searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

いつかはあの頂にさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
いつかはあの頂に
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/narukazu9876
ブログ紹介文
還暦過ぎて少し焦っている老クライマーです。いつかは昔のようにアルパインクライミングへの復帰ができたら
更新頻度(1年)

56回 / 365日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2016/06/05

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、いつかはあの頂にさんの読者になりませんか?

ハンドル名
いつかはあの頂にさん
ブログタイトル
いつかはあの頂に
更新頻度
56回 / 365日(平均1.1回/週)
読者になる
いつかはあの頂に

いつかはあの頂にさんの新着記事

1件〜30件

  • 蕎麦粒山

    奥美濃の秀峰蕎麦粒山に登ってきました。心配していた大谷川の渡渉は水位も低くて飛び石伝いに楽勝でした。ネットでは登山口が不明瞭なことも書いてあったのでちょっと心配していたのですが、河原の草原を適当に踏み跡進むと簡単に登山口に到達しました。最初の植林地帯はほとんどハイキングコース。だんだん登山道ぽくなってきました。でも蜘蛛の巣に閉口。700mを越えると笹が出始めます。ところどころ笹が覆いかぶさりますが踏み跡は明瞭です。藪の間から蕎麦粒山の雄姿が見終えました。かっこいいです!うーん。まだちょっと早いですなあ。想像していたより藪は薄くて2,3ヶ所、ウン?となるところもありましたがコースはしっかりした踏み跡があって迷うことはありませんでした。振り返ると先週登った湧谷山。そして本日歩いてきた山並み。おおだいぶ近づいてきた。...蕎麦粒山

  • 石榑峠から銚子岳

    鈴鹿の石榑峠から竜ヶ岳、静ヶ岳、銚子岳をピストンしてきました。石榑峠は満車でした。峠から1キロ手前の道路わきに駐車しました。峠からすぐのガレ場竜ヶ岳を望む。山頂はちょっと見えてないです。重ね岩峠に駐車した車が見えます。ヘリポートもあるんですね。なんとも気持ちの良い稜線。予想通り人がいっぱい。宇賀渓の駐車場も車いっぱいでした。竜ヶ岳山頂山頂でドローンを飛ばしている人が2名ほどいたのですが、はっきり言ってうるさい!ドローン撮影するなら平日の早朝とか人のいない時間帯に飛ばしてほしいものです。これから向かう静ヶ岳方面人気の竜ヶ岳から静ヶ岳への縦走路に入るとぐっと人は減ります。少し黄色に染まってきました。とても気持ちの良いところ。分岐地点のセキオノコバの手前には池がありました。静ヶ岳山頂手前の登り。文字通り静かな静ヶ岳山...石榑峠から銚子岳

  • 湧谷山

    揖斐の湧谷山に行きました。ヤマレコでダニの大群に襲われたハイカーさんがワクダニ山が山名の語源か?みたいな記事を読んでからもう一つ気乗りしなかった湧谷山ですが涼しくなったので(根拠ないけど)たぶん大丈夫じゃないかな。遊ランド坂内スキー場跡に駐車しました。驚きました。スキー場のススキの原がすごくきれいになってました。スキー場ゲレンデの最上部にあったリフトの鉄塔も跡形もなくきれいに整地されています。これからどうするのでしょうか?植林?それとも自然の力に任せてなるがままに放置?スキー場の左端から登山道に入ります。植林区間はほんの少しだけでした。あと一ケ月後だと黄色く色づいているでしょうね。シロモジのトンネル。湧谷山の前衛にあたる丁子山に到着丁子山からはすこし笹藪の道になります。足元ははっきりしてますけど。小さな切り開き...湧谷山

  • 川辺遠見山

    午前中所用があったので午後から川辺町の遠見山へ行ってきました。以前から国道41号の川辺町で大きな岩場がある山が気になっていましたが山名も登れるのかどうかもわかりませんでした。たまたまローカルTVで紹介されて山名も知ることとなりました。駐車場は川辺町のご好意で北部公民館の駐車場が使用できます。国道付近から見上げた遠見山の岩壁山のふもとを高山線が走っています。その高山線をおひとり様専用トンネルを通って登山開始です。岩場の裾を右側に回り込むように登山道が作られています。すぐ稜線が見えてきました。国道からの標高差は130mほどです。見晴らし岩下麻生の町並み北側の山にも壁があります。南側の249mのピークに向かいます。途中は岩場の痩せ尾根ですがしっかり踏み跡はありました。249mのピーク。この先は進入禁止になってます。い...川辺遠見山

  • 鹿遊、岩山

    東白川の鹿遊と岩山に行きました。鹿遊とは変わった名前ですが鈴鹿山地のソノド(これも変わった名前と思うけど)の北に同じく鹿遊びというピークがあるとか。県道70号線の遠ヶ根峠から西に延びる舗装林道を進みます。鹿遊に近くなった地点で路肩に駐車そこから地形図に載っていないガタガタの林道を進みました。がすぐに赤リボンがぶら下がったところから登山道?がありました。踏み跡を少し進むと新しい林道が造成中でした。その林道を横切って対面の林の中に入っていきます。この林道は法面もきれいにされていますから舗装林道になりますね。取り付き付近は小さな沢が流れていて足元がちょっと湿った感じでよくありません。登山道でもなくたぶん何かの作業道かわかりませんがとりあえず進みました。檜の植林地帯は枝打ちされた木がたくさん横たわっていて歩きにくい箇所...鹿遊、岩山

  • 尾城山、手掛岩山

    東白川村の尾城山と手掛岩山に行きました。尾城山は最初に東白川村のHPを参考に南側の曲坂の集落から登ろうとしたのですが途中道路工事で行き止まり。急遽256号線の桜峠を越えて御宮有本林道の登山口から登ることにしました。林道の道路わきに停車。ここが登山口。立派な案内板があることから登山道はしっかり整備されているのがわかります。植林の中を進みます。ところどころに案内板も設置されています。この辺りはちょっと急頭上が明るい!もうすぐ山頂。そして山頂。りっぱな石碑。りっぱな東屋も。でも中には何やら資材が山積みされていました。広々した山頂広場。おお!久しぶりの御嶽。最近山頂から御嶽が見えるはずの山をずっと登っていましたがいつも天気が悪くて見えませんでした。ほんとに思いっきり感激してしまいました。手前左にあるのは小秀山です。白樺...尾城山、手掛岩山

  • 犬の尾、タカンジョ

    ちょっと変わった山名の犬ノ尾とタカンジョに行きました。昔は伊勢街道の難所と知られた勝地峠峠の先にある勝地林道を進むとすぐに車止めのゲートがありました。今日のコースの95%は林道歩きです。林道の左手の尾根から登ると林道を少しショートカットできます。勢州峠という三角点勢州峠から30分ほど林道を進むと犬ノ尾がある送電鉄塔前にまたゲートが現れます。ゲートを越えて送電鉄塔まで上がります。鉄塔広場からは北側に伊吹山が大きく見えます。鉄塔からすぐ北側の外れにある犬ノ尾(別名ボンテン)点名は今須村そして犬ノ尾から北に少し歩くとタカンジョのピーク。タカンジョの点名は小駒山です。帰りはまた林道をぶらぶらと1時間半かけて戻りました。犬の尾、タカンジョ

  • 余呉湖周回ハイク

    10月に入り夏と比べると気温も少し下がってきたので久しぶりに500m以下の低山ハイクに出かけました。琵琶湖の北東位置に小さな余呉湖があります。この湖のぐるりを低い山が取り囲んでいます。余呉湖観光案内所の前から余呉湖を望む。登山口を上がったすぐのところに平和の鐘が設置されていました。ついてもよさそうなのですがこんな朝っぱらから鐘を突くとご近所から叱られそうで止めました。登山道は遊歩道レベルで整備されています。大岩山中川清秀の墓があります。猿ヶ馬場大野郡白川村にも猿ヶ馬場山という山があるけれど山名の由来が関係あるのだろうか?樹々の間からちらっと見えた余呉湖広い公園のような賤ケ岳の山頂山頂から見下ろした余呉湖。ここ以外で余呉湖がしっかり見える場所はありませんでした。これから向かう余呉湖東面の山並み美しい琵琶湖向こうに...余呉湖周回ハイク

  • 川上岳

    荻原御前山の翌日川上岳に登りました。山之口登山口から登ります。ここまでの林道は荒れていると書かれてある記録もあるが昨日の御前山での林道に比べれば全然普通に走れます。最初はお決まりの植林地帯真ん中あたりで揺れるのでちょっと緊張。ジグザクの急登を終えて尾根に乗ったあたり。ここから傾斜は緩くなります。こんな道は足が進みます。ほんの少し秋色に染まってきました。来月辺りはもっと色づくでしょう。なだらかな尾根道ツメタ谷登山道との合流地点山頂近くのコルの辺りは小さな沢がいくつか流れています。大足谷の源流ですね。やっと山頂が見えた。気持ちの良い稜線広い山頂この向こうが位山に続く天空の遊歩道御嶽山八尾山川上岳

  • 荻原御前山

    先月は下呂御前山、そして今回はちょっと北に位置する飛騨荻原の御前山最初桜洞の登山口に向かって林道を進むとゲートが見えて、そこから行けないものと早とちりして上村ルートの登山口に向かいました。そこでもゲートがあったのですが簡単に通過できることがわかって上村ルートへ林道を進みました。しかし登山口の舗装された広域林道までは舗装林道もあるのですが知らずに最悪の荒れた林道を進んで(途中ギブアップしそうになるぐらい)なんとか上村登山口に到着。しかし桜洞からの周回登山にしたかったのでまた広域林道を走って桜洞登山口まで移動するという手間を掛けました。1時間ロスしてしまった。桜洞登山口にある広い駐車場。東屋もありました。林道走りですでに精神的に疲れていました。笑い)渓谷に沿って進みます。途中ところどころで観音様が迎えてくれます。ま...荻原御前山

  • 京塚山

    郡上市の京塚山へ行きました。当初は金山湖の北にある簗谷山に行くつもりだったのですが。金山湖の先で工事中のため明宝から小川峠を越えて弓掛川沿いに南下して簗谷に入ろうとすると。なんと入山禁止の看板が!倒木も大したことはないと思うのですがこうして禁止の看板が出ているとさすがに入れません。郡上周辺で登っていない山、京塚山へ急遽予定変更しました。地元では高雄山と呼ばれているようですね。登山口に近い口明宝小学校あたりから京塚山を望む。よく登山口の近くに熊注意の看板は見かけるのですが、このあたりの山にはドラえもんが出没するようです。笑)ここが登山口動物除けの柵を通過します。地本の小学生が遠足で登るのでしょう。よく整備されています。ここが高雄山ですかね。薬師堂跡。この先で15名ぐらいの地元の方たちが登山道の整備をされていました...京塚山

  • 高天良山

    金山にある高天良山に行きました。往路でマイカーのナビのおかげで1時間近くロス。お馬鹿なナビを替えたい。火打峠から登ります。大きな石碑があります。高天良林道から登ります。なんか気持ちのいい林道林道歩きが楽しくなることは滅多にないんですが。天気がいいからかなあ。林道から見えた高天良山林道の右手に見える山裾にはススキが植林の若木の間に広がっていました。秋を感じるなあ。林道終点から尾根に向かって急な斜面を登ります。権現宮跡由来の説明板がありました。植林のこの辺りが権現宮跡地。神社跡地から山頂の方へ向かいます。山頂は林の中で唯一南東方向だけが眺望可。山頂から先日登った無反山、捨薙山(たぶん)が見えます。向こうは二ッ森山か?高天良山

  • 位山と船山

    高山近くの位山と船山に登ってきました。まずはモンデウススノーパーク道の駅からダナ平林道を詰めて終点の駐車場まで車を走らせます。ここが位山登山の最短コースになります。まだ暗いうちから駐車場をスタート。ちょっと雨模様。ここは山頂手前の広場。周りが暗くてガスっていたので山頂近くになるまで写真は撮っていません。1時間かからずに展望のない山頂。天の岩戸(巨石群の写真は下山時に撮影しました。)なにやら無理やり作ったパワースポットの太陽神殿。私的には違和感がありますが。登山口にある鳥居。コース案内図つぎに船山に移動です。いったんダナ平林道を下り、モンデウス道の駅から位山峠の方へ車を走らせます。この久々野防災ダム湖はアララギ湖とも言います。久々野防災ダムの道端にある公衆トイレ横に船山登山口があります。小さな沢がいたるところ登山...位山と船山

  • 瑞浪屏風山と黒の田東湿原

    瑞浪市の屏風山に行きました。いくつかある登山口のうちの大草口からのスタートです。基本は植林の山ですが。登山道は白い花崗岩が削れて溝のようになっている道が出てきました。自然林が出てくると足元は腐葉土の道に変わります。山頂の手前にある800mあるから八百山。安易な名づけかた。794mの山頂です。最高峰ではないんですね。晴れていれば山頂から案内板のように見えるはずですが。山頂から南下して次のお目当てに向かいます。本日のお目当ては屏風山山頂ではなく黒の田東湿地です。イワショウブとシラタマホシクサ(白い小さな花)屏風山のあと近くの岩村に立ち寄りました。名物のカステラと栗きんとんを買って帰ります。たまには家族に気を使わないとね。瑞浪屏風山と黒の田東湿原

  • 三子山、四方草山周回

    南鈴鹿の鈴鹿峠から三子山、四方草山、安楽峠と周回してきました。鈴鹿峠の万人講常夜灯の傍に駐車します。昔は鈴鹿峠のこの辺りに盗賊が出たそうですね。登山口は東海自然歩道になっています。まずは三子山に向かいます。さすが東海自然歩道の道は整備されて遊歩道のようになっています。この後も急坂は階段がつけられています。三子山は1峰、2峰、本峰(3峰)があるのですがここは2峰。三子山本峰の頂上(568m)。ここで小休止。ここがコース内で一番嫌だったザレの急坂。木の根をつかんで登りました。明星ヶ岳かな?振り返れば高畑山。四方草山南峰の手前にあるキレット。四方草山南峰甲賀市方面亀山市方面四方草山の本峰ともいえる北峰(667m)の山頂。全体に鈴鹿の山らしくコース上に標識はしっかりありますが三子山のあたりで2ケ所ほどわかりにくいところ...三子山、四方草山周回

  • 白尾山

    旧しらおスキー場のある白尾山に行ってきました。6月に登った鷲ヶ岳のすぐ南に位置する山ですが以前はスキー場から登ったようですが、今はガタガタ林道を車でショートカットして1230mの登山口まで上がれます。ガタガタのダートを延々走ってきてゲート前の道端に駐車。2台のワンボックスは森林組合の車でした。登山口はゲートの手前にあったのですがうっかり見落として、林道をしばらく進みました。途中林道工事の人に挨拶したら、どこへ行くのか尋ねられ登山口を探していると言うとゲート前の登山口を教えてくれました。30分のロスですね。またやらかしてしまった。ここが正規の登山口です。標識は字が全く消えてしまってます。遊歩道並みに整備された登山道です。傾斜も緩やか、足に易しい腐葉土の道途中右手が開けたところから見えた先日敗退した吉良烏帽子かな?...白尾山

  • 郡上東殿山

    郡上八幡のすぐ南に位置する東殿山に行ってきました。赤谷城山城跡が山頂近くにあるので赤谷山とも呼ばれています。市営の駐車場に駐車して登山口の愛宕神社まで歩きましたが、なんと愛宕神社横の同じ市営の駐車場は平日無料とあるじゃないですか。道理で向こうの駐車場はガラガラだったわけだ。登山口のある愛宕神社。階段の道がしばらく続きます。この祠のある場所までは遊歩道の横に石仏が並んでいます。祠を過ぎると山道に変わります。思ったより急なロープ設置の場所もありました。赤谷山城跡山頂です。特に展望なし。山頂から少し東に移動すると展望東屋がありました。長良川が見下ろせます。本日は東殿山に続いて京塚山に登る予定だったのですが、東殿山を下りて駐車場に戻るまでに急な雷雨となり本日はこれにて終了となりました。郡上東殿山

  • 和良岳、黒岳

    いつでも登れるからと後回しにしていた続岐阜100山の和良岳と黒岳山ですがこの際まとめて2座登ってきました。和良の街道沿いにある和良振興事務所に駐車させてもらいました。駐車場から古地方登山口まで歩いて15分。山頂は町に近い距離だけあって登山道は予想通り急登です。左手檜の植林、右手自然林の間を登って行きます。正しい登山道はすぐ右手の尾根でした。尾根に上がるとこんな感じの混合林の登山道。夏の低山は仕方ないけれどちょっと蜘蛛の巣がうるさい。地元小学校の登頂記念でにぎわう山頂。和良岳から下山して黒岳へ向かいます。厚波林道の峠まで移動。峠から先は工事中のため通行禁止になっていました。峠の横は広場になっています。そこから地形図には載っていない荒れた林道を進みます。ちょっと藪がうるさいところもあります。林道が崩れている個所もあ...和良岳、黒岳

  • 下呂御前山

    前日に小秀山に登ってその日夜は下呂温泉に宿泊。Gotoトラベルでお値打ちでした。本日は下呂市のすぐ東に位置する下呂御前山(空谷山ともいう)に登ります。御前山登山口は下呂市街から谷沿いの大洞の集落を通って山道を進み舗装道路の終点から荒れたダートを少し進むと左手にあるのですが。当日はその登山口まで車で進んだのですがもう大量の大きなアブが車のウィンドーガラスにバンバンぶつかってきます。とても車の外に出る勇気がなくここからどうしても登る気がしません。さてどうしようかと悩んでいたのですが、地図を見ると広域林道が登山道の先を横切っていることがわかりました。早速登山口の変更を決定。一旦下呂市街近くまで下って広域林道につながる山道を探し再度上がっていきました。広域林道の登山道近くの道端に駐車。結果として1キロ近くショートカット...下呂御前山

  • 小秀山

    阿寺山地の最高峰小秀山に行きました。乙女渓谷キャンプ場に駐車しました。到着と同時に先客が出発されました。毎度のことなのだがGPSも地図も持っているのに先客が林道を進んでいくのを見てすっかり登山道はそっちと勘違いしてしまいました。キャンプ場から30分近く歩いて高度が1000mに達して初めておかしいと気づき地図を見ると三の谷近くまで来ていることが判明。本日は二ノ谷から登る予定なので再度キャンプ場まで引き返しました。後で一緒になってわかったことですが先客も二ノ谷に行くつもりが三の谷登山口まで歩いてしまったそうです。うっかり者は自分だけではないぞ(^^♪二の谷登山口は乙女渓谷キャンプ場から加古母川に掛かる橋を渡ります。乙女淵に沿って木道を進みます。この渓谷美なかなかのものです。しかし木道は滑り易くて慎重に歩を進めます。...小秀山

  • 無反山 捨薙山 寒陽気山

    東白川村では小学校の全校登山で登られる山が6山あります。その中の3山に登ってきました。まずは無反山(888.5m)です。無反峠(650m)から登ります。無反峠には駐車しにくいので少し下ったところの道が広くなった場所に駐車しました。ここが無反峠の登山口。学校登山で登られる山ですからよく整備されています。小さなピークを3つ越えていきます。ちょっと痩せ尾根もありました。山頂には祠がありました。展望はなし。大栃山ともいうらしいです。次は捨薙山(983.4m)登山口(750m)に来るまでの林道がややこしくて2回ほど間違いましたが。本当の登山口はこの先なんですがM/Tタイヤを履いた4WDでないとパンクが怖くてハスラーでは入っていけません。季節柄もあると思いますがだんだん藪っぽくなってきます。学校登山の前には笹藪を刈り込んだ...無反山捨薙山寒陽気山

  • 殿又谷滝谷より△打谷へ

    2日前の殿又谷石ムシ谷に引き続き滝谷の右俣から点名打谷へ登ってきました。林道の駐車地点から竹林を抜けて殿又谷に降り立ちます。殿又谷と滝谷との出合い。右手の沢が滝谷釣り師が結構入っているのでしょう。踏み跡がしっかりありました。たまにイワナが走ります。でも小さいか。分岐から見えた左俣に掛かる大滝。でも今日は右俣に進みます。奥の二俣ここも右に進みます。もうそろそろ終わり。詰めの藪はなし。881mのピークと打谷の中間ぐらいの位置に上がりました。ばっちりです。いったん840mの起伏を越えて点名打谷804mまで少し下ります。山名プレートは見当たりませんでした。打谷からは南南東方向に落ちる尾根を下りました。この尾根が本日の核心部。尾根上に薄く踏み跡はあるのですが、もう嫌になるぐらいの蜘蛛の巣です。なんせ私は蜘蛛が大嫌いだから...殿又谷滝谷より△打谷へ

  • 殿又谷石ムシ谷(白川流域)

    白川流域の殿又谷の支流石ムシ谷に行ってきました。この谷はメジャーでネットで調べればいくつも出てきますね。殿又谷本流と石ムシ谷の分岐です。右の沢に入っていきます。本日も涼と癒しを求めてやってきました。谷間から見上げる夏の青空。いいなあ。ここんところ雨中の登山が多かったためか余計にそう感じます。滑も出てきます。ひょんぐり滝。水流が飛び出してますね。よくネットに出てくるおにぎり岩。この谷最大の3段20mの滝です。ここはちょっとシャワー覚悟。下段は左から流心の横を登って上段は左の泥の付いた壁を登りました。最後の草付きの手前2,3手がいやらしかったです。狭い谷筋から急に開けた感じのこういう場所が結構好きです。でもこの後ちょっと笹藪地帯がありましたが。沢を塞ぐような大きなチョックストーン。砂壁のように見える風化した花崗岩の...殿又谷石ムシ谷(白川流域)

  • 白草山と箱岩山

    元同僚の山ちゃんからどっか連れてってとのLINEが来たので複数候補の中から阿寺山地の白草山と箱岩山を選んでもらって行ってきました。見晴らしが良くって盛夏でも1600mもあれば多少は涼しいでしょう。お盆の時期ですから駐車場には先客の車が8台ほどすでにありました。林道のゲートを越えて進みます。林道を歩くこと約40分途中で雨がパラついてきました。登山口にある歩くとちょっと揺れる橋を渡って登りに掛かります。樹林帯のなか緩い登りが続きます。雨がだんだん強くなってきました。この登山のためにモンベルの雨具とミレーのザックとサロモンのトレッキングシューズを買った山ちゃん。さっそく雨具の性能試せるね。稜線上の白草山と箱岩山の分岐点です。どちらの山もここから10分ほどで山頂です。快晴なら気持ちよいでしょうね。二日前の烏帽子岳に続い...白草山と箱岩山

  • 明宝烏帽子岳

    郡上には烏帽子岳が2つあります。一方は先日登った母袋烏帽子岳、そして今回藪山の明宝烏帽子岳に登りました。明宝高原キャンプ場に駐車します。ここは無料なのかなあ?管理する人がいなかったから勝手に駐車したけど。今日は長い林道歩きです。歩き始めてすぐに雨が降り始めました。林道に入ってすぐに大きな崩落個所がありました。上部の巨大な岩が剥がれて崩れたようですね。足早やに通過しました。北回りと南回りの分岐地点登山口までは北回りと南回りの林道があります。行きは北回りで進みました。ここは右に進みます。まだまだ続きます。このコースは林道の分岐が多いので地図かGPSは必須です。時折あるコケのカーペット。足に易しい。盛夏のこの時期は林道も草が多いです。この時点で衣類はすっかりびしょ濡れ。2時間の林道歩きでやっと登山口到着。赤リボンが目...明宝烏帽子岳

  • イノ洞から東洞岳

    郡上和良のイノ洞から東洞山へ周回してきました。相谷トンネル南口に駐車場があります。トンネル横から北に向かう林道があります。林道横に流れる沢を適当に横切って対岸の植林尾根をイノ洞に向かって登ります。植林尾根はどこでも登れるのですが700mあたりから膝下ぐらいまでの笹原と灌木が混じってきます。イノ洞山頂山頂は開けていましたが本日は曇りで展望はなし。南に位置する東洞岳に向かったつもりがどう勘違いしたのか北向きに進んでしまいました。数十メートル進んだところで気づいて引き返しました。そして南に向かって縦走路を進みます。このきのこ食えますかねえ?ずっと低い笹原の縦走路。楽しいです。東洞岳に近づくと植林から自然林へと変わります。東洞岳山頂です。下山は東洞岳山頂からいったんまた北上し中間地点の1080mのピークまで戻ります。稜...イノ洞から東洞岳

  • 池田山~高天神トレイルラン

    今年はコロナ禍の影響で予定していたマラソンやトレランはすべて中止か延期になってしまいました。コロナ前に出場予定だったレースのコースを下見ランしたくらいで後は家の近所を走るくらい。先日国道303号を車で走っているとたぶん夜叉ヶ池マラニックに出場するはずだったランナーたちがコースを走っているにに出くわしました。大会そのものが中止になってもふだんの練習の成果を試してみたい、密にならないように一人大会を各自が開催することでコロナ禍でも走ることのモチベーションを維持したい、そんなランナーが多くいることに感激してしまいました。だからというわけではないんですが池田山から高天神まで往復をトレランしてきました。と言っても登りはほとんど歩いてしまいましたが。軟弱なんだからコースは池田山のパラグライダー場近くの駐車場から(なんで下か...池田山~高天神トレイルラン

  • 新穂谷池の谷

    揖斐の白川支流の諸家の集落に落ちる池の谷に行ってきました。下山は池の谷右岸尾根を辿りました。諸家の春日神社に駐車しました。春日神社のすぐ前から延びる林道を利用して最初の堰堤は通過します。この大きな堰堤の手前で林道は終了。堰堤の左岸を巻きます。堰堤を過ぎたところはこんな感じ。一番最初の小滝結局最後までこれより大きな滝はありません。中間部は滑が続きます。最近は癒し系の沢しか歩いていないです。写真ではわかりにくいですが最後の二股で左側の沢に入ります。水も細くなってそろそろ水源近くです。水源は池?のような大きなぬた場。これ以外にも2つほどぬた場がありました。コルになっている源頭。しばらくボーっとしてました。ここから谷の右岸尾根で下山しました。右岸尾根の途中にある847mのピーク。稜線上はたまにこの程度の薄い笹藪が出てき...新穂谷池の谷

  • 能郷白山

    福井との県境にある能郷白山に能郷谷から登ってきました。車止めゲート前に駐車。先着さんが2台ありました。登山口まで舗装路を約4キロ歩きます。舗装路から見上げた能郷谷右岸尾根の景色。舗装路と言ってもこんな荒れたところもあります。これではゲート解放してくれても車では入ってこれません。約1時間林道を歩いてやっと登山口稜線に上がるまでは急登が続きます。急登だけれども雰囲気はいいね。おむかえブナよく来たなと言ってくれてるような気がします。モモすり岩この岩にモモをこするのは相当歩き方が悪いんじゃない。前山につながる稜線の途中から振り返る。稜線の左の谷から上がってきました。この辺りまで来るとさすがに山深いところに来たことを実感できます。前山から東に延びる稜線正面に前山が見えました。前山付近からみえる能郷白山若丸山かな前山付近か...能郷白山

  • 笠置山

    恵那市にある笠置山に行ってきました。笠置山と言えば最近はボルダリングが有名ですが、私には昔出場した笠置山クロスカントリーレースが思い出されます。会社の同僚から誘われたのですがクロスカントリーの意味が全く分かっておらず最近で言うならばハイキングフェスのような催しと勘違いしていました。当日会場に着いてびっくり、バリバリのランナーが思いっきりウォーミングアップしていて焦りました。ともかく16キロのコースを普通の恰好にスニーカーのいでたちで完走だけしたのを覚えています。前置きが長くなりましたが姫栗ふれあい広場の駐車場からスタート。最初は民家の間の舗装路を進みます。多くの家が住んでなさそうだけれどここはさびれた別荘地?しばらくすると未舗装の道に変わります。昨日の大雨で登山道はまるで沢歩きの様子。今日はローカットシューズで...笠置山

カテゴリー一覧
商用