住所
渋谷区
出身
-
ハンドル名
Ryoichi Tanaka, DDSさん
ブログタイトル
be water
ブログURL
https://ryoichitanakatheworld.com/
ブログ紹介文
表参道の保険が使える審美歯科、表参道歯科アールズクリニック院長のブログ
自由文
更新頻度(1年)

16回 / 971日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2016/06/23

Ryoichi Tanaka, DDSさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/17 02/16 02/15 02/14 02/13 02/12 全参加数
総合ランキング(IN) 0 0 0 0 0 0 0 949197サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美容ブログ 0 0 0 0 0 0 0 40597サイト
審美・ホワイトニング 0 0 0 0 0 0 0 188サイト
美容医療 0 0 0 0 0 0 0 61サイト
今日 02/17 02/16 02/15 02/14 02/13 02/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 0 0 0 0 0 0 0 949197サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美容ブログ 0 0 0 0 0 0 0 40597サイト
審美・ホワイトニング 0 0 0 0 0 0 0 188サイト
美容医療 0 0 0 0 0 0 0 61サイト
今日 02/17 02/16 02/15 02/14 02/13 02/12 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 949197サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美容ブログ 0 0 0 0 0 0 0 40597サイト
審美・ホワイトニング 0 0 0 0 0 0 0 188サイト
美容医療 0 0 0 0 0 0 0 61サイト

Ryoichi Tanaka, DDSさんのブログ記事

?
  • 虫歯や歯周病になりたくない方におすすめの歯ブラシは?

    虫歯や歯周病の予防に効果的な歯ブラシの選び方をお伝えします。 実際、ここでお話する歯ブラシをお使いいただいている方は、虫歯や歯周病の再発頻度が非常に少なく、ほとんど再発しないでお過ごしいただけています。 虫歯や歯周病になりたくない方、再発したくない方は是非お使いください。 大事なポイントは、ワンタフトブラシを使っていただくことです。 そして、使う順序が大切です。 まずワンタフトから 最初に使うのは「ワンタフトブラシ」といって、毛束が1本のもの、絵を描く筆が曲がったような形のブラシです。 ワンタフトブラシには、歯磨き剤は付ける必要ありません。また、ブラシを水で濡らす必要もありません。 ブラッシングのメインは、このワンタフトブラシです。普通の形の歯ブラシは、ワンタフトブラシを補うものとお考えください。 いきなり普通の形の歯ブラシで磨き始めないでください。ここが重要なところです。 なぜなら、最初に普通の形の歯ブラシから使うと、だんだんワンタフトブラシが面倒になって使わなくなることが多いからです。 ワンタフトブラシで、虫歯や歯周病のリスクの高い部分にくっついているバイ菌をしっかり取ってから、仕上げに普通の形の歯ブラシを使ってください。 1日1回はワンタフトブラシで、20分くらいはブラッシングしてください。歯周病の方は夜寝る前が効果的です。 仕上げに普通の形の歯ブラシ 仕上げの普通の形の歯ブラシには、歯磨き剤をたっぷり付けてください。 仕上げ用の歯ブラシは 毛の硬さは「やわらかめ」が絶対です。「かため」の歯ブラシは歯よりも硬いので、歯を削ってしまいます。 毛束が密集したもの。 毛足が長く、毛が細いもの。 毛は「ナイロン」製。最近見かけませんが、昔は動物の毛でできた歯ブラシもありました。動物の毛はコシがなくなるのでダメです。 ブラシの首の部分はなるべく細く、グリップ部分は太めで持ちやすい形のものが使いやすいです。 1ヶ月使ったら交換 歯ブラシは1ヶ月も使うと、肉眼ではわからなくても、毛先がすり減ってバイ菌を除去する効率が落ちます。1ヶ月ごとに新しいものに交換してください。 1ヶ月たたなくても、毛先が広がったらバイ菌が取れませんので、新しいものに交換してください。

  • セルフホワイトニングは、目的に合わせて上手に利用しましょう

    ここ数年、エステサロンやホワイトニングサロンなどで、手軽に歯のホワイトニング(セルフホワイトニング)ができるお店が増えてきました。 この記事をお読みの方の中にも何度か行かれた方がいらっしゃるかもしれません。 でも中には、歯が白くなったという実感があまりない方もいらっしゃるのではないでしょうか? また、セルフホワイトニングで白くなったけれど、すぐに色が戻ってしまったという方も少なからずいらっしゃると思います。 「何回も通ったのに、真っ白にならなかった」「期待したほどの効果が得られなかった」という声も耳にします。 実際のところ、セルフホワイトニングは効果がないのでしょうか? 期待した効果がなかった原因は何なのでしょうか? そこのところをわかりやすく解説してみたいと思います。 最初に、「歯が白くなると」いう場合に2つのパターンがあることをご理解ください。 一つは、歯の表面についた着色などの汚れを取って、もともとの歯の色に戻って白く見える場合。 もう一つが、歯そのものがもともとの色よりも白くなる場合です。 二つ目の「もともとの色よりも歯を白くする」には、過酸化水素や過酸化尿素といった「過酸化物」という薬品を使わなければできません。 これらの薬品は、日本では法律で規制されていて、医療機関以外では取り扱えないので、エステサロンやホワイトニングサロンでは使えないのです。 ホワイトニングサロンやエステサロンでは、医薬部外品(医薬品ではないもの)や食品添加物などしか取り扱うことができません。 その代表的なものは、ポリリン酸やメタリン酸または重曹など一般に市販されているものです。 これらは確かに歯の表面の着色汚れを除去する清掃作用はありますが、歯そのものを白くする漂泊作用はありません。 セルフホワイトニングは、一つ目の「歯の表面についた着色汚れを取って、もともとの歯の色に戻す方法」なのです。 ですから、もともと歯が白かった人がセルフホワイトニングで本来の歯の色に戻ればずいぶん歯が白くなったと感じられるでしょう。 逆に、もともと歯の色が濃かったり、着色汚れが少なかった人では、歯の白さを実感されないのではないでしょうか? 医学的には「ホワイトニング」とは薬品などで歯そのものの色を明るく変化させる治療のことを言います。

  • 歯周病と関係する全身の病気

    歯周病菌とは 歯周病の原因菌は1種類ではなく、いくつかの細菌が歯周病を…

  • 歯磨きで気をつけるポイントは

    ちゃんと歯磨きしてるのに 日本ではまったく歯を磨かない人というのはいな…

  • 1991年春のパリ

    20代の終わり、日本では桜が咲き始めた頃、パリに旅行しました。 目的は…

  • 「日本人の8割が歯周病」というのは本当ですか?

    「日本人の8割が歯周病」というのは、誤解されやすい表現だと思います。 …

  • NAPULE のPizzaランチ

    表参道のお気に入りピッツェリア「ナプレ」でランチです。   …

  • CANOVIANO 代官山

    もうすぐ10月だというのに日中はまだまだ暑いです。 こんな日は、冷えた…

  • 大阪梅田「はなだこ」のたこ焼き

    年に何度か大阪に行きます。 今回は、梅田でたこ焼きを食べてみました。 …

  • Le Meridien New Delhi 「THE ONE」のピッツァ

    ニューデリーの国立博物館前で待ち合わせ。 まだ時間があるし、お腹が減っ…

  • Ronnefeldt

    デリーの空港で買ったアッサム、期待していなかったのに飲んでみるととても…

  • 夏の終わりの BIODINAMICO

    渋谷駅の周辺には大人が行って満足できるお店が少ないのですが、 駅から少…

  • 表参道 CICADA でリフレッシュ

    久しぶりのCICADA 表参道にいながらリゾート気分が味わえるレストラ…

  • 曙橋「はらまさ」で少し早い天然鰻を

    夏の暑い時期、土用丑の日には鰻屋に長い行列ができたり、デパ地下の食品売…