searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

体が治りますさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
体が治ります
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/hif-1
ブログ紹介文
体が治ってしまいます。
更新頻度(1年)

99回 / 365日(平均1.9回/週)

ブログ村参加:2016/06/10

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、体が治りますさんの読者になりませんか?

ハンドル名
体が治りますさん
ブログタイトル
体が治ります
更新頻度
99回 / 365日(平均1.9回/週)
読者になる
体が治ります

体が治りますさんの新着記事

1件〜30件

  • 若いのにコロナに感染から重篤へ

    自然良能運動(椅子と立位)若いのにコロナに感染から重篤へ若い、若くないは、問題ではありません。体に与えられるストレスによって、どの程度、交感神経の許容範囲があるかが問題になります。筋肉に置き換えると、頸から背中の筋肉の状態になります。筋肉が伸ばされた状態から縮んだ状態になるまでの範囲が免疫力の強さに繋がります。それには、足の筋肉の強化。左右の筋肉のバランスが必要になります。http://www.nct9.ne.jp/ohsaki/自然良能運動若いのにコロナに感染から重篤へ

  • 免疫力を上げるしかありません

    自然良能運動(椅子と立位)免疫力を上げる方法が必要です体を活動的にする交感神経を短時間働かせる事で、疲れた体を再び使える状態にする事が必要になります。体を元気に動かす為の神経、交感神経が長く働く事で、免疫の基本的な働きをするリンパ球の働きが弱くなるからです。それは、交感神経が働くと、リンパ球が満たされているリンパ節の出口が閉じられて、組織にリンパ球が出ていけなくなります。少しだけ交感神経を働かせるだけでからだが本来の働きが出来る状態に戻す事が、必要になります。http://www.nct9.ne.jp/ohsaki/自然良能運動があります。免疫力を上げるしかありません

  • 体の抵抗力と免疫力が体を治します

    自然良能運動(椅子と立位)手足を治すと体が治ります(体の抵抗力、免疫力が体を治します)手を動かす筋肉と足を動かす筋肉が、背骨に絡み付いて背骨を引っ張っています。そうすると、背骨は曲がってしまいます。元々、背骨は自然に真っ直ぐになろうとして動いています。これが自然治癒力(自然良能)の働きになります。それは、頭の骨、名前は蝶形骨。骨盤の骨、仙骨と言う骨が、自然に無意識の内に動いている力を受けて、背骨は自然に真っ直ぐになろうとしています。手と足を正しく動かす事で、背骨を引っ張る余計な力を取り除いていきます。そうすると、背骨が真っ直ぐになり、全身の症状を改善する事が出来ます。体の抵抗力と免疫力が体を治します

  • 免疫力を上げるしかありません

    自然良能運動(椅子と立位)対処法は免疫力のアップしかありません以前から、笑顔を作る事で免疫力が上がる事が、知られていました。たとえそれが、作り笑いであってもです。笑顔を作る為には、筋肉の働きが必要になります。筋肉が免疫力の働きに影響している事が分かります。頸から背中の筋肉は、体を活動的にする、交感神経の働きと繋がりがあります。体を使ったり、ストレスを受ける事で、交感神経を働かせた量だけ、縮んで硬くなって行きます。筋肉には、縮む事の出来る範囲がありますから、交感神経の許容範囲を狭くする事になります。また、交感神経の働いた時間が長いと、リンパ節の出口が閉じられて、リンパ球が活動出来なくなります。免疫力の低下を引き起こします。頸から背中の筋肉の状態を整える事で、免疫力を上げる事が出来ます。かと言って、頸から背中の筋肉...免疫力を上げるしかありません

  • チョコレートは免疫力を低下させます

    自然良能運動(椅子と立位)チョコレートは免疫力が低下します中に含まれるコルチゾールは、免疫力を低下させて、筋力を低下させます。食べた直後から、少し咳が出る様になりました。計、5回ほど。熱感。起床後、2回。熱感なし。体の疲労感を感じます。チョコレートは免疫力を低下させます

  • イライラと不安感がある方は、免疫力が低下しています

    自然良能運動(椅子と立位)イライラと不安感がある方は、免疫力が低下しています。そもそも、イライラしている方は、交感神経を働かせて、一時的に、頸から背中の筋肉を収縮させて、その後に起こる脱力によって、筋肉を弛緩させる事で、交感神経の働く事の出来る許容範囲を広げようとしています。体が無意識の内に、自分の身を守る為の行動になりますから、体を治す必要があります。興奮している時、イライラしている時は、交感神経が働いています。この時、基本的な免疫の働きをする、リンパ球が、リンパ節の出口が閉じられている為に、組織に行渡らなくなっています。体がストレスに対応する時には、交感神経を働かせて、刺激を受ける前の状態に戻す事が必要になります。これは、頸から背中の筋肉が収縮して緊張した事によって、交感神経を働かせる、スイッチを入れる事が...イライラと不安感がある方は、免疫力が低下しています

  • 免疫力と武漢の待合室

    自然良能運動(椅子と立位)免疫力と武漢の待合室映像を見て驚きました。免疫力の働きと大きな繋がりのある、頸から背中の筋肉は、一度、仰向けになって頭を支える必要がない状態に、にする事で弛緩する事が出来ます。そうする事で、再び、交感神経を使える状態に戻す事が出来ます。ところが、待合室では長椅子に座って、点滴。これでは、体を活動的にする交感神経の働きが、日を追う事に悪くなって行きます。体の具合が悪くなれば、気を失い、倒れる。そうすると、頭を支える必要がなくなった、頸から背中の筋肉は、柔らかくなります。再び、交感神経が働きだし、意識を取り戻します。立ったままだと死んでしまします。http://www.nct9.ne.jp/ohsaki/免疫力と武漢の待合室

  • 免疫力を低下させる蜂蜜とコーヒー

    自然良能運動(椅子と立位)免疫力を低下させる蜂蜜とコーヒーhttp://www.nct9.ne.jp/ohsaki/蜂蜜は自然な物だから体に良いなどと、よく耳にします。ところが、小さい子供にはあまり食べさせない方が、良いとも言われています。先日の健康番組で、コーヒーに砂糖は良くないので、蜂蜜を入れましょうとすすめていました。この二つとも、交感神経を強く働かせる事になります。一見、元気になりそうで良さそうな気もしますが、体を活動的にする、交感神経と繋がりのある、頸から背中の筋肉を、一瞬の内に収縮させて、交感神経の働ける許容範囲を使い切る事になります。周りからのストレスを受ける事で、体調を崩している方などは、筋肉が既に硬くなっている為に、筋肉が収縮する事が出来ず交感神経も本来の働きが出来なくなっています。この様な状...免疫力を低下させる蜂蜜とコーヒー

  • 免疫力と時計遺伝子

    自然良能運動(椅子と立位)免疫力と時計遺伝子筋肉の力を最大限に引き出す為には、朝働く遺伝子と昼に働く遺伝子と夜に働く遺伝子があります。この内、朝に働く遺伝子を働かせないと、昼に働く遺伝子と夜に働く遺伝子が、働かなくなります。例えば、お休みの日などに、普段よりも朝寝坊をすると、一日、体がだるくなったり、頭痛がしたり、体調の不調を感じる様になる事があります。ここで、朝に働く遺伝子を働かせるには、自律神経の交感神経の働きを使う事で、遺伝子のスイッチを入れる事が出来る様です。交感神経の働きは、体を動ける状態にする為に、朝に最も強くなります。この時、5時30分を過ぎる前に体を起こし、立ち上がり、体を動かし始める事が、切っ掛けになる様です。実際には、5時15分から5時25分の間に、起き上がる事が大切になります。これは、一例...免疫力と時計遺伝子

  • 免疫力と運動法

    自然良能運動(椅子と立位)免疫力とコロナウイルス手洗いと消毒をした後で、免疫力の働き、自律神経の働き、筋肉の働き。リンパ球の働き、交感神経の働き、頸から背中の筋肉の働き、リンパ節が開く、交感神経の許容範囲の拡大、手と足を正しく動かす事で、余計な力で背骨を引っ張らない様にします。免疫力の働きは、手と足の正しい使い方が大切になります。http://www.nct9.ne.jp/ohsaki/自然良能運動から免疫力と運動法

  • 免疫力の強化(夕食の後)

    自然良能運動(椅子と立位)免疫力の強化(夕食の後)夕食の後の過ごし方が大切になります。体を活動的にする交感神経の働きは、夜になると弱くなっています。自律神経の働きは、筋肉の働きに大きな影響を与えます。夕食の後は、筋肉の働きが弱くなります。特に、足の筋肉が上半身の動きを支える力が、弱くなっています。全ての上半身の動き、例えば、手を使う事。物を食べる時の顎の動き。それに、胃に食べ物が入った時は、交感神経が働き、30分位で、胃の中が空になると、副交感神経に切り替わります。このいずれの場合も、交感神経が働く事で、頸から背中の筋肉が収縮して硬くなります。この時、足の筋肉の力は、上半身の動きを支える力を、失っています。その為に、一度収縮した筋肉は、完全に元の状態に戻す事は出来なくなります。常に、交感神経が働き続ける状態にな...免疫力の強化(夕食の後)

  • 免疫力の強化

    自然良能運動(椅子と立位)免疫力の「ちから」を強化手洗い、うがい、人込みを避けるなどは、受け身の対処法になります。また、食べ物も体調によっては、好みや味の濃淡にも影響を与える事になりますから、積極的なものではありません。根本的な改善策は、体を治す必要があります。免疫の力、抵抗力を強くする必要があります。免疫力は、筋肉の状態に置き換えて考える事が出来ます。また、自律神経も関係しています。頸から背中の筋肉の状態は、体を活動的にする交感神経の働きと、繋がりがあります。この部分の筋肉が、収縮して硬くなると、免疫力の働きの主体である、交感神経が働くと、リンパ球がリンパ節の扉が閉じられる事で、リンパ球の働きが低下する状態になります。筋肉の状態を健全な状態にする事が必要になります。この部分の筋肉は、基本的に足の筋肉の力で支え...免疫力の強化

  • 舌の状態と話し易さ

    自然良能運動(椅子と立位)お寿司の(酢)とチョコレート舌の動き、話し易さにも影響します。酢は、筋肉の力を弱くします。寒い時期に摂ると、体が冷えを感じる様になります。例えば、冷やし中華は夏の食べ物。チョコレートは、中に含まれるコルチゾールの影響から、筋力の低下を引き起こします。また、肝臓にも負担を掛ける様です。肛門近くの血管が充血して、出血に繋がる事もある様です。二つの食べ合わせは、気を付ける必要があります。これにカフェインが加われば、より大きな変化を体感する事になります。筋力の低下から足の肌肉の力が弱くなり、頸から背中の筋肉が、硬くなります。免疫力の低下。舌の状態と話し易さ

  • 免疫力の働きを強化

    自然良能運動(椅子と立位)免疫力の「ちから」を強化リンパ節の出口を開き、リンパ球が体の中に行き渡る様に、する必要があります。出口を開く為には、体をリラックスさせる、自律神経の一つ、副交感神経を働かせる必要があります。その為には、体に刺激が加わった事で、ストレスや上半身を使い過ぎた状態を元の状態に戻そうとする時に働く、もう一つの自律神経の働き、交感神経を使う事になります。また、交感神経の働きは、頸から背中の筋肉の状態に置き換えて、考える事が出来ます。この部分の筋肉は、交感神経を使った量だけ、縮んで硬くなる体の仕組みがあります。そして、硬くなった状態を元に戻す為に、交感神経を働かせる様になります。頸から背中の筋肉には、交感神経を働かせる為のセンサーがあります。筋肉の疲労、骨格の歪みなどが、改善され、頸から背中の筋肉...免疫力の働きを強化

  • 新型コロナウイルスと免疫力

    自然良能運動(椅子と立位)新型コロナウイルスと免疫力免疫力は、リンパ節からリンパ球を体に送り出す事が、出来る量が多い程、免疫力が強くなります。病気にならなくなります。リンパ節の中のリンパ球は、体を活動的にする働きをする交感神経が働くと、出口がふさがれ、リンパ球が体の中に流れ込まなくなります。交感神経が働き、体が元気な状態になると、病気になり易くなるとでも理解されそうですが、そうではありません。体に体の外から刺激が加わると、体を守る為に、交感神経を働かせて、刺激が加わる前の状態に戻し、体を安定させようとする様になります。その働きが本来の働きを十分に果たし、体が安定すると、交感神経を安定させる働きをする、体をリラックスさせる神経、副交感神経を働かせる様になります。この状態の時、リンパ節の扉が開き、リンパ球が体の中に...新型コロナウイルスと免疫力

  • ラジオ体操と健康 

    自然良能運動(椅子と立位)ラジオ体操と健康体を動かす時、左右の手足を同時に、左右対称に動かします。ところが、無意識に体を動かす時、歩く時などは、左右の手足を別々に動かします。自然な動きは、無意識の中にあります。体の働きには、左手を伸ばした時には、右足は伸ばす筋肉が、(相反神経支配)右手は曲がり、左足は曲げる動きが自然に起こります。ラジオ体操を行うと、疲労感を感じます。体が楽に、軽くなる感覚は期待出来ません。体に負担を掛けている事が原因になります。歩く時は、手と足を別々に動かしています。ラジオ体操と健康

  • 自然良能運動(椅子と立位)

    自然良能運動(椅子と立位)~初めに用意して頂く物~椅子の高さ・・・膝が90度よりも、少し伸びる程度。椅子の形・・・座面が床と平行な物(固定した椅子を使い、丸い椅子は控える様にします)1・・・椅子に浅く腰を掛けます。そして、両手をモモの上に載せて、椅子に座ります。この時、両手の力を完全に抜いて、モモの上に、小指側だけを付けて、立てる様にして載せます。両手の親指は、握らずに、外に出します。そして、肘と手首の力を抜いて自然体にします。2・・・左足を上げて、爪先が浮かない程度に、前へ出します。(足元を見ながら)上げる時・・・鼻から息を吸いながら下ろす時・・・鼻から息を吐きながら3・・・右足も同じ様に、右足を上げて、爪先が浮かない程度に、前へ出します。(足元を見ながら)上げる時・・・鼻から息を吸いながら下ろす時・・・鼻か...自然良能運動(椅子と立位)

  • 自然良能運動(椅子と立位)

    自然良能運動(椅子と立位)自然良能運動動画自然良能運動(椅子と立位)

  • 自然良能運動

    ~初めに用意して頂く物~椅子の高さ・・・膝が90度よりも、少し伸びる程度。椅子の形・・・座面が床と平行な物(固定した椅子を使い、丸い椅子は控える様にします)1・・・椅子に浅く腰を掛けます。そして、両手をモモの上に載せて、椅子に座ります。この時、両手の力を完全に抜いて、モモの上に、小指側だけを付けて、立てる様にして載せます。両手の親指は、握らずに、外に出します。そして、肘と手首の力を抜いて自然体にします。2・・・左足を上げて、爪先が浮かない程度に、前へ出します。(足元を見ながら)上げる時・・・鼻から息を吸いながら下ろす時・・・鼻から息を吐きながら3・・・右足も同じ様に、右足を上げて、爪先が浮かない程度に、前へ出します。(足元を見ながら)上げる時・・・鼻から息を吸いながら下ろす時・・・鼻から息を吐きながら足元を見な...自然良能運動

  • 大根おろし

    自然良能(蝶形骨、仙骨療法)大根おろし健康効果が様々紹介されています。例えば、胃潰瘍の予防としながら、消化を助ける、胃酸の分泌を促進とあります。同じページの中に説明されています。胃酸の分泌が増える事で、胃潰瘍の原因になります。これは、試験管の中に於いての作用と、体の中に於いての作用とを混同している事から始まります。ビタミンCを多く含む為自律神経の体をリラックスさせる、副交感神経が働きます。胃酸は減少。筋肉はリラックスして、血管は拡張します。次に、血管を拡張し過ぎると、交感神経が働き始めます。胃酸が分泌。この様に、自律神経に大きな影響を与える食品には、気を付ける必要があります。大根おろし

  • 津久井やまゆり園と犯人と健康

    自然良能(蝶形骨、仙骨療法)津久井やまゆり園と犯人と健康犯人は責任能力があるか。そもそも精神と体が異常な状態であればこそ、犯行に及んだと考える事が、自然と考えられます。異常な状態とは、周りからのストレスに自らのストレスに、対応出来る許容範囲を越えそうになると、それを増やそうと、無意識の行動を取る様になります。この時、働く神経が交感神経の働きになります。交感神経の働きは、頸から背中の筋肉の状態に置き換える事が出来ます。神経を使った量だけ、この筋肉が収縮してかたくなる、体の仕組みがあります。弛緩させる為に、最悪な無意識の内の対処方法があります。より強く、交感神経を働かせる事で、筋肉を一時的に収縮させる事で、その後の脱力で筋肉を緩める働きを使う事があります。また、自然な対応方法の一つにこの筋肉は頭を支える筋肉でもある...津久井やまゆり園と犯人と健康

  • 鎌田先生とパニック障害

    自然良能(蝶形骨、仙骨療法)鎌田先生とパニック障害鎌田先生は長野県の健康寿命を延ばしました。塩分の多い食生活を改善する事で、高血圧を抑える事に尽力されました。先生が推奨される食品に、ウーロン卵があります。卵は以前、コレステロールを多く含む為に、摂り過ぎには注意とされていました。ところが、鎌田先生の研究から、その様な事はない事が証明されました。また、卵をウーロン茶に付ける事で、塩分の多い醤油を使わずに、同じ様な色を付け、食欲をそそる効果を期待しています。ところで、先生は、体調を崩され、パニック障害を発症されました。先程のウーロン卵。卵・・・交感神経を働かせます。ウーロン茶・・・カフェインが交感神経を強く働かせます。この事が、交感神経の働きと繋がりのある、頸から背中の筋肉を収縮させます。交感神経の許容範囲を使う為に...鎌田先生とパニック障害

  • 装具と筋肉

    自然良能(蝶形骨、仙骨療法)装具と筋肉装具を利用する事で、動作が楽に感じる様になる事がります。体に対する刺激は、筋肉の力を弱くする方向に働きます。例えば、野鳥の足に付けた「かんしきひょう」付けられた足が細くなっています。筋肉の力を補い、動きが楽に感じられるけれども、必要な筋肉の力は失われて行きます。悩ましい所です。また、大相撲の力士の方が、取組を終えると、その場ですぐに、指のテープを取っている姿を見かける事があります。これは、体に違和感を感じての行動になります。「何か物が良い事をしてくれる」と言う、感覚があるからに思えます。装具と筋肉

  • 血圧測定が高血圧を引き起こします

    自然良能(蝶形骨、仙骨療法)血圧測定が大きな負担に体を締め付ける事は、大きなストレスになります。例えば、箸の先端の様なもので、左胸の横を刺激するだけで、左上半身の体温は低下して、発汗も抑えられます。(半側発汗、高木健太郎反射)この刺激に比べると、締め付ける事は大きな影響を体に引き起こす事になります。締め付ける➪血液の循環が低下➪血液の循環を維持しようと、交感神経を働かせます。その結果、交感神経の働きと繋がりのある、頸から背中の筋肉が神経を使った量だけ収縮して硬くなります。血圧測定を繰り返す度に、上半身の筋肉が緊張する事になります。毎日の血圧測定が、高血圧を引き起こす事になります。これをお薬で抑えています。血圧測定が高血圧を引き起こします

  • 血圧を測ると体調が悪くなります

    自然良能(蝶形骨、仙骨療法)血圧を測ると体調が悪くなります手首式血圧計を手首に巻きます。測定の時、手首を強く圧迫する状態になります。一時的に血液循環の悪い状態を作り出します。体は、血液を循環させる為に、血圧を上げる反射が起こります。この時に、交感神経の働きと繋がりのある、頸から背中の筋肉が収縮して硬くなります。筋肉の収縮とともに、体を活動的にする、交感神経の許容範囲を使う事にもなります。体が少し疲れた状態になります。一日に何度も血圧を測ると、それだけで体に負担を掛ける事になります。何か物を使うと必ず便利な事と、マイナスな面が出てしまう様です。血圧を測ると体調が悪くなります

  • 「いじめ」と「あおり運転」と「炎上」

    自然良能(蝶形骨、仙骨療法)大人の「いじめ」と「あおり運転」どちらも自らの体を安定させる為の無意識の行動になります。行動を起こす時、興奮を引き起こし、体を活動的にする交感神経を働かせる事になります。結果として、筋肉の状態と繋がりがある為、頸から背中の筋肉が一度、収縮してからの脱力が起こります。そうすると、体を活動的にする神経の働きを取り戻す事が出来ます。これは、精神的な不安感から病気に対する抵抗力の低下も引き起こす事になります。自分を守る無意識の働き、自律神経の働きを満足させる為の働きになります。基本的に「いじめ」と「あおり運転」をする方は、精神的に不安定であり、体は病の状態にあります。精神を対象にする事は、無意味な事になります。体を治す必要があります。「いじめ」と「あおり運転」と「炎上」

  • 大人のいじめ

    自然良能(蝶形骨、仙骨療法)大人の「いじめ」と健康精神状態は、体の中の状態によって、作り出されています。体の外からの刺激に対応する時に働く、神経がります。この神経が正しく働いている時は、他の方に余計な関心を持つ事はありません。ところが、先程の神経の働きをする、交感神経の働きと繋がりのある、頸から背中の筋肉が縮んで硬くなっていると、無意識の内に、この筋肉を緩め様とする行動を取る様になります。こうしないと、心臓の働きから内臓全般の働きを低下させる事に繋がります。その為に、会話が生まれます。会話をする事で、声帯(迷走神経)を刺激する事で、頸から背中の筋肉が緩める事の出来る、体の仕組みを使う事になります。この対処の仕方は、左程、人に迷惑を掛けない方法になります。困った対応に、闘争本能と関係のある、交感神経をより強く働か...大人のいじめ

  • 自然良能(蝶形骨、仙骨療法)

    自然良能(蝶形骨、仙骨療法)カフェインと風邪(インフルエンザ)カフェインを摂ると、常に動きのある、呼吸筋がある頸から背中の筋肉に、カフェインが作用します。そうすると、筋小胞体からカルシウムが分泌され、筋肉が、縮んだままの状態、拘縮を引き起こします。筋肉が、長い時間、硬くなります。この時、体を活動的にしたり、周りの環境に順応する時に働く、交感神経、頸から背中の筋肉は、その働きと繋がりがあり、神経を使った量だけ、縮んで硬くなります。風邪、インフルエンザ、病気は、この部分の筋肉が硬くなっていると、免疫力が弱くなり、体調不良を引き起こす、原因になります。コーヒー、紅茶、ウーロン茶、緑茶、ゴボウ。また、ビタミンC、ネギ、玉ねぎなど自律神経に影響を与える食品。自然良能(蝶形骨、仙骨療法)

  • 冬になると耳の聞こえが悪くなります

    自然良能運動(椅子~立位)冬は耳の聞こえが悪くなります寒くなると体温を上げる為に、頸から背中の筋肉が小さく振動して、体温を作り出します。ちょうど、風邪の引き初めの寒気が、これに当たります。この体の働きは、交感神経の働きになります。交感神経が働くと、鼓膜張筋が収縮して、鼓膜を内側に引き寄せ、耳の聞こえを悪くします。また、体が疲れている時も、同じ変化が起こります。冬になると耳の聞こえが悪くなります

  • カフェインと風邪(インフルエンザ)

    自然良能運動(椅子~立位)カフェインと風邪(インフルエンザ)カフェインを摂ると、常に動きのある、呼吸筋がある頸から背中の筋肉に、カフェインが作用します。そうすると、筋小胞体からカルシウムが分泌され、筋肉が、縮んだままの状態、拘縮を引き起こします。筋肉が、長い時間、硬くなります。この時、体を活動的にしたり、周りの環境に順応する時に働く、交感神経、頸から背中の筋肉は、その働きと繋がりがあり、神経を使った量だけ、縮んで硬くなります。風邪、インフルエンザ、病気は、この部分の筋肉が硬くなっていると、免疫力が弱くなり、体調不良を引き起こす、原因になります。コーヒー、紅茶、ウーロン茶、緑茶、ゴボウ。また、ビタミンC、ネギ、玉ねぎなど自律神経に影響を与える食品。カフェインと風邪(インフルエンザ)

カテゴリー一覧
商用