searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

平塚中等連続合格の堀口塾長さんのプロフィール

住所
平塚市
出身
新座市

開校以来連続して公立中高一貫校に生徒を合格させ送り込んでいる平塚の個別指導塾堀口塾の塾長が書くブログです。堀口塾はJR平塚駅南口から徒歩20秒の所にある小・中学生対象の個別指導塾です。

ブログタイトル
平塚中等連続合格の塾長が教育をマジで語るブログ
ブログURL
https://blogmura.com/profiles/10818388/
ブログ紹介文
公立中高一貫校連続合格!1万人以上の生徒を最大手予備校や私立トップ校でプロ講師として指導し多数難関大の合格に導いた塾長が教育をマジで語るブログ
更新頻度(1年)

238回 / 365日(平均4.6回/週)

ブログ村参加:2016/07/03

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、平塚中等連続合格の堀口塾長さんの読者になりませんか?

ハンドル名
平塚中等連続合格の堀口塾長さん
ブログタイトル
平塚中等連続合格の塾長が教育をマジで語るブログ
更新頻度
238回 / 365日(平均4.6回/週)
読者になる
平塚中等連続合格の塾長が教育をマジで語るブログ

平塚中等連続合格の堀口塾長さんの新着記事

1件〜30件

  • 中学校教師は定期テストの使い回しをせずに毎回違う問題を作るべき?

    『中学生の多くの親たちが欲しがるもの』の続き。中学生の塾事情がそういう状況であっても、わかる人はちゃんとわかっている。そういう方は、お子さんを真っ当な方法で勉強に取り組ませて欲しいと思う。いや、そういうお方はすでに子供を大手塾へ行かせていない。

  • 中学生の多くの親たちが欲しがるもの

    定期テストの過去問を塾が持っていて、それを子供たちにやらせることが、私は中学生の塾事情において一番の問題点だと思う。中学生の卒塾生の親御さんで、こんなことをおっしゃっていた方もいる。

  • やる気満々の中学生の生徒たち

    ここ最近、やる気があって「もっと問題を解きたい!」という中学生が増えたので、その子たち対象に、少しレベルの高い問題集を宿題用として導入した。その感想は?というと「いいです!」とのことであった。やる気満々の生徒にはちょうどよかったようである。宿題はそ

  • 自分の勉強のスタイルを築こう

    中学生の勉強においては、どうしても成績が上がらないからといって子供にズルさせて内申点を追いかけるのではなく、子供自身が“自分の勉強のスタイル”を築くことが大切。ズルは絶対にいけません!中学生の内容だが、今、小学生のお子さんをお持ちの親御さんにも、是非

  • 中学生からの嬉しい定期テスト結果報告

    先日、定期テストを終えた中学生の生徒さんが結果報告に来てくれた。99点満点中98点の試験とかもあって、ほぼ100点満点?とにかく全教科頑張りました。その生徒さんは、もう自分の勉強のスタイルを築けたのだと思います。そして、次の目標に向かって指導していま

  • 断捨離とオーディオ熱

    少し前に音楽CDの断捨離のことを書きましたが、断捨離が完了し大量の音楽CDを処分することができました。断捨離は簡単ではなかった。1枚1枚思いを込めて購入したCDですから、それを処分するというのは、私にとって簡単ではありませんでした。断捨離は思い出が邪魔をす

  • 中3受験生たちへの「おめでとう!」の記事を書こうかな

    そういえば、今年の中学3年生の受験生たちへの「おめでとう!」の記事をちゃんと書いていなかったと思う。書こうと思っていた時に、ちょうどコロナウィルスが世界中に広がって、学校休校やら自粛やらで私も授業の組み立てとか色々考えなければなかったことが多かった。

  • 中学3年生からの嬉しい報告

    中学3年生から嬉しい報告がありました。通知表が出て、内申点が大幅に上がったとのことでした。本当によかった!!中3の成績は受験校を決める上でとても大事なので、今の時期、中3生徒たちは喉から手が出るほど内申点が欲しいのではないでしょうか。

  • 平均算は面積を使って解いてはいけない!

    鶴亀算の話に続き、またまた算数の特殊算の話なのですが、特殊算の一つに平均算というものがあり、これも先日、小6の受験生の授業で説明しました。特殊算を使う問題というのは、ただ平均を求めるような単純な問題でなく、例えばこんな問題。

  • 小学生たちに鶴亀算を教える理由

    先日、中学受験をする小学生の生徒たちに「鶴亀算」を教えた。鶴亀算というのはご存じ、私立中学受験をする小学生たちが取り組んでおかなければならない特殊算の一つである。教科書にはもちろん載っていない。

  • 成功よりも成長。

    成功と成長。成功よりも成長。いや、本当はどちらも同時にというのが理想である。しかし、成功というのは簡単にできることではない。だからといって、成功を掴むことに対して、控えめになる必要もないが。

  • 成功体験の落とし穴

    成功体験を積み上げていくと自信につながる。そして、やがて大きな目標が達成できるもの。このことについては誰もが納得できることである。そして、自分の子にそうなって欲しいと思う親も多いだろう。だが、何が成功体験なのか?

  • 夏休みの自由研究の提出日でした

    堀口塾では、平塚中等教育学校の受検コースの塾生たちに対し、今年の夏休みは自分の好きな事について研究しよう!という「自由研究」を課題に出しました。

  • 同志の方いらっしゃいませんか?

    「生徒たちをどう導いていくか?」これは私が常に考えていることです。

  • 土台固めは小学生のうちに

    前回土台固めが大切ということを書いたが、では、この土台固めはいつすればよいのか?ということについては、私の考えでは、小学生のうちに、である。

  • 土台固めが大切

    やっぱり何をするにも土台固めが大事だと思うんですね。高校受験もそうだし公立中高一貫校受検や私立中学受験も同じです。趣味を始める時だって同じじゃないですか。

  • 遊びの経験はずっと生きている

    今も思うのは、自分の時間の中でどれだけ遊んだか?が楽しく生きる一番の秘訣ではないかと思う。だから子供のうちはたくさん遊ぶということが大切である。だからといって勉強はする必要はないとは言ってはいないので、勘違いされないようにして下さい。

  • 学校の成績が良くても安心はできない

    私は公立中高一貫校を受験する小学生たちには、問題を考えて解く楽しさ、というものを教えたいと思っている。だから、5,6年生の間に、公立中高一貫校の問題を解いて楽しい!と思うようになって欲しい。私の勝手な思いだが・・

  • 子供は親の思い通りにならない

    子供は親を選べない、の続き。夫婦というのは、もともと違う屋根の下で育ってきたのだから、考えが違って当然である。全て考えが一緒であるということは、当然あり得ないし、意見が衝突することだってもちろんある。

  • 子供は親を選べない

    子供への教育熱はあるだろうけど、私は一生懸命になるのはどちらか片方で良いと思う。お父さんも、お母さんも、両方とも子供の教育について熱心過ぎると、子供はやがて疲れ果ててしまう。

  • 映画『イエスタデイ』とビートルズ

    『イエスタデイ』という映画を観た。2019年の公開の映画で、タイトル通りビートルズのことが取り上げられている。ネタバレになるので書かないが、思わぬ設定のもとストーリーが繰り広げられるのが面白かった。ある程度、ビートルズのことを知っている方のほうが楽しめるか

  • 人気記事ベスト5

    8月の人気記事をチェックしてみた。やはり、公立中高一貫校である平塚中等教育学校に関する記事が多い。その中で、主に中学生の親に対する記事がある。こちらである。中学生は反抗期だし自我が出てきているから、あまりガミガミ言わずに見守るほうがよい、ということ

  • 偏差値教育はもう時代遅れ

    先日、安倍総理が辞任を表明した。次期総理は誰になるのかわからないが、今後の日本の未来をしっかり築ける方になって欲しいと思う。30年前、日本は未来への政策を間違えたために、今アメリカや中国にだいぶ後れを取っている。それが今の日本の状態だ。

  • 学習習慣を身につけるのは小学生のうちに

    学習習慣が身につけば学校の成績が上がる。このことは大学の研究論文でも発表されていることである。今は小学生のお子さんもやがて中学生になれば、親は子供の定期テストの点数や成績(内申点)が気になってくるものである。子供が小学生のうちは「私は心配しない、大

  • 親が考え方を変えれば子供は幸せな受験が実現できる

    前の記事『変わるのは子供ではなく親のほう』の続き。子供が受験を終えると親も成長する。子供の受験というのは「親の成長」も同時に行われるものである。私はそう捉える。

  • 変わるのは子供ではなく親

    私が自分の子育てを通して思うのは、子供でなく親が変わるべきだな、ということである。私も子育てを通して変わってきたと思う。

  • お墓参りへ

    今年の夏はなかなかお墓参りに行く時間がなかったのだが、夏期休校に入り時間ができたので、お盆の時期はずれてしまったが、埼玉までお墓参りに行ってきた。当初は私一人で行く予定だったのだが、皆の予定が合い、家族全員で行ってきた。子供が大きくなると、それぞれの

  • 夏期講習の全タームが終了

    今年の堀口塾夏期講習の全タームが終了した。受講生の皆さん、今年は夏休みが少なかったにも関わらず、暑い中、一生懸命通塾し、本当によく頑張ったと思う。

  • 指示待ち族にはなるな

    私は生徒たちに勉強ができるようになる意外に「自分で問題を解決する能力」を身につけて欲しい、と思い、常に接している。接している、というのは、授業で教える時も含めて、普段話す時も、である。それとは逆に生徒たちに一番なって欲しくないものもある。それは何

  • 国語力を身につければ全ての教科の成績は上がる

    堀口塾の生徒たちには、もっともっと国語力をつけて欲しいと思っている。なぜなら、国語力を身につければ全ての教科の成績は上がるからである。このことについて、私は前から言ってきた。だから堀口塾では国語の学習に力を入れている。では、私が言う、この「国語力

カテゴリー一覧
商用