住所
出身
ハンドル名
花咲あさひ の 心神とともに。さん
ブログタイトル
花咲あさひ の 心神とともに。古神道復活への道
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kanzeon123
ブログ紹介文
山を下りた観音様は,裸足で飛び出して行きました。私たちの心の中に心柱神社が存在します。
自由文
-
更新頻度(1年)

33回 / 160日(平均1.4回/週)

ブログ村参加:2016/06/12

花咲あさひ の 心神とともに。さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 04/23 04/22 04/21 04/20 04/19 04/18 全参加数
総合ランキング(IN) 11,975位 13,738位 13,743位 13,798位 15,669位 15,748位 14,676位 957,590サイト
INポイント 40 20 20 30 20 0 40 170/週
OUTポイント 30 40 30 50 40 30 50 270/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 168位 187位 192位 193位 223位 222位 211位 13,083サイト
スピリチュアルメッセージ 29位 30位 32位 31位 36位 35位 33位 373サイト
スピリチュアル・精神世界 50位 53位 52位 56位 62位 64位 62位 2,410サイト
今日 04/23 04/22 04/21 04/20 04/19 04/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 24,955位 25,291位 25,875位 24,845位 27,254位 27,880位 26,604位 957,590サイト
INポイント 40 20 20 30 20 0 40 170/週
OUTポイント 30 40 30 50 40 30 50 270/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 250位 251位 259位 242位 272位 278位 264位 13,083サイト
スピリチュアルメッセージ 25位 26位 26位 26位 31位 31位 26位 373サイト
スピリチュアル・精神世界 56位 56位 56位 52位 58位 59位 55位 2,410サイト
今日 04/23 04/22 04/21 04/20 04/19 04/18 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 957,590サイト
INポイント 40 20 20 30 20 0 40 170/週
OUTポイント 30 40 30 50 40 30 50 270/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,083サイト
スピリチュアルメッセージ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 373サイト
スピリチュアル・精神世界 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,410サイト

花咲あさひ の 心神とともに。さんのブログ記事

  • たかが掃除と侮るなかれ。

    こんにちは。今日は,氏神さまへ参拝させて戴いてから,昼からの会議まで時間もあるので宮大工の営業にでも行こうかと寺院さん数件を巡回して来る予定です。どこの寺院さんも立派な本堂にお堂が建ち並び境内も綺麗に掃除がされていることだと思います。神社や寺院の掃除や清掃は,宗門宗派を問わず祭祀をする上で基礎基本とするのが現在の考え方であります。本来であれば,掃除や清掃は黒足袋衆の大事な御役目なのですが,現代では白足袋衆と黒足袋衆の境も無くなってしまいました。そんな中,特に,禅宗系「曹洞宗」「臨済宗」「黄檗宗:おうばくしゅう」では掃除を徹底して行います。又,この基本的な考え方を企業に取り入れたのが松下幸之助さんであったり,ビル・ゲイツさんであったり,スティーブ・ジョブズさんもそうであったのです。三菱財閥の創始者である岩崎弥太郎...たかが掃除と侮るなかれ。

  • 和の国体と和の政体「祭祀と統治」2

    こんにちは。早速,昨日の記事の最後から続きを書かせて頂きます。>明治天皇・大正天皇・昭和天皇に共通することがあります。>それは,剣を持ち,軍服を着用していることです。>和の国の祭祀を司る最高祭主に軍服を着用させ,剣を持たせたのは誰なのか?>国体である天皇陛下が持てる剣は三種の神器のひとつ「草薙剣」だけです。ここまでが昨日の記事の末尾ですが,国体「祭祀を司る最高位」でもある天皇陛下にこともあろうに剣を持たせることをしたのは大きな疑問でもあります。なぜならば,天皇霊を宿すとは祭祀つまり,祭祀を司る最高の位に就くことを意味するのであり,武将や軍人の最高位に就くことでは決してありません。今後,憲法が改正されて行くことだろうと想像しますが,曲がり間違っても天皇陛下に再び,軍服を着用させ,剣を持たせるようなことは絶対に阻止...和の国体と和の政体「祭祀と統治」2

  • 和の国体と和の政体「祭祀と統治」1

    以下の記事は,過去記事です。こんにちは。唐突ですが,日本は和の国です。この和と云う言葉の本当の意味は「神」だと私は考えています。えっ?今日もなに言ってんだ?と想われた方もいらっしゃると思いますが,暫しお付き合い下さい。たとえば,日本には頭に和と名の付く言葉がたくさん存在します。日本家屋の和室や着物などの和服,食べ物の和食など数えあげたら切がないほど存在しています。又,日本へ観光に来られる外国人の方々にもとても人気のある日本の和風・和物の御土産品でもあります。小さなものから大きなものまで和と付くものが多くあります。そのどれをとっても精密で且つ,精巧な技術品なものばかりで作り手が一生懸命に使う人の立場に立って考え,試行錯誤を繰り返しながら出来上がった最高傑作なものであります。つまり,最初に私が申し上げた「和」と云う...和の国体と和の政体「祭祀と統治」1

  • ポンコツ僧侶との闘い始まる? 再掲載

    以下の記事は,過去記事です。こんにちは。今日は,怒りの心柱に沿って書かせて戴きます。最近,寺院と檀家さんとのトラブル「争い」が多くなって来ているのか何なのかよく解かりませんが,昨日もある寺院と関係する仕事先の社長さんから相談を受けました。どうやら,そこの住職さんが檀家さんに対して不当に金銭を要求したり,恐喝まがいな行為を繰り返していて,檀家さんが離檀したいと云う相談が急増しているのでどうにかしたいと云う内容でした。又,お寺のお金を交際相手に使いまくり,貢ぐお金がなくなると,霊的なことで不安を煽り檀家さんや信徒さんへ高額で札を売っていると云うのです。その社長さんのもとに,あるご高齢の檀家さんが泣きながら相談に来たとのことでした。高齢者のおばあちゃんと云うことなのでどうして良いのか解からないようです。特に,高齢の方...ポンコツ僧侶との闘い始まる?再掲載

  • 伊勢神宮と出雲大社 国津神と天津神  

    上の写真は,皇大神宮内宮別宮瀧原宮御手洗場です。(流れる川の水は,宮川の支流の頓登川です)おほみたからにいたるまでかしこみかしこみもうす。この「おほみたから」とは,私たち国民のことをさします。天皇陛下が日々,神様への祈りとして捧げる御言葉です。すべての国民一人ひとりが日々の生活が平穏で,そして豊かに安寧に暮らせますようにと云う祈りの言霊です。なぜ,天皇陛下は,これほどまでに国民の幸せを祈り,願うのでしょうか?昨日の記事「伊勢神宮1300年続く永遠なる祈り」で,伊勢神宮について書かせて頂きました。やはり,天皇陛下の祈りのもとは日本神話の国譲りの中にあるようです。昨日の記事でも若干,その国譲り「日本神話」を引き合いにしましたので,今日は,この日本神話にある国譲りをテーマに書きたいと思います。1.私たちの国の神話に「...伊勢神宮と出雲大社国津神と天津神

  • 伊勢神宮1300年続く 永遠なる祈り。 再掲載

    こんにちは最近,地磁気が高いのか,地球の磁場が乱れているせいかインターネットの接続状況が凄く悪いです。さて,今日も過去記事の紹介をさせていただきます。以下の記事は,2年前の7月2日に掲載した伊勢神宮についての記事であります。今日は,伊勢神宮について記事にしたいと思います。私も年に5.6度は参拝させて頂いております。我が国,日本は太古の昔から神様へ五穀豊穣を祈る(感謝)国であります。その祈りは,今日の現代でも今上天皇を中心に伊勢神宮を頂点として全国の神社で御祭(祭事)されております。私は,経済の原点つまり,経済の本質とはこの五穀豊穣にあるのだと考えています。歴代の総理大臣も1年の仕事始めは,伊勢神宮からです。機会があれば神道と五穀豊穣として記事にしたいと思います。さて,伊勢神宮の外宮・内宮の両御正宮ともに御社殿は...伊勢神宮1300年続く永遠なる祈り。再掲載

  • 素直に生きることの大切さ。再掲載

    こんにちは。最後の宮大工である西岡常一棟梁の記事は,明日にまた続きを書かせて頂くとして今日は,違ったことを書きたいと思います。私たちは,これまで続いて来たタテ型社会からヨコ型社会に移り変わる過渡期に存在しています。自然崇拝,祖霊祭祀をしている一般人の私からするとただ太古の昔に帰るだけと感じていますが,タテ型構造の上に存在していた人たちにとっては嫌でしょうね。でも,いくら嫌がっても無駄であります。もうそうなってしまうのですから無理です。それはそれとして,今月は,春の祖霊感謝祭があります。一年間に春と夏と秋の3回の祖霊感謝祭を自宅でひっそりとお祭り致します。御水にお茶に,そして白湯を位牌の正面に置いて,その両脇に御団子や和菓子に煮物に漬け物。さらに玄米に白米,お味噌汁と御赤飯と御酒も忘れずに捧げ先祖と共に過ごしてい...素直に生きることの大切さ。再掲載

  • 心界「神界」の八咫鏡をピカピカにしましょう。

    こんにちは。今日は,氏神さまへ参拝させて戴いてから,昼からの会議まで時間もあるので宮大工の営業にでも行こうかと寺院さん数件を巡回して来る予定です。どこの寺院さんも立派な本堂にお堂が建ち並び境内も綺麗に掃除がされていることだと思います。神社や寺院の掃除や清掃は,宗門宗派を問わず祭祀をする上で基礎基本とするのが現在の考え方であります。本来であれば,掃除や清掃は黒足袋衆の大事な御役目なのですが,現代では白足袋衆と黒足袋衆の境も無くなってしまいました。そんな中,特に,禅宗系「曹洞宗」「臨済宗」「黄檗宗:おうばくしゅう」では掃除を徹底して行います。又,この基本的な考え方を企業に取り入れたのが松下幸之助さんであったり,ビル・ゲイツさんであったり,スティーブ・ジョブズさんもそうであったのです。三菱財閥の創始者である岩崎弥太郎...心界「神界」の八咫鏡をピカピカにしましょう。

  • 五円玉に籠められた祈り。再掲載

    こんにちは。以下の記事は過去記事です。今年も残すところ僅かしかありません。仕事のノルマと様々な準備とプレッシャーに押しつぶされそうですが,何とか乗り越えて新しい年を迎えたいと思います。さて,上の画像はご存知「五円玉」の硬貨です。この五円玉の絵柄の意味を貧乏時代に考えていた時期がありました。私たちの暮らすこの日本国には紙幣である1万円,5千円,2千円,千円と通称ジャリ銭と呼ばれる5百円,百円,五十円,十円,五円そして一円があります。当然,貨幣としての価値としては誰でも一万円が価値の高いものだと解ります。しかし,それぞれの貨幣に印刷されている絵柄や刻印されている絵柄をよく眺めていると精神的な価値は一円であります。その貨幣の中でも五円玉の絵柄に籠められた壮大さと云うか祈りと云うか日本人としての誇りをつい感じ取ってしま...五円玉に籠められた祈り。再掲載

  • 心柱神社に参拝しましょう。遠慮なされず。

    こんにちは。大和藍足袋衆さんから言文が届きました。わたしたちの心には,高天原と言う神界「心界」が広がっています。その心界に広がる高天原には,鎮守の森があります。この鎮守の森には湖畔もあれば,清らかな水が流れる清流も存在しています。夜になれば満天の星も出現します。言ってみれば人の汗や涙はその清流から流れ出た御神水でもあります。鎮守の森に立つ木々が心柱(こころのみはしら)と云うものです。たとえば,感謝の木や謙虚の木や奉仕の木など「十柱:御神木」が茂っています。さらに,その鎮守の森の奥深くには神さまが坐します御宮(御正殿)があるのです。こちらが今日の表題でもある心柱神社(みはしらじんじゃ)と申します。この世とあの世を繋ぐ神社です。そして,その心柱神社に御祀りされている神さまは心神(しんしん)と言う根源神から派生した神...心柱神社に参拝しましょう。遠慮なされず。

  • 古神道入門 神ながらの伝統 4 再掲載

    こんにちは。今日は,神主さんでもあり,古神道家でもあった小林美元先生が生前に書かれた著書「古神道入門神ながらの伝統」の4を同書から一部を抜粋して前回同様,書かせて戴きたいと思います。上の写真は,ご存知の方も多いと思います。二見興玉(ふたみおきたま)神社の夫婦岩で御座います。いつも二見興玉神社に参拝させて頂くときには,こちらで海の神さまへ祈りを奉げています。昔の人々は,伊勢詣と云えば,この二見が浦の海で禊を済ませてから伊勢の神宮へ詣でると云うことが習わしでしたが,時代の移り変わりで参拝の習わしも徐々に変わって来ています。古神道の世界観や古神道家の間では,この夫婦岩は「イザナギの神:男神」と「イザナミの神:女神」としています。そのイザナギの神とイザナミの神の間から太陽神「天照太御神」が誕生すると言われているのです。...古神道入門神ながらの伝統4再掲載

  • 生きることが辛く苦しい人へ。

    こんにちは。がんばって!と言っても,最早そんな言葉は通用しないほど何かに傷ついてしまったり,人が誰も信用できないくらいまで落ち込んでしている人もいらっしゃると思います。ですが,どうかそんな時にでも心の燈火だけは消さないでいて下さい。種火でも良いので心の燈火を消さないで戴きたいのです。人のことを棚に上げて,こんなことを書かせていただく立場ではありませんが,清く生きよう・正しく生きよう・美しく生きよう・正義が絶対と考えれば考える程,わたしは真理から遠ざかってしまう気がするのです。これは,とても誤解を招く言い方かも知れません。清く正しく美しく生きることがどうして真理から遠ざかってしまうのだと言われれば返す言葉は,わたしにはありません。しかし,これらの言葉の本当の意味は違ったところにあるのではないかと考えています。たと...生きることが辛く苦しい人へ。

  • 古神道の秘儀を伝授します。

    こんにちは。今日は,秘儀を伝授するなんて,何だか偉そうなタイトル表現になってしまっていますが,私たち人が生きて行く上でとても有効であり,意義のあることなのでそのことを書かせて戴きたいと思います。ただ,なにか良いことがあると云う先入観では見ない方が良いと思います。いつの日か振り返った時に判ると云う縄文時代以前から続く古神道の秘儀中の秘儀であります。でも,内緒だよ・・・。古神道には,これまでもブログで紹介させて頂いて来ました通り,秘儀がたくさんあります。現代でも伝わっているものもありますが,その中には正確に伝わっていないものも多くあります。その理由は,お金になることを一部の人が判ってしまったからであるのですが,それはそれとして,古神道の秘儀の中でも特に私がおススメするのが自霊拝と云う秘儀で御座います。霊と云う文字や...古神道の秘儀を伝授します。

  • 祖霊祭祀と古神道 ~ 宗教界に物申す ~

    こんちには。昨日は,日蓮宗の寺院に久しぶりに伺い,製作した無縁霊さん用の祭祀壇の点検を行いました。想像していたよりも多い無縁霊さんや一時的にお預かりしている御霊さまであったので少し驚きました。久しぶりに住職さんと寺族の方ともお会いしたくさんお話をさせていただいて帰って来ました。楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。やはり祖霊祭祀は清々しい気持ちにさせてくれます。日々の神祀りも然り,祖霊祭祀も誰を介在しない祭事は良いものであります。直接繋がるこれは先祖供養でも同じです。現代では,お寺に先祖の供養はお願いしているからと考えている方も多くいらっしゃいますが,これは明らかに現代風の考え方と申しますか,日本古来の祖霊祭祀と云う世界に誇れる伝統とは違います。日本人が太古の昔より脈々と続けて来た先祖供養とは,生きている...祖霊祭祀と古神道~宗教界に物申す~

  • 心柱神社の御造営と御遷宮

    こんにちは。東と西。昼の祭祀は火の祭り,北と南。夜の祭祀は水の祀り。なんだか意味不明ですが。。。御遷宮と聞くと二十年に一度に斎行される伊勢の神宮を思い浮かべます。ですが,わたしたちの心に鎮まる心柱神社「みはしらじんじゃ」の御宮も一定期間が経過するとやはり御遷宮が必要なのであります。しかし,その前に,自分自身で御宮を御造営しなければなりません(笑)。そこで必要となるのが御用材であります。御用材となる材料は,鎮守の森に立っている木々(心柱)で御座います。鎮守の森から柱や梁,扉や床となる御用材をいただくわけです。もちろん,御造営する宮大工の総棟梁も自分自身です。私たちの日常生活「私生活」での思考や行動やそして行為が,鎮守の森の木々の生育に良くも悪くもとても影響しています。常日頃から感謝の気持ちを以て生活して来た人の感...心柱神社の御造営と御遷宮

  • 神棚を設け 神さまを迎え お祀りをする。

    こんにちは。すっかり,暖かくなって過ごし易くもなって来ました。先日,春の祖霊感謝祭(お彼岸)も無事に終了することが出来ました。日毎,寒暖の差が激しいですが,皆さま御身体ご自愛下さい。今日は,私が神社や寺院の護持に携わるようになって不思議に感じていましたことを書きたいと思います。その内容とは,これでまで,神社や寺院を通じて多くの方々と出会うことがありました。人と人との出会いを「一期一会」と表現したり,「袖振り合うも多生の縁」などと申し上げることもあります。当然,私の職上柄,奉仕させて頂いている神社や寺院を通して知り合うわけですから,神仏に対する崇敬の念をそなえた方々でもあります。そう云った方々の中でも特に,会社を経営されている経営者や個人で商店を営んでおられる個人事業主さんに共通していることが御座います。それが,...神棚を設け神さまを迎えお祀りをする。

  • 知って下さい天河神社。行って見ようよ天川村へ。8 再掲載

    こんにちは。エメラルドグリーンに輝く天川村の天ノ川です。ちょうど撮影しているとき,野生の鹿と出会いました。天川村と天河大弁財天社「通称:天河神社」をテーマにした記事も今日で「その8」になりましたので,末広がりと云う意味でも今日で結びにしたいと思います(笑)。そして,その1からその7まで長々とダラダラと書いてしまったのでその内容を少しだけ整理しながら今日も書かせて戴きたいと思っております。インターネットなどで天河神社を検索するとさまざまな情報を入手できますが,難しいことはさて置き天川村一帯と天河神社は古神道の神域中の神域であると云うことです。参拝すれば何か良いことがあると云った次元ではありません。私はむしろそう云った所謂,願掛け信仰では参拝されない方が良いのではないかとさえ感じています。南朝の天皇家が吉野を本拠地...知って下さい天河神社。行って見ようよ天川村へ。8再掲載

  • 祖先を祀ることの大切さ。 再掲載

    こんにちは。昨日18日は観音様の縁日の日でもありました。そして春の祖霊感謝祭が23日の彼岸明けまで続きます。そこで今日は,私の好きな神道家でもあった春日大社の前宮司「葉室頼昭」先生が生前に書かれた「御力」と云う本の中から一部抜粋し,ご紹介させて頂きたいと思います。これまでもブログで葉室先生の著書や内容の一部についてはご紹介をさせて頂いて来ましたが,神道の奥義は日常生活の中にこそ存在し,且つ与えられた環境の中で努力することで誰でも神様との縁を結ぶことが出来ると私は感じております。さらに,互いに足りないところを補い,支え合い,助け合うことが神様の御心そのものだと想っています。神恩感謝に心音感謝。毎朝毎夕祖霊に感謝。以下,葉室頼昭先生の著書「御力」より一部抜粋です。第5章神を敬い祖先を尊ぶ。祖先を祀ることの大切さ。今...祖先を祀ることの大切さ。再掲載

  • 忘れ去られた御霊の供養 再掲載

    こんにちは。何年か前に仏教に倣って御経文を短いものですが作成したことがありました。我子孫祖霊飲食祖霊衣服祖霊住居祖霊薬薬祖霊安寧祖霊平穏一心観世音菩薩祈我祖先子孫飲食子孫衣服子孫住居子孫薬薬子孫安寧子孫平穏一心観世音菩薩祈子孫は,祖霊の飲食,祖霊の衣服,祖霊の住居,病気の祖霊に薬を,祖霊の安寧,祖霊の平穏を一心に観世音菩薩へ祈ります。祖先は,子孫の飲食,子孫の衣服,子孫の住居,病気の子孫に薬を,子孫の安寧,子孫の平穏を一心に観世音菩薩へ祈ります。きっと,わたしたち子孫が先祖を想う気持ちも,先祖が子孫を想う気持ちもあまり変わらないのではないかと感じたので,ただ感じるままに作成してみました。わたし達の先祖の中には,食べるモノも着るモノも無く,そして住むところもなかった先祖がたくさん居たはずです。日本史の勉強をしてい...忘れ去られた御霊の供養再掲載

  • 海を渡った和の仕組み。 Ⅲ

    こんにちは。上の写真は,伊勢神宮・内宮の別宮である瀧原宮の御手洗場で御座います。今日の記事とは関係ないのですが,この写真は,私の部屋にも額に入れて飾っているものでもあります。ですが,この写真はとても幻想的な写真でもあるのです。どう云うことかと申しますと,皆さんは,この上の写真を観て太陽に照らされた昼間だと想われますか?それとも月と星の輝きによって明るい夜間だと想われますか?答えは昼間に撮影した写真ですので,太陽の光に照らされた昼間です。しかし,部屋に飾ってある写真を観ると夜間であるような月と星の輝きによって明るくなっているときがあるのです。そう観える時は,夜です。つまり,夜になると写真の中の風景も夜に変わり,昼になると写真の中の風景も昼になるのです。信じられることではありませんが幻想的な写真であります(笑)。そ...海を渡った和の仕組み。Ⅲ

  • スサノオブルーのチルドレンたちへ。 ~YELL~ 

    こんにちは。これまでも現代の若者について,このブログでも書かせて頂いて来ました。世間では,最近の若者はと言われることがありますが大丈夫です。エジプト文明の頃から言われ続けて来たのですから気にする必要もありません。私は,最近の若者を見ると本当に立派な若者が多くて凄いなと感じています。礼儀正しく,優しくて,そして,あまり欲もないような感じもします。その若者の中でも,特に今の10代の若者が20歳を過ぎる頃,世界を牽引して行くのではないかと期待もしているのです。冗談ではなく本当に。この世代は,あまり贅沢を知らず,ステイタスにも興味がないようです。又,貧富の差を経験している子供も多く存在します。たとえ自分では経験していなくても,周囲の友達が給食費も払えない事や塾に行きたくても行けない事や夏休みに何処にもいけない事を肌感覚...スサノオブルーのチルドレンたちへ。~YELL~

  • 食「直会」を通じた神社の護持。 再掲載

    こんにちは。以下の記事は,昨年4月23日に書かせて戴いた過去記事です。先日もブログで記事にさせて戴いた奈良県の吉野郡に御鎮座される龍神が棲息する丹生川上神社下社と云う日本最古の水の神さまをお祀りする神社で,食「直会:なおらい」を通じた護持を取り入れているようで大変興味深く拝見させて頂きました。そもそも神道に伝わる直会とは,天の神さまからの御恵みと大地の神さまからの御恵みに感謝を申し上げ,神さまのエネルギーを自分の身体に吸収させることを目的とした日本古来の食に対する食文化の1つでもあり,現在の神社神道においても重要な神事でもあるのです。前にも確か,京都の貴船神社で御日供講と云う護持制度を紹介させて頂いたことがあったように思います。この御日供講と云う護持も心ある不特定者から少額な資金を集め,神さまへ奉献する食事「御...食「直会」を通じた神社の護持。再掲載

  • 今日の一言

    咲いた花見て喜ぶよりも根元で咲かせた恩を知れ大地に感謝毎日,クリック応援ありがとう御座います。これからも,世界への発信ボタン3つクリック応援宜しくお願いします。太古の昔から日本人の性質は互いに支え,助け合い,足りないところを補い続けた民族でした。私たちの祖先は,それを相互扶助とし和の仕組みとしました。日本が和の国と呼ばれる所以です。又,人にはそれぞれ違いがあり,その違いを認め合い,尊重し合うことを大切にして来ました。それが祈りの民族と云われる大和の民。大和民族です。菊の紋章は世界祭祀の継承者としての証であり,世界で唯一,太陽を国旗にする国でもあるのです。わたし達の心の中には根源神の分魂が内在しています。高天原は,わたし達の心の中に存在します。心柱神社心神とともに。花咲あさひ拝今日の一言

  • 自分が変われば見てる世界も変わるのに・・・。

    毎日,クリック応援ありがとう御座います。これからも,世界への発信ボタン3つクリック応援宜しくお願いします。太古の昔から日本人の性質は互いに支え,助け合い,足りないところを補い続けた民族でした。私たちの祖先は,それを相互扶助とし和の仕組みとしました。日本が和の国と呼ばれる所以です。又,人にはそれぞれ違いがあり,その違いを認め合い,尊重し合うことを大切にして来ました。それが祈りの民族と云われる大和の民。大和民族です。菊の紋章は世界祭祀の継承者としての証であり,世界で唯一,太陽を国旗にする国でもあるのです。わたし達の心の中には根源神の分魂が内在しています。高天原は,わたし達の心の中に存在します。心柱神社心神とともに。花咲あさひ拝自分が変われば見てる世界も変わるのに・・・。

  • 多く人が感謝を捧げる伊勢神宮 ・~・内宮・~・ 再掲載

    上の写真は,二見興玉神社で撮影させて頂きました。いつも海の神さまに祈っています。こんにちは。空の青さは,海の青さが反射しているからなのです。あらためて,上の写真を観て,自分自身の心柱(こころのみはしら)に音を降ろすとそんな言の葉が生まれます。海に祈れば,空は歓び,海を汚(穢す)せば,空は悲しみ,やがて怒る(祓う)。これが自然界の掟であり,仕組みです。毎年,この時期になると1年の締めくくりに京都,奈良,そして伊勢神宮に参拝させて頂いて来ましたが,今年の年末は仕事の関係もあって参拝することが出来ません。参拝するほとんどが1人ですが,うちの事務所の長老さんともよく参拝をします。私の事務所は,わたしと長老さんの2人だけのとても小さな事務所であります。代表者の私が郵便局の配達員のアルバイトをするくらいですからいつ潰れるか...多く人が感謝を捧げる伊勢神宮・~・内宮・~・再掲載

  • 狙われる私たちの郷土 ~美しきかな水の国~1 再掲載

    こんにちは。一昨日,日本の水源地を守らねば!~狙われる日本の国土~と云う記事を掲載させて頂きました。このブログでもこれまで過去にたくさん水に関する記事を掲載して来ました。私のブログでアクセスが多い「キーワード」も御水なのです。したがいまして,過去に掲載して来た水に関連する記事を再掲載し,水が如何にして大切なものなのか私も再度,勉強する為にも取り上げたいと思います。今日は,過去記事「水の神への感謝参詣天河大弁財天社編」からです。写真は天川村の天ノ川と申します。和の国の水源地を金銭目当てで,他国の人に譲り渡しては神の怒りに必ず触れます。近年,富士山周辺,主に北海道で水源地を他国の人に譲り渡しているようです。北海道は縄文人の末裔が多く暮らしている場所でもあります。アイヌ民族が相当しますが,そのアイヌ民族の末裔が絶対に...狙われる私たちの郷土~美しきかな水の国~1再掲載

  • 日本の水源地を守らねば!~狙われる日本の国土~ 再掲載

    こんにちは。今年(平成30年1月15日)の朝,突然,日本の水が危ないと云う感情が湧き上がって来ることがありました。その時に書かせて戴いた内容を再掲載したいと思います。私たちのこの水の国に,これから何が起こるのでしょう?緊急事態です!こんにちは。直ぐにでも日本の食料自給率を上げるべきです。次の戦争は「水」と「食料」の争奪戦になります。もう既に,世界はそのように舵を切り,戦略を展開しているのです。一見,軍事と武力の衝突と見せかけて,国民の緊張感を煽って見せて,実はその裏では日本の食料自給率を極限まで下げ,私たちの食卓に並ぶ食品はいつの間にか外国産ばかりになり,日本の農家はコストがかかり過ぎると言う理由で廃業に追い込まれ,最後は日本の水源地の土地を外国勢が買収し,日本人が日本の水を外国人から高額で買うと云うわけの分か...日本の水源地を守らねば!~狙われる日本の国土~再掲載

  • 天川行ったらこっちも寄ってよ。丹生川上神社下社。再掲載

    こんにちは。地震が少し気になっています。防災意識を高めて行きましょう!昨日まで書かせて戴いて来た,奈良県吉野郡天川村とその天川村に御鎮座される天河大弁財天社「通称:天河神社」をご紹介させていただいたら,やはり,ここの神社もご紹介させて戴かなくてはなりません(笑)。そして何と言っても,宮司さんと神職さんが素晴らしい御方なのです。宮司さんは,古神道タイプの御人ですから御蔭信仰や祈願信仰などの所謂,ご利益話などは一切されない方です。これまでの宮司歴で言いますと近畿圏の名立たる神社の宮司を歴任した後,平成21年の秋に丹生川上神社下社に赴任することになりました。上の動画に宮司さんのお話を貼り付けていますのでご覧になって下さいませ。笑顔が素敵な宮司さんです。あっ!すみません。神社名を書き忘れておりました。失礼いたしました。...天川行ったらこっちも寄ってよ。丹生川上神社下社。再掲載

  • すべてを水に流すこと。古神道とともに。① 再掲載

    こんにちは。今回の「水の神への感謝参詣」もあと女人高野の室生寺と伊勢神宮で終わりになります。今日は,ここ数日の間に書かせて頂いて来た「水の神への感謝参詣」を自分なりに振り返って(音霊)観た感想を書かせて頂きたいと思います。何かの正解を探すのではなく,素直な心柱で感じて観たいと思います。本当に今回は御水に関することを意識する参詣になりました。これまでも同じ神社や寺院に参拝させて頂いて来ましたが,今回は御水と云うお題を与えられた様な感じでとても解りづらく,抽象的と云うか感覚的と云うか不思議なものでした。古神道の神髄である無言の教示や案内は,自分から率先して意識したり,行動しなければ会得できるものではありません。つまり,教祖たる人物がいない訳ですから教えてくれる人が誰も存在しません。相手は大自然です。仏教の祖であるお...すべてを水に流すこと。古神道とともに。①再掲載

  • 日本を弱体化させたのは相続と偏差値です 3 再掲載

    japanspirit牙を抜かれたライオンこんにちは。早速く昨日の記事の続きを書きたいと思います。下の黒文字箇所が昨日の文末です。>そして,ここからが激しい出世競争が待ち受けています。このような激しい出世競争でも必ず負けます。なぜか?自分のことしか考えていないからです。そんな人を国家も省庁も上司も望んでいないからです。これは現実的で本当の話です。採用選考の最近の傾向では,バランス感覚を重要視しています。そのバランス感覚と云うのが道徳と理屈です。偏差値の高い所謂,頭の良い人なんてどこにでもいます。そんな人を採用したところで省益にも国益にもなりません。まして国家国民の為になりません。つまり,道徳観をきちんと根底に据え且つ,理論を構築できる人を企業であってもお役所でも待ち望んでいます。理屈は使われるものではなく,使う...日本を弱体化させたのは相続と偏差値です3再掲載