searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

そば雅さんのプロフィール

住所
半田市
出身
長野市

長野県に行った帰りに蕎麦打ちの棒を一本買ってみた。蕎麦など簡単に打てると馬鹿にしていたが 何とも難しい!上手く打てない。絶対美味い蕎麦を打つとムキになり 蕎麦の勉強に明け暮れ 独学でも美味しい蕎麦を打つ!!とまたもやムキになり(笑) 蕎麦打ちにのめり込んで数年!なんとも奥深い蕎麦打ちに魅了された! 蕎麦の話が何より好きだ。蕎麦の魅力をブログを通じて広めていきたいと思っています。

ブログタイトル
そば雅
ブログURL
https://ameblo.jp/sobamasa/
ブログ紹介文
蕎麦打ち職人のブログ
更新頻度(1年)

128回 / 365日(平均2.5回/週)

ブログ村参加:2016/06/17

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、そば雅さんをフォローしませんか?

ハンドル名
そば雅さん
ブログタイトル
そば雅
更新頻度
128回 / 365日(平均2.5回/週)
フォロー
そば雅

そば雅さんの新着記事

1件〜30件

  • クエン酸入りの蕎麦

    健康志向の昨今はクエン酸が人気で、ある方から「蕎麦にクエン酸を練り 込んでくれないか」との依頼がありました。そこで、食用で純度の高い食用クエン酸を蕎麦に混ぜ込…

  • 荏胡麻(えごま)ダレの五平餅

    荏胡麻(えごま)ダレの五平餅飛騨・高山出身のTさんが「荏胡麻ダレを作りましたよ」と持ってきて くれたので、半殺しにしたご飯に新蕎麦の実を混ぜ込んだ五平餅を 作…

  • 昼夜蕎麦(合わせ蕎麦)作り

    昼夜蕎麦(合わせ蕎麦)作りに、Mさん・TさんとNさんご夫婦の四人がそば雅へ。皆さん蕎麦打ちは相当慣れているものの昼夜蕎麦作りは初めてで、今回は600㌘(二八蕎…

  • 蕎麦探訪記/98 「昼神十割蕎麦」

    所用で中津川に出掛けた折、少し足を延ばして昼神にある幟を立てた「昼神十割蕎麦」という蕎麦屋さんへ、三人で立ち寄りました。  母子で店を切り盛りし、祖父が手作業…

  • Tさんの静岡土産

    Tさんご夫妻が静岡に旅行され「お土産です」と、つるもち蕎麦と大好物の干し柿を頂きました。 つるもち蕎麦は食感が良く、多分(つるつるして餅のような蕎麦)というこ…

  • Dさんから手土産

    旅行会社のDさんから、手土産に頂きました。 「信州そば粉入りパスタ」  蕎麦の入った黒っぽい平切り状の乾麺は茹でても色は変わらず、コシがあって歯応えが良いです…

  • 襟付きの半袖ポロシャツ

    以前そば雅のロゴ入りTシャツを各サイズ多数作ったのですが「面白いので下さい」ということから、殆ど手元になくなってしまいました。  そば雅へ遊びに来られた方で「…

  • 蕎麦つゆと味噌

    今の蕎麦つゆは醤油と出汁を混ぜて、好みの味に混ぜ合わせます。企業秘密だとか一子相伝の味とかで、蕎麦店の工夫や努力で独自の味になっています。古くは、味噌のみが主…

  • CVSにあった本

    IさんがCVSに立ち寄った折に、「蕎麦の世界」という本があったので、と買い求めて届けて下さいました。  おとなが愉しむ「蕎麦の世界」  発行・発売/ぴあ株式会…

  • Oさん、Mさん、そば雅へ

    Oさんご夫妻とMさんの三人がそば雅へ。 Oさんは初めて、Mさんは二度目、400㌘二八の蕎麦打ちです。Mさんは「私は蕎麦打ちが趣味なの」と言えるまで、これからも…

  • 蕎麦を食べる時の音

    蕎麦を食べる時に音がしますが『生理的に嫌・マナー違反・下品』と思う方が稀にいるようです。 和食・洋食を問わず、音を立てずに食べるのはマナーです。 長い麺を食べ…

  • H・Aさんの蕎麦打ち初体験

    H・Aさんが初めて、そば雅へ。「将来、手打ちのお蕎麦屋さんを始めたい」という夢をお持ちです。趣味の蕎麦打ちと、お代金を頂いての蕎麦は違いますよ、とお話をしたの…

  • グルテン減のたこ焼き

    最近は「グルテン・フリー」という言葉に、よく出会います。 小麦粉に含まれる、グルテニンとグリアジンという二種類の蛋白質が絡み合ったのを「グルテン」というそうで…

  • 「そば雅」の本/№6

    そば雅の本(約1年分/463頁)が出来上がりました。私蔵書として6冊目で、全く自己満足の世界です。  (笑)   №1 (76タイトル・171頁)№2 (42…

  • 蕎麦八徳

    明治時代に於いて発現した、蕎麦八徳です。漢詩で構成されていますが、今でも出来の良さは巷間高く評価されています。  (漢学出身の高岸拓川翁作、との説が有力)額に…

  • 二色(二種)蕎麦

    蕎麦を差し上げる時に一種類だけではなく、二種類というのも変化があって良いものです。 蕎麦が二人前入る箱なので、二種類(一人前ずつ)入れてみましたが、かなり好評…

  • そば雅で賑やかな蕎麦打ち会 (延し)

    Mさん・Tさん・Kさん・Sさんの四人がそば雅を訪ねて、賑やかな蕎麦打ち会を。ベテランと数回の経験者が、夫々に新蕎麦を打ちました。 四人の混在・抜粋の写真です。…

  • 辛味大根とぶっかけ蕎麦

    Iさんが「ぶっかけ蕎麦にどうぞ」と、辛味大根を下さいました。なかなか売っている所がなく、態々数軒探してくれたそうです。  福井のおろし蕎麦よろしく、早速作って…

  • 差し上げる蕎麦に一工夫

    差し上げる蕎麦に一工夫することにしました。箱には、蕎麦+蕎麦つゆが入るのですが、上蓋に脱酸素剤を貼り付け、笹の葉を入れることにしました。召し上がる時に蕎麦の下…

  • 男酒と女酒

    灘の酒を宮水の「男酒」、伏見の酒を伏水の「女酒」といいますね。    ※日本酒が広く飲まれるようになった江戸時代後期の江戸市中では8割が人気の灘の酒だったそう…

  • これは簡単で便利

    蕎麦打ち工程で木鉢作業(水回し)を終えて出来た丸い「でっち玉」という蕎麦の玉を、乾燥を防ぐために次の工程までビニールの袋に入れておきます。 そば雅は、以前から…

  • 蕎麦切り庖丁

    蕎麦打ちに欠かせない道具の蕎麦切り庖丁は特徴的で、変わった形をしていますね。麺体を畳んで切る時に、麺の長さがある程度確保できるように刃の長いのが特徴です。用途…

  • 人と会食する

     食べているところを見られるのが嫌い、という人が実に25.7%(4人に1人)もいるそうです。10代・20代の女性が多く、年齢が高くなると減ってくると減少するそ…

  • 蕎麦の句碑・石碑

    俳人達が蕎麦に魅了されての詠んだ俳句は昔から沢山ありますが、とりわけ蕎麦を愛で、蕎麦が好きだった松尾芭蕉も、多くの俳句を詠んでいます。 三重県伊賀市の柘植城址…

  • 日本初のざる蕎麦

     縄文・弥生の古代から、私達の先祖は蕎麦を食べてきましたが、お粥や蕎麦がきのようなもので、延して切った蕎麦ではありませんでした。蕎麦切りは日本独自の食べ方で、…

  • 庖丁・刃物の守護神 「南宮大社」

     美濃の国・一ノ宮である南宮大社は、鉱山をはじめ金属の一切を司る金山彦命(カナヤマヒメノミコト)を主祭神としています。回廊の屋根・疵の下に、鋸(のこぎり)・鏝…

  • 海 苔

    蕎麦の三大薬味である海苔は、私達の食生活に欠かせませんね。蛋白質・食物繊維・ビタミン・カルシウム・EPA・タウリン・アミノ酸・βカロチン等を豊富に含みます。 …

  • Kさん・Sさんの蕎麦打ち体験

    KさんとSさんが蕎麦打ちをしたい、とそば雅を訪ねてくれました。Kさんは初体験、Sさんは他で3回の経験があるそうです。Sさんは3回の経験があるのと元来器用なのか…

  • 白飯・黄飯・赤飯

    蕎麦だけを提供する店ではなく、蕎麦+小鉢のカツ丼・天丼等がセットになったメニューを見かける店もありますね。 (栗ご飯という店もありました) 蕎麦屋に限らず、ど…

  • 葱は誘眠剤に

      蕎麦を食べるときに欠かせない薬味の葱ですが、誘眠剤効果があります。  慢性的に眠りにつきにくい人もいますが、時によってはなかなか寝付けないこともありますね…

カテゴリー一覧
商用