プロフィールPROFILE

sakuraさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
かわいいお花の豆知識
ブログURL
http://8739hanakotoba.com
ブログ紹介文
かわいいお花の豆知識や育て方などお花にまつわる記事を更新しています。
更新頻度(1年)

15回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2016/06/20

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、sakuraさんの読者になりませんか?

ハンドル名
sakuraさん
ブログタイトル
かわいいお花の豆知識
更新頻度
15回 / 365日(平均0.3回/週)
読者になる
かわいいお花の豆知識

sakuraさんの新着記事

1件〜30件

  • ひまわりの種類で「小さい・可愛い!」おすすめの品種を集めました

    以前お話した通り、一般的な「大きい」ひまわりは、なんだか不気味、というより怖い。圧力を感じたり、種のブツブツが気持ち悪い。そう感じる人も一定数いますが、ひまわりには小さい、かわいい種類も沢山あります。咲き方も八重咲きやポンポン咲きなど様々。

  • ダリアの花言葉は怖い?贈ると失礼になる理由はこれ!

    ダリアの花は大きなものが多く、眺めているとなかなかの迫力を感じますよね。色鮮やかに咲く姿は華やかで、存在感があります。今回は、ダリアの花言葉と種類についてご紹介していきますダリアは何科?開花時期はいつ?科・属キク科・テンジクボタン属和名天竺

  • 彼岸花の都市伝説と言い伝えが怖い。不気味な花に込められた秘話

    彼岸花(ヒガンバナ)といえば墓場に咲く不気味で不吉な花のイメージが根強く残っていますよね。ですが必ずしも「怖い花」というわけではありません。今回は彼岸花の都市伝説などの古き言い伝えを交えて、その真意に迫ります。彼岸花(ヒガンバナ)について科

  • 藤(フジ)の花は怖い?こんな都市伝説も!

    藤(フジ)の花といえば、昔の詩人や舞台によく使用される『古き良き日本』を演出する、品のよいお花。ですが、そんな一方で『藤の木の下には幽霊が出る』などの怖い都市伝説にもよく使用されるイメージがあり『藤の花=怖い花』という人も意外と多い印象です

  • ヒナゲシ(ポピー)は怖い・毒性のある危険な花?由来を調査!

    ひらひらと透き通るような花びらが美しいポピー。別名ではヒナゲシ(雛罌粟・雛芥子)と呼ばれていますよね。ヒナゲシには毒があると聞きますが、毒性は強いのか。また、育てても大丈夫なのか。花言葉や由来も交えて、怖い真相に迫ります。ヒナゲシ(ポピー)

  • ルピナスの花言葉は怖い?由来と育て方を解説!

    花と葉っぱの形が特徴的なルピナス。別名『昇り藤』といわれていますが、その名前の由来はどこから付いたのか。花言葉や育て方の豆知識を交えてご紹介していきます。ルピナスの名前の由来は?写真︰かわいいお花の豆知識ルピナスの名前は、ラテン語でオオカミ

  • ラディッシュ(二十日大根)水耕栽培は育たない?失敗した理由を挙げていく。

    ラディッシュの水耕栽培、失敗に終わる。★ラディッシュ(二十日大根)の水耕栽培をはじめて、かれこれ2か月以上が経過しました。3月の半ばから根が丸くなりはじめましたが、葉が硬くなり始めたので、今回の『はじめての野菜の水耕栽培』結果は"

  • ラナンキュラスの神話は悲しい恋物語。花言葉もご紹介!

    美しい花びらのレイヤード、ラナンキュラス。こんもりと金色に輝くその花姿から英語では「Buttercup(バターカップ)」とも呼ばれています。今回は、ラナンキュラスの花言葉や名前の由来、育て方のポイントについてまとめました。ラナンキュラスの花

  • クリスマスローズの花言葉と由来が怖い!と話題に。

    シックな色と、特徴的な花姿が人気のクリスマスローズ。クリスマスローズと聞くと、名前の通り"クリスマスに咲く花"をイメージする人が多い印象ですが、実は1月〜4月に咲くお花なのです。では、何で『クリスマスの花』なのか。可憐な

  • 菜の花の花言葉と効能。抗がん作用は”つぼみ”にある!

    菜の花と言えば、見て、食べて春を感じる植物でお馴染みですよね。菜の花は、シルクロードから漢に入り、その後、日本へ渡ってきたのを皆さんはご存知ですか?現在では油をとったり食用にしたりするために栽培されていますが、観賞用に畑に種を撒く人も多いの

  • タンポポ(蒲公英)の花言葉と、たんぽぽコーヒーの効果は?

    たんぽぽ(蒲公英)といえば、小さい頃に綿毛を飛ばして花占いした経験はありませんか?ふわふわとした綿毛は可愛らしく、それでいて強固なアスファルトを突き破って育つ生命力は凄いですよね。私もこんな人間になりたい。そう思わせてくれる雑草こそが、まさ

  • ひまわりは怖くて不気味な花なのか。種が気持ち悪い心理は?

    太陽のように輝く花、ひまわり(向日葵)の種は、ハムスターの餌として有名ですよね。一方で、ひまわりの"花"は人間の身長ほどあるものもあり、まるで見下されているみたいで怖いという意見もちらほら。ひまわりが怖い理由は、種がブツ

  • アネモネの花言葉。実は怖い神話が元ネタ!

    鮮やかな色合いで存在感のあるアネモネ。花名はギリシャ語で"風"という意味ですが、これは春の風が吹き始める時期に咲くことが由来しています。"ギリシャ"と聞くと多くの方が神話を思い浮かべると思いますが、ア

  • マーガレットの花言葉。花占いは必ず○で終わるって本当?

    マーガレットといえば、花占いの花として古くから親しまれている植物。"白くて清楚なイメージの花"といえば真っ先にマーガレットを思い浮かべる人が多いですよね。本日は花占いの象徴でもある清楚なお花"マーガレット&qu

  • ワスレナグサ(勿忘草)は怖い?”私を忘れないで”の由来は…

    春の山野草でもあるワスレナグサ(勿忘草)花言葉が怖いことで有名ですよね。ですがこの怖い花言葉には悲しい恋の物語があったのです。ワスレナグサ(勿忘草)について 分類:ムラサキ科ワスレナグサ属 原産地:ヨーロッパ 別名:フォーゲットミーノ

  • カタクリの花言葉とスプリングエフェメラルについて

    春の野草と言えばカタクリ。カタクリと聞くと多くの方が片栗粉を連想するでしょうね。今回は、かつては片栗粉の原料にもなっていたカタクリに注目していきます。カタクリはスプリングエフェメラル(春の儚い命)と呼ばれているカタクリは、里山に咲く春の植物

  • パンジーは”人面草”で怖い?実は惚れ薬で”愛の花”だった!

    冬から春にかけてあちこちの花壇で見かけるパンジー。よく人の顔に見えることから『怖い』と思う人や『人面草』と呼ぶ人、果ては"パンジー恐怖症"となってしまう人も少なからずいるようです。けれども実は、パンジーは海外では惚れ薬の

カテゴリー一覧
商用