searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

まやたろさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
まやたろの体当たり日記
ブログURL
https://mayataro.hatenablog.com/
ブログ紹介文
東京銀座のOL→山梨に移住し農業と狩猟をはじめる→2016年北米&南米11,000km自転車旅→2017年日本4,000km自転車旅→2019年9月初の著書「なないろペダル」(出版舎ジグ)刊行!
更新頻度(1年)

20回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2016/06/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、まやたろさんの読者になりませんか?

ハンドル名
まやたろさん
ブログタイトル
まやたろの体当たり日記
更新頻度
20回 / 365日(平均0.4回/週)
読者になる
まやたろの体当たり日記

まやたろさんの新着記事

1件〜30件

  • 【お知らせ】はてなブログPROをやめます(6/17からURLが変わります)

    こんにちは、まやたろです。 ここ1−2年、ブログを書くモチベーションが上がらず、何度もブログ書くぞ!宣言をしては、そのまま放置ということが度々ありました。 いつからかブログを書くことが重荷になっていました。時間は有り余るほどあったのですが、一体どうしてでしょうか。

  • インドの浮世絵! 美しきインド更紗を求めて

    いつからか草木染や手仕事によって生み出される布に無性に惹かれるようになった。アイデアも技術もないくせに、美しい布を見つけると買わずにはいられない病。そんな布フェチにとってジャイプールは外せなかった。たとえどんなにお腹が痛くても。 mayataro.hatenablog.com

  • まるで万里の長城? ジャイプールの要塞 Jaigar Fort

    インド旅ブログを書き終えていなかったことに薄々気づいていたけど気づかないふりをしていたので今更ながらあげて行きたいと思います。

  • 「なないろペダル」全国書店&インターネットで好評発売中!

    2016年5月〜2017年5月の南北アメリカ自転車旅の軌跡をまとめた書籍 「なないろペダル 世界の果てまで自転車で」(出版舎ジグ) 1,600円+税 四六判 256頁(カラー16頁) ISBN 978-4-909895-02-8 jig-jig.com

  • ラジャスターンの田舎町とコロナさん

    ラジャスターンに来たのには大きく2つ理由があった。ひとつはブロックプリントというインド更紗を作る現場を見るため。そしてもう1つはカウチサーフィンで知り合ったRamと会うため。

  • ゴア→ラジャスターン 20時間の列車旅の先に

    インドは北と南でまったく違うという。 まず言葉が違う。北インドで話されるヒンディー語と、南インドで話されるタミル語(タミルナドゥ州)やマラヤーラム語(ケララ州)とでは全く異なり、同じ国の中でも互いに言葉が通じていない場面も見かけた。日本でも 田舎にいくと訛りのめっちゃ強いおじいちゃんが何言ってるかわからない、みたいなことはたまにあるけれど無論その比ではない。 そして食文化も全く違う。稲作中心の南インドはコメ食文化、北インドは小麦文化。 ココナッツを多用し、マイルドな味付けで菜食中心の南インドに対して、ココナッツが育たない北インドではギーやヨーグルトなどの乳製品を使い、クミンと唐辛子がガツンと効…

  • ジャングルの中のオフグリッド・ゲストハウス The Tribe

    ゴアに行くつもりはなかった。 なぜならパリピが集まるところって聞いていたから。 わたしとは無縁の場所だろうと思っていた。 でも、オーロヴィルで出会ったフィデルが、 「南ゴアのジャングルの中にあるオフグリッドのゲストハウスと、 その近くのオーガニックのスパイス農園が最高だった!」と言っていて、 どうしても行きたくなってしまった。

  • 森の中のアシュラム

    ゴアからラジャスタンまで21時間に及ぶ列車に揺られながらこれを書いている。 あの日から9年。日本時刻に合わせて静かに黙祷をした。 未だ解決していないたくさんの問題を抱えながらも、次々浮上する新しい問題に追われているうちにいつしか時は流れてしまった。いろいろと思うところはあるけれど、とにかく「種を蒔き、繋げねば」と強く思った。

  • 南インドケララ州で3週間のアーユルヴェーダ・トリートメントをうけてきた

    3週間に及ぶアーユルヴェーダ・パンチャカルマのトリートメントが終了した。 幼少期から20年以上悩まされているアトピーと慢性的な便秘をなんとかしたいとずっと思っていて、 パンチャカルマに興味があったものの、星の数ほどある施設…どこがいいのか分からないし、金銭的にもギリギリだし、 またの機会にしようかな…などと考えていたら、ちょうど友人の友人がとある病院で受けているという 思いがけぬ縁とタイミングに乗っかってみることにした。

  • 料理教室とブロックプリント

    アレッピーからコーチンまではローカルバスで約2時間。通勤時間と重なっていたため、車内はけっこう混んでいた。 バスの前方に女性、後方に男性が乗るというのがここでは暗黙の了解のようになっているけれどわたしは後ろに乗ってしまった。なにも言われなかったけど。 朝早く出たのはコーチンの料理教室に参加するため。

  • 運河と海と結婚式

    ムンナルからローカルのバスを乗り継いで運河の町アレッピーヘ向かう。 同じくこの宿に泊まっていたノルウェー人の折りたたみチャリダーのオーブから 「アレッピーに直接行くよりも、その手前のコタヤムという町で降りてフェリーボートで行った方が運河を楽しめるよ」と聞いたのでそうすることにした。

  • 紅茶畑でつかまえて

    「マヤ、今南インドにいるのか?俺もちょうど南インドなんだよ!よかったら会わないか?」 わたしのFBを見たゲリーから連絡があった。 ゲリーとは3年前にパタゴニアのアウストラル街道を一緒に走った。 両膝を手術して人工関節なのに未だに毎年自転車で海外を走っているという彼。 当時で74歳。ということは今は…?

  • Auroville滞在記・後編 Sadhana Forest

    同じ宿に泊まっていたフィデルと仲良くなり、彼のバイクに乗っていろいろと周った。 朝ヨガに参加したり、ドーサの美味しいお店で朝食を食べたり。 マサラチーズドーサがめちゃくちゃうまい。 そして中でも印象的だったのが最後に訪れたソリチュードファーム。 見学だけでもできればと思って立ち寄ったら、 「よかったらご飯食べていきなよ〜、お昼のあとなら案内もできるよ!」と嬉しいお誘い。

  • Auroville(オーロヴィル)滞在記 前編

    南インドにオーロヴィルという世界最大のエコビレッジがあるらしい、と聞いたのはいつのことだっただろう。ここもまた、行ったことのある友人からは賛否両論いろいろと聞いていたけれど、自分で直接確かめてみなければわからない。

  • 再びチェンナイへ

    アルナーチャラを巡礼したし、グルにもあったし、ひと通り満足したわたしは翌朝アリスと一緒にチェンナイに戻ることにした。

  • 聖なる山の周りを歩くとエゴは消えるのか

    アリスの禅問答のおかげですっかり心の準備が整った(ような気がした)わたしは、早速アスファルトの上を裸足で歩きはじめた。聖なる山アルナーチャラの周り14kmを、山が常に右にあるように、時計回りに歩くのがルール。裸足でも靴を履いてもいいらしいけど、ここは裸足一択。靴はあえてスタート地点であるラマナアシュラムに置いてきたので、もう後戻りはできない。

  • アルナーチャラに導かれて

    アルナーチャラ 南インドに行ったことのある何人かの知人からその聖なる山の名を聞いた。そこで一生を終えた聖人がいたこと、その山の周りを歩くとエゴが消えると言われていること、など断片的な情報だけ覚えていた。はじめは正直あまり興味がなかったのだけど、「とにかく行けばわかる」と口々に言われ、いつしか気になる存在になっていた。

  • 朝カレーとバイクタクシーとインド映画

    排気ガスと土ぼこり、鳴り止まないクラクション、美しいサリーを纏った女性たち、我が物顔で道に居座る牛、牛、牛…はじめてのインドは想像通りの「インドらしさ」に満ちていた。

  • インドへ〜荷物と牛丼と真っ赤なバーガー〜

    成田空港からバンコクへ。ここからチェンナイ行きへのフライトを待つ間、このブログを書いている。はじめてのインド。一体どんな出会いが待っているのだろう。

  • 「なないろペダル」の手ぬぐいができました!12月のイベント情報もあるよ

    どうもー手ぬぐい大好きまやたろです。 ブログの更新がめっきり途絶えておりますが、おかげさまで元気に生きています。 これからぼちぼち更新していきたいと思います。

  • 2016年の南北アメリカ自転車旅を振り返るための目次みたいなページ

    2016.5.18から2017.5.4まで、北米と南米8ヶ国の自転車旅に出ていたのですが、 記事が増えてきてはじめてブログを読む方はどこから読んだらいいかわからないと思うのでINDEXページを作ってみました。 旅の準備 自転車で旅に出る理由 2016.5.18 旅はここから始まった 衝撃のエピソード Do you want DEER? 初心者でも登れる標高6,000m級の山 汗と涙の宝石の道 ブレーキが取れる 忘れられないクリスマス パーマカルチャーと美しい手仕事 カナダ ソルトスプリング島 アメリカ オーカス島 アメリカ ポートランド ペルー クスコ チリ ラフンタ アルゼンチン エルボルソ…

  • 「なないろペダル」怒涛のイベント月間とツアーのはじまり

    9月は連日出版関係のイベントが続き、嵐のように過ぎて行きました。 高校や大学時代の友人、恩師、以前お話会に来てくださった方、ブログの読者さん、父の友人など、お忙しい中お越しいただいたみなさま、本当にありがとうございます。 また10月以降もポツポツとやっていきますのでよろしくお願いします。 イベント報告 12日(木) @静岡・沼津 The Old Bus 14日(土) @東京・南青山 OVE 16日(月・祝) @千葉・本八幡 Depot Cycle& Recycle 17日(火) @京急線糀谷駅 糀valley STAND 20日(金) @東京・西荻窪 旅の本屋 のまど 今後のイベント 10/1…

  • なないろペダル、ついに発売!マヤゾンはじめました。

    9月9日、待ちに待った「なないろペダル」の刊行日。 これに先駆けてわたしはお世話になった方に直接本を届けにいくサービスを開始した。 その名もアマゾンならぬマヤゾン。 夜行バスで愛知に着いてモーニングを食べ、友人と合流してまたモーニングを食べ、らーめんを食べ、南知多ゲストハウスほどほどへ。 夜は急遽集まってくれた会いたかった人達と豪華なシェアごはん。 会社の半休を取ってまでして来てくれたロックな友人たちとたくさん喋って食べて幸せな時間でした。 翌朝はくだものやさんが作るありえないほどおいしいジェラート屋さん「フレスカ」で朝からジェラートをいただき、そして岡崎の友人と本場の味噌煮込みうどんを食らう…

  • 束の間の夏休み〜廃バスと元海の家を改装した最高すぎる空間・The Old Bus @沼津

    やっときたきた夏休み!試験が終わり、本も校了となり、腰もあらかた良くなり、束の間の夏休みが来た! そんなわけで自転車仲間のかすみちゃんと伊豆の海へ!三島のマルシェで出店してたあやちゃんのビーガンココナッツカレーとビーガンアイスをいただき 向かったのは沼津のThe Old Bus。 元海の家と廃バスを、オーナーであるかなこさんとひろきさんがコツコツとリノベーションして、チルアウトスペースとして運営している。 目の前のプライベートビーチで泳ぎ、温泉に入り、波音が聞こえるムーディーなバスの車内で絶品のグリーンカレーをいただきました。ずっと来たかった場所にやっと来られて、夜遅くまでいろいろ話せて楽しか…

  • なないろペダルカバー写真公表&ウラ話!!予約販売も開始してます!

    9月9日に発売される拙著、「なないろペダル-世界の果てまで自転車で-」のカバー写真が公表されました! 書籍「なないろペダル」9月9日刊行 | 出版舎ジグ ジャジャーン! どうですか、このかわいらしいイラスト。特に中央のまやたろは本人にそっくりと好評です。(アゴの出具合がポイント 笑) ちなみにこのカバーをひと皮むくと、実は…おっと、ここからは買ってからのお楽しみ♡ カバーイラストのウラ話 この絵を描いてくれたのはわたしの前職NPO時代の同僚であり、当時ひとつ屋根の下で暮らしていたシェアメイトでもある、ぱんちゃんです。 わたしは昔から彼女の描く絵が大好きで、出版が決まった時から、表紙は是非ぱ…

  • 通訳案内士試験終了…(いろんな意味で)〜歴史の勉強から学んだこと〜

    8月18日。試験が終わった。 なんの試験かと言ったら、これです、これ。 難問奇問の名を誇る全国通訳案内士試験。(こう見えて一応国家資格である) 秋から新たにツアーガイドの仕事をはじめることになり、必須ではないけれど、知識と自信をつけるためにも挑んでみることにした。 英検やTOEIC、歴史検定などの資格を持っていると免除になる科目もあるのだけど、2ヶ月前に受験を決めたわたしはそんなものもなく、5科目フル受験。 合格した科目は来年に繰り越せるし、夏は山小屋で住み込みバイトでもしようと思っていたので、「今年はまあ1つか2つ通ればいいや」と軽い気持ちで考えていたところに、例の腰椎骨折、そして「安静」の…

  • ひきこもりの誕生日と誕生日の思い出を振り返る

    8月11日。わたしの誕生日は2016年から「山の日」という祝日になった。自分の誕生日が祝日になるということ、しかもそれが「ヤマの日=マヤの日」ということが嬉しかった。これはなんとしても山に登らねば、と思いマチュピチュに向かう山の上で誕生日を迎えた。 www.mayataro.life キャンプ地にも関わらず、 同行していたシェフがかわいいケーキを焼いてくれた。 帰国後の2017年夏は、日本を回ろうと日本海沿いを北上していた。誕生日の日は青森を走っていて、ちょうど帰省していた友人のご実家におしかけ、初対面のご家族に厚かましくもお祝いをしてもらった。 www.mayataro.life この投稿を…

  • ひと皮むけてナポリタン

    ひと月前から付けていたコルセット。 www.mayataro.life 幸い7月は涼しかったのでちょうどよかったのだけど、腹巻きをしているようなものなので、ここ数日の暑さにはさすがに参っていた。 そして今日、1ヶ月ぶりの病院へ。 受付を済ませ、レントゲンを撮る。そういえば1ヶ月前はレントゲンを撮る時に横になるのも一苦労で、起き上がる時にも天井がぐるりと回って大変だった。今や寝返りを打つのも起き上がるのもなんの苦労もなくできる。 相変わらずここの病院は大人気で、どこかのテーマパークのアトラクション並みに並ぶ。待つこと約3時間、診察時間はたったの3分。 「もう大丈夫ですね」と言われて、無事にコルセ…

  • 9月9日に本が、本が出ます!その名も「なないろペダル」! 出版記念イベントします!

    わたしの北米・南米自転車旅行記の発売日がついに、ついに決まりました! タイトルは「なないろペダル ーわたしが自転車で世界の果てまで旅する理由ー」です。 出版日は9月9日(月)「きゅうきゅうの日」。救急車で運ばれたからです。覚えやすいですね。 出版を記念して、イベントを行う予定です。 今の所決まっているのは下記の通り。 イベント詳細 9月6日(金) @コミュニティセンターjimicen(静岡・浜松) 9月7(土)−8日(日) Cycle CAMP vol.8 @TARICANHA Murakushi BEACH(タリカーナ村櫛ビーチ)(静岡・浜松) 9月14日(土) 女ひとりの海外自転車旅「なな…

  • れいわ新選組とPerfumeの共通点

    参院選が終わってもなお、れいわ旋風が吹き止まない。 れいわ新選組は日本の政治を大きく変えたと思う。 v.reiwa-shinsengumi.com 選挙前日の新宿街頭演説に駆けつけた時、なんだか懐かしい感覚がした。 立候補者と聴衆のコール&レスポンス。ピンク色のうちわを掲げて応援するさま。 終了後のツーショットを撮るための長蛇の列……。 そうか、これはライブなんだ! それは好きなアーティストのライブに行く感覚に近い。 YouTubeでもライブ配信はされているし、もう何度も同じ話を聞いているはずなのに、それでもわざわざ足を運んでしまうのは、やはり生で会いたい、その場の熱気を味わいたいからなのだろ…

カテゴリー一覧
商用