プロフィールPROFILE

正義さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

国民の間で議論も尽くされぬまま施行されたマイナンバー制度、スタートからトラブル続きで社会に混乱を来しています。保険証との一体化や金融機関との紐付け等、不安だらけで眠れないあなたへ。違憲訴訟に参加する原告の視点を通してマイナンバー制度を考えてみませんか?

ブログタイトル
マイナンバー違憲訴訟原告のブログ
ブログURL
http://anti-mynumber8.hatenablog.com/
ブログ紹介文
マイナンバー違憲訴訟に参加する一原告の視点からマイナンバー制度の問題点を考えてみたいと思います。
更新頻度(1年)

9回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2016/06/27

読者になる

正義さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/13 12/12 12/11 12/10 12/09 12/08 全参加数
総合ランキング(IN) 17,030位 15,876位 15,902位 15,919位 16,886位 15,988位 15,992位 980,554サイト
INポイント 7 14 14 14 14 15 16 94/週
OUTポイント 7 14 14 14 14 15 16 94/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 143位 136位 135位 131位 139位 133位 133位 4,578サイト
社会制度 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 57サイト
今日 12/13 12/12 12/11 12/10 12/09 12/08 全参加数
総合ランキング(OUT) 36,470位 36,635位 36,569位 36,552位 36,609位 36,689位 36,801位 980,554サイト
INポイント 7 14 14 14 14 15 16 94/週
OUTポイント 7 14 14 14 14 15 16 94/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 153位 152位 150位 150位 150位 148位 152位 4,578サイト
社会制度 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 57サイト
今日 12/13 12/12 12/11 12/10 12/09 12/08 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,554サイト
INポイント 7 14 14 14 14 15 16 94/週
OUTポイント 7 14 14 14 14 15 16 94/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,578サイト
社会制度 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 57サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、正義さんの読者になりませんか?

ハンドル名
正義さん
ブログタイトル
マイナンバー違憲訴訟原告のブログ
更新頻度
9回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
マイナンバー違憲訴訟原告のブログ

正義さんの新着記事

1件〜30件

  • マイナンバー違憲訴訟神奈川、違憲判決ならず。

    ご報告が遅くなってしまいましたが、先月の26日にマイナンバー違憲訴訟神奈川の判決が言い渡され、各社の報道で皆さんも御存知かと思いますが、筆者が予測した通り違憲判決は得られませんでした。 判決の言い渡しを法廷にてリアルタイムで傍聴したのですが、事前の広報が奏功したのか傍聴は抽選になり、30名ほどが外れるという結果で傍聴席は満席になりました。 そんな熱気の溢れる中、裁判長が入廷してから「原告の請求を棄却する」と判決を言い渡し、退廷するまでが僅か10秒という瞬殺で(苦笑)、傍聴席から「要旨を説明して下さい」という声が飛び出す始末。 敗訴を予測していた筆者は、まぁ、こんなもんだろうとある意味、冷めてい…

  • マイナンバー違憲訴訟神奈川、まもなく判決。

    先月の29日ですが、マイナンバー違憲訴訟東京の第16回口頭弁論と、同日に神奈川訴訟の街宣活動、及び判決前の集会が行われました。 東京訴訟の口頭弁論はまだ公式サイトに情報が掲載されておりませんが、29日が最終弁論の予定だったはずが、12月に結審が延期されたそうです。 筆者は神奈川の集会には出席したものの、東京の裁判には行けなかったので詳細は不明なのですが、東京訴訟の原告代理人が新たな根拠を持ち出し、国側が反論する意向を示したことで最終弁論が延びたようです。 珍しく裁判長が原告側に理解を示したと聞きましたが、東京の弁護団は強かな戦略を展開し、結審の延期を勝ち取ったという訳ですね。 筆者は12月の期…

  • 映画「新聞記者」(ネタバレあり)

    今回の記事はマイナンバー違憲訴訟とは直接的な関係はないので、いつもと違う文体で書いていきます。私自身の素が現れると思いますが、たまにはいいかと。 テレビはもちろん主だったメディアでも全く宣伝されていない映画、「新聞記者」。なぜ宣伝されないのかは観ていただければ一目瞭然ですが、主演の松坂桃李のファンである連れ合いが気になっていたということで、連れ立って鑑賞しました。 「政権に忖度している」大メディアでは紹介されていないので御存知ない方も多いかと思いますが、こちらの映画、巷では異例の大ヒットでロングランを続けています。 国内の映画では珍しい政治物でありながら、観客動員数は40万を超えて興行収入も5…

  • ネット署名にご協力お願いします。

    マイナンバー違憲訴訟神奈川の原告団が来月に予定されている判決に向け、ネット署名を開始しました。裁判所に公正な判決を求めるため、趣旨にご賛同いただける方は下記の change.org にて署名をお願いします。 また、今月29日(木)には原告集会及び情宣活動、署名提出行動が予定されています。スケジュールは下記の通りとなりますので、ご都合の良い時間に参加を頂ければ幸いです。 神奈川訴訟の判決期日は9月26日(木)、横浜地裁101号法廷にて13時10分からとなっています。判決を法廷内で直接聞くのは難しくても、裁判所の外で待機していればリアルタイムで知ることが出来るでしょう。 神奈川の判決が気になる方は…

  • マイナンバー違憲訴訟東京、第15回口頭弁論

    先月の25日に開かれたマイナンバー違憲訴訟東京第15回口頭弁論では、原告による本人尋問が行われました。神奈川訴訟で証人として法廷に立たれた原田富弘氏が、この日は原告として尋問を受けられたのです。 自治体の職員として長年勤務された経験を持つ原田氏のお話は、行政における現場の実態を知る上で興味深く、真摯な言葉で自らの考えを述べられていました。 大きなポイントは3つで、まず自治体の窓口ではマイナンバー制度の導入によって手続きが煩雑になり、事務負担の増大になっていると。 原田氏が勤務されていた世田谷区では窓口業務のワンストップサービスを導入しておらず、電子申請のみでは本来の業務が遂行できない。 利用者…

  • マイナンバー違憲訴訟神奈川、第12回口頭弁論

    今月20日に開かれたマイナンバー違憲訴訟神奈川の第12回は最終弁論となり、第1審は判決を待つばかりとなりました。 新年度の人事異動で裁判長が交代したのですが、前回の裁判で居眠りしていた左陪席も替わるかと思いきやそのままで、果たして批判の声は届いたのかどうか。 開廷後はまず、原告2名の意見陳述が行われたのですが、国関係の労働組合の役員をされている方が国家公務員の職場における実態を述べておられ、非常に興味深く拝聴しました。国家公務員はマイナンバー登録への協力を半ば強制的に求められており、身分証明書と個人番号カードの一体化が進められているとのこと。 マイナンバー通知カードさえ所持していない筆者に言わ…

  • マイナンバー違憲訴訟東京、第14回口頭弁論

    ご無沙汰しておりましたが、先月21日に開かれたマイナンバー違憲訴訟東京第12回口頭弁論をレポートします。 最近、傍聴した裁判の内容を記憶に留めておける時間が短くなり、毎回なるべく早くレポートしようと思いつつタイミングを逃し、記憶が薄れている頃に記事を書くという悪循環が続いています。裁判当日に記した簡単なメモでは補えず、スマホにインストールされているボイスレコーダーを活用しようかと考えております。 今回の口頭弁論は令和になって初めての裁判ということになりますが、年度も変わって国家公務員には人事異動があり、まず右陪席の裁判官が交代し、被告側の代理人も裁判開始時から務めていたベテランから若手の訟務検…

  • マイナンバー違憲訴訟神奈川、第11回口頭弁論

    大変ご無沙汰して申し訳ありません・・・憶測を招かぬよう更新を休んでいた理由を説明すると、単に本業が忙しかっただけなのですが、東京・神奈川の口頭弁論には欠かさず足を運んでおりました。 筆者は原告ですので裁判に対する関心を失っていた訳ではありませんが、早速ながら、マイナンバー違憲訴訟神奈川第11回口頭弁論をレポートします。 今回の裁判ですが、全国で展開されているマイナンバー違憲訴訟の先陣を切って、原告側が申請した3名の証人尋問が行われるということで、久し振りに傍聴には整理券が配布され、午前の部は満席となりました。 10時30分から開廷し、トップバッターは国の個人情報保護審査会の委員を務めておられた…

  • マイナンバー違憲訴訟東京、第12回口頭弁論

    今月11日に開かれたマイナンバー違憲訴訟東京の第12回口頭弁論をレポートします。 原告代理人である瀬川弁護士によると、意見書を提出する予定だった憲法学者の辞退が決まり、万事休すかと思われましたが、新たに2名の憲法学者から意見書を書いていただく目途が立ったとのこと。ひとりは九州訴訟でも意見書を提出された学者さんだそうですが、ご協力をいただいて有難いです。 当初予定されていた慶応大学の山本教授は辞退される代わりに論文を提出して下さったのですが、かなりボリュームのある内容だそうです。 意見書の提出が1月末になる見通しなので、来月の下旬に予定されていた次回期日はキャンセルになり、2月25日に次回期日が…

  • マイナンバー違憲訴訟神奈川、第9回口頭弁論

    先月の25日に開かれたマイナンバー違憲訴訟神奈川、第9回口頭弁論をレポートします。ここ数回の口頭弁論は傍聴席がほぼ満席になることが多く、神奈川訴訟は活況が続いていますが、今回の裁判は冒頭から分かり難かったように思います。 裁判長と原告代理人との間で証人申請に関する確認が行われたのですが、やりとりが複雑で聴き取り難く、高齢の傍聴者は困惑されたようです。 傍聴席にいた筆者の配偶者は司法修習経験者ですが、それでもさっぱり分からなかったとこぼしていましたが、裁判長に近い原告席に着席していた筆者も理解不能でした。 裁判長は傍聴者に理解出来るように話す必要はないので仕方がないのですが、裁判というものが如何…

  • マイナンバー違憲訴訟東京、第11回口頭弁論

    今月9日に開かれたマイナンバー違憲訴訟東京第11回口頭弁論をレポートします。 7月に開かれた第10回の裁判を傍聴出来なかったため、今回は気合を入れて臨みました。前回の裁判の時点で12月の次回期日も決まっていたというのが気になったのですが、その理由は裁判が始まってすぐに明らかになりました。 開廷後に例によって、男澤裁判長が今後の進行をしきりに原告側に詰めてくるのですが、瀬川弁護士によると、学者に意見書の執筆を依頼しているものの本人の都合で遅れており、意見書の提出は目途が立っていないと。次回期日までに間に合わない可能性があると説明したのですが、結審を急ぎたい裁判長は不本意な様子でした。

  • 長らくご無沙汰しておりましたが・・・。

    気が付いたら3ヶ月以上もブログを放置しており、どんな言い訳をしようか考えておりますが・・・というのは冗談で、実は前の記事を更新してから2週間後ぐらいに長く闘病していた筆者の父が急死しまして、しばらく手続きのために奔走していました。 第一線を退くと同時に病気の発覚した父は、入退院を繰り返した末に小康状態を保ち、ここ数年は実家で穏やかに暮らしていたのですが突然倒れ、そのまま他界しました。母から連絡を受け、病院に駆け付けた時には既に遅く、息を引き取った後でした。 自宅で急死したために変死扱いとされ、病院に詰めていた警察官から紹介された葬儀社に依頼することにしたのですが、翌日から怒涛のような手続きに追…

  • マイナンバー違憲訴訟東京、第9回口頭弁論

    先月の29日に開かれたマイナンバー違憲訴訟東京、第9回口頭弁論をレポートします。10時半からの開催で、深夜族で早起きの苦手な筆者には辛い裁判でしたが、現地には早めに着けたので、開廷前の説明会に間に合いました。 今回弁護団は水永弁護士の都合が悪く、期日を変更すべく裁判所と掛け合ったらしいですが、結果的には予定の期日で開かれ水永弁護士は不在でした。 また、前回の裁判で瀬川弁護士が不在だったのはインフルエンザに罹患したという話で、ここ2回の裁判では生憎弁護団が揃わない状態が続いています。

  • マイナンバー違憲訴訟神奈川、第7回口頭弁論

    先月29日に開かれたマイナンバー違憲訴訟神奈川の第7回口頭弁論をレポートしたいのですが、その前に横浜地裁ですが、先月から来庁者に東京地裁のような手荷物検査をスタートさせました。 東京地裁と異なるのは、手荷物に関してはX線を通さず係員の確認のみの簡易検査であり、果たして意味があるのかという疑問を覚えました。 調べてみると、地方でも今年から手荷物検査を始めた裁判所がチラホラあるようですが、背景にいかなる理由があるのか知りたいところです。 筆者はかつて東京で法律関係の仕事に就いていたので、東京地裁の手荷物検査には慣れていたのですが、マイナンバー違憲訴訟神奈川の原告となり横浜地裁に通い始めた時、手荷物…

  • 東京訴訟第8回口頭弁論後の報告集会

    マイナンバー違憲訴訟東京、第8回口頭弁論後の報告集会はお馴染み、弁護士会館にて。 今回の集会で用意されたのが小規模な部屋で、テーブルを四角に囲み、参加者がお互いの顔を見られるように座ったせいか、いつにも増して活発な議論が交わされました。 集会が始まってからようやく、弁護団でいつも裁判をリードされてきた瀬川弁護士が 不在であることに気付きました。 口頭弁論を傍聴した身でありながら、今回は水永弁護士が弁論されたことに違和感を 抱かなかったので気付くのが遅れましたが、瀬川弁護士が欠席されるのは珍しいです。 代わりに若い先生(お名前を失念しました)が司会をされたのですが、その先生が偶然にも司法修習生時…

  • マイナンバー違憲訴訟東京、第8回口頭弁論

    マイナンバー違憲訴訟東京の記事を書くのは久し振りになってしまいましたが、今月20日に開かれた第8回口頭弁論を傍聴しましたので、早速レポートしたいと思います。 今回の裁判ですが、正直なところ見所はまったく無かったと言えるでしょう。開廷するなり女性裁判長の独壇場になりまして、彼女の本音を代弁させて頂くならば、「いつまで原告の無駄な弁論が続くのだ。キリがないから結審させよ」というところだと思います。 任期途中での電撃的な裁判長の交代により、第6回口頭弁論から担当している男澤裁判長は分かり易いほど国寄りの人物で、取り付く島もありません。 何しろ浜岡原発の差し止め訴訟で棄却の判決を書いた裁判官ですから、…

  • マイナンバー違憲訴訟神奈川、第6回口頭弁論

    長期間ブログを放置して申し訳ありません・・・最後に更新してから公私共に色々ありまして、しばらく更新できる状況にありませんでした。 昨年11月に開かれたマイナンバー違憲訴訟東京の第7回口頭弁論は傍聴したのですが、今更レポートを書くのも興醒めなので割愛させていただき、先月21日に開かれた神奈川訴訟の第6回口頭弁論をレポートしたいと思います。 神奈川訴訟には珍しく午前11時からの開廷で、年末という悪条件も重なり傍聴席が 埋まるか気掛かりだったのですが、思いのほか傍聴希望者は多く、満席に近い入りで安堵しました。 今回の口頭弁論では原告代理人が住基ネットの最高裁判決に基づいてプライバシー権の侵害を訴えた…

  • 摩訶不思議な衆院選の結果

    いきなりですが、選挙前の安倍政権の支持率、40%ぐらいではなかったでしょうか。蓋を開けてみれば自民党の圧勝・・・「あな不思議や」と首を傾げるのは筆者だけではないと思います。 安倍首相が国際選挙監視団の申し入れを拒否したと聞いた時点で予測は出来たので、 衆院選の結果自体に驚きはなく、ある意味いつものパターンかというのが正直な感想なのですが、あまりにも民意とかけ離れた数字は疑惑しか招かないと思いますが。 辛勝ぐらいにしておけば現実味があって無難だったものを、何が何でも憲法改正の発議に必要な3分の2の議席が欲しかったということでしょうか。 今回の投票率が53%というのも奇妙な話で、期日前投票した有権…

  • マイナンバー違憲訴訟神奈川、第5回口頭弁論

    先月14日に横浜地裁で開かれたマイナンバー違憲訴訟神奈川、第5回口頭弁論の模様を報告します。 裁判所の夏休みを挟んで期日が延びたこともあり、傍聴席が空いていたら嫌だなと思っていたのですが、蓋を開けてみたら大盛況で久し振りに満席になりました。 後から後から傍聴者が入廷するので席が足りるかと心配するほど盛況だったのですが、なぜ今回に限って傍聴者が多かったのかは不明です。 筆者は人数を稼ぐために配偶者を同行していたのですが、連れ合いが車を駐車場に 停めている間に傍聴席が埋まってしまい、今回は同席しなくてよいと連絡しようかと 考えた程です。 横浜地裁の大法廷には80名が着席出来ますので、今後もたくさん…

  • マイナンバー違憲訴訟東京、第6回口頭弁論

    裁判所の夏休みが明け、先月29日にようやく開かれたマイナンバー違憲訴訟東京、 第6回口頭弁論の模様をレポートします。 まず予想もしていなかった事態に直面したのですが、裁判長が突然交代したのです。 後任の裁判長の件は後で書くとして、今回の口頭弁論では被告である国が求釈明に対する第2準備書面を陳述する予定でしたが陳述はなく、国側は書面の提出のみで済ませました。 代わりに原告側代理人が求釈明を口頭で述べたのですが、案の定、被告側の回答書は薄っぺらで内容のないものでした。 後任の裁判長が女性だと知った時は有利に働くのではないかと考えたのですが(女性は組織の論理に従うとは限らない)、それが甘い認識だった…

  • 金融機関で新規の口座を作るには

    マイナンバー違憲訴訟東京、神奈川の次回期日が裁判所の夏休みの関係で先に延びていることもあり、しばらく更新が途絶えてしまいましたが、ここへ来て新聞紙上でマイナンバー関連の記事を目にする機会が増えてきました。 先月末には情報連携システムの不備を指摘されていたにも拘らず、一昨日の朝刊ではマイナンバーを戸籍と連携させるという記事が掲載されて驚きました。 婚姻届の提出や旅券の発給時にマイナンバーを利用し、手続きを簡略化することを目的としているそうですが、個人情報の保護に課題があり、実施は数年先になると書かれていました。 幸か不幸か筆者の場合は既婚者ですし、2015年に自動車免許とパスポートを更新しました…

  • マイナンバー違憲訴訟神奈川、原告集会&学習会

    先月末ですが、6月30日(金)に横浜で開催されたマイナンバー違憲訴訟神奈川の原告集会に参加してきました。 18時30分からという遅い時間帯で勤め人の方も参加しやすいのではと期待しましたが、参加者は50人弱という感じでしょうか・・・勉強会も兼ねていたので、弁護団の先生方の参加が目立ちました。 筆者はツイッターでもイベントの告知をしているのですが、原告数が200名を超える訴訟でも集会の参加率は芳しくないですね。 平日の遅い時間なら勤め人の方も参加しやすいかと思いきや、主婦の方には難しい時間になるのでしょうか。むしろ週末であれば、多くの方が参加出来るようになるのだろうか・・・と色々考えてはいるのです…

  • 共謀罪法がもたらすもの

    もはや安倍政権のお家芸とも言える強行採決によって成立した共謀罪法。 特定秘密保護法に始まり、安保法制、マイナンバー制度と怒涛のように成立、施行された「悪法シリーズ」(筆者が考えるところの)に更に加わった法律ですが、マイナンバーと共謀罪はセットにして警戒すべきであると筆者は考えます。 真の狙いは透けて見えており、国民の個人情報を集約、動向すべてを政府の監視下に置いた上で、意に沿わない人物には罪をでっちあげて捕らえるという。 文章にすると背筋が寒くなりますが、既視感を覚えるのは治安維持法を彷彿させるからで、この国は着実に戦前へと回帰しているようです。 通常、法案が成立すると施行まで1年程の猶予があ…

  • 神奈川訴訟第4回口頭弁論後の報告集会、及び勉強会のお知らせ

    第4回口頭弁論後の報告集会は前回同様、横浜YWCAにて開催したのですが、会場が裁判所から少し距離があるんですよね。 東京訴訟のように隣接する弁護士会館で開催されると参加者としては有難いのですが、横浜の場合は弁護士会館の会議室が狭く、参加者を収容出来ないようです。 今回の報告集会は盛況だったのですが、口頭弁論で意見陳述した小林展大弁護士と原告の滑舌が良かったということで、弁護団長である小賀坂徹先生の御機嫌が麗しく、熱弁を奮っておられました。 被告側の国から準備書面が提出されたのですが、まともな反論はされておらず、内容の乏しいものであったことから「なめられている」と小賀坂先生は表現されていましたが…

  • マイナンバー違憲訴訟神奈川、第4回口頭弁論

    前回の更新から早や1ヶ月を過ぎ・・・レポートが遅くなって申し訳ありません。 言い訳をさせて頂くと、先月から「はやり目」なる眼の感染症を患いまして、仕事が手に着かなくなってしまいました。 これが厄介な病気で感染力が強く、配偶者が先に感染し、潜伏期間を経て筆者も感染したという次第。配偶者は片目だけで済んだのですが、なぜか私は両目とも発症し、眼が使い物にならなくて困りました。 ウイルスがついた物に触るだけで感染する恐れがありますので、特にお子さんのいらっしゃる方は手洗い等、徹底して頂ければと思います。

  • マイナンバー違憲訴訟東京、第5回口頭弁論

    先月18日に東京地裁にて開かれたマイナンバー違憲訴訟東京の第5回口頭弁論ですが、傍聴レポートが遅れて申し訳ありません。 オフィスの移転と自宅の補修工事が重なって忙殺されており、ブログの更新が出来ずにいるうちに5月を迎え、神奈川訴訟の次回期日が迫って参りました。取り急ぎレポートをお届けします。 今回も傍聴人は原告席に着いた原告含め、30名程度でしょうか。このくらいの人数で定着している感がありますが・・・被告席には毎回5名から8名ほどの役人が着席しますが、代理人は男女の2名がいつもの顔ぶれで、他のメンバーが入れ替わっているようです。

  • 住民税決定通知書にマイナンバーが記載される?

    全国で小規模な会社を経営されている皆様、自治体から毎年5月に送付される住民税決定通知書に、今年度から従業員のマイナンバーが記載されることはご存知でしょうか。 筆者は2月に開かれたマイナンバー違憲訴訟神奈川における第3回口頭弁論後の報告集会で初めて知ったのですが、その後、当ブログのサイドバーでもご紹介している「共通番号いらないネット」に掲載されていた記事を熟読して愕然としました。 記事中のリンクで東京保険医協会の調査結果がまとめられていたのですが、筆者が経営する会社の所在地である自治体では、住民税決定通知書に従業員のマイナンバーが記載される可能性が濃厚なのです。 以前の記事でも説明した通り、弊社…

  • マイナンバー違憲訴訟東京、神奈川の次回期日

    今年は公私共に多忙でブログの更新に手が回らず、歯痒い思いをしています。 懸案だった確定申告も無事に終わり、書きたい記事は多々あるのですが、まずはマイナンバー違憲訴訟の次回期日をお知らせしようと思います。 東京訴訟の第5回口頭弁論ですが、4月18日(火)の11時から東京地裁にて。 国側から提出された求釈明回答書の不明確な点について引き続き釈明を求めつつ、主張を行っていく予定。神奈川に先行する東京訴訟は次第に核心に迫っているのですが、 国側は終始曖昧な回答で煙に巻こうとしています。 東京訴訟は原告に税理士さんが何名かいらっしゃるらしく、日々業務でマイナンバー制度の矛盾に直面して苦悩しておられるよう…

  • 神奈川訴訟第3回口頭弁論後の報告集会

    忙殺されているうちに3月になってしまいましたが、前回記事の続きということで、 マイナンバー違憲訴訟神奈川、第3回口頭弁論後に行われた報告集会の模様を。 午後4時から開廷した裁判後、隣接する弁護士会館で集会が開かれたのですが、夕方以降の開催というのは一般の方には参加しにくいのでしょうか。 過去の報告集会より参加人数が少なかったように思うのですが、口頭弁論で意見陳述をなさった税理士さんも多忙で出席されなかったと聞きました。 過去の集会では意見陳述をされた原告の方が弁護団と共にひな壇に並び、ご本人のお話を伺うことが出来たのですが残念です。 ちなみに、裁判の傍聴に同行した筆者の配偶者も集会には参加しま…

  • マイナンバー違憲訴訟神奈川、第3回口頭弁論

    今月になってから仕事に追われ、更新が滞ってしまいました・・・遅くなりましたが、9日に横浜地裁にて開かれた神奈川訴訟の第3回口頭弁論をレポートします。 今回は配偶者を同伴したため原告席には着かず、久し振りに傍聴席での参加でしたので抽選に備えて並びましたが、今回も抽選にはなりませんでした。 原告席に着いた20名の原告合わせて傍聴人は90名弱というところでしょうか。 午後4時からの開廷でしたので抽選になるかと期待したのですが、なかなか傍聴席を満席にするのは難しいですね・・・今回は思いのほか長い裁判で見応えがあったので、多くの方に傍聴して頂きたかったのですが。 傍聴席に着いて間もなく、原告のみに裁判資…

カテゴリー一覧
商用