プロフィールPROFILE

nak1104さんのプロフィール

住所
博多区
出身
南城市

松本深圧院は銀座に本店がある股関節専門のサロンです。オリジナルの特殊技術「深圧」を用いて股関節を専門に施術しています。

ブログタイトル
安心して下さい!中村です。股関節でお困りの方へ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/nak1104
ブログ紹介文
股関節専門サロン松本深圧院福岡店院長の中村です!体の使い方、栄養の指導もします!
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2016/06/03

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、nak1104さんの読者になりませんか?

ハンドル名
nak1104さん
ブログタイトル
安心して下さい!中村です。股関節でお困りの方へ
更新頻度
集計中
読者になる
安心して下さい!中村です。股関節でお困りの方へ

nak1104さんの新着記事

1件〜30件

  • 福岡店ブログは引越しました

    松本深圧院福岡店ブログは引越しいたしました。当院ホームページ内、福岡店ブログページhttp://www.ms-hakata.com/staff01-blog/今後の更新は当院ページにて行いますので、よろしくお願いいたします。松本深圧院福岡中村雄也福岡店ブログは引越しました

  • ホームページが新しくなりました

    お知らせです。本日から松本深圧院のホームページがリニューアルしました。トップページは銀座店の紅一点、宮川です。福岡店も私の写真にしてもらいました。blogのページ写真はイケてないんです。すごいもっさい感じで、かつ太って見えます。というか、この時は太ってたのかも。松本総院長もいますからね!全体的に松本深圧院のシンボルカラーである緑をベースに良い感じのホームページに仕上がっております!で、ホームページリニューアルに伴い、私のblogもこれまでのgooブログから当院HPでのblogに変わります。松本深圧院福岡、院長中村雄也のblogページhttp://www.ms-hakata.com/staff01-blog/来週からこちらにアップしていきますので、よろしくお願いいたします!ホームページが新しくなりました

  • レントゲンも触診も

    やっと朝晩が涼しくなってきましたね。さて先日も「またか…」と思うことがありました。鹿児島から初めて来院された方がお越しになられた時のこと。レントゲン写真もお持ち頂いており、画像の初見からは僕が見ても明らかに手術の必要は無いものでした。ところがその方が診察を受けた病院というのは今、鹿児島でもトップというくらい股関節で有名な若いドクターがおり、そのドクターからはレントゲンだけをみて「これはオペの対象になりますよ。ご希望てしたらいつでもどうぞ」との一言で診察は5分足らずで終了。触診も動きのチェックも無しです。これはもう、今の医療の現状でしょうがないのかもしれません。が、いい加減オペのあとの患者さんの生活まで想定して欲しいと思います。ただし、当院は医療を否定する訳ではありません。今回のこの方はレントゲンの所見だけでは現...レントゲンも触診も

  • セルフほぐしのもう一つの目的

    博多も朝晩がやっと涼しくなってきました。松本深圧院福岡では私の深圧施術を受けて頂くだけでなく、セルフケアを重視しています。直接的な目的はblogで度々述べているように早く痛みを改善させるためです。急性の痛みと異なり、変形性股関節症は股関節まわりの筋肉などにダメージが長年蓄積しているため、即時的に改善させることは難しいです(早期であれば別ですが)。タイトルのもう一つの目的とは「自分自身の身体に意識を向ける習慣をつける」ためです。既に痛みに日々悩まされている方々にとっては「痛みを常に意識せざるを得ないんですが?」と首を傾げるかもしれません。当院で良くなっている方の共通点はセルフケアもしっかり行い続けていることですが、メンテナンスとして来院されると自分の身体の中を細かく感じることができているのです。痛みは急に出てくる...セルフほぐしのもう一つの目的

  • 腱鞘炎やバネ指も

    盆が過ぎて少しは気温が下がったとはいえ、まだまだ福岡は暑いです。暑さのため冷房は欠かせませんが、股関節まわりの筋肉が冷えやすい方が多いようです。今月来院されている方々のほとんどが夏に入って不調になっています。冷房は使わない訳にはいかない気温ですので、そのぶんテニスボールなどでおしりなどの筋肉を念入りにほぐしてください。冷えた筋肉が暖まり、不調も軽減されます。さてタイトルは最近股関節だけでなく、手首を反らすと痛いという方がおられ、腱鞘炎やバネ指なども共通したポイントがありますのでお伝えします。指や手首が痛かったり、動かすと引っかかる場合には、その部分よりも肘から手首の間である前腕が硬いことが多いです。指や手首を動かす筋肉は実は肘のくぼみあたりに根本があるんです。症状があってもリウマチや更年期障害を疑う前に前腕をほ...腱鞘炎やバネ指も

  • 筋力が落ちても

    最近、新しいトレーニングにハマっている中村です。股関節の痛みが強くなってくる時期ですと、動きに制限が出るため運動量が減ります。そのため筋力は緩やかに減ります。ここで深圧理論的には勿論、筋トレは厳禁です。痛みは増しますし、余計な筋破壊も招きます。当院にもたまにいらっしゃいますが、元々筋トレを定期的に行う習慣のある方、もしくは何か動いていないと不安に感じる方にとってはこれは辛いですし、不安が増していきます。けど、心配なさらないでください。筋肉には「マッスルメモリ」という概念があります。身体は賢いもので、筋力が落ちて筋肉が細くなっても適切に鍛えれば元に戻る性質があります。これは例え80を過ぎても有効です。筋力は無くなったら永遠に戻らないということは無いのです。ですので痛みが辛い今は、焦らずに休まれてください。時間が経...筋力が落ちても

  • 太ももが上がらないんです

    このところ股関節関連のことを書いておりませんでした。久しぶりにそれらしい事を。先日来院された方から太ももが上がらないのは何故か?という質問を頂きましたのでシェアします。太ももを上げる運動は股関節を曲げる運動です。上がらないということは何かしらの制限となる要因があります。カンタンに列挙しますと①お尻の筋肉が硬くなっている②裏ももの筋肉が硬くなっている③お尻の奥が硬くなっている④腸腰筋の働きが弱っている⑤内股が硬くなっているくらいでしょうか。細かい要因が他にもありますが、主だったものは5つです。この中で順番的には①~③>⑤でしょうか。お尻と裏ももはセットであとは内股ですね。④の腸腰筋に関しては僕はあまり関与していないのでは無いかと考えています。現代の日本人の姿勢と歩き方は腸腰筋をほとんど使わないと言われているからて...太ももが上がらないんです

  • 帰省しておりました

    7月28日から31日まて帰省のためお休みを頂いておりました。今日は撮った写真をご覧ください。那覇空港到着ロビーの水槽。とても綺麗でした。福岡より沖縄のほうが今年は涼しいです。天気も良かったですね。朝、地元の町と海。実家から一番近いビーチです。ビーチに近い「森のテラス」というカフェ。オーナーは店舗も含めてこの周辺4000坪の大地主なんだとか。実家の庭で夜咲いたドラゴンフルーツの花。朝には枯れてしまうので貴重なショット。沖縄のアイスクリームチェーン店。「ブルーシール」アイスが食べられます。ブルーシールアイスのロゴ入りグッズ。とても良いお休みをいただきました。暑い福岡ですがまたパワフルに深圧を施させていただきます!※7月1日から新店舗で営業しております!以下、これまでblogで告知してきた移転に関する記事のリンクとな...帰省しておりました

  • 呼吸と股関節

    7月28日から31日は帰省のためにお休みをいただきます。先日来院された方から、プールで泳ぐ際の息継ぎが以前よりキツくなったというお話を聞かせてもらえました。息を止めていられる時間が短くなっており、泳いだあとも少し身体か重だるいのだそうです。呼吸はとても大切です。酸素がカラダに取り入れる量が少なくなると回復も遅くなるばかりか場合によっては長期間続くとダメージが蓄積していきます。股関節症により痛みのある状態が続くと痛みをかばうため、カラダを固めて使ってしまいがちです。そうなると体幹も固めてしまい、肋骨の動きが固くて呼吸が浅くなることもあります。実際に当院では股関節まわりだけでなく背中や肩もほぐしますが、背中が硬い方も多いのです。で、いつもの通りになりますが筋肉を柔らかくほぐしておくことは呼吸という観点からも大切なん...呼吸と股関節

  • 自重スクワットはやめましょう

    連日猛暑で不調の方が増えています。しっかりと栄養をとって夏を乗り切りましょう!最近来院された方で一月前から太ももの前側が痛くなってしまったというケースがありました。色々聞くと自宅でスクワットを始めたことに起因していることが明らかでした。よくあるスクワットってこんな感じのフォームが多いです。これを自分でするとフォームがチェック出来ずに崩れたまま行っている可能性大です。膝が前に出過ぎてしまうのです。加えて股関節症により股関節が曲げにくいため余計に太ももの前側に負担がかかりやすくります。写真のようなスクワットを行うメリットは殆どありません。意外に思うかもしれませんがスクワットはバーベルを持って行う方がはるかに安全なのです。ただし絶対に一人でやってはダメです(ケガしますので)。スクワットに限らず重いものを使わずに筋トレ...自重スクワットはやめましょう

カテゴリー一覧
商用