プロフィールPROFILE

そば雅さんのプロフィール

住所
半田市
出身
長野市

長野県に行った帰りに蕎麦打ちの棒を一本買ってみた。蕎麦など簡単に打てると馬鹿にしていたが 何とも難しい!上手く打てない。絶対美味い蕎麦を打つとムキになり 蕎麦の勉強に明け暮れ 独学でも美味しい蕎麦を打つ!!とまたもやムキになり(笑) 蕎麦打ちにのめり込んで数年!なんとも奥深い蕎麦打ちに魅了された! 蕎麦の話が何より好きだ。蕎麦の魅力をブログを通じて広めていきたいと思っています。

ブログタイトル
そば雅
ブログURL
https://ameblo.jp/sobamasa/
ブログ紹介文
蕎麦打ち職人のブログ
更新頻度(1年)

138回 / 284日(平均3.4回/週)

ブログ村参加:2016/06/17

そば雅さんのプロフィール
読者になる

そば雅さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(IN) 2,196位 2,013位 2,225位 1,954位 2,110位 2,028位 2,360位 978,213サイト
INポイント 70 220 60 210 120 260 70 1,010/週
OUTポイント 0 40 20 30 30 30 0 150/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
グルメブログ 28位 25位 27位 24位 26位 26位 31位 29,920サイト
そば・うどん 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 281サイト
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 29,715位 27,249位 28,732位 26,659位 28,044位 26,720位 27,356位 978,213サイト
INポイント 70 220 60 210 120 260 70 1,010/週
OUTポイント 0 40 20 30 30 30 0 150/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
グルメブログ 806位 746位 779位 711位 757位 713位 727位 29,920サイト
そば・うどん 8位 7位 7位 4位 5位 4位 4位 281サイト
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,213サイト
INポイント 70 220 60 210 120 260 70 1,010/週
OUTポイント 0 40 20 30 30 30 0 150/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
グルメブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 29,920サイト
そば・うどん 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 281サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、そば雅さんの読者になりませんか?

ハンドル名
そば雅さん
ブログタイトル
そば雅
更新頻度
138回 / 284日(平均3.4回/週)
読者になる
そば雅

そば雅さんの新着記事

1件〜30件

  • 桂昌院と蕎麦

    テレビドラマでも度々登場する桂昌院は、3代将軍徳川家光の側室で5代将軍綱吉の生母、通称「玉」。寛永4年(1627)~宝永2年(1705)、79歳没。   京都…

  • 店頭で見かけた蕎麦の乾麺

    スーパーの店頭で蕎麦乾麺を見かけたので、買い求めました。  太・細が混在した乱切り蕎麦でコシがあり、乾麺としては高評価で85点。  -謳い文句-石臼挽き蕎麦粉…

  • 招き猫

    縁起物として見かける、店の玄関に狸・店頭に招き猫。狸については以前のブログで詳しくアップしましたので、今回は招き猫について。       招き猫は日本生まれの…

  • 蕎麦屋酒と富士見酒

    例外を除いて、古くから蕎麦屋と鰻屋にある酒は、上酒といわれています。「酒の良否が舌に伝わりやすいから」が、その理由だとか。蕎麦屋の通し言葉では、日本酒のことを…

  • 蕎麦安倍川

    蕎麦掻き(蕎麦粉を湯練りしたもの)に、きな粉をまぶした「蕎麦安倍川」が美味しいお茶うけになる、と聞き及んだので作ってみました。 「蕎麦粉を入れた鍋に水を注ぎ、…

  • 記録に残っている江戸蕎麦の値段

    寛文4年(1664) 8文貞亨年間(~1684) 6文元禄3年(1690) 7文亨保8年(1723) 7~8文明和(~1764) 12文寛政3年(1791) …

  • 蕎麦探訪記85 「そば藤」

    三河・豊橋から知多半島にお墓を移す「改葬」のため、三河・豊橋に出掛けた折、お蕎麦屋さんで昼食をしました。   地元では人気店なのか、並んで待つお客も。注文取り…

  • 蕎麦おこし

    日本で最も古いお菓子といわれる「おこし」は平安時代に遣唐使によって持ち込まれた粔籹(きょじょ)が原型ともいわれ、歴史上の書物「和名類聚抄」「庭訓往来」「和漢三…

  • 肝っ玉かあさんと蕎麦屋

    「肝っ玉かあさん」は1968(昭和43)~1972(昭和47)TBS系のTVドラマで117回放映されましたが、安定的に30%前後の視聴率を誇りました。ドラマは…

  • 懐かしの「味禅」

    京都・仏光寺近くに、とても美味しい蕎麦屋さんがありました。      九一が主でしたが、予約しておくと生粉(十割)も提供してくれましたが、この店の蕎麦とつゆに…

  • 塩梅 (あんばい・えんばい)

    本来は味加減のことを塩梅(元々はえんばい)といいますが、身体の状態・物事の加減・事の処理等に年長者の方が多用する傾向にありますね。昔は塩と梅酢が調味料の主役だ…

  • 安平蕎麦 (あんぺいそば)

    餡掛けのことで、江戸言葉で(安平/あんぺい)といわれ、関西では(のっぺい)といわれました。    寒い冬は勿論ですが、安平蕎麦は四季を通して人気がありますね。…

  • T・Oさんから京都のお土産

    友人と京都旅行に行かれたT・Oさんから、嬉しいお土産を頂きました。    栃のお猪口、尾張屋の蕎麦板・クッキー・小豆のお菓子、等々沢山。先ずは蕎麦板でお猪口に…

  • サランラップ

    蕎麦打ち後、冷蔵庫で保管したりする時の必須アイテムであるサランラップ。      週刊文春の「読むクスリ」にも随分昔に登場しました。 元々このラップは食品用に…

  • レモン切り蕎麦

    豊橋のある蕎麦屋さんで、年に一回だけ提供される「レモン切り蕎麦」の張り紙を見たので、試しに作ってみました。    御膳粉(550㌘) 繋ぎ(50㌘) レモン2…

  • S・Iさんからの頂き物

    蕎麦を差し上げたS・Iさんから「お礼に」と、美味しいおかきあられと韃靼蕎麦茶を頂きました。  早速韃靼蕎麦茶とお茶請けに美味しいあられを。成人病予防に大きな効…

  • 半なま・茶そば 「名水庵謹製」

    出張の折、ドライブインで、半なま・茶そばが並んでいたので購入。   説明書より短めに茹でて、そば雅の蕎麦つゆで。蕎麦の風味・抹茶の風味は乏しく、コシもなく残念…

  • 蕎麦探訪記85 「噴火亭」

    北海道有珠郡・昭和新山近くの「噴火亭」    蕎麦専門店ではないものの、北竜産の蕎麦粉を使ったとろろ蕎麦は美味。とろろとコシの強い蕎麦が相俟って、専門店ではな…

  • 変わり蕎麦 (CINAMON)

    観測史上最大の台風19号が各地を襲ってます。これから通過が予測される地域の方に甚大な被害が及びませんように・・・   喫茶店にてシナモントーストを食べていた折…

  • 疝気蕎麦(せんきそば)

    疝気とは漢方用語で、腸・胆石・腰痛などが原因で下腹部周辺に起こる病気の総称ですが、疝癪を引き起こすことも。主に男性が患うとされ、江戸時代は蕎麦が効くと考えられ…

  • 石臼塚 「宝仙寺」

    東京・中野区・中野坂上にある「宝仙寺」には、使われなくなった石臼を祀る石塚があります。  中野区と新宿区の間を流れる神田川に、江戸時代は多くの水車があり蕎麦粉…

  • 鶉蕎麦(うずらそば)

    大阪に本店のある「美々卯/みみう」の名物で、盛り蕎麦に鶉卵が二つ添えられたもの。   大正14年(1925)に美々卯の創業者が考案して「うずらそば」として人気…

  • 明るく笑えるお話(Ⅱ)

     過日そばを離れて「明るく笑えるお話」をアップしたところ「面白いから続編を」とコメントを頂いたので気を良くして「Ⅱ」ですが、句読点を変えたり区切ったりして読む…

  • 蕎麦探訪記84 「蕎麦蔵」

    函館・ロープウェイ基地近く、弥生町住宅街の中にある蕎麦屋さん。  年配のご夫婦が経営するお店で、気さくな奥さんと愛想の良いご主人。実に凝ったお店で、そば雅が訪…

  • 生茶そば 「四国麺紀行」

    近隣スーパーの商品棚に、生茶そばが並んでいたので購入。茶そばの乾麺はよく見かけるのですが、生の茶そばは珍しいです。   説明書より短めに茹でて、そば雅の蕎麦つ…

  • 初めての「へぎそば」

    新潟へ出張したので、と「へぎそば・半生」をお土産に頂きました。皇室献上でもあり有名なので知ってはいましたが、頂くのは初めてです。強いコシがあって食感は良いので…

  • 漆器について

     漆器は、家庭・料亭の他にも身近にあり、昔から現在に至るまで親しまれていますね。昔の大名は娘の嫁入り道具のために、5~8年の歳月をかけ漆職人に依頼して誂えたそ…

  • 蕎麦探訪記83 「桔梗はなれ」

    全てに★×5の「桔梗」の近くに、2店舗目の「桔梗はなれ」が開店。100年以上前から続いた料亭を引き継ぎ、中庭のある古風な風情です。   こちらのお店はアラカル…

  • 蕎麦閻魔(そばえんま)

    1月16日(初閻魔)7月16日(大斎日)が閻魔魔王の縁日で、この両日は地獄の釜も開き地獄の罪人達も苛責されないそうです。昔の奉公人は「藪入り」といって骨休めの…

  • うどん三本・蕎麦六本

    うどん三本・蕎麦六本はよく耳にする諺ですが、「蕎麦六本」を店名にしているお蕎麦屋さんもありますね。 うどんは太いから三本、蕎麦は細いから六本づつ箸で取って口へ…

カテゴリー一覧
商用