chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
【子育て・公立中高一貫・高校受験】1万人の生徒を指導した塾長が教育をマジで語るブログ https://blogmura.com/profiles/10818388/

公立中高一貫校に子供が合格した父親が塾長の堀口塾塾長のブログ!塾長が教育をマジで語るブログ

開校以来連続して公立中高一貫校に生徒を合格へ導いている平塚の個別指導塾堀口塾の塾長が書くブログです。堀口塾はJR平塚駅南口から徒歩20秒の所にある小・中学生対象の個別指導塾です。

平塚中等連続合格の堀口塾長
フォロー
住所
平塚市
出身
新座市
ブログ村参加

2016/07/03

1件〜100件

arrow_drop_down
  • 2023年度平塚中等対策コース生徒募集のお知らせ【堀口塾】(2022年11月・12月)

    2022年度適性検査にて合格者を輩出!堀口塾の平塚中等教育学校受検に向けての適性検査対策コース『平塚中等対策コース』のご案内です。※相模原中等を目指す生徒さんもぜひお越し下さい。堀口塾では只今『2023年度平塚中等対策コース』の受講生を受付中です。※

  • 公立中高一貫受検をするなら親はまず子供の環境作りから行って下さい

    公立中高一貫受検は子供の環境作りから始めて下さい。環境作り、というのは“子供を学習塾に入れる”ことだけではありません。それよりも大切なことがあります。

  • 中学生は群れから離れて勉強しよう

    堀口塾では群れから群れから離れて勉強したい中学生を募集しております。どうしてみんな群れるのが好きなのか?群れるのはよろしくありません!

  • 受験勉強が楽しくなる方法3選、公立中高一貫受検・中学受験をする方へ

    新規コースへのお申込みありがとうございます。新年度、平塚中等対策コース新4年生コースは残り2名となりました。新5年生、新6年生も残り少なくなってきましたのでお早めにご連絡下さい。本日は、受験勉強が楽しくなる方法3選についてお話します。多くの方は実

  • 堀口塾の塾長が中学生コースについて語ってみるか

    たまには中学生コースについて語ってみます。堀口塾には中学生も通っていて、皆さん平塚市内、茅ヶ崎市内など色んな中学校から通っています。というか、教室がある地元の学区の中学生はなぜか全く来ません。おそらく、みんな仲良く手をつないで大手塾に通いましょう

  • 平塚中等対策コース、大手塾からの転塾はお早めに

    堀口塾では只今次年度平塚中等対策コースの新規受講生の受付中です。ちなみに新4年生コースは残り2名とわずかとなりましたので、ご検討中の方はお早めに三者面談にお申し込み下さい。

  • 模試で成績が上がらない子の親の特徴

    模試で成績が上がらなくても、親はそれにカリカリするのではなく、じっくり待つべきです。成績が上がらない子の親はこれができません。子供が上がるのを待てないのです。特に中学生の親はこういうタイプ、非常に多いです。

  • 平塚中等を受験するなら、本人のやる気ありますか?

    平塚中等教育学校であっても、相模原中等教育学校であっても、他の公立中高一貫校であっても、とにかく、何より大切なのが、本人のやる気です。しかし、実際は親の命令で勉強させられている小学生が多いです。そういう子には笑顔がありません。いやいやながら勉

  • 平塚中等教育学校を受験される方へ、平塚中等対策コースについて

    お子さんが平塚中等教育学校を受験する場合、子供をどの塾へ入れるか迷っている方は、ぜひ堀口塾のホームページ、または、ブログの「合格体験記」をお読み下さい。見事合格を掴んだお子さんの親として、その時の様子が素直なお気持ちで書かれていると思います。

  • 受験生6年生の習い事について

    平塚・相模原中等教育学校の受験と習い事の両立について、甘くお考えの親が多いようです。特に6年生になってからの習い事はお休みいただくか、塾以外に1つのみ、ゆるめの気分転換の習い事だったら大丈夫だと思います。習い事を続けたとしても、当然ですが、受験勉

  • 秋特訓がっちりスタートです!

    堀口塾では平塚中等対策コース6年生対象で、この時期、秋特訓を設けてお休みの日も授業を行っています。時間帯は朝の9時半~午後2時まで。適性検査型問題や過去問対策、模擬テストなどを行います。

  • 個人塾で公立中高一貫に合格した親御さんの話を聞いてみて下さい

    平塚中等や相模原中等など、他全国に公立中高一貫校を受験しようと思っている方はたくさんいると思います。色々な面から、子供の教育を考えるなら、また、指導内容や指導者のことなども含めて、僕は何度も言っておりますが、大手塾ではなく個人塾を勧めています。しか

  • 中学受験の常識とは?

    中学受験の常識は嘘だらけ・・って思うんですね。というか、常識的な中学受験のやり方って勧められる子育てではないと僕が常に思うことでもあります。では、どういう部分が嘘なのか?と言いますと、一つは、私がよく言っていることです。

  • 2022年度平塚中等対策コースの受講生は若干名受付中です

    堀口塾では、2023年度生の募集をスタートしましたが、『2022年度平塚中等対策コース』の受講生も若干名受付中です。受講コースに早目に合流したい方は、この記事をご参考下さい。早目に合流していただきますと、来年2月からの新学年のスタートがスムーズです。

  • 平塚中等に合格した卒塾生とバッタリ遭遇!

    朝、教室の自転車置き場で、「先生!」と声がしたので振り向くと、平塚中等教育学校の制服を着た卒塾生がいました。

  • 東京都立三鷹中等教育学校にお子さん3人が合格した親御さんからコメントをいただきました

    東京都立三鷹中等教育学校に合格した親御さんからYouTubeの動画にコメントをいただきました。コメントをいただいた動画はこちらです。【中学受験】合格する子の特徴、この子は合格する!と思った瞬間、合格する子は他の子と何が違うのか?【堀口塾】この動画、合格す

  • これから子供が公立中高一貫受検を始める親に必要なこと

    これから公立中高一貫受検、中学受験をお子さんがする場合、子供が最後まで受験を続けるには、親の行動というのが最も大切になります。これをわかっていない方は、しっかり頭に入れておいて欲しいです。

  • 公立中検模試で合格判定が急上昇!

    公立中検模試(公立中高一貫用模試)で合格判定が急上昇した子がいて、私は思わずやったね!やればできるじゃん!頑張れー!とエールを送りました。ではなぜ上がったのか?その原因を考えてみると・・

  • 平塚中等・相模原中等受験、大手塾の呪縛から解放されましょう

    堀口塾には親御さんが面談にいらっしゃり、このようなことを言われます。自分が子供の頃、大手塾に通っていて本当に嫌だった、だから子供は個人塾に通わせたい親御さん自身が子供の頃、親の言う通り大手進学塾に通ったけれど本当は嫌だった。そんな話を聞きます。

  • 塾の終了時間、ちゃんと気にしてますか?

    子育てする親として、塾の終了時間をちゃんと気にしてますか?学習塾の終了時間はとても大切だと思いますが、周りを見ていると、小学生なのに夜の9時とか10時まで平気で授業をやっている塾がありますね。

  • 公立中高一貫受検を考える親が最初に覚えておくべきこと

    平塚中等教育学校や相模原中等教育学校をこれから受検しようとお考えの方から、よくご相談をいただきます。公立中高一貫受検の特徴として、まず第1に押さえておいて欲しいこと、覚えておいて欲しいことは、私立中学受験とは全く違うということです。いわゆる中学

  • 公中検模試でA判定、B判定!

    9月に行われた公中検模試が返ってきました。※公中検模試は、公立中高一貫用の模試のことです。返却する時は、皆さんドキドキでしたね~。模試が返却されて自分が神奈川県内でどのくらいの位置にいるのかがわかったと思います。

  • 次年度の平塚中等対策コースの募集につきまして(2023年度)

    次年度(2023年度)の堀口塾平塚中等対策コースの募集につきましてお知らせいたします。※相模原中等教育学校を目指す生徒さんも受け付けております。募集開始につきましては、今月中にホームページまたはこちらのブログでお知らせいたします。募集は以下の3学年におい

  • 神様はちゃんと見ているんだな、と思うことがよくある

    夏期講習というのは、受験勉強を仕上げる上で、とても大切な勉強期間です。夏期講習に勉强をしっかり頑張った人はきっと秋に成果が出ていると思います。しかし、夏期講習に勉强をしっかり頑張らなかった人は秋にいい結果は得られないと思います。

  • 平塚・相模原など公立中高一貫を受験する親の心構え3選

    平塚・相模原など公立中高一貫を受験する親の心構え3選、書いてみたいと思います。1つ目、大手塾には行かない。大手塾なんかに行ったら最後ですよ。いい食い物にされます。合格者は確かに多いです。しかし、不合格者は莫大である。とある大手塾では合格者数は1

  • 公中検模試の会場受験、頑張ろう!受験の際の注意点

    先日、公中検模試が行われましたが、塾生達は皆、少し離れた受験会場へ行き、しっかり受験をしてきました。見知らぬ人の中で受験本番の練習ができるとてもいい機会です。模試の判定はA~Eまであるのですが、まずは今自分が受験生達の中でどの位置にいるか?が大切で

  • 堀口塾の平塚中等対策コースの受講をご希望される方へ

    堀口塾に入塾をご希望される方はホームページにアクセスしていただき、フォームから三者面談をお申し込み下さい。2023年度、新年度の募集は後ほどこのブログやホームページで詳細を掲載しますので、もう少々お待ち下さい。募集定員がありそれを満たしたら募集を停止し

  • 大手塾に何年も通って公立中高一貫に落ちた子の話

    とある学習塾関係者と大手塾に何年も通って公立中高一貫を落ちた子の話をしました。たとえば、何とかというとある大手塾の公立中高一貫対策コースに3年通って落ちた子が、さらに中学生になっても同じ大手塾へ行ったら計6年間もあんな大手塾に縛られて可哀想だよね、と

  • 堀口塾2学期が元気よくスタートです!

    夏期講習〜夏休みが終わり、いよいよ堀口塾は2学期がスタートしました!塾生達、夏休みはリフレッシュできたでしょうか?家族旅行へ行ったでしょうか?次のやる気につなげるには「遊ぶ」ということがとても大切です!もちろん私も家族で遊びに行きました!さて

  • 堀口塾は夏休みに入ります

    2022年度の夏期講習が8月19日で無事終了いたしました。ありがとうございます!今年はとても暑い夏でしたね!しかし、そんな中、受講生の皆さんはしっかり教室に通って勉強に取り組みました!がっちり!!って感じですね。

  • 勉強が伸びる子は“時間をしっかり守れる子”

    堀口塾では教室に入る前に必ず「手洗い」をすることになっているが、先日、手洗いで並んでいて授業時間に間に合わなかった生徒がいたので、時間厳守について「がっちり」お話しをしました。時間を守るように行動しよう!ということです。

  • メッチャわかりやすい授業をする先生は生徒にとっていい先生なのか?

    すごくわかりやすい授業をする先生は生徒にとっていい先生なのか?と言われればもちろん「いい先生」でしょう。わかるということは素晴らしいことです。また、親にとって「いい先生」でしょう。悪いなんてことは誰も言わないでしょう。しかし、よく考えてみ

  • 夏期講習で長時間勉強するのが非効率な話

    夏期講習も後半に入り、堀口塾受講生達も頑張って通っております。毎日毎日やるべきことをやるように!とアドバイスして進めております。

  • 田舎に住む子が公立中高一貫校を受験する場合

    なんとなく房総の景色見たいなーと・・・思い立って東京駅からぶらり房総半島への旅へ行って来ました😃

  • 東京都の中学受験に巻き込まれたら悲惨

    東京都の小学校ではクラスのほとんどの子が私立中学受験する所が多く、なんでだろう?かわいそう・・と思います。多くの私立で勤めてきた私としては、私立ってそんなにいい?と思う。というか・・・

  • 勉強とは孤独なもの

    親の役割というのは何だろうか?などと、漠然と考えることがよくある。勉強に関して言えば「好きにやらせる」のが一番だと思う。

  • 人間が教えるだけの塾はもう古い?

    堀口塾では指導で以前から積極的にPCを用いてICT教育で指導をして来ましたが、これにより成績が伸びた子が非常に多いです。特に国語の成績の伸びが非常に大きいです。これは小学生も中学生も同じで、しっかりやる子は皆成績が上がっています。なぜそういう結果が出るの

  • 親が子供のことをわかっていると思っても実はわかっていない

    多くの親は子供のことをわかっていると思っても、実はわかっていないことが、たくさんあると思います。それは当たり前のことでもありますが、親自身が、自分が子供のことをわかっていると思ってはいけません。

  • 2022年度堀口塾夏期講習が無事スタート

    2022年度堀口塾夏期講習が無事スタートしました。今年は暑い夏ですが体調を崩さず頑張ります。超晴☀️今日から堀口塾は夏期講習❗️がっちり💪頑張って行ってみようかいのう😄 pic.twitter.com/jkstuNOveR— がっちり堀口塾💪公立中高一貫・高校受験対策 (@horiguchijuk

  • 久しぶりのサーフィンと相模大野駅

    朝ランした後、天気もいいのでサーフィンをしに近くの海へ。南風で波は少しぐちゃぐちゃでしたが楽しかった。パドリングの力落ちてるなぁと実感、無理せず行きたいですね。午後は、工学博士でもある武田邦彦氏のお話を生で聞きたいと思い、相模大野駅まで行って来まし

  • 夏期講習はお金を払って行ったほうが子供は伸びる

    この時期、多くの人たちは「夏期講習無料」に釣られて、塾を選ぶんだと思う。ネットのホームページやダイレクトメール、新聞の折込み広告などで目にして申し込んでしまうケースが多いようであるが、ちゃんとまともな塾選びをする親はそんな選び方はしない。もし子供に

  • 平塚中等対策コース生徒募集のお知らせ【堀口塾】(2022年度 6月・7月)

    堀口塾の平塚中等教育学校受検に向けての『平塚中等対策コース』のご案内です。夏期講習(7月25日スタート)前にご入塾できる最後のタイミングです。堀口塾では只今『2022年度平塚中等対策コース』の受講生を若干名受付中です。ご入塾面談を6/25(土)に行います。

  • 平塚中等教育学校、合格おめでとう!すぐに報告に来てくれた生徒の話

    2021年2月3日の適性検査の日、受検終了後に一番に「こういう問題が出ました!」と教室に元気に来てくれたKさん。授業ではいつも一生懸命でがんばり屋さんでした。入塾もお母さんがズバッと迷いなく決めていただきました。その時を思い出します。(迷いな

  • 公立中高一貫受検は親が勉強してから塾選びしたほうがいい

    公立中高一貫受検に関するご相談を承ります。皆さん、受験のことわからないまま大手塾に行ってますが、もう少しちゃんと調べてから塾選びしたほうがいいと思います。例えば、子供が大手塾に通っているけど、・やり方がなんかおかしい・公立中高一貫一本で受験し

  • 平塚相模原中等コース、適性検査型問題の旅

    平塚相模原中等対策コース6年生は色んなタイプの問題を楽しんでます‼️昨日は皆で栃木県、群馬県共通の適性検査問題を解きました。堀口塾は他塾の様に解説せずただ大量宿題を出すだけの指導とは違います😃

  • 高校受験に向けた塾選び、間違いだらけな中学生の親の塾選び その2

    間違いだらけな中学生の親の塾選び その1では大手塾へは絶対に足を踏み入れるなという内容。もしも、子供に合った個人塾、頼れる塾長がいるがやっている個人塾あるなら、学習習慣をつけるため塾へ行くことはおすすめである。

  • 間違いだらけな中学生の親の塾選び その1

    子供が中学生になると親は看板をデカデカと掲げている有名大手塾へ子供を入れているが、私は真逆の考えである。今回は中学生のお話だが、小学生のお子さんを持つ親御さんにも読んでもらいたい内容であるのでぜひ最後までお付き合い下さい!

  • 【7/1に変更で中止に】令和5年度平塚・相模原中等の適性検査、グループ活動復活です!

    令和5年度の平塚・相模原中等の適性検査でついにグループ活動が復活しますね。「令和5年度神奈川県立の中等教育学校の入学者の募集及び決定に関する要綱」では、以下のような記載がありましたのでご確認いただければと思います。

  • 公立中高一貫の受験勉強は大量宿題をこなす勉強では合格しない

    公立中高一貫の受験勉強は大量宿題をこなすのでは合格しない、ということはYouTubeの動画でもお話ししておりますが、なかなかわかっていただけないのがとても残念なことでございます。

  • 子供が第一志望のトップ高校に不合格になる親の特徴

    高校受験では堀口塾からも堂々トップ高校に合格しています。つまり、別に大手塾へ行かなくても合格するものです。しかし、多くの親は自分の子を大手に入れます。やらされとズルをするような定期テスト勉強で出鱈目な子に育ってしまうというのに!さらには大手塾へ

  • 平塚中等を不合格になった子が皆引っかかる大手塾のシナリオ

    まず最初に一言。しょっちゅうこんなことを聞くと本当に残念でなりません!“大手塾に騙されるな”というのが、公立中高一貫校をこれから受験する人達の大切なキーワードだと思います。合格者数の裏に隠されている膨大な不合格者数の数について前に書きましたので、ま

  • これから公立中高一貫校を目指す人が気をつけるべきこと

    最近、YouTubeで、これから公立中高一貫校を目指す人に向けての内容を発信しているのですが、子供の受験勉強をスタートさせる時に、知っておいて欲しいことや、準備することなどをお話ししています。一番よくあるのが、何も考えず、すぐに看板の大きな、名前の有名な大手

  • 適性検査型問題を教える楽しさについて

    前の記事では、公立中高一貫コースの先生不足についてと、最後の方は適性検査型問題を教える楽しさについて書きましたね。こんなこと書いても、おそらく読者の方々は逆の立場なので、あまり面白くないと思いますが・・・教える側の考えや気持ちなどあまり耳にする機会

  • 適性検査型問題をちゃんと教えられる塾の先生はかなり少ない

    前の記事では、公立中高一貫校を目指す子の成績が伸びない理由、つまり、適性検査型問題をちゃんと教えられる塾の先生はかなり少ないという内容でした。たとえば、塾が大きくなって、何店舗も持つ場合、全体である一定の授業のクオリティを保とうとすると、絶対先生不足

  • 公立中高一貫校を目指す子の成績が伸びない理由は?

    公立中高一貫受検をする子が、コースを設置している大手塾などへ行っても、なかなか成績が伸びない、解けるようにならないケースがよくあるそうです。学習塾がごまんとある都内などでも、都立中高一貫を目指す受験生達によくあるとのことでした。実際生徒を指導する身

  • 公立中高一貫受験生の親に向けて母親座談会を開催しました

    堀口塾では、公立中高一貫校対策コースを受講している6年生の母親を対象に、平塚中等生保護者を招いて座談会を行いました。平塚中等生保護者のアイデアで、受講生保護者とできるだけ距離を近く、和気あいあいと話せるように、ということで、皆さんでぐるりとテーブルを

  • 平塚中等・相模原中等は大手塾へ行かなくても合格する

    いろいろ調べてみると、平塚中等・相模原中等は大手塾へ行かなくても合格します。このことは、今までの指導経験からも言えることです。だから受験する場合も行かせる必要は全くありません。

  • 子供が公立中高一貫校に行って親としてよかったと思うこと

    子供が平塚中等教育学校にお世話になって親として「よかった」と思うのは、しっかり「探究活動ができた」ということです。探究活動とはいっても口ばかりの学校もあるのだが、平塚中等は元々生徒達がそういう子ばかりなのだと思います。生徒全体、つまり学校全体がその

  • 無欲の子が合格するするのはなぜか?

    公立中高一貫校に合格する子を見ていると、本人はその学校へ行きたい!という強い気持ちを持ちつつも、親は合格に対して“意外と無欲”であるケースが多いです。

  • 子供をやらされ状態から抜け出させよう

    子供をやらされ状態から抜け出させるこれが子供を伸ばす一番大切なことです。しかし、ほとんどの親はそれをしません。それをする勇気がないようです。

  • 子供を海や山へ連れ出す理由

    私は子育てにおいて『子供たちをどこかへ連れていく』ということを積極的にやっている。

  • なぜ勉強以外の遊びの体験などが大切なのか?

    公立中高一貫校の記述問題でよく出題されるのが、何かのテーマで書かれた文や課題文があって、“筆者の意見や主張に対して自分が共感すべき点について体験を基に書きなさい”という問題。つまり、筆者の意見に「いいね!」をする、ということ。

  • YouTubeを始めてよかったこと

    YouTubeを始めて約1年半が経ちますが、全国範囲で多くの方からコメントをいただき、色んなことがわかりました。ほんと、やってよかったなぁ!と思います。YouTubeを始めてわかったこと、それは次のことです。

  • 2022年度夏期講習のページもうすぐアップします

    堀口塾ホームページの夏期講習のページを5月中にアップする予定です。平塚中等対策コースも3名限定で募集する予定です。

  • 中学生が通う塾、大手塾はNGな理由

    子供が中学生になって塾に通わなければ、と焦っている親には「ちょっと待て」、「落ち着いて」と言いたい。皆さん、焦って「周りと同じ大手塾」の説明会に行き、営業トークに引っかかり入塾してしまう親は非常に多い。特にこの辺に住む人でそういう親は本当に多

  • 中学受験は親の受験、と言われる一つの理由

    無理に子供に受験勉強をさせて、成績が上がらないのを理由に、親が子を厳しく叱って勉強させるケースがあります。例えば、父親が子供を怒鳴り飛ばして叱るケースがよくあります。

  • 子供がもしも公立中高一貫校を受験する場合

    世の中ってつくづく経済が回るように仕向けるようできているなと思います。資本主義の世の中に生きていますから仕方のないことですよね。しかし、教育だけはどう考えても単純に資本主義には当てはまらないと思います。

  • 中学生になったら塾へ通ったほうがいいのか?

    中学生になったら塾へ通ったほうが良いのか?と言われれば、そのほうが良い、と私は答えます。勉強する習慣を早めにつけ、生活の一部にしてしまった方が楽だからです。

  • 親の考えはいつの時代の考えですか?

    大切なのは、子供が一生懸命やるかどうかです。受験でも、普段の勉強でも。

  • 企業のキャッチコピーで国語の授業

    平塚・相模原中等コースの生徒達と国語の授業でキャッチコピーの授業を行いました。あなたとコンビにやめられない止まらないファイト一発!Intel入ってるイナバの物置100人乗っても大丈夫など、色々ありますよね。

  • 塾はテストの採点がちゃんとできる先生がいる塾を選べ

    子供が公立中高一貫を受験する場合、どこかの塾へ行かせなければとお考えになる親が多いと思います。しかし、実際に塾を探してみると、対策コースを設置している塾は非常に少ないことがわかります。そしてその多くが大手塾だと思います。

  • 自分で志望校を選ぶ子は伸びる

    新学期も始まり新中1生達は皆一生懸命、自分達の課題に取り組んでます。もちろん、中学2年生、3年生達も自分のペースで取り組んでいます。やっぱり自分でやる!が一番です。どこかの大手塾のように宿題大量なんて出されてやったら一生やらされ勉強が身について

  • 中学生の親の多くが子供の高校受験で苦労する理由

    うちは開校から積極的にPCによるAIを導入していますが、今時、AIよりも人に教えて欲しい、という“時代遅れな考え方”を持つ親が多いのには驚いてます。横浜とか都内とかはもう当たり前なのに。特に中学生の親に多いのだが、周りと一緒の考えだと取り残されます

  • ゴールデンウィーク特訓 行ってみましょうかいのう!

    今年もゴールデンウィーク特訓 行ってみましょうかいのう!今年も6年生対象でゴールデンウィーク特訓を実施します。

  • 子供の意見を封じ込める親

    子供の意見を封じ込める親・・と聞いて、身に覚えのある方もいらっしゃるか、または、本当はそうなのに全く気付いていないか・・・子供が自分の気持や考えを話さないようにさせている、つまり、子供の意見を封じ込める親という人がいらっしゃる。

  • 堀口塾YouTubeチャンネルの登録者数が800人を越えました

    堀口塾YouTubeのチャンネル登録者数がおかげさまで800人を越えました。まさか、こんなに登録していただけるなんて思ってもみませんでした。ありがとうございます!

  • 適性検査型問題が解ける子になるためにすべきこと

    適性検査型問題が解けるようになるためには何をすればよいのか?やはり一つ一つの問題をじっくり考えることです。

  • 適性検査型問題がなかなか解けない子

    公立中高一貫校を目指すお子さんが、適性検査型問題が解けない・・と、心配されている親も多いかと思いますが、簡単に解けない、というのは当然のことです。

  • 小学生受検生の国語の授業で作文、何を教えた?

    今日はいいお天気!丹沢の山のほうを見てみますと・・・少し暗くてもやがかかっていて今日も山の輪郭がはっきりしませんね。たまにはくっきり輪郭を見たいものです。さて、昨日は小学生受験生たちとの国語の授業で作文を書いてもらいました。

  • 堀口塾 残席数など生徒募集状況更新しました

    新規ご入塾の面談日程、平塚中等コース受講生残席数、中学生コース残席数など新規生募集状況を更新しました!こちらよりどうぞ。堀口塾では、いつでも「やる気のある子」にお越しいただきたいと思っています。平塚・相模原中等教育学校を目指すには、何より

  • 子育ての法則は自然が教えてくれる

    日曜日、そろそろ新緑の季節だし天気も良いし登山だー!札掛という場所から久しぶりに登ってみようかいのう!ということで行ってきました。札掛はヤビツ峠のさらに奥って感じの場所で、神奈川県といえども携帯の電波はつながらない非常に奥まった場所です。

  • 沈みゆく日本と子供の教育について

    今日はいつもより大きなテーマを考えてみたいと思います。これからの日本の未来を考えてみると、経済的にもどんどん沈んでいくと思います。バブル経済からずっと失われた30年・・なかなか変わりません、というかこれからも変わらないです。変わる変わると期待して

  • 生徒の作文を読んでわかること、公立中高一貫受検は遊ばなきゃ合格に届きません

    国語の授業では課題テーマについての作文の書き方について授業を行った。皆に作文を書いてもらって、一人一人私が読んでチェックします。上手く書けていなかったらやり直し、漢字間違えは、もちろんやり直し、字が雑過ぎる、書き直し、ここ、繰り返し表現です、

  • 嘘をつく子、ズルをする子について その2

    嘘をつく子、ズルをする子についてhttp://hgjuku.blog.jp/archives/39899354.htmlという記事を少し前に書きましたが、たくさんアクセスをいただいております。実は、こういうネガティブなことについて、気にされている親が多いのでは、という印象です。もしこれをお

  • 平塚・相模原対策で国語の授業

    堀口塾では少人数で生徒達一人一人の顔をしっかり見ながら「全員合格しよう!」という思いで平塚中等対策コースの授業を行なっております。やる気のある生徒達が集まり、生徒達も平塚中等教育学校、相模原中等教育学校の合格を目指し取り組んでいます。先日は平塚中等

  • 雪を狙って大山に登山

    4月3日(日)は冷たい雨が一日中降っていた日ですが、朝、塔ノ岳で雪がガンガンに降っているというツイートをTwitterを見たら、雪のことすごく気になってしまい、「今から行ってみようかいのう!」ということで、一番早く登れる大山山頂まで雪狙いで大雨の中、登っ

  • 平塚・相模原中等を目指す受験生は大量宿題で苦しんではいけません

    受験も普通の勉強も楽しいが基本です。そう、受験も普通の勉強も、です。たとえば平塚中等や相模原中等を目指す受験生たちで、大量宿題を与えられ苦しんでいる子がたくさんいます。堀口塾にもそういう子達が相談に来ます。以前、YouTubeでもお話ししました。

  • 難関私立の子を教えて思った、子供を自分で考え行動し道を切り開いていける大人に育てるための方法

    まずこれをお読み下さい。http://hgjuku.blog.jp/archives/5164351.htmlずっと前にアップしましたが今でもアクセス数がかなり多い記事で注目されています。子供を正しい大人、まともな大人、つまり“自分で考え行動し道を切り開いていける大人”に育てたかったら

  • 堀口塾生が高校受験で小田原高校などのトップ校に合格した理由

    今年堀口塾からは高校受験でトップ校を始め、旧地区二位校などへ、素晴らしい成績を収めてくれました。皆さん、頑張りましたー!!塾側から言うとこんな感じですが、受験生一人一人がこの高校受験で色々なことを学んだと思います。そういえば、以前このブログで全く

  • 親の塾選び、子供が落ちても治らない

    とある小学校では毎年、公立中高一貫を受験する子達が多くいて、そのほとんどは大手塾に通っていたそうなんです。なぜ皆一緒の大手塾へ行くのか?というと、その小学校の近辺に住む人たちは、土地柄、人目を気にして、周りと違う行動をすると目をつけられる、噂をされる

  • 合格者数が多い大手集団塾の不合格者数の実態

    前回の記事では、公立中高一貫受験の大手集団塾の合格者数の多さに騙されないように、不合格者数は膨大な数だと思いますよという内容で書いたつもりである。けど、騙されたい方はどうぞ騙されて下さい。(笑)大手集団塾の合格者数のトリックhttp://hgjuku.blog

  • 大手集団塾の合格者数のトリック、裏に隠されている不合格者数

    今日は大手集団塾さんがよくやっている“合格者数のトリック”についてお話します。多くの親たちは、その塾の合格者数ってやつを重視して塾選びをしているけど、それは全然間違えで、ちゃんと子供に合った塾を選ぶべきです。それが、幸せな受験、合格への

  • 受験勉強だけではなく“遊びの体験”がすごく大切!

    受験する小学生は勉強に多くの時間を費やすことは当然なのですが、公立中高一貫受検の場合は、勉強以外の遊びの体験がすごく大切です。だから塾生達にも、たくさん勉強するのは当然だけど、受験勉強だけでなく「遊びの体験をたくさんするように」と言っております。

  • 春の日差し、大楠山へ

    寒い日、暖かい日が繰り返しますが、少しずつ春の陽気も多くなって来ました。けど、今年は昨年に比べて気温が低く寒いですね。平地もそうですが、丹沢の山もいまだに雪が降っていますし、富士山の雪の積もり方も違い、昨年より全然白いです。ちなみに前の登山のログ

  • 学校の勉強という基礎の土台があって応用がちゃんと理解できる

    受験も普段の勉強も基礎という土台が大切であってこそ、ちゃんと応用が理解できるわけです。基礎と言うのはいわゆる「学校の勉強」です。また、“理解する”ということは、“理解したつもりになる”ということではありません。

  • 春期講習が無事スタートすることができました

    2022年今年も春期講習が無事スタートすることができました。ありがとうございます。平塚・相模原中等を目指す子たちは午前から、中学生・高校生たちは夕方から取り組みました。

  • 親も気づかない子供からの信号

    父親の言うことは絶対に聞かなければならないhttp://hgjuku.blog.jp/archives/39906657.htmlの続き。子供は親に怒られたくないから、都合の悪いことがある場合、親に本当のことを言わないものです。自分の身を守るため、自分が悪い場合でも、他人のせいにしてしまう

  • 父親の言うことは絶対に聞かなければならない

    父親の言うことは絶対に聞かなければならない。父親がこうしよう、と言うと、子供は常にYes!日本では、自我が芽生える前、反抗期が来る前の子供って、だいたいこうだと思います。

  • 親のやる気でなく子供のやる気が何より一番大切です

    堀口塾にはやる気がある子が来て欲しい、といいますか、やる気のある生徒しか通っていません。目標を達成させるには、何が必要でしょうか?

  • 嘘をつく子、ズルをする子について

    嘘をつく子、ズルをする子というと聞こえは非常に悪いが、こういう子はごく普通に存在します。このことは、学校で教員やっている人も学習塾などで指導している人も現場に携わっている人たちはわかっていると思います。しかし、ネガティブなことなのであまり表には出て

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、平塚中等連続合格の堀口塾長さんをフォローしませんか?

ハンドル名
平塚中等連続合格の堀口塾長さん
ブログタイトル
【子育て・公立中高一貫・高校受験】1万人の生徒を指導した塾長が教育をマジで語るブログ
フォロー
【子育て・公立中高一貫・高校受験】1万人の生徒を指導した塾長が教育をマジで語るブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用