気持ちをたしかめ合ったのは、年が明けた冬休みのある日であった。受験勉強の気分転換にと、そのあたたかい日、ふたりは日帰りの沖ノ島行きの観光船に乗った。海の上で、ふたりは並んで、白く光る波をみつめた。海の風はつめたくなかつた。島の港からロープ・ウェイで、沖ノ島の中心をなしている山頂へ上がる。ゴンドラのなかからはるかに下を見やる。ホテルやゴルフ場が、絵のように見えた。客は二人だけだった...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[210]【あゝりんどうの花咲けど】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[204]【あゝりんどうの花咲けど】 

    今回は、【あゝりんどうの花咲けど】編集版第1章(P13~P16)【4】P133~P134の紹介です。異性の友だちができたことを肉親に知らせるのは、むつかしい。はずかしいことでもあった。しかし、知ってもらっておくのと秘密にしておくのとでは、その便利さはまったくちがう。それでも、交際のはじめのうちは、まだよい。みつかってから白状しても、弁解がなりたつ。他のことにかこつけての外出も、おそい帰りも、まだそう回数は多くない。けれども、ふたりの交際が深まり、たがいの胸のなかにそのおもかげが大きな影を占めるようになってくると、秘密はさまざまな支障を呼ぶことになる。玲子はまず伏線を張った。「房代さんのボーイフレンドって、すごくギターがうまいの」「明子さんの家に寄ったんだけど、ボーイフレンドの加藤クンが来ていたから、遠慮して帰っ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[204]【あゝりんどうの花咲けど】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[203]【あゝりんどうの花咲けど】 

    今回は、【あゝりんどうの花咲けど】編集版第1章(P11~P13)【3】P30~P33の紹介です。それから一週間置いた土曜日の夕方、玲子はふたたび病床の叔母を見舞った。ひそかに、あの朝の少年に会えるかもしれぬという期待が若津町行きのバスに乗る玲子の胸にはあった。もちろん、そのような偶然はめったに訪れはしない。高校生はぜい乗っていたけれども、佐千夫はいない。夕方、海に出た。叔母の病気は、叔母自身が大げさに考えているほどひどくはない。玲子が時々叔母を見舞うのは、むしろ玲子の好きな海と語りたいためだともいえる。砂浜を波が洗う。白く砕けてなめらかに引いてゆく海水の上に、あたらしい波がよせてきて、ふたたび白い波頭が立つ。小さなカニが、右へ左へ走っている。海は空を映して、さまざまな変化にみちた色を見せる。玲子ははだしになって...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[203]【あゝりんどうの花咲けど】

  •   故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[202]【あゝりんどうの花咲けど】 

    あゝりんどうの花咲けど(昭和40年9月号P127~135)※はじめて玲子を見たとき、佐千夫は吸いかけた息をとめた。濃いまつげにかこまれた玲子のひとみに、窓外の景色が流れていた・・・・・。今回は、【あゝりんどうの花咲けど】編集版第1章(P9~P11)【2】P130~P130の紹介です。人に席を譲るのは、簡単である。慣れてもいる。老人や赤ちゃんを背負った母親や病人らしい人が乗ってきたとき、自然に佐千夫のからだは浮いた。しかし、相手が女子学生である場合、しかもそれが美しい人である場合、それは勇気のいることであった。(親切の押し売りと思われはしないか、それを口実に近づこうとしていると疑われやしないか、あいつうまいことやった、と、他の少年が思いはしないか)佐千夫はためらった。たしかめるように少女をうかがった。少女は、目を...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[202]【あゝりんどうの花咲けど】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[201]【あゝりんどうの花咲けど】 

    あゝりんどうの花咲けど(昭和40年9月号P127~135)※はじめて玲子を見たとき、佐千夫は吸いかけた息をとめた。濃いまつげにかこまれた玲子のひとみに、窓外の景色が流れていた・・・・・。今回は、【あゝりんどうの花咲けど】編集版第1章(P6~P9)【1】P128~P130の紹介です。その月曜日の朝、中井玲子は、若津町から香原市へと走る急行バスの中にいた。バスは満員であった。通勤通学や商品仕入れの人たちで、足を踏みかえることもできないほど、混んでいた。玲子はようやくつり皮につかまって立っていた。バスの揺れるたびに左右から圧迫され、うしろから押されて、息苦しい。昨夜の豪雨で、道路から見える水田には泥水があふれていた。みどりの苗が水中にかくれてしまっているところも、多い。山肌がくずれて赤い土があざやかな色を見せている崖...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[201]【あゝりんどうの花咲けど】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[200]【あゝりんどうの花咲けど】 

    この作品は、1965年(昭和40年)学習研究社の少女雑誌「美しい十代」9月号(P127~135)・10月号(P90~97)・11月号(P76~83)に連載された富島健夫の短編青春純愛小説です。刊行はなく舟木一夫主演でTV映画化が決定していたものの何らかの理由で未発表となりました。しかし、同名のタイトルで同年6月に発表された舟木一夫歌唱の《あゝ、りんどうの花咲けど》は、今も私の心の奥深く、想い出と共に音感で残っています。嘗て、マイブームのスタートから二年余り...どうしても読んでみたくなって雑誌「美しい十代」を探しました。その結果、熊本県菊池郡菊陽町の菊陽町図書館に一冊現存する事を確認しました。担当職員の村崎氏とコンタクトが取れ、村崎氏のコレクションであることも知りました。3月末に再度同図書館へ連絡を入れたところ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[200]【あゝりんどうの花咲けど】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[199]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】終章(3)P-293~P-303の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[200]【あゝりんどうの花咲けど】を...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[199]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[198]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】終章(2)P-283~P-293の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】終章(3)P-293~P-303を紹介します。NEC11.0型Androidタブ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[198]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[197]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】終章(1)P-273~P-283の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】終章(2)P-283~P-293を紹介します。NEC11.0型Androidタブ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[197]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[197]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】終章(1)P-273~P-283の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】終章(2)P-283~P-293を紹介します。NEC11.0型Androidタブ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[197]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[196]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第九章(3)P-262~P-272の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】終章(1)P-273~P-283を紹介します。【2021年最新の改良版】タブレ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[196]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[195]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第九章(2)P-251~P-261の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第九章(3)P-262~P-272を紹介します。【2021年最新の改良版】タブ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[195]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[194]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第九章(1)P-242~P-251ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第九章(2)P-251~P-261を紹介します。【2021年最新の改良版】タブレットアーム...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[194]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[193]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第八章(3)P-230~P-242の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第九章(1)P-242~P-251を紹介します。タブレットスタンド折りたたみ式...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[193]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[192]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第八章(2)P-222~P-229の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第八章(3)P-230~P-242を紹介します。タブレットスタンド折りたたみ式...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[192]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[191]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第八章(1)P-211~P-221の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第八章(2)P-222~P-229を紹介します。タブレットスタンド折りたたみ式...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[191]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[190]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第七章(3)P-203~P-211の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第八章(1)P-211~P-221を紹介します。TRYONE寝ながらタブレット...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[190]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[189]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第七章(2)P-191~P-202の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第七章(3)P-203~P-211を紹介します。タブレットスタンド折りたたみ式...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[189]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[186]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第六章(2)P-163~P-174の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第六章(3)P-174~P-184を紹介します。FireHD8タブレットブラッ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[186]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[185]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第六章(1)P-153~P-163を紹介します。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第六章(2)P-163~P-174の紹介です。【NEWモデル】FireHD1...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[185]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[184]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第五章(3)P-143~P-153の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第六章(1)P-153~P-163を紹介します。【2021年最新の改良版】タブ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[184]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[183]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第五章(2)P-133~P-143の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第五章(3)P-143~P-153を紹介します。【2021年最新の改良版】タブ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[183]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[182]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第五章(1)P-124~P-133の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第五章(2)P-133~P-143を紹介します。【2021年最新の改良版】タブ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[182]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[181]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第四章(3)P-114~P-123の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第五章(1)P-124~P-133を紹介します。【2021年最新の改良版】タブ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[181]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[180]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第四章(2)P-103~P-114の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第四章(3)P-114~P-123を紹介します。AKEIEスマホ&タブレットス...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[180]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[179]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第四章(1)P-94~P-103の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第四章(2)P-103~P-114を紹介します。AKEIEスマホ&タブレットスタ...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[179]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[178]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第三章(3)P-84~P-93の紹介ですここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第四章(1)P-94~P-103を紹介します。FireHD10Plusタブレット32...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[178]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[177]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第三章(2)P-73~P-84の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第三章(3)P-84~P-93を紹介します。FireHD10Plusタブレット32...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[177]【青春の門】

  •  故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[176]【青春の門】 

    この作品【青春の門】というタイトルは、他に五木寛之の作品が有名ですが、わが富島健夫に《青春の門》というタイトルの青春小説があった。五木作品は昭和四十六年ですが、富島健夫の《青春の門》は、それより古く昭和四十年の作品である。【青春の門】は「美しい十代」に昭和三十九年(1964年)一月号から翌年三月号まで連載され、昭和四十年、学習研究社から刊行されている。・・・全般に、高校生が憧れる人とのさりげない事象が軽快に描写されて如何にも青春小説といえる作品ではないだろうかと私は感じている。・・・今回は、【青春の門】第三章(1)P-64~P-72の紹介です。ここで紹介するのは、昭和52年9月20日初版発行角川文庫刊行版です。次回は、【青春の門】第三章(2)P-73~P-84を紹介します。FireHD10Plusタブレット32...故郷は遠くにありて・・・忘れかけてた【遠い背景の記憶】[176]【青春の門】

ブログリーダー」を活用して、SENTIMENTAL-BOYさんをフォローしませんか?

ハンドル名
SENTIMENTAL-BOYさん
ブログタイトル
センチメンタル ボーイ
フォロー
センチメンタル ボーイ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用