searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

1件〜100件

  • 『母の日』と書いてひとまず考える

    母の日は我が家ではなにもなくツマの母は中学校卒業式の前日に亡くなっているのでそのことを偲びながら 毎年母の日を過ごし(その時の壮絶な闘病の様子を回想して夜...

  • 五月の風 今が一番素敵な季節

    やれやれとGW が過ぎてゆく社会面では 『知床』『山梨』『ウクライナ』『コロナ』の話題が騒々しいみなさん どんな気持ちで新聞やニュースをご覧になっているの...

  • 五月の初めに考える

    昭和の日が過ぎて五月です。。三十年という歳月は 大きな意味を持つ私はそう考えている・・子供のころは昭和だった昭和を三十年というキリのいいところで半分に分け...

  • 4月下旬号 着々

    日記に書くことがないのでゴミが溜まりますGW前ですからゴミは早めにGW を考えるもうすぐGWだということを全く意識していなかった関係ないのですっかり忘れて...

  • 麦穂出てみちくさ食って 初鰹

    花は散って また新しい花が咲き始める大通りの高校の正面のツツジもチラホラ咲き始めている蹴上浄水場のツツジも咲き始めているだろうか京都時代 自宅から徒歩で嵐...

  • 春暁

    春 眠 不 覚 暁処 処 聞 啼 鳥夜 来 風 雨 声花 落 知 多 少 昔 職場に新人で入ってきた女子がこの『春暁』を雑談の合間にスラスラというのでなん...

  • 春の空じっと見上げて出るくしゃみ ー 続・コロナ日記

    みなさまおはようございます貧乏暇暇、コロナ暇暇、配給美食、春愁自適・・と ここまで書いて日記はストップです事件は何も無いからねえ写真も二、三日前で止まった...

  • 花咲いて コロナ日記 を書きはじめ

    コロナの報告です______________________________津市の『**病院』がHPに4月1日付けで公表している記事の通り、コロナ感染者が...

  • 散るサクラ春の嵐にどつかれて

    桜が咲いている千鳥ヶ淵のライブカメラをふっと見る十年前に こんな作品を残していた👻 散るサクラ春の嵐にどつかれて -- (記事)ちょうど四...

  • 散るサクラ春の嵐にどつかれて

    (月のはじめに考える)千鳥ヶ淵公園 ライブカメラから・・四月を迎えた入学式を迎えたのは同い年より一年遅れて 昭和五十二年の春だった入学式は 四月一日に武道...

  • ワクチン副作用は四晩目へと突入

    今朝のつぶやきで________ワクチンの副作用で四晩目にはやや和らいだかもってことで待ちきれずにジョッキ缶を開ける*和らいだかのような気がしたがそうでも...

  • 櫻の季節ですが 三回目のワクチンを打ったので家で休んでいます

    一回めと二回目のワクチンはほとんど記憶にないまま終わってやっと三回目の日が来ましたのが昨日でした今日は 身体がだるいような腰が痛いような肩が凝ったような普...

  • 幸せを食べる 夢を食べる

    孫ちゃんが幼稚園から帰る時間をみはからって訪ねたときにポケモンのお菓子をおばあちゃんが買って用意をしていたクッキーかビスケットのお菓子の小袋を破って パク...

  • 吉野山で 西行に巡り会ったのも春やったんやな

    富士山に見守られてという Solar18さんの記事を読みながら 富士日記(武田百合子)のことを思い出していた武田泰淳は東京オリンピックの頃に富士山の麓に住...

  • 春の彼岸 雑感 - 庭に咲く花は何やと片思い

    サクラだよりが届き始めましたポカポカ頭の中もポカポカかもな。。お彼岸です母(91)が庭で蹴つまずいて転倒して急遽入院になってかれこれ二週間以上が過ぎるので...

  • 春の雨 水に流すと言い出しかねて

    春の雨であるこの季節は一年でも意外と知られていない雨の季節だ憎めない雨である諦めの雨かもしれない人生はストレートで勝負するものだと自分に言い聞かせながらも...

  • 庭先の沈丁花 ちょっとハナタカ ・ 洗濯機の花粉モードも イケます

    すっかりに春に模様替え毛布も片付けたし洋服も春ものばっかしツバメ飛来しましたか?*みなさんの日記を拝読して思うこといろいろあるけどブログってのはそれぞれ違...

  • 恋文と書けば春風さらいゆく 

    のらりくらりとしながら 春を過ごす昼間の暖房(エアコン)が不要そうな日もあって室温が16℃ほどに上がっている時は エアコン設定も 18℃ほどにして 少し節...

  • ほんとうにペンは剣よりも強いのか

    「ええもん」「悪もん」というのがあって 闘う悪が正義に成敗される*こどものころのテレビ番組は 歴史を辿っていっても 悪きを挫くのがカッコよかった人類という...

  • 三月初めに考えるー「さようなら」

    人生に「さよなら」は つきものだ「さよならだけが人生だ」皆さんの多く誰もが真似をして口ずさんでいるかもしれない人生‥‥などと大仰しく斬り込むつもりはない『...

  • 暮れゆく二月 なにかええこと ありましたか?

    昨日突然めまいに襲われまして半日ほど大人しくしておりました色々経験者の話を統合すると(信じていいのか・・)三半規管の中で発生しているらしく大人しくしてれば...

  • 天皇陛下の誕生日

    天皇陛下が誕生日を迎えられた(二十三日)おめでとうございますと申し上げたい学生時代は天皇陛下には賛成しない団体の政治宣伝カーに乗って選挙で走り回ったことも...

  • 懐かしい電話のあとの一句かな ー 西郷輝彦さん亡くなってしまったねえ・・

    やれやれ朝起きたばかりにトイレまで歩く時が猛烈に坐骨神経が痛いいっときのように 悲鳴をあげなくなったしじっとしてれば鎮まることもわかってきたものの痛みは ...

  • パソコン不調 ー 家電を考える

    ネットを読んでいいるとパソコンの不調の話が目に止まることがあるパソコンはまだまだ『家電』では無いのだとつくづく感じる思うように操作ができなくてPCのせいに...

  • 雪しぐれもうても春の手ごたえあり

    小雪が舞(も)うている春だと気持ちはその気になっているのに今ごろに雪がもうているなんてやっぱし寒いのか(僕自身では 雪初観測)。。四十年前のちょうど今頃は...

  • 春絵の具 黄色のシャツを追いかけてー❤️追加

    うっかりとしていると一日が終わってゆく。。春が来るそう思って周りを見渡す少しずつ春が忍び寄るのを敏感に感じられるかわずかな変化にも目を輝かせ 匂いを嗅いで...

  • 卒業の季節・・ 今の卒業ソングは何一つ知らんな

    卒業ソング何ひとつ知らなくて歌手も、タイトルもランキング十番目までの中に知っている曲は一つもなかった・・気にしてないけどムスメの卒業時もどんな歌があったの...

  • 母の手にぽっこり丸いよもぎ餅

    母の手にぽっこり丸いよもぎ餅子どものころ 母とよく「汽車道」に蓬を摘みに行ったものだ「しんぐり」(籠)を持って線路沿いを摘んで歩く汽車は一日に数回も走らな...

  • 逃げ出せば 石ころだらけの砂利の道 ー 腰痛 ぼちぼち 早くお外へ

    新しく社員となったばかりの時に最初に教えられたのは電話の取り方だった「まいど!」意味が分かりにくい言葉であるが ストレートである「まいど おおきに お世話...

  • 日曜日 ひなたぼっこに鳥の声

    『おつり』という言葉が消えかかっているそうだ車やバスの運賃の支払いスーパーでのレジ駅の自動販売機など、およそ電子マネーを電子マネーで支払う我が地を走ってい...

  • 立春は大人になって思うもの 豆の数ほど恋した青春

    コロナの感染者数が 連日記録更新中近所のおうちを一通り見れば 一人くらい胃いる勘定になって来たもう三十日近く家から不要な用事では外出しないようにしています...

  • 節分や鬼にナイショの話ひとつ

    恵方巻きのことに触れている記事を読みながら世の中が騒ぎに反発を感じているのだろう何事でも人のすることにひとつふたつあろう気に入らないことを自由に意見が言え...

  • 二月来る 初桜餅でしあわせ

    「いくつで死ぬか知らないが、死ぬまで言いたいことを言い、やりたいことをやって人から憎まれて死にたい」芥川賞作家で政治家としても知られる石原慎太郎さんが2月...

  • 一月尽 凍える風に立ち向かう ー 月のはじめに考える

    300グラムほどの肉を使ってハンバーグをして残しておいたハヤシライスをかけてみる一日家の中にいるのでこれでも食べ過ぎで 胃がどんよりと重くなってしまったア...

  • 昨日 MRIを撮って 早く痛みが取れて欲しい・・

    これまで長い間ハッシュドビーフというのは自分でも作らないし 店でも注文しなかったちょっと気まぐれにインスタントのルーを買って来て作ってみてますお手軽な料理...

  • (京都)Crush Hard Orchestra @livehouse nano 2020.11.17

    <CM 飛ばして聴いてくださいね>むかし、いや今でもだが (もう四十年も昔を思い出している・・)京都にクラッシュハードジャズオーケストラってのがあって、あ...

  • もうすぐ春ねと思うけどまだ寒い

    きのう書きかけておざなりにしてしまった日記から・・・もう直ぐ春ですねと手紙を書き出してもよいくらい温かい日差しがキラキラとしている一番寒い時期なのに本当に...

  • 京都・嵐山の雪景色 二十一日

    21日・京都・嵐山・渡月橋京都嵐山に二十一日に雪が積もったとニュースが報じていたそれを読んでいた二十二日は父の二十四回目の命日だったあの時は寒波が県境の峠...

  • 椎間板ヘルニア(坐骨神経痛)その後 ー 腰痛記録

    ハヤシライスを少し残しておいてハンバーグにかけてみたりうなぎ屋さんに行く予定だったけどお弁当に切り替えたりおとう(父)のお墓参りに行ったりしながら大寒を迎...

  • スピーカーのトランスミッターが 破損 ショック

    耳が遠いのでTVを聞くのに トランスミッターをつないで外部スピーカーで聴いていましたところが ふとしたことで トランスミッターが壊れてしまいスピーカーは ...

  • 腰痛(坐骨神経痛)ほんまに治っていくのか

    椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛の激痛は十一日ころからほぼ一週間に及びます前回の同様の治療でもらったロキソニンのテープ薬が七枚残っておりそのうちの六枚を連日...

  • 恵方巻き バレンタインのチラシがちらほら

    書きかけといえば『秘伝ブログ』を書きかけにしているあす死ぬと知っていること、知らぬこと ー 小正月号お時間のある方は読んでやってください(書き足して行きま...

  • 雪もうて気もおうている部屋に居る

    温い日になって 朝は3℃くらいだったようです最高気温は7℃くらいなのかな。。別に 雪が舞うておったわけではありませんが冷たい北風が窓の外を吹いている窓辺で...

  • 四十五年という年月を手繰り寄せる

    みなさん成人の日はいかがお過ごしでしょうか堀川惠子さん 暁の宇品が手元に届いたのでしっかり読みたいのですでも文庫で出たら買うやろなあ赤ペンで線を引けるから...

  • 成人の日も近いです それどころじゃなかった40年以上むかし

    成人の日が近い去年の今頃にもかつての苦節の頃を思い出して日記を書いていたこうして毎年 苦しかった昔を思い出して自分を戒めて生きてきたのだろう人生を振り返っ...

  • ぬくもりは七草粥の湯気のなか

    みなさま七草粥を食べましたか年末年始、お正月のお休みも明けて仕事が全力で動き始めた方々もありましょうコロナも元気、おミクロんも全開で 拡散中です旅と宴会制...

  • すきま風破れ障子の物語

    みなさん おはようございます椎間板のヘルニアがありましてただいま痛みが出ていまして年末あたりから コルセットをして痛まない姿勢(椅子に座っているのがベスト...

  • 正月四日も過ぎて あららという間に寒の入りです

    昨日 日記を書き始めてまとまらないうちに放置して下書き入りになったので続きを書いていますお正月は 三日に挨拶に行きましてムスメ夫婦やら 私の母親に会ってお...

  • 年末年始 集まる人を高みかな

    大きな出来事も起こらず年末を送り静かに新年を迎えています神社やお寺へ参詣にお出かけのみなさんのニュースなどを拝見しもう何十年もお参りにはいってません神社や...

  • もうこりた(忘己利他) を考えなら ゆく年くる年かな

    寂聴さんの記事を新聞で読んで「もう懲りた」(忘己利他)にたどり着いたので少し考えていたら時間が過ぎた『忘己利他』は最澄の言葉興味ある人は ググってください...

  • 孫とトランプで遊ぶ

    夕方から孫ちんの家に遊びに行ってかるた遊びをしました春から一年生になるお兄ちゃんと一年余り離れた弟と母さんとばあちゃんとじいちゃん(ボク)とで閏年の閏の日...

  • お正月はすき焼きかお寿司かお雑煮か・・

    お正月はすき焼きかお寿司かお雑煮か・・という世紀は終わったのかねえすき焼きもお寿司もごちそうではなくなった「ごちそう」というお料理を失ってしまって それで...

  • 土鍋の蓋ができないほどのねぶかを入れてすき焼きを食ったものだ

    俳句のお題が 『ねぶか』だったのでタイトルに使いました。。。クリスマスケーキとチキンが食べたいそうでワインも飲みたいそうで貧乏で 住民税も非課税になってい...

  • コタツ買うて丸ノ内線で帰った一年の冬(四十数年前)

    淋しいクリスマスイブをお迎えの人もあろうコロナで怯えながら繋がる友達もおらず万全の健康体制でもなく仕事も数々の自粛で十分に手元にお金のない人もあろうか不安...

  • しぐれぐも 冬至の空も許すまじ

    昨日蛍光灯を買い足しに出かけてついついと手が伸びてしまって『八海山』を買ってしまったことまあそのことから日記を書き始めようとしていたらちょっと雲行きが変わ...

  • 雪だより青春人の遠き里

    小春日和の暖かい日です🔖 雪だより青春人の遠き里。。先日 台所と洗面所の蛍光灯を交換したのですが流し台の上の蛍光灯をモノグサして放置してい...

  • 淡々と過ぎる師走のひととき

    子どもの頃は 大掃除をしました家の中からタンスを全部外に出して畳を上げて 「パンパン」と叩く近所のどの家も パンパンと 喧しい障子も張り替えます昔の家です...

  • 寒波来てぶるると震える放火かな

    物騒な世の中ですなんにもええ話はないです庶民を無視したかバカにしたような漢字を書いて今年もそれで締めくくるのでしょうねえ『ゆとり無縁』の暮らしです死んだ時...

  • 関東炊き けったいなものが色々

    おでん『関東炊き』とも言いますが食文化は面白い変なものを入れて食べるんだが美味しいものは真似もするようになる素直さも大事『ちくわぶ』あれは いらんわ・・と...

  • 暮れなずむ師走一日一日と

    堀川惠子さんの作品が朝日新聞の朝刊で大佛次郎賞を受賞したと記事にあって先日から次に読む候補にしていたのだが図書館に殺到する可能性があり大慌てで予約を入れた...

  • 散髪に行ったと日記には書いておこう

    十二月ですし年金の日が近づいて来たら 散髪屋さんは混雑するので大急ぎで散髪に行って来ましたシニアなんで少しお安いのですが切る髪はほとんどないので 勿体無い...

  • 年の暮れに考える

    土曜日毎朝 今日は何曜日なのか 自分で自分に言ってみる写真はないなるべく写真を撮ってゴミでも構わないので残しておこうと思っている些細なことが記憶を呼び戻...

  • 牡蠣食えば海老も恋しい秋の海

    東海柳壇📍牡蠣食えば海老も恋しい秋の海十二月九日がこれで二月十八日が📍鬼は外鬼は静かに旅に出るという作品だった今年は二回だ...

  • 日毎に朝の冷え込みが厳しくなり 凩は冷たさを増します

    おはようございます朝は寝坊を決めているので 寒くないですゴミをたくさん書いたので 読み飛ばしてください先日 牡蠣を食べに半島の方へと出かけた時に みかんも...

  • 🔖 家に居て師走の雨が冷たく滲みる ー 大雪篇

    きのう 一年を振り返って重大ニュースを拾い出してみたいと考えていることに少し触れた何もない事件は何もない凸凹も見当たらない亡くなった人で真っ先に思い浮かん...

  • 残しておいたカレーを食べる

    つい先ごろ ムスメと給食の話を振り返る機会がありお米とパンのことで驚く話が出たムスメは お米の給食は日常の姿で私は コッペパンだったのが普段の給食の様子だ...

  • 💓昔に食べたほんまに美味しかった寿司の話を回想して九十歳の母と団欒を過ごす

    午前中に昨日のことを一言で呟いて写真にコメントを残しておいて後からあれこれと考え付くことをここで書くことが多いでも 何にも思い浮かばないまま一日がすぎて今...

  • エビフライとカキフライ

    書きかけから(ゴミ日記 Ⅰ)いじめに関連した事件が起こっている中3殺人事件苛めが事件の裏にある苛められている方の子が苛めている側を刺して死なかしてしまった...

  • 里をゆく 虹のしぐれに迎えられ

    今朝は ぶるっと震えた2℃ほどまで下がったらしい昨日はこの日記を書き始めておきながらそのまま下書きに入れてオシマイでした十一月の暮れを迎え 残す所ひと月ほ...

  • 自家製 ソースカツ丼風 は コーミソースとキャベツで

    ストレスとは一体なんだろうかと考えながら答えがハッキリしないまま会社に二十年余り勤めた(そのあとは公務)黄金週間と夏休みと秋休みに必ず休暇を取得して一週間...

  • サンマ12号と里芋とほうれん草

    サンマ12号です買いながらまた秋刀魚かよと思うのだが買って焼いてみると前回よりも美味しいので驚く200円ほどするけどこの値段ですと少し肥えていますし味もハ...

  • 甘じょっぱい 得体の知れない表現やな

    🍝群馬県民が大熱狂!地元で強烈に支持される激ウマ店というのをやっていて鳥めし弁当「登利平」行列ラーメン「おおぎやラーメン」高崎名物イタリア...

  • お腹ぽっこり 

    毎日 家にいるようになって一年半以上が過ぎます新しく買った背広とネクタイが勿体無いわ(ちょっとええ奴やっただけに)・・ビオフェルミンを買いましてんおなかの...

  • 冬近し 喪中のハガキがまた一つ

    日野菜(ひのな)が美味しいこの漬物は地域性が豊かで ご存知ない人も多いミクシーの友人に教えてやって 当県では通販が見つからず その人は私の探し当てた滋賀県...

  • 秋深き 日記のインクをさらにして

    🐟 サンマ11号の報告スーパーをぐるりと回って思案していつもと違う魚屋さんだったしちょっと200円は高めの設定ですが買ってよかった美味しか...

  • 京都の秋の夕暮れはコートなしでは寒いくらいで

    🍇背戸を出て初霜踏みにひっそりと🍇ずつないわ 心臓止まりそうな秋の朝🍇流行語大賞 一個も知らんのが自慢です...

  • 寂聴さん 母より九つお姉さん

    宇宙ステーション先日 見上げて感動した遠く四国の上空を飛んでいるのにうちからでも 遠いのに見えたのだ十七日にも見えます(我が家)・・クリックしてみてね。。...

  • 立冬も過ぎて 懐中 寒いまま

    そうですねえ立冬の頃から書かなかった訳があるようでないようで・・事件は何もない📍 ショッピングモールに出かけてワインを衝動買いしてしまった...

  • 大阪王将の餃子とマクドのトリチ

    ご無沙汰してますあちこちで 呟いたり落書きしたりしてますけどどこで何を書いたのか よーわからん。。📍 大阪王将の餃子138円(二人分)であ...

  • 号外 秋日和 小さな旅の夢を見る

    (号外)6月28日のつぶやき にぶらりと出かけたいという内容のものがあってそんなにストレスもない暮らしなのに何か変化が欲しかったのか枝野さん辞任のニュース...

  • 衆議院選挙 一段落してまた元どおりの暮らし

    ・・🔖衆議院選挙 一段落してまた元どおりの暮らし11月30日に衆議院選挙があったことを記録しておく日記は ここまでハロウィンよりも遥かに面...

  • 月の始まりは チャーシュー麺

    日記は 短いほうがいいと 思っているけど 守られれていないねチャーシューを作りまして菊水らーめん (みそ)に 乗せました月の始まりはチャーシュー麺豚肉は ...

  • 何事も基礎は大事なんだ と感じる日々・・

    もう一年あまりも 音階練習ばっかし吹いて一日の練習とする日が続いているのですが 少し色気付いて昔の演奏の楽譜が棚に残っていないかを探したところ分厚い辞書の...

  • 宮本輝 『野の春』(流転の海第九部)

    最近なかなか 夜な夜な読書をする時がなくそれは ブログを読んだり自分のを書いたりしているからだ自室の資料や図書の整理も全く進まないこのままだと 死んだ時に...

  • 新しいステージのことを考える前に・・

    夢を見る起きると忘れる断片的には覚えている・潜水艦のようなものに乗って海に潜るのだが 浮上して外に出る時にハッチに鉄格子のようなものがあって 外に出られな...

  • 柿食えばタネがあるのは当たり前

    🍇柿食えばタネがあるのは当たり前🍇父の残した柿の木に実が成って種がある🍇ひつじ田がいよいよ色づいて秋景色&...

  • 金木犀忘れた人の髪飾り

    久しぶりに雨となったような印象です結構本降りです職場の下の銀杏の木がそろそろ色づき始めるのだろうなと思ったりしながら 少し肌寒い部屋で 快適に楽器吹いてい...

  • 二三日前からエアコンを入れています ー 霜降篇 

    電力使用量が常時 電力会社に送られ 電気料金やら使用量がほぼ即座にわかるようになってさらに前年同月同時刻まで 参照できる去年の今頃にエアコンを使い始めたこ...

  • 🔖 秋が暮れて美味しくなってくる秋刀魚

    秋を迎えているこの季節の思い出といえば 寒々とし始めた下宿に 山栗がたくさん詰めてある小荷物が父から届いたのを思い出す鉛筆書きの手紙が添えてあり 文面こそ...

  • ぶるっと寒く朝寝ばっかしというわけにもいかんやろ

    コロナの数も減少傾向で外出も課金ということですが人出は多いようですけど虎視眈々と様子を伺う人も見受けられます伝染病としてみたら感染数は落ち着いているものの...

  • 満ちてくる思い叶えよ十三夜

    🌔 十三夜満ちてくる思い叶えよ十三夜美しい月だと言われるその所以を考えてみるのも良い月は真冬に近づくにつれて高度をましてゆく80度を超える...

  • ぶるっと寒く

    僕が子どもの頃に エスカレーターというものが県庁所在地のビルの中にできたという事で祖父は私の手を引いてバスに揺られ二十数キロ離れた街まで私をエスカレータに...

  • 犬の散歩途中のおしっこ あれはあかんやろ なんとかしろ

    🍑 マンダラチャートテレビ番組を何気なしに見ていたら プロ野球の大谷選手の凄さを紹介していたサンドイッチマンというタレントさんが司会をする...

  • 頭痛、肩こり、不眠とは無縁の日々です

    ネタがないので 毎日も書けません仕事を退いて誰とも話すこともない日々の成果でしょうか頭痛、肩こり、不眠とは無縁の日々です。。こっそり誕生日だったのですが ...

  • 雲外蒼天 - 寒露篇 (裏窓から) ー 秘伝ブログから

    しばらくぶりでございます何にも書くことないし放置しておこうかとも思ったけどペヤングも食べたし図書も借りて来たしキーマカレーも久しぶりに食べた昨日は久しぶり...

  • サンマ7号を食いつつ「文明が生む暮らし」を考える ー 「三匹のこぶた』の話

    十月は誕生月早いもので 感慨ぶかいものがあるやはり 年を食うてからというものは皆様のおかげでここまでやってこれたという感謝の気持ちが湧いて来てしかしながら...

  •  庭に出てアレを忘れる寒露かな

    昔 学生時代に伊豆半島で地震があって関東地方が揺れました大型コンピュータの一部装置が 揺れでズルズルと動くんですその頃はそんなに地震対策なんてやかましくな...

  • 夕焼けの短いドラマに百の恋

    むかし 環境学習情報センターにいた頃だった「空と雲をみあげる」というような大気講座をやったことがある子どもたちが多かったので 「大人になったら気象予報士に...

  • 赤信号色付く銀杏の贈り物

    秋の風が吹いていますしかし日差しは容赦なくチクチクと暑くて強烈です部屋の温度は 30℃をすんなりと超えてしまう食欲の秋なんですけれどもスポーツもしないので...

  • 呼び声ひっそり 迷いなく サンマ6号

    昨日サンマ6号を食べましたコロナの話題と内閣の話でニュースは持ちきり政治は もう今更 関心なし県議会の議長がともだちなので彼の足跡を見ているくらいで他には...

ブログリーダー」を活用して、わはくまさんをフォローしませんか?

ハンドル名
わはくまさん
ブログタイトル
月はひとり 星は二人で見上げたい(エキサイト)
フォロー
月はひとり 星は二人で見上げたい(エキサイト)

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用